FC2ブログ

マイガール第3話です。

今回は、コハルちゃんのことが正宗母に発覚してもらい、正宗が自分の両親に対してコハルちゃんをひきとることをどう受け入れてもらうか、そして、正宗両親-正宗-コハルちゃんと続く縦の関係のお話です。

今回はね、私完全に母目線でしたね。
コハル(石井萌々果)の存在が、母の光代(室井滋)に知られてしまった正宗(相葉雅紀)
 もう母としたら、わけわかんない世界ですよね。安定した職にもついていないし(母から見れば)、私がまだまだ手をかけなきゃと思っているひとり息子に突然、5歳のこども!?思いっきり、陽子(優香)親子のことも言いたい放題だし、正宗の「陽子さんは、ぼくのために一人で産んでそだててくれたんだよ」発言だって、一体何を寝ぼけたことを言っているのかっていう世界ですよ。
(これは、私もあまりに勘違いだと思う。陽子はね、コハルを正宗のために産んだわけじゃないと思うよ。あくまでも自分のために産んだんだと思うよ。ただ、本人が死んじゃったからいろいろ誤算が起こってきたけど)

そして、家に戻って正宗父、清助(山崎一)に怒りと嘆きの報告をします。
でも、清助の反応がまた、いいんですよね。いかにも、正宗の父って言う感じで。
「ぼくは(コハルに)会いたいな。ぼくらの孫でもあるわけだから」
これまで、光代は正宗が心配なあまり、コハルちゃんが具体的な存在としてとらえられていなかったんだけど・・(だから、もちろん会うわけないじゃない、会えるわけないじゃない・・ということですよね)
自分に似ているかもしれない血の繋がった孫という存在として意識したところで、保育園に偵察に出かけるわけです。
光代さん、わっかりやすい、いい人ですよね。

あの友哉先生(村上信五)にみつかってしまい、友哉先生から「笠間さんには、周囲のサポートが必要です」「お孫さんを助けてあげようとは思いませんか」と言われた光代さん、もうこの時点でコハルちゃんのことはとりあえず孫と受け入れて息子と孫をちゃんと育てていくには、私がもうひと踏ん張りするしかないと、実家に引き取ろうと考えます。

父母そろって、正宗の家に出向いてそのことを告げて・・・その場面でも、正宗父子大好きだったオムライスの話をはじめて、ほんわかモードでいいですよね。
でも実際に自分の夫と、息子があの場面であんな調子だったら、正宗母のようにイラッとくるんだろうなあ。

そして、おじいちゃんおばあちゃんとコハルちゃんとの対面。
正宗父のキャラクター、私本当に好きです。あの場面で、「おじいちゃんだよ」ではなく「笠間清助です。よろしく」って名乗るあの感覚。いいですよね。
正宗のあの人の良さって、ちょっと度をこしたところがあるけれど、あの両親の子なら(父のあの度量の大きいおおらかさと、かなりの仕切り屋だけど人のいい母と)納得できるような感じもあるんですよね。(それに、相葉ちゃんのキャラがかぶるから、より、これはこれでアリって思える)

実家に戻る話しを提案された正宗。コハルちゃんとこのアパートで暮らしたいという気持ちは強いものの、コハルちゃんのことを考えたら大人の手がふえて寂しくないしごはんももっとまともなものを食べさせてあげられるし、まあ自分も楽になるし・・悩みます。コハルも、ママが住みたかったこのアパートから離れたくはないけれど、実家に戻る方が正宗が楽になると言われると強くは言えない。

そしてほぼ実家行きに傾きかけた正宗でしたが、コハルの画いたアパート前のママ、正宗、コハルの3人の絵を見て、このアパートで暮らしていくことを決め、そのことを母につげます。「ここにいると陽子さんを感じることができるんだ」

光代は、自分も父の一人の手で育てられたから、片親がいかに大変で子どもがいかにかわいそうかということを言いたてますが、正宗に「じゃあ、母さんは不幸だった?」と問いかけられ父の愛情を受けた自分の子ども時代を思い出します。
この回想シーンがとってもいいんですよ。
そして、光代の父の言葉
「こうやって、光代の靴を洗ったり、洗濯したり、ごはんを作ったりできるのがうれしいんだよ。こうやって、娘の世話をたくさんすることで、だんだんお父ちゃんになっていくんだよな」
子どもってね、たくさん目をかけたくさん手をかけして育っていくものだと思うんですが、それをすることで、親の方も親として育っていっているんですよね。

そして、同居しないとわかった後、清助さんが自分で収穫した野菜を持って、正宗を職場にひょっこり訪ねていく。そこで、小さい頃苦手だった玉ねぎが、母の工夫と手間で、大好きだったオムライスに入っていて苦もなく食べていたことを知るんですよね。「手をかける」っていうことが正宗に伝わったのかなあ。
そして、正宗はオムライスを作る時にコハルの嫌いなしいいたけをみじん切りにして混ぜ込んでおいしく食べさせてあげることに成功して。

親だって、はじめから親として立派にやれるわけじゃない。こういう試行錯誤をしながら、親は親になっていくんですよね。

光代さん、陽子さんのお墓参りに行って・・すべてを受け入れたんですね。
正宗と陽子さんとの関係があり、コハルちゃんがいて、この3人が家族だっていうことを。


次週は、今週若干伏線がありましたけど・・友哉先生の話のようです。


これまでの回の感想は↓↓

マイガール 第1話 * 第2話 * 第3話 *  第5話 * 第6話 * 第7話 * 第8話 * 第9話 * 最終話

スポンサーサイト



2009.10.26 / Top↑

昨日の、「TheサンデーNEXT」とニノの「行列~」と今朝の「ズーム」と駆け足でチェックしましたわ。

「TheサンデーNEXT」は、結局予告編だったと聞いていたけれど、夜中チェックしたら意外に長めの予告。
毒光さん、来週楽しみです。
10の質問に○×で答えて、「そのこころは・・」をいろいろ話してくれているようで。
徳光さん、60分もインタビュー時間があったって言っていましたよね。全部流してくれるのかなあ。(完全にふだんのニュースはおいておいてのスペシャルなのか、30分程度に編集されてしまうのか、まあ1時間半の番組の30分とるだけでも、かなり頑張ってくれているとは思うですが、全部みたいよね~。
それにしても・・・12月24日って何!!?


「行列~」はニノがご出演。
もちろん、みたことはあるけれど普段あまりこの番組みないんですよね。
あのね、S助さん何かとっても嵐のことを持ちあげてくれてありがとうございます・・・なんだけど 何なんだろう。何か、若干の、もやもやが・・・。
どこまで本気で、どこまで営業トークなのかなあ。
この夏の26時間TVのVSで、初めて共演だったんですよね。(翔くんはその前に行列でてるけど・・)
嵐ちゃんの時のさんまさんとは、印象が全然違う。

チャレンジウィークだから、嵐をフューチャーしろっていうこと?か・・・S助さん自身の嵐に対する感情があまり伝わってこない気がするからか・・・
まあ、このへんにしておきます。
(あと、日テレさん硫黄島の年が間違っていたよ)

ニノはね、ビジュアル最高だし、受け答えもそつなく、安心してみておりました。
褒められて調子のりすぎることなく(でも、嬉しそうな顔がかわいかった)、出すぎず、適度にしゃべって。
でも、ああいうヒナ壇の嵐くんは、何かもったいないわ・・・・


そして、今朝のズーム。日替わりでメンバーをフューチャーしていくんですね。
そして、今日、月曜日は翔くんDAY

翔くんの「あっち向いてズーム」がメチャメチャかわいくって、朝からあんなかわいい27歳にニヤニヤしちゃった。

そして、エンパラで嵐くん特集だったんですが・・・、過去映像とかよかったわ。
羽鳥さんと翔くんの部分は、意外に短めだったのがちょい拍子抜け。
でも全体としては、朝からテンションあげてくれて、ありがとうでした。

今晩は、9時から翔くんづくし・・・・
楽しみだわ・・・






 

2009.10.26 / Top↑

今日は、家に帰ってPCからの更新です。
CHALLENNGE WEEK はじまりましたね。
でも、「マイガール」のレポもと思うし、今日録画した分はまだ見れていないし、
翔くんの「おくのほそ道」も最後7割方出来上がっているんですが、まだ手をいれなきゃならないのがまだあるし・・・私はどうしらたいい?とりあえず・・ちょっとづつとりもどしたいと思います。
とりあえずは、金曜深夜にスタートした「0号室の客」 についてです。

10月23日から、フジテレビの毎週金曜深夜に、「嵐」の大野智を皮切りにジャニーズの人気タレントが1カ月ごとに主役として登場し、関ジャニ∞の横山裕がストーリーテラーとして出演する斬新な新感覚のドラマ枠(15分)がスタート。約半年間(2クール)にわたって放送される。
舞台は東京の一画に怪しくたたずむ洋館風ホテル「HOTELPOINT」。このホテルの「0号室」は、アンティークや80年代のテイストが入り混じる異質なセンスの部屋だ。そこに、さまざまな事情を抱えた人間たちが訪れる。
その理由は、この「0号室」にあるエアーシューターに爪や髪など自分の遺伝子を入れると、人間としての点数が送り返されてくるからだ。この部屋を訪れれば、自分の人間としての点数が明確に出るというのだ。点数は人間の成長度に合わせ、流動的に変わっていく。つまり、人間の日々の進化によって点数が変わる。そして、意外な行動が点数の上下に影響するという。
人間としての点数が出てしまうさまざまな人々にどんな思惑があり、どんな結末が待ち構えるのか? 互いの点数が出るということだけで、この部屋で、何通りもの人間ドラマが生まれる。(番組HPより

というわけで、First storyは、大ちゃん主演「憧れの男」です。
これ、各ストーリーごとに、主役が代わるだけでなく、監督もいろいろな分野の新しい人材が起用されているところも見どころのひとつですね。今回の監督は、映画監督の白石和彌さん。

  *白石和彌さんについて
若松孝二、行定勲、犬童一心、石井隆、SABUといった映画界の錚々たる監督陣の助監督を務め、2009年SKIPシティー映画祭にて、自身初の長編監督作品となる「LOST PARADISE IN TOKYO」で長編アワードを受賞、映画界期待の新鋭監督。
フジTVHPより



何はともあれ、大ちゃんのエリート役がツボで・・・。
かっこいいのはもちろんなんですけれど、あの鼻もちならないエリートっぽさを、すごくいい感じに演じていて、(本人とはまったく違うキャラなのに、すごく自然に感じてしまうところが、大ちゃんやっぱり役者ですよね)

また、どや顔もありーの、着信音は「CRAZY MOON」だったりと、嵐ファンにとってはおいしいところだらけで。

ドラマとしても、もちろん面白かったです。かなりシュールな作りで・・・絵の見せ方といい、この後も楽しみな感じです。

エリートサラリーマン(大野智)が、恋人のキャバ嬢(田中美保)と別れるために、この0号室にやってきて、点差が20点以上離れたら別れる、それよりも点差が小さければ別れないということで、自分自身の点数をだしてみるのですが・・・。思いもかけない点数がでてきて(でも、こういう展開よね、きっと。)
大ちゃんの、いかにも今まで点数のみで生きてきた勝ち組エリート商社マンも、携帯メールをうちまくる、田中さんのオバカキャバ嬢っぷりも、どちらもね、ふふふ・・・と笑える。

ホテルの支配人役の横山くんもがんばってます。もっと妖しさ、怪しさ満載でくるかとおもったけれど、意外にチャーミングに軽いタッチでやっていますね。

TOKIOリーダー城島くんは最終Storyの主役を務めるいうことで、ずっとちょいちょい顔をだしてくるようで、今回もチョイ情けないサラリーマンでご登場でした。


そして、主題歌は嵐の「時計じかけのアンブレラ」
一部だから、曲全体の感じはまた違うと思うけれど、使われていたところはドラマのイメージにかなりマッチした感じです。

でも、何が一番驚いたって、このドラマJストームの単独提供だったことですよ。
おかげさまで、PVクリップ集のCMもしっかりみれたし(これ、面白いですね)、久しぶりにALL THE BESTのCMもみれたし・・・嬉しい限り。

それで、

大人の事情の勝手な見方

ジュリーさんって、やり手何だろうなって思っていたけれど、なかなかですよね。
今回確かプロデューサーは、ジュリーさんだと思ったけれど
ミニドラマのような形式で、関ジャニとかNEWSのこれからドラマでしっかり売っていきたい子達のプロモーション&経験づくりになって。
(こんなこと言ったら、関ジャニやNEWSのファンの方に怒られちゃうかもしれないけれど)
前にジュリーさんの数少ないインタビビュー記事の中で、やらしたい役があっても番手を気にしたり、その役をやることでのファンの反応等を考えるとやらせられないことも多いけれど、たとえばピカンチみたいに嵐5人ででるものならば比較的自由にやらせることができる(覚えている印象で書いているので不正確で申し訳ありません)
と言っていたのを見て、なるほどねって思ったことがありました。
(私は、個人的には番手なんて気にせず、面白いものをやってほしいと思うけれど)

だからこういうドラマを作ることで、ドラマの経験ができて、それを深夜帯とはいえ見てもらう機会ができることで、ドラマや映画の制作サイドへのプロモーションになるだろうし、ファンにとっては見れる機会ができるのは嬉しいし、そこにいろいろな分野の監督、それも若手をぶつけて、その人達にも機会を与えることになるしそして彼らがメジャーにブレークしていった時に、次のお仕事につながることにもなるだろうしね。
深夜ならではの、遊べる企画だよねって思います。(深夜帯なら、こういうのって全然有りで面白いなって思うんですよ)

そして、あれもこれも嵐くん達がしっかりJストームの収益をあげていうだろうから、単独提供で自由にやれるっていうことがありますよね。

何はともあれ、嵐ファンにとってはおいしいところだらけなので、言うこと無しです。

0号室の客 1stSTORY「憧れの男」 #1 * #2 * #3 * #4




2009.10.26 / Top↑