FC2ブログ

今日は、家にいれたこともあって、オンタイムでしっかり正座しながらみてしまいました。

大ちゃん、素敵でしたね
そんなにすごーく緊張しているようにも思えなかったし、柔らかーいおだやかな表情でした。

嵐のハワイデビュー会見の映像からはじまって、
昨年シングル1、2位だったこと
嵐のメンバーの紹介(ほんとに名前と呼び名だけでしたけど)
アジアツアーのこと、国立の映像、
オーディションの話、
ジュニアの時の京都での話、
そしてデビュー
デビュー時のオフタイムっぽい映像(これは初めてみました)
フィギアづくりのこと、
Free styleの映像
そして「歌のおにいさん」のこと
撮影の映像
そして、黒柳さんに、ドラマ出演のオファー

とこんな感じの流れだったでしょうか(ぬけがあったらごめんなさい)

まあ、話の内容としては、そんなに目新しいエピソードはなくて、大体知っていることが多かったのですが・・。



すごく、「かあちゃん」とのかかわりを感じさせる対談だったなって思います。
お姉さんとお母さんとが、洋服を買ってきてくれる話とか、
クリスマスの日、メンバーとの忘年会を断って、先約だった家族との食事に行った話、
オーディションの日、はじめはどうしたらいいかわからなくて、お母さんに手をふっていたら、ジャニーさんに前で踊らされた話、
京都でホームシックにかかって舞台の袖で泣いた話
夜、帰宅が遅くても、お母さんが電気をつけて待っていてくれる話

あのね、28歳の男性のお母さんのとの話って、場合によってはちょっとマザコンっぽく思われる場合だってあると思うんですよね。
でも、大ちゃんって家族と食事の話だって、
「ふだん、メンバーとはいつも一緒で、去年は家族とあまり一緒に食事をできなかったから」
起きて待っていてくれることも、
「寝ていていいよ、とはいうんですけれど・・・・・・・・、ありがたいですよね」
そこに、変なテレとか「こう思われたら」とか「こう見せたい」とかそういう気持ちがなくて、ホントにそのままなので、逆にすごく自然に感じられるんですよね。

きっと、若い時に2年間京都に行って親元を離れていた時期があるから、家族とすごせることの有難みもわかるし、あえてまたかっこつけて一人くらしをしたいとも思わないんだろうし(たぶん、めんどくさくって、1人暮らしとかにあまり魅力を感じていないんじゃないかな)
仕事はもちろん、家にいてもフィギアや釣りや自分の世界が充実しているから、家族といることで、自分の世界を束縛されている感じも少ないだろうし。

何か、自立しているんだけど、親の有難み家族の大切さも理解しているっていう感じが伝わってくる対談だったので、よかったなって思います。

映像的には、ハワイでオフショット風に散歩したり、ご飯をたべている様子のVが初めてでした。
ずっと、ニノと手をつないでいるんだもん。この当時から?
黒柳さんに言われて、「今の方が、自然にいつもつないでますね」って言っていたけれど(笑)

最後のオファーのところは、おかしかったですね。
あれ、事前の根回しなしだった風でしたけど。
大ちゃんが、あまりに自然に「でてくださいよ」って言って、
黒柳さんの方が、いつの放送でとか設定とかあれこれあれこれ、言っている様子がおかしかった。

大ちゃんって、誰に対しても自然体で、すごくフラットな状態を保てますよね、それって以外に難しいことですよね。
(たぶん、自分に課すハードルは高いけれど、人に取り入ろうとか、何かをしてもらおう的な邪心がないから、そういれるんですよね)
でも、そこが魅力ですよね。

今日は、洋服もバッチリだったし、終始おだやかなほほえみで、すてきな大ちゃんを堪能いたしました

今晩は、「歌おに」第4話



 

スポンサーサイト



2009.02.13 / Top↑