上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
演出家の蜷川幸雄さんが5月12日お亡くなりになりました。享年80歳。
昨日15日がお通夜、今日は葬儀で、ミヤネ屋で葬儀、出棺の模様を中継し、藤原竜也さん達の弔辞をききながら涙が止まりませんでした。
昨日のお通夜には、亀梨くん、剛くん、三宅くん、上田くん、東山さん、木村くん 今日の葬儀には、ニノ、潤くん、斗真、岡本健一さん、木村くん(映っていなかったり、見落としがあるかもですが)がジャニーズでは来ていましたね。

蜷川さんの舞台が、特に蜷川さんのシェイクスピアが大好きだったので、もう見れないのかと思うと残念でたまりません。
蜷川さんの立派な功績については、いろいろ書かれていることなので、ここでは私自身にとっての蜷川さんを書いて気持ちが整理できれば。

蜷川さんの舞台をみたことが、舞台にはまりはじめたきっかけです。
それまで、劇団四季のものや、子ども向けの演劇などは見たことがあったけれど、
演劇って私の中ではかなりハードルがあるものでした。
小栗くんみたさで友人から借りてみたオールメールのシェイクスピアの「お気に召すまま」のDVD(小栗君と成宮君が主演でした)、その面白さに惹かれて蜷川さんのシェイクスピアを、「とりあえず生で見てみたい」その気持ちからチケットを購入し、さいたま芸術劇場に見に行ったのが小出くん主演の「から騒ぎ」これが2008年のことでした。
このブログを始めたのもその頃です。

そこからスタートして、私の演劇鑑賞はスタートしました。

その後9年間で生で蜷川作品を見ることができたのは、

2008
・から騒ぎ (シェイクスピア オールメール) 小出恵介 高橋一生 長谷川博己 月川悠貴
2009
・冬物語 (シェイクスピア) 唐沢寿明 田中裕子
・ムサシ (井上ヒサシ) 藤原竜也 小栗旬 鈴木杏
2010
・じゃじゃ馬馴らし (シェイクスピア オールメール) 市川亀治郎(現 猿之助) 筧利夫 山本裕典 月川悠貴
2011
・ミシマダブル わが友ヒットラー (三島由紀夫) 東山紀之 生田斗真
・ミシマダブル サド侯爵夫人(三島由紀夫)    東山紀之 生田斗真
・ああ荒野 (寺山修司)  松本潤 小出恵介 勝村正信
・アントニーとクレオパトラ (シェイクスピア)    吉田剛太郎 安蘭けい
2012
・シンベリン(シェイクスピア)  阿部寛 大竹しのぶ 窪塚洋介 勝村正信 
・海辺のカフカ (村上春樹 フランク・ギャラティ) 柳楽優弥 田中裕子 長谷川博己 柿沢勇人
・トロイラスとクレシダ (シェイクスピア オールメール) 山本裕典 月川悠貴
2013
・祈りと怪物 (ケラリーノ・サンドロヴィッチ) 森田剛 勝村正信 古谷一行 原田美枝子
・盲導犬 (唐十郎) 古田新太 宮沢りえ 小出恵介 木場勝巳
・ヴェニスの商人 (シェイクスピア オールメール) 市川猿之助 高橋克実 中村倫也 横田栄司 
2014
・わたしを離さないで (カズオ・イシグロ 倉持裕) 多部未華子 三浦涼介 木村文乃
・海辺のカフカ (村上春樹 フランク・ギャラティ) 宮沢りえ 藤木直人 古畑新之 柿沢勇人
・ロミオとジュリエット (シェイクスピア オールメール) 菅田将暉 月川悠貴
・ジュリアス・シーザー (シェイクスピア) 阿部寛 藤原竜也 横田栄司 吉田鋼太郎
2015
・ハムレット (シェイクスピア) 藤原竜也 満島ひかり 
・青い種子は太陽の中にある (寺山修司) 亀梨和也 高畑充希
・NINAGAWA・マクベス (シェイクスピア) 市川正親 田中裕子 吉田鋼太郎 橋本さとし
・ヴェローナの二紳士 (シェイクスピア オールメール) 溝端淳平 三浦涼介 高橋光臣 月川悠貴


22作品これまでに、生で見させていただきました。
これに加え、DVDやテレビで、「お気に召すまま」「間違いの喜劇」「タイタスアンドロニカス」「カリギュラ」をみました。

年間多いときで10作品前後手がける蜷川さんなので見ることができたものは、その一部にしかすぎないのですが、それでもここ8,9年の間にこれだけみることができたことをうれしく思います。
(残念なのは、2013年に松坂桃李くんでやった「ヘンリー四世」をみなかったこと、上演時間が長くスケジュールが合いづらかったこと、当時松坂くんにそこまでテンションが上がらず、まぁいいかと思ってしまったこと)

蜷川さんに感謝することは数限りなくあるのですが・・
まず1番は、「演劇の面白さ」を教えてくれて舞台が好きになったこと。最初にみたのが、シェイクスピアだったということも大きいのだと思いますが、あまり難しいことを考えず圧倒的に面白かった、そして舞台の美しさと圧倒的なパワーを感じた事、それに尽きるんじゃないかと思います。あの体験があったからこそ、いろいろ次をみてみたいと広がっていったのだと思う。

次は、いろいろな作者や作り手に出会わせてくれたこと。
シェイクスピアは、もともと戯曲や物語で読んで好きだったこともありますが、それを実際に上演すると全く別次元になり昔の物語が生き生きと現代によみがえり、シェイクスピアを改めて好きになるきっかけをもらえたこと。
あと寺山修司さん三島由紀夫さん井上ひさしさんとか、ケラさんとか蜷川さんを通して知った部分が多いのです。

そして何よりも、いろいろな役者さんを知り、そこからまた広がっていったこと。
小栗君きっかけで蜷川さんと出会ったわけですが、吉田剛太郎さん、月川悠貴さん、佐川哲郎さん、辻満長さん、白石佳代子さんなどは蜷川作品を通じてすごく注目するようになったし、
主演をはる役者さん達も、今までドラマや映画でみることはあったけれど、蜷川作品を通して新たに魅力を再確認した方たちも多いのです。

そして最後にジャニーズのアイドル達の価値をきちんと正当に評価し、彼らを鍛えて良いものを見せてくださったこと。
ともすればアイドルという言葉でひとくくりにされがちだった彼らを、偏見なく鍛え魅力を引き出してくださった。そしてそれをきちんと言葉に出して評価してくださったことも大きい。
ニノと潤くんの「シブヤから遠く離れて」「白夜の女騎士」は見ることができなかったけれど、「ああ荒野」「ミシマダブル」「祈りと怪物」「太陽は青い種子の中にある」がみれて、すごくそれぞれがすばらしく至福の時間を過ごせました。
そして、舞台ではないけれど、ニノで撮ってくださった「青の炎」も忘れ難い。


蜷川さん、本当に楽しく豊かな時間をありがとうございました。
6月に「尺には尺を」を見に行きます。
(「ビニールの城」はチケットがとれるとうれしいけれど)

ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
2016.05.16 / Top↑
ニノのお誕生日であるということは、風間俊介くんのお誕生日でもあるわけで。

そもそもは、金八先生は全然見てない人なので、嵐くん達と同世代のジュニアということでは、名前は知っていたし、おまけに前斗真の舞台を見に行った時、翔くんと隣合わせて見ていたのにあったので生でも拝ませて頂いているのですが。

名前となんとなくな感じで知っていたけれど、気になりだしたのは、「それでも生きていく」での演技を見てから。このかざぽんは、ほんとにスゴイなぁと思った。
(でも「純と愛」はみてなくてゴメン。)

そして、救命病棟とか僕のいた時間とかでちょこちょこドラマでも注意してみていて、でも、基本脇だし、それでも生きていくほど癖のある役もなかなか無いけれどでも、ちょっとひねった感じとか、すごく普通すぎるほど普通な感じがなんか気になって。
昨年は、さらに印象深く思ったのは「日本サブカルチャー史」というeテレの番組の生徒役。
これ、宮沢章夫さんが講師となった番組だったんだけど、番組自体すごく面白く興味深かったのに加え、かざぽんの反応であったりツッコミであったりが、なかなかに的を得てすごく良い生徒役となっていて。この人、おタク気質もあるし、頭の回転も早い人何だなって、さらにかざぽん自体に興味がわいた。

今年は、ベターハーフも見に行って、面白かったから、年末の舞台も行きたいなぁって思っています。

親友の相葉ちゃん、ニノとかざぽんの2人ともにハピパメールしたのかなぁ。



2015.06.17 / Top↑
ニノの一途が読みたいと思ってMOREをみたら今月号には「絆 小栗旬×生田斗真」の対談ものっていました。

斗真くんって小栗くんのこと「旬ちゃん」って呼ぶんだ・・・、潤くんのことは「潤」って呼ぶんだ!(小栗くんも潤くんのことは「潤」だし、斗真くんのことは2人とも「斗真」ですね)

冒頭から、この対談の前の晩も一緒に飲んでました。っていう仲良しぶりから。
そして、そこに登場するのが、松本潤!!
はじめに潤くんと小栗くんで飲んでいて、そこに斗真くんを呼んだとか。
(これ先日ラジオの対談で、この前斗真も入れて3人で飲んだって言っていたその時のことですよね、きっと)

この2人の出会いは、花男リターンズ。 もちろん、覚えてますよ!第1話、 それまで、あまり斗真くんのことを意識して見たことなかったんですが、あれを見てこの子かっこいいなあって、名前と顔がしっかり結びついてインプットされたんですもの。

そして、その後スタッフも含めて飲みに行った後、3人で潤くんの家で飲み直してここで連絡先を交換したと。
(この時、潤くんがお素麺をゆでてくれたんですって、さすがマメ! 潤くん!)

そして、その後「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス」で共演して仲良くなったとか。
イケパラ、大好きだったんですよ。
ぶきっちょで無口な佐野泉@小栗旬には、かなりキュンだったし、のりつっこみの独白がもうツボすぎた中津秀一@生田斗真も大好きでした。

小栗くんと斗真くん、家を行き来したりして仲良しなのは知っていましたが、こんな関係なんですね。人懐っこくて、さびしがり屋でやりたい放題とは言わないけど(笑)自分のペースですすむアニキ「旬」と面倒見良くフォローする優しい弟「斗真」
潤くんと旬くんの関係も、ちょっと潤くんが旬くんのお守り的な感じはするけれど、斗真くんよりは潤くんとの方がより同級生っぽい感じが強いのかなあ。(実際は、旬くんより潤くんが一つ下ですね)
3人でいると、どんな感じなんでしょうね。


そしてこの対談の最後でも、小栗くんは、斗真くんを含め同世代の才能ある役者を集めて映画をいつか撮りたいっていっていましたが、嵐5人の映画もみたいし、こういう同世代の中に潤くんや、ニノといった仲良しも入れて撮ってほしいなあ。
2010.07.30 / Top↑

今日は、もうすっかり体調ももどったので、昼間やらなきゃと憂鬱の種だったワックスかけをして、ちょっとほっとした気分です。
スーパーの食品売り場もクリスマスからすっかりお正月仕様に変わっていて、とりあえずテンプレートもお正月仕様に変えてみました(すみません、PC版です。携帯のテンプレはまだそのままですね)
若干、こういうピンクは自分のイメージではないんだけどなあとも思ったけれど、まあおめでたい気分でいいかって!
今日は、昨日すっかり頭から抜け落ちていた、オリスタも買ってきて一安心。
嵐さんたくさんでていましたね。
改めて、会見の模様、読むと面白い。

アラシゴトでも、エンタメごとでもないのですが・・・
今朝の朝日新聞の生活面にシンガーソングライターのMINMIさんが、2年前の出産時陣痛が痛くてもだえるような中「うまれようと頑張っている赤ちゃんを応援しよう」と気持ちを切り替えたら痛みが和らいで無事に生まれたという自身の出産体験談を妊婦さん達に向けて語っているということが記事でのっていました。
MINMIさんの出産したクリニックの先生も「ミンミさんは、赤ちゃんを『出す』のではなく、『うまれいずる』のを手助けするような出産でした」ってコメントをよせていらっしゃって。これ大事ですよね。
自分の時はどうだったかって、もうはるか昔の話なんですけれど・・でも不思議と生まれる過程とか、生まれた瞬間のことって結構記憶に残っているんですよね。「うまれいずる」のを手助けするという感じではなかったけれど、お母さんも頑張るから、あなたも頑張って!という赤ちゃんとともに頑張ろう!っていう感じだったかなあ。

で、まあこれは出産の話ですけれど子育ても「育てる」というより「育つ」のを横でサポートしていく姿勢がいいんだろうなあと思うのがここ最近思うこと。
っていうより、成長してきた息子達はそうそう思い通りには育たないしね(爆)
彼ら自身の力を信じて、横で応援していられたらいいなあって感じる今日この頃です。


2009.12.26 / Top↑

26歳のお誕生日おめでとう。
(考えたら、相葉ちゃんと同い年なのよね。
この82年組ってステキな俳優さんがたくさんいて、たぶん成宮寛貴さん、塚本高史さん、藤原竜也さんとかもそうだったと思います)

もう、日をまたいでしまったので、正確には昨日ですね。

来秋公開の映画「TAJOUMARU」主演も発表になりました。

芥川龍之介原作の「藪の中」、
過去黒澤明監督、三船敏郎主演で「羅生門」として映画化されていものですが、
リメイクということではないようですね。

ちょっと写真ものっていたけれど、すごく楽しみ
かっこいいですよ。
最近、小栗くんをCMでしかみていなかったから、ちょっと新鮮だったかも。


しかし、当面の課題の1つが「ムサシ」のチケットがとれるかということ。

すでに、mobileサイトのプレオーダーはずれちゃったしね

他のプレオーダー、一般発売と道は遠そう

相葉ちゃんのグリーンフィンガーズといい、ムサシといい、
どうしてこんなにチケットがとれないんでしょう・・・

今年の後半は、ドラマもなかったし、映画の公開もなかったし、
(花男ファイナルも実は、F4の出番はそんなに多くなかったしね)
しばらく、休眠状態でしたが、
年が明ければ、「天地人」もはじまるし、
春には「クローズZERO?」も公開になるし、
「ムサシ」の舞台もあるし・・
小栗くんのカテゴリーを作っちゃおうかなって思います。

2008.12.27 / Top↑
ちょっとたちますが、ブラッディ・マンデイの第5話終わりましたね。
いよいよ、Jこと成宮寛貴の登場です。
もちろん、第4話でもちらっとでてきていましたが、いよいよ本格的にです。
ブラッディ・マンデイ自体は、秋クールでかなり気に入ってちゃんとみているドラマの1つなのですが、その話はまた別に・・・。
今日は成宮くんです。

成宮くんって、このJみたいにテンション高め、ちょっといっちゃっているような役をやっている時って、目が離せません。
まじめな役だったり、ふつうの人っぽい時もそれなりにかっこいいけれど、ちょっと変わっていてふりきれてしまっているような時の方がキラキラしていて、その役をすごく楽しんでいる感じが伝わってくる気がするのです。
ちょっと前だけど、「高校教師」(上戸彩がでていた最近の方です)のホストの上谷悠次役・・・本当にあぶない奴なんだけど、目がはなせない。
割合最近だど、「ハチミツとクローバー」(ドラマ版です)の森田役、
あと、今、深夜に再放送していますが、「stand up!」のうだやん役。
どれもテンション高めでこういう役をやっている時は、ホントに目からキラキラがでているんじゃないかと思うくらい。
あと、蜷川さんの舞台「お気に召すまま」のロザリンド役、女っぽさもあり、女と男をいききする部分あり、全体におしゃべりのテンション高めの役でよかったです。

2008.11.12 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。