FC2ブログ

小林聡美さん主演の「プール」をみてきました。
監督は変わっていますが、「かもめ食堂」「めがね」と、かぶるスタッフで、他の出演者ももたいまさこさん、加瀬亮さんとおなじみのメンバーでの独特の時間感覚の癒し系映画です。

 ●「プール」
  脚本・監督 大森美香
  出演     小林聡美・加瀬亮・伽奈・もたいまさこ・シッティチャイ コンピラ
  ★★ (α波にひたっているような映画でした)


 「プール」公式HP


タイで、プールがあるゲストハウスに暮らす京子(小林聡美)、市尾(加瀬亮)、菊子(もたいまさこ)、ビー(シッティチャイ・コンピラ)の4人。そこに京子の娘さよ(伽奈)が訪れた6日間の日々を描いています。

4人がそれぞれのいろいろな状況を抜け出して暮らすゲストハウス。そこに、京子の娘さよが、日本からやってきます。
実は結構はじめの方から、号泣はしないけど何か涙がでる、そんな感じがありました。
さよ役が、新人の伽奈という子なんですが、かたい存在感がとってもいい感じでした。感情をもてあましている不器用さがすごくよくでていましたね。
京子はすごく自由な女性で、自分がやりたいと思ったことにポーンと飛び込んで行ってしまう人。さよは、母が4年前にそうしてタイにきてしまったために、日本で祖母と暮らしていて久しぶりに母に会いにやってくるんだけど、その気持ちは何か複雑。
日本にいた頃から「何でお母さんは自分をおいて自分勝手に行ってしまったの」という気持ちをいだいているし、きてみたらよその子のビーと暮らしているし・・・母に対して素直になりきれない自分がいる。
でも、菊子、ビー、市尾も含めすごすうちに母に対する気持ちもそれなりに消化できて、日本に帰っていくんですよね。

でてくる人物は、みなおしゃべりではなくて、人の心に立ち入るようなことをせず横で温かく見守っていてくれる感じ。

小林聡美さんの京子がまたいいんですよね。
自分にとっても正直に生きている女性なんですけれど、久しぶりにあった娘に対してベタベタするわけでもなく、でもじっと様子を見守っている。でも基本は、自分の人生は自分のもの、娘の人生は娘のものという一線がひかれているんですよね。
さよが、自分の気持ちを母にぶつけるシーンがあるんですけれど、「お母さんと暮らしたかった」という娘に対して、「そうだったの」と受けるだけで「ごめんね」とかそういう感傷的なことは一言も言わないんですよね。
そこで、へたに「ごめんね」とか言わないけれど、さよの気持ちはちゃんときいて受け止めたことで、さよも、あらためて母の生き方をうけとめて戻っていけたのかなっていう気がしています。

小林さんの演技もホントに自然体なんですが、加瀬さんもすごく自然な感じです。
もたいさんは相変わらずもたいさんだし(笑)
タイでオーディションをしたというシッティチャイ・コンピラくん、健気な感じがとってもかわいいです。

全編に、タイとか東南アジア独特の空気感が流れていて、その感じがとっても癒される感じでした。

スポンサーサイト



2009.10.16 / Top↑

もうしばらく大きなニュースはないかと完全に油断していたら、朝ビックリ。
朝、「めざまし」がついていて「嵐の櫻井翔が・・・・・」の声が・・。
私朝すごーく弱いので、この朝6時すぎって起きてまだまったく脳が働いていない状態なんですが、一気に目がさめましたよ。


人気アイドルグループ「嵐」の櫻井翔(27)がフジテレビ系ドキュメンタリードラマ「阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間~被災地に生きた記者達の闘い~(仮)」(来年1月放送)に主演することが15日、同局から発表された。1995年1月17日に起こった阪神大震災を取材した地元紙写真部記者を演じる。
 櫻井演じる入社4年目のカメラマンは社屋が崩壊する中、被災者の感情に悩みながらも、被災地の写真を撮り続けた。当時、中学1年生だった櫻井は「わずか15年前に見た震災の映像を鮮明に覚えています。ですが、その時、神戸新聞でこのようなことが起こっていたとは知りませんでした。『伝える』とは何か。そして、『前を向く』とは、どういうことか。そんなことを、今もたくさんの方の心に大きな爪跡を残す阪神・淡路大震災を見つめることで感じていただきたい」と話している。
内藤剛志が編集局長役、高嶋政宏がレイアウトを担当する整理部長役、萩原聖人が先輩の写真部記者役で共演する。


 スポーツ報知


(前略)
 「あの映像を今でも鮮明に覚えています」。震災が起こった95年1月17日午前5時46分、東京在住の中学1年生だった。同年10月にジャニーズ事務所に入り、その後嵐に加入。06年10月からはアイドルの枠を超えて、日本テレビ系報道番組「NEWS ZERO」の月曜メーンキャスターを務め、丸3年が経つ。
 現場記者の悩みや葛藤を肌で知る櫻井は、まさに適役だ。「こういう仕事を、ずっとやりたかった」と願いがかなったが、「神戸新聞社でこのようなことが起こっていたとは、正直知りませんでした」と櫻井。
 物語は、本社ビルが被災しながら、休むことなく新聞を発行し続けた不屈の報道魂に焦点を当る。企画したフジテレビ編成部の立松嗣章氏は、「紙面の裏側に壮絶な闘いと人と人との絆があったことを知り、15年の節目で番組化を決意した」と意図を語る。
 主人公の三津山朋彦をはじめ、主要登場人物はすべて実在で実名。三津山氏は91年に入社し、現在は写真部デスクを務める。番組では関係者インタビューなどドキュメンタリー部分もあり、三津山氏本人も出演する。
 櫻井は「『伝える』とは何か。そして『前を向く』とはどういうことか。今もたくさんの方の心に大きな爪痕を残す阪神・淡路大震災を見つめ直すことで感じていただきたい」と力を込めた。彼の熱演で、未曾有の大震災を改めて見つめる画期的なドラマとなる。


サンケイスポーツ


ワ~イ ドラマですよ。その上、新聞記者役。

そして、阪神大震災を扱ったドキュメンタリードラマ。
翔くんのことだから、こういうドラマにかかわることができることを、すごく喜んでいるだろうなって思います。
いい番組になればいいなって思います。

しかし、もう15年もたつんですね。
ちょうど上の子が生まれて3カ月ほどの頃でした。テレビををつけたら、地震があったというニュースをやっていて・・時間を追うごとにんどん被害が大きいということがわかってきて。当時、上の階に住んでいらした、同い年の男の子のおうちがパパ、ママともに神戸の出身で、全然ご実家と連絡がとれない、報道でみることしかわからないって心配していらして・・。地震の後、2,3日のうちにご主人が、あまりに連絡がとれないので、直接ご実家に様子を見に戻られたことを、そして奥さんもすごく心配していらしたことを覚えています。ご実家は倒壊していたけれど、ご家族は無事だったので、不幸中の幸いだったのですが。

嵐に話をもどせば、もうクランクインしているのかどうかはわかりませんが、10月まるまるコンサートスケジュールが空いていたわけ、納得ですね。
日テレのCHALLANGE WEEKの収録もたくさんあるだろうし、VSも嵐ちゃんも来週はスペシャルだし、相葉ちゃんはマイガール、大ちゃんは0号室、ニノは映画、潤くんはわがや(これもSPとはいえ、全部で10時間だから連ドラと同じくらいの撮影の付加ですよね)
そして、翔くんはこのドキュメンタリードラマ・・・
その間に、怒涛の雑誌攻撃の取材もあるわけだし。

本当に体をこわさないでほしいなって思います。

しかし、フジテレビさん、ここにきてかなり嵐シフトしていますよね。
今までもちろんVSの枠はずっとあったものの、関東ローカルだったし。
嵐になってからのドラマはどちらかといえば、TBSと日テレのものが多かったけれど。
(ニノはフジもやっていますね、拝啓とか)
でも、ここにきてゴールデンの連ドラではないものの、大ちゃん、潤くん、翔くんと3人立て続けですね。これを機会に、CX系のドラマにも出る機会がでてくるのかなあ。

とにかく、あまり間隔があかずに翔くんのドラマが見れて、それもスーツ姿の働く男っていう姿がみれて(こういう役、あまりなかったですよね)すごーく楽しみです



web拍手を送る
 

2009.10.16 / Top↑