もう夕方、朝から台所仕事を中心に何やかやと雑用に追われていたら、こんな時間になっちゃいました。休日は基本、朝昼晩と常にごはんを作っている感じがしています。
そして、ふだんはこの年末の時期はスキーでいないことが多いので、おせちも買ってすませることが多いんですが、今年は2年ぶりで家にいるので、昨日の晩からちょっとだけおせちを作っています。
黒豆と、昆布巻きと、かずの子と、煮物だけは手作りで準備しました。
本当は栗きんとんもやろうかなとおもったけれど、裏ごしの大変さを考えると気分が萎えてこれは買ってきちゃいました。
昆布巻きは、初挑戦。
母が毎年作っていて、小さい頃は特に好きでなかったんですが、年をとると手づくりの昆布巻きが妙に食べたくなって。
初挑戦にしては、かなり母の味に近いものができあがりました。


昨日の夜中、突然潤くんの翔くんへの愛の告白が聞きたくなって(笑)、「スッピンアラシ」ひっぱりだして、かなりとばしながらですけれどみちゃいました。
年末の夜中に何やっているんでしょうね。でも、とっても満足して寝られたわ。



さて、
今年1年ありがとうございました。

検索等などでふと迷いこまれた方も、
ごひいきに何度か足を運んでくださっている方も、
拍手をいただいた方も、
トラックバックてお付き合いいただいた方も
コメントをよせてくださった方も、

去年の11月から始めたので、今年1年がまるまる初めてのブログライフでしたが、自分が書いた文章を読んでくださっている方がいて、また私が書いたことに対していろいろな思いを返してくださる方達がいるというのが、自分でもびっくりでしたしうれしいい経験でした。
ほぼ9割方毎日更新できたのも、自分が書きたいことがあふれていることもさることながら、読んでくださっている方がいるというのがとても大きなはげみになりました。

そして、書きたいという思いを抱かせてくれるマイアイドルの嵐くん達には、本当に感謝です。そして、いろんな感動や思いをいだかせてくれた、映画・ドラマ・ステージ・音楽・本等のいろいろな作品にも感謝です。

また、ブログを通じていろんな方と、いろいろな形で交流が持てたことも、始めた当初はそれほどイメージしていなかったのですがとても嬉しかったことでした。

来年もまた、たぶん嵐ネタ満載、私の興味の赴くままのエンタメごとの観賞記録となることと思いますがおつきあいいただければ嬉しいです。

それでは、今年は久しぶりに紅白みなきゃ。(息子達は、「ガキの使い・・」を見たいといっていますが・・・

それでは、皆様よいお年をお迎えくださいませ。





拍手コメいただいた ぴーちゃんさんへ

コメありがとうございます。
ぴーちゃんさんの抱いていらした思いにぴったりくる表現だったなんて、すごく嬉しいです。また、遊びにいらしてくださいね。


スポンサーサイト
2009.12.31 / Top↑

表参道駅、行ってまいりました。
さすがに年末結構いろいろやること多いし、そもそも年賀状だってまだ少し残っているしっていうのにですよ。
でも、コンタクトが底をついていて、これは絶対に買に行かなきゃ、年越しが不安だし、お年賀も買いに行かなきゃならないということで、ついでにちょこっと寄ってきました。

行く前はね、写真撮りたいけれど撮れるかなあ(結構、外でポスターの写真撮ったりとかできない人なので・・・)と不安だったんですけれど着いてびっくり!!
すっかり、観光地と化していた
場所はね、銀座線や半蔵門線のホームから階段を下りて行ったあたりの改札内です。
2か所くらいかな、5人そろいぶみの「最後の約束」の大きなポスターが貼られているところがあり、柱にですねおもて側からみると翔くん、うら側からみるとニノみたいな感じで1本に2人ずつ貼られている、そして柱の下1/4くらい縄がぐるぐるまきになっていてちょうどバストラインくらいまでを隠している感じなんです。
そして、口には黒いガムテ(?)
わかります?こんな説明で。柱を全部で、5本くらい使っていたのかな(もう少しあったかなあ?)

しかし、びっくりしました。もう、あちこちで人が溜まって写真とっているから。
もともと、人の往来の多い駅ですけれど、まあ自分で言うのも何だけどかなり迷惑かも。
駅員さんが何人も出て、
「駅構内は、撮影場所ではありません」とか
「おひとり、1枚で」とか
一生懸命スピーカーで呼びかけていました。

すみません、でもこうなったらやっぱり周りにご迷惑にならないようにと気を使いながらも撮っちゃいますよね。

ムダにドキドキしてしまう場所でしたわ。あまりにも、とどまっているのがご迷惑なので、撮るものとったら退散しましたが。人がいない時にゆっくり堪能させていただきたい感じです。
どちらを向いても5人の視線みたいな感じで、かっこいいし、萌えますわ。
まあ、縄に関しては、あまりそっちの趣味もないので、う~んこんな感じ?っていう印象ですけれど、バストラインまでの写真で首筋、鎖骨がみえているところが、良いデス!


折角いろいろこういう写真もとっているので、ドラマのオフィシャルフォトブックでもでないかしら。




いつも拍手ありがとうございます。



昨日17:48に拍手コメいただいた方

HDD整理に気をとられていて、とのこと。ありますよね、そういうこと。
少しでもお役にたてばよかったけれど、昨日のはざっくりしたものになってしまっていてどうだったでしょう。


 


 

2009.12.30 / Top↑

とくダネ!旬感ランクイ~ン!に嵐登場。
5人がお題にそっていろいろやってくれるんだけど、かなり面白かったです。
年納めに、オグさんありがとう!

面白かったので、レポしたいと思ったけれど、ちょっと時間と諸事情により、1回しかみれていないので、言葉も、こんな感じレベルで受け取っていただければ。雰囲気を若干お伝えできれば・・。

<追記>
夜中、一人の時にもう一度じっくり見なおしましたが、感想とはいえ、すごく雑なものになっていてごめんなさい。
よっぽど、書きなおそうかとも思ったけれど、年末そこまで時間がとれないのでかなり、おおざっぱというところでご理解いただければと思います。


嵐の5人が部屋にはいってくるところから。グリーン基調の、きのうの「めざまし」と同じVS嵐収録時の衣装。
入ってくるところから、みんなで「おぐらさ~ん」「あまたつさ~ん」(by翔くん)って呼びかけてかなり楽しそう。
座り順は、ランキングのためのボードをはさんで
智潤 ボード 翔雅和 
の順です。
そして、お題にそって嵐自身が、5人の順位をつけていきます。

まず最初のお題は <一番田中邦衛なのは?>
まず、大ちゃんから順にまねをしていきます。
潤くん「一番上手い人(大ちゃん)が最初で、どんどんレベルが下がっていくけれど全員やるんですか? そしてみんな順番にやりながらも口ぐちに、
「これ、けがするわ」
「はずかしい~」
大ちゃんは断トツ1番だけど・・あとは、みんな微妙。(言われなければ田中邦衛さんかどうかも微妙?かも)
嵐のつけた順位は、
1.智 (2がなくて) 3.和   5 翔・雅・潤が横並び

<一番ギャップがあるのは?>
「テレビでみると、一番ギャップがあるのは翔さんなんじゃない」
「ニュースから、ストッキングまで」とにのあいに言われて、1番は翔くん。
逆に全く差がないリーダーは5位。
ここで、「回っている時と回っていない時とほとんどかわらない」「ONになった時にスイッチが入るのか?」とメンバーから一斉につっこまれるリーダー。「ちょっとスイッチが入る」というリーダー(言い方がカワイイ) 疲れるから、スイッチをいれても余りベルをあげないエコな大ちゃんでした。
そして、差がない方で4位は(裏表がない)相葉ちゃん。(相葉ちゃん、裏表ではナイよ。それでは翔くんが腹黒翔くんになっちゃうからね 笑)
潤くんは、潤くんの共演者の人達と会うと「実は優しいんですね」「実は熱いんですね」と言われるという翔くんの証言により2位。「ふだん、どんだけ怖いと思われているんだ」(by にの&本人)
整理すると、
1.翔 2.潤 3.和 4.雅 5.智 でした。

<一番エロイのは?>
この話題で、朝の番組だというのに、妙に盛り上がっていた5人です。
「我こそは、エロだと思う人?」というまさかの挙手制でスタート。
そして、潤くんが「俺だと思う」ということで、1番は「類まれな○欲の持ち主」って以前占いだか手相だかで言われた(これ、何でしたっけ??)潤くんに決定。
そして、2番は「明るいエロ」(byニノ)な相葉ちゃん、「袋とじ大好き」って、朝から飛ばし過ぎだと思うよ(笑)
そして、3位は「○っぱいとおしりとどっちが好き?」ときかれて、「おしり」って言ったらエロだと言われたというニノ。(潤くんもおしりなんですって)
そして、ここで、○っぱい、おしりをみんなで大連発。朝なんですけど・・・皆様。
でもね、この手の話題をあまり避けることなくあっけらか~んとしゃべっているところが、そもそも20代後半の男子達だもん。いいよね。
でも、若干ついていけないでいた(?)お兄ちゃん達(笑)
「そもそもエロって何?」っていう根源的な問いをだした大ちゃんが5位でした。
結果、
1.潤 2.雅 3.和 4.翔 5.智


この後、大ちゃんのちょっとした動作をきっかけに、スイッチの入ったところを見せてもらおうということで、いったんは翔くんと仕切りをバトンタッチして、張り切って司会をしはじめたものの、スイッチに入り方が違うということで、もとにもどることに。


<一番ついているのは?>
一番は相葉ちゃん、まあミラクルだからね。
2番は、「誰よりも服をもらう」(byニノ)大ちゃん。普段、着ている洋服がほとんどもらいものってスゴイかも。
5番は、じゃんけんで勝ちたい時は必ず負ける(by潤くん) 「暗いミラクル」翔くん
結果は
1.雅 2.智 3.和 4.潤 5.翔

ここでまたひとしきり大ちゃんのスイッチねた。
スイッチを入れている大ちゃんが面白すぎる。

<小倉さんと仲好しなのは?>
角がたつ(by相葉ちゃん)話題をどう処理するのかと思ったら、
小倉さんとの忘年会に、家族で忘年会を優先させてこなかった大ちゃんが断トツ5位(大ちゃん、相変わらず家族仲良しよね)
あとの、4人は横並びかと思いきや、小倉さんのお店に行ったことがある&ゴルフに行ったことがある相葉ちゃんとニノが1位、2位が翔潤
結果は、1. にのあい 2.翔潤   5智


スタジオでオグさんが、「彼ら本当に面白いだろう」ってニヤケてたのが印象的。
そして、コメンテーターの2人にも「(嵐は)どうですか?」って聞いていて。
(コメンテーターの方が困っていたかも・・)
今日は嵐5人をみながらすごくうれしそうで、「彼らについていく」の言葉通り、5人のことホントにかわいがってくれているんだなあっていうのが感じられました。


 


2009.12.29 / Top↑
12月に読見終わった本は、結局 重松清さんの「卒業」一冊。
年が明けてから、おちついて2009年に読んだ本のまとめをしたいなあと思いますが、月2冊前後のペースだったでしょうか。
ここのところ、小6が重松清さんを次から次へと読んでいるので家の中に、重松清さんが山積みになっていて。
その山積みの中から、彼が「泣けた」と言っていた一冊です。


卒業 (新潮文庫)
重松 清
新潮社

このアイテムの詳細を見る



表題の「卒業」ということが一つのキーコンセプトで編まれた4編の短編がはいっています。
息子は「泣けた」と言っていましたが、はっきり言って私はかなりのものでした。
電車で読んでいた時なんて、やばくって途中で読むのやめました。
どれも、みななんですが特に最後の「追伸」は本当に読み始めから号泣で、これは夜一気に読んだんだけど、ものすごく目が腫れちゃって翌朝悲惨な顔でした。

この「追伸」について書くと、小学校1年で母を病気で亡くした少年が、母から1冊の死ぬ間際に息子に残すメッセージを書いたノートを残されそれを大切な思い出としています。そして、そこに新しい母がきて。思春期を迎えている少年にとって、新しい母は自分にとっての優しかった母の痕跡や思い出を消し去ろうとするものでしかないわけです。新しい母も不器用なタイプの人で当然上手く折り合いがつかない。そして、大人になった今当時を思い返せば、その頃の自分の気持ち、母となった人の状況なども理解できるけれど、でもわかってもなおそれ以上の関係をお互いになかなか結べない、そんな継母と息子が心を通わせるまでを描いています。
2人の不器用さと意地っ張りな様子、その周りで、何やかやと気をもむ義弟や妻の様子、そして実の母への思いと新しい母への気持ちにどう折り合いをつけていくのか・・・・泣けます!




2009.12.29 / Top↑

ちゃーんと、めざましはっておいてよかったです。
(Yちゃんありがとう!)

「めざましアワード BEST OF 嵐」をめざましから嵐に贈っちゃいますということで、7時台、27分から10分間ほど嵐特集!
デビュー映像、99年のバレーボールの取材映像、今年の国立映像、そして今年4冠といった紹介の後に、5人へのインタビューです。
(みんなでグリーン系の衣装、VS嵐の収録時のインタビューですね)
並びは、翔・智・雅・和・潤です。

まず最初にめざまし型のトロフィーを代表でもらうリーダー。
目覚ましの後ろに貯金箱のようなお金を入れる口がついていて (これ、ホントに貯金箱じゃないですよね ?)
ニノが「このタイプの貯金箱触れたらいけないパターンじゃないですか」
そういいながら、にのあい&潤でいじっていて・・うれしそう&楽しそう

500人に聞いたBest of 嵐ソング
相葉ちゃん予想の1位は「One Love」
理由は「100年先まで愛を誓うよ」っていう歌詞!
そうしたら、スゴイ!! BINGOですよ。理由もまさに、BING0!

ちなみに、1~10位の結果は以下の通り。
1位 ワンラブ   88人
2位 A・RA・SHI 46人
3位 truth     42人
4位 ラブソー   36人
5位 ハピネス   33人
6位 きっと大丈夫 17人
7位 マイガール   15人
8位  ピカダブ   14人
8位  サクラ咲け  14人
10位 感謝カンゲキ 13人

翔くんがね、これを見て「ピカンチダブル」が中期の曲なのに10位以内に入っているのが意外だけど嬉しいって言っていました。

私もね、5位くらいまでは、嵐でみんなが知っている曲っていうとこういう感じなんだろうなって思うけれど、「きっと大丈夫」や「ピカダブ」が入っているのはスゴイですね。
だって、嵐ファン500人に聞いたわけではないですものね。普通に聞いて、この辺がはいってくるってすごいなあって。どれだけ、嵐ファンの裾野が広がっているんだろうっていう感じがします。

そして、海外にもファンが広がっているっていうことで、アメリカの嵐ファンの子達の取材。日本語でラップ歌っちゃうんだもの・・すごすぎる・・日本人の私にも難しいのに。

そして、さらに500人アンケート「嵐の魅力は?」

5位 「かっこいい」 16人
4位 「親しみやすい、親近感がある」  25人
3位 「トークが面白い」  28人
2位 「全員が個性的」  48人
(このコメントを言っていたのが2人とも男子だった!)
1位 「「メンバーが仲良し」  213人

そして、この結果をみた5人の反応が最高!(笑った)
1位をみて、
潤「ダントツ!!」(うけてる~)
翔「(まじめに)自分達では、やっぱそんな自覚はないんですよ」
アナ「仲はいいんですか?」
翔「まあ、ここで悪いというとすべて破綻しそうな気がする」
潤「ワルイッスヨ」(声だけ)
翔「仲いいですよ」
潤「いつもみんなで手つないで帰ってる」
智「こうじゃない、こうっすよ」(って、ふつうの繋ぎ方でなくて恋人繋ぎを実演!)
翔「いいよ、いいよ」(って、横の大ちゃんを制する)
雅「一緒にお風呂入りますよ」
(ほんの一瞬の間)
潤「ちょっと気持ち悪い」
和「おまえさぁ、全部省きすぎなんだよ」
雅「ツアー先とかでね・・」
翔(まじめに、立て直して)「あと、4位の親しみやすいとか、一番嬉しかったりするけどね」

もう嵐らしさ全開ですご~く幸せな気分をたくさんいただきましたわ。
朝から、ありがとう!

そして、「最後にリーダー来年の抱負を5・7・5でお願いします」ということで、

  来年は  いつもどおりの  5人かな   
                          智


来年も流されず、いつも通りの嵐でいてね。
1月7日にはめざまし「最後の約束」の特集ということです。

あと、28日から年末年始、表参道駅は「最後の約束」の番宣で嵐さん達ビジュアルジャックだそうです。

嵐が年末年始の表参道駅をジャック
 人気グループの嵐が、28日から、東京メトロ・表参道駅をビジュアルジャックする。主演のフジテレビ系新春スペシャルドラマ「最後の約束」(10年1月9日午後9時)の特大宣伝用ビジュアルポスター(縦2・5メートル、横2・5メートル)が構内の柱に大々的に掲示される。
 ドラマは巨大ビルの占拠事件に居合わせた嵐の5人が、演じる男たちの人間模様を描くヒューマンサスペンス。捕らえられた姿の5人のポスター、さらに本物のロープが柱に巻かれるショッキングなプロモーションだ。
 松本潤(26)は「ドラマでは僕らがジャックされますが、年末年始の表参道駅は僕らがジャックします。ドラマの中での監禁されるイメージから、今までより大人っぽいポスターになりました。決して縄を解かないでください(笑い)」と話している。
日刊スポーツ

表参道、見に行きたいなあ。



 




 

2009.12.28 / Top↑

25日発売になった「H」 嵐TV!です。

まず、表紙のこたつ写真がキュートすぎる!服装も部屋着っぽい感じですごくかわいい。CUTのあの表紙と同一人物なんですけれど、この人達!!まあこのギャップがいいんですけれどね。
同じくこたつ写真のバリエーションと、それを撮った時の様子は5人のうだうだ座談会のページと、最後のHmemoのページにもあって。残り2枚の写真ともなんですけれど、すごくボワボワのピンクのルームソックス、相葉ちゃんの足ですよね。
Hmemoの写真、みかんを浮かせるニノをみつめるみんなの様子と相葉ちゃんの芦の投げだし方がかわいい!
(って、かわいいばかり連発していて、すみません)

まずは「最後の約束」のメイキングレポート!
まず、佐藤祐一監督の作品だっていうことで、監督が嵐5人をどんなふうに料理してくれるんだろう、それにすごく期待しちゃいます。
佐藤監督は、「キサラギ」を撮っている方で、「キサラギ」では密室の中での5人の心理の動きがすごく面白かったんだけど、今回もある意味占拠されて期限の切られたビル内っていうすごく限定された状況の中でそれぞれのキャラがどう動きどう絡みあっていくのか、そういう嵐さん達をどう演出してくれるのか、すごく楽しみですね。
大ちゃんや相葉ちゃんのコメの中でも、監督が「自由に演技してください」っていうよりは、撮りたい絵があってそれを実現するためにちゃんと的確に指示をだしているという印象だったので、キャラ的には素に通じる部分をもつそれぞれのキャラを監督がどうとらえて動かしていくのか、そこで、また今までは隠れていた嵐さん達の新たな魅力が発掘されないかなあっていうのが一番の期待です。
また、一方でニノがコメントの中で「気をつけていること」として、「トータルとしては、嵐のキャラクターっていうものに何となく寄せて作っていただけてる部分が少なからずあると思うので、逆にあまりリンクさせないように・・・・」って語っているように、ファンとしてはオーバーラップさせて楽しめる部分と、ストーリーとして純粋に楽しむ2度おいしい感を期待したいなあって思っています。
さらにニノのコメの中でこれを「通年行事としてできるといいなと思うよ。若大将シリーズとか寅さんじゃないけれど、2回、3回と続けていきたいよね」というくだりがあって、同じ設定のものかどうかはおいておいて、5人ドラマ(もちろん、映画でもいいんですが・・)がコンスタントに続いていくといいなあって思います。
そりゃあ、ファンとしては、5人を一緒のドラマの中でみれて、その上5人が絡むのはもうそれだけでうれしい。
でも、単にそれだけでなくてね、それぞれが主役をはれる状態の5人が企画もの的なものではなくドラマとして見ごたえのあるテーマに挑戦するっていうのは、冷静に考えてとっても豪華なことだと思います。

写真もよかったなあ。撮影の合間の笑顔、真剣に台本読んでいたり、監督と話しているところとか、このコーナーの最後のページの潤くんの横顔写真、メッチャすてきなのがありました。
翔くん写真は、見開きタイトルのところのメガネをとって、何かを見つめている写真と、その次のページ、メガネをしてポケットに手を入れて、ちょっと不満そうな口(?)をして何かをみながら立っているところの写真が好き。
メガネ男子の翔くん、楽しみだわ。


DVD化されたら、メイキングとかもたくさんはいるんでしょうかね。


って、ドラマのことを書きだしたら、何か長くなってしまったので、次ページ以降のバラエティ部分の感想、別途アップします。





 

2009.12.27 / Top↑

今日は、もうすっかり体調ももどったので、昼間やらなきゃと憂鬱の種だったワックスかけをして、ちょっとほっとした気分です。
スーパーの食品売り場もクリスマスからすっかりお正月仕様に変わっていて、とりあえずテンプレートもお正月仕様に変えてみました(すみません、PC版です。携帯のテンプレはまだそのままですね)
若干、こういうピンクは自分のイメージではないんだけどなあとも思ったけれど、まあおめでたい気分でいいかって!
今日は、昨日すっかり頭から抜け落ちていた、オリスタも買ってきて一安心。
嵐さんたくさんでていましたね。
改めて、会見の模様、読むと面白い。

アラシゴトでも、エンタメごとでもないのですが・・・
今朝の朝日新聞の生活面にシンガーソングライターのMINMIさんが、2年前の出産時陣痛が痛くてもだえるような中「うまれようと頑張っている赤ちゃんを応援しよう」と気持ちを切り替えたら痛みが和らいで無事に生まれたという自身の出産体験談を妊婦さん達に向けて語っているということが記事でのっていました。
MINMIさんの出産したクリニックの先生も「ミンミさんは、赤ちゃんを『出す』のではなく、『うまれいずる』のを手助けするような出産でした」ってコメントをよせていらっしゃって。これ大事ですよね。
自分の時はどうだったかって、もうはるか昔の話なんですけれど・・でも不思議と生まれる過程とか、生まれた瞬間のことって結構記憶に残っているんですよね。「うまれいずる」のを手助けするという感じではなかったけれど、お母さんも頑張るから、あなたも頑張って!という赤ちゃんとともに頑張ろう!っていう感じだったかなあ。

で、まあこれは出産の話ですけれど子育ても「育てる」というより「育つ」のを横でサポートしていく姿勢がいいんだろうなあと思うのがここ最近思うこと。
っていうより、成長してきた息子達はそうそう思い通りには育たないしね(爆)
彼ら自身の力を信じて、横で応援していられたらいいなあって感じる今日この頃です。


2009.12.26 / Top↑

昨日のMステスーパーライブ、嵐くん達は9時すぎの登場でした。
中3とみながら、誰がトリなのかなあとか「桑田さん?あゆ?SMAP?」な~んて話していて、そうしたら気が付いたらSMAP登場、「ここでもう登場なのね」何て言っていたら、福山さんで、嵐くん登場!!そして続いてEXILE。(9時前後にひと山ある感じなのね~」なんて言っていました。

そして、肝心の嵐です。
タモリさんとのお話の時間も長くて、嬉しかったわ。
国立のドシャ降りの最終日のこと(ここは、潤くん&翔くん)、
タモさんが「二宮は?」とふると
「個人の仕事も充実していて。リーダーのドラマにはじまり、まさかの相葉さん・・」
と相変わらずキレ味満点(でも、愛情あふれる)返しで。
そのあと、タモさんから「大野は?」とふられ
日焼け話。来年は美肌に努めるっていうと、もう全員から「美肌でなくて美白」っていうつっこみが。
そして、とどめは相葉ちゃんの A・RA・SHIの衣装、宇宙人説。
これにも、全員から(まあ、大ちゃんは笑っていただけかな)つっこみがきていましたが完全に5人の世界になっていて面白かったわ。
最後、昨日相葉ちゃんは27歳のお誕生日だったっていうことがご披露。昨日は志村さんにご飯に連れて行ってもらったそうです。(本当に、志村さんにかわいがってもらっていてよかったね!)

そして、曲はBelieveとEverything。
Believeはキレのあって良かったし、Everythingは年末の音楽番組としては初だったので嬉しかったかも。


ただひとつだけ・・ちょっと!衣装のことで(ちょっと、文句になってしまうので不快に思われる方は、これ以降はスルーしてくださいね)






スタイリストさん、
もう少し衣装考えてほしいなって思います。
衣装でいったら、先日のベスアーのBelieveとかは私は好き。あとメドレーの時のもまあ、賛否両論あるかと思いますが、私はあのくらいなら全然良かったと思います。

でも、昨日のはちょっと。
百歩ゆずって、潤くんと翔くんはまだいいかなあと思える。
でも、ニノのジャケットはどうなのかしら(シルバーで、フードみたいな襟になっていて、超逆三角形っぽくて・・
ニノの背丈にあのシルエットってどうなんだろう・・
それと、紫のパンツの組み合わせも私的には?
折角、ステキなんだからもっとすてきな衣装を用意してあげてほしいなって思うんです。
相葉ちゃんも、まあ着こなしているけれどあのジャケットの水色のラインは??とか大ちゃんのジャケットの水玉も目だないっていえばそれまでだけどどうなんだろう・・・
(こう思うのは私だけでしょうか・・)

お願いです。嵐のスタイリストさま。
紅白の時は、奇をてらわず、5人が最高にスタイリッシュにかっこよく見える衣装で歌わせてあげてくださいませ。



2009.12.26 / Top↑

もう、今日「H」もでちゃったので、書きかけだった「CUT」のパート2ほっこり編を、アップ。(とりあえず、記録しておきたいなと思うので・・・・)

今年の国立、去年は忙しい真っただ中で良く覚えていなかったので、今年はちゃんと記憶に残そうと気合を入れていたという大ちゃん、4人からみたら、大ちゃんの気合の違いは「全く感じられず、いつも通りの大野智」だったとか(笑)
(でも、今回の国立の話、良く覚えているよね)

国立の楽屋で、どうしてもカーテンを開けたいタレントと、それを止めるマネージャーコントをするニノと大ちゃん。
(まさか、そんなことやっているなんて知らなかった!!そのコントみたかったなあ、是非DVDの特典映像で)

日テレのACWは、嵐を嫌いな人にとっては苦悩の日々!
(これだけ、好きな人が増えたっていうことは、きっと嫌な人もいるのよね~。きっと。
それを、自ら行っちゃう嵐くん達がいいなあ)

ディズニー×誰かと言われれば嵐がはまる
(ニノは「へ~っ」って言っていたけど確かにはまっていました。ディズニーキャラに全く負けていなかったもん。でも、はディズニーにはまるのは嵐と言われて、20代後半男子としては、嬉しい半面多少微妙?笑)

5人で飲んだ帰り道別れるのが寂しい相葉ちゃん、ひとりでMステに出て、寂しい&不安だった大ちゃん。
(10年たって、これだけ一緒の時間を共有していても、別れる時名残惜しいって感じる仲間たちだっていうのがステキ! 5人でっていうのがあたりまえなのよね、大ちゃん)

ニノのマネージャーのように本読みに付き合ってあげている大ちゃん。
(今後も続きます?大奥の本読みも大ちゃんと・・)

翔くん→潤くんで「バラエティとかで、なんつうのか楽しそうで・・・・いいなあって思った」
(私も、今年の潤くんバラエティで頑張っている、それも楽しそうに頑張ってるなあって思ってました。翔くんにそんなふうに見てもらえていて、嬉しいよね)

国立のリハでポンコツロボットのようになっている相葉ちゃんを、笑いながらも「頑張れ、頑張れ」って応援していたこと
(ぜひ、そのポンコツロボットとそれを見守るみんなのあったかい様子もDVDに入れていただければ・・)







 

2009.12.25 / Top↑

昨日から今日にかけても、いくつかニュースがとびこんできていますが・・、実は一昨日の夜中から、おなかの風邪?(はきけ&α)で、体力低下、昨日は相葉ちゃんのお誕生日だったからそのメッセージだけ書きたいなと思ってアップしたら、その後熱まで上がってきて・・・でも、昨日は夜さっさと寝たのでおかげさまで今朝には熱も下がり、どうやら日常生活復帰です(どんだけ、リカバリが早いんだか 爆)
昨日の夜はご飯を作るのもかったるかったんですが、幸い昨日は下の子が塾お休みで塾弁もなく、2人に指示してお鍋を用意してもらいました。白菜切ったり、大根おろしすったり、まあ基本鍋なので切って煮ていくだけですが、頑張ってやってくれました。

そんなこんなで、今朝もだんながでる前に一瞬起きたもののゆっくり寝かせてもらって・・その後小6を送りだした後、いつもお世話になっているブログ様チェックしたら・・・わわわ・・何ですか・・・ズーム翔くん、コメントででていたんですね。こういう日に限ってですよ。それも、清史郎くんがコメントまでしてくれていたようで。
清史郎くんも嵐のお兄ちゃん達のこと知っていたのね。翔くんがあこがれの人だなんて。嬉しいわ!


昨日の花男ファイナルは生では結局観れなかったんですが、最初の部分だけは、録画しておいたので、今朝みました。(映画部分は、DVD持っているのでいいかなって)
嵐とのきっかけと言う意味でも花男は大きいし、そうでなくても大好きなシリーズなので、真央ちゃんと潤くんの2ショットでのコメントは嬉しかった。
潤くん、タートル似合っていたし、キラッキラッでしたね。
ドラマシリーズのダイジェストを観ていて、ひさしぶりに見直したくなってきちゃった。


さらに、昨日はニノの「大奥」正式に発表になったんですね。
相手役は柴崎コウさん。
もう、来年の10月1日公開に向けて公式HPも立ちあがっていました。(「大奥」公式HP
ニノと柴崎さんのコメントアップされていました。
それにしても、男女逆転の大奥。考えただけでドキドキしてしまいそうな設定ですが。
ニノも初時代劇、似合いそうですよね、りりしい若武者姿が。
それに剣の名手なようで、殺陣にも初挑戦ですね。
春から撮影開始ということなので、体調整えて頑張ってほしいなあって思います。
オリコン
ニッカンスポーツ


今日発売の「H」 「嵐TV」も買ってきました。
まだ、ざっとしか見ていないので、あとからゆっくり読みたいと思います。


あと、昨日具合悪いけれどどうしても郵便局まで行かなければならない用事があって、そのついでに「GQ JAPAN」買ってきました。

出た日に一応本屋さんでチェックはして、たった4ページだしなあとか思っていたのですが、麗しいお姿を放置するにしのびなく買ってきちゃいましたわ。
表紙はね、表彰式の時のおでこの出た写真(これはこれで、りりしい!)

でもね、中のグラビアが良かったんですよね。(でもね、って接続詞、おでこ写真は良くないみたい・・いえ、良くないわけではないけれど、まあ好みからいうとおでこでない方が好きかも・・)
見開き2ページのお写真。紺色のジャケット&細かい格子柄のYシャツエンジと紺のIVリーグ風ネクタイ それに黒の革手袋をして。
こういうオーソドックスなスーツとかジャケット。とか似合いますよね~。かっこいい。
知的で、できる男!っていう感じです。
そして革手袋と袖をまくった間からみえる手頸の華奢なこと。
まっすぐ前を見据えた目が印象的(は~と)
そして、インタビュー横の1ページの写真、こっちは生成りの綿or麻っぽい皺の入ったジャケットにベージュのボウタイをして、前のページが翔くんのシャープな知的かなっこよさをフューチャーした写真としたらこちらは、ほんわかした優しさあふれるもの。
目もおだやか~な感じで、唇のふっくら具合が印象的!
この2枚が忘れがたくて、お買い上げです。

インタビューページは1ページ。
内容的にはそれほど目新しいものはありませんが、最後の部分。
櫻井さんにとって輝ける男の条件とはなんですか?
「大人になるにつれ我慢したり、無理かなと先に考えることが増えるけれど、それよりも好奇心が先に行く人がいい。そういう意味で、子ども心を失わない男性ですね。」
だんだん、自分で自己規制して枠を設定しがちな年齢にさしかかるので、ぜひぜひこの気持ちで突き進んでいただきたいなと思いました。
いつまでも、輝いていると思うから!






2009.12.25 / Top↑

相葉ちゃん、27歳お誕生日、おめでとう!

今年は、嵐としての仕事の他に、志村動物園に加えて、「グリーンフィンガーズ」の舞台、「マイガール」の主演、体操のキャスターと大忙しでしたよね。

「グリーンフィンガーズ」は観ることはできなかったけれど、「マイガール」を観て、去年まではあまり私には見えていなかった相葉ちゃんの繊細さや優しさ(もちろん、今までもとっても優しいとは思っていたけれど、人の心のひだにそっと寄り添うような細やかな優しさっていうのかなあ)をよりたくさん感じました。

体操のキャスターも忙しい中、頑張っていましたよね。
抜群の運動神経を生かして、翔くんとはまた違う持ち味、アプローチで。
まだ、これは手探りなのかなあって思うけれど、細く繋がっていくといいよね。

そして、コンサートのソロ「ピカンチ」本当にかっこよかったです。
もう、キラキラしていて釘付けでした。

すごく、もりだくさんな26歳だったね。
バラエティに欠かせない相葉ちゃんの明るさ、テンションも大切に、27歳もたくさんいろんな経験ができるといいね。




 

2009.12.24 / Top↑
途中で、レポが途切れてしまいましたが、東京DOGS最終回でした。
別に面白くなかったから、レポが途切れたわけでなく、単にそこまで手がまわらなかったせい。
逆に後半、神野の話に絞られて、テンポ感もでてきて私はどんどん見たくなったかも。
最初のうちは、奏と、奏ママとの電話のやりとりとか(また、緊縛した場面で必ずどうでもいいようなことでかかってくる)、実家でのくだりとか・・若干のうっとおしさを感じたりもしたんですが、だんだん慣れてきたのか、若干トーンが抑えめになってきたからなのか・・小栗くんの戸惑う顔がかわいいから(キュン!) まっ、いいかっていう気になってきた。
(でも、あの妹の彼氏役の子の妙なテンションには最後までついていけなかったけれど・・)

マルオ(水嶋ヒロ)もはじめ若干どうかと思う時もあったけれど、すご~くいい奴だった。水嶋ヒロくんって、完全なシリアスな2枚目よりも(メイちゃんの執事とか・・)2.5枚目的な方がいいなあ。今回とかイケパラとかね。
あと、Mr.BRAINの刑事役はかっこよかったですけれど・・・ちょっと気弱で下っ端な感じがよかったかも。

神野が、仲村トオルさんで登場した時、ストーリーからのイメージよりも若干若くない?とは思ったけれど、由岐(吉高由里子)と恋人関係にあったという設定だからこのくらいの年代の感じなのよねって思った。

大友さん(三浦友和)とスーさん(志賀廣太郎)は、流星とアンフェアのトラウマがあるから、最後の最後で向こうの組織の味方だったなんてどんでん返しはないよね、って頭の片隅にあったけれどそういう展開はなく無事に終了です。

全体を通して見ると、あり得ない感じはいろいろにあったけれど結構テンポもあって面白かった(マルオと奏のぐだぐだなやりとりは、ほどほどな加減にしてくれると嬉しい・・あっていいから)

奏は、NY市警に本当に戻るのかな?
何か、フジはスペシャルか第2シリーズを考えているように思うんですが・・・・
どうでしょうか。




東京DOGS HP

東京DOGS #1  #2  #4  #5  #6



2009.12.23 / Top↑

「CUT」の、 MEN OF THE YEAR 2009 嵐が表紙を飾らせていただいて、それもメッチャ男前な大人な色気&かっこよさを漂わせたお写真で。
集合写真は2パターン、それにひとり1ページの写真、テキスト4ページ ステキです!

あと、嵐以外のMEN OF THE YEAR 2009には、
ユニコーン (再結成してパワーあったものね!)
瑛太 (確かに主演、助演と当たり年、CMもフォグバーや大人グリコと話題のものにでていたし)
エマ・ワトソン (ハリーポッターのハーマイオニーも大きくなって!!涙)
クリスチャン・ベイル、鶴巻和哉 (この2人は、私あまり縁がないんですよね)
是枝裕和&西川美和 (西川美和監督、目が話せません。是枝監督の「空気人形」はかなりみたかったんだけど、観れずに終わってしまった。この2人師弟なんですね)
西原理恵子 (いけちゃんとぼくのインパクト、ありました!)

あと、スパイク・ジョーンズの新作「かいじゅうたちのいるところ」の記事がたくさん載っていて、嵐以外にも読みたいところたくさんで、お得気分でした。


ということで、本題の嵐の部分。
まず、5人そろいの集合写真、2枚ともステキすぎる。
表紙になっている方は、何と言っても大ちゃんが魔王な雰囲気を漂わせていてステキ。
でも、トータルでみると中扉っていったらいいのかな「ARASHI Here,There,And,Everywhere」のタイトルが書いてあるページの方がより好き。
大ちゃんと潤くんは、ほんのり微笑んでいて優しそう、包み込んでくれる感じ。
翔、雅、和の3人はこっちをまっすぐに見つめていて、キュンとしちゃう。
ひとり写真も、ステキですね。
翔くんのひとり写真は、私のすごく好きな感じのパターンでとっても嬉しい。

記事は、5人の対談で、テキスト、構成は上田智子さんです。

上田さんの言によれば
(嵐は)彼ら独特のセンチメンタルな仲間感はパッと見の派手さで目を惹くものではないため、実は非常に高い理解力が必要なアイドルといえる。

うまいな~、上田さん。そういうことなのね。
私もはじめて嵐の存在を把握した頃、何かひっかかりどころの少ないグループだなって思ったことがありました。たとえば、山○とか赤○くん、亀○くん達って、まず個人として圧倒的にルックス含めインパクトがある。でも逆にいえばグループの中にあっても彼しかみえていない感じがあったりして(っていうのは、すごく外側からみた単なる私の印象です)
嵐は、誤解をおそれずにいえばせいぜいマツジュンなんですよね。
そしてルックスとか最初のインパクトからもう一歩踏み込んで、素の彼ら、チーム嵐としてのお互いの関係性、そして個々の才能に触れた時、どんどんどんどん深みにはまっていく気がする。
知れば知るほどはまる、嵐自身も嵐の曲みたいにスルメ型(最初からのインパクトというより、きけばきくほど、そのよさにはまる曲が多いでしょ)
「非常に高い理解力」って、その「知れば知るほど」って言う部分なのかなって思うのです。

そして、これだけガーッとはまると、追いかけって行った先に飽きが来るかなあとも思っていたんですよね。食べつくしてしまった感がでてきたりするのかなあ、って。
でも、今のところ全くないですね。
単に見た目が・・っていうことだけでなく、曲にしろ、コンサートにしろ、触れるほどにいろ~んな切り口が見えてくるので、同じものを繰り返しても飽きないし。
役者、キャスター等などの個々活動でも、本人達が進化していっているからそこにいろ~んな楽しみ、みどころが増えてくる。
それに、5人の関係性が、その組み合わせによっていろいろ呼び起される気持ちが違って、それもまたはいろんな味があって。
彼らを見ていると癒されることが多いけれど、大宮をみるラブラブな楽しさ、櫻葉にいだく好感と、山コンビの熟年夫婦のような信頼感、翔潤を見る時のちょっとドキドキな焦燥感とかというようにその中味っていろいろ。

それに、何と言っても、5人ともとっても上品でクレバーな人達いうのかなあ「人としての賢さ」っていうの、そういうのをみんな持っている気がします。
何もしないリーダーのように言われている大ちゃんだけど、彼の本質を見抜き判断する目は確かだなあって感じます。そして、自分が自分がってガツガツせずメンバー誰もが安心できる雰囲気は稀有な感じがするけれど、この大ちゃんが持っている独特の感じが嵐にとってどれだけ重要であるのかはちょっと踏み込んでみないと分かりづらい部分があったりする。ここでも「高い理解力」は必要ですね。
相葉ちゃんも、おバカ代表のようなポジションを担っているけれど、とっても繊細な努力家。まあ、天然なところはあるけれどね。
そして、人に対するわきまえ方は、品性を感じさせる。今回の「マイガール」で、元気なおバカキャラだけでない相葉ちゃんの魅力が随分アピールされたのかなあって思うけれど、これも第一印象だけでは分かりづらい部分ですよね。
潤くん、ニノ、翔くんは、パブリックイメージとの大きなギャップは少ないかもしれないけれど、本当にクレバーで多面性のある人達なので知れば知るほどもっと知りたくなるものがある感じですね。

たった、ワンフレーズだけとりあげて、これだけ広げるのもどうかと思いますが、これだけ語りたくなってしまうって、前に宝島にもあったかと思うんですが、「批評性に耐える(こういう表現だったっけ?)アイドル」であるゆえんかもしれません。

その1はCUTの感想といいつつ、私の嵐語りになってしまったので、その2はもっとテキストに沿った話にしたいと思っております。












 

2009.12.23 / Top↑

宿題くんも、翔くん出演のZEROも、昨日で年内最後。
おとといのオトノハも年内最後の更新って言っていたし、次々年内最後が続きますね。
あ~、寂しいなあ(レギュラーがしばらく見れないのはね)、それにあと1週間ほどで今年が終わってしまうなんて困るなあ。
1年1年、本当にあっという間です。去年の年末ってどうだったっけ?ということで去年の12月の今頃のブログをみていたら、ゲームニッキが終わったのが、ちょうどこの頃だったんですね。それをみて、また寂しい気持ちになってしまった
でも、花男ファイナルのDVDが発売、届いたり、相葉ちゃんがオシャレイズムに出ていたりの楽しい話題も。そして去年の秋クールは流星をやっていたんですよね。

話しをもどして、まず宿題くん。しずるさんと大ちゃんのコント面白かったし、大ちゃんすご~くしずるに溶け込んでいましたよね。
嵐くん達、若手芸人さん達が来た時のいじり方って結構突き放した感がある時と割合空気があったかい時といろいろだなって思ったりするんですが、しずるとは、何か全体にあったかい楽しそうな感じでした。

ニノのマジックはすごかった!最近は、一時ほどやっていないのかなあって思っていたけれど、オリジナルのものだなんてスゴイなあ。私には、なぜそうなるのか全く理解不能!でも、昨年末はドラマ収録もまだあったであろう中で、12回も忘年会によばれているなんて!(営業ですよね)

昨日は相葉ちゃんの前髪がおりていて、全体にストレートっぽくてかわいい感じ。これって、5人ドラマ仕様っていうことなんですか?
潤くんも、ここのところウェーブがかかっていて(この感じ、すごく好きです!)、これもドラマ仕様ですよね。
そして、昨日の翔くんのカウチンセーターもステキでした。(先日の一抜けの時のカウチンとはまた雰囲気が違っていてね)胸元を結構あけていたけれど、首元からちらっとみえる鎖骨にかけて、痩せてるなあって思った。

次は、1月4日 新年未公開蔵出しSP(^^)/


そして、ZEROも少し。
昨日は、翔くん今年最後の出演ということで最後に何が印象に残ったか感想を求められ、夏の終わりの総選挙で民主党が大勝して政権交代が行われたことを目の当たりにしたことを挙げていました。
翔くん、あの時は国立の後選挙特番に出演で大忙しの日程でしたよね。

そして、昨日は荒川静香さんのアルペンスキーの皆川選手へのインタビューがありましたが、それに関連して翔くんが上村愛子さんにインタビューした時の話もしていました。
年があけると、オリンピックの話題もさらに多くなってきますよね。
何で読んだかみたか、バンクーバーにも何らかの形で関われたらうれしいいと話していたように思います。
連ドラで忙しい時期だけど、オリンピック取材できればいいね。

昨日は濃紺のスーツにブルーの濃淡のストライプのネクタイ。
昨日のネクタイは、あまりこれまで見たことがなかったような・・・?


 







 

2009.12.22 / Top↑

少クラプレミアム、嵐が紅白出場ということで、VTRのメッセージ。

黒いタキシード姿の5人、Yシャツとネクタイの感じがいろいろで、この衣装何でみたんでしたっけ?(みたことある、って思うけれど思い出せない)

翔くんが、嵐としても、個々のメンバーでも番組に出演させていただきました。ここでしかできないライブもやらせていただいて・・と行って、曲名を思い出すためにワンフレーズくらい歌って(もちろん、鼻歌みたいな感じでね) 「My Answer」とか。
潤くんも、「アデイ」のリミックスとかもやらせてもらってって言って、ニノはその時いなかったよね、って。硫黄島でいなかった時だったんですね。

それでは、それぞれのコメントを
翔「街でも、たくさんの方に紅白おめでとうって言っていただきます。本当に大きな舞台に2009年たてることを嬉しく思っています」

雅「まさか、今年のしめくくりが紅白出場になるなんて夢にも思ってみませんでした。よろしくお願いします」
この後、一瞬の間とメンバーの爆笑、この微妙な空気に戸惑った顔をする相葉ちゃんに他メンが口ぐちに「あってるよ。あってる」
雅「何かさ~、俺の時だけ間違っているような空気でさぁ」
翔潤「いた、そんなことないよ、自分でそう思っているだけだよ」「あってる、あってる、大丈夫」
和「(笑いながら)どんだけネガティブだよ。普通にいったら、大丈夫だよ」
雅「そうだよね~、すげ~いいこと言ったなって思ってたのに、何か空気が変わったなって思って。よろしくお願いします」

  この空気感、デジャブ(笑) オリコンの時も何か似たような空気感だったような(爆) 

潤「紅白って言ったら、日本で一番大きな音楽番組だと思うんですね。かつ、日本だけじゃなく海外でも放送されるというのもありますし、海外にもいるファンの方に直接音楽番組を見ていただけるのはすごく嬉しいです」

和「本当に一生懸命嵐らしく2009年を締めくくれたらと思っておりますので、応援よろしくお願いします」

「ということで・・・」と話しを締めようとする末ズ。
そこにかわいく割って入る眼帯姿の大ちゃん
智「ぼくがまだ何もしゃべってないよ」
潤「いえいえ、カンペでそれではもう皆さんみたいな空気に・・・・」
和「(わざとらしく 笑)そうか、しゃべってないんだ」
潤「それじゃあ、まとめていただいて」
智「え~、紅白、60回目ということで、うちらは10周年ということでこんなことなかなかないじゃないですか?」
また、ビミョーな空気感
和「え、あるかないかだったら、ないです
雅「ごめんなさい、ないです」
潤「今年がギリですよね。ぼくらも10周年出し、紅白も60周年っていう記念すべき年は、初めてですからね。1回きりです。
智「精一杯ぼくら5人歌わせていただきます」

また、どSな末ズですよ。こう言う時は息ピッタリ(爆)
眼帯姿で、かわいく主張する大ちゃんにも、萌えなんですが・・。

5人「それでは、メリークリスマス!」
翔「また、スタジオにも遊びにいかせてください!」


紅白ネタについては、今朝のWSでも随分取り上げられていましたが、嵐はスペシャルメドレー、A・RA・SHIとビリーブ含む4曲(あとの2曲は選曲中)で約4分、初出場にしては破格に長いようですね。

大みそかのNHK「第60回紅白歌合戦」(午後7時15分~同11時45分)の曲目が20日、東京・渋谷の同局で発表された。ヒット曲をメドレー方式で歌う嵐は、初出場としては約4分という異例の長さでステージに立つことが、関係者の話などで判明した
 初出場の人気グループ嵐は、紅白新人としては異例の長さとなる約4分間にわたってステージに立つことが内定した。90年に長渕剛がベルリンから生中継で出演し、3曲を17分間かけて歌い、ほかの出場歌手の出番がカットされるハプニングがあったが、通常、初出場歌手に与えられる時間は1分40秒~2分前後。ベテラン勢でも3分前後が相場といわれる。嵐に紅白新人の平均持ち時間の倍にあたる約4分間も与えられるのは、NHK側が、嵐を国民的なグループと位置付け、60回の今回の目玉としてふさわしい待遇を検討した結果とみられる。
 同局はこの日、嵐の曲目を「嵐×紅白スペシャルメドレー」と発表した。井上圭輔チーフプロデューサーは「嵐は今年グループ結成10周年。デビュー曲『A・RA・SHI』から今年発表した『Believe』までを織り交ぜたものになる」と幅広く選曲することを強調した
。(日刊スポーツ


話しはもどって、少クラのプレミアムトークは、もと平家派。
TOKIOの城島くん、山口くん、V6の、坂本くん、長野くん、井ノ原くん、それにMCの太一くん。
コメントの東山さんに「おっさん」よばわりされていた(笑)6人ですが、おっさんトーク面白かったですよ。平家派はJrのころだから、もう20年くらい前のことなんですよね。なんか、お互いの突っ込みもいい感じ。思春期以降を共にすごしてきた仲間で、みんなそれぞれにステキに年を重ねていていて、すごく楽しくみれました。
最後、太一くんアレンジ、ピアノで6人で光GENJIの「Graduation」を歌ったんですが、すごく大人な雰囲気で、肩の力が抜けた楽しさがあってよかったです。何かチームワークもバッチリ。太一くんがCDだそうとか言っていたけど、本当に出してくれたら、私買おうかなって思いました。
坂本くんって歌がうまいって聞いたことあったけれど、本当に上手ですね。

あとは、プレミアムショーが関ジャニ、ステージレポートが山Pのソロコンで、トーマくんと一緒に踊っていました。
私はJrの頃の山P&トーマくんがシンメで踊っているところとか、当時は全然知らなかったけど、今見てもこの2人って何かすごくいいペア感がありました。



いつも、拍手をいただきありがとうございます。




巣篭もりさんへ
コメありがとうございました。
ひょっとしたら、翔くんかも・・とちらっと思いましたけど(笑)









 


 

2009.12.21 / Top↑

オトノハ更新されています。
今日は、12月20日、これが多分今年最後の更新なんですね。(さびしい~)
本当に、頑張ってしがみついてきた感じの1年だったかも。
特に、今年に入って、翔くんが一番な気持ちが強くなったから、オトノハに対する思い入れもどんどん強くなってきたかも。

お互い忙しかったね(笑)
って、ホントだよ!!でも、嬉しい悲鳴の忙しさだったと思うヨ。
来年もついていくからネ。



おうちでも、移動中もアロマな香りに包まれている翔くん。
大満足ね。
私も香りは大好きです。
でもね、今はアロマオイルとか焚いていない。
だって、家族といる空間では、結構不評なんだもん(爆)
だから、ラベンダーオイルを垂らしたお水をシュッってまいて、ルームコロンがわりにする程度。(これなら、ホントにほんのりなので)

若い頃から、香水やコロン類も大好きでいろいろ集めていたけれど最近は使うのも時々です。高校や大学の頃は、背伸びしてミス・ディオールやカボシャールが好きで使っていたけれど、20代後半以降はもっとさっぱりしたものがよくなって、ホワイトリネンが一番のお気に入りでした。
最近はさらに、新しく買うのはロクシタンのものとかかな。時代のせいもあるかもしれませんが、どんどんナチュラルな方向にいっていますね。

ファミリークラブで公開している、クリスマス&新年の直筆メッセージもWEBで公開になっていました。
それぞれのメッセージが、何かっぽいなあって思いながら、とっても温かい気持ちになりました。
メッセージありがとう!!






 

2009.12.20 / Top↑

今、オリコンのサイトをみたら、紅白で歌う曲が発表になっていました。
嵐は何と「紅白スペシャルメドレー」(詳しくはこちら→)
何のメドレーなんでしょう?楽しみですね。

さて、一昨日は、オリコン4冠のおめでたい話でしたが、今日はちょっと別視点で、ビルボードチャートです。

まあ、集計期間とか、何をどうカウントするかによりいろいろ数字は変わってくるものですが、こういう条件下ではこういう数字もありますよっていう話です。
(決して4冠に水を差す意図は全く無いので、ただお祭り気分を壊されると感じる方はご遠慮ください)

ビルボードのチャートは、11月までが集計の対象です。(オリコンは12月の2週めまでかな?)
あと、「初回盤、限定盤、通常盤が別集計されている推定売り上げ枚数を商品タイトルごとに合算した」ものだそうですが、最初は盤別に集計されているのかなと思いましたがそうではないってことですよね?両A面のものはそれぞれでのカウントのようですが、通常盤が別なのか、どこと一緒になっているのかはちょっとわかりません。(どなたか、ご存知の方がいらっしゃったら教えてください)

まあ、参考程度にみていただけたら。

2009年度のシングルは

1.「愛のままで」 秋元順子
2.「Believe/曇りのち快晴」 嵐/矢野健太starring Satoshi Ohno
3.「明日の記憶/Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~」 嵐
4.「Everything」 嵐
5.「マイガール」 嵐
6.「イチブトゼンブ/DIVE」 B’z
7.「RESCUE」 KAT-TUN
8.「ひまわり」 遊助
9.「ONE DROP」 KAT-TUN
10. 「恋のABO」 NEWS

以下、50位までの嵐関連他、ちょっと面白そうなところを拾うと
11.「White X’mas」 KAT-TUN
12.「THE MONSTER~someday~」
13.「THE HURRICANE ~FIREWORKS~」 EXILE
14.「急☆上☆SHOW!!」 関ジャニ∞
15.「Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~/明日の記憶」 嵐
18.「MY LONELY TOWN」 B’z
28.「曇りのち快晴/Believe」 矢野健太starring Satoshi Ohno/嵐
(詳細はこちら


ちなみに、オリコンランキングをもう一度おさらいすると
1.「Believe/曇りのち快晴」 嵐/矢野健太starring Satoshi Ohno
2.「明日の記憶/Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~」 嵐
3.「マイガール」 嵐
4.「愛のままで」 秋元順子
5.「Everything」 嵐
6.「イチブトゼンブ/DIVE」 B’z
7.「RESCUE」 KAT-TUN
8.「ひまわり」 遊助
9.「ONE DROP」 KAT-TUN
10. 「急☆上☆SHOW!!」 関ジャニ∞

11.「恋のABO」 NEWS
12.「THE HURRICANE ~FIREWORKS~」 EXILE
14.「THE MONSTER~someday~」
20.「MY LONELY TOWN」 B’z
詳細はこちら

2つを見較べて、まあそんなに大きな違いはないんですけれどちょっと発見もあります。
まあ、ビルボードで秋元さん1位っていうのは、1種発売(1種類でオリコンでも4位だしね、それはスゴイ!)発売がそもそも2008年1月だしまあそうなるんでしょうね。

それよりも、すごいなあって思うのは嵐の両A面のものは、片方だけでも、よく売れたんだなあということ。
「Believe」は初回A(「Believe」のPVがついたもの)がやっぱりすごく売れたんですね。
あと、「明日の記憶」と「キミハムテキ」だったら、「明日の記憶」のPVがついた方が売れたんだなとか。
でも、「キミハムテキ」のPVの初回盤だって、ビルボードでみると15位で、要は15位以内に同じもののPV違いが2種類はいっているっていうことですよね。

あと、オリコンでは「マイガール」の方が上だけど、ビルボードでは「Everything」が上。これって、集計期間の影響だと思うんですが、ビルボードは11月いっぱい、オリコンは12月中旬まで入るから11月11日発売の「マイガール」は若干ビルボードでは不利だったのかなあって。でも、裏を返せば「マイガール」はまだまだ売れ続けているっていうことでもありますよね。(発売から1ヶ月以上たっているけれど、まだオリコンの週間の10位に入っているし、ビルボードでも10位に入っている。)
それは、10位と11位でNEWSと関ジャニがいれかわっているのも、そういうことなんだと思います。

参考までに、アルバムチャートも。
ビルボードは、
1位 「EXILE BALLAD BEST」 EXILE
2位 「ALL the BEST!1999-2009」 嵐
3位 「SUPERMARKET FANTASY」 Mr.Children
4位 「塩、コショウ」 GReeeeN
5位 「ayaka’s History 2006-2009」 絢香
6位 「DO YOU DREAMS COME TRUE?」 DREAMS COME TRUE
7位 「Box Emotions」 Superfly
8位 「CALLING」 コブクロ
9位 「レミオベスト」 レミオロメン
10位 「My song Your song」 いきものがかり
詳細はこちら

オリコンの方は、
1位 「ALL the BEST!1999-2009」 嵐
2位 「SUPERMARKET FANTASY」 Mr.Children
3位 「塩、コショウ」 GReeeeN
4位 「愛すべき未来へ」 EXILE
5位 「EXILE BALLAD BEST」 EXILE
6位 「ayaka’s History 2006-2009」 絢香
7位 「DO YOU DREAMS COME TRUE?」 DREAMS COME TRUE
8位 「レミオベスト」 レミオロメン
9位 「Box Emotions」 Superfly
10位 「CALLING」 コブクロ
詳細はこちら

1位が入れ替わっているのは、集計期間のせいですね。BALLAD BESTは去年の12月発売だと思うし。
こうやってみると、EXILEは、発売日をオリコンよりもビルボードの集計に合わせてきているのかなあ。(「愛すべき未来へ」もビルボードの集計締め切り後の発売ですしね。まあ、全く関係ないのかもしれませんが)





2009.12.20 / Top↑
オリコン4冠達成の授賞式の映像、今朝ズムサタとめざましでみれました。
両方とも結構大きく扱ってくれていてうれしかった。
前の記事とは別立てでメンバーのコメントの内容と感想です。
昨日の記事はこちら→)


めざましは、6時台で。
嵐史上初の4冠達成! 
シングルTOP3独占は、光GENJI以来、21年ぶりの快挙、
アーティストトータルセールス4冠
ということが、まずあって、

<コメント部分>
翔「あれだけトロフィーをいただくといやちょっとすごいんだなって今初めて感じたような・・・」

雅「ぼくらの結果じゃないけれど、聞いてくれたっていう票は数字であらわされるじゃないですか」
和「うんうん、頑張って、頑張って」
雅「(隣のニノに向かって)うるさいよ、いちいち。ちょいちょいちょいちょい・・・・本当に光栄ですね」
和 爆(もう、すご~く楽しそう)
雅「来年も1歩1歩ですよ。3歩進んで・・」
メンバー 爆
潤「もう少し、簡潔にならないの?」
和「長いんですよね」

もう、にのあいが最高!そして、そのにのあいに突っ込みを入れる潤くんと、そんな風っ子達を、笑いながら見守る山コンビが、もう ザ嵐っていう感じでいいなあ。

(明日の記憶 PV)
潤「印象に残っているっていうことと言えば、うちの大野さんがどんどん黒くなっていった年だっていう・・」
インタビュアー「黒さが成長みたいな感じですよね」
翔「いや・・コメントをお願いしたい(大ちゃんを促して)」
智「いや、でも今は大分白いですよね」


潤くんの言葉をききながらの大ちゃんの表情。すかさず突っ込みをいれる翔くんとそれの答える大ちゃんの様子 と、なんかふだんの宿題くんを見ている感じで、この自然体な雰囲気がいい感じ。

(マイガールPV)
NA「そんな今年を漢字一文字で表すとしたら」
雅「嵐!」
和「爆発的に頭悪いですね。どうしたんですか?今日」
雅「爆発的に頭悪いってはじめて言われたよ」




一方、ズムサタでは、2回やってくれました。
まず1回めは5時台に軽く。
ナレーションで大ちゃんのコメントを流した後、
NA「今年を感じ一文字で表すと」
雅「嵐!」
和「「爆発的に頭悪いですね。どうしたんですか?今日 びっくりしちゃいましたよ」
雅「結構、いいこと言ったと思ってたのに・・」

また、同じ今年の感じは「嵐」の部分を使っていても、その後のコメントの編集が日テレとフジではちょっと違っていて。

そして、6時台「よくばりエンタ」のコーナーではたっぷり。
4冠達成、シングルTOP3独占の見出し後のコメント部分

智「何か僕らのことのようにはまだ感じられず、ほんと夢のような気持ちでいっぱいです」
雅「今まで一歩一歩ひとつひとつ丁寧にやってきたことが、こうやってこういうこと(4冠)につながったと思うので、来年からもですね、一歩一歩着実にね、みんなね(メンバーを見回して)やっていこうとそんなふうに思っております」

今年のシングルTOP5のうち嵐は4曲を占めたということで、T0P5をPVで紹介。
(2位が櫻井翔さん主演「ザクイズショウ」の主題歌、1位が櫻井翔さん主演、映画「ヤッターマン」主題歌っていう流れの後だったので、たぶん、「主演作品の主題歌がが1,2位ですね」みたいなふりをうけてのコメントだと思います)
翔「うれしいですけれど、ただ作品(ドラマや映画)とともに、他のメンバーに後押ししてもらっている部分が大きいと思いますし、CDとしては5人の作品としてとらえているので・・・」

TOP3の独占は光GENJI以来21年ぶり、2年連続1,2位独占は史上初とのナレーションの後、今年は紅白初出場と、その時の新聞紙面がでて。
潤「今年の年末、大みそかまで5人で突っ走っていくためにまたここでパワーをもらったと思うので、今年2009年、最後の締めくくりをしたいと思いますし、来年も頑張っていきたいと思います」
和「ぼくらはやっぱりジャンプアップするグループではなく、ステップアップしていくグループだと思っています。一歩、一歩目の前にあるものを嵐らしくやれたら幸せだと思います」


めざましの方は、全体に笑いをとる嵐らしいやりとりが中心で、なんか空気感がとっても楽しかった。
ズムサタはねひとりひとりのきちんとしたコメントをやってくれて、何よりそれが有難かった。

これね、私の脳内はもう嵐にひたりきっているので、冷静な判断はできないんですが、たとえば「嵐っていうアイドルグループがここのところ売れてるんでしょ。」程度の認識の人がめざまし、ズムサタ5時台、ズムサタ6時台をどれか1つしかみなかったとしたら、その人の中にイメージされる嵐像ってまたちょっと異なったものになりそうだなあ、なんて思ったりもしました。



あと、ズムサタの方では、北澤さんが小窓の中で、すごく感心しながら聞いてくれていて、VTRが終わってスタジオに戻った時、「メンバーのコメントが謙虚でいいですよね~」と言ってくれていてその北澤さんの感心し具合も結構嬉しかったかも。

その他、WEBでニュースをひろっていくと、

 さらに報道陣から「じゃあファンにメッセージを…」と問われた際に、「じゃあファン」を「ジャパン」と5人とも聞き間違え、大野が「ジャパンのみんな、ありがとう」と頭を下げるなど、笑いの絶えない和気あいあいの会見に。今年の“ジャパン”を制したゴキゲンな5人組が、紅白でも気合のステージを見せるに違いない。
サンスポ

4冠獲得はオリコン史上初。4本のトロフィーと表彰状を5人で分け合い、櫻井翔(27)は「1人では一気に持てない数だけど、5人全員で持てるのはうれしい」と会心の笑みを見せた。(中略)大みそかにはNHK紅白歌合戦にも初出場する。松本潤(26)は「まだ僕たちの音楽に触れていない人たちに触れてもらえる機会になれば」と抱負を語った。
スポーツ報知


改めて、おめでとう!よい10周年になったね!

<追記>
今、WEBで、記者会見の方のこれで全文になるんでしょうか?読んで。
やっぱり部分的に見るのと受ける印象って違ってくるなあって。
読んでるうちに何かウルッとしてきちゃった。
テレビにしろ、新聞にしろ、当たり前の話だけど、どう切り取るかで印象はいろいろ変わってくる。
もちろん、日テレさんの切り口でも、嵐の真摯なところは伝わってくるけど・・もっとこんなこともいっているんだとか思うことはありますよね。
フジだと、嵐のチーム感とか面白さは伝わってくるけれど、謙虚で真摯なところは今一つ伝わらないような気もする。
まあ、メディアってそもそもそういうものなんだけれどね。



2009.12.19 / Top↑
あらためて、オリコンシングル、アルバム、DVD、アーティストトータルセールスの4部門1位達成。さらには、シングル1~3位独占、かつ今年リリースしたシングル4枚が5位以内に入るという・・・快挙!!おめでとうございます。
本当にこれは中々破れない記録ですよね。すご~い。
授賞式には、5人で出席。(去年は、リーダーと翔くんの2人で出席でしたものね)
潤くんが表彰状を、4人がそれぞれの部門のトロフィーを受け取ったとか。
まだ、5人の授賞式の映像みれていないんです。
でも、とりあえずオリコンのサイトにいったら、授賞式後の5人のインタビューが、アップされていました。(こちらから→)
いかにも5人らしいやりとりです。
授賞式のインタビューも、新聞記事に若干のってますが、相葉ちゃんニノのかけあいも面白そうで、早くみたい。
また、みれたら追記したいと思います。


【オリコン】嵐、史上初の年間4冠 今年を漢字1文字で表すと「嵐」
パッケージの実売枚数に基づく『第42回オリコン年間ランキング2009』(集計期間:2008/12/22付~2009/12/21付)の発表会見が18日、都内で行われ、シングル、アルバム、ミュージックDVDの3部門で1位を獲得した人気グループ・嵐が出席した。紅白初出場を決めるなどまさに独壇場ともいえる活躍に、報道陣から今年の漢字1文字を問われると、相葉雅紀が「嵐!」と即答して爆笑を誘った。
YAHOOニュース


<追記>
朝、めざまし、ズムサタで会見映像捕獲!
結構たっぷりやってくれて、使われているコメントもそれぞれちょっとづつ違ったので、後からレポしたいと思います。
いや~、5人で並んでいて嬉しそうだったし、面白くて嵐らしさあふれる会見だったようですね。

今朝は、朝いちから小学校の展覧会を観に行ったら、ステージ発表の踊りで6年の女の子のグループでラブソーの曲に合わせて、すっかりラブソーのふりをコピーしている子達がいたり・・家庭科作品の布で作るリュックサックの飾りにARASHICとアップリケしている子がいたり・・
ホント幅広い人気だなあと実感!(っていうか、幅を広げているのは私の方かもしれませんが・・爆)
今日はこれから、午後保護者会にも行かなきゃならないので・・・夜アップできればいいなあ・・

2009.12.19 / Top↑

全国の翔坦の皆様!!
昨日のキラキラ王子は違いましたね(は~と)
翔くん、マネキン初の一抜け、おめでとうございま~す!!!!

クリスマスデート服がテーマだった昨日、カウチンセーターに赤のマフラー、ジーンズにムートンブーツで、「冒険するのはやめた、今日は面白みゼロ」と言っていた王子(スミマセン、このコーナー面白みを競うコーナーではないので、念のため)
MOREモデルの篠田麻里子さんに選ばれて一抜けですよ。
良かったね~。何が嬉しいって、私は、半分鼻を赤くして嬉しがっていたあの顔がみれたことが大満足だわ。「最近、服買いに行くと店員さんが超やさしい」って言っていて(みんな、観てるのね)、最初の人に関しては、絶対自分のところにはこないだろう、でも最初に前を素通りしていった時、微妙に鼻の頭に皺をよせてみせていて・・・でも、きたね~。
何気に松島さんもすごく喜んでくれてて、よかったね。
(って、ここまでで、どれだけ行数を使うんですか、って話しです。でも次いつこんなことが起こるかわからない 爆 ごめんね、翔ちゃん)

昨日は、2抜けがニノ。
ニノはグレーのジャケット、その上に同系色でまとめたグレーのベストをはおっているのがポイント。クリスマスカラーの赤チェックのネクタイをして。
ニノはいっつも、シックに大人っぽくまとめますよね。このスタイルステキですよ。

3位抜けは大ちゃん。
ボア付きのピーコートはかわいいし、全体のシルエットもいいですよね。
昨日は目にできものができて、眼帯着用。吉川ひなのさんじゃないけれど、眼帯をしてくしゃっと笑う顔に萌え~かも。

4位抜けは潤くん。
白のダウンにチェックのベスト。ディズニーランドに行くことを想定して、足が疲れないサンダル着用。
潤くんって、何気に毎回チャレンジャーですよね。相葉ちゃんのチャレンジの方向性とは全然違うんだけど。
上はいいけど、私もサンダルは????だな。

5位抜けはゲスト陣内智則さん。
赤チェックの七分丈パンツ、確かにかわいいっちゃかわいいけどかなり微妙。
寒そうだしね。

そして、まさかのラスト2に相葉ちゃん。
相葉ちゃん、今までこんな目にあったことあったっけ??
古着の赤のニット、バンダナ柄のストール。
相変わらずかわいいんですけどね。
でも、売れ残りにはならずに済んで、選んでくれた熊澤枝里子さんが「はじめから決めていた」って言ってくれたから、ショックもちょっと軽減。

本日の売れ残りは、ロックでマセキチェーンをじゃらじゃらの狩野英考さんでした。

私的には、やっぱり今日の一番は翔くん(は~と)でした。



順序が逆ですけれど、もうひとつはVIPルーム。ゲストは、今度「特上カバチ」で翔くんと共演する堀北真希ちゃん。
私、堀北真希ちゃんってあの年代ではかなり好きな女優さん。
野ブタの頃から、上手しいいなあって思っていました。

真希ちゃんの嵐5人の印象は
翔「キラキラしている王子様」 キラキラしている印象があるんですって。「(こういう言われ方されるの)すげー、慣れてない」(by本人)
和「物凄い演技派」 「青の炎」を劇場でみていて、そう思ったって。たしかに~。
潤「本当は優しい人」 どS番長だけどね、そう思いマス。
智「色黒な芸術家」 これを聞いている時の、大ちゃんの笑い顔が好きです!
雅「う~ん、つなぎの人」 ニノの「小麦粉の人?」ってつっこみが好きだわ。

真希ちゃんは1人上手ということで、「1人でできるかなチェック」
Q1 1人映画
松島○ 翔○ 潤○ 堀北○ 和○ 雅○ 智○
Q2 1人焼き肉
松島× 翔○ 潤○ 堀北○ 和○ 雅○ 智○
Q3 1人カラオケ
松島× 翔× 潤× 堀北× 和○ 雅× 智○(大ちゃんのEXILEききたいです!)

私も、1人全然OKな人なのでカラオケは微妙だけど、1人焼き肉は潤くんと同じで、何か自分なりの理由があれば全然OKかも(行ったことないけどね)

あとね、昨日は1人鍋にはまっている真希ちゃんに、潤くんが鍋のプレゼンをしました。そして、いちいち「松(★のパクリ)、いくついただけますか?」「松3っついただきました!」とかやるんだけど、自分でもかなり照れているんだろうなっていうところが見え隠れしているところが、笑っちゃう。潤くん、最近かなりバラエティにチャレンジングよね。

あと、爆笑顔が好きだという真希ちゃんに、真横に座って真希ちゃんのダジャレを聞いて爆笑顔をする企画。
「お母さ~ん、コンドルがパンツにくいコンドル!」には笑わせていただきましたし、5人の爆笑顔はこわすぎたし。
でもなぜかラブソファーに2人で最初に座るところ、それもあの距離で顔をみつめてダジャレをきく翔くんに無用にドキドキしちゃった私でした。


年内の嵐ちゃんの放送はこれで、終わり。
来週は花男ファイナルということで、終わりに潤くんと真央ちゃんで番宣がありました。
年明けは14日ということなので、1ヶ月ないんですね。なんか、寂しいわ。

2009.12.18 / Top↑

昨日、翔くんがGQメンオブザイヤーに選ばれた記事をエントリーしました。(→こちら
そして、昨日のZERO、今朝のWSと、授賞式の映像流していました。
黒いタキシードにフリルのシャツ、前髪はかなりあげて、おでこ出してましたね。
(キリッと大人の雰囲気でしたよ)



それで、面白かったのは、局、番組によって扱い方というか流すコメントも違うこと。
まずZERO。最後のTOPICSのところでとりあげてくれていました。
そして、翔くんのコメントは
「今年は、特に超一流のアスリートの方々にも話しをたくさん伺いましたし、また報道の現場にも出られたので非常に充実していました」
ZEROについて語っているところを流していましたが、この内容を見たのはZEROだけでしたね。

「めざにゅ~」「めざまし」めざましは6時台で。
翔くんコメントは
「2009年は、ぼく達嵐にとって10周年の年だったんですけれども幸せをたくさん感じる1年でした」
一緒に、三谷さんや鶴瓶さんのコメントも流していました。(こっちも、面白かったです。三谷さん「2009年は僕達嵐にとって・・・」とかしゃべりはじめて、鶴瓶さんにつっこまれたりしてました)

「ズームイン」はやはり6時台特に、6時台前半の扱いが長かった。
授賞式だけでなくて、国立の映像も流していました。
そして、「めざにゅ~」で流れたコメントに加えて、
来年の抱負は?
「また、今年まいた種もたくさんあると思うので、ぼく達11年目に入っていますが、そのまいた種が花をさかせられるようにたくさんの方に嵐を知っていただけるように活動していきたいと思います」
そして、羽鳥さんから愛ある一言(ありがとう!)
「少しでも、ズームインでも水をまいてあげられれば・・」
三谷さんや鶴瓶さんのコメントはなしで、翔くんだけでした。

そして、「スッキリ!」冒頭で。
簡単にGQの映像流した後、スッキリが女性100人にきいた「今一番輝いている男性は?」
1位 石川遼
2位 嵐
3位 加藤清史郎
4位 水嶋ヒロ
5位 オードリー
6位 市川海老蔵
7位 EXILE
8位 鳩山由紀夫
9位 はんにゃ
10位 石田純一

で、ここでは嵐は2位だったんですが・・・、
この部分で翔くんのGQ映像
「本当に多くの方にお祝いいただいて、たくさんのファンの方に支えていただいて幸せを感じる1年でした。」

この後、テリーさんが嵐のことを「嵐の存在はディズニーランドに似ている。誰が行っても楽しい」ってコメントしていました。
(コメンテーターの弁護士の本村さんが。頼まれてアルバム初回盤を買いに行って、予約段階で、もう売り切れでだめだったって話していました)

こうやってみると、トータルでは結構しゃべっているんだなあって。
(全部フルで見せてくれることはないのかしら・・GQジャパンには全文のるんでしょうか)

何はともあれ、去年の潤くんに引き続き2年連続で嵐が受賞!
それもまた嬉しいですよね。
来年も、翔くんはじめ嵐5人輝き続けますように!





 


2009.12.17 / Top↑

はねとびはしょっぱなから「やや嵐」、全然似てないんだけど、微妙な特徴のつかみ方だけど・・笑っちゃうのよね。

さてさて、昨日はまさに翔くんdayで、とっても幸せな夜でした。
ベストヒットアーティスト2009と、それに先立つ番宣番組。
まだ、リピはできていないんですが、とりあえず印象に残った部分を書きとめておこうと思います。

まず、オープニング「ビリーブ」からスタート。
今年はフューチャーしてくれてそうだから、ひょっとして・・・とは思いましたが、やっぱりこんなふうに始めてくれると軽く感動ですよね。
もう、オープニングから、キラッキラッしていてステキです。
そしてそれが終わり、羽鳥さんと西尾さんがでてきて嵐5人と一緒にオープニングトーク。さすが、総合司会ですね。本当に翔くん中心に司会進行がすすんでいくんですね。(これも、予想できたこととはいえ、その堂々とした進行ぶりに軽く感動!)
そして、翔くん以外の4人はビックサイトに移動します。

まあ、この後ずっとですが、総合司会として曲と曲の間必ず登場してくれるのが、メチャうれしい。
翔くん、黒のタキシードに白いネクタイでバードさんの茶色いタキシードに比べると、すごくオーソドックスな装いではありますが、こういうところで変にキラキラしたタキシードを着るよりシックで上品な印象があって私は好きです。
(逆にバードさんはバランスとして、2人黒よりいいと思うよ)

ジャニーズ勢との絡みは楽しかったですね。
まずは、V6と関ジャニ。
V6もアニキ分として、翔くんに対してちょっとイジリタイ感じがあって、愛を感じるから何かうれしかったし、関ジャニについては翔くんの方でも横山くんに話ふって、ヨコがわけわかんない(笑)返し方していたり、何かほのぼの感がかいまみれて嬉しかった。

そして、極めつけはTOKIOの兄さん達。登場して有無をいわせず、松岡くんが翔くんのお顔のテカリをおさえてくれるし(爆)、翔くんの司会に対して「噛めって言っていた」といいつつかわいがっている感じが伝わってくるし、太一くんは何か楽しそうに翔くんと小声で話しているし。翔くんも、トキオ兄さん達と、Gスタで会えて嬉しいんだろうなって思った。

そして、TOKIOのメドレーが終わったら、
「翔ちゃん」よびの相葉ちゃんをはじめ、4人がビックサイトからの映像で登場して「出番に間に合わなくなるから早く来て!」って。
そのあと、移動のワゴンに向かう翔くんにちょっかいをかけて妨害をしようとする松岡くん(その2人の様子も楽しそうで、かわいい!)
TOKIOの兄さん達から可愛がられてるなあって思いました。

逆に、にゅうすやかつんとは割にあっさりしていましたね。

そして、ビッグサイトに移動。
嵐の出番、いつなのかなあと思っていたら、結局トリでしたね。

「truth」 「ワンラブ」 「ARASHI」 「ハピネス」 「感謝カンゲキ」のメドレー。
本当にたっぷりやってくれた感じで大満足でした。
ARASHIの出だしのラップ部分、かっこよかったわ!

とざっくりですが、しばらくリピしそうなのでまた細かく見直して、個別に感想を書くかもしれません。

翔くんの司会は、時間もドンピシャでおさまって、4時間生なのに、さすがだなあと。
それに、両横が羽鳥さんと西尾さんで、なごやかなムードが流れているし、赤坂さんともMラバのスーパーライブでもご一緒で息ぴったりだし。
みていて、本当に気持ちがいい時間をすごせました。

番組全体としても、基本最低2曲はしっかりやっていて、メドレーも多かったし、見ごたえがあったなって思います。個人的には、レミオロメン、絢香さん、平井堅さんは好きな曲もやってくれて嬉しかったし、ポルノグラフティのメドレーもよかったです。

翔くん、4時間本当にお疲れ様。よい番組になってよかったですね。

あと、16時頃から放送された番宣番組。
前半、20分くらい?翔くんと羽鳥さんでいろいろしゃべっているんですが、何しろ、羽鳥さんとの2人トークなので番組以外にも、嵐の話やらで結構脱線していて・・・楽しかったです。これはかなり雑談なんですが、追記できれば、概要をあらためて。
番組としては、あとは基本出演アーティストの紹介でした。

昨日は夜8時頃からだったかNHKでも紅白の番宣番組を裏でやっていて一応録画してチェックしてみましたが、これは出演アーティストとして名前と写真がでていた程度でした。(紅白の番宣には、あまり前向きになれないかも)



2009.12.16 / Top↑

翔くん、「GQ Men of the Year 2009」 受賞です

塾弁を持って行く途中、電車の中でいつもお世話になっているブログ様、何か新しいこと起こっているかしらって何気なくみたら・・・
いっつも爆弾は突然にやってきます。これ、去年は潤くんが受賞したんですよね。

2009年の受賞者は、
櫻井翔(歌手/俳優/ニュースキャスター)
岩隈久志(プロ野球選手)
笑福亭鶴瓶(落語家)
原田泳幸(日本マクドナルドCEO)
三谷幸喜(脚本家/演出家)
の5名

翔くんについては、

主演映画『YATTERMAN~ヤッターマン~』が、興行収入30億円の大ヒットを達成。日本テレビ系『NEWS ZERO』のキャスターとしても、今年で4年目を迎えた。自身が所属するグループ「嵐」の10周年記念ツアーでは、史上初となる国立競技場での3日間連続コンサートを開催し、日本の音楽史に歴史を残した。

ってGQのHPには紹介がでていました。

GQ.COM

また、授賞式のコメントとして、
嵐としての1年を「充実していました。10周年をたくさんの人に祝っていただいて、大きな幸せを感じる1年でした」と振り返った
とありました。

MAINICHI KiReI


嬉しいわ!!!
今年もっとも輝いた男性ですよ!
(もちろん、ずっと輝いているけれど・・・世間的にもそうだったのよね)

明日のwsチェックします。





2009.12.16 / Top↑

昨日の宿題くんは、メチャメチャ笑いました。
もう、まるまるおバカ運動会でしたから。
ゲストは安田美沙子さん。かわいいですね。そしてフルマラソンにはまっているって。
ホノルルマラソンにも出るんですね。
(実は、うちダンナもここ2年くらい、走ることにはまっていて先月もフルマラソン走っていました。すごく仕事が忙しい中でも走っていて、走らずにはいられない感じになってくるみたいです。だから、安田さんが、フルマラソンを走りきった時「これからがスタートだ」って思ったっていう話、ダンナをみているとある種納得できる感じがしましたね)

話しは戻して・・・・オープニングから、かわいかったですね。
あの箱の上で手をふっている二人、この世の20代後半男子とは思えないほどカワイイ!何なんでしょう。昨日の大ちゃん、何かすっきりして見えて・・いつもとどこが違ったんだろう・・そして、潤くんは髪の毛ウエーブがかかっていて、フワフワでステキでしたね。
翔「今日は勝てるんですか?」
智「勝ってます!」
年下4人は、リーダーとことかわいくてしょうがないんだろうなあって思います。

アドレナリンがでまくっているという安田さんのために、今回はおバカ運動会。
ごほうびの高カロりー料理を競います。
チーム分けは、安田さんチームが相葉ちゃんとニノ(翔くん、勢いよく立候補してみたのにね!)
櫻井チームが、潤くんと大ちゃん。

何か昨日は、とっても潤くんが戦闘モードでノリノリでしたね。
のっけから「絶対負けね~からな!!!」
そして、ああいう時受けてたつのは、やっぱりニノなんですね。

寝袋ビーチフラッグ。
あのたらこキューピーのような姿がそもそもかわいすぎるんですけれど(爆)
なかなか立ちあがれずもがいていた翔くん、途中でボーゼンとしていたお顔が・・あれをキュートと思ってしまう私もビョーキだなあって。
4人はすばやくてすごかったですね。
そして、2回戦のチョコチョコ歩き。ここでも、潤くん何気に戦闘モード全開で、相葉ちゃんに「絶対つぶしてやるからな!」でも、自滅しちゃうところがいいよね。
そして、最後は、寝たままで進む。リーダーが最後、ゴロンゴロンってまわって、チョコンって頭を枕にのっけたところが好きです!(何か、別の生き物をみているよう 爆)

そして、次は二人三脚走り幅とび。
翔くんやらせてもらえなかったね。
オグさん、「翔くんパア出しなさい」って、グーパアなのにね、何を意図してたんでしょ。
でも、伴走する翔くんと、間にリーダーがいるに、「近っ」って反応している潤くんに笑ったわ。
相葉ちゃんのリーダーシップ、メチャメチャ男前でした、

ラーメンを前に、「分け合えば仲好しだろ!」っていう潤くんがステキすぎた。
なんか、バラエティ絶好調だなあ~、何かちょっと降りてきて来てるかなあって思ってました。

そして、大縄とびジェスチャー、翔くん、神すぎるわ!
なわとびとびながら、ムーンウォークするなんて!!

そして最後は、5Mトラックグルグルバットリレー。
フラフラになりながらも、よくできるわ~。私は三半規管弱いので、回る系は苦手です。

今回みたいに、ずっとフルにおバカ運動会の企画いいなあ。5人でワチャワチャがやっぱり一番楽しい。そういう意味では、安田さんの存在感が強すぎず(かといって、ゲストだから弱すぎず)ほどほどの感じですごくいい感じでした。
オグさんも気になった時だけ入ってくるし、本人がかなり気を抜いているのがわかるからあのくらいでちょうどいい感じでした。(まあ、今日は比較的頑張っていた方かもしれないけれど)



ZERO

今回はイチメンのみでしたが、一番「オオッ」って思ったのは、最後の「VOICE」のコーナー。今年のMVPはというお題です。
31歳化粧品会社勤務の男性が「今年のMVPは嵐だと思います。私もCD買いましたし、今年は男女関係なく人気があったと感じました。」
と言ってくれたこと。
翔くんも、「同世代の男性の方に言っていただけて本当に嬉しいです」
って言っていました。そして、実際ちょっと照れた顔をしながらも、本当に嬉しそうでした。
女子から人気があるのはまあ当然として、男子から支持されるって、アイドルとしてホントうれしいんですよね、きっと。今年は、コンでも男性パワーが目立ったし、そういう意味でもよい変化の年でしたね。

スーツは、ピンクのタックの入っているネクタイでちょっと変わっていてステキでした。
濃い色のスーツと合わせてくれていて、さわやか印象になっていました。
あと、ZERO仕様の中では、昨日の前髪の感じ好きでした。(たぶんしっかり分け目をつけていないんだと思うんですが)


最後に私信:

みずほさま

はじめまして。
お名前だすのは、よかったでしょうか?
一言お礼をと思いまして。ありがとうございました。
バッチリきけました!

また、ぜひ遊びに来ていたければと思っています。

 

2009.12.15 / Top↑

もう発売されて、ずいぶんたちますが、別冊宝島「ジャニーズ超世代!「嵐」を呼ぶ男たち」
前に1度、私がひっかかったところをピックアップしてちょっとエントリーしてみましたが(以前のエントリーはこちら)今日は、音楽面の話。
本誌の中では、コラムに加えてシングル・アルバムすべてについての解説があったりします。

それで、面白かったのは、「#026 嵐ソングスクリエイターマップ」と「#027 真実の言葉=サクラップに耳を傾けよ!」

クリエイターマップについてはね、嵐の曲にかかわった作詞、作曲、編曲の方達についての流れのざっくりした解説。嵐の曲にかかわっている人ってどういう人達なのか知りたいんだけど(音楽的にどういうバックグラウンドの人なのかなあとか、他にどんな仕事しているのかなとか・・)、よくわからないままきていたのでこんなざっくりしたものでも、面白かったです。


サクラップに耳を傾けよ!翔くんのRAPのことすごくほめてくれている。ありがとうございま~す。

この最初のリードの部分に、「Rhymesterの宇多丸が絶賛したことは有名」っていう一文があります。
ということで、ここからは、約1年以上前のネタを今さらで申し訳ないのですが、この宇多丸さんがほめてくれた話。

これ、随分前にブログめぐりをしていた時に目にしたことがあったんですが、私自身があまりHipHopに明るくないこともあって、「ああ宇多丸さんっていう人もほめてくれているんだな」程度でスルーしていたんですよね。
でも、今回”Rhymesterの宇多丸”って改めてみて、うちの中3がここ1年ほどHipHopにかなりはまりこんでいるんですが、Rhymesterもかなり好きでここ半年ほど散々家の中で聞かされていて、「おおっ~、この人なんだ!!」って思っちゃいました。
とここで、Rymesterと言われても、ピンとはこない方(すみません、私がそうだったので・・・・)のために、ワンポイント解説。

RHYMESTER
ライムスター)は、2MC+1DJで構成される日本の3人組ヒップホップグループである。ヒップホップが一般認知されていなかったグループ結成当時から現在に至るまで、日本のヒップホップシーンを牽引し続けている存在である
ウィキペデイアより

だそうです。
結成が1989年ってあったので、まあ、HIPHOP好きだった翔くんがティーンの頃から、第一線で活躍していたグループっていうことですよね。


ご存知の方にとっては、何を今さらの話ですみません。
(っていうか、そもそもネタが古いので、全体的に何を今さらだとは思いますが、大目にみてくださいね)

翔坦のお友達Hさんが、TBSラジオのリンクを教えてくださってもちろん本放送はきけませんが、ポッドキャストはまだ聞けましたので、聞いてきました。(Hサマ、いつもいろんな情報ありがとう!)
ライムスター宇多丸のウイークエンドシャッフル 第82回編集後記

これ、2008年の10月25日放送なので、もうガンガンに嵐にはまっている時期だったのでききたかったなあってあらためて思いました。TBSラジオだったら、絶対に聞けたはずなのに。(FMだと入りらない局とかあるけれど)
やっていたことを知らなかったので仕方ない。

本放送では、ジャニーズ専門DJのオギィ申し訳Jrさんによる嵐の音楽活動解説。
嵐好きオギイさん(大野くんファン?)、宇多丸さん(翔くんファン?)の嵐の楽曲の魅力を語りつくすトークに加え、翔くんからのコメントもあったようですね。

ポッドキャストは、本放送が終わった後の編集後記ということで嵐好きな関係者も加えいろいろ語っていました。(嵐と関係ない部分も半分以上ありますので、あらかじめご了承ください)
放送直後ということで、リスナーからの反応も紹介。
嵐ファンの方からのメールで、こんなふうに嵐のよさを解説紹介してくれて感激しましたっていうものに加え、今までジャニーズは聞いたことがないっていう方達が、こんなに良いことが分かって改めてきいてみます的なメールを寄せてくださっていたことがスゴイなあって。私もある意味そうだったと思うんですが、ジャニーズ!?とか・・・アイドルの曲って・・・っていう偏見っていろいろあると思うんですよね。そして、聞かず嫌い。・・・やっぱりこういうところで、宇多丸さんみたいな方達が紹介してくれるってすごい影響力なんだろうなって思いました。

もう、このトーク自体、嵐好きな人達が嵐を語る楽しさに満ちていて、「そうそう」ってニヤニヤしながら聞いちゃったんですが、嵐の魅力を、楽曲の良さに加え、嵐のチーム愛だと語っていたところがまた頷いちゃったところ。
ファンの人以上にメンバー自身が嵐が好き。そして、最初はお互いのこと知らなかった5人が結束を固めていくそのストーリーが萌えるところだって。
だから、メンバーの中で誰が好きっていうのはもちろんあるけれど、それ以上に5人の嵐がいいんですよね。

翔くんのコメントに至っては、玉音放送扱い!
宇多丸さんも、「プロのラッパーがきいていも背筋がのびる内容」って言っていました。
こうなると翔くんのコメントの内容が知りたい!私は、kotohaさんのブログで概要を読ませていただきました。ありがとうございます。(こちらから)

ここで初心にもどって、宝島部分の話もと思いましたが、延々と長くなりそうなのでここでとりあえずアップしたいと思います。











 

2009.12.14 / Top↑
相葉ちゃんの「マイガール」も最終話。全編を通して、相葉ちゃんの優しさと繊細さが溢れていた作品だったなって思います。

前回の終わり、写真をやめて、コハルちゃん(石井萌々果)のために静岡に移住することを決意した正宗(相葉雅紀)。
まわりは、その決断に驚いているし、もったいなく思っているけれど、正宗自身が決めたことならって、受け入れていきます。さらに、もったいないことに、正宗の最後の仕事はカメラマン剣持(大杉蓮)のアシスタント、これは剣持がNYに拠点を移すにあたって連れていくアシスタントの選抜を兼ねたもの。入選した正宗の写真をみた剣持が、正宗を候補として指名、マネージャーの林(北村有岐哉)が、正宗には黙ってトライさせたのでした。スタジオで剣持の前で写真までとらせてもらって・・、結果は合格。でも、正宗は迷いながらもこと断ります。一方コハルちゃんは、はじめは静岡に行っても正宗くんは写真をやめないと思って、静岡行きを喜んでいたけれど、正宗の真意を知って、悩んで、そしてとうとう「正宗くんとは静岡にはいきません。コハルはおばあちゃんと静岡でくらします」って正宗に宣言します。
悩む正宗、でも偶然みつけた写真の裏にかかれた陽子さん(優香)のメッセージを読んで、自分の夢を大切にすることを決意。コハルちゃんは、おばあちゃん(浅加真由美)に託し、NYへと旅立ちます。

もうね、さすがに最終回、最初の方からうるうるでした。(基本、泣きっぽいし・・)
「マイガール」結構、心にしみる言葉が多いんだけど、今回もしみました。

いつも、いいタイミングでいい事を言う、林さん。
今回も「親の愛情の示し方は、子どものことだけに生きることだけではない」って、NY行きを断った正宗に対しての一言。
そして、「俺は家族のために写真を捨てた人間だけど・・」林さんは、今の自分を決して後悔はしていないと思うけれど、そういう林さんだからこそ、言える言葉なのかも、って思います。

それから、コハルちゃんの小学校入学のために母(室井滋)に借金を申し込む場面。この場面もいいです。
正宗が折角のチャンスがありながら、コハルちゃんの幸せのために写真をやめるっていう話をきいての母の言葉。
「私も、あんたを産んではじめて自分のためだけじゃなく生きようと思った時、あ、私も親になったんだなって自覚したものよ。だけどね、子どもとしてはちょっと複雑。お父さんは男手一つで私を一生懸命育ててくれた。自分の人生を私のために捧げてくれて。大好きだったし感謝もしている。でも、この年になるとふと思うことがあるの。父さんは幸せだったのかなあって。今の私だったら、言うかもしれない。子どものためだけでなく、自分のために楽しく生きてほしいって。母さんがあんたに言えるのはどんな決断をしようと悔いのない人生をおくってくれってそれだけ」
あれだけ、最初正宗を自分の幸せの型にはめようとしていた母だったけれど、ここまで悟ってくれて、なんかこの親子関係いいなあって。
親はね、「自分はがまんしてもやれることはやってやりたい」って思うんですよね。
結構自分勝手な私だけど、やっぱりこういう気持ちは絶対にありますよね。
でも、一方で子どもって、どんどん育っていくものだし、親がやってやれることなんて限られているんですよね。本人が納得して悔いなくやってくれるんであれば、親はそれを応援するしかないし。この場面、とっても好きなところでした。

そして、正宗がNYに旅立つ、コハルちゃんとの別れの場面。コハルちゃん、立派な役者さんですね~。コハルちゃんの泣き顔にも、正宗くんの泣き顔にも、泣いてしまいました。

最後は3年後NYからもどった正宗がコハルちゃんと再会するところで終わり。

とっても優しい気持ちになったのと、正宗くんが一歩一歩親になっていく様子に一喜一憂しながら寄り添えたドラマでした。

そうそう、大事なことを最後に!
翔くんは、写真スタジオをやめることになった正宗に変わって入る新人佐藤として登場!
ホントに1場面だけでしたけれどね。
でも目によったアップもステキで(思わずみつめちゃう!)、紫のダウンベストを着た姿といい、好感度抜群のテキパキした新人さんでした。
一歩一歩、ゆっくりと進んでいく正宗とはまた全然違うタイプのアシスタントさんでしたね。
1場面といわず、もう1場面NY行きを決めたところでも登場させてほしかったけれど。


マイガール、毎回とっても癒されていたので終わってしまって残念ですが、1月クールは、翔くん主演の「特上カバチ」を楽しみに!


これまでの回の感想は↓

マイガール 第1話 * 第2話 * 第3話 *  第5話 * 第6話 * 第7話 * 第8話 * 第9話 * 最終話
2009.12.13 / Top↑

ブランチ内10時半頃、冬ドラマの紹介の中で、「特上カバチ」の番宣やっていました。

真っ白い部屋に、翔くんと堀北真希ちゃんが登場。
今回のドラマのみどころとして、「法律の豆知識がでてくる」(by翔くん)ことをあげていました。
そして、勉強になったこととしては?の質問に、翔くんは「12月1日からクーリングオフに関する法律が改定になったこと」(翌日の撮影、一夜にして脚本が変わったそうで・・・) 真希ちゃんは「離婚時に財産分与請求ができること」(横から「重要ですよ」(by翔くん)の声。 たしかに・・重要です 笑)

そして、もうすぐクリスマスということで、クリスマスの思い出。
真希ちゃんは、数年前にプライベートでマネージャーさんとごはんを食べた話。 「楽しかったです」(by真希ちゃん)
翔くんは、23、4歳の頃クリスマスに家族がディズニーランドのホテルに泊まっていて(クリスマスにご家族で行く習慣があるんですって) 翔くんはその日仕事だったけど、舞浜で終わりで「じゃあ来なさい」って呼ばれたとのこと。でも、行ってみたら、お母様と一緒の部屋がツインかと思ったらダブルで、母と一緒に1つのベッドで一夜を共にしたとのこと。「呼ぶなよ!!」(by翔くん) でも、最後は「楽しかったです」で締めていました。

結構、翔くんから家族の話でお母様の話よく登場するけど・・・翔くんのお母様、好きだわ
私だって、同じような状況だったらうちの息子のこと、きっとダブルでも呼ぶよ(爆)それで、ブーブー文句言おうが知るか!!って。

また、そのことを話している時の翔くんの顔が(まあ、すっかりネタになっているんですけれど・・)かわいくて。

一緒に、TBSの冬ドラの番宣やっていましたが、ブラッディ・マンデイのシーズン2は嬉しいな。好きだったんですよね。キャストもほぼ一緒みたいだし。
亀梨くんの金10はどうなんでしょうね。ちょっと、Kバレエ団の宮尾さんをみてみたい気はありだけど。(でも、踊らないですよね?)


年末、いろんなランキングやらが発表になっていますが、お友達のHさんからこんな情報をいただいたのでご紹介。(Hサマ、ありがとう

TSUTAYA onlineの2009年活躍したと思う有名人ランキングで嵐が第1位、それも半数以上の票を得て独走ですって!!(記事はこちら
10周年YEARで話題になっていたとはいえ、半数以上の票を得てっていうのはスゴイですよね。

それから、楽天のマーくんの話。

プロ野球・東北楽天の田中将大投手が10日、都内で行われたBS民放5局共同特番『2010+未来へのエンジン』(12月29日~来年1月3日 5夜連続放送)の制作発表会見に出席した。王貞治氏、松浦勝人氏ら各界で“情熱を持って日本の未来を切り開いてきた人物”の生き様を描いた同番組に関係者の1人として出演する田中投手は会見後の取材で、人気グループ・嵐のライブを先日、初鑑賞し感銘を受けたことを明かすとともに、異業種で活躍する人々との交流を望んだ。(詳しくはこちら

翔くん、ZEROで、マーくんのインタビューもしていますからね。
きっと、翔くん招待ね (私信:Hさん、私もそう思ったよ!)
こうやって、どんどん広がる嵐の輪!っていう感じ。
いろ~んな分野に嵐のことを知ってくれて嵐のことを好きになっていくれる人がふえていっている。嬉しいですよね!

というわけで、ひとまずこのへんで。
仕事しなきゃだけど、マイガールの最終話まず書いちゃいたいな・・






2009.12.12 / Top↑

もう、12月も10日すぎちゃいました。
年末だというのに、何一つ終わっていないこの状態に不安を覚える今日この頃です。
っていうか、ブログ書いていないで仕事しろ!って言う感じなんですが・・
月曜朝締め切りの仕事があって、コツコツレポート書いているんですけど、集中できないのよね。テスト前の学生みたい。
だから、とりあえず、ブログ書くだけ書いて頭の中の煩悩を追いだしつつ、コツコツやっています。まあ、あと3日あるし・・って思っている。
この仕事終わったら、大掃除したり、息子の願書でまだとってきていないものとりに行ったり(これもね、まだ併願校決めきれていなくて頭痛いんだけど・・・ドンヨリ)せっせと動かなきゃですね。

といいつつ、今日最終回のマイガール番宣チェック!
今晩は翔くんも出演だし・・楽しみだわ(ルンルン)

朝はスパモニで9時40分をもう少しまわって相葉ちゃん登場!
クランクアップ映像やっていましたが、自分のクランクアップは、何かやりきった感が溢れていて清々しさが感じられる。すごく嬉しそうでした。反対に萌々果ちゃんのクランクアップはちょっとウルッという感じで見つめるまなざしにも優しさがあふれていて。4カ月間本当にパパになっていったんだなあっていう感じです。
そして、萌々果ちゃんからのまさきにいににあてたお手紙も。
萌々果ちゃん本当に、相葉ちゃんのことが大好きなのね。きいている相葉ちゃんの目もうるっとしているんだけど、カメラさんちゃんとよらなきゃダメじゃない(アナウンサーの人もいっていたけれど・・)
でもその後のコメント時も、うるんだ瞳の相葉ちゃんでした。

ワイドスクランブルは終わりに近いところで、登場。
(衣装が朝と違っていて、9回の最後できていた、茶のカウンチンセーターでした。)
番宣映像は、翔くんも登場の場面。
嵐愛感じます!って言っていましたね。(ほっこり)

共演者からの相葉ちゃんへの質問あり。
優香さん、室井さん、日村さんから。
日村さんにお洋服あげる約束したんですね。
でも本人も?な通り、サイズ入らないよね~笑

さっき届いたメール。相葉ちゃんからのメールも今回で最後、何かそれがとっても寂しいです。いっつも優しいメールだったから。
正宗くんの成長ぶり、見届けたいと思います。



2009.12.11 / Top↑

昨晩の嵐ちゃんです。VIPルームは、嵐と初共演の相武紗季さん、後半はお初のコーナー、ダウトアクション。

昨日のVIPルーム、相武紗季さんの嵐に対する印象は、
翔「滑舌がよい」
潤「女装が似合いそう」
和「サックサク」←お焦げの印象だそうです
雅「おでんに例えるとちくわぶ」←なくてはならない存在っていくことなんですって。
智「大野さんは天然ですか?」←疑問形ですか?すかさず「言われるんですか?」とっ突っ込んでくれる翔くんに答えて、「昔は言われたけれど、最近は言われない」そうです。

そして、コーナーとしては3つ
1つ目はどこでも寝てしまうという相武さんのために、大ちゃんが最高級ベッド&羽根布団を紹介(2点合わせて、約300万円 ス・スゴイ 汗)
翔くんから「新しい!」潤くんから「大丈夫ですか?」と言われていた大ちゃんのプレゼンですが・・・、滑舌悪く上手く言えないところがかわいいから◎
でも、羽毛布団が読めてほめるっていうのは、さすがにどーなの(ニノ)

大きなベッドに横になる潤・翔・雅の3ショットをもっと眺めていたかったです(はーと)

2つ目は、うなじ大好きな相武さんのために、嵐がうなじをご披露。
私は、男性のうなじっていうか生え際よね、あんまり注目したことがなかったんで、結構目からうろこで見入っちゃった(爆) 中島さんもうなじに関しては一家言ありましたね。
結構、みんな違うのね~。ちなみに相武さんの好みは大ちゃん、中島さんは相葉ちゃんでした。私は翔くんか、潤くんだわ。

3つ目は、謎解き大好き(っていうか、レイトン教授の番宣つながり)な相武さんに箱の中身あてクイズ
ああいうブラックボックスに手をいれるのは怖いですよね、ドキドキしそう。
1つ目、相武さんは明太子、2つ目、じゃんけんで負けたニノは生だこに挑戦。
3つ目は潤くんご指名で浜田ブリトニーさん(びっくりよね)


実は、昨日のVIPルーム、私の中では完全に”潤くん祭り”状態でした。
まあ、あのヘアスタイルもステキっていうのもある。お肌の調子もよさそうでツルッツルだしね。
で、まずはうなじのお披露目の時ですよ。
私、うなじっていうか、首筋から肩にかけての斜め後ろからみたラインが好きなんですよね。(って、マニアックですみません)
潤くん首があいた服をきていたから斜め後ろから首筋から肩へのライン、そして横顔がアップで映るんですけど、きれいすぎて色気があって(女の人っていってもいいくらいきれい) 溜息。他の4人は、真後ろからとっていたんで、もうちょい斜めからとってほしかった。
特に翔くん、ストールまいていたんで首の根元あたりまでしか、見えなかったんだけど首周りのあいているもので、見せてほしかったわ。
(書いているうちに、5人ドラマのポスター思いだして、鼻血出そうになっちゃった 爆
首筋から肩にかけてとか、あと鎖骨の感じとか  スミマセン とまらなくなりそうなのでこのへんで)

それから、ブリちゃんのいる箱に手をいれる潤くん。おそるおそる入れているところとか、もうその様子が終始かわいくて!指もきれいだしね。ブリちゃんも、まあよいお仕事??をしてくれて・・・。最後ブリちゃんにオラオラしているところもかわいかったし。

な~んか、潤くんに持っていかれっぱなしでしたわ。


新企画のダウトアクション
嵐の演技力vs芸人のリアクション力 

たとえば、1つ目のワサビ寿司
嵐は、1人だけワサビ大量のおすしで、全員が普通のもののように演技する
芸人は4人がワサビ大量で、全員が辛いリアクションをして、それぞれ誰がうそだったかをあてるいうもの。
2つ目のお題は熱々おしぼり。3つ目は足ツボマッサージでした。

意外にどっちもわからないですね。
嵐の方が、普通を装うって結構難しいのかなあって思いましたけれど・・(普通なのに、リアクションする方が簡単そうじゃない? そんなことないのかなあ)
大ちゃんがメチャメチャ足とかいじられるの苦手なのに、すごい平静を装っていたところがスゴイ!

結果、嵐の勝ちでしたね。

まあ、この企画面白かったし、ありなのかなあって思いましたけれど(上から目線な言い方でゴメンナサイ)

来週は堀北真希ちゃんがVIPルーム、翔くんと共演ですものね。
そしてマネキンみたいです。

2009.12.11 / Top↑

今日のVS嵐面白かった。
まあ、世間的に好感のもてる平均点は常にキープな感じで、視聴率も順調ですけれど(フジテレビ結構力入れているしね)、やっぱりゲストによっても違いますよね。
VSはこれまで、Gacktさんの回が一番面白かったけれど。
今日はプラス1ゲストの関根さんの温かさが伝わってきて、嵐くん達との絡みも、相性良かった感じがして嬉しいです。
そもそも、関根さんって年齢とか経歴でいったら、本当は大御所的になっていてもおかしくなさそうな部分があるじゃないですか。でも、何か常に存在としての軽さをキープしていて(これ、私的にすごい褒め言葉です!)、すごく小回りも利くし、2番手の立ち位置でひょうひょうと面白いところが好きなんですよね。
翔くんやニノのふりにも、即座に長嶋さんなどなどで対応、ニノの突っ込みを最高って楽しんでくれるところも、大ちゃんを小声で応援するところも、よかったわ。

それに、今日はミラクルの連続でしたね。
相葉ちゃんのボールがとまってしまうバンクボーリングもびっくりだったし、ジャイアントクラッシュで最初に旗の棒の下のブロックを抜いて、ロボットダンスしながらとまったのもびっくりだった。ピンボールランナーで、なぜか大ちゃんの頭を直撃するボールも・・かごがあるのになぜ当たるのか、謎よね(笑)

今日の衣装、この間のHEY×3の時のでしたね。この時に一緒に収録したんですね。チェック使いが共通で、かわいくて好きです。翔くんの髪型もすきだったし(はーと)


オトノハ更新していました。

きっと、カバチのロケですよね。
ダブルパーカーは、インパクト大ですね。
まま、ダブルパーカーであることを除けばかわいかったんですけれど(赤のスニーカーもね ブチブチ)
でも、男子高校生、見ているっていうことですよね。
うちの息子もふつうに嵐ちゃん好きだし、特にマネキンはすご~くよくみている。
でもって、「これはないな」とか、「え~っ、これいいじゃん、何でこんな言われるの?」とか突っ込み入れながら見ています。
翔くん、確実に男の子の中に嵐の存在感、増してますよ!!(ただし、うちは中堅芸人と勘違いしているところありだけどね 爆)

おじいさんからもすごく親しく声をかけてもらったり、きっとかわいい孫みたいな感覚なんでしょうね。

なんか、ホントに全年代から親しまれていますね。

2009.12.10 / Top↑