FC2ブログ

小栗くんの、「TAJOMARU」来週公開です。
TVCMも随分はいっているし、この間は、安田講堂でのイベントの様子をWSでやっていて・・・いよいよって言う感じです。
時代劇づいているけど、これはどうなのかなあと思っていましたが、CMで見る限りはとってもかっこよくって・・・。(石田三成は若干微妙だから・・)

楽しみなこととしては、中野監督がインタビューの中で言ってらっしゃること、プロデューサーの山本又一朗さんが「小栗の舞台を映画にしたいんだよ」というところからはじまっているということ。(しかし、舞台を意識した映画っていうのは、具体的にどういうことなんだろう)
小栗くん、やっぱり舞台だと思うんですよね。ドラマも映画ももちろんそれぞれいいんだけど、舞台で見た時の圧倒的な存在感とはやっぱりちょっと違う気がする。「カリギュラ」とか、「タイタス・アンドロニカス」のエアロンとか。でも、個人的に一番好きなのは、「お気に召すまま」のオーランドーなんですが。 
そういう意味では今回、愛がテーマになっていて、時代劇とはいえ恋愛モードな小栗くんがみれるというのも楽しみ。(やっぱり、永遠の花沢類だから)

「TAJOMARU」オフィシャルHP


小栗くんといえば、この秋はいよいよ月9「東京DOGS」(サイトはこちら
共演が水嶋ヒロくんと、吉高由里子ちゃんだし、相葉ちゃんドラマ、大ちゃんドラマとならんで、この秋の楽しみのひとつです。


<追記>

小栗くんのカテゴリーをつくっていましたが、結果小栗くん関係のエントリーが分散してしまっていて意味をなしていないのでカテゴリーを改めようと思います。

ただ、最近「TAJOMARU」の公開間近ということでその検索できてくださる方もいらっしゃるので、小栗くん関連の記事にリンクをはります。
よかったら、見てみてくださいね。

「TAJOMARU」関連  お誕生日&主演発表 こちら→★

「ムサシ」関連       チケット   こちら→★
                第1回め 観劇  こちら→★
                第2回め 観劇  こちら→★

「クローズZERO ?」   映画感想     こちら→★






web拍手を送る
 

2009.09.07 / Top↑

昨日(ってもうおとといですよね)、大ちゃんが、ジャニーズが交代で主演する深夜ドラマに第1回目の主演で出るっていう話がでていました。


嵐の大野智(28)らジャニーズのタレントたちが1か月ごとに主役を務めるフジテレビ系の新ドラマ「0号室の客」(金曜・深夜1時5分)が10月23日からスタートする。 舞台は人間としての点数が計算できる装置を備えたホテルの「0号室」。様々に事情を抱えた人間たちが部屋を訪れ、自身の点数を知ることで新たなドラマが生まれる。 番組は15分で、約半年間にわたって放送。1か月ごとに代わる主人公は、サラリーマン役の大野がトップバッターとして登場するが「台本を読んだとき自分の点数は何点なのか気になりました」。以降、TOKIOの城島茂(38)、関ジャニ∞、NEWSのメンバーらが主役を務める。番組を通じては関ジャニ∞の横山裕(28)が進行役を務める。
スポーツ報知

→ オリコン

っていうことで、最初どういう形のドラマなのかちょっと理解できず(理解力が落ちている??)
ようは「1回15分で、1人が主演する期間が1カ月(3回か4回)で、毎月主演が変わって半年間で6人のジャニくん達が交代で主演して、それぞれのエピソードがつながりがある」(ってまんまじゃん。)ということで・・。

面白い企画ですよね。15分づつはNHKの朝の連続テレビ小説と同じ時間。
深夜帯ということがいろいろ遊べそうな要素があっていいな


まず、何よりも大ちゃんの演技が見れるっていうのがうれしい
それも、設定はサラリーマン、auのイメージとだぶりますよね
コメディーな部分ありか、どシリアスなのか、それも楽しみですね。
丁度収録は京セラドームが終わった空白の10月にあたるんでしょうか。
何より1ヶ月限定だけど、毎週大ちゃんドラマが見れることが何よりです。

その後の主演は、次が関ジャニの丸山くんと安田くんのW主演、次がNEWSの加藤くん、そして関ジャニ村上くん、NEWSの小山くん、最後がTOKIOのリーダー城島くんと続きます。
全体を通じてのストーリーテラーは関ジャニ横山くん。

ジャニーズ全体の事情にはあまり詳しくないんですけれど、まあ深夜帯で、比較的自由がきく枠で、関ジャニとNEWSのプロモーションなのかなあ。
(関ジャニ、NEWSファンの方、もし気に障ったらごめんなさい)
全然否定的な意味で言っているわけではなくて(むしろ、いい企画だと思っている)
やっぱり、それぞれのメンバーが個々の活動を充実させていくのに、実際に演技しているところをアピールしていく機会って必要じゃないですか。
だから、監督さんもいろんな方がかかわっていくようだし、スタッフ的にも視聴者的にも本人達をアピールする良い機会なのかなあって。(ホントに勝手な想像ですけれど・・こういうことができる事務所としての力もありますよね)

大ちゃんは目玉
でも、こういう自由にやれる枠で、大ちゃんの新たな魅力がいろいろひきだされるといいなあって思います。

しかし、これはちょっと違うけれど・・嵐くん達と関ジャニのコラボって続きますよね。
ニノ×ニシキー、大ちゃん×丸山くん、翔くん×ヨコ、相葉ちゃん×村上くん
嵐と関ジャニって組み合わせやすいのかなあ・・?


ドラマついでに、夏ドラマのことを少し。

現在、ブザービート、救命病棟24時、オルトロスの犬、官僚達の夏を継続中。
(任侠ヘルパーは落ちました)
ブザービートは、山Pと北川景子ちゃんがもりあがってきて、溝畑くんと貫地谷さんがもりあがってきて、相武紗季ちゃんがいやーな女に徹してきて(ガンバレ)、好きですよ。
救命病棟は裏切られないので、安心してみれます。
オルトロスは、村の謎とかにもっと迫ってほしいけれど、すこしづつ謎ときされてきてそれが面白いかも。でもあのアニメが時々はいるのはいかがなものか。

というわけで、ドラマのレビューはこの夏は完全に落ちていますけれど・・・
また、秋は楽しみが多いので頑張りたいと思います。


web拍手を送る
 


 

2009.09.06 / Top↑

まず、これだけとりあえず叫ばせてください
翔くん、マネキン1抜けおめでとう VIPルームもお初に選ばれて、おめでとう

朝、あまり時間がないし、その後もいつゆっくり書けるかわからないので、とりあえずの喜びを
全国の櫻井翔ファンの皆様
昨日みたいに盆と正月が一緒にやってくるような時もあるんですね(涙)
何が嬉しいって、1抜けしてよろこぶ、そして石原さとみちゃんに抱きつかれてよろこぶ(選ばれてっていうことよ)翔くんを見れたことが何よりも嬉しい。

マネキン、このところ最下位は脱出傾向にあったものの、1位抜けっていうのはやっぱり大きいよね。
今回のテーマの「冒険服」(私は、タイトルだけきいたら、インディジョーンズ方向なのかと思っていましたが・・)
翔くんは、BERBALさんを徹底研究してラッパー姿で臨んで。
個人的にいえば、あのパンツは私の趣味の範疇では全く無いけれど・・・でも、トータルコーディネートされた翔くんはかわいかったよ
それに、敬愛するBERBALさんをモデルにラッパー姿の自分的限界に挑戦で1位抜けは嬉しいでしょう
思わず、夜中にテレビの前で「ヤッター」って叫んでしまいましたわ



余談、うちの中3がm-flo好きで、11月に人生初のコンサートデビュー(まあ、自分の意思で行くコンサートっていうことですけれど・・)がm-floの予定。私も一緒に券とってもらおうかなって思ったけれど、まあいろんな意味でお取り込みの時期だし断念したんですよね。でも、m-floだったらひょっとして翔くんきていたりして・・なーんて邪念もいだいたりして



まあ、話はもどります。
VIPルームは石原さとみさん。
石原さんの男性、恋愛に関するお話には私的には突っ込みどころ満載だったんですけれど・・・
そして、竹輪の中に指輪っていうのは正直微妙ではあるんですが・・・(私的にはね)
でも翔くんがやってくれるなら何でもOKだわ(激甘)
それに、今回はトークの時、若干控え目だった気が・・ニノと潤くんがガンガン言っていましたよね。

でも、何より選ばれて良かった。
だって、いっくら番組とはいえ、選ばれないより選ばれる方が嬉しいよね。
そういう成功体験もなきゃね。

昨日の嵐ちゃん、翔くん祭りで大満足でした。



<追記>
あと、VIPルームでどうしても書いておきたかったのが、メガネ男子達。
みんなそれぞれとってもステキで、似合っていました。
中でもだんとつは、ニノかな。
何の雑誌だったか忘れましたが、集中したい時にふだんからメガネをかけるんだそう。特に楽器をいじる時は必ず眼鏡をするって。
虹のピアノ弾き語りを思い出してしまいました。
翔くんのメガネ姿も何かちょっとかわいい感じもあって、私は好き。

あと、マネキン。
今回は「冒険服」ということで、正直好みかどうかはおいておいて、でもあの奇抜なスタイルをそれなりにきこなしてしまう嵐くん達はさすが。
今回ひいき目ぬきにして、トータルでみると翔くん一番と私も思いますが、大ちゃんもあれを着こなしてしまっているところはさすが!かわいかったですよね。
潤くんのゴールドのブルゾン。あれを着こなせるのはマツジュンしかいない
ニノのは、よくよくみると冒険 でも、あの服のコンセプトはよく見えなかった
相葉ちゃんは今回かわいそうだったよね。あのいつも1、2位抜けのモデルさんにはびっくりな結果だったと思うけれど、何かすごく中途半端で微妙だった。
あのパンツはないよね。







以下、拍手コメへのお返事です



花浅葱さん おはようございます。
 
思わず叫びたくなりましたよね。
昨日見たいな姿がみれて私は幸せよ

古代蓮は、花浅葱さんがとりあげていらしたアレだ!って思いましたヨ
(そのこと、書こうと思っていて書き忘れちゃっていたんだけど)
場所は、山梨の八ヶ岳山麓なので別だと思うんですけれど・・・届いたら確認してみてくださいね。




2009.09.05 / Top↑
いつも、拍手をいただいてありがとうございます。
特に、先週末コンサート関係のエントリーにはたくさん拍手をいただいて(いまだかつてないくらいだったので、自分でびっくり!)、アクセス数もその時は急にはねあがったので、みなさんの嵐コンへの関心の高さを感じました。
読んでいただいてありがとうございます。

全く私の興味の範囲で、ダラダラと書きつづっておりますが、読んでいただける方がいるということをはげみに書いていきたいなって思っております。よろしくお願いいたします。


以下、拍手コメへのお返事です。





hiroさんへ

以前も、拍手コメいただいたことありましたよね。(間違っていたらごめんなさい)
また、遊びに来てくださったんだなと思ったらうれしくなってしまいました。
共感していただけてうれしいです。
また、よろしければきてくださいね。
2009.09.03 / Top↑

そろそろ、涼しくなって秋だしテンプレート変えようかなとおもっていたところに、昨日会報到着!
テンプレート変更は、もうちょっとだけ後にしました。

だってね翔くんのところで、睡蓮や埼玉古代蓮をみてきた話がのっていたから。
みなさま、今使っているテンプレート(携帯からではみれないんですが、PCの方みてみて!)蓮なんですよ。ヤッター蓮つながり!ってだから何!?っていうことなんですが・・・しばしこのままいようかなって思っています。
翔くんの会報オリジナルの企画は「水」がテーマ。水がテーマのプチ遠足。
それでね、もうひとつテンション上がったことが、翔くんが訪れたっていう「三分一湧水」私2、3年前だけど、ここ行ったことあるって思った。
すごくリラックスモード゙の翔くん、そのへん歩いていたら普通のお兄ちゃんっぽいよね。でもやっぱりオーラがすごいのかしら。(3、4年前偶然会って、握手してもらったという友人はすごくいいにおいだったと言っていましたが・・・うらやましすぎる

ニノのページは舞台のこと、ブルーノ仕様の男前ニノちゃんにお会いできて、シャワーあびた後なのかな私服姿にもどった写真もかなり私好みで、アッカーマンさんとのエピソードは面白かったし(さすがです)、早くDVDだしてください!

百問百答は相葉ちゃん(前回のニノの時も思ったけれど・・字が細かい
何度も書いているかもしれませんが、相葉ちゃんと星座も血液型も一緒なのよね(ウフフ) もう読んでて ザ・相葉でニヤニヤしちゃった。ビジュアルもふわふわヘアでかわいい


大ちゃんのアートめぐりは鹿児島、知覧から霧島に行ったとのこと。
大ちゃんの横向き満面の笑顔は、すごく大好きな顔なので、それがあって大満足
この刺激をうけて、夏はちょっと創作活動にもどっていたのかな・・。

潤くんは、この人ホントに男前よね~(ためいき)
何かチョイスがかっこよすぎる。お友達の影響もあるだろうから、こういう和のものへの関心も深いのよね、きっと・・・・。
潤くんと一緒に、京都のこういう建物めぐりのお散歩行ってみたいわ。お昼は、懐石のお弁当とか食べてね。お庭みて、ちょっとボーッとして、お抹茶にねりきりをいただいたりして・・。今回の妄想劇場は潤くんがナンバー1でした。


前回から、会報リニューアルになってますけど、リニューアルして私はすごく気に入っています。会報が来るタイミングも何か今回早かった気がするけれど・・気のせい?
ペンライトを使ってとったっていう表紙や中の写真もかわいかった。ちゃんとARASHIになっているんだもんすごいわ!

MOREも昨日買ってきて。相変わらず「一途」はよいし、嵐5人のインタビューもテキストともとてもよかったので、これは別にエントリーしたいと思います。




そういえば、昨日仕事でひさびさに原宿に行って。
ジャニショにまだ行ったことがない人なんですが(行ってみたいけど、勇気が・・・)
この裏あたりかなと思いながら、歩いていました。
原宿の駅から表参道を歩くのってすごーく久しぶりで、お店も変わったところ、昔からのところあるんだけど、何か久しぶりに暇な時にこのあたりフラフラしにきたら面白いかもって思った。(昔は結構、ウインドウショッピングがてら、街をひとりでフラフラってよくしていたけど・・最近はそうしたいっていう欲望もほとんどおきなかったから・・)


2009.09.03 / Top↑
おめでとう
嵐の「All the BEST! 1999-2009」がミリオン突破です
今朝、ズームインで早速やっていて。(ありがとう、羽鳥さん!って羽鳥さんのおかげでもないとは思うけど・・)


人気グループ嵐の2枚組ベストアルバム「All the BEST! 1999-2009」(8月19日発売)が8月31日までに100万枚を突破したことが1日、オリコン調べで分かった。30日まで集計の7日付チャートで約99万枚を売り上げていたが、31日に1万7000枚を加えて突破した。嵐にとっては99年11月のデビュー以来、オリコン調べではシングル、アルバムを通じて初のミリオン突破。発売から2週以内での達成は昨年12月発売のEXILE「EXILE BALLAD BEST」以来、約9カ月ぶりで、今年初の大台だ。

 同アルバムはデビュー曲「A・RA・SHI」から今年5月発売の「明日の記憶 Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~」までの全シングルと、メンバーが10周年の感謝の気持ちを込めて作詞した新曲「5×10」の計32曲を収録した、10年間の集大成とも言えるアルバム。18日の福岡からスタートする5大ドームツアーへ大きな弾みをつけた
日刊スポーツより

参考 (オリコン



すごいですね。 ミリオンですね。それもわずか2週間だし・・、嵐の中で今まで一番売れたデビュー曲の「A・RA・SHI」が90万枚台でミリオンに届いていないから、過去一番のセールスですよね。

もちろん、年間のアルバム1位は今のところミスチルの「SUPERMAKET FANTASY」まだ、あと20万枚くらいは差があるようですけどひょっとしたら年間1位も夢ではないかも。(うーん、ミスチルもすごく好きなので、どっちでもいいって言えばいいけれどね)
でも、アルバム1位になったら、シングル、アルバム、DVDの3冠も夢ではない感じですよね。もう、ここまできたらとりあえず10周年だし今年は行くところまで行ってくれ!!という感じでしょうか。そしたら、年末、年始のテレビ・雑誌の露出もたくさん期待できそうだし。

嵐の快挙ってすごくうれしくて、おめでとう、誇らしい気分・・それが9割
あとの1割はちょっと複雑な気分。


みんなに支持されるのは嬉しいけれど・・・ますますコンサートのチケットとかとれなくなっちゃうのかな・・とか(まあ、自分だって新参者の部類なんだから・・いえないけれど)
セールス面ですごい分、いろいろ期待されたり、制約されたりすることってふえないだろうか・・とか(嵐くん達は、マイペースのゆるさがいいので、枠にはめられたり、視聴率をあげることをかなり高いレベルで求められたりしたあげく嵐くん達の持ち味が薄まったりしないだろうか・・)
そもそも、今グループとしてもレギュラー3本(10月からはそのうち2本が1時間でゴールデン、プライムタイムだものね)持っていて、翔くんと相葉ちゃんは個人的にもそれぞれレギュラーがあって・・・忙しいよね。翔くんにはもっとラップ作ってほしいし、5人ともにドラマ、映画、舞台と主役だけでなくいろいろ面白い役や企画に参加してほしい。5人でのドラマとか映画とかもできたらいいなって思うし・・。

まあ、「自分達はかわらない」といろいろなインタビューで答えている言葉を信じています。
ミリオンは10周年のご褒美ということで・・そしてこれによってより嵐くん自身の自由度がますだろうことに期待して。
ボーナストラックの歌詞じゃないけど「外野のことはシカトする」 タイトルとかタイトルによって動くものにふりまわされないで、チャレンジングなグループであってほしいなって思います。


web拍手を送る
 




 

2009.09.02 / Top↑
もう昨日になりますけれど、26歳になった潤くんのEnjoy更新ありましたね。

潤くん、基本優しいなって思うことが多いんですけれど、昨日のEnjoyも優しかったわ。
ドシャ降りのコンサートで、本当忘れられないお誕生日でしたね。
「あの雨がより愛を感じさせてくれた。そういう意味では、雨にも感謝だね。」
何かこの言葉がいいなあって思ったの。私は、30日は参加できなかったけれど、東京は本当にすごいドシャ降りで、こんな中で、できたの!!って思えるほどの雨降りだったから・・きっとより愛を感じることができたんだろうなって、想像できる。そういう意味でホントにスペシャルでしたね。
9月になってもうドームの打ち合わせが始まるんですね。
本当に休みなしなので、体に気をつけてほしいなって思いました。


昨日の宿題くんも、ガレッジのお二人が、私の持っていたイメージ以上にほっこりとしたお二人で・・・なんかほのぼの気分でみれた回でした。
ただ、テレビの設定がおかしくなっていて何か余計な文字がでてきちゃっていたので、ちょっと集中できなかった。
オーディションは、もう一度あらためて見直したいと思っていますが、
相葉ちゃんの3度見の表情がよくって、そのあと恥ずかしがるところがかわいすぎ
ニノもよかったし、潤くんはアドリブで演じきってしまうところがさすが!男前!東北弁でも全然かっこいいままでした。
大ちゃんは、表情の演技がうますぎる
設定が設定なんだけど、下品にならずおかしくって、一番ヒットだったかも。
最後にちょこっとやった翔くん、よくわからなかったんですけれど・・。
スタッフ日記では、猫を抱えた設定だったとか・・うーん・・・もう一度見てみるね(笑)


お友達から、私が持っていなかったシークレットトークを借りたり、黄色い涙公開の時の「オールナイトニッポン」の録音をいただいてきいたりしています。
両方とも声だけのところが想像力をかきたてて、好き(まあ、基本ききながら、大笑いしているんですが)
まだ、さらっときいただけなので、また後日感想を書くかもしれません。
2009.09.01 / Top↑

今月は、「終末のフール」と「昭和のエートス」の2冊。
相変わらず、読書量があがっていません。


● 「終末のフール」 伊坂幸太郎 集英社

「重力ピエロ」を映画で見た後、伊坂幸太郎さん読みたいなって思っていて、ブログで同じ伊坂作品でこちらも読みやすいとのアドバイスをいただいて・・・読み終わりました。初・伊坂幸太郎です。面白いですね。
8年後に小惑星が地球に衝突するという発表があってから5年後の設定。悪夢のような混乱が少しおさまった後の、仙台のベッドタウンの団地を舞台にそこに住む人々の様々な姿を描いています。各章が1つ1つ独立した話になっているけれど、全部が同じ設定の中の同じ地域を舞台にした話で、相互の話の登場人物も交流があるという作りです。
すごく極端な設定の中での、静かな日々の日常ということが、まず面白い。
重力ピエロもそうでしたが、伊坂さんのものって極端な状況設定のものが多いんでしょうか。でも、静かな語り口で描かれる人間が、ある種リアリティを持って感じられます。
ちょっと伊坂作品読み進めたいなって思いました。





昭和のエートス
内田樹
バジリコ

このアイテムの詳細を見る



● 「昭和のエートス」   内田樹 バジリコ?

以前読んだのが何だったのかすっかり忘れてしまいましたが、内田樹さんの視点のまともさにとても魅かれるものがあって読みました。たぶん、以前読んだのは、格差や教育について書かれたものだったと思うのですが・・・
これは、2006年から2008年までの間に内田さんが様々な雑誌に寄稿されたものを編集者の方がピックアップされたもののようです。
神戸女学院大の教授である著者は、専門がフランス現代思想、映画論、武道論ということですが、私は、日本について書かれたものや、教育論的なものを目にすることが多いです。
この本も、「私的昭和人論」で、内田さん流の昭和人の定義を語っていたり(昭和生まれの人間を指すのではなく。「昭和という時代を作り出し、生きた人」だそうで、それによれば私自身は昭和人ではありませんでした)
「市場原理から教育を守るために」で、教育に市場原理が持ち込まれことの問題点を指摘していたり。
もっとやわらかいところでは、内田さんのビーチボーイズとの思い出を語っている文章があったり。
基本論理のしっかりしたかたい内容ではあるんですが、それぞれのものが雑誌向けにかかれたものを集めているので、読み通すというより、今日はこの章、別の時はこの章というように読むと読みやすいのでは。
でも、とにかく世の中の論調がその時々の風潮に流されがちな中で(私もその中でフラフラ漂っているわけですが)、世の流れを知りつつ安易な迎合はせずという感じの方なので、自分の頭の中をまっとうにしてくれるそんな感じの方ですね。


2009.09.01 / Top↑