FC2ブログ

先週末から書きたいアラシゴトが山のようにあって、はじめは宿題くんと一緒にまとめてエントリーにしようと思いましたが、書いているうちに長くなってきて、やっぱり分割。VS嵐のエントリー自体が結構久しぶりです。
ゲストは、ブラックマヨネーズのお二人です。


今回のゲームは、クリフクライム、ローリングコインタワー、フォーリングパイプの3つ。
最終結果は、嵐チームの勝利で終わりました。



ということで・・・・・・

どうしても書きたいところピンポイントですが。




今回私は何を書きたいかって、「クリフクライム」ですよ

最初は、ブラマヨチームの挑戦。
小杉さんがクライマーになり、アナウンサーの伊藤さん(でしたよね?)に「かつてこんなに動けない人がいたでしょうか」と言わしめたまさかの80pts、まさかのセット壊し

後攻は、嵐チーム。今日の潤くんはファッション重視ということで(爆)、一番動けるカッコをしている翔くんがクライマー、潤くんがサポーターです。

ああ、VS嵐をみながら、こんなに不安で心配でいっぱいの気持ちになるなんて思ってもみなかった。
何か固唾を飲んで、「神様!」っていう気分(って、それはあまりにも翔くんに失礼よね)



でもね、予感的中

点数こそ、170ptsとったものの、頂上まで全然行けず。
ニノには「おっせーな、動きが」とつっこまれ、
吉田さんには、「嵐ってそこまでプルプルふるえるもんなんや」とつっこまれ。
だって、タイムアップの格好、壁にへばりついたカエルみたいだもん(ごめんね、翔くん

ふだんは完璧な翔くんの、こういうところが好きなんだけど・・・でもドキドキしました。


あと、つけたし。

ローリングコインタワー(嵐チームはニノと大ちゃん)で、
「これに勝利したら、もう終わり?(コールド勝ち?)」
という大ちゃんに、
「早く帰りたいの?」
「今日予定あり?」
と間髪いれず、可愛い声でつっこむ櫻葉

「ちょっと、あるから・・早めがいいな・・」
ひょっとして、また釣りに行こうと思っていました??

なんか、この3ショットがとってもかわいかったです。

スポンサーサイト



2009.06.11 / Top↑

「かわいい」と思うツボは山ほどの回でした。
misonoさんの元気でかわいいキャラがとってもよくでていて、でもゲストなのにさんざんいじられて、面白かったです。
相葉ランドのコスプレもかわいかったし、書きだしたら、いろいろですが・・
日がどんどんすぎていくので、とりあえずどうしても書いておきたいことだけをピックアップして。



まずは、インパクト大だった魚さんの占い
misonoさんは「食べることには困らない」けれど、「男運がない」とさんざん言われ、「そんなに頭もよくない」とも言われ、言われ放題でしたけど「全体運」がいいのはよかったですよね。

嵐代表で占ってもらったのはニノ。
「今の仕事(芸能関係)はむいている」「家庭をしっかり守っていけるので離婚はない」といい感じ。
その後の「もう結婚している」は本人ともども、ビックリでしたけど。
「友達がいない」「冷たーい人間」と言われて、やっぱり言われ放題。

それに対して、翔くんのこと「めちゃめちゃ偉くなります」と大絶賛(本人の方が途中から若干とまどい気味でしたが・・)
メンバーに対して言った「櫻井さんのことを大事に思って、利用してください」には笑っちゃった。

さらに偽りの3王子 ニノ、潤くん、相葉ちゃんの3人は「おれがこの中で一番もてると思っている」って。
偽りの3王子の間抜けた3ショットが、最高だったんですけれど(笑)

さらに、大ちゃんには「全然もてない」とだめだし。

でもね。大ちゃんについては、HPのスタッフブログにすごくいい話がのっていました。
(→こちら)

リーダーは「上に立とうとしない、謙虚な人」他の人が「自分が一番!」と思っている中、リーダーは「のんびりで、そういう考えがないので、とてもリーダー向き。この方でなければ嵐はうまくいきません!なので、大野さんをリーダーにした人は本当に頭がいいですね!」

私も、大ちゃんがリーダーだというのは、すごくいい選択だなって思っているし、きっと他のメンバー4人も、嵐は大ちゃんがリーダーでいるからこそ、こんな雰囲気でうまくいっているとよく分かっているだろうなって思います。
ひょっとしたら、自分の価値に一番気づいていないのは、大ちゃん自身かもしれませんよね。

魚さんの占い、またきいてみたいし、全部のメンバーについてやってほしいなって思います。


あと、misonoさんの男性に求める条件話からでてきたニノの話を。

misonoさんの男性に求める条件は「うそをつかない人」
浮気は許せるけれど、うそは許せない!

その発言をきいて、オグさんが「ニノもどこかの番組で好きな人が浮気をしても許せるっていっていたじゃない?」とナイスなつっこみ。(グータンヌーボですね)
ニノいわく、
misonoさんと全く一緒。(浮気は許せるけれど、うそは許せないってことですね)
好きな人がいて、その人がそこにいてくれさえすれば、成立してしまっている。、
(今、ここで自分と一緒にいるっていうことが大事っていうことなのかなって思います)
あとね、その浮気しちゃった彼女について
「ただ、そういう女の子になっちゃった、そうしちゃったということにへこみます」
とも言っていました。

何か、ニノにしてははぐらかさない正直な気持ちだったように思えて、きけて良かったなって思いました。

彼女がそうせざるを得ない状況にしてしまったことに凹む(そこで、自分の方を責めるって、なんかそういうニノに気持ちにちょっとジーンときちゃった)

大笑いの場面が多くて楽しかった、宿題くんでしたが、その場面だけはちょっと違う感じがしました

2009.06.11 / Top↑