FC2ブログ

2009年に観た映画の総括です。

2009年に観た映画は24本(2008年は23本)
うち、劇場で23本(2008年は14本)、 DVDは1本(2008年は9本)
家で観た映画少ないな・・・っていうか、もうちょっとあった気はするんですが、ちゃんと気合をいれてみたのはっていうことでしょうか。

内訳としては、
洋画 8本 (2008年は6本)
邦画 16本(うちDVD1本) (2008年は計17本 うち劇場で8本)

まあ、2008年と比べると、トータルの本数も洋、邦の割合も似た感じだけど、去年はDVDが少なくてその分劇場で観れたっていう感じでしょうか。

昨年度で私にとって一番の作品をあげるとすれば、
「スラムドッグミリオネア」と
「幸せはシャンソニア劇場から」かな。
両方とも全くタイプは正反対ですが、映画らしい映画だったなという印象がありあす。
「スラムドッグミリオネア」はインドが舞台で、ストーリーも引き込まれるものでしたけれど、何か全体にみなぎるエネルギーと疾走感に圧倒されるようなそんな映画でした。
「幸せはシャンソニア劇場から」は、いかにも良質なフランス映画と言う感じで、笑って泣けて、おしゃれで、うまい役者さん達の芸を堪能できてっていう映画でした。

その他私的には、「おと・な・り」「ディア・ドクター」「南極料理人」の3本は邦画の中で、もう一度みたいお勧め。
「おと・な・り」はフランス映画のようなタッチがとても心地よい佳作、
「ディア・ドクター」は「ゆれる」のインパクトには及ばなかったものの西川美和監督の人間の描き方に、面白いだけでないざらっとした感覚が残る作品。
「南極料理人」は笑って、ちょっとほろっとして、そしてあったかい作品でした。

「THIS IS IT」はもちろん、お勧めですが映画云々というより、マイケルの存在のすごさに圧倒されたそんな感じです。

ここで、昨年のものを見返してみて、★印のいい加減さに自分で呆れた始末。
ほとんどが★★ではあまり意味がないですよね。
ちょっと自分の中で今年は考えてみようと思いました(反省)

それでは、昨年観た映画です。(観た、月日順)


● 「20世紀少年<第2章>最後の希望」
監督:堤幸彦
出演:豊川悦司、常盤貴子、平愛梨、香川照之、唐沢寿明
★★(面白かった、満足)


● ヘブンズ・ドア
監督 マイケル・アリアス
出演 長瀬智也・福田麻由子・三浦友和・長塚圭史・大倉孝ニ
★★(よかった!)

● マンマ・ミーア
監督 フィリダ・ロイド
出演 メリル・ストリープ、ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、
    アマンダ・セイフライド
★★+

● 「花とアリス」
監督 岩井俊二
出演 鈴木杏、蒼井優、郭智博
(DVDで)

● 「ヤッターマン」
監督: 三池崇史
出演: 櫻井翔、深田恭子、福田沙紀、生瀬勝久、ケンドーコバヤシ
★★

● 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
監督 デビッド・フィンチャー
出演 ブラッド・ピット ケイト・ブランシェット
★★★(私的にヒット!)

● 「ジェネラル・ルージュの凱旋」
監督:中村義洋
出演:竹内結子・阿部寛・堺雅人・羽田美智子・山本太郎
★★(まあ、楽しめたというところでしょうか)

● 「クローズZEROⅡ」
監督 三池崇史
出演 小栗旬 山田孝之 金子ノブアキ やべきょうすけ 高岡蒼甫
★★(面白かったです。女子にもみてほしい)

● 「名探偵コナン -漆黒の追跡者(チェイサー)」
監督 山本㤗一郎
出演 高山みなみ・山崎和佳奈・神谷明

● 「スラムドッグミリオネア」 
     
監督 ダニー・ボイル  
出演 デーブ・バテール(ジャマール役)、フリーダ・ビント(ラティカ役)、
    マドゥル・ミッタル(サリーム役)、アニル・カブール(クイズ・ミリオネアMC役)
    イルファーン・カーン(警部役)
★★★(何よりも、インドムンバイのエネルギー、パワーがすごい。ストーリーも面白かった。人間ドラマでもあり、ラブストーリーでもありです)

● 「おと・な・り」
監督 熊澤尚人
出演 岡田准一・麻生久美子・谷村美月・岡田義徳
★★+(かなり、おすすめです)

● 「天使と悪魔」
監督 ロン・ハワード
出演 トム・ハンクス ユアン・マクレガー、アイエット・ゾラー
★★(面白かったです

「重力ピエロ」
監督  森淳一
出演  加瀬亮・岡田将生・小日向文世
 ※ 驚いたことに、久しぶりにこのページをみたら、本文が全部ふっとんでいた。
 goo blogスタッフのメンテナンスの状況とかのページに、エントリー時本文が飛ぶとかそういう苦情にまじって、エントリー後の本文がとんでいたという記載があり、そんなことあるのかとびっくりしていたら、まさか自分のところで起こっているとは思ってもみなかった。
コメント等はそのまま残っているので、そのままにしておきますが、感想等すべてとんでいて、かなりショックです。

●「ディア・ドクター」
監督 西川美和
出演 笑福亭鶴瓶・瑛太・香川照之・八千草薫・余貴美子
★★+(よかったです)

● 「いけちゃんとぼく」
監督 大岡俊彦
出演 深澤嵐、ともさかりえ、萩原聖人、モト冬樹、(いけちゃんの声)蒼井優
★★(号泣ではなかったけれど、泣けました)

●「アマルフィ 女神の報酬」
監督 西谷 弘
出演 織田裕二・天海祐希・佐藤浩市・戸田恵理香・伊藤淳史・佐野史郎
★★(面白く見れました)

●「ハリーポッターと謎のプリンス」
監督 デビッド・イェーツ
出演 ダニエル・ラドクリフ エマ・ワトソン ルパート・グリント
★★(面白かった!)

●「南極料理人」
監督 沖田修一
出演 堺雅人・生瀬勝久・きたろう・豊原功補
★★+(面白かったです、おすすめ)


●「20世紀少年 最終章 ぼくらの旗」
監督 堤幸彦
出演 唐沢寿明・豊川悦史・常盤貴子・平愛梨
★★ (にぎやかでした)

●「幸せはシャンソニア劇場から」
監督 クリストフ・バラティエ
出演 ジェラール・ジュニョ、カド・メラッド、クロヴィス・コルニアック、
    ノラ・アルネデゼール、マクサンス・ぺラン
★★★ (よい映画でした)

●「TAJOMARU」
監督 中村裕之
出演 小栗旬・柴本幸・田中圭・松方弘樹・やべきょうすけ・池内博之・萩原健一
★★ (小栗くんを堪能できます)

●「プール」
脚本・監督 大森美香
出演     小林聡美・加瀬亮・伽奈・もたいまさこ・シッティチャイ コンピラ
★★ (α波にひたっているような映画でした)

●「THIS IS IT」
監督 ケニー・オルテガ
出演 マイケル・ジャクソン
★★★ (最高!でした)

● 「理想の彼氏」
監督  バート・フレインドリッチ
出演  キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジャスティン・バーサ
★★+ (アラフォーのファンタジー!?)



















スポンサーサイト



2010.01.14 / Top↑