上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ようやく、北島選手へのインタビューきましたね。

北島選手と翔さんとの間に流れる信頼感に満ちた親しい雰囲気がとっても好きです。
北島選手もリラックスしてるなぁっていうのがよくわかる。

もともと、翔さんのインタビューは、データを咀嚼して頭に入れた上でフラットに相手に寄り添おうとするその姿勢がとっても好きなのですが、
北島選手のように、回を重ねている相手は、インタビューされる側からも信頼感がにじみでているし、翔さんの方でも一歩ふみこんだ親しみが感じられて、より素顔が引き出されているように思います。

来週は後編、これも楽しみ。


続きに、あらフェス・ポプコンごと


... 続きを読む
スポンサーサイト
2012.10.09 / Top↑
横浜の放送ライブラリーで開かれている、「ZERO写真展2012横浜」に行ってきました。




行きたいなぁとは思っていたんですが、なんか機会を逸しているまま時が過ぎていって、でも先日開かれた大村さんとプロデューサーとホランさんのゼロセミナーのレポをを他のブログで読ませていただいて、俄然みたい気が高まってきて期限ぎりぎり行ってまいりました。
今年3月末に銀座であった写真展もみさせていただいているので、2/3は銀座のものと同じものでしたが、4月以降のホランさんや桐谷美鈴ちゃんのものが加わって、さらにスナップ風の写真を寄せ集めたパネル(数えてないけど、100枚くらいはあるでしょうか)が新しいものでした。
また、銀座の会場よりも、スペースにゆとりがあるので、既出のものも改めてゆったりとみることができました。


まず翔ちゃんの写真について。

銀座の方でも展示されていた3/14の3枚組の連作に加えて、新出のパネル風の写真の中に私が確認できただけで5枚。
3/14のものは、前にも書いたかと思いますが、震災直後の初めての月曜日、報道センターでの緊迫した様子が伝わってくるものでしたが、
今回新たな5枚もどれも真摯なまなざしで、その思いが伝わってくるような写真。(まなざしがホントに鋭くて、頭がフル回転しながらくらいついていっている感じが伝わってくる)
こういう表情のものは楽屋裏、特にZEROならではでもあるので、とてもよいものがみれました。



そして、翔ちゃんを離れて、写真展全体について。
セミナーレポで読ませていただいたんですが、大村克己さんはZEROに密着し始めて4年目なんですね。
そして、密着の名の通り、ZEROの動きにほんとに寄り添いながらすごく近い位置でとっていらっしゃるんですよね。銀座にもあった各界からゲストの写真も面白いんですが、村尾さんをはじめとするゼロファミリーの方達の表情がほんとに自然で誠実にニュースに向かい合っている感じが伝わってくる。
ZEROはニュース番組ではあるけれど、温かさというか人肌感が感じられる番組だなぁって改めて思います。


あと大村さんの写真ということでいえば、改めて風景をきりとったカラーの写真がとても印象的なものが多い。
広島の青い空、震災で被災したピアノ、色彩感がとても良くて、この方の人物写真もいいけれど、そうでない写真ももう少しみてみたいなぁと思いました。





2012.07.16 / Top↑
ZEROのエントリー久しぶりです。

でも、昨日の水泳北島康介選手のインタビュー、すごく良い内容だったので、これはやっぱり書きとめておきたい。

北島選手とのゆっくりと時間をとったインタビュー3年半ぶりと言っていましたが、北京オリンピックの前から追い続けて、プライベートでの交流もあってという翔くんのインタビューらしく、今まであまりみたことがなかった北島選手の一面がみれるものになりました。

何よりも、北島選手のリラックス感、心を開いている感が伝わってくる。
北島選手って今まではとにかく強気な印象が強かった。
その北島選手が夏の世界選手権でまさかの100メートルメダルとれず、200メートル銀、結果ロンドンオリンピック選手確定ならずという結果に終わったことに対する当時の気持ち、今の気持ち、そして今後、ロンドンに向けての気持ちを語っているんだけど、すごく率直で、揺れたり、不安だったりした気持ち、今後に向けての緊張感、不安感、でもやるっていう気持ちが伝わってくる・・ある意味弱いところもいろいろに語ってくれたインタビューでした。
そして、これって誰にでも引き出せることではなくて、これまでの積み重ねと信頼感を築いている翔くんだからこそ、そしてまたフィールドは違うもののトップで居続けることの大変さ、緊張感そういったことを共感することができる翔君だからこそのものだったんだろうなって思います。

北島選手の気持ちにもグッとくるものがありました。

そして、そんな良いインタビューをした翔くんのこと、とっても誇らしい気持ちがしました(どれだけ、身内気分 笑)

いつも、ブログでZEROでの翔ちゃんの活躍に温かいエールを送ってくださる金杉文夫さんのブログ
昨日もとてもよくみてくださっていて、読ませていただいて、さらに嬉しくなりました。
よろしければこちら→金杉文夫のリョーガン・マーケット

いつもは、スタジオからインタビューなど外に出ると男前度が2割増しになるけれど(←ゴメン)
今はドラマ中で、スタジオそれもオープニングのグリーンバック前からイケメ度とっても上がってるので、どちらをみてもかっこいい翔ちゃんだらけでありましたww
(スタジオ、さすがにちょっとお疲れ模様だったけれど)
2011.11.22 / Top↑
明日は何の日?
いや、もう今日ですけれど・・・・。
はっきり言って、何となく不安。
ファンクラブ会員数が104万に達したという噂も耳にする今日この頃・・・
はじめから、「あたったらラッキー!」というスタンスで臨むべきか、「絶対あたるぞ!!」なスタンスでいるべきか・・・
後者で「あたるぞ」オーラを出していくべきとは思っても、なんか明日の今頃のショックに沈み込んでいる自分を考えると・・落ち着かない気持ちでいっぱいです。(小さい奴 苦笑)


イチメンの今私にできることは
翔くんが、高校生に交じって被災地のボランティアに参加した内容でした。

神戸の兵庫県立舞子高校には、全国で唯一という環境防災科があるんですね。
阪神大震災がきっかけでできたとか。
今回の震災にあたっても、ボランティア活動を交代でとまりこみで行っているそうです。

一緒にやったのは、津波で床下にたまった泥をかきだす作業。
1.5mの津波ってすごいよねそして、それだけの海水がやってくると
床があっ手も、その下にこんなに泥が溜まるのね。

厚さ10センチの泥を手で袋につめて出していくという文字通り地道な作業

泥は異臭を放つだけでなく重金属などの有害物質も含むからそのままにしては生活はもと通りにはならない。
確かに海水やごみまでまきこんだ泥はくさいだろうなあ、これから夏だし。

リーダーの久保くんは高校2年生
阪神大震災の時は10カ月
お母さんが赤ちゃんの久保くんをかかえ、その時全国からの援助をうけてしのいでいたから
その思いをうけている。

うちの高校生のドラ息子同い年だけど、ホント煎じて飲ませたいくらい。
でも、やっぱり直接的にそういう経験をしたっていうのは、色んな意味で受け止める重みが違うんだろうなあって感じます。
彼らのこの経験は、労働力として役だっているだけでなく、将来色んな意味で糧になっていくんだろうなあ。

そうそう、翔ちゃんです。
翔ちゃん 泥を袋につめすぎて持ち上げるのが大変。
そんな些細なことも、実際に体験してわかることよね。

においも、ゴミがあらゆるところに流れていっている様子も、取材として訪れるだけでなく、自分の手でいろいろ経験するから感じ取れることがいろいろあるんだろうって思う
そして、高校生と午後一緒に作業し、高校生達が自炊で作るご飯も一緒に食べる。
やっぱり大変な作業を一緒にしたからだろうけれど、高校生達も翔くんのことを自然にうけいれていた感じが伝わってきた。(きっと、嬉しかったよね)

そして、不謹慎と知りつつ・・・
オープニングは、いつも通りのZERO仕様でむくみ気味(もう、これは仕方ない、諦めた 笑)

でも、その後はスタジオ・ロケ含めずっとイケメンでした!
ロケの時の白シャツ、確かに汚れる危険性大ではあったけれど・・・
でも、清潔感が感じられて私は好き!
ついでに作業中はタオルを頭に巻いて
なんか、コンみたいよね(^^♪

あーあ、話はなんか1周して・・
明日の今頃、嬉しい気持ちですごせますように!

今年もコンにいけますように!
2011.06.07 / Top↑
今週のイチメン「私にできること」
福島原発に近い南相馬でのボランティアの話

まずは南相馬市のお寺の取材です。
幼稚園や保育園が被災して閉園しているため、お寺のスペースを借りて託児資格をもつボランティアの人達が、子どもをあずかっている話題。

小さい子達がいるお宅では、親が働くにも、色んな後片付けをするにも、託児施設が止まったままでは身動きができないですものね。
ボランティアのニーズは色んなところにあるんですね。

そして、この南相馬は放射線量が高いので、安全を考えると外遊びはできない。
子ども達も、外遊びができないのはストレスがたまるだろうし、その子達を見なきゃならないボランティアの人も大変。

そして、ここは県外からのボランティアを受け入れていて、実際県外からきて活動している人達がいる。
やっぱり、かなり放射線量が高めの地域ということで、実際自分がそこに行くってかなり正直かなり勇気がいることだと思います。

翔さんも
「正確な情報に基づいた継続的な支援は被災地の大きな力になります」で締めくくっていたけれど、
これとっても大切なことですね。


実は、さっきGQジャパンを、立ち読みしてきたんだけど・・
そのインタビューの中でも、最後ZEROのキャスターの仕事の話にちょっと触れる中で、今回の震災の報道について
継続してやっていくことが必要だと当初から考えていて、みんなに忘れられないように続けていくことを念頭に置いていたといったことを話しているんですが(記憶なので、すごくざっくりです)

翔さんのイチメン、「今私達にできること」ということで震災以来もう2か月以上続いている。
きっと、これからもきっと頑ななくらい愚直にこのテーマで続けていくのかなって思うんですが、すごく翔ちゃんの意思を感じます。

ちょっと脱線するけれど、
GQジャパンの写真、メチャメチャかっこよかったです。
ちょっと渋めで、でも華があってきりっとしている、ドストライクなビジュでした(*^_^*)


そして・・今回ゼロ~のビジュ。
先週髪の毛切ってましたけど、今週も短くて・・・・でも、何か違う・・先週の髪型ZEROにしたら土ストライクだったのに(アレ!?)

相変わらず、オープニングがよくないよね。
思うんだけど撮る角度の問題!?
オープニングは真正面それも下から見上げるようにとっているから?
髪の毛が張り付いて見える(イイスギ?)

うーん、まあね最近ZEROのビジュは多分本人は確信犯的なのかなって思っている。
GQみたいな感じだったらいいなって思うけど、そうなると顔ばっかり見ちゃうものね(今だって充分見すぎ 笑)



2011.05.24 / Top↑
オープニングはなぜか、いつも顔がひときわ存在感をはなってみえる(笑)ZEROですが(主語はないけれど、どなたのことかはお分かりですね 笑)
オープニングは後のモニターが光ってそのバランスのせいじゃないかという新たな仮説をいただき、ぜひぜひ検証したいと思っておりますが(はて??どうやって・・・)

それにしても、この間のロイヤル番組とのビジュアルの違いは何なのか?(とおい目)
キャラと同様、ビジュアルのふり幅の大きさにも、日々一喜一憂楽しませていただいております。
(エッ? もちろん、胸を張って翔坦ですよ・・・笑)

昨日のイチメンは「今週の私たちにできること」
GWということでボランティア希望者が増えているけれど、人の集まり具合に偏りがあることでの弊害を解決するためにできたボランティア・インフォメーションセンターの取材の話。
人手は本当に必要だろうけれど、必要なところにちゃんと役立てられるようこういう場所も設けられているんですね。イチメンからの今一番必要とされていることも、随時変化していっていることを感じます。

そして、昨日からそして今朝にかけての一番の話題は、ビンラディン容疑者殺害のニュース。
9.11は日本にいる私にとっても衝撃的な事件だったし、あのことで命を落とされた方、ご遺族の方、そして一連のテロの被害者の方にとっては一つの区切りなのかもなとは思います。

ただ、正直なんかちょっと違和感を感じた。

そして、それって何でだろうって思ったのは、「拘束」ではなく「殺害」だってことなのかなあ。
ビンラディンが良いとは思わないし、テロによって何も解決しないと思っているけれど、ここであれだけの部隊で急襲して誰かを殺すって、暴力に対して暴力で対抗するっていうことでいえばなんか同じレベルにあるような気がしてしまうのはおかしいんだろうか?

フセインだって形だけでも裁判をうけたんじゃなかったけ?

今回のことにより、多分報復テロの危険性も高まるわけで・・・

なんか、この暴力の連鎖をうまく解決できる方法ってないんだろうか・・・
でも、そんなことをここでぼーっと考えているのは、平和ボケした日本の中でぬくぬくとしているからなんだろうかとも思ったりします。

このニュースもみながら、GANTZをなんか思い出しました。

あと一つ、
9.11事件は翔くんにとって、とっても大きな事件だったはず、ある意味報道に対して興味を持つきっかけの一つだったと思うし、ヤッターマンの時グラウンドゼロに行ったり、ソロ曲でそれに触発される思いを詞に込めたりしていたと思う。
すごくデリケートな問題だと思うのでZEROで翔くん自身の意見を展開する機会はないかもしれないけれど、この一連の事件の背景や経緯をよく知らない若い子(うちのアホ息子みたいにね 笑)にイチメン等できちんと事実を伝える機会を持ってくれたら嬉しいなと思います。(うちの息子は、詳しい背景がわからないっていうので、私が説明しましたが、こういう時イチメンがほしい!って思います)
そして、どこかで翔くん自身はどういういふうにこのことを受け止めたのか聞ける機会があるといいなと思いました。
2011.05.03 / Top↑
今日のZERO

翔ちゃん、襟足がちょっとはねた感じになっていて、でもお顔はすっきりしていてZEROなのにイケメテいて(失礼 超 笑)、癒されました。
(会報にもあったように、週に一度生翔をチェックできる貴重な機会です!!)

今日のイチメン
本当に色んな視点でタイムリーにやってくれるなあって思う。
被災地にお金を出すにも、2種類あるっていう話。
活動支援金と義援金。たぶん、私は自分のことを振り返るのに、いくつか出す先を分散したのでその両方に当たっているのかなあって思う。

福島の家畜のこととか、放射能のこととか、本当に大変だなあって思うんだけど・・・実は今日何より持っていかれてしまったのは、スーちゃんこと田中好子さんの告別式の話題。
3月中に病床で録音したというスーちゃんからの生メッセージが流れたんだけど・・・
なんか声がとっても辛かった。
でもね、すべて自分の中で悟ってこういう終わりの形を自分で用意して逝った田中さん、凛とした人だなあって感じる。
何事も終わらせ時っていうのは難しいよね。

それにしても55歳はまだ若い。
嵐くん達は私よりはるかに若いから、まず逆転することは勘弁してもらうとして・・・、
今の私は、自分よりも上の誰がそんなことになったらお葬式に行きたいって思うだろうって、不謹慎なことを考えてしまった。
う~ん、いまだったら、あっこちゃんくらいかなあ(あっこちゃんゴメン、元気で私の前を走っていてね)
10代の間は、いろいろあってもポール・マッカートニーが私にとってベストだったんだけど、今の時点だったら、ショックはショックだけれどっていうくらいで受け止められるような気がする。
(今は、昔大好きだったよね、っていう気持ちだから)

逆に嵐くん達をいつまでこの大好き状態でいけるんだろう・・・・、
誰かを好き好き!キュンキュンって言っていられる、感じていられる自分で、まだまだいたいなあって思うし、そういう刺激を送り続けてくれる嵐くん達でいてほしい。

ということで、まったくZEROからは、遠くかけ離れてしまいましたとさ。 (苦笑)

続きに、会報についてちょっとだけ、叫ぶ!


... 続きを読む
2011.04.26 / Top↑
震災からちょうど1ヶ月たった今日のZERO。
翔くんは村尾さんと一緒に石巻から生中継でした。

トップの翔くん、涙目でちょっとむくんでいたような・・・。

一昨日だったかなあ、ZEROのサイトに翔くんが現地入りというのはみていたんですが、
何となくVTRなのかなあって思っていて、でも生中継でしたね。

女川の駅等、被災した地域を周る。
2時46分の黙とう
そしてイチメンは「私たちにできること」ということで、先週はスタジオから紹介したボランティアセンターの活動の取材、そしてボランティアとして実際に活動している方についていっての取材

今日、被災地に入ったことで、翔くんは一体何を見て、何を感じたのだろう。
もちろん、日々のニュースをみても思うことなんだけど、でも翔くん自身の目を通し、翔くんが何を見て何を感じたんだろうって思うことで、より具体的に自分に引き付けて感じられることは多かったと思うよ。

1ヶ月たっても、ほとんどかわらないがれきの山の風景。
片付けをしたがれきのところからでてくる魚の死骸。
映像は匂いや空気感はなかなか伝えられないけれど、きっと潮のニオイと死のニオイがまじりあってすごいんだろうなあ・・・・。
阪神大震災で被災されて、今回ボランティアとしていらしている方の言葉
「被災者の方の気持ちも、人が来るのと来ないのとでは違うと思う」
そうよね、単に人手ということだけでなく、誰かがこの苦境のために足を運んでくれるっていう嬉しさの気持ちは大きいんでしょうね(これは、実際に経験しているからこその言葉なのかもしれない)
そして、人の手はいくらでも欲しいけれど、受け入れ態勢が整わないためにうけいれられない面も。
難しいですね。あまりにも被害が広範すぎて、すべてにはなかなか手もいき届かないし、予測を越えた事態にこれまでの法律ややり方では対応できない面も多いし。

そして、今日(もう昨日だけど)の夕方、大きな余震がありました。
きっと、現地に入ってあの揺れを感じることはとても怖いだろうと思ったけど、東京では感じえない津波の恐怖っていうのも翔くんは感じたのね。

でも、そんな中、子どもたちの笑顔のことを語る時は、翔くんの表情も緩んで声も張りが出ていて、なんかホッとしました。


そして最後に、復興にむけて大切なこと
「被災地以外の人が忘れないということ」というのが、翔くんからのメッセージ。

ちゃんと受け取れたと、思います。

あのね感じるのが、「思いをはせる」って、なんかパーソナルにつながるものがあって、そのことによって、よりリアルに感じたりイメージできるものが大きいのかなと思う。
私は、東北に親戚はいないし、リア友で東北在住の子もいない。
そういう意味ではより自分にひきつけて考えにくい部分もあるんだけど、翔くんを通してとか、ネットでつながった東北方面在住の方の言葉や様子を通して、より自分に近い問題として捉える事が出来るように感じる。

本当にこれから長いスパンで考えていかなきゃならないことだから、忘れずに「思いをはせ続けて」その都度自分にできることをみつけられたらいいなって感じました。

しかし・・・
余震早くおさまってほしい。
東京なんて、東北や茨城の比でないことは十分承知だけど、それだってあまりにも揺れすぎ(-_-;)って思うもの。
なんか常に微妙に揺れているような感じすらしてくる。








2011.04.12 / Top↑
ここのところ、オープニングの正面ショットからプク翔すぎず(笑 だってオープニングだけむくんで見えること結構あったし・・)ビジュアル良好なスタードです。ちなみに濃紺で細い縞の入ったスーツにブルー系のストライプのネクタイ。(また、ビジュアルから入って申し訳ない! 苦笑)

イチメンは「今わたしたちにできること」で「ボランティアの今」
ボランティアの拠点となるボランティアセンター、昨日は石巻市のボランティアセンターの取材でした。
震災以来続けている、「今わたしたちにできること」週を追うごとにその内容もかわってきていますよね。
時間が確実に流れて行っていることを感じます。
ああいうふうに、実際にボランティアセンターの具体的業務の流れをみせてくれると、ボランティアの人がどういう動きをするのか具体的に目にみえてよくわかりますね。応募しようかどうしようかと思っている人もイメージしやすいのかもしれない。
でも、片付けと一口にいっても大変な作業。圧倒的に手作業ですし、大変だなあって思います。
そして、ボランティアの人は食料から寝るところから自前で用意していかなければならない。汗して頑張ってくださる方達、本当に頭が下がります。

ボランティアセンターやボランティアの作業に密着してのVTR。翔ちゃん自身がナレーションをしていました。私は、こういうナレーションの時の翔ちゃんの声がすごく好き。低音で落ち着いたトーンでね。
これをきいていると、そろそろJ-WAVEのArt of Wordsの企画がまた来ないかなあって思います。
あの企画は、内容ももちろんですけれど、低音のしっとりした声を2時間(だったよね?)きいていられるっていうのが、すごく至福な企画でした。

長谷川穂積選手のインタビュー
このインタビューは震災の4日前のものだったそうです。
長谷川選手、今この時点で戦う意味とか色々悩まれたようですね。
そして、復興支援チャリティマッチという形に。
諦めないで戦う思い、きっと伝わると思います。


ミスチルが、チャリティのための曲を配信しはじめたとのこと。
こちらでも貢献できればいいなって思います。(ちょっとづつだけど、細く長くね)


2011.04.05 / Top↑
今日も村尾さんは被災地入りしていたので、翔くんは鈴江さん達とスタジオ組でしたが・・・

なんかね、通常にもどってきた気がした。
っていうか、、普通のZERO仕様!?

ここのところ、ZERO、しやがれのメッセージを出す時とかは、洗いたての髪のようなさらさらスタイルで、一説には「ひょっとして、ドライヤーを節電している?」という見方もあったとかなかったとか・・。
(ホントかもしれないけれどね、少なくとも髪の毛をいろいろいじること潔しとしていなかった部分はあるんでしょう・・)
でも、実はそのすごくナチュラルな感じがかなり気に入っていたので、いつものZERO仕様にもどったことが、若干残念 (笑)
でも、一方で(被災地を忘れたとかそういうことではなく)平常心で仕事に戻れているっていうことなのかなあって思うと、何となくほっとする気もします。

そして、今日のイチメンも「今私たちにできること」の第3弾
今日はボランティアについて。
震災から2週間とちょっとがたち、状況は刻々と変わり必要とされるもの、ことも刻々と変わる。そして私たちができることもちょっとづつ変わっていく。
翔くんのこのシリーズをみていると、その流れはよくわかります。

ひょっとしたら、報道にかかわっている1人として被災地の現状をこの目でみたいとかの思いもあるかもしれない。

でも、継続して「今私たちにできることは何か」をわかりやすく発信し続けることは、翔くんだからこそ影響力大きくできること。
決して派手ではないけれど地道で必要なことだと思います。
そういうことを粛々と継続していくことが、翔くんらしい。

村尾さんが後顧の憂いなく取材に行けるよう、スタジオをきちんと務めることも大切なこと。

翔くんだからこそできることを地道に続けていることが、「自分ができることをできる範囲でやって行こう」という彼が発しているメッセージにもあっていると思います。



そうそう、今日(ってもう昨日になっちゃったけど)、東京は桜の開花日でした。
うちの近くには、すごく大きくて立派な老木の桜並木があるんですが、そこはまだ咲いてません。
でも、こんなに蕾がふくらんでる。
もう、春になりますね。


2011.03.29 / Top↑
おはようございます。
朝方、かなり揺れてびっくりしました。
(余震にはかなり慣れっこになっていますが・・)でも、それでも震度3
揺れの感じ方は、居る場所等によってもずいぶん違いますよね。

置かれている状況によっても、いろんなことは感じ方が違いますよね。
こういうブログをアップしていること自体、目になさる状況によってはこんな非常時にとお考えの方もいらっしゃるだろうし、私が書く内容に対して「それどこじゃないよ!!」って思われる方もいると思います。

ちょっと思うところがあり、ここ1.2日はツイッターは私は控えているんですが、ブログは基本読みに来ていただかなければ目になさることもないかなあと思い、私なりのその時点その時点での気持ちを含め、ちょっとづつ書かせていただいてます。


昨日のZEROは、10時からのスタート。
村尾さんは日曜日から現地入りしての取材、そして現地からのレポ。
右松さんもでしたね。
ラルフさんは報道フロアから、
そしてZEROスタジオは翔くんと鈴江さんでした。

ここのところ、ニュースは間断なくなので、番組として一つのまとまりでとらえるというより、テレビをつけた時点のでのニュースを点で見る感じが強かったんですが(それに、気持ちの上でもずっと見ていられなくって)
2時間通してみて、被災の状況にはじまり(上から見た、地震前地震後の航空写真は、あまりの違いを目の当たりにして改めて自然の怖さを思い知りました)
最後、各界・世界からのメッセージがあり何かバランスよく全体像を見渡せた感じがしました。
(日本人だけにとどまらず、各国の方が関心をよせて励まそうとしてくださっていることは、ホントにスゴイ、嬉しいなあって思います)

続き以降は、翔くんによった感想です。









... 続きを読む
2011.03.15 / Top↑
ブログお久しぶりな気がします。たぶん、まる2日くらいぶり。
今週末は、今日納品の仕事があってテンパっておりました。その上昨日は前に買っていたライブもあったので(これは、後ほど別にアップの予定)さすがにブログを書いている暇がなかった。

そして、とりあえず今は解放されて、・・・ゼロのイケメテる翔ちゃんもみれて幸せ気分 (^^♪

翔くん、サクラ色のネクタイでしたね。
そして、やっぱりオープニングはむくみ気味 (何でかしらね~)
でも、その後はスッキリした顔にもどるから不思議です!

イチメンは「はやぶさ」の話題
青森~鹿児島まで最短9時間半で結ぶって、スゴイなあ

サッカー、長友くんの話題の時
長友選手のあのシュートは素晴らしくって
そして、あのおじぎパフォーマンスもいいなあっておもっているんですが。

でも、どうしてもワイプの翔くんから目が離せない・・・
あのシュートの時の「オオッ」っていう顔とその後の嬉しそう~な顔がみれただけで、もう今日は満足な気分です!

あと、今日は宮本笑里さんがでて、レンブラントの特集やってました。
レンブラント、上野の西洋美術館であるんですね。
観に行きたいなあ。

ゼ~ロ~のおまけ
途中で入るゼロCMの翔ちゃん、メチャメチャきりっとした感じでステキ
イケメテる翔ちゃんでした!!



そして


そして、今日は嵐ちゃんのマネキンが公開になりましたね。
皆さまもう、HPごらんになりました?
ちょっとあまりに画像が悪くて・・・う~ん、これじゃあよくわからないよね、やっぱり赤坂に行くべき??
でも混んでるんだろうしなあなんて思っていたら、メールで写メをおくっていただいたり・・・ツイで画像が流れてきたり(皆さま、ホントにありがとうございます)
お陰で、もう少し鮮明なもので見ることができました。
(でも、TBSはWEB投票をするなら、もう少しまともな映像をアップすべきじゃないだろうか・・)

これ、どれが誰??
嵐友ちゃんと電話でしゃべりながらひとしきりあれやこれや言って、何となくこうかなっていう予想はたったんですけれど・・・・。
これ、HPの画像よりも、写メの方が、そしておそらくTVや実物の方が絶対にステキだったり可愛かったりすると思うなあ。
結構、冒険している人もいますよね(笑)

ワタクシ、前回の時全員あたったのが、ちょっと自慢(爆)
だから、今回も投票期間が終わったら、私の予想発表しようかな(笑)
今回はどれくらい当たるかなあって・・・
何か、嵐くん達との知恵比べというか、ちょっとかけひをき楽しむ気分デス・・・(^^♪

2011.03.08 / Top↑
今日も、元気そうな翔くんでしたが・・・・

毎回思うんだけど・・・オープニングだけはかなりの確率で、
「今日は、なぜそんなにおでこ!!(+o+)」とか・・
「今日は、パンパン通り越してちょっとむくみ気味・・・?」とか・・・
「ツルツルピカピカのゆでたまごちゃん(爆)」とか・・・・
思って、若干不安な気持ちになるんだけど(笑) その後よって撮っていくようになると、
「ZERO仕様ではあるけれど、爽やか翔ちゃんでいいよね」とか・・・
「ZERO仕様とはいえ、今日の感じはなかなかじゃない(*^_^*)」とか・・・
思います。

ニュースなんだから、余計なお世話よね(爆爆)

今日もオープニングの立ち姿、一瞬「デコだ!」「テカテカ!?(笑)」と不安な気持ちがしましたが、
よってみたらOKでしたよ(何さま?!だよね、そして所詮はどんな翔くんだって受け入れる自信ありです!!)

それより、今日はオープニングから北島選手のインタビューがあることの告知があって、明るく快活な翔さんが見れてそのことの方が嬉しかった。

北島選手のインタビューは今日はスタジオに北島選手がきての生インタビューでした。

翔くん、北島選手とはずっと交流があるだけに、テンションもあがっていてうれしそうでした。
そして、北京オリンピックの時の映像もやっていて、取材する翔くんも映っていましたが・・この時かっこいいね~(*^_^*)
翔くんのインタビュー。
ホントに翔くんのインタビューは、引き出し方が上手だなあって思っています。
今回メモも一切持たず、頭の中で完全にデータも北島選手に対してききたい内容もちゃんと整理されて入っていいて、それでいて北島選手の言葉をちゃんと聞きながら進めていっている。これを時間の計算もしなきゃならない生放送でやっているって実はスゴイことなんですよ。
(仕事柄、インタビューとかにかかわることが多いので、ホントに翔くんは上手だなあって思っている)
ロンドンオリンピックでも、北島選手の金メダルのインタビューを翔くんがやっている姿が見れれば嬉しいなあ!

今日はアカデミー賞の発表があったので、カルチャーでとりあげていました。

作品賞と監督賞が「英国王のスピーチ」
そして主演男優賞は、これの主演のコリン・ファース
私ね、外国の俳優さんではヒュー・グラントが飛びぬけて好きで(最近、ちょっと年とってきちゃってそこは不満なんだけど・・)
コリン・ファースってブリジット・ジョーンズとかラブ・アクチュアリーとか私の大好きなヒュー・グラントの映画でお対のように共演していて。
その上、彼の出世作となったBBC制作のテレビシリーズの「高慢と偏見」、これ大好きなんです。

だからすごく嬉しい(微妙なのは、コリン・ファース自体が好きっていうより、彼の出ている作品が好きっていう感じなんですが 笑)

「英国王のスピーチ」も見に行きたいなあって思っています。



ニュースは、何ともいえないものが多かったですね。
ネットを使った不正入試の話・・・なんかそんな書きこみしている暇があったら、真面目に自分の力でとりくめよ!!!っていう感じがします。
NZランド地震の話は、まだまだ救助されていない方が多くいらっしゃる中、本人も大変だしお気の毒だし、ご家族や周囲の方の心痛もいかばかりかと思うと心が痛みます。
日本人の人達も含め少しでも多くの方が救出され、できるだけ早く落ち着いた生活が取り戻せること祈るばかりです。
2011.03.01 / Top↑
何か、少ししぼってきていますか?

前髪があって、ZEROでも好きな感じの髪型キープでとっても嬉しい。

元気そうだけど、普段すごく肌が白く抜けるようで血色もよかったりするので、若干今日はくすみがち?

まあ、ライティングの問題でしょう。きっとね。

そんなちょっとした顔色の様子までいろいろ言われたんじゃ迷惑だろうな(って、その迷惑をやっている人)

ブルーのストライプのネクタイもステキだし、今日のイチメン話題は今日来日のレンタルパンダの話題だし、全体に、にこやかでした。

ゼロファミリーの楽天星野監督のインタビュー(byラルフさん)もあって、スタジオから絡む翔くん。
星野さんにも翔くん呼びされていたけれど、和やかな雰囲気でした。

パンダについては、まあ最近は動物園に行く機会も少ないんだけど、みれたらいいなあ。

カルチャーで直木賞受賞の道尾秀介さんのインタビューやっていました。
私は読んだことないんだけど、次男が道尾さんにはまっていて・・先日やっていた情熱大陸もみました。
(面白そうだから、読んでみたいけどなかなか手がまわりきらない)

今日は、今回の受賞作の「月と蟹」がはじめて取材をして書いた作品だっていう話をしていて、なぜ今まで取材をしなかったかというと、見ちゃうと書きすぎてしまうから。
そしてデビューから16作書いてようやく書くこと、書かないことの取捨ができるようになってきたので取材をするようになったとのこと。
言葉はできるだけ簡潔にできる方がいいと。

翔くんは、言葉に関していろいろこだわりや思うことも多いと思うので、こういう道尾さんの話をきいてどんなふうに感じるのかなあって思いました。


2011.02.22 / Top↑
バレンタインデーの日のゼロです。
(まあ、ニュースとバレンタインは関係ないけどね)

ゼロでもやっていたけれど、東京はメチャメチャ雪ふってます。
時々窓から塊が落ちていくのが見える・・・・。
明日の朝、かなり積ってそうですよね。

今週は、村尾さんがカイロに取材のため、お留守番ですね。
そのためかどうかわからないけど・・・ってまあ前半硬い話題が多いせいもあるけれど、
ニコリともしない(笑)真剣なまなざしな翔くん。

今日はね、なんか色白。
スーツも紺系でネクタイもエンジ系のストライプで、ゼロ仕様だけどビジュ良好

カイロは・・・
何か結構たくさん生きてきてるから、ベルリンの壁崩壊をはじめ、色んな世の中の大きな政治的変化も結構ライブでみてきているわけですが・・・今回はネットですよね。
こういう情報ソースの違いって、すごくドラスティックに変化していて、時代がどんどん転がっていっている感じがします。
それに、お掃除していたじゃない?カイロの方達。
まだ半月も経たないうちにこれだけ落ち着いて、そしてネットで呼びかけられて、ボランティアでこういうことが行われている状況。
こういうことって、すごく今っぽいなあって思います。
(きっと、ある年齢以下だと、すごく普通な感じに受け止めるんだろうなあって思いますが)


そして、今日はなんか日本人が、海外でも軽々と活躍している、それも若くても活躍しているそんなニュースが多かった。

グラミー賞
今回は一気に4人も日本人が受賞 スゴイなあ。
ラリー・カールトンと共演したB'zの松本さん
(うちの次男はもう3.4年来のB'Zファンなんで、大喜びでした)
ジャズピアニストの上原ひろみさん
(スタンリー・クラークバンドに参加しての受賞だったんですね。スタンリー・クラークのベースって一時よく聞いていたしあの感じ気持ちよくて大好きだった。上原ひろみさんは、アッコちゃんとセッションやってたんで、何度か聞いたことありましたが)
ピアニスト内田光子さん
箏奏者 松山夕貴子さん
(この方は存じ上げませんでした)



サッカーの長友選手の活躍 (単に活躍しているだけでなく、チームの中で明るい存在感っていうのがいいよね)

また、ヨーロッパの主要リーグでゴールを決めた最年少記録が更新、現役高校3年生の宮市亮選手
すごいねえ、まだ卒業していないんだものね。
なんか、こういうところに息子の同級生でサッカー頑張っている子達の名前が、そのうち登場したりしてなんて、ちょっとワクワク期待したりして。

そして、今週のイチメンはサッカーで日本人が海外で多く活躍している理由について

今、30人も海外でプレーしているんですね。
それも、8人もドイツ。
ドイツはクラブの健全化を国がすすめていることもあって年俸が低く抑えられているため、日本人選手とかを獲得しやすいんだそうな。

まあ、なんかちょっと一昔前までは、海外それもヨーロッパのクラブでプレーするってかなり特別なことだったけど、すごく幅が広がってきていることだけは確かですね。


ということで、最後は翔くん話題にもどって・・・
サッカー話題のイチメンの時と、石川遼くん&ゆずの献血話題の時は、若干テンポよい快活な感じでしたけど、今日は全体に硬派なイメージの強い翔くんでした。


そうそう、関東だけかもしれませんが、来週からクイズショウが再放送されるらしい。
白い監禁部屋の神山に萌えていたのも、もう2年前なのね・・・(とお~い目)
きっと、みちゃうんだろうなあ。
2011.02.15 / Top↑
前髪が・・・・・(*^_^*)   髪ちょっと切ってます?

って、ニュースだって言うのに、相変わらず髪型から入ってスミマセン<(_ _)>

でも、でも、でも・・・前髪がムチャ好みですけど(若干重たいけどね・・ってここでそんな文句はもったいなさすぎる・・)
ZEROのスタジオ仕様としては、かなりの高得点!!
私の好きな濃紺なスーツだし、ストライプのネクタイもステキだし・・・

って、ちょっとむくんでる?
なんか、顔が若干赤め?鼻とか・・ う~ん・・・風邪?もしかして花粉症?(翔ちゃん花粉症でしたっけ??)
いずれにせよ、大事にしてね。


ということで、気が済んだところで、中身の方に(笑)

今日は長友選手のインテルでの活躍の話題で、いつもながらのサッカー話題での嬉しそうな笑顔がみれたわ
(いやあ、長友選手はスゴイ! 最近の若い選手は海外に行っても気負いなくとけこんで積極的にいけてすごいよね、それもインテルでだもの)

イチメンは食料価格が高騰。している話題でした。

そして、先週の続きの石川遼選手との対談の後編。
(インタビューの翔くんの感じ、ふわふわした感じの髪とクリクリのおめめがステキ  ってまた髪の毛話題ですみません)

石川選手の理想の大人像
色んなこと、音楽とかから政治経済話題まだ広く浅く対応できるような、いろんなことをよく知っている人になりたい。
そして、理想の人は、お父さん。

20歳になる遼くんに「理想」と思われているお父さんってスゴイよね。その理由を具体的に説明できるところがまたすごい!何となくじゃないんだもの。いやあ~、まっすぐに育っているよね。
(うちの息子なんか、絶対に理想の大人に私をあげるとは思えない。ダンナのことはどうなのかなあ・・・ってか特に理想なんてなさそうな気がする)

そして、遼くんと翔ちゃんのサッカーゲーム対決!
翔くんの勝ちだったけど、2人とも楽しそうだったね

小窓も含め、いい笑顔がたくさんみれてよかったです。

<追記>
お友達のところを読みに行って・・・・、
遼くんとのインタビューのバックで「アオゾラペダル」のオロゴール版がかかっていて、とっても良い感じでZEROスタッフの選曲が嬉しいって思ったこと、思い出した。
見て、ちょっと時間たって書くと、ポロポロ書きたかったこと忘れちゃう(大した時間じゃないのに、だいじょーぶか? 私?)
観た時、すごくいいないいなって思ったので、思い出させてくれてありがと!!(*^_^*)


そういえば、今朝のWSでは、週末の宮崎での舞台挨拶の模様をやってました。
会場に入りきれなかった人たちのために駐車場であいさつするニノ&松ケン
これは、偶然なんだろうけれど争奪戦での挨拶が宮崎になってよかったね。
鳥インフル、火山噴火と本当に踏んだり蹴ったりな部分もあるかと思いますが、なんか困った話題ばかりでなく楽しい話題があるっていいよね。宮崎、鹿児島頑張ってほしいです。





2011.02.08 / Top↑
今日のZERO
なんか、最近ちょっとプク翔ですよね (*^_^*)
今は、ドラマやなんかも入っていないし、少しゆったりしたスケジュールを過ごしてます?

今日は冒頭で、先日のサッカーのアジアカップの決勝オーストラリア戦で決勝点を決めた李選手を迎えてのインタビュー。
ザックJAPAN頑張ってますよね。あの日途中まで見てて、私は途中でリタイアして寝ちゃったんですがあとからニュースでみてすごいなあって思った。(息子達は、ずっとみてたみたいだったけど・・)

そして、今日のインタビュー、北澤さん、村尾さん他総出でのインタビューだったんですが、翔くん仕切りでしたね。
最近、スポーツ関係とかで少しづつこういう役割を担うことも増えてきているような。
サッカー話題だし、李選手には2008年の北京オリンピックの時も取材しているということで、とってもにこやかに&楽しそうに進行する翔くんがみれました(*^_^*)
2008年のインタビューの際の 李選手とサッカーで対決してる映像もちょっと流れましたね。

ニュース的には、小澤さんの話もビッグニュースだけどエジプトのデモの話題は思わず見入っちゃいました。
イスラム世界の中では、今まであまり過激なことにはならずにきた地域だったのであれよあれよという事態にびっくり。20年前くらいのベルリンの壁が崩壊して次々東欧諸国が民主化された時もびっくりだったけど、今はネットがあったり携帯があったり情報のまわり方が全然違ってきていますよね。今はインターネットが通じない状態になっているとか。15年くらい前ならネットもまだまだだったとけれど、今ネットが使えなくなったらすごく困るよね。
あと、東京ドームCITYの事故の話も、怖い。
安全バーが信用できないと、あの種の物は怖くて乗れないのに・・・・。


そして・・・・始まる前にau、中でGANTZ、JCB、そして3DSの翔ちゃんの新しいのがとれたのは嬉しかった!
今日から新しいのが投入されてきたんですよね。前までのは、なかなか翔ちゃんのに出会えなかったので、初日に出会えてラッキー!
(JCBのニノちゃんも、あの感じすごくステキで好きですけど、出会うのは数字を書いているバージョンばかり・・ハリセンボン編があるんですよね?)

2011.02.01 / Top↑
今回のZEROは、翔くんの石川遼くんへのインタビューもあったし、ニノのインタビューもあったしで絶対に書き残しておきたい(でも、DVDもみたい!!)のでとりあえず、書くこと書いてから心おきなく堪能したいと思います。

翔くん×遼くんのインタビュー

翔くんが、本当にリラックスしていて、キラキラのいい表情だったのが印象的!(遼くんもいい表情してましたね)
そして、最初の紅白話がよかったなあ
なんか、遼くんに会えてテンションあがっている相葉ちゃんも(でも、そのおかげ?全然かまずで完璧だったよね!)
5分前に遼くんのところに声をかけにいく潤くん(さすが、細やかな気遣い!男前!)目に浮かぶようでしたね。

そして、ちょっと衝撃だったのが、今年遼くんが20歳になるということで翔くんのよい子の映像がでてきたこと。
確かに日テレだしね!かわいいのよね~、太陽先生!でもZEROからの突然の太陽先生がかなりのギャップでありました(笑)


大人になることにとまどっている遼くん、普通の同じ年代の人以上にすっかり大人な気がするけれど・・・、
ある意味年若い頃から若干特殊な状況できているから、普通に一般的なできることがきちんとできるようになりたい そんな気持ちもわかる気もするし、なんかこの話を聞いた時、ちょっと宇多田ヒカルさんを思い出しました。
彼女の休業の気持ちにちょっと通じるのかなあなんて思ったりした。

そして、ニノインタビュー。
私、ZEROが面白かったのがPG-12という年齢制限のある映画に出た意味という切り口で聞いていたこと。
私が目にした限りでは、特にテレビのプロモーションでこういう切り口できいているものってなかったので。

情報ではなく、自分自身で感じてほしいというニノ。
冬のニオイを感じられるニノはステキだなあって思ったし、
死ぬっていうことを「エグイ」とか「グロイ」っていう言葉だけで片付けてほしくないって考えている。
映画を通してそこから何かを感じてほしい、そしてこれによって話をするきっかけにしてほしいって考えているんですね。
ニノがこういう比較的社会的なことをストレートにわかりやすく話す機会ってなかなかないと思うので、すごく新鮮でしたし、ニノ自身のGANTZへの思い入れの深さを感じるように思いました。

もちろん、「何だかんだゼロファミリーだと思ってますから」っていうニノに、にやって笑う小窓の翔くん
(っていうか、一生懸命表情をおさえて真面目な顔しようとしているんだけど、ところどころにやってしてるよね)がみれてよかったよ、
そして、インタビューが終わったところで、「年齢制限のある映画であっても、それが親子の話のツールになるなら、僕1秒もでてないですけど嬉しいですね」ってわがことのように話す翔ちゃんがみれたことも嬉しかった。


昨日の番宣ひととおり。
ロスでの映像は何度もみれてよかった!

意外に番宣で気にいっているのが夜中にやっている10分弱の番宣番組
ニノと松ちゃんが、GANTZ部屋で、ぐだぐだしゃべっているんだけど、ニノのリードぶりも、二人の空気感もとってもいい感じで好きです。
公開まで毎日あるんですよね。楽しみ!

GANTZ早くみたいなあ。



2011.01.26 / Top↑
コンが昨日終了して、今日の生翔。
元気そうだったね。何か、シュッとしまっている感じがする。茶髪で柔らかい感じで、今日もビジュ絶好調でした。
紺スーツに赤紫のネクタイもステキでした。

そして、今日は阪神大震災があった日。
私自身は被災したわけではないけれど、このことがきっかけになって私達の意識の中でいろいろなことが大きく動いた気がします。
そもそもでいえば、あんなに建物や高速道路とか人間の作るものがあんなに壊れてしまうっていうことも衝撃だったし、人の結びつく力に対する信頼とかボランティア的なものに対する見方も大きく変わった気がします。

翔くんの震災ドラマは、去年でしたね。

そして、今日のイチメンは名古屋市での住民登場の告示の話でした。

その後には宮里藍ちゃんのインタビュー後編

何かね、嵐ちゃんを見た後だから、藍ちゃんに対しての印象もちょっと違ってきているかも(笑)

でも、柔らかい話題の時はともかく、ゴルフの話ではやっぱりスゴイなあって思うこと多々。

昨シーズンの活躍を経て「自分がナンバー1の選手として足りているかなあ」と思い始めたという藍ちゃん。
今までは、「ああなったらいいな」という理想できているけれど、NO1になってどうあるべきか深く考えすぎた面もありプレッシャーになりうまくいかなくなったこともあると。

この話をきいている時の翔くんの表情をみていて、この言葉を本当に自分のこととして受け止めて反応できるのは翔くんだよねって思いました。
プレッシャーでうまくいかなくなったとは思わないけれど、1位になったところでどうしたらいいのかっていう気持ちは嵐さんに共通だと思うから。

そして、マイケルジョーダンの言葉「限界と恐怖心は幻覚だから」という言葉に影響を受けたという藍ちゃん、あれだけのスーパースターも恐怖心をもったり限界を感じたりしてきたんだと思ったとのこと。

何で頑張ってこれたのか?挑戦することが楽しかったから

そう考える藍ちゃんは、やっぱりスゴイなあって思います。

そして、翔くん改めてインタビュー上手だよね。

一つには、相手に対してちゃんと下調べをした上でしっかり相手の言葉ききながら、話のキャッチボールをしている点がいいインタビューにつながっていると思うんですが、それと同時に翔くん自身がトップに立つような経験をしたりしているということが、道を究めた人とのインタビューでより相手に対して寄り添える部分が大きいのかなあって思います。

芥川賞、直木賞の発表
芥川賞受賞の朝吹真理子さん。
朝吹三吉さんのお孫さんなんですね。
朝吹登美子さんは大叔母さん。
学生の頃、サガンにはまっていたり、ボーボワールをちょっとパラパラめくっていたりしていたことがあったんで、(お二人は仏文学者で翻訳をなさっています)なんか、すごく懐かしいお名前でした。
あと、直木賞の道尾秀介さん
私は読んでいないんですが、次男がこのところ「この人の面白い」っていくつか読んでいたので、彼は大興奮でした。今度の日曜日に情熱大陸があるそうで、そのこと教えたら予約してたわ。
(木村くんのドラマ「月の恋人」の原作者の方ですね)

そして、ゴールデングローブ賞は、「ソーシャルネットワーク」が作品賞を含む4冠!
見に行きたいと思っていたものなので、期待値上がってます!

何か、今日はいろいろもりだくさんのZEROでした。
終わった後、ニノの3DSの新しいのが入っていてそれも捕獲できてラッキー!


そして・・・・、今日のことをちょっぴり

昨日でツアー終了しましたね。
昨日から今日、ツイやらメールやらそして今日はブログにアップしてくださっているコンレポを午前中ちょっと読んでいて、本当にスタッフやファンからのお礼の言葉もあり、最後はStill...でしめ、いいコンサートだったんだなあと感じていました。
そしてね、私自身はもう東京で終わりで名古屋、福岡は行った方の話をきく(読む)だけだから、若干ひいた精神状態ではあったわけですが、でもいろいろなレポを読ませてもらって(みなさん、ありがとうございます)
なんか、ちょっと終わった?喪失感なのかなあ、今日はボーっとした気分だった。

東京ドームの時、孤独を感じることもあると言っていた翔くんは、一連のツアーを通じてみんなの気持ちをたくさんチャージできたんだろうか。

でも、ZEROで生翔に会えたことで、何か私の方でもちょっと切り替えられるような気持ちになった。
2011.01.18 / Top↑
今年お初のZERO翔くん。

ZEROで今日の髪型は、もうハナマルでしょう(*^_^*)
(って新年早々、またまた髪型から入ってスミマセン。ニュースだよね、ニュース!)
今日は休日で、チェックのシャツがふだんの休日仕様のスタイルの中でもいい感じ。チーフも柄が入ってる?
ちょっと、気持ち痩せた感じはありますよね?若干声がハスキーな気がするけど、これは気のせいですね。

って、ニュースです。これ!

今日のイチメンは新成人の話題。
今年の新成人は、東西ドイツが統合された年に生まれたんですね。
翔くんが、今年の新成人に対する印象として堅実な印象を受けるっていっていましたが、確かにそうですね。
自分が20歳の頃と比べても、地に足がついてしっかりしているといえばそうだけど、夢見るような部分は少ないのかもしれませんね。

お友達のお子さんで今年成人式の方もいらっしゃいますが(おめでとう!!) 堅実な部分も大切にしながら、こうありたいっていう気持ちは自由にふくらませていいはずだし、そういう気持ちを持ちつつ過ごしていると、少しづつ自分の思い描く方に近づいていけると思うよ。新成人としてよいスタートを切っていただければって思います。

新成人のVTRをみる小窓の翔ちゃんの表情が優しくていいなあ。
翔ちゃんからのおめでとうメッセージあり(正面からもステキ!)

何気に1人で受けたのが、新成人にインタビューの場所に木更津が入っていたこと(あとは、横浜と東京とでていたけれど・・・・なぜ、ここにきて木更津!!? 笑)

そして、スガシカオさんのロンドン公演密着の後でコメントしている翔くん、自分達の体験と重なる気持ちがあってすごく実感がこもっていました。

「ライブ会場の中でお客さんがスガさんの歌をくちづさんでいる瞬間もありましたけど、あれ、すごく嬉しいんですよね。というのも、海外で公演した時に日本語でそのまま自分達の曲を知ってもらえているっていう喜びと、何かちょっと日本の事を知ってもらえるきっかけが作れたかなっていう喜びとがあってすごく嬉し瞬間なんですよね」(ホントにうれしそうな表情で話していました!)

「外交には、軍事力に代表されるハードパワーとカルチャー力に代表されるソフトパワーとがあって、このソフトパワーの分野でスガさんは立派な外交官、櫻井さんもそうだなあ」
の村尾さんの言葉に「いや~」って照れる翔くん。でも、りっぱなソフトパワーでの外交官の役割はがしていると思うよ!!
嵐としての活動もそうだし、ヤッターマンとかもね。
もちろん、この後カルチャーでとりあげられたGANTZ(GANTZ星人式の様子、ニノ+松山くん+本郷くん)もそう。
(ニノちゃん、メチャかっこよかったです)
GANTZ、1/20に日米同時舞台挨拶がきまったようですね。おめでとう

ZEROにもどって、今日は終始にこやかな翔くんでした!
元気そうな様子が見れてよかった!


おまけ
オリスタで一止さんの写真何枚かでていて、これまでパーマヘアに若干の不安がないと言ったらうそになる気持ちはあったものの、このオリスタをみてかなり不安感(何の、不安感だっていうのか 笑)が払しょくされたように思います(笑)

そして、立ち読みしてきた「ダヴィンチ」
ニノ表紙のものですが、中のニノインタビューも、グラビアと合わせて見開きですが、GANTZの原作について、そしてマンガの読み方などについて語っていていて面白い内容でした。

2011.01.11 / Top↑
あの・・・、今日もきれいな翔くん。
村尾さんの方を向いて斜めから見た角度がめっさステキなんですけど。
正面は・・・よってくれればOKです。
(遠いと、髪の毛がのっぺり見えます。って、うちのTVの画像が悪いせいですか?)
とりあえず、茶髪バンザイ!です。

グレーの光沢あるスーツも身体に合っていてステキです。
立ち姿がとってもきれい!

一茂さんが取材した車いすバスケ話題の時の翔くんのにこやかな表情がステキ・・・

って、ニュースと全く関係ないところからで失礼しました。

イチメンはボディスキャナーという、空港の安全管理で使う機械の話。
日本でも導入がすすむかも。なんかすごいですね。まるみえなんだ~。


そして・・・・

今日のゼロカルチャー、伊勢谷友介さんのリバースプロジェクトの話。
これ、この間ツイで存在を知って、ちょっと興味を持っていた話題なんで取り上げてくれてすごく嬉しかった。
(そもそも、伊勢谷さんって、かっこいいですよね。ハチクロでもかっこよかったけれど、高杉晋作もステキでした)

これ、スゴイなあって思います。
廃棄されるものを、デザインし直したり、手を加えることによって別の商品として生まれ変わらせているんだけど、それをボランティアではなく、会社としてやっている。
なぜ、会社なのかということに対しては、現在経済活動が拝金主義的方向に偏っていることに対しての異議申し立てとして
「ある株式会社が善意でまわっているということを現実化したかった」とのこと。

私は、リバースプロジェクトの話を聞きながら、こういう善意の活動がちゃんと会社として成り立つように成立させることがすごいなあって思ったんだけど(要するに、エコだから採算度外視とかではなくて、ちゃんとビジネスとして成立するようにしているっていうところがね)・・・でも伊勢谷さんは、ちょっと株式会社化するっていうことを私とは違う部分から発想しているんだなって思って、ちょっと新鮮でした。

翔くんはこの話題コメしなかったけど、共演経験もある伊勢谷さんの活動どう思ったのかなあ・・。
う~ん、コメしづらいかもしれないね・・。
2010.12.14 / Top↑
茶髪の翔くんは、ZERO仕様でもステキです!!

ということで、今日のZERO。

いやぁ、いいもの見せていただきました。(って完全にニュースをみる目線から外れてる 爆)
2008年のクラブWカップで、記者席で観戦する櫻井翔、C.ロナウドの超絶なフェイントプレーをみて超興奮して手マネで再現して見せて、シュートシーンに大興奮で隣のラルフ(ウルフってうっちゃってましたね )さんとハイタッチするところ。
私は、そんなあなたをみてハイタッチしたい気分だわ(誰とするんですか??)
そういう素で無邪気な翔ちゃんが見れて、満足です。

サッカー話題は嬉しそう&楽しそうな顔がみれるから、大歓迎です!

そして、イチメン
NASAが発表した、宇宙生物学上の大発見の話
全然知らなかったので、へーって言う感じで見ていましたが・・・
個人的に地球外生物はきっといるんだろうなと思っているので、いろいろ夢が広がる話題でした。
そして、すご~くニコヤカに楽しそうにこの話題を話していて、最後「以上イチメンでした」(お辞儀)のところで表情がコロッとかわってZERO仕様のまじめーな顔にかわったところで思わず笑っちゃいそうになっちゃった。


そして、イチメンの後にやっていた認知症の話。
私も、翔くんと同じく、入居者の娘さんの「笑顔を見ると、罪悪感も多少軽減される」っていう言葉が残ったし重かった。こんなに恵まれた施設に入居できたとしても、やっぱり罪悪感は残るものなんだ・・・
(私は、幸い両方の両親が健在なので、まだ自分がその立場に置かれていないっていうことが大きいですね)

そして・・・、おちおち年もとれない、お金貯めなきゃなって思った。
認知症になっての1人暮らしはきついだろうなあって。
一番の願いは、身体も頭も元気な状態でポックリいければ一番だけど。
そうはうまくはいかないんでしょうね。

でも、老後資金だなんだの前に教育費が先決だものね。
政治にしっかりしてもらわないと、本当に困ります。
おちおち、年もとれないし、病気にもなれない、ボケてもいられない。

ということで、最後はなんかちょっとブルーがかって終わりになりそうですが・・・。

でも、とりあえずは目先の楽しみ。今が楽しく生きれることがまず第一ですね。(ん? いいのか・・・そんなことで?・・・いいんです!!)



2010.12.07 / Top↑
ゼ~ロ~、私、翔くんに負けたよ!!(って一体いつから勝負してたんですか・・・だよね 爆)
今日見た瞬間、 エっ!!またおでこ!(+o+)
って思わず思っちゃったんだけど、でも凛々しいよ!
今日本屋さんでGQ、見てきたんですが(久しぶりに見たら、翔くんでした)バラエティとZEROはもう全く違うスタンスで臨みたいし臨んでいるっていうのが改めて伝わってきた。
だから、前髪が降りているのがいくら評判がよくても(って私の中だけでの評判だから意味ないか・・・)やっぱりあえておでこはだしますよね。そうなのよね・・・・・。
髪色茶色いし、おでこはでていても前髪ふわっとめだからいいです。

それより今日は、ゼロカルチャーで今回「横道世之介」で第23回柴田錬三郎賞を受賞した吉田修一さん(「悪人」の作者の方ですよ)と村尾さんの対談がありました。
小説もいろいろなテーマにチャレンジしている。
吉田さんは変化していくことを楽しめるタイプなんですね。


そして、対談をみての翔くんのコメント

「本当に何をどこまで挑戦して、何をどこまで変わらず守るのか、僕もメンバーとよく話すんですけれど、変わらないことももちろん大切だと思うんですけれど、次のステージをのぞむんだとすれば挑戦することの先にしかその先はないと思っているんで、常に新しいことに挑戦する吉田さんのようにありたいなあってVTRを見て思いました

こういうこと、メンバー間でも話題になっているんですね。
変わらないであり続けることを大切にする嵐だけれど(そして、それはまた大変なチャレンジではあるわけだけど)挑戦し続けているからこそ、常に今の場所にとどまっていられるわけで。(川の流れのに逆らいながら泳ぎ続けて今の場所に居続けるイメージ!?)嬉しそうに、このことを話す翔くんがみれて、私も嬉しかったヨ!

イチメンはノロウイルスについて。



そうそう、GQですが、お持ち帰りは踏みとどまったんだけど、写真メチャメチャ好みな感じでステキでした!
社会貢献に興味があるって、あおいちゃんともボランティアの話がはずんだらしい!!








2010.11.30 / Top↑
今日のZERO、なんかみる前からちょっとそわそわした気分でした。
昨日のあんなにクールに踊っていて、あれだけ楽しそうに手をぶんぶんふってくれていた翔ちゃんをZERO仕様でみるのがなんか不思議な感覚があって。

ZEROの中の櫻井キャスターは、紺のスーツにきれいなラベンダー色のストライプのネクタイで、髪はZERO仕様っていえばそうだけど、今日は襟足をはねさせているところがちょっと硬すぎないでいいかも。
昨日の方がサラサラストレートっぽく感じました。

長く喋ると若干声がかすれ気味になりがちなところに、昨日の名残が感じられる?

イチメンは小惑星探査機「はやぶさ」の話題。
もちろん、これは知っている話題でしたけれど、はやぶさ2号の話はよく知らなかったので面白くみました。
すごいよね・・・・はやぶさもなんかロマンを感じるし、はやぶさ2号も。
あのカプセルも、良く戻ってきたと思うし。
予算が厳しいんだと思いますが・・・、なんかこういう部分にお金がちゃんとかけられればいいのになあって思います。ちゃんと打ち上げられるといいね!


そして、今日ZEROカルチャーで 「GLAY」が特集されていたんですが。
結成16年目を迎えるGLAYが今アリーナツアーの真っ最中で、30代最後をむかえるGLAYの思いということで、特集をくんでいました。(ZEROはずっと密着していたんだそうです)
この特集の最後の部分
TAKUROさん「俺達がこの世界で生きていくひとつの鍵が、俺達にしかないものがちゃんとありますよ。俺達変わらないなと思ったのは、人間関係。道を迷っている連中に伝えられる一つの回答ではあります。GLAYの佇まいっていうのは」
GLAYが今、目指すもものは、4人の絆が生み出す音楽。
TERUさん「4人が一つになってどんな時代も歩んできている。いかにして、関係を純粋なままで保っていられるかが、これからのGLAYの最大の武器になっていくんじゃないか」
(GLAYに密着したスタッフいわく、本当に仲がいいとのこと、一緒に食事に行ったり、ライブを見に行ったりとか・・・・)
そして、これをみての翔くんのコメント
「あの今TERUさんが、この4人がいかにして、関係を純粋なままで保っていられるかが、これからのGLAYの最大の武器っておっしゃっていましたけれど、40歳を前にここまで淀みなくおっしゃるのがかっこいいなと思いました。自分達も10年後そこまで堂々と言っていられ様な関係になっていたらいいなと思いました。」
私自身は、GLAYって流行った曲を耳で知っているくらいの認識なんですが、このインタビューをみていて、なんかグループとして嵐と似てるの?って感じていました。そしたら、翔くんもコメントで完全に自分達と重ね合わせていましたよね。
ちょっと照れが若干入りつつ、でも翔くんの頭にはすぐに嵐のことが浮かんでいたよね~。
昨日あれだけ嵐の良さを感じられる出来事があったその後だから・・・・。
10年後もきっと嵐くん達の関係性は変わっていないと思うわ~。

そうそう、これを書いていて、昨日の相葉ちゃんの挨拶を思い出した。
ずっとこういう一つになれる時間を続けて行きたい、杖をついても。
っていうようなことを言っていて・・・・、10年後も、20年後も・・・杖をつくっていったら嵐くん達は40年後?(爆)くらい?
私は、頑張って元気でいれたらって思うけれど、嵐くん達が杖なら、私は車いすになっちゃいそうだわ(爆)


続きにうらあらしのこと







... 続きを読む
2010.11.23 / Top↑
札幌はどうやら、ストレートで臨んでいたらしいときいたんですが、参加された方、そうでしたか???

って、主語がありませんよね。

翔くんの髪型の話ですけれど・・・・・。

まあ、変わらないよね・・・ここまでくれば・・きっとという思いでZEROみておりました。
でも、今日の感じ好きだけどなあ、長さは変わっていないしだけど、軽く感じるのはなぜ??
髪色がちょっと明るめになっているから?
でも、これってMステもこの感じだったよね・・・・
あの時は、回りも真っ黒じゃないし・・・なんか自然に見ちゃっていた・・・
今日は、チャコールグレーのような黒っぽいスーツ(大きな格子柄でしたけど)だったから、対比で感じたのかなあ。
おもわず見直しちゃいましたヨ。
Mステは、髪色変えていて・・・・
11/3の紅白の司会の発表の時は、まだ黒い。
先週のZEROは?(消しちゃった・・・)
今となっては、どっちだったけ?
これだけ、毎週しつこく書いているくせに思い出せない自分が情けない・・・。
(しかし、こんなことしてないで・・仕事しないと締め切りに間に合わないんだけど・・・汗)

翔くん見れて、今日の感じはなんかいいじゃないって思っていたのに、自分自身がとっても残念な今日この頃です・・・・(爆)

今日のイチメンは、先日自宅軟禁から解放されたアウン・サン・スー・チーさんのこと。
さすがに年なので、アウン・サン将軍の娘だとか、これまでの経緯なんかは、知っていることでした。
スー・チーさんが登場した当初から思っていたんだけれど、もともとイギリス人と結婚してイギリスにくらしていたのに、父親が民族解放の英雄っていうことで、なんか祭り上げられちゃった形ではなかったのかなあって、でもそれからの経緯を考えると、自分なりに信念をもってやってらっしゃるわけで、そうでなければ現在に至るようなことにはならないわけで。その状況を受け入れて支えた家族もすごいなあって。
でも、本当にいつみても、芯は強いけれど、穏やかな包容力のある表情をされているなあって思います。

翔くん話題に戻り、昨日まで札幌だったわけですが、今日はなんか元気そうな感じがして・・・、きっとコンでいいエネルギーをたくさん翔くんももらってきたのかなあ ・・・ファンは、たくさんの元気とエネルギーと幸せをもらうけれど、翔くん達もそうだったら嬉しいなあって思います。



2010.11.16 / Top↑
ゼ~ロ~、髪の毛切らないよね。っていうか少し薄くなっているのかなあ。
今度の週末札幌ですよね。このままいくのかなあ、まあZERO以外の時は、パーマが残ってクルクルした感じになっていいんですけれど。

今日のイチメンはAPEC話題かと思ったら、尖閣諸島沖の衝突事故の映像流出の話題でした。
まあ、今一番の問題はこれだから当然こっち?
YOUTUBEの説明(成り立ち)、YOUTUBEの問題点のようなことが中心でした。

今日は千葉ロッテの優勝の話題があって、ZERO PERSONはドラゴン・アッシュの特集で、翔くんいろいろしゃべっていたけれど・・・今日はなんか全体におとなしめにも感じました。

生翔が見れたことは嬉しかったけれど、何となく今日のZEROは私の中でポイントがみつけづらかったかなあ。
まあ、こういう日もありますね。
単に私のテンションの問題かもしれません。


今日のテレビ
HEY×3で知念くんお勧めの映像は、「17歳の松本潤」と「17歳の大野智」(あと17歳のマッチとキンキ)
マツジュン映像は、金田一のドラマの中のもの(なんかまだ幼いよね~、かわいいなあ)
そして大野智映像は、KYO TO KYOのもの。
これは、見たことなかったので、貴重!

あと、嵐話題ではありませんが、ネプリーグにV6の岡田くんと坂本くんがでていました。
岡田くん、絶不調(笑)
まだ、嵐メンにでてほしいなあ。やまたろででて、嵐でもでてくれましたよね。

2010.11.09 / Top↑
昨晩のZERO

しょっぱなから、NEWSの話題でなくてすみません。
撮影がオールアップになって、コンサートもはじまって、翔くんの髪型、変化があるのかないのか・・・・それが気になっていたんですが、
・・・特に大きな変更はなしとということで、よろしいですよね?(笑)(コンレポ読んでても、翔くんの髪が・・っていう話題はあまりなかったし)
黒髪のままだし、長さは一時の一止さんよりはここ2週間ほどは短くなっている感じがしてたけど、長さもそんなに先週から変わっていない?まあ若干短くなっている?
トップを長いままにしていて、ウェーブを伸ばしているせいだとは思うけれど、若干重めだよね・・・
でも、今バラエティの時はこのトップの部分がふわふわな感じで結構好きなので、まあ仕方ないか・・(って、何に対して言っているのか・・・・笑)
いえ、今日は最初の立ち姿からOKでしたから(って、うるさすぎ! 上からのものいいでゴメンナサイ)

グレーの大きな格子柄のスーツ、黒ネクタイ
秋冬仕様ですよね、ツイードみたいなちょっとざっくりした感じのものです


そして、今日のイチメンのテーマは
T(トランス)P(パシフィック)P(パートナーシップ)
ざっくり言ってしまえば、日本はこのTPPに加盟して関税を無くしていく方向に行くのかどうかということ。
これは現状に即して言えば、TPPに入って、海外により進出しやすくして経済成長を図っていくか・・・、農業を守り食料自給率がこれ以上下がらないようにしていくのか、そういう選択を迫られているっていうことなんですね。
村尾さんも、どちらの方がという言い方はしなかったけれど、世界の流れは国と国との境をなくしてモノ、ヒト、お金の流れが自由になる方向に進んでいるという事実は踏まえて考える必要があるとのこと。

これ、難しい問題ですよね。
景気を良くしてほしいと思っているから、そういう意味ではTPPに入った方がいいのだろうけれど、農業を守るって単に農家を守るっていうことだけでなくて環境問題にも大きく繋がることだし、食糧自給率を高めることは安全保障上も重要なことだし。損得勘定で語ってはいけない部分がたくさんあると思うんですよね。
目先の事だけに惑わされず、判断して欲しいなと思いますが。


そして、ZEROカルチャーはDefTeckの再結成、アルバム発売にちなんだ本人達へのインタビュー

DefTeck、結構いいなあって思っていたので、解散した時「エ~ッ、何で??」って思っていましたが、急激に売れて環境が変わる中、2人の関係がどんどんうまくいかなくなってしまったと。

でも、「他人と人は変えられないけど、自分と未来は変えられる」「世界は変えるには、自分自身を変えなければならない」と2人とも思うようになってそしてもう一度一緒にやりたいと思ったそうです。

そして、今回だしたアルバムタイトルが「MIND SHIIFT」 = 発想の転換
人を変えようと思っても難しい。まず自分が変わってみる、物事をとらえる発想をかえて見る 大事ですよね。
自分の中に肝に銘じたことだったりするんですが、ともすると忘れがちになっていて。
そんな中でみたこのインタビュー。とても心に残りました。

そして、このインタビューを見終わっての翔くんの言葉。
好きなアーティストの歌詞に
「同じ文化の違う世代よりも、違う文化の同じ世代」
という言葉があります。
このDefTeckの2人はまさに違う文化の同じ世代だと思うけれど、その2人から生まれる新しい音楽が楽しみです
とのこと(若干語尾などちがってたらごめんなさい)

あと、昨日は裁判員裁判のこととか、いろいろニュースも多かったんですが、中でもいちばんびっくりだったのは、水嶋ヒロさんの処女小説がポプラ大賞を受賞したっていうニュース。
授賞式の模様ZERO内でもやっていたし、昨日の朝、今朝とWSでもたくさんとりあげてますが・・・・、
スゴイですよね。ペンネームで応募してだものね。
天は2物も3物も与えるんだなあ!!って。


そうそう、JALのハワイ便のCMが偶然見れて「オオッ~」って思っちゃいました。
CMは追い切れてなくて、このことは知らなかったから、ぼーっと眺めていた画面からサマースプラッシュが流れてきてびっくり!!
最後に嵐JET写っていましたね。

嵐JETといえば、日曜日の大阪からの帰りに乗れたみたいですね。
よかったね!(まずは、プライベートでなく5人そろいで仕事でのれて! 前に潤くん、プライベートだったらちょっと気まずいかもみたいなこと言っていたものね・・)
 一緒に乗り合わせたコン帰りの人もいいなあ・・・。

Wiiの新CMはまだ全然お目にかかっておりません。はやくみれるといいなあ。
2010.11.02 / Top↑
銀座でやっている、ZEROの写真展に行ってきました。




前回の写真展と同じく、大村克巳さんというカメラマンの方の写真です。

まず最初に、会場に翔くんのメッセージなかったんですよ。
スペースの問題なのかどうかはわかりませんが、なので翔ちゃんのメッセージを見ていらっしゃらない方は、こちらのHPにはのってます。
ZERO写真展

会場にあったのは、村尾さん、鈴江さん、ラルフさん、宮本笑里さん、板谷由夏さん

写真すてきでしたよ。

ふだんの、スタジオでのひとコマを撮ったものに加え、ゲストでいらした方をとったものが多かったです。
点数はそんなに多くありませんが、どの方達も真摯に前を向いて生きているそんな気持ちがにじみ出ているような写真が多かったです。

小沢征爾さん、
ダライ・ラマ
潘基文事務総長
秋葉広島市長
菅首相
ゆず
GLAYのTERUさん
たけしさん
妻夫木くん
福山雅治さん

などなど・・・・。

<追記>
お友達のところに行ったら、彼女も今日見てきたみたいで。そこを読んでいたら、
「そうだ、奈良さんをすっかり忘れていた!!」
奈良さんは、作品と一緒に写っていて、奈良さんのキャラクターがとても感じられるようないい写真でした。


写真は、3枚とか4枚1組の組み写真になっているものが多いんですが、
手を写した、または手のみでなくても手の存在を感じさせる写真が多かったように思いました。
特に、小澤征爾、ダライ・ラマのお二人の手は、印象的。
決して、きれいなすべすべのとかそういうわけではないんですが、表情のある存在感のある手でしたね。

翔くんについては、スタジオの中のショットで、半身がうつってるもの。(これは、スーツ姿で凛々しくステキです)
あと、「2010 広島」と題した組み写真が2組(夏の、原爆の日の取材時のものですね)
片方は、青空と白い雲と鳥と翔くんの組み合わせ。
もう一方はモノクロですが、建物の前にたたずむ翔くん(後ろ姿)
夏の暑い中、毎年めぐってくる原爆の日の、空気感(暑さ、静けさ、重さ)を感じさせる写真です。

翔くんがいなければ、わざわざ観にまではいかなかったと思うけれど、でもみごたえのあるいい写真が多くて良かった。
翔くん自身については、前回の写真展以上にZEROの一スタッフとしてのスタンスを感じました。

昨年のZERO写真展の記事はこちら→


帰りに、久しぶりだったから、先日改装になった銀座の三越に行ってきました。
後の駐車場部分を加えたので確かに広くなった。
テレビでもみましたが、9Fに銀座テラスっていうソファとかのあるオープンスペースがあって広々していて座るところがたくさんあっていいけれど、平日だけどすごい混んでいた。

なんか、久しぶりに”デパート”に行ったんですよね。
最近は、渋谷の東急東横店はほとんど駅ビル感覚なので、まあ行くけれど、デパートに行こうと思っていく機会が本当になくて。
化粧品買いにとかでピンポイントで行ったり、BUNKAMURAに行くついでに東急の本店を通ったりとかそういうことはあるけれど・・・。
そもそも、洋服どこで買っているの?っていう感じですよね~。でも、デパートではあまり買わないです。
デパ地下は、おいしそうでいいんだけど、なんか目的というか今日は○○のためのものを買おうみ4たいのがないと、あまりにいろいろありすぎてよくわからなくなっちゃうんですよね。

ひさびさの三越、まあ変わってはいたけれど、相変わらず三越だったなあ・・・ってそんな印象。
あ、でも婦人服のフロアで1フロアだけすごく好きなお店が集まっているところがあったので、今後その階にだけはいくかもしれない(笑)

今日は、嵐DAYですね。
特に、嵐ちゃんは関ジャニがゲスト。楽しみだわ~。

2010.10.28 / Top↑
おっと~・・・・・・翔ちゃ~ん!!

見た瞬間、エッ、まさかの真ん中分け????
おでこくっきり!(+o+)

いえいえ・・・違いました。6:4くらい?
真正面からみてちょっと、動揺でした(爆)

スーツはグレーの3ピース。
ネイビーとグリーンのトラッドなストライプで。
肩のラインもきれいだしね!!
(うるさいファンだよね~ 笑)


ちょっとななめからとってくれたりしている時は結構、いえかなりいいよ!
(どんだけ上目線!!  苦笑)
知的で、凛々しいしね。


と、 全然NEWSと違うところを永遠とで、すみません。

今日のイチメンは、リニアモーターカーの話。
リニアになると、東京-名古屋 が現在の1時間35分から40分へ
東京-大阪が、2時間25分が67分に!

すごいよね~、はやい
東京の端から端へ移動している間に、大阪までついちゃいそうだもの!
料金も、そんなに大きな違いでないしね!

これで、ますます日帰り出張できる範囲がひろがっちゃうのよね。
JR東海は、東海大地震に備えて、また老朽化している東海道新幹線のメンテナン工事をにらんで、早く着工したいんですね。

今日の翔くんは、裁判員裁判で初めて死刑についての判断をする話から、斉藤佑樹選手のドラフトの話、奄美諸島の豪雨の被害の話などなど、いろいろにコメントしてくれていました。
硬軟とりまぜた話題だけど、最近は自分なりの見方でコメントしている様子がうかがえますよね。

裁判員裁判で、死刑の判断をするのは、すごくプレッシャーがあるでしょうね。
人の生死を判断するって、あまりにも重すぎる気がして・・・・。
奄美大島の豪雨の被害、本当に大変そう。翔くんは、子どもの心のケアの事を言っていたけれどこれだけひどい被害だとPSTDも起こるよね~。
単に物理的復旧にとどまらない配慮が必要ですね。

それにしても・・・・

お友達のブログ情報で、松本ロケが終了したとのこと。
まだ、オールアップではないものの。
一止さん仕様もあとわずかでしょうか、
映画の撮影がアップになったら、思い切り髪型変えるのかなあ。

2010.10.26 / Top↑
今日のZEROは、引っかかりどころの多い内容でしたね。


まずは、順不同ではありますが、イチメン話題。名古屋で今日から開幕になったCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)についてでした。
1年間に4万種もの生物が絶滅してる・・・・年間4万種ってすごいよね、なんかイメージができない。でも4万種絶滅しても、まだまだ色んな生物がいるっていう地球の多様性も改めてすごいなあって思いますが。
そして、日々草や八角の話題を例に遺伝資源の話(医薬品等の原材料となる生物のこと)にも触れて今回その利益配分について先進国と原産国との間に問題が起こっていることも説明してくれていました。
この、遺伝資源の話は、私は初めて聞いた話で。改めてイチメンって、本当にいろいろなことを噛み砕いて説明してくれていて、翔くんファンでなければここまでイチメンを毎回注目してみていることもなかったと思うので、私の常識、知識量に確実に貢献してくれているなと有り難く思った次第です(笑)

そして、ZEROカルチャーでとりあげていた奈良美智さんのこと。
今NYで展覧会が開かれているそうですが、ここでは、最近始められた陶芸作品も展示されているとのこと。
なぜ、陶芸を新たに始めたのか。
いろいろな展覧会、個展等を開いている奈良さんは、いつしか「展覧会のために画く」ことが、「表現したい」が「表現しなきゃならない」に変わっていっていったと。そして全く新たな表現方法(陶芸)を手に入れたことで、表現する意欲をとりもどしたと。
また、最近の作家志望の若者は、結果を求めすぎるともおっしゃってました。
私、このインタビューをきいていて、大ちゃんが奈良さんのことを好きで尊敬しているのみならず、奈良さん自身も大ちゃんのことをすごく買っていて大好きで交流していらっしゃるのがとても腑に落ちる気がしました。
大ちゃんって、結果とかを求めず、とにかく好きということで、絵を書いたりフィギュアを作ったりしているじゃないですが。ああいう純粋に表現したいという気持ちに素直に向かい合っているところが、奈良さん自身すごく共感するんじゃないのかなあって感じました。
翔くん、コメントで大ちゃんに触れるかなあって思ったけれど、まあそんなこともなく(笑 そりゃそうだ!)
でも「表現方法を変えることによって表現の意欲がわく」っていうことは、自分達にも「アプローチを変えることで煮詰まった状態から脱することができる」と置き換えられるのではと話していました。

そして、大きな話題としてはこの週末に起きていた日中双方のデモの話題。
発端は尖閣諸島の領有権問題に端を発しているわけですがすが・・・・。
まあ、そもそもの問題については、きっと双方に「自分達が正しい」っていう気持ちはあるんだろうと思います。
でも争う点はあっても、お互いにいろいろなレベルで相互理解が深まっていたいと思います。
全然お互いの事知らなずに議論するのと、お互いつきあいがあり相手の事がよくわかった同士で議論するのとでは、解決の道筋も違ってくると思うから。
はっきり言って、領土問題って利害関係が山ほどありすぎて一筋縄ではいかないと思う。
主張することは主張しても、ちゃんと普通に付き合えるベースがないとね。
今のデモの様子って、解説の先生も言ってらした通り、本来の様子が誇張して伝わったり、それに刺激されてなんか別の不満もいっしょくたになっていたりしていそうですよね。
そして、相互交流が大切という意味では、観光立国ナビゲーターである嵐も貢献できるところは山ほどあるわけで。去年上海公演をしたこともあるし、翔くん自身、心を痛めたり、思うところ感じるところはいろいろあるんだろうなと思います。



そして、髪の毛!!(爆)
ZERO仕様ではあったけど、
動かない前髪だけど(笑)
でも、なんか後ろの方が今日はすっきりみえたし、いいよね(笑)
濃紺の3ピース姿はかっこいいし、紫ベースの縞のネクタイとの組み合わせもステキでした。


2010.10.19 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。