今。週末、仕事が一個とんだので、じゃぁ気分転換に映画でも見たいけれど、何見よう・・そんなノリでぴあの映画レビューをみていて、ひっかかって見に行った作品でしたが、私的には大正解。
心に残る映画でした。

●「僕と世界の方程式」
監督 モーガン・マシューズ
出演 エイサ・バターフィールド サリー・ホーキンス レイフ・スポール エディ・マーサン ジョー・ヤン

公式サイト

主人公のネイサンは、自閉症スペクトラムで、コミュニ―ションは苦手だけれど数学に特異な才能を発揮する少年。
そのネイサンが、父の死、数学との出会い、国際数学オリンピックの代表となり、初めての共同生活を経験し、初恋を経験する中で少しづつ変わっていく姿を描いています。

いろいろ胸に来るポイントがあるのだけれど、何より母とネイサンの関係性が切なすぎて。
ネイサンの理解者でネイサンとうまくコミュニケーションをとっていた父が死んで、家族は母と二人で。
母は、必死で理解しようとするし、ネイサンがストレスなく生活ができ数学に打ち込めるよう一生懸命頑張っているのは伝わるのだけれど、ネイサン自身とどうコミュニケーションをとったら正解なのか模索しつつ、ネイサンの心に届かない。
どうしても、母視点でみてしまう部分があるんですよね。
本当に報われる部分が少ない中で必死になっている姿が切なくて。
でも自閉はこうだよね、これを責めることはできないよね。という気持ちもある。

そして、最後、大会から抜け出して、母と初めてきちんと向かい合ったコミュニケーションをとりあう部分に救われる。

それにしても、この映画は、とびぬけた才能を持つものの、そのほかの部分でアンバランスな部分を抱えている人がたくさん出てくる。
でも、それぞれの目に映る世界はきっと違って見えるいて、どれが正解なわけでもないけれど、その違う部分そのままで受け入れて生きていけばいいんだと感じられたことも私には救いだった。

昨日、病気の可能性が高まったこともあって(すぐにどうこうなる病気ではないけれど)、若干気分的には落ちていた部分もあったけれど、どうなっていったとしても、その時見える世界、感じられる世界で生きていけばいいんだなと。なんか勇気をもらった気持になれました。
スポンサーサイト
2017.02.20 / Top↑
1日遅れで、オトノハの記事。

いやぁ、ここ10日ほど、ほんと絶賛繁忙期中で。
今働かなきゃ年間の売り上げ大低迷になるっていう時期なもんだから地道にお仕事していて
今日、幸か不幸か1個仕事がキャンセルになったもんで、ちょっと今週末は一息できそう。

ってことで、昨日は更新できなかったオトノハ~

なんかね・・・・ほんとに翔さんらしくてほっこりした。
翔ちゃんをとりまくあったかい人間関係が感じられて。
いいお誕生日が迎えられたね~。

改めて、おめでとう。

2017.02.16 / Top↑
●「戸惑いの惑星」
場所 東京グローブ座
出演須坂本昌行 長野博 井ノ原快彦

トニセン3人の舞台、戸惑いの惑星一昨日見に行ってきました。
最初素の3人からいつの間にかストーリーに持っていくいき方とか、多少戸惑いつつ見る部分があったりしたけれど、ミステリーのようなストーリーの立て方も面白かったし、何しろ歌がすごくよかった。歌唱力があるってすばらしい。そして大人な雰囲気で。
すごくよかったんだけど・・・・・

でも、あえて言えば私にはもったいなかったな。


使われる曲はアレンジしてセルフカバーのトニセンの楽曲を使っていて、めちゃ良い曲なんだけど、いかんせん私にはそこまで曲に対する知識や思い入れがないから。
みただけの感動になってしまって。これ、トニセン曲をもったききこんでいていろんな思い入れがあったら1粒で2度も3度もおいしいてきな感動だったんだろうなぁって思ってしまって。

たとえば、嵐が嵐の楽曲をセルフカバーして音楽劇に仕立てくれたりしたら、感涙ものだと思うけれど、今回残念ながら私はそこまで泣けなかった。
そこがなんとも自分に残念すぎて。

うーん、でもトニセンの舞台見たかったんだよね。自分的には面白かったし、よかったけれど、「もう涙がとまらなくって」という声を耳にしたらちょっとそこまでは味わい尽くせなかったなぁという気持ちになってしまいました。

2017.02.05 / Top↑
中島裕翔君主演の「僕らのごはんは明日で待ってる」をみてきました。

●「僕らのごはんは明日で待ってる」
監督 市井昌秀
原作 瀬尾まいこ
出演 中島裕翔 新木優子 美山加恋 松原智恵子 片桐はいり 他

公式サイト

すごく目新しい設定とか展開というわけではないけれど、丁寧に描かれていて、見終わってとってもほっこりして温かい気持ちになれる作品だった。
何より、裕翔をすごくきれいに撮ってくれていて、私自身は特に裕翔ファンっていうわけではないけれど、20代前半の繊細できれいな状態の今をこういう良質の映像で残せることはほんとに幸せなことだなぁって思った。
裕翔ファンにはたまらないよね。
私も、眼福でした。
折に触れて感じるけれど、一時ぐーっつと体の成長があって、青春アミーゴとかで見ていたころのかわいい感じからなんかちょっとバランスがなぁと思う時期があったけど、ここ2.3年はほんとにバランスもよくなりビジュアルがあがってる。
いやぁ、自担だったらたまんないよね。

作品自体も原作は読んでませんが、よかったです。
相手役の新木優子ちゃんは新人なのね。
印象的なきれいな子
ちょっとびっくりしたのは、美山加恋ちゃん。
翔ちゃんの「よい子の味方」にはじまり、草薙くんドラマとかに出ていた記憶があって、こんなに大きくなったんだなと思うと同時に、役柄もあるけれど、ビジュアルは大人になって割と普通な感じに落ち着いた印象。これから、またどんどんでてくれば、変わってくるんでしょうけれど。

もう封切がずいぶんすぎている(1か月近い)こともあるけれど、さすがに平日の午後でお客さんはそんなにはいってなかったのが残念。

2017.01.31 / Top↑
昨日から公開になった「恋妻家宮本」を見てきました。

●「恋妻家宮本」
脚本・監督  遊川和彦
出演     天海祐希 阿部寛 菅野美穂 相武紗季 工藤阿須加 早見あかり 富司純子 奥貫薫 佐藤二朗
        浦上晟周 今野彩夏 他
公式サイト


面白かったけれど、遊川さん脚本で、もう少しブラックを漂わせる結末になるのかなと思っていたら、思った以上にまっとうにほのぼのしてしまった。
というよりも、世の人々(特に男性)は、あれをみてドキッとすることが多いんだろうか。
私は、なぜ離婚届を持っていたかのくだり、すごく共感するものがあったのだけど。

阿部寛さんは、ほんとうにああいう一生懸命だけどどこか不器用という男をやらせたらほんとピカイチすぎる。
もともとはほんとにダンディなかっこいい方なのに、あそこまでかっこ悪くそれでいて憎めないそういうキャラをやれるって良い年の取り方をしているなぁと感じる。

注目したのは、浦上晟周くん。
今回、ドンというあだ名の阿部さん演じる中学教師のクラスの子でいろいろにキーとなる立場にいるわけだけど、「家族ゲーム」から3年くらい?この間は、真田丸で信繁の息子役をやっていたし、着実にキャリアを積んでいるんだなと頑張っているのが感じられる。

遊川作品、今回はクスクスわらってしまい、ちょっと泣きといういい感じではあったけれど、ぜひとも次回はよりパンチの利いたものを期待したいわ。




2017.01.29 / Top↑