FC2ブログ

昨日は朝、日テレ系のバンクーバーオリンピックのキャスターの発表があったので、ZEROでは絶対にやるだろうなあと思っていましたが、さすがZERO、たっぷりやってくれました。メインキャスター荒川静香さん、スペシャルキャスター櫻井翔さん、そして出演はしていなかったけど、キャスター荻原次晴さんとご紹介があった後で、荒川さん、翔くんご挨拶。
翔くんのご挨拶は、
「北京オリンピックで本当にたくさんのアスリートの方にお話を伺って、オリンピックは選手にとってどれほど大きなものか、どれほど夢の舞台なのかということをホントによくわかったので、またこのバンクーバーでもたくさんの選手の思いを伝えていけたらと思っています」
こちらにも、キャスター抜擢の話、アップしてます。→)

そしてその後翔くんの、スキージャンプ、岡部選手への取材のVTRをやっていました。
岡部選手は現在39歳、長野オリンピックで団体で金メダル、その後ジャンプ競技のルール改定の影響もありスランプ等もありましたが、今回4度目のオリンピックに挑戦ということになります。
そして、まずは実際に体験してみるということで、最初は地上での踏切り練習。身体を支えてもらって、2メートルくらいは高さがあるということで、はじめこそちょっとビビっていましたけれど、2回目すごくきれいなフォームで成功。
岡部選手からも、最初でこんなにできる人はなかなかいないっておほめの言葉をいただいていました。

そして、次にジャンプのスタート台にあがってみることに。
あれ、すごく高いし、急なんですよね。
ナレーターが「実は櫻井キャスターは高いところが少し苦手」って言っていましたけど。少しじゃないじゃん(笑)
でもね、すごく頑張っていた。上がっただけでなくて、実際に選手がスタートする時スタンバイですわっているベンチみたいなところまで行って、本当のスタートの状況を体感していましたから。絶対に怖かったと思うけれど、プロ意識よね。

そして、その後、岡部選手にインタビュー。数々の困難をどのように乗り越えてきたのか、岡部選手のこのがんばりを支えてくれているのは、長野五輪のチームメイトでライバルでもあった原田コーチや齊藤監督。この2人にもお話をきいていましたけれど、何か頑張ってほしいなあって思いました。

長野の時、すごく見ていて、ジャンプもこの3名に船木選手を加えた4名の活躍本当にみていて、原田選手(現、コーチ)のちょっととぼけた天然キャラとかも面白かったしね。そしてかつて、ともに戦ったライバルでもあり、仲間達が、岡部選手のことをいろいろ良くわかった上で今度は支える側としてともに戦うところがいいなあって。

ジャンプ明日発表ですか?岡部選手選ばれるといいなあ。

その他昨日はイチメンは菅直人財務大臣が生出演ということでありませんでしたが、お話をうかがっている時、翔くんも菅大臣に質問していました。

昨日は黒に薄い白の縦じまが入ったスーツに地模様の入った、エンジ?紫?のネクタイ。昨日のネクタイはあまりみたことがなかったような。
髪型はちゃんとフワフワして前髪がおりていて、私の好きな感じで大満足です。


そうそう、オリンピックの話の間、「揺らせ、今を」かかっていて。ジャンプの取材映像にもすごくあっていて、元気が出る感じでした。

この「揺らせ、今を」、ラジオから録音したものをいただいてリピリピの状態なんですが、(私信:ありがとうございます!)キャッチーで、元気が出る感じです。
今きいた範囲だと、ソロの展開とかなくて、基本ユニゾンでずっと進行している。一緒に声を合わせて前へ進んでいく感じが、嵐の2010年最初に流れるものとしてはすごくいい感じだなあって思いました。




スポンサーサイト



2010.01.12 / Top↑
もう、メチャメチャ笑いすぎて、おなか痛かったです。
ゲストは八嶋智人さん。

箱が出てきた段階で、「オオッ~」 潤くんメガネ男子でハンパなくかっこいいんですけれど・・・そして、「陽気なおしゃべりメガネ」のポーズも、「二宮君に嫉妬しています」のポーズもかわいすぎる。潤くん、バラエティとばしてますよね。そして、ニノに嫉妬しているお相手は・・・もちろんリーダーですよね(はーと)

そして、八嶋智人さん登場。
ニノに嫉妬しているお相手は、高橋克実さんでした。
事務所の先輩後輩でもあり、よいコンビのお二人(トリビアの印象強いですよね)、八嶋さんは、自分は克実さん操縦術では一番と思っていたら、ニノの克実さん扱いのすごさにびっくりだったみたい!「転がす、転がす」 壁も一気に乗り越えちゃうし。確かに、克実さん、ニノがかわいくてしょうがない感じでニノが何言っても「うんうん」って言う感じですものね。

視聴者への宿題は、「憧れのメイド喫茶 萌え萌え料理」
最初は、一番オーソドックスなパターンで、一緒に体験するメンバーは潤くん。
八嶋さんは、終始絶好調でしたけれど、潤くんの方は・・・。
はじめこそ、テンション高めで入って行ったけど、アイスコーヒーにミルクとガムシロをメイドさんに入れてもらうあたりから、完全にキャラ崩壊でしたね(爆)
八嶋さんのを横で見ながら、笑いながらも若干引き気味、自分のニャンニャン、バブバブにいたっては、やけくそ!?
照れちゃうんだろうなあ、潤くん。
そのちょっと困りながらキレまくっている感じのピンクのご主人さまが、またかわいかったんですけどね。
そして後ろで、目が点になったり、笑いながらも心配そうに見守っているメンバー3人。翔くん、「マツジュン、大丈夫かなあ」って思ってそうだなあって思っちゃいましたけど(私だけ?)
最後の写真撮影も面白かったね。

永遠の16歳の妹キャラがいるツンデレカフェには、大ちゃんと一緒に。
大ちゃん入る前は、スイッチ入れてノリノリだったけど、入ったら目が点の展開に思わず逃げ出しそうに。
メニューや、おしぼりをなげてよこすツンツンぶりには八嶋さんもびっくりだったし、大ちゃんに至ってはおびえていましたけれど・・・・(爆)
でも、腹黒カレー食べて「うまっ」って言っているところ、かわいかったわ。
そして、最後帰る時には、かわいい妹キャラになって。もう翻弄されっぱなしでしたね。

最後は、相葉ちゃんがパートナーで、戦国メイドカフェ。
何が起こるか分からない展開に、相葉ちゃんも結構おそるおそるな雰囲気。
邪気を払うところや、途中曲者がでてくるところとか、見ている方もびっくりだったけれど、相葉ちゃんと八嶋さんも、どう展開するのか、そしてあまりのくだらなさに目が点状態でした。

でも、メチャメチャ笑いましたわ。
また、ニノのナビゲートが絶妙で、うまいなあ。
カメラさん、後ろで目が点になっていたり、大笑いしている翔くんを結構頻繁に抜いてくれてありがとう。

後半のあのわけわかんない、八嶋さんおすすめのPVもかなり大笑いでした。

あーあ、面白かった!!




2010.01.12 / Top↑

去年の暮れ発売だから、かれこれ半月以上経過してしまっていて、今さら感はたっぷりなんですが、好きな連載だし、やっぱり今回もニノにグッと来てしまったので、一言だけ(と言ったって、一言では絶対に終わらない 爆)

取材日がディズニーイベントの数時間前だったというニノ。
凧上げ(ゲイラカイトっていうの?違いって・・何?)しているニノがそもそもメチャいい感じで。でもこの少年のような表情で凧揚げしている(だから、ゲイラカイトだそうな・)、数時間後には、ディズニーキャラクター達と踊っていたんだよね。
どっちも異常にはまっているそのふり幅に驚くばかり。

今回のタイトルは「おしゃべり上手」

これ読んでいて、あらためてニノとは飲み友達になれたら・・(あまりにおこがましいので・・)ニノみたいな友達がいたら・・・でも、妄想の中だけでも、ニノと翔くんに挟まれてカウンターでお酒をちょっと飲みながら、私のタワ言に、ニノにガンガンつっこんでくれて、翔くんが笑いながらたまにつっこみいれてくれたら理想だわ~なんて妄想が独り歩きして困っている私です。
(まあ、実際固まってしまって何もしゃべれないだろうけれど、そこはホラ、妄想だから ね!)


ニノは会話でコミュニケーションをとりたいタイプで、でも最近、会話好きな男はもてないって思っていて、会話がうまくなればなるほど、寄ってくるのは面白い女子か芸人さんだけ。
「面白くない会話なんてないんだよ」ってワクワクした顔でいうニノ。
頭の回転のいい子との会話も楽しめるし、会話ベタな子との話もそれはそれで楽しめる
「オレが会話上手なんだとしたら、終わらせたくないって思っているからじゃないかな?・・・・(中略)・・・終わらせたくないと思うから、突っ込み続けるのかもしれない」


ニノの繊細さと優しさを感じて、まずそれにやられてしまう記事だったんですが、読んでそしてこのエントリーを書きながらふと思ったこと。

将来(今もいるかもしれないけれど) ニノの彼女になる人がいたら、大ちゃんのようにどーんと構えて何事にも流されず、常にお日様のような優しさでニノを安心感で満たしてあげる人であってほしいなあ。そんなふうに感じました。




2010.01.12 / Top↑