FC2ブログ

前から観たいとは思っていたものでしたが、お友達のブログのエントリーをみて、「やっぱり、観よう!」とDVDを借りてきました。



● 「花とアリス」
   監督 岩井俊二
   出演 鈴木杏、蒼井優、郭智博

幼馴染の花(鈴木杏)とアリス(蒼井優)は高校に進学し、そこで花は、一目ぼれの相手の宮本先輩に、ひょんななりゆきから「自分は記憶喪失で、以前花と付き合っていた」と思いこませ、付き合い始める。そのうち、うそがうそをよび、アリスが先輩のモトカノのいうことになり、3人が微妙な3角関係になり、そしてついにうそがばれて・・・。
平たく書くとこんなストーリーですが、10代の女の子の女友達同士の関係、恋心、微妙な心の揺れ等が描かれています。


面白かったです。鈴木杏ちゃんと蒼井優ちゃんが秀逸ですよね。

何を一番感じたかって、10代の女の子の残酷さ、たくましさ、身勝手なんだけど友達のことを思っていて、べたべたしていないけど通じ合う部分もあったり、嫉妬があったり、その微妙な心の動きを本当に主役の2人がよく表しているなって感じました。

だって、好きだからって相手の男の子に記憶喪失だと思いこませて、自分に都合のいい話をどんどんつくりあげていく花、はじめは花のうそに協力していただけなのに、どんどんうその思い出をふくらましていくアリス、結構やりたい放題ですよね。その中にたって、はじめはもっとステキな存在だった宮本先輩が、どんどん頼りなく小さくみえてくるんですよね。
でも、うそがばれて、それでもそのうそを受け入れていくことになった時、ちょっと宮本先輩の姿形がしっかりしたものに見える気がして・・、それは郭さんの演技力なんでしょうね。

あと、最後オーディションでバレエを踊るアリスもステキでした。蒼井優ちゃんは小さい頃から、バレエをやっていたとのことですが、紙コップを急場のトウシューズにして踊るところ、いい場面でした。

他に、阿部寛さん、大沢たかおさん、広末涼子さんとかがちょこっとした役ででていて。あっ、こんな人がでている・・・とみつけるのも、面白いかも。





スポンサーサイト



2009.02.26 / Top↑