FC2ブログ

「クローズZERO2」を観てきました。

前回「クローズZERO」の時は、原作マンガ(まあ、原作時点より前のオリジナルストーリー」ということですが)は、特に男子から人気が高いことは知っていましたが、行く前は「不良のけんか映画だしどうかな・・・」「まあ、小栗くんみれるしいいかな・・・」と、完全に小栗くん目当てで行ったんですよね。
そうしたら、予想以上に面白くて・・、もちろん乱闘とか喧嘩のシーンは多いんだけど、それだけではないストーリーとしての面白さや、キャラの面白さがあって、満足度が高かったんです。

それで、?もみなきゃねと思い、行ってきました。




   ● 「クローズZERO?」
      監督 三池崇史
      出演 小栗旬 山田孝之 金子ノブアキ やべきょうすけ 高岡蒼甫
      ★★(面白かったです。女子にもみてほしい)
     


ストーリーは、?で、芹沢(山田孝之)を倒し、鈴蘭高校のてっぺんにたった転校生の滝谷源治(小栗旬)だが、てっぺんとは名ばかりで、学校全体を掌握できていない状態にあった。
そこへもと、鈴蘭高校で鳳仙学園との抗争で相手のトップを刺殺してしまったことで少年院送りになっていた川西が出所してきたことがきっかけとなり、鈴蘭対鳳仙の争いは勃発する。
はたして、滝谷や鈴蘭をまとめ鳳仙に勝てるのか・・・・・。
という感じでしょうか。


そして今回も、期待を裏切られず、面白かったです。
女子的視点でみると(すみません、女子と大きくまとめてしまって)乱闘や喧嘩シーンは、まあ迫力はあるとは思うけれど、そこを一番にみどころとは思えない。

やくざの組長の父(岸谷五朗)をこえたい、そのためには鈴蘭のてっぺんにならなければならない、そう思っている源治が、単に喧嘩に強ければいいわけではないということに気づき、人の上に立つということがどういうことのなのか、仲間から支えられるということがどういうことなのかを知っていく過程とか、ちょっとウルウルくるポイントもあるんです。

そして、一匹狼的で、人間関係にちょっと不器用な男を演じる小栗くんもかっこいいし、山田さんも役の芹沢(芹沢は喧嘩も強いし、人情味もあるし、かっこいいうキャラですよね)と相まってかっこいい。

今回、鳳仙側の1年生役で三浦春馬くんもでていました。
はじめは、もっと大きい役なのかなと思ってたけれど、鳳仙側のトップは、金子ノブアキさん演じる鳴海、三浦くんは、次代のホープとしてちょっと横から眺めている立ち位置なんですね。だから、三浦くんはほとんど闘いシーンはなし。血も出ず、髪も乱れず、きれいなまんまでした。

個人的にちょっと注目なのが、鈴蘭の1年のトップの役の大東俊介くん、ドラマの「花ざかりの君たちへ」で小栗くんの弟役をやっていたのですが、絶対そのうちメジャーになってくるかなって思っています。

?で、大きな役割だったチンピラの片桐拳役のやべきょうすけさん、前回で死んでいなかったっけ?、生きていたんだったけ??(記憶があいまい)と思いましたが、かたぎになり、源治との直接のからみはなかったものの、今回もいい味をだしていました。

あと、お父さん役の岸谷さん、この方はこういうちょっとこわい系の役、ほんとにこわそうで、はまっていますよね。


他に、今をときめく上地雄介くん(一体どれだか、よくわからなかった、それくらいいつものイメージと違う)、
桐谷健太さん(この人、みるもの、みるものすごく印象が違っていて、いまだに私の中ではっきりとした像が結べないでいる。でもこれだけ違うキャラになりきれるんだからうまいんだなとは思います・・・ルーキーズや流星の係長高山ですよね?)、
高岡蒼甫さん(この人が演じている伊崎も男気があって、ステキですよね)と、いろいろな人が出ています。


ただの、不良の喧嘩映画ではなく、人と人との関係性を考えさせてくれる映画だなって思います。


スポンサーサイト



2009.04.22 / Top↑

土曜日の日、「ザ・クイズショウ」を観てから、実は息子達が観るタイミングに合わせて、さらに2回通してみて、それだけでなく部分リピしたり、ドラマと翔くんにどっぷりはまっています
息をつめるような感じでみていたり、頭の中を「明日の記憶」の曲と一緒にグルグルまわっていたり、というような刺激的すぎるここ2,3日の中で、昨日の宿題くんは、一服の清涼剤のような感じ(宿題くんが清涼剤もどうなのかな笑)
5人+オグサン+ゲストのなごやかな感じに、何か、肩の力をぬいて笑えた感じです。


ゲストは中村獅童さん。
ニノとは、「硫黄島の手紙」で共演。
潤くんとはお友達!(午前3時によびだされる仲だそうです)


にらみを利かせる(?笑)ゲストさんの視線を意識する翔くんにも
フランスパンを食べ、「優しい」を連発する大ちゃんにも、
味の感想ではなく、まず「冷たい」から入る相葉ちゃんにも、
それにつっこむ翔くんにも。
変顔する5人にも癒される感じでありました。



話しは変わりますが、「Believe」

私はカップリングが利きたくて+PVはケーブルで捕獲できるだろうという希望のもと通常版を買ったんですが、なぜか「曇りのち快晴」はなかなかやってくれなくて捕獲できなかったんですよね。
友達に借りて観たんだけど、大ちゃんハンパないかっこよさで・・・
うーん欲しいなって思っていたんです。
でも、アマゾンとかはもう、値の上がったものしかないしな・・・と思っていて。
そうしたら、先日TSUTAYAONLINEで、正規の値段で新品が売っていたんですよね。
思わず買っちゃいました。
そして、ついでといっては何ですが、DVDで持っていなかった「AAA2006」も買っちゃった
これは、嵐のDVDの中で一番最初にみたものです。
アジアを回る旅がドキュメンタリーのようになって入っているじゃないですか、これを見て5人のキャラがすごくよくわかったんですよね。
そういう意味では思い出深いもの。
でも、コンの映像は少ししか入っていないので、今までいいやと思って買っていなかったんです。
でもあの当時は、曲は好きだけど、今ほど各々を理解してはまっていた時期ではなかったので改めて観たいなと思って。
前に借りてみたのは、初回版の3枚組のものでしたが、それは値が上がっているので断念。
2枚組を買いました。


そしてね、今日はお店にとどいていたその2つを取りに行ってきました。
まだ、あけていないの。
観るのは、とりあえずAAA2008のDVDの感想をアップしてからと思っています。
そうしないと、そちらが途中でとまってしまいそうだから・・。


私ごとを、少し(スルーしてくださいね)

ダンスの舞台まで、あともうちょっと。
今日は場当たりで、実際の会場のホールに行ってきました。

息子達が、連合音楽会やら、合唱祭などでよく使う公共施設なのでなじみのある場所なのですが、楽屋側から入るのは初めて。
まだ、たって10年もたっていないものなので、とてもきれいで、設備も整っていました。
そして、何より裏側ってこんなふうになっているんだなって思った。

舞台にたってみると、すごく広いし、客席は見えるし、本番は頭が真っ白になりそうだな・・・
でも、たかだか5分程度1曲のためにもこんなにいろいろ大変なのに、嵐くん達はあれだけの規模のコンサート、もちろん大勢のスタッフの協力があってだけど、本人たちがそれに向けるエネルギーってすごいんだろうなって思います。
っていうか、そうでなければできないと思う。

そして、その賜物を見せてくれることに、感謝です。





web拍手を送る


 

2009.04.22 / Top↑