もう、すでに1話めはほとんど終わって、ものによっては、2話目、3話目。
今クールは何を観ようかなと思っって、1話目に限ればかなりみたのですが・・・・

いやあ、だめですね。
今クールは、「ザ・クイズショウ」と「スマイル」にあまりにも自分のエネルギーを持っていかれてしまっていて、他のものに対してのエネルギーがほとんど残っていない感じ。

それに今回比較的重めのテーマが多くありませんか。



月曜から順にいくと
「婚カツ!」・・・これは中居くんひさびさのコメディ。佐藤隆太さんも好感もてるので、軽く観れるし息子が観ているのを横目でみながら継続しています。

「アタシんちの男子」・・・武藤将吾さん脚本で、イケパラのこの路線、基本好きなので、これはみています。何も考えないで、楽しめるところがいいしね。


「白い春」・・・・阿部寛さんのものって「結婚できない男」とかも面白かったし、振り幅広くみせてくれるので好きなんだけど、1回目をみて脱落。エネルギーを他に持っていかれている今クールでなければ見続けたかもしれない。


「夜光の階段」・・・・藤木直人さん主演なのでちゃんとみようと思っていたのですが、今晩第2話どうするかなあ。松本清張原作のものなのでストーリーとしては面白いんだろうとおもうんですけど、ちょっとドロドロ系は苦手?それと、ナレーションの入り方が、あえてなんだろうけれど昭和チック。
でも、3枚目の変キャラでなくてひさびさにかっこよくみえる役ですよね。

「BOSS」・・・・すごく評判がいいので、1話目はとばしてしまっていて2話からみていますが、ちゃんとみていないこともあって自分の中でキャラがちゃんと把握できていない。どうせみるなら、DVDでちゃんと落ち着いてみようかな。息子がみているので、きっとチラチラみると思うんだけど。

「魔女裁判」・・・生田斗真くん主演。ふわふわヘアーの斗真くんはかわいいけれど結構シリアス。でも裁判員制度をにらんでのこと、お勉強にはなりそうだけど、裁判に参加する人にあんなことが起きたらと思うとちょっと怖くて・・そう思うのがちょっと嫌かも。継続するか検討中。

「ぼくの妹」・・・・息子が主題歌が「いきものがかり」なんで第1話は観るというから、家事をしながら横目でみていましたが。流してみている範囲では、あまり引っかかってこなかった感じでした、私的には。息子は継続しようかなと言っていましたが。


本当は「アイシテル」を観ようかどうしようか迷っていたんですけれど、テーマがテーマじゃないですか。「スマイル」と週に2本重いのはちょっと耐えられない気がして。それに、「アイシテル」はより身につまされそうな気もするし。
評判もよさそうだし、気になるんだけどみていません。

あと、5月から木村くんのドラマもはじまりますよね。
香川照之さんがでるようなので、これはチェックしようとは思っていますが・・。


まあこんな調子で、この春は「ザ・クイズショウ」「スマイル」「アタシんちの男子」あと+αという感じなのかな・・。
嵐くんドラマ2本って幸せだけど・・ここに持っていかれすぎております。



web拍手を送る


スポンサーサイト
2009.04.30 / Top↑

すみません、今日は、完全に私ごとです。


今日は、ダンスの発表会があり、初舞台を経験してきました。
まあ、過去、幼稚園の頃習っていたバレエの発表会にはでたことがありますし、ジャンルは違いますが、高校の部活が音楽系だったので、その定期演奏会は毎年ありましたが(これは、音楽学校か!というくらい気合のはいった部活でした)

でも、この年になって、ダンスで舞台に上る機会がくるとは夢にも思っていませんでした。


発表会といっても、イベントに参加という形の舞台なので、1曲のみ正味4分ほどでした。

私と同じくらいの素人が何人かと、あと残りは若い頃セミプロのように踊っていたり、ずっとダンスを続けてきている人なので、もう胸を借りてやってみた、そんな感じです。

もっと、もっとあがって頭が真白になって、ふりがわからなくなっちゃうかなと思ったけれど、音楽がなりだしたら意外に集中して踊れて、大きなミスもなかったかなと思います。
客席をみて、知り合いを探す余裕はさすがになかったけれど、でもすごく楽しかったし、そう思えたことが良かった。

先生にも、上手になったとほめていただけたので・・もうそれだけで、十分です。


しかし、1曲だけでも、これだけ大変な私。
嵐くん達は、すごいですね、。 



web拍手を送る
                                 

2009.04.30 / Top↑

昨日のZEROでは、太宰治生誕100周年ということで、翔くんがゆかりの地を訪ねる企画がもありました。

これは、5月4日(月)18時~ J-WAVE SPECIAL ART OF WORDS ~櫻井翔の「人間失格」という企画と連動したものでした。
2時間のスペシャルのようですが、この中で太宰治の「人間失格」のリーディング・ドラマを翔くんがやり、その他ZEROで映していた太宰ゆかりの地を訪れる所や猪瀬直樹さんとの対談などもある企画のようですね。
(知りませんでしたが、猪瀬さんは「ピカレスク 太宰治伝」といった本もだされているんですね)

ZEROでは、朗読に先立って行われた三鷹市の太宰の墓や入水した玉川上水、太宰が気に入っていた中央線陸橋などでのリポートを収録している模様を取材していました。
入水した玉川上水の場所は以前にも見たことがある場所だったけど、中央線陸橋は石造り(古いコンクリート?)の当時のままで残っているなんてすごいなって思いました。


翔くんは、黒っぽいスーツに黒っぽいネクタイ(太宰のお墓や、入水した場所を訪れるということで、ちょっと喪に服したようなスタイルだったんでしょうか)姿、何か女の子みたいなきれいさでした。


昨日、このことは、日刊スポーツやその他スポーツ紙にもとりあげられていたようですが、今日は朝日新聞の夕刊の文化面にもとりあげられていました。(→こちら)

「恥の多い生涯を送って来ました……」。しわがれ声に、荒い息遣い。一言ひと言を絞り出すよう、とつとつと感情を吐露する様子は、ポップで歯切れよい普段の櫻井からは想像できない。太宰へのなり切りぶりに、スタッフは舌を巻いた。(朝日新聞より)

というように、朗読自体のこともすごくほめていてうれしくなってしまいました。


あとね、


太宰治の生誕百周年にちなみ、タレントの櫻井翔が「人間失格」のラジオ朗読劇に挑戦する。「言葉の持つ力」を探る、J―WAVEとの共同企画の第一弾だ。ゆかりの地の探訪や研究者との対談も挟み、ドキュメンタリー調のドラマとなる。放送は5月4日午後6時から。

企画した松尾健司プロデューサーは「彼の言葉への感覚は面白い。自分なりのメッセージ性を持って伝えるコミュニケーション力にも注目した。古典から現代まで、幅広く『言葉の力』をともに探っていきたい」
(ともに、朝日新聞より)

ということで、これって今後続けていく企画?っていう書き方ですよね。

まずは、5月4日が楽しみですけれど、演技力も問われ、対談もあり、ドキュメンタリーのレポート的部分もあり、本当に翔くんならではの企画だと思うし、翔くんの言葉に対する感性を買ってくれている企画なので、続いてくれたらうれしいなって思います。



web拍手を送る






2009.04.29 / Top↑

昨日のうたばん、実は録画に失敗して、最初の方は録り損ねゃったんですが、歌の部分はとりあえずとれました。よかった
化粧品のCMと、曲のCMでしかきいたことがなくて、ちゃんときけたのは初めてでした。

まず、今回衣装が好きなパターン。
潤くん、紫基調の感じも大人っぽくっていいし、帽子もステキ
翔くんの、チェックのシャツ姿もカジュアルで好きです(しかし、今痩せてますね。うでも細いし、からだもすごく細い、5人の中で今一番ほそいんじゃないかしら・・。)
相葉ちゃん、ピンク似合いますね。
大ちゃんはブランチの時も思ったけれど、ちょっと黒すぎるけれど、髪の感じといい今結構好きなビジュアルです。
ニノも今回の衣装は○ですよ。

曲の感じはどうなのかな。
あまり今までの嵐には無い感じがします。

そして、今回は何よりも、ガシガシ踊っているところがいい
ホントに結構ハードな振り付けですよね。
そして、2人とか3人、または5人で合わせるところも多くて、キメのポーズみたいなところも結構あって、難しいだろうなって思います。
途中、翔くん、潤くんと足をけるような動きで順次流れていくところ、すごくかっこいいです。
あと、ニノの踊り方って手首とかの動きに特徴があるように思うんですけど、今回のものすごく激しく踊っている感じがよりします。

truthのような作りこんだ動きが多くて、コンサートでどんなふうに踊るのかがすごく楽しみな感じ


PVではどのくらい踊っているのかな。
それも気になります。

他の音楽番組はGWあけになりそうですね。
5月27日をはさんで、「明日の記憶」での出演もきっとありますよね。
音楽番組、続きそうで嬉しいです。



週末のテレビで
何より、ブランチのランキングが最高でした
順位もだけど、それぞれの理由がGood
気前がいいランキング(by 翔くん)
ビリの潤くんの理由が、アラシちゃんの自分説明書のごほうびのラーメンを分けてくれなかったから・・というのも○だしね。

本番に強い人(by潤くん)
5位の翔くんの理由、報道には強いけれど、アイドルとしては弱い(うんうん、そうかも)

ピュアな人(by相葉ちゃん)
やっぱり、自分でみても一番ピュアなのは、相葉ちゃんよね。
「ピュア=物を大切にする人、その方程式をどうにかしろ」の翔くんのつっこみがよかったわ

友達が多い人(by大ちゃん)
ニノと自分をラストに残して、にこやかに4位に座る大ちゃんが最高でした。

女性だったら彼女にしたい人(by ニノ)
遠く離れた5位の相葉ちゃんとニノのやりとりが最高!にのあいは信頼感が感じられるよね。

本当に十数分でしたが、中身の濃いものありがとうです。



web拍手を送る


2009.04.27 / Top↑
面白かった
ますます、パワーアップ、縦横無尽という感じのMC神山でした。




今回の解答者は携帯小説家のミカ(美波)。
ミカは最初、自分の最新作のドラマ化という夢をかけてクイズに挑戦していきます。
最初は10代のカリスマ、ミカの独壇場。クイズに、順調に答えていきます。
そして途中からだんだん神山らしさが全開に。
終盤、2年前に死んだミカの母とミカとの最後のやりとりが出題され動揺するミカ。そして、最後「ドリーム・チャンス」は「ミカの小説を実際に書いているのは誰?」という問題。そこで、ミカのどんな秘密が明らかになっていくのか・・・。
神山の「ナーンチャッテ!」も健在でしたよ。



第2回を観て、何がよかったかって、ミカの秘密の設定ですね。
前回の安藤康介の時は、いろいろ複雑な気持ちはあったにせよ、暴かれたのは殺人でした。
でも今回は、所属事務所の社長の書いたものを、自分のものということにして世に出している(詐欺っていうの??)ということではあるんだけれど、その事実を告白し「ドリームチャンス」をものにすることによって、自分の中でわだかまっていた「自分の小説を書きたい」という気持ちに素直になり、もう一度自分自身としてやり直すチャンスをミカ自身が得ることができたこと。
「ザ・クイズショウ」で暴かれることが、スキャンダル的なことであったり、犯罪だけであったりすると、話としては面白くてもそればっかりだとどうだろうとも思うのですが、2回めのストーリーが前向きに生き直せる結末に結びついたことが、後味としても良かったような気がします。

そしてね、対峙するMC神山の表情も、あおったり、おちょくったり、厳しく追い詰めたりというだけでなく、ミカを見つめる目に「ガンバレ」的な「自分に素直に生きていいんだ」と相手を見守ってあげる的な視線が加わったりね、コロコロ変わっていく表情にまた新しいものが加わってきて、それも良かったかな・・。

そして、今回印象的だった表情の一つが一番最初、出を待っている時の表情。
白い部屋のとは言わないけれど、ちょっと放心状態気味の顔から、MC神山に入っていく感じで、ちょっと気になってしまいました。

あと相変わらず、白い部屋の場面は、いろいろな意味でドキドキですね。
鏡を見ていて、鏡の中の神山の口から砂がザーッと流れおち、顔全体が砂状になって崩れおちていくところはちょっとびっくりしたし。
相変わらず、目を見開いてMな翔くんには、ドキドキします
(ちょっと、病的なんだけどきれいなのよね)

横山くんの本間は、いろいろな場面でニヤッと笑いすぎなくらい。(かっこいいけど、得体の知れない感じ、伝わってきますよね)
白い部屋で苦しんでいる神山の声をききながら、廊下でニヤッとしていたり、ここは笑う場面なんだ・・・とか思いました。

そういえばタキシード、今回は真っ黒ではなくちょっとチャコールグレーのものでしたね。
毎回タキシードも微妙に違うのかな。

あと、川での回想シーンに安藤だけでなく、ミカも登場して。
これから出てくる解答者もすべてあの場面につながっていくんでしょうか。



「明日の記憶」もあのエンディングの感じとよく合いますよね。
フルではやくききたいなって思います。




来週のゲストは、成宮寛貴くん。
成宮くんはエキセントリックな感じの方が好きなので、そっち方向で翔くんと対決してほしいなと期待大です。



ザ・クイズショウ 第1話、  第2話、  第3話、  第4話、  第5話  ,第6話,  第7話 
第8話  、第9話  第10話





2009.04.26 / Top↑

どうしようかと思いましたが、昨日のうちに録画みました。
今回は、第1話ほど観ていてつらい内容ではなかったので、よかったです。




ということで、今回は、花ちゃんが大活躍!

覚醒剤所持の疑いで逮捕されたビト、公判では不利な証言ばかりが続きます。
そして、しおりさんがお願いするも、一馬弁護士もなかなか弁護を引き受けてくれない。そして、公判の過程で古瀬刑事(あの、ビトを目の敵にしているイヤな刑事ですよ)が信じ込んでいるビトの過去も明らかに。
林(小栗旬)がやった罪を全部かぶせられているんですね。

そして、花ゃんは、ビトに罪をかぶせる近藤の覚醒剤取引の証拠を捕まえるために危険なかけに。
クローズになっているお店の事務所の窓から潜入したり、近藤の密売の様子を携帯で撮影したり、おいおい大丈夫?と心配になるような、行動力!
でも、そのおかげもあって、一馬弁護士もビトの弁護に協力し、無罪となります。

ビトのお祝いパーティーの買い出しにいく、ビトと花ちゃん。
うれしいさのあまりの花ちゃんにだきつかれて、花ちゃんを意識するビト、
「何でおれのこと信じられるの?」
「笑顔がすてき」、
「そんなわけないでしょ」でもちょっとうれしいビトです。

でも途中で出会った花ちゃんと親しそうな男性(吉沢悠)の存在に、ビトは「僕なんて相手にされるわけない」とちょっといじけた気分。
仕事場でも、花ちゃんにちょっとぎこちなかったり、冷たかったりして。

そして、ようやく、平穏な日々にもどったかにみえた町村フーズ。そこに。納品先の上原東小学校で集団食中毒がおこります。

次回は、この食中毒事件から、またまたビトがピンチに陥りそうです。





今回、ほっこりして、リピしたくなったのは花ちゃんとのお買いものに出かけるシーン。
やっぱり、潤くんはこういうちょっとラブな感じのところがみたいかな。
花ちゃんのとっても、素直な笑顔と行動にとまどいをみせながらも気になっていく、そ
んなビトがもっとみてみたいかも。

あと、2015年の拘置所での刑務官(勝村さん)とのやりとりもいつも好きですよ。
心からの笑顔でね。





ストーリーはどうなっていくんでしょうね。
一体これから、いくつの事件が起こっていくんだろうと思うと、ハラハラだったり、重苦しい気持ちは続いていくんでしょうね。

朝、潤くんからくるスマイルメールが、がんばって観ようと思う原動力になっている気がします。




web拍手を送る


 

2009.04.25 / Top↑

Kくんからきている、昨日から続いているブルーな気分、今朝もずっと続いていました。
今の嵐への傾き具合から比べると、好きだった時ですら、ものすごーくユルユルファンでしたが、それでも結構じわじわとブルーな気分に覆われていて・・。
いぜん、Gちゃんの時は彼が一番好きだったこともあったし、かなりのダメージだったけれど・・、でもその後ずいぶん精神的に成長して、頑張っていてくれたのが嬉しかったりもしました。

なーんて、ブルーな朝を過ごした後、小学校の用事に行き、銀行まわりでバタバタしていたら(学費やら、振込が山のようで)、小学校から何度も着信アリ。

銀行の奥の窓口のところにいて、電波が悪かったんですよね。
慌てて、電話したら小6が体育の時間中、足を怪我して病院に運ばれたからすぐに来てほしいとのこと。
びっくりして、飛んでいきましたよ。


まあ、最悪の状態はまぬがれて、それでも固定して2週間以上はゆうにかかりそうな怪我。
本人も痛いらしく、みていてホントにかわいそうで・・。


まあ、この週末あけたら症状も落ち着いてくると思いますが、しばらくは学校の送り迎え、塾の送り迎えで忙殺されそうです。
ホントに今、仕事が比較的暇な時期だからよかった。

というわけで、慌ただしくすごしていたら、Kくんの記者会見、本人が一番つらいとは思うけれど、ここでちゃんと仕切り直して頑張ってほしいなと思います。

スマイルの録画、今日観るのは、精神的にちょっときついかなとも思います。


すみません、今日は暗いエントリーで。
でも、書いてちょっと何か落ち付きました。
一晩寝れば基本元気になる人なので、やることやって寝ようっと。
明日は元気になっています。




web拍手を送る

2009.04.25 / Top↑

ZEROの写真展みてきました。

銀座の交差点のところで、嵐くん達の「ムテキ」の大きなポスターが・・
(今回の衣装、カジュアルでステキですよね、CMも一度ちらっとみましたが、これのPVはやくみたいな)

ということで、写真展です。

点数は多くなかったものの緊張感や真剣さを感じるいい写真が多かったです。
人の顔って、おもしろいし、ある意味怖いですよね。
特に歳をとっての顔は品を失わずにいたいなと思いますし、歳をとると美醜をこえてその人自身がよりあらわれてくるので、ちゃんと歳を重ねていきたいものだとあらためて思いました。

翔くんの写真は、5点ほどありました。
真剣モードの男前、仕事のできる商社マンという感じです。
(いずれにせよ、美しい。大きな目と、ちょっとポッテリした唇が好きです)
報道の翔くんにとってはちょっとおでかけの場所でのこういう真摯な表情、コンの真剣モードの表情はまたちょっと違います。そして、一方で、宿題くんのような柔らかくって面白い表情、こんなにいろいろな表情でできる仕事の場をもてるって幸せなことよねって思います。


そして、今日とびこんできたびっくりしたニュース。
SMAPの草薙くんの逮捕。
SMAP好きだったし、今でも基本好きなので心が痛みます。

お酒が醒めて本人落ち込んでいるんだろうなとか・・・。
キムタクはすごく怒っているだろうなとか、中居くんも慎吾ちゃんも吾郎ちゃんもきっと困惑しているんだろうなとか・・
草薙くん、お酒好きだものね。
でも、お酒はこわい、やっぱり公に仕事をしている以上、行動は本当に慎重にしなければならないのだと改めて感じます。
自分の問題だけでなく、CM、番組、映画などの作品を含め影響があまりにも大きいものね。
(自分でも、記憶を失ったことがあるので、お酒はホントに注意しなきゃって思いますよ)


月曜まで、この話題持ち越してほしくないな。
ZEROで、この話題をふれなきゃならなくなったりしたら、その時の翔くんの困惑するところをみたくないし・・・・
2009.04.23 / Top↑
いつも、拍手をいただいて、ありがとうございます。




以下、拍手コメへのお返事です。




ゆきぼんちゃんへ


「ザ・クイズショウ」観れました?
春は何かと用事が多くなりがちで、お仕事もあるし、慌ただしいですよね。
また、観たらぜひ感想アップしてね。




2009.04.23 / Top↑

今月の少クラプレミアム、相葉ちゃんのグリーンフィンガーズの舞台をやってくれるということで、録っていました。

相葉ちゃんの舞台は、ちょっとだけだったけど,、垣間観ることができて、「観たかったな」って改めて思ったわ。
シリアスな芝居をする相葉ちゃんが新鮮でもあるし。耳かけヘアーがホントにツボで、インタビューもちょっとだけだけどありました。
おふざけなしで、真摯な態度の相葉ちゃんがステキでした。
グリーンフィンガーズということで、自分でガーデニングをするなら、何を植えるのかという質問に「ひまわりが好き」と答えていました。「太陽に向かって咲いている感じがして、元気になる」ということです。
すごく相葉ちゃんらしいなって感じます。あと「食べ物がいい」とも言っていましたね。

あとLady’s Talkのゲストはフォトグラファーの蜷川実花さん。
今年の嵐のカレンダーの写真をとっていましたね。
あの写真は事務所側が「エロくとって」また新たな嵐の一面をひきだしてという要望にこたえる形でとったものだと言っていました。
確かに、壁掛としては抵抗あるけれど、新たな一面を見せてくれてドキドキでしたね。
(カレンダーについてのエントリーはこちら→)


そして、今回実は、相葉ちゃんと同じくらいに興味深かったのが斗真くん。
スタジオゲストでした。
太一くんがね、現在斗真くんが役者としてドラマの主演をはるほどにブレイクしてきていることを、本当に喜んでいたんですよ。そして、太一くんのまわりの先輩たちも同じように喜んでいると。
斗真くん自身も、太一くんからそう言われることが認めてもらえてようで本当にうれしいと言っていましたが、私も良かったねって思うし、それを太一くん達が喜んでいるとうことで、みんないろいろ心配したりしながら後輩のことを見守っているんだなと感じました。

私は、潤くんや、山ピー、タッキー、斗真くん達が全盛だった頃のJr時代は、よく知らないのですが、彼らと並んで、斗真くんも人気があったんですよね。山ピーとシンメで踊っていたくらいですものね。
10代の頃の斗真くんはほとんど意識してみることはなかったのですが、「あぐり」に出ていたこと(朝の連続テレビ小説の中でも好きでみていたものだったので、あれがそうだったんだって、びっくり!)天テレにでていたことはびっくり!(子どもが小さい時結構みていたので、ウエンツくんは覚えているんだけどね)

そして、私が斗真くんをちゃんと認識したのは、花男?にちょこっとでていた時から。その後、「花ざかりの君たちへ」に出ていた時、この人なんて面白いんだろうって思って。
その時、これだけブレークしはじめたのだから、「ジャニーズ事務所は彼をどうするのかな」って興味を持ってみていたんですよね。
太一くんとの話にも出ていたけれど、ジャニーズ事務所って、グループを組んでCDデビューすることがあがりのコースのようだったりするじゃないですか。
斗真くんって、山ピーとかと同じ年代だと思うんですが、Jr時代人気があったのに、嵐にも入らず、NEWSにも入らず、KAT-TUNには追い越されという中で、ドラマでこれだけ人気がでてきて、事務所は斗真くんを新しく組むグループにいれるのかな、どうするんだろうって思っていました。
でも、結局CDデビューはすることなく役者として売れて、今までには無いパターンとして現在に至っているわけですよね。

太一くんも、「自分だったら、1度ならずとも、2度3度と外れれはモチベーションがすごく下がりそうだけど」と言っていて、斗真くん自身「くやしいと思うこともあった」と言っていました。しかし、「やめることはかっこ悪いと感じた」というように、くさらず頑張り続けてよかったねって思います。
そういう態度はすごいなって思うし、辛い時期も越えてきているだろうから、がんばってほしいなって思います。


PS 斗真くんに対するコメントで大ちゃんがでていました。魔王の時の話をしていました。
斗真くんも、大ちゃんのこと「舞台にたつと豹変する」って言っていましたね。





2009.04.23 / Top↑

「クローズZERO2」を観てきました。

前回「クローズZERO」の時は、原作マンガ(まあ、原作時点より前のオリジナルストーリー」ということですが)は、特に男子から人気が高いことは知っていましたが、行く前は「不良のけんか映画だしどうかな・・・」「まあ、小栗くんみれるしいいかな・・・」と、完全に小栗くん目当てで行ったんですよね。
そうしたら、予想以上に面白くて・・、もちろん乱闘とか喧嘩のシーンは多いんだけど、それだけではないストーリーとしての面白さや、キャラの面白さがあって、満足度が高かったんです。

それで、?もみなきゃねと思い、行ってきました。




   ● 「クローズZERO?」
      監督 三池崇史
      出演 小栗旬 山田孝之 金子ノブアキ やべきょうすけ 高岡蒼甫
      ★★(面白かったです。女子にもみてほしい)
     


ストーリーは、?で、芹沢(山田孝之)を倒し、鈴蘭高校のてっぺんにたった転校生の滝谷源治(小栗旬)だが、てっぺんとは名ばかりで、学校全体を掌握できていない状態にあった。
そこへもと、鈴蘭高校で鳳仙学園との抗争で相手のトップを刺殺してしまったことで少年院送りになっていた川西が出所してきたことがきっかけとなり、鈴蘭対鳳仙の争いは勃発する。
はたして、滝谷や鈴蘭をまとめ鳳仙に勝てるのか・・・・・。
という感じでしょうか。


そして今回も、期待を裏切られず、面白かったです。
女子的視点でみると(すみません、女子と大きくまとめてしまって)乱闘や喧嘩シーンは、まあ迫力はあるとは思うけれど、そこを一番にみどころとは思えない。

やくざの組長の父(岸谷五朗)をこえたい、そのためには鈴蘭のてっぺんにならなければならない、そう思っている源治が、単に喧嘩に強ければいいわけではないということに気づき、人の上に立つということがどういうことのなのか、仲間から支えられるということがどういうことなのかを知っていく過程とか、ちょっとウルウルくるポイントもあるんです。

そして、一匹狼的で、人間関係にちょっと不器用な男を演じる小栗くんもかっこいいし、山田さんも役の芹沢(芹沢は喧嘩も強いし、人情味もあるし、かっこいいうキャラですよね)と相まってかっこいい。

今回、鳳仙側の1年生役で三浦春馬くんもでていました。
はじめは、もっと大きい役なのかなと思ってたけれど、鳳仙側のトップは、金子ノブアキさん演じる鳴海、三浦くんは、次代のホープとしてちょっと横から眺めている立ち位置なんですね。だから、三浦くんはほとんど闘いシーンはなし。血も出ず、髪も乱れず、きれいなまんまでした。

個人的にちょっと注目なのが、鈴蘭の1年のトップの役の大東俊介くん、ドラマの「花ざかりの君たちへ」で小栗くんの弟役をやっていたのですが、絶対そのうちメジャーになってくるかなって思っています。

?で、大きな役割だったチンピラの片桐拳役のやべきょうすけさん、前回で死んでいなかったっけ?、生きていたんだったけ??(記憶があいまい)と思いましたが、かたぎになり、源治との直接のからみはなかったものの、今回もいい味をだしていました。

あと、お父さん役の岸谷さん、この方はこういうちょっとこわい系の役、ほんとにこわそうで、はまっていますよね。


他に、今をときめく上地雄介くん(一体どれだか、よくわからなかった、それくらいいつものイメージと違う)、
桐谷健太さん(この人、みるもの、みるものすごく印象が違っていて、いまだに私の中ではっきりとした像が結べないでいる。でもこれだけ違うキャラになりきれるんだからうまいんだなとは思います・・・ルーキーズや流星の係長高山ですよね?)、
高岡蒼甫さん(この人が演じている伊崎も男気があって、ステキですよね)と、いろいろな人が出ています。


ただの、不良の喧嘩映画ではなく、人と人との関係性を考えさせてくれる映画だなって思います。


2009.04.22 / Top↑

土曜日の日、「ザ・クイズショウ」を観てから、実は息子達が観るタイミングに合わせて、さらに2回通してみて、それだけでなく部分リピしたり、ドラマと翔くんにどっぷりはまっています
息をつめるような感じでみていたり、頭の中を「明日の記憶」の曲と一緒にグルグルまわっていたり、というような刺激的すぎるここ2,3日の中で、昨日の宿題くんは、一服の清涼剤のような感じ(宿題くんが清涼剤もどうなのかな笑)
5人+オグサン+ゲストのなごやかな感じに、何か、肩の力をぬいて笑えた感じです。


ゲストは中村獅童さん。
ニノとは、「硫黄島の手紙」で共演。
潤くんとはお友達!(午前3時によびだされる仲だそうです)


にらみを利かせる(?笑)ゲストさんの視線を意識する翔くんにも
フランスパンを食べ、「優しい」を連発する大ちゃんにも、
味の感想ではなく、まず「冷たい」から入る相葉ちゃんにも、
それにつっこむ翔くんにも。
変顔する5人にも癒される感じでありました。



話しは変わりますが、「Believe」

私はカップリングが利きたくて+PVはケーブルで捕獲できるだろうという希望のもと通常版を買ったんですが、なぜか「曇りのち快晴」はなかなかやってくれなくて捕獲できなかったんですよね。
友達に借りて観たんだけど、大ちゃんハンパないかっこよさで・・・
うーん欲しいなって思っていたんです。
でも、アマゾンとかはもう、値の上がったものしかないしな・・・と思っていて。
そうしたら、先日TSUTAYAONLINEで、正規の値段で新品が売っていたんですよね。
思わず買っちゃいました。
そして、ついでといっては何ですが、DVDで持っていなかった「AAA2006」も買っちゃった
これは、嵐のDVDの中で一番最初にみたものです。
アジアを回る旅がドキュメンタリーのようになって入っているじゃないですか、これを見て5人のキャラがすごくよくわかったんですよね。
そういう意味では思い出深いもの。
でも、コンの映像は少ししか入っていないので、今までいいやと思って買っていなかったんです。
でもあの当時は、曲は好きだけど、今ほど各々を理解してはまっていた時期ではなかったので改めて観たいなと思って。
前に借りてみたのは、初回版の3枚組のものでしたが、それは値が上がっているので断念。
2枚組を買いました。


そしてね、今日はお店にとどいていたその2つを取りに行ってきました。
まだ、あけていないの。
観るのは、とりあえずAAA2008のDVDの感想をアップしてからと思っています。
そうしないと、そちらが途中でとまってしまいそうだから・・。


私ごとを、少し(スルーしてくださいね)

ダンスの舞台まで、あともうちょっと。
今日は場当たりで、実際の会場のホールに行ってきました。

息子達が、連合音楽会やら、合唱祭などでよく使う公共施設なのでなじみのある場所なのですが、楽屋側から入るのは初めて。
まだ、たって10年もたっていないものなので、とてもきれいで、設備も整っていました。
そして、何より裏側ってこんなふうになっているんだなって思った。

舞台にたってみると、すごく広いし、客席は見えるし、本番は頭が真っ白になりそうだな・・・
でも、たかだか5分程度1曲のためにもこんなにいろいろ大変なのに、嵐くん達はあれだけの規模のコンサート、もちろん大勢のスタッフの協力があってだけど、本人たちがそれに向けるエネルギーってすごいんだろうなって思います。
っていうか、そうでなければできないと思う。

そして、その賜物を見せてくれることに、感謝です。





web拍手を送る


 

2009.04.22 / Top↑

先週末より潤くん、翔くんドラマも無事にスタート。

金曜日の番宣について、思いつくままですが、取り上げたいなって思います。

まず、日テレ、午後の「ミヤネヤ」。
翔くんは横山くんと一緒の番宣でした。

私、「ミヤネヤ」って初めて見たんですが、これって読売テレビの制作なんですよね?

大阪ホームという感じで、横山くんにすごーく温かいかんじ。
基本は、翔くんがしゃべるんだけど、出演者の方たち、ヨコちゃんは結構おなじみという感じらしく、「すごくやせたよね」とかいろいろいじってもらっていました。


番組内で「ザ・クイズショウ」

翔くんが4択でこたえるんですが、
「櫻井くんにあてはまるものはどれ?」
1.腕相撲で筋肉を切ったことがある
2.卒業文集で書いた将来の夢はお好み焼き屋
3.ちなみに32歳で開店
4.その店の名前は「横やん」

下の3つは横山くんの話、番組スタッフに横山くんの同級生がいて(津田くんだそうです)そこから情報だったのですが、番組内で久々の再会をはたし異常に盛り上がっていました。
横で、翔くんがブツブツつぶやいているのがかわいかったわ。

ちなみに正解は「1」 翔くんはニノと腕ずもうをして切ったんだとか。
「二宮くんはそんなに腕相撲強いの?」ときかれ、「嵐で2番目に弱い」と言っていました。もちろん、ドベは翔くんです。


あと、潤くんの「はなまるマーケット」に」ついて、簡単に感想だけ。

「アラシさん」写真のところでメンバーそれぞれについて、潤くんが一言で表すと。
先日の少クラプレミアムといい最近このパターン多いですよね。
(しかし、大ちゃん黒かった・・)

ニノ→「器用」 相葉ちゃん→「天然」 翔くん→「勤勉」 大ちゃん→「自然」

まあ、ニノ、翔くんについてはいつも言っていることですよね。
翔くんについては、キャスターやっていることに触れて、日々の努力によって、言葉のチョイスがうまくなっているということを言っていましたね。
潤くん、翔くんのキャスター業に関しては、心底すごいなって思っているんだと折にふれ話すことから感じます。

何が面白かったかって、大ちゃんの「自然」
「植物みたい」「マイナスイオンがでているよう」「隣にいると癒される」「ずっと変わらない」というような意味だそうです。
潤くんにとって、翔くんがある意味尊敬の対象だとしたら、大ちゃんは本当に安心して心を開き寄り添っていられる相手なんですね。
また、描写の仕方が「うんうん」ってすごく納得してしまうんだけど、文字でだけみたらまるで「仙人」のようですよね。

相葉ちゃんの「天然」との違いをきかれて、相葉ちゃんは動物系、大ちゃんは植物系と言っていましたが、これもすごくわかる感じです。


潤くんをどういう人だと思うか。
中井貴一さんは、「繊細かつ大胆」
プロデューサーの瀬戸口さんは「穏やか」
石井監督は「ストイック」
脚本の宅間さんは「古いタイプの人間」(人が好きで、コミュニケーションツールとしてお酒を飲んだりが好きということらしいです)

確かに潤くんらしさをとらえているなという気がします。

坂本龍一さんとの交流については、まず潤くんが坂本さんの音楽が好きで自分のラジオ番組で曲をよく流していたことからはじまったとか。
(いわゆる、映画音楽とか、CMなどで使われていた音楽でしょうか。それとも、もっと昔のYMOとかKIRINとかの頃??)
今では、坂本さんがNYで、嵐関連の番組のビデオを見たりもするとか
坂本龍一さんが嵐をみているかどうかは・・?な気もするけれど、でも昔から結構好きな人なので(あっこちゃんと一緒にやっていたしね)、観ていてくれたらうれしいな・・お笑い系が好きだったりもするので、宿題くんとか好きかもしれませんよね。


とりあえず、番宣については、この2本。
最後に、初回の視聴率。
「スマイル」は11.7%  「ザ・クイズショウ」は14.0%
まだ、初回が全部出そろっていませんが今のところ「BOSS」の18.1%が初回はトップですね。
(「BOSS」みなかったんですよ。天海祐希さんのですよね。2回目みてみようかな・・)


「スマイル」は、潤くん主演としては、若干低め?重いテーマということもあるんでしょうか。
内容はすごくいろいろなものを感じさせてくれるドラマだと思うので、これから上がってくればいいなって思います。

「ザ・クイズショウ」は、まあまあのすべりだしですよね。
ただ、私は、翔くん抜きにしても面白かったけれど、見せ方が結構新しくて、ひょっとしたら好みが分かれる?この先ものびれば良いなって思います。



web拍手を送る




 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

2009.04.20 / Top↑

金曜日の一連の番宣にはじまり、昨日の夕方には30分の事前番組。
ドキドキしながら、第1話みました。

面白かった
でも、結構疲れたかも。(疲れたのは、余りにも気合を入れて見すぎたせいかもしれない・・爆)

ストーリーは、さんざん番宣でもやっていた通り。
舞台は銀河TVの生放送の「ザ・クイズショウ」というクイズ番組。
全7問のクイズによって構成され、1問答えるごとに、獲得賞金があがっていき、7問正解で1000万円。そのあと、ドリームチャンスに挑戦できて、それをクリアーすると「夢」をかなえることができるというもの。
この、クイズ番組のMC神山(櫻井翔)が、毎回いろいろな過去を持つ解答者と対峙し、相手の隠しておきたい秘密が露わになっていくというものです。
そして、神山自体が実は記憶喪失でディレクターの本間(横山裕)に操られている。
そして「ザ・クイズショウ」自体の進行とともに、副調整室内での、独断ですすめる本間と、それに翻弄されるプロデューサーの冴島(真矢みき)、その他のスタッフ達との様子も見ものですね。
そして、第1回めのゲストは、ロックミュージシャンの安藤康介(哀川翔)。
銀河TV主催の世界ツアーという夢をかけてクイズに挑戦するものの、安藤とともにロックデュオ「バンド・オブ・カラー」を組み、2年前に何者かに殺害された福山の死をめぐる問題で、追い詰められていく。


番宣で、ドラマではあるけれど、クイズ番組であり、生放送のドキドキ感があり、なのか、はたまたドキュメンタリー的な部分ありのように翔くんが言っていて、ちょっと「」だったんですけれど(だって、所詮はドラマじゃないの?)、言っていた意味が1話を観てよくわかりました。

まず、「ザ・クイズショウ」の部分が本当にリアルなクイズ番組っぽく感じるんです。
はじめは、MCとしてのしゃべりも神山というより翔くんのようで、ドラマ内ではなく、翔くんがクイズ番組のMCをしているような錯覚に陥る。
(CMの提供企業の入れ方とかもうまいですよね。まるで、クイズ番組のもののように、だぶらせてみせる入れ方をしていて)

でも、だんだんエキセントリックな感じになっていって、明らかに櫻井翔ではなく神山悟へ変わり、いつのまにか虚構の世界にはまっている感じがするんです。


そして、生放送としての緊迫感、このストーリー自体が生放送の番組だから成立する話なんですが、この緊迫感は真矢さんによるところが大ですね。
本間に翻弄されて、右往左往するあせりとかがすごく全体の流れを引き締めている感じがします。

そして、本間を演じる横山くん、クールでかっこよかったですよ。ちょっと陰があって、でも仕事はものすごくできそうで・・私がこれまで横山くんのドラマでみた中では一番かっこいいかも。

それから、第1回目ゲストの哀川翔さん。第1話をみて、このドラマはゲスト解答者としてキャスティングされる方の力の部分が大きい(だって、半分以上はゲスト解答者と神山こと翔くんの対決ですから)と改めて感じました。
哀川さん、落ち目だけれどプライドが高くて、自分の才能のなさに気づいているけれど、でも夢にしがみつきたいロッカーの悲哀がでていてよかったです。

そして、何と言っても、翔くん頑張っていました。
本間に拘束されている白い部屋の虚無な感じから変貌自在の神山へ
解答者を煽ってみたり、急に冷静になったかと思うと、テンションマックスに持って行ったり。
あの神山像っていうのはどういうふうに作り出していったんでしょうね。
かなり、ぶっとんでいるキャラクターで、どういう作り方をしていってるのか知りたいなって思いました。
(もとネタの深夜バージョンも観てみたい)


そして、解答者とのやりとり、煽ったり引いたりの変貌自在のその駆け引きに思わずひきこまれていってしまいます。



そして、解答者の秘密とともに、神山と本間の秘密や過去も少しづつ明らかに。

今回のゲスト安藤が、最後に神山の記憶にちょっと登場したことを考えると、本間は何かの事件の真相を知るために、接点をもったであろう人をゲストとして読んで、神山と対決させて記憶をひきだそうとしているという感じでしょうか。

あと、謎の案内人、あの存在もすごく気になるところです。


翔坦としては、ビジュアル的にもホントごちそうさまです
MCとしても、まじめな顔をしていたり、不敵な笑みをうかべたり、まさかの足うちジャンプをしてみせたり(一瞬びっくりした!)いろん表情、様子がみられるし・・、白い部屋で虚無状態に陥っているかと思うと記憶が甦ってくるのに苦しめられる表情とか・・こっちは全体にピュアな感じが漂っています。(すいません、この白い部屋での表情がちょっとキュンなんですけど)

そして、最後記憶の場面で、すごくナチュラルな普通の翔くんもちょっと観れて。

ホントに、楽しみどころの多いドラマをどうもありがとう。
このドラマ翔くんによる部分が本当に大きいというのがよくわかって、セリフ覚えるのも大変だと思うし、かなり集中した感じの場面が続くので精神的にも大変だと思うけれど、体に気をつけて頑張ってほしいなって思いました。



ザ・クイズショウ 第1話、  第2話、  第3話、  第4話、  第5話  ,第6話,  第7話 
第8話  、第9話  第10話


追記


あまりにも、翔くんに頭も心ももっていかれていて、主題歌のことを書き忘れていました。
もちろん、嵐の「明日の記憶」です。
すごく、ストーリーにもマッチしていて、ドラマの印象とセットになって甦ってきそうなそんな感じ。
フルで早くききたいな。

まずは、来週の「うたばん」できっとご披露ですよね。楽しみ













 

2009.04.19 / Top↑

潤くんの笑顔が、光の中に溶けてしまいそうなほど優しいんだけど、その明るさがとっても切なくて・・・・

スマイル、はじまりましたね。
うーん、予想以上に重くて、「社会派ドラマ」と銘打っていただけあるかも。

潤くんのビトがフィリピンとこのハーフで差別を受けて、あと新垣結衣ちゃんのハナが失声症で、そこに絡んでくる中井貴一さんの一馬弁護士が軽ーいノリだけど実は過去をかかえていて・・小栗くんが今回はすごーいワルでビトにとって厄病神のような奴・・・まあ、そんな程度の認識でみたので、泣くとも違う、胸のへんが重たくって苦しい?そんな感じでしょうか。

潤くんのルックスが今回髪型含め好きな感じで(ちょっと黒すぎだけどね)、笑顔は本当に出血大サービスで、相手役の新垣結衣ちゃんが可憐でかわいくて(すごく人気のある女優さんだけど、私的にはこれまであまり興味がわかない人だったので、今回はとっても好印象) この部分がないと見続けるのが、つらいかも・・。


まあ、だから題名も「スマイル」なのかもしれませんね。
ドラマのストーリーとしてももちろんだけど、視聴者も「スマイル」に助けられている。

お話は2015年東京拘置所に服役しているビトと面会にきた伊東一馬弁護士(中井貴一)からはじまります。拘置所内でも屈託ない笑顔のビト。
(観ながら、一瞬、今年って何年だっけ??って思ってしまいました。拘置所内からなんだ!ってちょっと衝撃でした)

そしてお話は2009年に。町村フーズで働くビト。親代わりに温かく見守ってくれる社長、奥さん、娘の駆け出し弁護士のしおりさん、仲間のブルや金太と楽しく一生懸命仕事をしています。そして、いつか多国籍料理のレストランを開くという夢に向かって、夜のカフェでのバイトも掛け持ちしながら頑張っています。
そしてそんなある日、本屋で万引きでつかまっていたハナを助け、そして偶然ハナが町村フーズで働くことになったことから再会。もうこの時点でハナからビトへは、「気になる」オーラ全開ですね。
夜のバイト先には、昔ワルをしていた頃の知り合いの近藤もバイトに入っていて、近藤は覚せい剤の売人をしているらしく、隠れ蓑にビトを利用。店が警察の一斉摘発を受け、ビトは濡れ衣を着せられて警察に追われつかまってしまいます。
また、そこには昔起こした事件にかかわった刑事がいて、ビトを目の敵のようにしています。


ストーリーをかなりのテンポで展開していって。
この脚本の宅間孝行さんって、サタケミキオさんの名前で「花男」の脚本を書いていた方ですよね。
花男も1話みのがすと、何のこっちゃ?と思うくらいどんどん話がすすんでいくんですが、これも結構なテンポですすみそうですよね。

しかし、1話目にしてすでに濡れ衣をきせられて、最終的に裁判にも負けて5年服役していることがもう冒頭場面でわかっていて、これから先この間を埋めていくことになるんだろうけれど、いったいこの先どうやってすすめていくんでしょうね?

小栗くん扮する林誠司もかなり悪そう・・
(結構、極端な役は好きな気がするから気合い入れてそうだけど、この方も役を実生活にひきずる方なので・・お願いだから暗く荒れないでね)


 とにもかくにも、潤くんのスマイルに助けられ、癒されそうな3か月になりそうですね。




web拍手を送る

2009.04.18 / Top↑

今晩スタートの「スマイル」明日夜スタートの「ザ・クイズショウ」をひかえ、今日は、TBSと日テレと一体、どうやって録画したらいいかわからないくらいでした。

とりあえず、午前中分は録れていることを確認し、一部は観ましたが、まだまだ見きれていません。
とりあえず、観たぶんについて、ざっくりとしたご報告を。


まず、私がみた朝いちは、TBS「朝ズバッ」、6時半前のエンタメのコーナーに潤くんと新垣結衣ちゃんがでていました。
基本番宣のみという感じで割合あっさり終わりましたが、朝早くから潤くんの笑顔に、ボーっとした頭がHAPPYな気分に(基本、朝は苦手で、本当に頭が働いていないので)

次、ズーム。7時台のエンタメのコーナーに翔くん一人で登場(横山くんとは、番宣一緒にやらないんですね)
ちょっと光沢のある感じのベージュのジャケット、かっこいいです

いやー、それにしても羽鳥さん、どんだけ嵐が好きなんだと思いましたよ。
(最近、相葉ちゃんからメールの返信がないと愚痴ってましたっけ)

途中、志村動物園仕様の相葉ちゃんからメッセージ。
翔くんの秘密を明かしますということで、北京オリンピックの後、北京オリンピックの報道関係者に配られたリュックサック(機能性には優れているけれど、翔くんが背負うと小学生にしかみえないそうな・・)を1ヶ月以上も愛用していたとのこと。
翔くんいわく、両手が使えることはすばらしいということでした(表現は違ったかな・・?)

そして、翔くん自ら「ザ・クイズショウ」についての解説!
もう、立て板に水!といった感じのしゃべりで「お見事」の一言。
しかも、その合間合間に羽鳥さんが合いの手をいれてくるから、うるさいうるさい
本人いわく、「愛の手」だといっていましたね(笑)


そして、次は「はなまるマーケット」、潤くんがはなまるカフェのゲストです。
おめざは、フルーツミックスジュース
(西村フルーツのものが出ていて、本当においしそう。潤くんのどが渇いていたのか、一気に飲んでいましたね)

最初に嵐のメンバーの話。
あと、中井貴一さんとのお話しもでていましたね。


そして、潤くんのはなまるカフェとかぶりそうなタイミングで、9字40分すぎから「スッキリ」に翔くん登場。
まず、最初に視聴者プレゼントでドラマのポスターがあったんですが、サインはつかないのかっていう話になって、「今のところ、サインはつきません」
事務所的に、サインはNGなんですね。加藤さんとテリーさんに結構つっこまれていました。
出かける用意をしながら、みていたので記憶にちょっと薄いんですが、嵐のメンバーの中で誰と仲がいいか(誰とということはない、全員同じようにというニュアンスでした)、芸能界の中で友達は?といった質問があって、はるな愛ちゃんと毎週のように顔を合わせるという話がでていました。(ZEROとオネエMANSですね)

その後は、録画で確認した限りでは、DONに翔くん単独で。

12時からのひるおびに潤くんと新垣結衣ちゃんと2人ででていました。

潤くんは、はなまる以外は、番宣ということで基本ドラマの話がメイン。

翔くんの方は、それぞれドラマ以外の話もちょっぴりづつ有りという感じだったように思います。

ミヤネヤ屋は一応録画したけれどまだ、みれていません。




 


潤くんのはなまるカフェをはじめ、番宣部分以外の内容については、ゆっくり見直した後、別途エントリーできればいいなと思っています。





スマイルメールも潤くんからきていたし・・あともう少しでオンエアですね。
たのしみ




私ごとなんですが・・・DVDの調子が悪くって、でも万全の録画態勢にしたかったから、無理を言って今日の午後DVDの修理にきてもらったのですが・・。
結果、HDDの部品をそうとっかえしなければいけないことが判明し、部品も取り寄せなので結局修理は来週に。
調子がいい時はちゃんとみれるんだけど、調子が悪いと画面がとまってしまう。
録画うまくいきますように  




web拍手を送る




 


 



 

2009.04.17 / Top↑

メンバー一人一人について、私の勝手な思いを綴らせていただいていたんですが、考えたら大野智先生については書いていませんでした。

いえいて、決して忘れていたわけではなく・・
(大ちゃんのこと忘れるわけがないじゃない


大ちゃんは、私にとって尊敬と憧れであると同時に、永遠のブラックボックスなんです。いろいろな意味で、理解を超えた存在と申しましょうか・・



まず、尊敬と憧れという点ではね、多彩なアーティスティックな才能。
つやのある歌声も、
重力を感じさせず、すごく軽く踊っているように見えるけれど、芯がしっかりしていてキレのあるダンスも(指先まできれいですよね)
絵、フィギュア
お芝居、役に完全になりきっていますよね。
私は、魔王に完全にノックアウトされました。
少クラプレミアムで松岡くんも言っていましたが目力、集中力はすごいと思う。

そして、その基準が高く、追求していく部分もすごいと思う。
完全に右脳の人。
何かに取り組んでいる時の智さんって、かっこいいの一言だと思う。
(きっと、釣りをしているところも、かっこいいと思うのよ)




そしてね、ブラックボックス、理解を超えた部分。

メンバーといる時とか、すごく優しくて、スボンジのように誰でも受け入れてくれる包容力があって、その笑顔に本当に癒される
そしてどのメンバーとセットにしても、その関係性がすごく好き山コンビも大宮も、大松も相葉ちゃんとも。

でもね、大ちゃんの思考回路が私にはホントに読めないんです。
他のメンバーは多かれ少なかれ、今こんなふうに思っているんだろうなって勝手に想像できるんだけど、大ちゃんについてはよくわからない。

オグさんが、「リーダーは、計算しているボケだ」みたいなことを言っていたけれど・・
結構ちゃんといろいろ考えているようにも思えるし、なーんにも考えていないことも多々あるようにも思うし。

でもね、あれだけメンバーが信頼しているし、大ちゃんに対する思い入れがそれぞれあるじゃないですか。
大ちゃんは自分では意識していないと思うけれど、嵐の大黒柱、精神的支柱だって思う。

それを思うと、日常的に接しているときっと人柄としてすごく魅力的な部分があるんだろうなって思うんです。ただ、私はそれがどういう部分なのかうまく表現できない。

なんかそういう感じがブラックボックス的であるんです。

書いているうちにグダグダになってきちゃた。




いや、私にとってその謎の部分も含め、すごく好きです。

嵐を知った当初は、一瞬影の薄さに「大野くんが一番好きになることはない」ととんでもない発言をした私ですが、嵐を知るにつれその魔力にはまっていき、去年のドリアラコンのあたりから魔王を経て今年に入り、翔くんととってかわるまで、私の中では大ちゃんはほぼナンバー1でしたから。
今はね、ニノとほぼ同点2位かな・・。

でもね、絡みでいうと、山コンビはもちろん、大ちゃんが真ん中にいるとすべて好きな絡みになる。
なんかね、うまくいえないけど、目が離せない人なんですよね。

2009.04.16 / Top↑
いつも、読んでいただき、また拍手していただいて、ありがとうございます。




以下、拍手コメいただいた分へのお返事です。


ゆきぼんちゃんへ

ありがとうございます。
はっきりいって、なりゆきでここまできているので、どうなるか不安は不安なんですが、
まあ、せっかく天から与えられたチャンスと思いがんばろうと思っています。(大袈裟よね)
ダイエットは、なかなか見てわかるほどにはならないわ(溜息)
2009.04.16 / Top↑

「ヤッターマン」2回目観てきました。

前回みた時は(1回目の感想はこちら→)いろいろ気持ちの上で混乱状態であったので、もう一度観たいなって思っていました。
それで「ザ・クイズショウ」が始まる前に観て、自分の中で「ヤッターマン」に区切りをつけて「ザ・クイズショウ」に臨みたいと思いまして・・(どんだけの意気込み(笑)



同じ映画を1ヶ月ほどの間に2度観るってあまりしたことがないんですが・・・。
2回目みてよかったです。
ストーリーも展開も分かっているので、笑えるところは存分に笑え(まあ、映画館内なので大笑いはできませんが・・・)、小ネタ探しもしつつ、ヤッターマン翔くんも十分に楽しめました。
前回は、ヤッターマン翔くんを落ち着いた気持ちで観ていられなかった部分があったから、今回はこれは「ヤッターマンの世界だ」ということを自分に言い聞かせた上で楽しんでみれてよかったです。

最後のBelieveは、何度みても疾走感があり気持ちよかった。





そして、「ザ・クイズショウ」まであと3日

昨日、新聞の雑誌広告に「嵐 櫻井翔絶食ダイエット」っていう見出しがあって、思わず立ち読みしてきました。
絶食ダイエットって?って思ったけれど、今回役柄として、加圧トレーニングとかで健康的にひきしめて痩せる感じではないと思ったので、食べないで落としているとか・・・。
5キロも落としたんですって。
収録でお弁当を配られても、周りへの配慮で1度は受け取るけれど、実際にはほとんど手をつけていないとありました。
ハードスケジュールなのに、食べないでいて大丈夫なの??心配。
体壊したりしないでね。
どうりで、画面上でも「エッ!」と思うくらい痩せるはずよね。



私ごとで恐縮ですが、ダンスの発表会まであと2週間ほどなので、3キロくらい落としたい、落とさなきゃと思っています。見苦しいので・・・
まず、基本よく食べる人なので、食べる量へらなさきゃと思ってやり始めたけれど、「つらい」・・翔くんはこんなところでくじけないんだろうなと思う。翔くんをはげみに頑張ります。



あと、翔くんの絶食ダイエットと同じ雑誌内に、ニノ話もあって、そっちも気になって読んできましたが・・・。
女性側からでた話なのかなと思ったら、ニノ側みたいで・・・・
どうなんだろう、気になるけれど・・・・うーん。
不確定情報だし、とりあえず私の中ではふたをしておこうかなという気持ちです。







 

2009.04.15 / Top↑

先週、「あしたたをつかめ 平成若者仕事図鑑」という番組をみました。
よくおじゃまする嵐ブログさんのところで教えていただいたのですが、今回のお仕事は映画宣伝ということで、「ヤッターマン」の宣伝担当の中村広海さんという方がとりあげられていました。

中村さんは、1年ほど前から、「ヤッターマン」専属として日活の契約社員として働いていらっしゃるということです。
映画宣伝といっても、TVや新聞広告、チラシやら、最近ではグッズ開発などいろいろな面があるようですが、中村さんはパブリシティ担当とのこと。
要は、宣伝費を払うのではなく、メディアに働きかけて、雑誌とかTVの番組などでとりあげてもらって、それによって宣伝効果を狙うというものですね。

いやー、中村さんありがとうございます。
「ヤッターマン」公開時、怒涛のように翔くん雑誌が本屋さんを占拠していたあの光景は中村さんに負うところが大きかったんですね。
(番組では、ぴあに対しての働きかけの様子を取材していました。
ぴあも櫻井翔で12ページの特集を組んでくれて。
私は、あの時立ち読みはしたけれどあまりに雑誌を買い込みすぎていて・・ちょっと躊躇して買っていなくて。今でも後悔しております)

テレビにしても、日テレは出資関係があったから全面バックアップだったけれど他局については、ワイドショーや情報番組でとりあげられたりしたのは、中村さん達の努力によりますよね。

あと、ジャパンプレミア等、試写会などでの記者会見の仕切りもお仕事のうちのようです。


今回、翔くん主演の「ヤッターマン」大ヒットになったじゃないですか。
その陰には、もちろんまずプロデューサー、監督、脚本、制作スタッフ、俳優さん達がいい映画を作ってくれることがまずあり、次にそれがいい映画なんだよ、面白いんだよというこが伝えられて、観に来てもらうようにする広報や宣伝担当などの仕事があり、いろいろな方たちの総合力によって、ヒットは生まれるんだなと改めて感じました。

主演俳優として、そういうものの一つの象徴のように扱われる翔くん、スゴイなとも思うし、多くのものを背負った存在でもあるんだなと改めて思いました。





「ヤッターマン」はさておき、こういう番組もいいなって思いました。
NHK教育で、まあいかにもNHK的ではあるんですが。

でも、今の学生さん達は以前にくらべると、いろいろな職業にふれるチャンスって結構ありますよね(講演とか、体験学習とか・・村上龍さんの本もあったしね)
やっぱり、自分の周囲のことしかなかなか知るチャンスってないから、いろいろ興味が広がる機会っていいですよね。
人間、働いて生きていかなきゃならないもの、興味が持てる仕事にこしたことはないですから(まあ、そればっかりではないけれど・・)




 

2009.04.14 / Top↑

今日はね、すごく嵐友とのすごくひさびさの嵐会でした。

メンバーは私を入れて3人なんですが、今年に入ってやろうやろうと言いながら、ゆっくりしたタイミングがなかなかとれず、今日は午前中から子どもが帰ってくるまで、5時間ちょっと(長っ!って思うけど、実際はあっという間!)
今日は、私の家で、最近の雑誌チェックからはじまって、PVを観たり、コンのDVDを観たり、ずっとずっと嵐三昧でした

その中で、HappinessのPVは、シングルの初回版についていなかったという話になって・・
私は、初回版にPVはついているものなのかと思っていましたが、そんなことないんですね。
今日のメンバーのうちの一人はブレーク前からのファンで、そのおかげで今は高値の花になってしまったものもいろいろ収集していて、私は本当にお世話になっているんですが、HappinessのPVをフルでみる機会がほとんどなかったと言っていて・・・
今日はこれが、一番の大盛り上がり

メンバーの自然な様子がホントにかわいくて、私も観たことがある中では一番好きなPVなので、3人でリピしまくっていました(笑)

特に山コンビ、大宮のじゃれあうところ満載なので・・


でも、折角作ったPV、それも絶対ツボの人は多いだろうと思うもの、何で売らなかったんでしょう・・・?

10周年記念ということで、5×5のようにPVをつけてもらえてもうれしいしですよね。



あと、Oneコンもちゃんとはでていないし、アラシックもAAA2006の初回版に一部入っているだけなんですよね。ドリアラコンに至っては、完全にお蔵入り??

Jストーム様
このへんのものも、DVD化をぜひぜひしていただきたいものです。






コンのDVDやPVなどなど、嵐ファン同士でいろいろ突っ込みをいれつつ、ツボ箇所をリピしつつ観るのは、一人で観るのとはまた違って楽しい

ブログで交流のある皆様とも、一緒にそんな機会が持てたら良いなって思いました。
だって、○○さんは絶対にココがツボよね!ってわかるじゃないですか。
絶対、盛り上がれると思う


そんな機会がいつか訪れることを、願っております



web拍手を送る

2009.04.13 / Top↑

いつも拍手をいただいてありがとうございます。

皆さんのお役にたったり、「うんうん」とうなづいていただけることがあったりすると思うと嬉しいです。

また、ぜひ遊びにきてくださいね。





以下、コメントへのお返事です。








パインさんへ


はじめまして。
いつも、遊びに来てくださるとのこと、ありがとうございます。
嬉しいです。

バニラ気分は、ローカルなんですよね。
お役にたてて、よかったです


また、よければいらしてくださいね。

また、


2009.04.13 / Top↑

昨日のバニラ気分、VS嵐はいつも録るんですが、新聞の見出しに「ニノ」と「潤くん」の文字があり、前半部分も録っておきました。

トークゲストが大竹しのぶさんだったのですが、その交友関係の中でニノと潤くんの話が!

ちなみに他の部分、さんまさんとの関係だとか鶴瓶さんのコメントだとか、中村勘三郎さんとの交流とか他の部分も大竹さんらしくて面白かったですよ。

そして、ニノと潤くんの話。
2人は「イケメングループ=ボイフレンド」のグループに名を連ねていました。
(他には、吾郎ちゃん(稲垣)とか、関ジャニの村上くんとか、石田卓也さんとか若手の俳優さん達があがっていました)

そして、プライベートでもお付き合いがあるということでまず、ニノとのデートの話。

ニノのお誕生日に、ごはんを食べようということになって、
(ニノ、ホントに彼女いないのね・・・)
ニノの指定で、恵比寿駅それもえびすさまの前で待ち合わせ。
(結構、恵比寿はよく通るんだけどな・・ニノと遭遇したいわ!)
その後、スタバに行って(ひょっとして、K通り沿いのですか!!)
ドコモショップにいったんだとか(auショップではないの?大竹さんがドコモのCMを前にやっていましたっけ・・)
ニノの口マネを大竹さんがしてみせるんだけど、完全にタメ口の上から目線!


そして、潤くん。
大竹さんが中村勘三郎さんご一家と家族ぐるみのお付き合いなので、七之助さん経由のおつきあいだそう。
(潤くんと中村七之助さんって、高校の同級生で仲良しなんですよね)

夜電話がかかってきて
潤くん 「(飲んでいるから)こいよ」
しのぶさん 「もう、顔洗っちゃったし・・」
潤くん 「別に変わんないじゃん」

潤くんも、ニノも「コラコラ、しのぶー」的なのりで、しのぶさんいわく「完全に上から目線」だとか・・
今田さんの「そういう気を使わない関係なんですよね」というフォローに
「(そういう気を使わない関係が)うれしいかなっていう自分が悲しいかな(笑)」ですって。

いえいえ、とってもうらやましいです。
大竹さんの、チャーミングで誰とでもフラットにつきあえるお人柄のなせる技!

私も、ニノや潤くんに「コラコラ、○○!」って頭ポンポンってされたら、うれしいわ
(すいません、イタイ妄想がはいっていて)

でもね、潤くんや、ニノって自分の息子さんとほぼ同じ年で、そういう年頃の子たちとも、ボーイフレンド!って言って遊んだりできるってステキだなって思います。

だって、「興味のわかないおばさん」と片付けられちゃわないで、人間的にお付き合いしたいお友達と思われているっていうことですものね。
(私も、単なるオバチャンとひとくくりにされてしまわないよう、ガンバローっと!)


その後の、「VS嵐」
SPの未公開でしたが、とっても癒しだった部分を一つ。

5人でのトークで、大ちゃんの「後半、ちょっと休んで・・・」と言った後と、「すごい楽しかったです」と言った後の笑顔がめちゃめちゃかわいかったです。




web拍手を送る

2009.04.13 / Top↑

書きたいことはいろいろあるのですが、今日も、明日も息子の用事にふりまわされていて、落ち着かないのでちょっとだけ。

「ザ・クイズショウ」の情報がなかなかでてこなくて、早くでてこないかな・・痩せていく翔くんをみているだけでは、心配って思っていましたが、制作発表に引き続き、昨日はオトノハがアップされて、翔くん自身からの話がでてちょっとホッとしたところ。
昨日の段階でだと思いますが、公式HPもリニューアルされています。
早く初回を観たいな。


オトノハから・・
MC役だけにすごく台詞の量が多そうですね。
100ページ近くの台本ってありましたけど、大変そう・・・
頑張ってね。

第1回ゲストの哀川翔さんとは、同じ名前ゆえのエピソードありで
2人での場面も多いようでご一緒して濃密な時間を過ごせたとありました。
良かったね。

横山くんとの絡みも、楽しみです。

あと、オトノハの中に
「ちなみに現況、ダブル太陽は迎えておりません。」ってあったんですが、これってどういう意味でしょう
もしわかる方がいらしたら、教えてください。



あと、J-WEBにニノがスペシャルドラマをやることがアップされていましたね。
スペシャルづいていますね・・・

何はともあれ、ニノドラマは楽しみです









web拍手を送る









以下、完全な私ごとなので、スルーしてください。












 


 


今日は1日疲れました。
朝、10時前からダンスのレッスンがあって
(もうすぐ、発表会といっても1曲なんだけど・・でもなかなかちゃんと踊れなくて回りの足を引っ張っている状態なので必死なんです)

だけど、小6が午前中サッカーの試合に行っていて、それも電車で30分くらいかかる会場なんだけど、午後から塾なので早引きさせるので、、そこまで塾の荷物と着替えを持ってピックアップに行き、途中マックで昼ごはんを食べさせて塾に行かせて。

いったん私は彼のサッカーの荷物を持って家にもどって、お買いものに行って、夕ごはんと、小6の夕食用のお弁当を作り、塾まで持って行って。
その間にお掃除もしたしね。
何か働いてるな・・・(ふだんが家事していないから・・?)

おかげで、翔くんと相葉ちゃんがでていた特番のことすっかり忘れてスルーしゃった。
(実は、昨日のVS嵐SPも録画を間違えて、なぜかNHKがとれていて大ショック
生で後半はみていたからいいようなものの・・私の癒しをどうしてくれるの
中3は最初からメチャイケしか眼中になかったので、録画しとかなきゃいけなかったのにそれどころでなかった。



明日は1日、小6のサッカーの付添いです。
すごく遠くなの。電車で1時間半近くかかる場所。
(中学生は勝手にどこへでも行ってくれるからいいけれど、小学生は、基本引率が必要なのでまだまだ手がかかる)




小6は一応受験生だから、いろいろやっていた習い事もかなり整理しつつあるんだけど・・でも、本人がまだやりたいっていうからまだまだいろいろやっています。
本人がやれるなら別に私はストレス解消にもなるしいいと思うんだけど、でも基本スケジュール管理はある程度親がしなくちゃならないのが大変。
まあ、あと1年だからね。親が文句言っていたんじゃしょうがないよね。

コンサートの予定も早くでてほしいわ。
何があっても、これだけは行くつもりだから・・

すみません、グチグチだらけですね。何か大荷物での移動が多くてちょっと今日は疲れてます。
今日のVS嵐をみて、コンのDVDみて元気をだして、明日に備えます。











 

2009.04.11 / Top↑

今日の「笑っていいとも」には、「VS嵐」の番宣でリーダー、大野智様ご出演です。

大ちゃんはね、「なりきり川柳」のコーナーとそのあとの「NEWS どっちJAPAN」のコーナーに出演。


最初、川柳のコーナーでタモさんに紹介される時から「川柳といえば、必ずこの人」「2歳半から・・・・」「川柳アイドルとして・・・」などなどさんざんいじられての登場。
(タモさん、大ちゃんのこと大好きなんですね。)
大ちゃん、特に否定もせず、完全にのっかった状態で登場。
その後、「あんまり言うと涙ぐむ」ってタモさんに言われ、笑っていましたけど。


その後、久本さんと中田さんの間に入るも、久本さんに場所を譲られ草薙くんの横に移動。剛くんが大ちゃんの肩に手をやっていたりして・・
剛くんも気にかけてくれているんだなって思いました。

川柳の間は、タモさんからばかりでなく、久本さん、オリラジの二人からもいじられまくり。大ちゃん苦笑い若干しながらも、結構のっかっていましたね。
そして、あれだけ川柳の先生なみにまつり上げられていたのに、ビリ争いを剛くんとすることに。
そして、ビリ争いは大ちゃんが5位で勝利。
1位なみにうれしそうにガッツポーズしていました。(ホント嬉しそうだった)
オリラジに5位ですとつっこまれていましたが。

罰ゲームの酸っぱいジュースを飲む大ちゃん。
久本さん、剛くんの中で一番酸っぱそうな顔をしていましたね。
(眉間にしわをよせて、ホントかわいいの)


次のコーナー「NEWS どっちJAPAN」
最初の問題は、麒麟と川島兄が登場(ドラマ「ホームレス中学生2」の番宣です)
大ちゃんは解答者席です。

そして、2番目のお題は、大ちゃんがテーマ。出題者側にまわります。

A:コンサートで、衣装の早替えで上のズボンをぬいだら、下に衣装をはき忘れていて、スパッツ姿で歌ったことがある
B:ドラマの撮影の合間に釣りにいき、日焼けしすぎてスタッフからおこられたことがある

正解はどっち?ということですが・・・・正解はもちろんB

これ、魔王の時で結構有名ですよね。
確か、何かの時メンバーからも怒られていた気がする。
そして、きっとDVDのMCでしゃべっていた「お昼前に終わって、次の撮影が夜中で、12時間くらい間があいたから釣りに行った」っていう時?


あと、関根さんからのコメント「大野くんは24時間釣りをしていたことがある」この話にもオリラジさんがちゃんとつっこんでくれて・・
「どんだけ釣りが好きか試そう」とプライベートでチャレンジしたという話しでした。
寝ないで釣っていて、風がふいて断念したけどそうでなければまだ続けたかったという話(どんだけ好きなの)
出演者の皆様もあきれるやら、感心するやら・・



そして、「正解はどっち?」という前ふりの音で「曇りのち快晴」がちょっと流れたんです。
大ちゃんも、剛くんも曲に合わせてリズムをとっていて。そしてね、大ちゃんが、途中ニコッてすごくいい顔で笑うの。
あれは、きっと誰かと目が合って笑っているっていう感じだったけど、誰と目があったんでしょう?
久本さんか剛くんか・・方向的には久本さんかな・・

その後、お題についての説明。
Aは、下に、ソロ用の衣装をつけ忘れていて、早替えで脱いで気づいて、いったん止めて、はけて着替えたんだそうです。
(しゃべりながら笑っていましたね)

その間は「櫻井翔がMCでつないでくれました」とのこと・・
(さすが、山コンビの連携プレイ
みんなつないでいた翔くんにも感心していました。


今日はね、タモさん、久本さんと、大ちゃんキャラをわかって回してくれる方々に囲まれて、大ちゃんいい味だしていました。

タモさんも、久本さんも、大ちゃん大好きだから、対応が温かくてうれしい。

お昼からほっこり気分で、この後も楽しい気分ですごせそうです



web拍手を送る





 

2009.04.10 / Top↑

拍手をいただいた皆様、ありがとうございます。

読んでいただけるだけで、嬉しいですが、拍手までいただけると一層のはげみになります

また、よろしければ遊びにいたしてください。






以下、コメントへのお返事です。


ゆきぼんちゃんへ

DVDは、本当に何度も何度も楽しめて、本当にうれしい限り。
ちょっとずつ、がんばって感想アップしていきたいと思っています。

グータンはね・・・・

ニノ、すごーく内面が複雑なんだと思うの。
ある意味本音だし、ある意味嘘みたいなね。
そういうニノをちゃんと受け止めることができる人に、そばにいてほしいなって思う。
(嵐のメンバーは4人で補完しあって、そういうニノを受け止められるんだと思うわ)


でも、わかりにくいよね



2009.04.10 / Top↑

ズームインで、「ザ・クイズショウ」の制作発表の映像流れましたね。
バックの音楽、「明日の記憶」ですよね。きっと
切なくなるような感じのバラードで。
きっとドラマの映像と重なるとウルウルしてしまうんじゃないか・・・
(まだ、何も観ていないのに想像しすぎ・・だってTV誌にのっていた白い部屋の翔くんを思いうかべると・・・)

はじまるのを楽しみにしております。
(まだ、DVDの調子が今一つなので、それまでによくなることを祈るのみ!)





ということで、グータンのSPです。

グータン自体は、面白かったですよ。
SPだったのっで、2つあったのっですけど最初のは、ロスで土屋アンナさん、小泉里子さん、優香さん
2つ目は、天海祐希さん、吉高由里子さん、江角さん、優香さんの4人で。

まあ、ここはおいておいて、ニノ出演のスタジオ収録の方です。

男性ゲストが4人いて、世界のナベアツさん、おぎやはぎの矢作さん、チュートリアルの徳井さん、それにニノでした。

ニノ、結構矢作さんと一緒に仕切っていましたよね。
ああいうバラエティに1人ででても、まるで違和感なくこなしますよね。
逆に、あんなに芸人さん達をリードするような立ち位置でいいのか心配なくいらい。
一応アイドルなんだし、もう少しきれいどころでいてもいいのかなあと。
(まあ、ニノはそんなこと気にしていないだろうと思うし、あれだけやれるからバラエティにピンでゲストとか、今後も増えるかもしれないですよね)



そして、問題の「取り調べ」

Q:「どんな女性がタイプですか」
ニノ:「やっぱり気を使ってくれる人が」
(これは、へーって思いました。意外な答えではないけれど、ニノからだとちょっと意外

Q:「4人の中で、一番気が利きそうなのは?」
ニノ:「江角さん」
(実際そうなのかもしれないけれそ、これは模範回答ですよね)

Q:「浮気はOKですか?」
ニノ:「全然OKです」
(問題はコレ

Q:「何フェチですか?」
ニノ:「タイツフェチです」
(エッ ちょっとこれだけでは、何とも反応のしようが・・・)


「浮気OK」「究極、浮気した後に言ってくれればいい」
「浮気されたことがあって」それも「結構近いとこでやられたんですけど」
でも、「愛情は変わらない」

私はだめだなあ。逆に知らなければOKかもしれない。
知らなければ、自分にとって「ない」ことと同じだもん。
これ、ニノの真意はどこにあるのかなあ。

それに、それに、かつて「結構近いところで浮気されていた」ってどういうこと????

それにね、女の子に対して浮気OKって思うっていうことは、裏返せば自分もOKっていうこと???(まあ、そうは言ってはいないけれど)

浮気をしたくなるっていうのはね、何か本来の相手では満たされていない部分があるからっていうことじゃないですか。
ニノはね、結構自分だけの世界を大切にしたいから、もし女の子の方でそのことでさびしい思いをしていたとしたら、その癒しを他に求めても自分のところに戻ってきてくれればOKっていうこと??
(何か、自分でも、深読みしすぎ!って思うけれど・・・)


でも、絶対に浮気を知れば心の葛藤があるし傷つくよ!
現に「近いとこでやられていた」発言は、本当だとしたら自分では気にしないようにしているかも知れないけれど傷ついている証拠よ。
繊細だし、弱みをみせたくないから強がっているとしか思えない。
(お姉さんが、黙って横にいて癒やしてあげたい→スミマセン、イタイ妄想で)


まあ、きっとあれこれ深読みしすぎなんですよね。
きっと、ニノ流の煙に巻くパターン?なんだと思いたい。



ニノについては、いろいろ思うところ有りでしたが、
その他は面白かった!
土屋アンナさんの自由人ぶり(いいなあ
天海祐希さんの恋愛にちょっと臆病な感じの乙女ぶり。(天海さん、いい人!って思っちゃった


何はともあれ、ニノちゃん番宣お疲れ様でした



web拍手を送る

2009.04.09 / Top↑

DVDの感想の続きです。
前回、はじめての生「素晴らしき世界」がきけて大興奮だったところまで書きましたが、(前回のエントリー 「その1」はこちら→)
今日は「とまどいながら」~「風の向こうへ」です。


よろしければ、おつきあいください。



まずは、「とまどいながら」
これは、大ちゃんの途中のソロの部分、ステキですよね。

そして「Still...」
歌いながら、正面のステージから花道を左右のリフトにのるために歩いてくるのですが、大宮がなかよし。2人で笑いながら、歩調を合わせて歩いていくんですよね。
そして、それぞれがリフトに。
後から聞いた話なのですが、友達がこの時相葉ちゃんのリフトのすぐ近くにいて、絶対に目があって手をふってくれたと大興奮でした(そりゃあ、興奮するなという方が無理よね)
彼女いわく、「あの雅紀の視線の先に私がいる」(笑)
彼女はその1件で、もう完全に相葉ちゃんに落ちちゃったんですが・・・
私は、目が合うほどの席になったことがないのでわからないけれど、DVDとかでみても相葉ちゃんだけでなくみんなしっかりと視線を合わせて手振ったりしてくれるじゃないですか。
もし、万が一視線でも合おうものなら、興奮しすぎてしばらく日常にはもどれないかもしれない。
でも、誰をとってもファンサはとっても優しいなって思います。

Rap部分の翔くんも大好きです


そして「Lucky Man」
この曲も好きだし、盛り上がりますよね。
顔をクシャっとさせる、相葉ちゃんがホントかわいい


次は大ちゃんのソロ「Take me faraway」
大ちゃんはどうして、あんなに軽やかに重さをかんじさせず、それでいてホントにキレのある踊りができるんでしょう
割合ゆったりとしたテンポの曲で、歩いていく、ターンするただそれだけの動作でも、体にキレがあるんですよね。
これは、いつでもそうなんだけど、ガシガシ踊っている曲であっても、何か余計な汗を感じさせず(実際は汗かいていると思うけど)、ひとつひとつの動きがさりげなく軽いのに、きれいに決まるのよね。
ホントにどうしたらあんなふうに踊れるものなのか・・・・・
スゴイ尊敬という感じでみとれてしまいます。

そしてニノのソロ「虹」
もちろん、メガネをしてピアノの弾き語りでございます。

この時も「虹 キタ~」という感じでした。
TimeコンのDVDでみた「虹」に完全にやられてしまっておりまして・・
生「虹」だ~ってバクバクでした。
メガネをしたニノって年相応というか、ちょっと大人っぽくみえますよね。
汗をかいて濡れた髪のところにメガネをかけて歌う横顔、
ピアノをひく肘から先のライン、
色っぽすぎます。
途中ちょっと、メガネを押し上げてかけ直すしぐさも・・
もちろん最後、メガネをとってアカペラで歌うところも・・(ためいき)

それに、大ちゃんの歌唱力の陰に隠れがちだけど、ニノって歌上手だなって思うんですよね。

気を取り直して・・
ソロの後は「スマイル」
お召しかえして、4人が登場。(白や黒のタンクトップの上にエナメルっぽいノースリーブのジャケットですね。)
この曲ってすごく楽しくて明るい感じがして、コンサートで初お目見えでしたね。

次は恒例の「WAVE」
自分でも参加しながら、これだけの人数ちゃんと流れていくものだなあと感心しておりました。
やっている方がどのくらいうまくいっているのか、今一つつかめなかったんだけど、
嵐くん達の位置からみたら、スゴイんでしょうね。

そして「CARNIVAL NIGHT part2」
これ大好きです。絶対絶対、盛り上がる
ふりつけもそうだし、途中「C・A・R・ナイ ブイエーエル ナイト」のところも。
ずーっと楽しいんだけど、更に楽しさMAXという感じです。
大画面に映し出されていた、棒人間(??)のようなキャラもかわいいですよね


そして、MC
これは、どこがと言えません。全部面白すぎ

翔くんの「そよ風」発言。お客さんに笑われてつっこまれ、「エッ」という表情がかわいいです。
でも、ニノの「そよ風ってエアコンとかについている・・」(それも、違うでしょ!)
大ちゃんの「外でしかないもんね。風ふくってこと」
この後、同時に笑ってつっこむ翔くんとニノがナイスです。

翔くんのお母さんに「ご飯作って」とメールするくだり・・
潤くんの「ママーご飯作ってー」あとから、メンバーからも「今日はいろんなキャラが・・」と言われていましたが、潤くんがこういう感じってあまりないから、何か新鮮
相手が翔くんだから??
そして、話は魔王のことに、息子の「魔王」にうるうるきている大ちゃんパパもよいですね。(お父さんのマネをする大ちゃんも◎)
「流星」のCMが入ってきていることから、クランクインがいつかになって「やのあさって」話へ。
翔くん、ニノ、相葉ちゃんの3人は漫才トリオのようですよね(笑)

そして、大ちゃんがドラマ中も釣りに行った話へ。
しかし、昼から夜までの空き時間に釣りに行ったという話に翔くんと相葉ちゃんは笑っていたけど、潤くんとニノはかなりつっこんでいましたね。

そして、釣りに連れていってほしいからかつての釣り話等等になっていくんだけど・・
花道をもどりながら、このへんは、完全に日常会話のようですよね。
なんか、ふだんもこんなふうに話しているのかな・・って思っちゃう

そして、次の曲に説明になるんだけど、ここで潤くんがいないことに気づいて・・
相葉ちゃん優しいよね。

そして次は「風の向こうへ」
相葉ちゃんが曲紹介で、「それではきいてください。風の向こうへ」の
「風の向こうへ」の言い方が、ちょっとツボ。

この曲も5人楽しそうに歌って踊って、それだけでも◎だけど、
途中相葉ちゃんパートの「嘘偽りなく言えたらいいんだ」のところで、山コンビ2人が向かい合って踊りながらしっかり目を合わせているんです息がピッタリよ


ここで、DISC1 終了。
DISC2は、かっこいい「Re(mark)abe」から。

これは、あらためて、エントリーしたいと思います。
おつきあいいただいて、ありがとうございます。



web拍手を送る
















 

2009.04.08 / Top↑

折角再放送しているから、花男レビューしようと思っていたのですが、
「1」の方は始めたので、完結させようと思いますが(ちょっと時間はかかりそうですが)
「リターンズ」の方は、たぶん断念するかと・・。

理由はね、「リターンズ」は私はすごく好きなんですが、今日再放送の1話をみて、
「そう、そう再放送ってすごく削られているのよね」ということを思い出したので。
そんなことわかりきっていることなので、そこを残念に思う人間はそもそも再放送なんかみないで、DVD-BOX買いなさいっていうことですよね・・・
(しかし、ドラマのDVD-BOXは迷うよね、ましてや放送時自分で録画したものを持っているし・・)


前回、再放送になっていた時も、「再放送だ。みようかな」なんて軽く思ってみていたら、あまりにいろんな場面が削られていることに腹がたち、自分で放送時に録画したDVDで見直した気がする。
1話で言ったら、「NYで、司と決裂した後、F4とつくしが夜ごはんを食べにいこう歩いているシーン」とか、「司の誕生パーティに持っていくクッキーを夜中つくしが作っているシーン」とか「司の誕生パーティが始まる前に、司のお母さんにつくしが出会ってあいさつするシーン」とか、見比べていないのでわかりませんが、ちょっと思いつくものでこんな感じ・・。


今回は息子達が録画してみているから、一緒に観ていたんだけど・・、レビューを書くのはやっぱり削られていないバージョンで見直した時にしようと思いました。


「1」の方はそもそも、最初にみたのが再放送だったので、そういうストレスはあまり感じていないんです。
(人間って勝手ですよね・・・


でも、今日久しぶりに「リターンズ」の世界に触れて、道明寺にも類にもでした。



web拍手を送る

2009.04.08 / Top↑

昨日、ニューシングルの発表がありました。
1.明日の記憶
  翔くん主演の「ザ・クイズショウ」の主題歌
  「美しく切ないメロディー」のミディアム・ナンバだそう。
  (きっと、ドラマの世界観がそういう感じ?)

2.Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~
  コーセーのエスプリークのCMで使われてもう流れていますよね。
  イントロから、エンディングまで嵐が踊りっぱなしのダンス・チューンだそう。
  (エスプリークのCMは何度かみているんだけど、音楽が今一つよくきこえなくて、あまり曲を把握していないんですよね。)

両A面で、それぞれのDVDつきの初回版2パターンと通常版の計3種類が、5月27日に発売になります。
(通常版も、今回はカラオケが加わるだけで2曲ですね)

昨日、新星堂からお知らせメールをもらったと友達からメールがありましたが、新星堂のサイトにもうのっていましたね。
あと、昨日のうちにJ-WEBにもアップされていて、今回はす
ばやかったかも。

作詞、作曲をみると、どちらも今回RAP詞の記載はなかったので、Rapはない楽曲なんですね。(翔くんのRapが好きなので、それはちょっと残念かも)

でも、新曲どちらも楽しみです。

ところで・・SEASONはどこにいってしまったんでしょう。
配信のみで、アルバムに収録になるだけなんでしょうかね・・。
すごく、好きな曲なんですが・・


ところで、ドラマの「ザ・クイズショウ」について
昨年夏に深夜ドラマでやっていたもののリメイクのようですが、
私は観ていなかったので、どんなものかはわかりませんがHPを見る限り、内容はかなり衝撃的ではまった人はすごくはまっていそうなそんな感じですね。
ご興味のある方はみてみてください(HPはコチラ)

今回のドラマは、プロデューサーの方(池田健司さん、森谷 雄さん)は、オリジナルのものと一緒。脚本の方(及川拓郎さん)も、前回の脚本に入っている方のようなので、基本的に同じ路線でいくんでしょうね。
翔くんのものを観た後、気に入ったらオリジナルも観てみようかなって思っています。

しかし、日テレさんもう少しHP充実していっていただきたいんですが・・
まだ、2週間近くあるとはいえあまりにも素っ気なさすぎる。
それとも、事前にはあまり余計な情報をださないんでしょうか・・?

翔くんも何かすごくやせていっているし、J-WEBの横山くんのところをみたら、横山くんもかなりしぼっていっているような感じだし。役作りのためなんでしょうか・・。
(横山くんって、人見知りなんですか?はじめての翔くんなしの撮影で、なかなか人と話が続かず困ったようなことを書いていましたが・・)
翔くんがいたら、心強いんですね。
撮影の様子とかいろいろ日テレさんアップしてくれるとうれしいのに。


ついでに、昨日の夜のアラシゴト。
ZEROは、翔くんは「イチメン」のみでしたが、ボタンダウンのシャツのボタンが黒っぽくてアクセントになっていて、それに黒、白のチェック柄のネクタイを合わせていて、ちょっとおしゃれな感じの組み合わせでした

「宿題くん」は、本仮谷ユイカさんと品川ヒロシ監督、映画「ドロップ」の番宣でした。

「ドロップ」のことオグさん、かなりほめていましたね。っていうか水嶋ヒロくんのことというかヒロくんの新たな面をうまく引き出していたと品川さんのことを。
(水嶋ヒロくんは、絢香との結婚記者会見がホント男前で、すっかり株をあげましたね。)

水嶋ヒロくんが、何でもよくできるんだけど、すごく天然だという話になって、「相葉ちゃんとの直接対決がみてみたい」(by翔くん)
私も、見てみたいです

あと、成宮くんがキャピキャピしているという話(共演したことがある潤くん、ニノも同意)も面白かったです。



web拍手を送る

















2009.04.07 / Top↑