FC2ブログ

今日のいいともは、大ちゃんが番宣でご出演。

大ちゃん、川柳のコーナーと白紙の演技と2つのコーナーにでていました。
川柳の方は、草?くんとの最下位争い。
お題は「成人式で、初恋の彼に再会した女の子の気持ち」になって詠む歌です。

大ちゃん作は
  あの時は  イケメンだった  はずでした

みんなに、もっとドキドキして嬉しいプラス方向の川柳をよまなきゃっていわれていましたが、途中で関根さんが言ってくれた通りこのお題からでは、どっちでもかまわないんだものね。
結局、最下位は先輩剛くんに譲ってましたが、罰ゲームのスッパイジュースは飲んでました。
すっごくスッパそうだった(笑)

「白紙の演技」大ちゃん、草?くん両方ともわざとたどたどしい演技で翻弄していました。(結局、あてられちゃったけれど・・)

それにしても、私は自分の気持ちの変化に驚いています。
今は、大ちゃんがバラエティに1人で出るって、何の不安もなく絶対的な信頼感を持ってみれる。でも、1年半前の魔王の時ってどうだったかなあ、ブログも始めていない頃だし、どの程度どう見たかも記憶が定かではないんですが、少なくとも「斗真くん一緒でよかった」そういうふうに感じたことはあった気がする。
少なくとも、1年前「徹子の部屋」に一人で出演する大ちゃんに対しては、何かちょっぴり大丈夫かなあという気分もあった気がする。
でも、徹子さんに対して全くマイペースでゆらぎのない大ちゃんをみて、彼自身が全くぶれないから、どこへ行っても、誰と一緒でも逆にOKなんだとある意味納得したのかも。
そして、去年1年、いろいろなバラエティの場面に登場した大ちゃん。ものすごく喋るわけではないけれど、どんな場面でもそれなりに返せて、あったかく面白い。そんな大ちゃんを、今となってはとっても安心感、安定感を持ってみています。また、受け入れるバラエティ側の人達も、嵐の知名度、出演場面が増えたことで、大ちゃんの生かし方が分かっている人がふえてきていることもあるかもしれませんね。
しかし、あらためて、いつどこへ行ってもフラットに大野智でいられる大ちゃんってすごいよね。
(あえていえば、この間の紅白の台本ありのトークだけは若干、いつもの大野智のテンションではなかった気もするけれどね 爆)

草?くんとも先輩後輩で、なんかほんわかいい空気感でした。
しかし・・・今年は美白に努めるんじゃありませんでしたっけ?
お正月に行った釣りのためだと思うけど・・マジ 黒かった。(まあ、それでもかっこいいから、いいんだけどね)


吹石さんのテレフォンショッキングで、昨日の翔くんからの伝言。
「マネージャーさんに起こられちゃうので、そろそろ飲みにいってみますかね」
先日、嵐ちゃんでも言っていた話しですね。
20歳くらいの頃初めて共演した時(「よい子の味方 新米保育士物語」の時ですね
こちら→)  に、まだデビューしてまもなくで芸能界のお友達も少なかった吹石さんのためにマネージャーさんが「吹石のこと、飲みに連れて行ってやってくださいよ」って冗談まじりで翔くんに言ったっていう話。そのことを律義に覚えていて、神戸新聞の現場で会った時も「まだ誘ってなくてごめんね」って言われたって言っていました。

吹石さんは、「櫻井さんまじめなんで、マネージャーが冗談で言っているのもまじめに受けてくれて・・・」って言っていて、今回のメッセージをみて「ホントいい人だなって思った」って言っていましたが。
まあ、ネタになっているけれど、吹石さん無難にまとめてくれてって思っちゃいました。


5人ドラマもいよいよ明日!!楽しみ。
今朝、とくだねでオグさんがこのドラマのことに触れて、嵐の5人はみんな演技が上手いって言っていたし、番宣と言う感じでもなくお勧めしてくれていました。

今日はこれから、相葉ちゃんのペケポンのSPに登場。
志村さんとご一緒です。


<追記>
ペケポン、とっても面白かったです。
相葉ちゃんと志村さんがでた旬ものは後半。
メンバーからのコメント&ヒントVTRが3つもあって、相葉ちゃんだけでなく嵐全体たくさん見れた感じで何かとってもお得な気分。
大ちゃんの釣りネタは結構いいところいっていたのに。
翔くんのぽんかんは絶対そうだよ~って、思わずテレビに話しかけちゃって、息子から苦笑されました。
でも、メンバーを信じたらあたらなかったけれど、最後自分を信じて旬じゃない人を回避できてよかったね。(また、アイバッティをやることになったかもしれないもん)
志村さんも、やっぱり面白い。
相葉ちゃんとの息もぴったりでした。




スポンサーサイト



2010.01.08 / Top↑

本来は、年内に書いておこうと思っていた内容ですが、のびのびになってしまっていて。
今回、何と全部きちんとみたのは「マイガール」と「東京DOGS」のみ
「ライアーゲーム2」は視聴中ですが、まだ完結してないですものね。
「0号室の客」は大野智主演の最初の4話分と、次の丸山隆平&安田章大主演の3話分はしっかりみましたが、その次は年末で結構放送時間がずれて録り損ねたのがあり、脱落。次の回からは復活しますよ。
「JIN」はすごく評判よかったし観たかったんだけど、最初第1話をみのがして、ケチがついていたところに、途中で再放送がかかっていたものもやっぱり第1話を録り損ね、もういいやっていう気分に。縁がないってこういうことですかね。DVDになったら、そのうちレンタルでみようかなあ。

今期みたものが少ないので、順番もないのですけれど、イチオシはやっぱり相葉ちゃんの新たな一面を切り開き、石井萌々果ちゃんとのコンビに本当に癒された「マイガール」でしょうか。
「マイガール」の感想はこちら
マイガール 第1話 * 第2話  * 第3話 * 第5話 * 第6話 * 第7話 
 * 第8話 * 第9話 * 第10話


「東京DOGS」は小栗くんはさすがだったけれど、最初のうちちょっとあのペースになれないところもあったので、最終的には楽しめたけれど、ちょっと微妙。視聴率はちゃんととっていたみたいですけれどね。
「東京DOGS」の感想はこちら。

東京DOGS #1  #2  #4  #5  #6  東京DOGS終了


あと、もうすでに新しい龍馬伝が始まっている大河ですが(龍馬伝の感想はこちら
去年の大河「天地人」もかろじて完走しました。
賛否両論いろいろあったようですが、
私自身は折につけかいていますが、一昨年来、直江兼続が私の中でのプチブームでそこにタイムリーにきてくれた天地人だったので、それはよかったです。
役者さん達も、妻夫木くん、小栗くん、常盤貴子さん、北村一輝さんと好きな人が多かったし。まああまり知られていない人物とはいえ、ちょっと飛躍しすぎじゃない?と思う展開や全体にお手軽感はありましたが・・。
それに、何よりも加藤清史郎くん、この子達者だし、かわいいなあと思っていたら、あれよあれよと言う間に注目されて、去年は大ブレークでしたものね。すごかった。
私、上杉景勝の子ども時代を演じた子も結構いいなあって思って(名前わからないけど)、清史郎くんとの絡みのシーンも結構好きでした。

直江兼続関連の本はこちら
2008年に読んだ本 「花に背いて -直江兼続とその妻」
4月に読んだ本 「天・地・人」





web拍手を送る
 





2010.01.08 / Top↑