FC2ブログ

翔くんの岡田くんへのメッセージは、番組後半部分にありました。
とりあえずはその部分から。



ごめんね、翔くん

太一くんと同じ目線になっちゃって・・・・すごーく笑っちゃった。笑うところじゃないよね。

とにかく、完璧でしたヨ
終わってスタジオにもどった時、太一くんも言っていたとおり、1回も編集を入れず、流れるように言葉がでて一気撮りです。
「完璧」って2人に言われていたけれど、その通り

コメントの内容は、「木更津キャッツアイ」で共演した時のエピソード。
岡田くんのプロ意識と、その時の役にかける意気込みがすごくて、スケジュールのきついロケだったのに、朝マネージャーさんが迎えに行くと、30分前にはソファでコーヒーを飲んで待っていたという話とかね。
5年間にわたって、連ドラ、映画、映画と続いたから今でも、二人の時には役名でぶっさん、バンビとよびあっているとか。
コメントの内容もとってもよかったです。



そして何をそんなに笑ったかって

翔くんのコメントの右下で、そのVTRをみている太一くんと岡田くんがうつるんだけど、そこに反応というか共感しちゃったんですヨ

翔 「岡田くんはプロ意識が高くて・・・」
太一「おまえもだよ」

そして、VTRが進むにつれ2人が笑いながら
太一 「喋り方がキャスターだね」
岡田 「ニュースみてるみたい」


翔くん、完璧だけど、ちょっと硬すぎでしょ 爆
結構、緊張しながら?一気にしゃべっているんだけど、ああいう時は完全にキャスターモードよね。(一人語りだから?)
言葉遣い、言い回しが丁寧できれいではあるんだけど、ちょい硬いよ、だから逆に面白くって笑っちゃう。
(でも、そんな翔くんがかわいいんですけど 激甘


太一くんも、岡田くんも翔くんのこと、とってもかわいがっているんだと思う。
太一くんなんか、笑ってつっこみながらも、すごくかわいいと思っているんだろうなって伝わってくる。

そしてね、VTR見終わって、完璧だねって2人で言い合った後に岡田くんが
「櫻井くんはすごくまじめなんですよ・・・嬉しいですよね。売れて・・・」
そして太一くんが、
「嵐もね、キャスターもやってね」

岡田くんが一緒に過ごした5年間は、嵐が決して順風満帆とはいえなかった5年間だと思うし、お互いにとって大きな意味のある作品で共演して繋がってきて、きっと今の嵐や翔くんの状態を素直に喜んでくれているんだなっていう気持ちが伝わってきました。

そして、太一くんが一言
「そんなバンビがあんなコメント残すわけですよ!」

ホントに2人ともかわいい弟分が、こんなに立派に成長してってそういう気持ちだったんでしょうね。
何かすごく温かさを感じて嬉しかったです。





ひとまず、翔くん部分を書き終わって、一息ついたところで、岡田くんのインタビュー。

ジャニーズもいろいろな経歴があるけれど岡田くんも異色といえば異色ですよね。
番組オーディションがきっかけで入ったそうですが、入って半年でV6入り。
大阪から夏休み、東京にジャニーさんに呼ばれて行って、V6入りが決まり、きがつけば、家と事務所の方で中学の転校手続きもすんでいたとか。(めちゃくちゃよね)

それに、もともと人みしりで人前にでることが好きでないので、この仕事をしていることが奇跡に近いし、今でもコンサートやお客さんの観覧がはいる場では、すごく汗をかくと言っていました。

よくわからないままV6がはじまって、20歳になる6年間はやって、その後は別の道(中学の社会の先生になりたかったとか・・)に進むことも考えていたとか・・
(何か、グループ組んだ時やる気まんまんでなかったって、似たような話をきいたことがあるような・・爆)

10代の頃の映像やっていましたが、全然今と違っていてホント少年っていう感じでかわいいですね。


岡田くんものでは、私は何より良かったのは「木更津キャッツアイ」と「SP」
「木更津キャッツ」はクドカン+翔くん+古田新太さんとかのキャストの面白さ
「SP」は映画のような感じの映像でストーリーも面白かったし、何より岡田くんがかっこよかったですね。

あと、黒木瞳さんの映画「Tokyo Tower」(この時は、私は完全に寺島しのぶさんと潤くんにもっていかれましたけれど・・)
「陰日向に咲く」(原作よりも、この映画の方が好きでした)
が印象的です。

映画「おとなり」が公開になります(なったのかな?もう)
時間があればちょっとみてみたいような感じです。





<追記>

他のメニュー、全くスルーしていましたが、
プレミアムショーは今井翼くんのソロ、
ステージリポートが関ジャニ安田くんと、Jrの風間くんの舞台「カゴツルベ」、
レディーストークが女優の麻生久美子さんでした。


麻生さんは今回「おとなり」で岡田くんと共演しています。
私は、あまり麻生さんを意識してみたことがなかったのですが、すごくやわらかい雰囲気のかわいらしい印象の方でした。
これまで、主に映画が中心の活動が多かったそうですが、声優にも一度チャレンジしてみたいとか・・・・。
「カンゾー先生」でアカデミー助演女優賞をとっているそうですが、その時の監督である今村昌平監督の「人生は一生勉強だ」という言葉を大切にされているとのことでした。
番組でも言っていた通り、勉強はもちろん机に向かうことばかりではなくて・・ずっと自分にとって未知のことに謙虚に臨める態度でいれたらいいですよね。


あと、大事なことを書き忘れておりました。

次回ゲストは、櫻井翔くん(とってもとっても、楽しみです
プレミアムショーはV6
ステージレポートはKAT-TUN(今回のドーム公演ですね)
レデイーストークは、山田メユミさん(化粧品情報サイト主宰って、@コスメとかなんでしょうか??)


ちなみに放送日は、6月14日、16日です。










 






 

スポンサーサイト



2009.05.21 / Top↑

今日更新のオトノハ、翔くんが日テレecoウィークの「Touch!eco」のロケで羽鳥さんと古民家にお掃除に行ったお話でした。
そして、お掃除をしていたら、お隣の小学校から「風の向こうへ」が流れてきて・・・
その小学校では運動会の練習をしていて、ダンスの曲で「風の向こうへ」が使われていたっていうこと。もちろん、翔くんが、大喜びだったことはいうまでもありません。


「『運動会で嵐の曲かかりましたよ』とたまにきくけど、自分で目にしたのははじめて」だったそうですが・・。

結構使っていますよね。
うちの息子の小学校でも去年の運動会では、入退場の音楽等に嵐は大活躍でした。
あと、中3の方は毎年各クラス単位でやる、校内の合唱の会があるのですが、去年は「One Love」をやっているクラスがありました。


でも、突然小学生が「風の向こうへ」に合わせてダンスを踊っていたら、本人にとっては嬉しい驚きですよね、きっと。







 



いつも、拍手いただきありがとうございます。
特に、昨日(0時を回ったのでおとといですね)はたくさん頂戴して嬉しかったです。



拍手コメへのお返事です

ゆきぼんちゃん、
潤くんの髪型は、ホントかわいかったわ、
毎回、ドラマとはちょっと変えてきてくれるところがいいなって思います。

2009.05.21 / Top↑