FC2ブログ

2010年。1本目の映画は、「のだめ」をみてきました。


 ● 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」
    監督  武内英樹
    出演  上野樹里 玉木宏 竹中直人 
   ★★++ (あ~ 面白かった!!!)

 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」公式HP

あ~、面白かった!! 新年早々は、面白くってハッピーな気分になれて、ステキな音楽もきけて、こういう映画がいいですね。
原作のマンガは例によって読んでいませんが、連続ドラマでまずはまり、SPも楽しみましたが、映画も裏切られず面白かった。
12月に映画公開に合わせて、再放送をしていましたが、それをみて中3がめちゃくちゃはまり、再放送で見損ねた部分があったので、もう一度全部DVDをレンタルし直してきて、私もそれを一緒に結構みていたので、のだめ気分は十分高まったところでした。今日は中3の息子と一緒にみてきました。
SPも前後編は、千秋の話とのだめの話とでしたが、映画の前後編も基本同じつくりですね。パリの「ル・マルレ・オーケストラ」という伝統はあるものの資金難でまともな演奏活動もおぼつかなくってなっているオケの常任指揮者になった(シュトレーゼマンにならされた)千秋が、そのオケを立て直すまでの物語です。
のだめワールド全開で大笑いするする中にちょっとぐっとくる場面もあったりして、気持ちよく楽しめました。
そして、のだめといえば、劇中で演奏される曲も魅力です。
のだめが進級試験でひいた「トルコ行進曲」
これもね、「トルコ行進曲」ってこんなに表情豊かな曲だったっけと思うほどステキだったんですが、今回一番の感激だったのは、千秋が「ル・マルレ・オーケストラ」の定期演奏会でやったバッハの「ピアノ協奏曲第1番」
クラッシックは、本当にメジャーなものしか知らないんですが、バッハとビバルディだけは高校の部活が音楽系でその時かなりやったものなんで曲が体に染みついているものがいくつかあるんですよね。
この「ピアノ協奏曲第1番」もその一つ。大好きな曲です。バッハの各パートのメロディが次々追いかっけこのようにでてくる(いわゆる対位法っていうものですね)部分と、トュッティと呼ばれる合奏部分の繰り返しという音の流れ方にすごく快感を感じる人なので、聞いていてウルッとくるほど気持ちよかった。(まあ、これはかなり偏ってますね~)

最後、ちゃーんと後編をみないと気がすまないように、うまくふって。(息子は、この中途半端な終わり方!!って待ち遠しくてという感じでしたね)
後編は4月公開です。


スポンサーサイト



2010.01.06 / Top↑

今朝、めざましでもやっていました。私は、とりあえず、7時台みたんですが、5人それぞれコメントしていて、天の声の伊藤アナがいろいろつっこみをいれていて。
完全シークレットだったので(昨日の夜になって、そういうのがあったらしいって初めて知りました)
風が強くて寒そうだったけど、ライトアップ見あげている5人がかわいかった。


フジテレビ系「最後の約束」(9日・後9時)に主演する5人組グループ「嵐」が5日、東京・台場の同局でライトアップイベントを行った。「最後の約束 嵐・絆の光」と題して、同局社屋を青、赤、緑、黄、紫の5色の光で包み込んだ。
 嵐としてはこの日が仕事始め。つかの間のオフを満喫した5人は寒風吹き荒れる中でも元気いっぱい。プロジェクター46基で社屋北側の壁面がライトアップされると、「きれいですね」と声をそろえた。
 5人そろってのドラマ主演は10年ぶり。イベント前に試写を見た櫻井翔(27)は「(2010年の)いいスタートが切れると思う」。昨年は紅白歌合戦にも初出場。松本潤(26)は「今年も出られるような成績を残したい」と意気込んだ。ライトアップは9日まで行われる

(スポーツ報知)



めざまし、一応録画してあるので、あとから他の時間帯もみてみます。
これから、お出かけなのであとは帰ってきてから追記します。

<追記>
帰ってきて、もう一度録画みなおしました。
衣装がシルバーのスーツなんだけど、それぞれのイメージカラーがどこかしらに入っている。
ニノ 黄色(からし色っぽい渋めの色)のコサージュ
相葉ちゃん グリーンのシャツ(襟がグリーンでちょっと変わった感じのもの 身ごろも襟ぐり付近が白っぽい以外はグリーン)
大ちゃん Yシャツもタイもブルー
翔くん ストールがちょっと抑えめな色調の赤
潤くん 蝶ネクタイとチーフがパープル
5時台、6時台後半、7時台とやっていましたが、7時台が一番長かったです。
上でもかいた通り、アミーゴ伊藤が司会で、楽しそうに突っ込みを入れていたんですが、大ちゃんには「涙目になってませんか?」
相葉ちゃんには、制作発表の「ファンタジーです」の話 試写をみて、「サスペンスだってわかりました(by雅)」
潤くんには役柄をきいたところ「バイク便の役で」 伊「バイク便ですか?バイクなんですか?」 潤「いえ、バイク便のライダーで」
ニノにも「何か言いたそうですが・・・」

ライトアップきれいそうだし、大階段が全体「最後の約束」のポスターになっていてすごい迫力ですね。

<笑っていいとも>
そして、さっきブログ友達から教えてもらったんですが、明日の「いいとも」は翔くん。
テレフォンショッキングで楽天まーくんからのご紹介だそうです。
明日その後のコーナーには、番宣で誰か出るかなあって思っていたけれど、テレフォンショッキングはノーチェック。
嬉しいな、嬉しいな、楽しみ。
って明日は、どうしても息子関係の用事がありその時間帯はお出かけ中のためオンタイムではみれません(涙)
録画失敗しないように、しなきゃ。


<はなまるカフェ>
あと、テレビ繋がりで今日の「はなまるカフェ」は堀北真希さん。
翔くんからのコメントはありませんでしたが、嵐の東京ドームコンサートに行った話をしていました。
ジャニーズのコンサートは初めてだったけど、とっても楽しかったとのこと。
(前に、山Pとか亀なしくんとかと共演しているけれど・・その時はコンサートのタイミングではなかったんですね)
一応共演したことがあるとのことで、翔くん潤くんのミニうちわを持ってコンサートに臨んだそうです。岡江さんと、須藤さんが「ノリノリで?」と結構目をパチクリな感じで聞いている横で、薬丸さんがすごくうれしいそうにいろいろきいているのが印象的。(薬丸さん、かわいがってくれてるなあ・・)
真希ちゃんの好きな曲は「サクラ咲け」だそうです。
そして、カバチの番宣もかなり長く映像が流れました。
そして、今回初めて共演した翔くんについては、「結構ふつうに話しかけてくれるので、会話ももりあがります」みたいに言っていました。

今日は、さっきぴあとHanako(翔くんがメチャ好みの写真だった)買ってきたんですが、それは別途エントリーします。
あと、今日はのだめの映画もみてきたので、それも後からあっぷします。

2010.01.06 / Top↑

今年の大河「龍馬伝」の第1話「上士と下士」 面白かったです。

好みとしては、幕末ものは今一つではあるけれど、福山さんだし、息子達も観る気になっているし、まずは第1回はチェックと思ってみたら・・・良かったですよ。
映像のトーンもちょっと映画的?
何しろ福山さんがはまっていましたね。面白かったしかっこよかった!

龍馬の子ども時代をやった子役の子、何となく天パな髪の毛といい、福山龍馬の子ども時代を納得させるような雰囲気の子つれてきましたね。
そして、母と龍馬のくだり、泣いちゃいましたよ。
(基本、泣きっぽい上に、母息子ものは感情移入しがちなもので)
特に父や兄達から弱虫で泣き虫で武士の子としてはいかがなものかと叱られてばかりの龍馬が、母から「立派な武士になるよ」(こんなセリフではなかったけれど)と言われるところ、こうやって子どもを信じてやることって本当に大切よねと痛感。
成人した、福山龍馬、ひょうひょうとした雰囲気が福山さん自体のキャラともあっていていい感じです。それに、今回あたりは20歳そこそこくらいの設定だと思うんだけど、十分その設定で違和感を感じない40歳ってステキだわ。

あと、岩崎弥太郎役の香川照之さん。香川さんいいんですよね。私のイケメン好きの系譜からはちょいはずれるんですが(ごめんなさい)、香川さんの出ている作品って好きなものが多いんですよ。今回もギラギラしていてひと癖ある役どころ、すごくキーパーソンなので今後も楽しみです。

ストーリーは「上士と下士」というサブタイトル通り、龍馬の成長過程を追う中で、いかに土佐の上士、下士の身分の枠組みが理不尽であったかということが示されて、それが徳川の時代を変えようとする大きな原動力になっていくんですね。

1年なので、見続けるのも結構気合なんですが、面白そうなので大丈夫かな・・
感想は、できる時にアップというスタンスで行きたいと思います。


「龍馬伝」公式HP

2010.01.06 / Top↑