FC2ブログ

JーWAVEスペシャル 「Art of Words ~櫻井翔の人間失格」その2です。

その1は、翔くんがRAPについての話している部分で終わりましたが、その後、太宰の文章についても話しています。
今日は、その部分から。



翔くんは
「太宰の文章には独特のリズム感があるように思いました」
それは、「少し心地良い時もあれば、何かちょっと気持ち悪く時もあるのですが、読み終わってみるとその独特のリズム感に包みこまれるような不思議な感覚を得ました」
そして、その感覚を、
「きれいな不協和音」と表現しています。


(うーん、翔くん自身が詩人ですよね。
自分の感じた感覚を言語化するのが、すごく上手だなって思います。
それに、その表現が「きれいな不協和音」とか、とてもオリジルな感じがします。)




そして、再びロケの模様。

今度は、入水自殺をした玉川上水からです。
(これも、ZEROでやっていましたね)
入水した場所には、「ぎょくかせき(漢字がわからないです。玉華石?)」と書かれた無名碑だけがたっているそうです。
玉川上水は以前、「人喰い川」ともよばれた流れだったそうですが、私も翔くんと同じく玉川上水の印象ってすごくおだやかな流れで、自殺ができるような印象はまったくないですね。




猪瀬さんとの対談

猪瀬さんは、太宰は「心中事件の最後の最後まで死ぬつもりはなかったんじゃないか」と思うこともあるそうです。
ただ、当時せっぱつまった3角関係になっているので、もつれた糸をほぐすのがもう難しい状況になっていたそう。
その状況を「世田谷区の道路にスポーツカーではいっていったようなもの」「車捨てるか、行く道をあきらめるしかない」状態と2人で話しています。(そのたとえ、いいな本当に道幅狭いし一通が多いし、迷いこんだら最悪かも 笑)


翔くんの「人間失格は遺書のかわりだったといわれているが、もし死んでいなければ、その後どういう作品を書いたと思うかどういう作品になったと思う?」という問いに対して
猪瀬さん「また、人間失格に類するものを書いたのではないか」
翔くん「太宰史の中での人間失格の魅力は?}
猪瀬さん「人間失格は太宰治の集大成、今までの自殺未遂がその中に集約されていて、彼のピカレスクとしての人生が人間失格の中に語られている。人間失格の後にはさらなる人間失格しかなかったのではないか」とのこと。

(「人間失格」というのは太宰治のエッセンスのような小説なんですね。)





再び、朗読に。

葉蔵は自殺未遂を起こしたあと、父親の太鼓持ちのような男で、身元引受人であるヒラメの家にもとに身を寄せて、その監視の中を過ごしているが、自由を求めて、ヒラメのもとをとびだす。
どこにも行くあてがなくい葉蔵が思い出すのは、ホリキのこと。そしてホリキしか思い浮かばない自分に自己嫌悪を感じながら、それでもホリキを訪れる。
葉蔵はそこで、雑誌の編集者であるシズコと出会い、彼女が5歳の娘と住むアパートに転がり込む。そこで「男めかけ」みたいな生活をおくり、シズコの紹介でほそぼそとマンガの仕事をはじめる。しかし再びホリキとの交流がはじまり生活はすさんでいく。
ホリキは、「おまえの女道楽は、これ以上は世間が許さない」
葉蔵は心の中で「世間というのは君じゃないか」「どこに世間の実体はあるのでしょう」「世間が許さないのではなく、あなたが許さないんでしょう」
と思うが、実際にはへつらって笑うだけ。
でも、そこで「世間とは個人じゃないか」という思想めいたものを持つようになる。

遊び歩いてシズコの家にもどるが、シズコとシゲコの幸せそうな様子をかいま見て自分の居場所がここにはないことを思い、シズコの家をでる。
そして京橋のバーのマダムを頼り、そのスタンドバーの2階に転がり込む。

「世間なんてこんなもの」なげやりな葉蔵の前に、バーの向かいのたばこやの17,8の娘ヨシちゃんがあらわれる。
ヨシちゃんは、まだ世間をしらない処女で、葉蔵にたばこやお酒をやめるようにすすめる。今までまわりにいなかったタイプのヨシちゃんからは穢れのないニオイがする。
そして、葉蔵はヨシちゃんと結婚する。

(あのね、ヨシちゃんに話しかける時の葉蔵の声、話し方がちょっとゾクゾクするんです。それまでの葉蔵のトーンとはちょっと違うんですよね。
ちょっと甘えた感じもあって、翔くんってこんな感じでしゃべれるんだって、ちょっと新鮮な感じ

そして、この朗読の後に流れる曲、何ていう曲なんでしょう。男性ボーカル、ブラックな感じがします。
朗読内容からの流れにすごくあっている気がしてこの選曲いいなあ。この流れがすごく好きなんです。
波乱の中の束の間の小休止という感じ、祈り、優しさが感じられる歌声です。


そして、再びロケ。
三鷹駅近くの電車庫近くにある陸橋からです。
(ここもZEROでやっていました)

陸橋は当時のままですが、当時はそもそも電車ではないし、風景・状況は当時とずいぶん違っていますよね。

そして、翔くんは青森からでてきた太宰の胸中に思いをはせています。


ということで、今回もかなり長くなりましたがここまでにしたいと思います。

読んでいただいてありがとうございます。


読んでいただい方、ありがとうございました。


櫻井翔の人間失格 その1

櫻井翔の人間失格 その3

リーディング・ドラマ「人間失格」←ZEROの話はこちら



スポンサーサイト



2009.05.09 / Top↑

昨日も、潤くんからスマイルメール届きました。

ここ、何回かで思うのは、メールの文面にもその人らしさってあらわれるなあっていうこと(5人からくるお知らせメールって各人各様だなって思うから)
潤くんのメールからは、優しさと、まじめさが感じられます。


というわけで、スマイル第4話です。


町村フーズはもち米に毒物が混入していたということで強制捜査を受けます。
そして、同じもち米を使ってビトが作ったおはぎを食べた、入院中のリナちゃんと花ちゃんも、中毒で倒れます。
謝りにいったビトにリナちゃんのお母さんは「二度と近づかないでっていったでしょ!!」何もできないビト。
花ちゃんも入院していましたが、退院できることに、ビトがつきそっ病院をでると、あの花ちゃんと親しそうに話していた男の人に偶然会います。そして、紹介されたその人は区役所の福祉課の職員とのこと。でも、気になって花ちゃんに素直になれないビトです。
そして花ちゃんは、ビトにラブレターを渡します。とまどうビト。
そして、買い物で花ちゃんとビトが外にでると、町村フーズを取り囲んでいたマスコミに囲まれ、花ちゃんはショックで倒れてしまういます。
倒れた原因が心因性の可能性もあり、声をなくしたこととかかわっているかもしれないときいたビトは、その原因を知るために、福祉課の花ちゃんの知り合いに、事情をききにいきます。
そして、花ちゃんの過去が明らかに。
花ちゃんはマルチ商法で以前社会問題化した団体トップの娘で、父親は現在服役中で、母は小さい頃に死亡。
その問題が起こった小学生以降、いじめやマスコミ攻勢にあいそれが原因で、失声症になってしまっています。
これを知り、ビトは花ちゃんを守りたいと思うようになります。
一方食中毒事件はもち米の仕入れ先の帝国食品から、納入されて時点ですでに汚染されていた可能性が大になってくるものの、決定的な証拠もない。
でも、その状況の中、一馬弁護士と町村フーズでこの難局をのりきるべく、みんな一致団結して頑張ることに。
そうして、一馬弁護士と証拠探しに奔走するビトの前に、出所した林が現れます。


前回あたりからですが、ビトと花ちゃんの関係が物語の中心になってきて(勝手に中心と思いこんでいる??)
大満足です。

潤くんドラマはやっぱり恋愛モードの潤くんがみたい

今回は、これまでのキャラクターと違い、自分になんか振り返ってくれるはずがないと自信が持てない役だけど、その何となく引いてしまう感じも、それと対照的な花ちゃんの笑顔も◎です。

花ちゃんの過去も明らかになりました。
すごくけなげな役ですよね。
(何か全体にあまりにいい人が多いけれど・・)


一馬弁護士とビトの関係も深まってきて、一馬弁護士の過去にどんなできごとがあって、どうやって自分自身の過去と向き合っていくのかなっていうところも興味大です。


視聴率もちょっと上向きのようだし、来週も楽しみにしたいと思います。



web拍手を送る

2009.05.09 / Top↑