上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
嵐の15周年記念ライブのHawaiiBlastが行われて、10日滞在したハワイから彼らも戻ってきて、URA ARASHIも公開されて。

改めて、15周年ハワイについて思うつれづれを。

正直、ハワイライブが発表された時、自分が行くことが無理だなぁということもあったけれど、なんでこのタイミングでハワイ?って思ったことも事実。
もちろん、ハワイが思い出の地だっていうことはわかるけれど。日本でやってくれたらよかったのにとかもちょっと思った。

でも、いろいろな意味でハワイでやるって意味があったんだろうなって、今なら感じる。

ハワイだからこそ、街中巻き込んでのお祭り+、ある意味こじんまりした形のライブを大掛かりな仕掛けでみせる こんなこと日本国内でやったら大騒ぎ←この考え自体はフォロワーさんがつぶやいていたのをみて確かにそうだよねと思った次第。
そして、ライブの規模自体は小さかったけれど、ライブビューイングを2日間やることで、たくさんのファンと共有することもできた。

そして、何よりも今回、その後行われた番組収録やMステ出演も含め10日間のハワイ滞在だったわけだけれど、仕事とはいえこの10日間は、本当に彼らにとってのご褒美でもあったんだろうなぁって感じる。
Mステでもじいまごで行ったって言っていたように(翔くんも別口でいったみたいだけど)シュノーケリングを楽しめるような純粋にオフっていう日もとれたみたいだし。
そもそも、収録のあったそれぞれのレギュラーもVSスペシャルの予告にあったように樂しいものになったのだろうし。

そして、何より10日間、日本から離れたところで5人でどっぷり過ごすことができたことがとっても貴重だったんだろうなぁって思う。
もちろん、リハーサルからBlaast2日間にかけてはどっぷり一緒だっただろうし。
その後も、一緒の収録だったり、各自別行動だったりもありつつ、基本は同じホテルに宿泊していたのだもの。

地方のツアーの時はともかく、各自忙しいし仕事以外の時をべったり過ごすこともおそらく少ないだろうと思われる昨今、
行き帰りも含め、10日間一緒って大きいよね。
改めて同じ時間を共有して、そういう時をすごすからこその発見もあっただろうし、お互いに見つめなおすこと、共有することも多かったんじゃないかなぁ。

一緒のところから出かけて行って、一緒のところに帰る。もちろん、毎回ではないだろうけれど、5人でご飯食べる機会も多かっただろうしお酒飲んだりもきっとしてるよね。
5人一緒の時もあるだろし、じいまごでシュノーケリングに行ったように時間のあった2人とか3人で一緒にすごすこともきっとあったよね。
きっと、ツアーのMC話にも事を欠かないはず!!(すごく期待しています!)

プライベートでは、10日連続のお休みなんて絶対ムリだろうからこそ、
記念で、仕事もありつつ(でも、おそらくスケジュール的には日本にいるより旅先だし緩めだよね)非日常を体験できるハワイ10日間っていうスケジュールをつくってくれたスタッフにも感謝!

DVDも潤くんが言ってるからには確実に出るんだろうし、そこにどんなものが収録されるかも、とっても楽しみ!

もちろん、レギュラーも含め、しばらくはハワイでのコンテンツが色々盛りだくさんにありそうで嬉しいです。


(それにしても、次回ハワイとかあったら、絶対に行くぞ!)


スポンサーサイト
2014.09.30 / Top↑
日付が変わってしまいましたが、11/3 デビュー14周年おめでとうございます!

嵐さんたちは、まる14年、私自身は嵐さんをきいて&みるようになって、ちょうど6年半くらい?(2007の頃からだから)
今年は5人ともが三十路を迎えて、仕事的にみると、紅白の4回目の司会がきまったり、夏には2年連続4回目の24時間のパーソナリティがあったり、ある種重みがある仕事も常態化して、さらにはグループとしてのレギュラーが2本、個人仕事も活発にあったりと相変わらず忙しいけれど、なんか10周年の頃のいろいろなうずに巻き込まれている感ではなく、すっかり彼ら自身が仕事のペースをコントロールしている感じがするので(いや、実際は事務所からとかどんどん否応なく入ってきているのかもしれないけれど)追われている感じではなく制御出来ている感じがして、安心して見守っていられる感があります。

それに、これだけ忙しい状況でありながら、ツアーも回ってくれて、ツアーの構成自体もここのところ、「踊って欲しい」っていうファンの気持ちをすごく組んだものにしているし、先日のアラフェス1つとっても、セトリ自体をみると新鮮味に欠けるものの、それをいかにみせるかにいろいろ工夫を凝らしてくれていて、結果すごく新鮮なものに仕上がっていたりと、彼ら自身が考えて準備してきてくれているその気持ちがとても伝わってくるので、いっとき感じていたような漠とした不安感もなくすごく信頼して次どうしてきてくれるんだろうとワクワクしながら待てる気持ち、これをデビュー14年目を迎えるグループに持っていられることがとても幸せなことだなって感じます。


私の中では、やっぱり嵐のライブをみれることが本当に、日々の気持ちをキープさせてくれる原動力になっているし、「ありがとう!」を言いたいかな。



(しかし、来年15周年、どうなるんでしょうね。何をするのかな・・・・・、年間計画早めに発表してほしいし、チケ取りが過酷すぎないような状況だといいけれど・・・・きっと大変なんだろうなぁ)
2013.11.04 / Top↑
今朝、起きてついをあけたら「ひみあら終了」の文字にびっくり。

3月で終了して、4月からは翔ちゃんと有吉さん2人のトークバラエティ「FACE TV(仮)」になるとか。
MSN→

まぁ、細かく視聴率を全部確認したわけではありませんが、ひみあらは10%前後、10パー切ることもあって視聴率的には決して良いとは言えない。
でも、それでもリニューアルを繰り返し、迷走を繰り返しながらも、結構ミラクルヒットもあって(ファンにとってはね)やっぱり寂しいの一言。
でも、これについてはまた後日に改めたいと思います。(翔ちゃん新番組についても)

今日感じたのは、やっぱりこれも変化の流れの一つのなのかなと。

なんか今年後半、顕著に、嵐さん達の意思を感じるんですよね(いや、もちろん結構思い込みだとは思っていますがww)
みんなそれぞれいろいろに発しているけれど、特に翔潤がスポークスマン的に語っているように思う。

そもそも、今年の春、なんかのインタビューで「変化をおそれない」「変わっていく」的なことを言っていて、BWの流れから次がどうくるのか若干ドキドキしながら見守る気持ちだったところへの発言ですごくその言葉に期待が高まったんですよね。

そして、後半アラフェスがきてポプコンツアー。
ここで見せてくれているもので、この2012あたりを一つの節目に次のステージに向かうべく作り上げてきてくれているんだなぁっていうことは、十分感じられていたんですが、ダメ押しでww翔ちゃんがちゃんと言葉にしてくれている。

日経エンタテイメント(2013.1月号、櫻井さん単独インタビューより)
「(2012年は)グループとしては、意味も収穫も大きかったですよ。(中略)今までは国立を含む大きなツアーはワンツアーだったから、アルバムのツアーとは銘打っていても、アルバムの曲をやりつつ初めて来るお客さんも喜ぶように、いつものシングルも構成して、いわば中間をとってたんです。そうなると今、自分たちが提示したいものが相対的に薄れてしまう。
それが、「アラフェス」をやったことによって、”ファンの人が求めるファンの人が見たい嵐”を一つ確立出来たと思っているんです。だから、ドームツアーはある意味「メンバーのやりたいものをやらせてもらいますよ」って。
これまで、現状維持ってところに努めてきたんだけど、そこから半歩くらい前に出ることができた感じです。自分たちが今見せたいものはこれです、っていうツアーは久しぶりなんですよ。それがドームでできる」


10周年のイベントあり、またその頃を中心に爆発的なファンの増加に対応しようといろいろやっていたけど、ここらでもう一度嵐はちゃんとしっかりアルバムツアーをやってファンと共有出来る場所をきっちり作っていこうとしてくれているのかなって、とっても感じる。
そしてそこで作り上げる嵐コンは、ファンが一緒に参加して(一緒にコルレスしたりしてね)一緒に作り上げる空間なんだよっていうことを、嵐さんの側からいろいろに発信してきてくれているって感じるんですよね。

コンサートに参加していてそういう気持ちがすごく感じていたから、
翔ちゃんが今年を表す字として「輪」という字を上げていて本来は、日経エンタにあったように
(2012年を表す漢字について)
「輪」かな。(中略)ワクワク学校で・・・・・参加した人たちみんなが手をつなげているっていうか、東京・大阪に来てくれた人たちが僕らを介して、宮城・福島の人たちに思いをつなげて届けてる感じがした(後略)」

という意味であげたんだろうけれど、
「めざましどようび」のぽぷこん取材の中で
「五輪の輪という字なんですけれども、ファンの人達からファンの人達へ橋をわたせたかなと」
と言っているのをきいて、昔からのファンの人たちから新しいファンの人たちへ、嵐コンって本来こんな感じなんだよっていうエッセンスを伝播させる橋渡し役を翔ちゃんが担ったんだよ、って言っているようにとってしまった。(かなりの思い込みだとは思っていますが)

そして、話がぐるっと1週して「ひみあら終了」について。
もちろん、プライムタイムの冠番組がなくなることは残念なんだけど、そこで空く時間によって
嵐さん達がツアーに傾けることができる時間が増えるのならばいいなって思ってしまった(超前向き)
潤くんはもちろんだけど、今回のように智くんもまた振り付けをしてくれてそれを通してコンの構成にかかわってくれたりね。

そして、それがコンの最後の挨拶で「来年はもっとみんなに会える時間をつくる」って言っていたニノの言葉につながるならば、レギュラーが一つなくなることも、それは良い意味で身軽になれることかなって思ってしまった。


(といいつつも、ひみあらにはいろいろ思い出も多いのでまたそれは改めて)
2012.12.19 / Top↑
今日、11月3日は、嵐のCDデビュー日、結成日がお誕生日なのか、CDデビューがお誕生日なのかはよくわからないけれど、でも大切な日ですね。
アラフェスがあって、ポプコンがでて、もうすぐポプコンツアーも始まる。

14年目の年も軽々と走っていってほしいなぁって思っているし、アラフェスをみてポプコンをきいて。
やっぱり信頼してついていけるtていう気持ちを再確認して、ポプコンツアーどんなふうに作ってくるのかすごくワクワクした気分で今います。


そして、11/1付の記事ですが、ウレぴあ総研で、以下の記事がでています。

<嵐リサーチ>を徹底分析! デビューから13年、止まることなく輝き続ける嵐の軌跡

上甲薫さんの記事です。

各種調査結果を元に上甲さんがいろいろ分析なさっていて、やっぱりそうなのかとか、へぇ~って思うこととかいろいろあって読み応えたっぷりで面白い。

その中で使われている調査結果を中心に、ツラツラと感じた素朴な感想を、続きに


... 続きを読む
2012.11.03 / Top↑
9月15日、嵐さん、13周年14年目に突入! そして、月に1度のオトノハ更新日



嵐さん、おめでとうございます。

また、今年も嬉しい気持ちでこの日が迎えられることに感謝!


ここのところ、仕事が忙しくてっていうかアラフェスを全力投球で迎えるためににひたすらコツコツお仕事に勤しむ今日この頃。
ブログの更新もほぼ1週間ぶりだったりするんですが、とにかく13周年のお祝いを言いたい気持ちで更新してます。










ちょっと色々、吐き出したい気持ちもあるので、

アガル内容ばかりじゃないかもなので
続きに



あ、その前にオトノハ更新のこと


さすが翔さん、いつもながらにファンのことをよくご存知でww

24時間テレビ、あんなに24時間テレビちゃんとみたのも初めてだし(私的には2008よりも、よりちゃんとみたよ。2008は嵐さんのところはもちろん見てるけど、そうじゃないところすっ飛ばしているところもそこそこあったし)かなり長い時間テレビの前にいたよ(笑)


そしえ、特記事項なしのリハーサルな毎日の報告嬉しいです。
そんな事件なんてなくていい。
嵐さん達が、アラフェスに向けて頑張ってくれてるそれがとっても嬉しいです。


昔のあの曲の振り付け・・・・・ひょっとして、あの曲?wwそれともあっちかなと思うのも楽しい。
今まで踊ったことがなかったあの曲を振りつけたり・・・・きっとあの曲は入っているに違いないとニヨニヨしたり


いずれにせよ、結構踊るって期待してもいいんですよね。もう、アラフェスまで1週間を切っていて。
あさってからグッズ販売も始まる。


お祭り、楽しみにしております。


... 続きを読む
2012.09.15 / Top↑
CDデビュー、12周年おめでとう!

今日は、NHK特番の収録日ですね。
デビューの日5人仕事でよかったね。(そして今日番協に入った方、一緒にこのタイミングでお祝いできたのは羨ましいなぁ・・・まあ、ないものねだりしても仕方ないから、私はここから)
今日は仕事終わり、5人でお祝いできたりするのかしら・・・(翔ちゃんはドラマの収録があるから難しいのかなあ)


まあ、12周年の気持ちって、先日9/15の結成日の時にもちょこっと書いたので、今回はすごくいいタイミングで発売になったMORE12月号(嵐さん表紙)の「嵐ありがとう、のカタチ」と絡めて。

嵐さん達は、「ファンから贈られていると思うものは?」
っていう質問に対して

智「幸せな顔」
翔「支え」
雅「見てくれること」
和「応援のエネルギー」
潤「原動力」

って答えているけれど、私が嵐さんに贈られているって思うものは何?って思うと
「モチベーション」なのかなぁ。

別に見られているわけじゃないけれど、コンサート前とか舞台とか行く前にはパックの頻度が増したりとかするし(笑)

先日スマホ買って、Jwebがなかなか上手く繋がらなった時も、かなり試行錯誤していて普段の私だったらめげてもういい、無しで済まそうって思ってしまいがちなところも、翌々日にオトノハ更新を控え諦める選択肢はありえなくっていろいろ調べたり訊いたりしながら何とかその日のうちに繋げて(大変でした・・(^_^;)

同じようなことで言えば、これだけネット関係の知識がふえてきたのも、嵐の情報が得たかったり、いろいろみたかったり・・もろもろのことがあるからで。

気分が落ちてる時も、曲きいたりDVDみたりのもろもろで、前に進めている。

たくさんたくさん、受け取っています!ありがとう♪

今年も、「私たちが嵐さんから受け取り」「そして私たちから嵐さんに贈り」のバランスのよい関係性が築いていければいいですね!


続きに、MOREの感想をもう少し








... 続きを読む
2011.11.03 / Top↑
今日で、まるまる12年、13年目に突入ですね。

去年私は、何を書いたんだろうって去年の9月15日を見返したら、今書きたいなって思うことと、そっくり同じことが書いてあって、自分で苦笑。(よければこちらに ⇒ )

私の中にこの1年はあったのか・・・・ww

かれこれ、好きになって4年ちょっと。
彼らの足跡の1/3くらいをオンタイムで共有しているんだなあって、改めて思います。

まだまだ、(ファンとして)新参者だと思っていたけれど、それでも1/3は一緒に並んで歩いているんだなと思う反面
そうはいっても、まあ1/3にしか過ぎないんだよねと思う気持ちと、ないまぜです。(女心は複雑)




去年とまったく気持ちはかわらないって書いたけど、嵐くん達に出会えて、彼らが好き!って思える状態が継続していることで、いいこと山もりです!

何より楽しい!!気持ちがあがる!

嵐さんを知りたいって思うことで、いろんなことを試してみたり知ったりっていう新しいチャレンジがふえる!

嵐さんが媒介になって、色んな方と知り合えたり交流できたりする!
(皆様、いつもありがとう)

来年も、その翌年も、同じ気持ちでいれたらいいなあって思います。


それにしても、これだけずっと「好きだし、みていたい、知りたい」と言う気持ちを起こさせてくれる5人が集まった奇蹟に感謝!!






2011.09.15 / Top↑
MOREを読んでいての、勝手な私の妄想編。

畳みまーす。



... 続きを読む
2011.04.03 / Top↑
嵐さん、デビューまる11年、12年目突入おめでとうございます!

先日9月15日のグループ結成のタイミングで、お祝いもかねた嬉しい気持ちを書かせてもらったので、今回はそれと別視点から。(9月15日のエントリーは こちら→ )

12年目を迎えて、見たい嵐は見れているのか!?

国立のニノちゃんの挨拶の中に、「嵐のみたい嵐はここにある」というメッセージがありました。
国立コン、そして京セラのレポをあちこちで読ませていただいて、本当に今回のツアーで「私のみたい嵐もここにある」って感じています。

そもそも、嵐5人でというと
曲が好きで
コンサートが好きで
踊る嵐さんが好き
っていうのが私の中では根っこにあって。

去年1年の10周年の嵐のあと、どんなふうになって行くのかなあって漠然と思っていたけれど、2年ぶりのオリアルは、単にシングルの寄せ集め的な感じもなく、ちゃんと攻めてきてくれて私はとっても好みな感じでした。

そして迎えた国立コン、ドームコン
箱が巨大というハンデの中で、しっかり踊りもみせて演出も凝って、
近くに来てくれるという満足感だけに安住しない構成にしてきてくれていて。

その上、レポを見る限り、ドーム・国立と、それぞれのハコの特性を考えた演出にしてきてくれているようで。
それも、ヒット曲オンパレードじゃなく、しっかりアルバムの曲をみせてきかせてくれる構成になっていて。
「私のみたい嵐をまさにここにある」ってそう感じてます。
(あとは、チケットさえとれればいうことないけどね)

そんな11年目をみせてくれた嵐さんに、12年目もどんなふうに攻めていってくれるのか、すごくワクワクしながら楽しみにしています!

2010.11.03 / Top↑
昨晩寝る時に、明日は9月15日だなって思っていたら、
今朝嵐友さんから「祝 結成11年」のメールが!
思えば昨年はこのあたりからが怒涛の10周年記念行事(??)のはじまりだったような。

10周年を超えて今年は靜かですね。
今朝も、ズームでラブレインボーの先週のオリコンランキング1位はやっていたけれど、11年前の今日結成ですねとかそんなことはやっていなかったと思うし。(これが普通ですよね)

嵐友さんが
「嵐がこの5人でよかったね」ってかいてきてくれたけれど、
ホントに
「この5人でよかった 

11年前の奇蹟的な組み合わせに感謝です。
深くぐっと入り込むと、ある程度知ると少しあきがでてきたり興味が他に移ったりしがちな私ですが(浅い状態はダラダラ続いたりするんだけど)、嵐さんについては長いです。(っていっても3年半弱!?)かなりヲタ的にはまりはじめて2年以上。これはね、やっぱり5こイチ嵐の面白さに加えて、コンビごとの楽しさがあったり、1人1人の個性もあったり。もちろん音楽、お芝居、バラエティとそれぞれにみごたえがあって楽しめるし、それに彼ら自身の持ち味の良さは変わらないけれど、でも常に進化しているからだと思う。今の嵐もみていたいし、過去からの流れや変化も興味ぶかい。

あと、嵐がきっかけでできた(ブログを通じてともいえるけれど)嵐友さん達にも感謝!

子どもが生まれたことも、自分の人生とはまたもう一つ違う世界を生き直すみたいな感じがあって、友達もモノの見方、感じ方も広がって、私は自分に子どもがいてくれてありがとう!って思っているんだけど、
嵐さんについても似ているわ。嵐にまつわる世界を体験することで、友達も広がり、モノの見方や感じ方も広がった感じ。
嵐さんにはもちろん感謝なんだけど、ここにアクセス&コメントやら拍手やらしてくださる方達にも感謝だし、もっと踏み込んで仲良くしていただいている方達にもありがとう!

11年前のハワイ会見。当時はなんか新しいグループがデビューしたんだな程度の認識しかなくて、名前を言ってるけれど全然区別つかないなと思った彼らだけど・・・
まさか11年後に自分にとってこんなに大切なものになっているとは思ってもみなかった(爆)
人生って、どんなふうになっていくかわからないから、面白いなあって思います!




2010.09.15 / Top↑
先日、「俳優 櫻井翔」っていうエントリーの中で、「音楽誌が書かないJPOP批評 ジャニーズ超世代「嵐」をよぶ男たち」のコラムの中でのニノの演技をアナログな演技、翔くんの演技をデジタルな演技とするコラム記事の紹介をしたところ(→「俳優 櫻井翔」はこちら)、いろいろコメントをいただきました。その中で、このコラムの書いた成馬零一さんというライターの方がご自身のブログで、このテーマについてもう少しつっこんでかいていらっしゃいますよということを教えていただきました(私信:ピロさんありがとう)
早速、読みにいってきたら、面白かったしあのコラム記事の真意がよりわかりやすく書いてあったので、ご興味のある方是非読んでみて!って思って記事立てしてみました。
(もちろん、いただいたコメントのところにURLはってくださっているんですけれど、ここにもはります。 「はて☆なりま」 2010-01-13 )

あのコラムの中では、デジタルな演技、アナログな演技っていう言い方をしているんですけれど、これをキャラクター芝居、人間芝居という表現に変えて様々な俳優さんとか監督、脚本家などをひきあいに出して語っています。

あまり、中途半端な引用をするのも真意が誤解されて伝わると困るので、まあ読んでいただく方がいいんだとは思いますが。
たとえば倉本聡さんのドラマが人間芝居を生かす、または求める脚本だとしたら、クドカンドラマはキャラクター芝居を生かす、または求めているものだとか、
龍馬伝の中でいえば、福山さんはキャラクター芝居の人、香川照之さん、大森南朋さんは人間芝居の人とか。ダイワハウスのダイワマンのCMの中での役所弘治さんが人間芝居なら、唐沢寿明さんはキャラクター芝居であるとかね。
そして、これまで芝居が上手いっていうと人間芝居をする人を漠然とイメージする場合が多くて、一歩低くみられがちなキャラクター芝居だけれど、今需要として圧倒的に多いのはキャラクター芝居の方だとか・・、そしてなぜキャラクター芝居の需要が増えているのかとあ、この2つが今後どうなっていくのかとかにも言及していらっしゃったりして。見方の一つとして、興味深いです。


で、嵐に話しはもどるわけなんですけれど・・・
ここから先はあくまでも、私見。
いいことばっかり書いているわけでないので、そういうのはちょっとという方はやめておいてくださいね。





ニノ作品について、ヤマタロと流星、それぞれのでのニノの引き立ち方の違いが面白いなあって思いました。
ヤマタロ、楽しくって個人的には大好きだけど、役者としてのニノが物凄く生きている作品かと言われば、どうなのかなあとも思うんですよね。(あくまでも、個人的な意見)これって、人間芝居のニノに山田太郎っていうバリバリのキャラクターを演じさせたことで、ニノ本来のよさがそれほど際立たなかったっていうことかなあって。
(普通にいいんですけどね)
逆に流星はクドカンらしいめりはりの中で、人間を見せる部分をうまく組み合わせようとしてうまくいった例かなあって。脚本の中でおそらく誰が演じるのかという部分も意識して書いているのかなあと。(これは、あとから流星の時買いこんだインタビューとかをちょっと見返してみようかなあって思います)だから、ニノをうまく生かす形になっていて、結果ニノの演技力がすごくドラマの中で生きているのかなあって思います。(あくまでも私見ですけどね)

人間芝居と考えられる役者さんは、いわゆる「演技派」と言われる人は多いけれど、キャラクターのたった演技をする場合それが上手でないとう評価ではないと私は思っているし、両方をうまく使い分ける人もいますよね。どちらで、その持ち味をより発揮するかということはあるけれど・・。
今のところで言えば、潤くんはキャラクターのたったものでの評価が高いけれど(花男とか)そうでない方へも意欲的ですよね。
大ちゃんは、実はどっちもうまいなあって密かに思っています。




2010.01.23 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。