上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
潤くん、お誕生日おめでとうございます!

33歳なんですね。

20代前半の頃までのまだなんかちょっと不器用そうにトゲトゲしたところを残した潤くんもステキだけど、私はやっぱりほわっとしたところもテレビ等でもそのままみせている最近の潤くんがかっこいいなって思っています。
「しやがれ」の中のカッコ良さを追求なんて2の線を追い求めているけれど3もちゃんと含みつつやっているようなああいうものしれっと楽しんでやってのけるようになったそういう潤くんの人としての幅みたいなものにも惹かれるし、なんか包容力が増してるなぁって思います。

見た目もね、大翔仕様は前髪があって、私的にはすごく好きなビジュアルで、今も基本そっち路線を継続中なのが嬉しい限り。

アリーナジャポはご縁がなくて行けなかったけれど、ツアーはぜひとも呼んでいただけて、コンサート隊長のお仕事を堪能させていただけたら嬉しい。


33歳も充実の年になりますように。




スポンサーサイト
2016.08.30 / Top↑
(しやがれ見ていて、ハピパメッセが翌日になってごめんなさい)

潤くん、31歳お誕生日おめでとうございます!
「M  J  H!B! D! 」

今は、ハワイに向けて、そしてその後に向けてアルバム、ツアーをにらんでその準備の時期ですよね?
(その他のお仕事については、よくわかっていないけれど)
ハワイに行くことはできないけれど(でも、ちゃんと目にしたいとは思っておりますが)
ツアー、
今年は、どんな風景を見せてくれるのか・・・・・。
本当に楽しみにしています。

この間、LOVEのブルレイを珍しく高校生の息子と見たんですよね。
彼の嵐に対するスタンスは、特に興味はないけれどバラエティとかは私が見ていれば面白がって一緒に見たりする、そういう意味では、変な偏見のない一般人!

私が見ていたところをチョロっと見て、ライブの作り方、構成の仕方、エンタテイメントとしての嵐ライブということでちょっと興味を持ってくれていたので、せっかくだからいかがということで。
私も彼に若干の説明をしつつ、彼からもいろいろ感想をいただきつつ(笑) いつもよりも一歩ひいた視線で一緒に見ていて。
改めて見せる曲、つなぎ、お手振り曲等の選曲と並べ方のバランス、ドームの中での自分たちの見せ方、緩急のバランス、そしてあの広いドームでの一体感の作り方、もちろん5人全員の力だけれど、隊長であるJの力は大きいわけで。
自分自身も改めての嵐ライブのエンタメ力の高さを実感したし、かなりの数のライブをみている息子が、この完成度の高さはさすがだね!って言ってくれたのも嬉しくて。

31歳の潤くんに、コンサートの隊長としてのますますの精進と活躍を期待した次第です。

(それにしても、生放送の嵐VS関ジャニ楽しかった! ハピパの潤くん、三輪車対決も、ハコの中味あても面白かったけれど、最後に負けず嫌い発揮して、椅子取りゲームで勝利したところはさすがJ! 楽しいお誕生日だったね!)



2014.08.31 / Top↑
松本潤様 30歳おめでとうございます。


嵐の末っ子天使も、30歳  これで、全員が三十路になりましたね!

朝、昨日の完成披露試写イベントの映像をWSでみて、まったく30歳だっていうのに相変わらず可愛く天使だよねと実感!(顔かたちだけでなく、発言というか、行動というか、雰囲気ね)


潤くんはね、私にとって嵐に出会うきっかけをつくってくれた人だし、潤くんの演技仕事が興味のきっかけを作ってくれているから、ほんとに感謝!
まず、最初に潤くんを、頭の中でブックマークしたのが「東京タワー」で、
そしてその後花男に潤くんがでていたことから興味を持って。
その後、キミペをみて完全にはまった。

コンサート隊長としての潤くんはいっつも素敵で尊敬だけど、でもはじまりは演技仕事なんだなぁって改めて思います。

そして、この秋に5年ぶりの映画「陽だまりの彼女」
道明寺みたいな俺様なのもよいけれど、普通の青年な潤くんって好きなんです。
そう言う意味では、前髪ありのビジュアルも大好きだし、なんかキュンキュンできそうでホント楽しみだなぁ。
30歳の節目で、きっと私の大好きな感じかなと期待できる潤くんに会えそうなのが嬉しいです。


最後に、先日の24時間のタップ素晴らしかったよ。

24Hって、ある種チャレンジする努力が一番讃えられる番組なんだろうと思うんですが、潤くんのすごいなと思うところって、聴覚障害といった困難のある素人の子達とやった舞台で、あれだけ完成度をあげて見せることができるものを作り上げてきたところ。そのためには、自分がある種中心にたってひっぱっていくこと(おそらく練習も、できあがった舞台の構成上も)を厭わないところ。
この人は本当にストイックで、かつ根っからのエンターテイナーなんだろうなって思います。

これから、はじまる30代もますます、エンタテイナーとして嵐の活動もソロ仕事も充実していきますように!


コン隊長、しっかりついていくからね。
(その前に、チケットが欲しい!!!!)





2013.08.30 / Top↑
29歳お誕生日おめでとうございます!
20代最後の年を迎えるんですね。


もう、最近の潤くん、あまりに天使過ぎて辛すぎるくらい(笑)
(ちょっとイタすぎる表現)

だって、まずビジュアルが天使。
どんなに贔屓の引き倒しをしても、5人の中でこの世のものと思えない感じの美しさは潤くんナンバーワンだと思っております。(翔ちゃんもきれいだとは思っているけれど、翔ちゃんは地上の美しさ、潤くんは天上の美しさ←とここですでにかなりイタイ)
(私的には、今の髪色、髪型を含むビジュアルはかなり最強だとおもっております)

あと、性格だよね。
24時間テレビの指揮の企画でみせた一生懸命さ、
そして本人はどの程度意識しているかはわからないけど、私は相葉さんよりもよっぽど天然なんじゃないかと実は思っていたりする。
ストレートで、愛される末っ子っぽさ。

そして、30日ということで、Enjoyも更新。

隊長、そりゃァ、楽しみ。
どんな内容になるか、どんな曲が聴けるのか、めちゃめちゃ楽しみにしております。

そして今年は攻める嵐を期待してるよ、コン隊長!!
(そして、はやくツアー日程を発表して、今年後半、予定がほんとにいれられない)



20代最後の年、充実の1年になりますように!!




2012.08.30 / Top↑
潤くん、28歳のお誕生日おめでとうございます!

なんか、ここ1年は、バラエティでみるお茶目なかわいい潤くんに癒されっぱなしで・・・
でも、先日札幌でみた潤くんは、セクシーオーラ全開のかっこいい潤くんで、「おぉ~、松本潤だ~!!」って実感しました。

今日のEnjoy更新。
ジュンスタでもいつも感じることですが、今日のEnjoyでも、コンサートに行ける人はもちろん、行けない人に対しての気遣いも感じられる言葉、潤くんの優しさを感じます。

去年のお誕生日の時、「25すぎて雰囲気が少し変わってきてるのかなあ」って書いたけれど、メンバーとのラブラブ感もそのまま出してももいいんだっていう感じがさらに感じられたこの1年です。

そして、秋には舞台!(見に行きたい!)
映画やドラマの潤くんが私の嵐への入口だから、蜷川さんのもとできっとすごく気合いを入れて臨んでいるであろう潤くんを楽しみにしています。



「僕らに出会ってくれてありがとう」じゃない、潤くん「君たちに出会わせてくれてありがとう」だよ


ますます、28歳もいい男で♡





2011.08.30 / Top↑
松本潤さま、27歳のお誕生日おめでとうございます。

朝のめざましの映像は見損ねましたが、夏虹ブログでケーキはみてきましたよ。
かわいいケーキで、みんなにサプライズしてもらえてよかったね!

ドラマ撮影中もあいまってビジュアルも絶好調の潤くんだけど、25をすぎて雰囲気がちょっと変わってきてるのかなあって思っています。
尖った感が魅力だったりするけれど、そこも持ちながら柔らかさも加わっていて。
昔も今も十分いいオトコだけど、年齢を重ねてますますステキになっている気がする。

コンサートの潤くんも楽しみだし、ドラマの潤くんも楽しみ(ドラマの潤くんがいなければ、今の私はいなかったから)
27歳も、潤くんらしさ、やりたいことや気持ちを素直に表現できる場や仲間を大切にしながら、かっこいい姿をみせてね。
ちゃーんとついていくからね。

2010.08.30 / Top↑
来週?いや今週末にはいよいよ「わが家の歴史」もオンエアになりますね。この話題がでてからホントに長かった。
記者会見はちらっとみれました。CMは運を天に任せ、遭遇できたら良かった!!っていう感じ。
でも、昭和な潤くんって、あの濃い目の顔が端整には感じても昭和初期の顔として違和感を感じないのが不思議です。そんな中、MORE5月号には、潤くんと佐藤浩市さんの対談ものっていました。
潤くんも本当交友関係が広いよね。佐藤浩市さんとも、以前からのお付き合い、それも共演関係とかがなくってお付き合いがあったんだって思いました。
潤くん自身がすごく人との交流に積極的だからよね。
私は聞けてないんだけれど、小栗くんのANNにもラスト顔をだしていたみたいだし、翔くんも人間関係にまめだと思うけど、潤くんもまめよね。

冒頭の写真、佐藤浩市さんと潤くんが見開きに横並びになっている写真、ゴージャスだった。華がある。
潤くんはもちろんなんだけど、佐藤さんもこの年代の中にあって断トツのかっこよさ、存在感、スターとしてのオーラのようなものがありますよね。そして、中井貴一さんとかからもだけれど、潤くんってこういう昔からのスターの系譜を受けついているようなそんな方達からとっても可愛がられるんだろうなっていう感じがします。

話しは変わりますが、もう更新になってちょっとたちますが3月のEnjoyで、赤ちゃんに泣かれてちょっと困る潤くん、見てみたいなあって思っちゃった(笑)
... 続きを読む
2010.04.04 / Top↑

金田一少年を見ていて、半分くらいみたのでその感想をアップしようかと思ったのですが、考えているうちに、金田一くんだけでなくもう少し思い浮かぶことが広がってきて、ちょっと「タイトルだけ」大上段にかまえてみました。

金田一くんは、第5話まで、エピソードとしては、「幽霊船殺人事件」「仏蘭西銀貨殺人事件」「黒死蝶殺人事件」の3つ見終わりました。

まあ、金田一くん自体については、全部見終わったところでアップしようかとも思いますが見ながら思っていたのは、「まだ少年の潤くんが、なんて綺麗で見栄えがするんだろうって思うこと」
改めてなんですけれど、彼は本当に華がありますよね。
思わず、視線が吸いよせられていってしまう。
金田一くんのキャラが天然が入ったナルシストだったりするので、エピソードの冒頭と終わりにそういう場面がはいったりするんだけど(ひとりタイタニックをやったり、浜辺で自分の作った砂のお城にうっとりしたり・・)そんな突っ込みたくなるシーンですら、突っ込むより先に美しさにうっとりしてしまいそう(笑)

それで、改めて思ったのは潤くんって基本ダメキャラってあまりなくて、そもそもキュンキュンのかっこいいキャラが多いのか、普通の男の子の役であってもそっち引き寄せていってしまうのかわかりませんが、いずれにせよキラキラ感の漂う感じがやはり持ち味なのかなっていうこと(まあ、今更そんな当たり前のことをと言われそうですが)
そして、そんな潤くんにとって、「スマイル」ってやっぱり今までの殻を打ち破りたい役だったのかなあっていうこと。


この「金田一少年の事件簿」が初主演なわけですが、これ以降の潤くんの映像関係の主な仕事をみてみると。

2001 「金田一少年の事件簿」 金田一一
  原作や、剛くんのシリーズ1、2をみていないからもとのキャラ設定はわからないけれど、少なくとも潤くんのやっているシリーズ3については、単に推理力のある少年っていうんじゃなくて、ナルシストだけどかっこいい部分が強調されたキャラになっていると思う。

2002 「ごくせん」 沢田慎
  ドラマの主題はヤンクミにあるけれど、主要な生徒役の5人の中で沢田の立ち位置は育ちがよくて頭がよくてクール、恋人ではないけれどヤンクミの相手役。

2003 「きみはペット」 モモ 合田武志
  これは、モモが美少年でキュートでこんな年下の男の子がいてくれたらステキって思われないとそもそもストーリーとして成立しないけれど、潤くんはペットにしたい男に選ばれたくらい!
これまでの、沢田慎のクールキャラ的合田武志の部分と、ドS的な部分は残しながらキュートさ全開のモモの両面をみれる。

2005、2007、2008 「花より男子」シリーズ 道明寺司
  道明寺の設定が、学園の花型で大金持ちでかっこいいというのがベース。
最大のはまり役。

2007 映画「僕は妹に恋をする」 結城頼
  これは、やっぱり頼自体が美しいこと前提でないと、テーマがテーマだけに見るに堪えないものになりがち。

このへんは、そもそもかっこいい部分がみせられないとお話自体の説得力を失ってしまうわけですが、そういう役をやる時の潤くんってオーラが半端でなくて魅力が最大限に発揮されていると思う。


2007 「バンビ~ノ」 伴省吾
  これは、ふつうの青年の成長物語だから、キラキラ度合いとしては若干微妙。
キャスティングによっては、もっと普通っぽい人がやってもよさそうな感じもあるかな。
そういう意味では、全くの私見だけど潤くんものとしては若干の中途半端感があるような。

2005 「東京タワー」 大原耕二
  これは、立ち位置的に岡田くんメインなのでちょっとキラキラ度としては劣りますが、年上の人妻をメロメロにさせちゃうんだからフェロモン全開な点ではキラキラ系?


立ち返って、「スマイル」のビトはどうだったのかといえば、キラキラ感はあの役では全く必要なかったわけで・・違う部分で勝負の役だった。
だからね、そういうかっこいいオーラを前提としない役をやりきるっていうのは、潤くんにとってすごくチャレンジングだったのかなって思います。
花男とかぶっている「スマイル」スタッフも、花男とは違ったマツジュンをみせるって言っていたしね。
実際に、テーマが重かったから視聴率的には伸びなかったけれど、キラキラ感皆無のビトがいたという点では(情けなさに、歯痒いくらいだった)すごく役的には成功していたんだと思う。

これまでも、「ピカンチ」や「黄色い涙」等、嵐でキャスティングされているものには、あえてそうじゃない部分を役的にはやっていますけど、個人ででているものでは、なかなかキラキラなしのものってあまりないですよね。

今度「嵐CHALLENGE WEEK」の時にテレビでやりますが、「隠し砦」は本来キラキラ系では全くなかったんだけど、なぜか私はあのこきたなくて足を引きずりながら歩く武蔵にちょっと萌えでした。(そうなると、キラキラの基準なんてまったくわかんなくなっちゃうけれど・・)

って、だんだん何を書きたいんだかわからなくなってきたけれど・・、
潤くんはこれからも役者としての幅を広げるべくキラキラ系封印のビトのような役にもチャレンジしていくんだろうなっていうこと。
それは、それでチャレンジングでいいことだとは思います。
木村(拓哉)くんが何をやってもキムタクにしかみえないと一時言われていたけれど
潤くんはキラキラしていても全然別キャラクターになっている(小栗くんとかも役によって別人みたいになるように)ので、役の幅を広げながらも、キラキラ感も大切にしてほしいな・・・(贅沢?)
そして、時々でいいからこれからも、フェロモン全開キラキラ感満載の役もやっていってほしいなって思うのでした。


今度の特番は一体どんなキャラなんでしょうね。



2009.10.07 / Top↑

松本潤くんは私にとって嵐の入口です。

はじめて、潤くんを認識したのは、映画の「東京タワー」
リリー・フランキーさん原作のベストセラーのものではなく、黒木瞳さんと岡田准一くんがでていたものです。2005年のお正月に公開でした。
「東京タワー」は実際にみると、黒木&岡田の主役カップルではなく、目はどんどん寺島しのぶさんのカップルの方に吸い寄せられていきました。
寺島さんの相手役の子誰??それが潤くんでした。
あの映画自体は、私は寺島さんに、完全に圧倒されノックアウト状態でした。
そして、プラス、松本くんって結構いい感じかも、いったい松本潤くんってジャニーズのどのグループ?嵐??ふーん。よくわからないけど・・なんて思っていました。
でも嵐に松本潤くんっていう子がいるということだけはインプットされました。

次に潤くんと出会うのが花男まあ、とにかく誰がというより、花男そのものが、好きなんです。
そして、「リターンズ」になると、F4の4人すべてが、パート1に比べて魅力的にバージョンアップしていて、特に小栗くんと松潤には、注目
このくらいからですね。潤くんのものをみてみたいと思いだしたのは・・

そして、「リターンズ」の放送が終了した頃、「きみはペット」のDVDを借りて、完全にモモにやられました
今でも私にとっての潤くんのベストは「ペット」かもしれない。
モモが、「スミレちゃん、おかえり」という時の甘えた笑い顔も胸キュンだし、合田武志として踊る時の美しさにはため息です。
(そういえば、07年の5大ドームツアーの時の潤くんのソロ、真白な衣装でまるでギリシャ彫刻を思わせるような美しさ、「ペット」の時の舞台でのダンスシーンを思い出してしまいました。)

そして、「ごくせん」をみて、沢田慎の美しさがら目が離せない。それに、クールで、でもとっても優しいんですよね。

あと、好きなキャラは「僕は妹を好きになる」の頼。
道明寺も素敵だけど、好みでは頼って好きなんですよね
あと、auのCMもかなり好きです。
ペプシNEXより好きかもしれない。


潤くんをみていて、私がはまる時って、自分のかっこよさをあまりアピールしないですごく素の状態でいる時。
だから、色気たっぷりの潤くんには、逆にそれほどひかれない。
おだやかーなほほえみの「One Love」を歌うときの表情とか大好きです。

むしろね、「隠し砦」の武蔵とか、あれって泥だらけで結構きたない状態で、でもあの武蔵の潤くんもかなり好きです。
なんか、あれだけかっこよくって普通にしていたってフェロモンがでている感じの潤くんが、その部分を封印している時がいいんですよね。


潤くんって、ある意味嵐の中のきちっとした部分を担っているとおもうんですよ。
仕事人だし、まじめだしね。

潤くんとメンバーとの絡みでは、やっぱり大松がいいかな。
リーダーに対する時って、ふだんはクールな潤くんなのに、すごく愛情を感じる仕草が多いように思うんです。
リーダーに対しては、潤くんも甘えているようなところがある気がするんだけど・・
どうでしょう。



2009.01.21 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。