FC2ブログ
2009年に読んだ本のレビューです。
2009年に読んだ本は、全部で26冊、ハリーポッターや1Q84など、上下にわかれているものをカウントすると30冊でした。
2008年は、45冊読んでいること考えると、読書量は約2/3ですね。(かなり落ちていますね)(2008年に読んだ本はこちら→ )

昨年の内訳は、小説等フィクションが、15冊。
エッセイ、評論等ノンフィクションが11冊です。

昨年の収穫は?
 ? 面白そうって思える作家に出会えたこと。
   伊坂幸太郎さん、、金城一紀さんは結構気にいって。少しづつ読もうって思って、何冊かリクエストをかけています。
 ? 久々の、村上春樹さんの長編、「1Q84」がとっても面白かったこと。
   BOOK3が春にでるようなので、それもとっても楽しみです。

今年は、もうちょっと読めるかしら?近々アップする予定ですが、新年から1月にかけてはリクエストをかけていた東野圭吾さんがまとめて図書館からきたので、そのあたりを読んでいます。

以下は、2009年に読んだ本一覧です。

● 「チーム・バチスタの栄光」   海堂尊  宝島社
● 「東京てくてくすたこら散歩」  伊藤まさこ 文藝春秋
● 「古事記の真実」  長部日出雄 文春新書
● 「参謀力 直江兼続の知略」   童門冬ニ   NHK出版
● 「流星の絆」 東野圭吾 講談社 
● 「 マダムだもの」 小林聡美 幻冬舎
●  「ポトスライムの舟」 津村記久子
● 「天地人」上・下  火坂雅志   NHK出版
● 「男よりテレビ、女よりテレビ」  小倉千加子  朝日新聞出版
● 「ハリーポッターと謎のプリンス」 上・下  J・kローリング  静山社 (再読)
● 「ハリーポッターと死の秘宝」 上・下  J・kローリング  静山社
● 「赤毛のアン」 L・M モンゴメリ  松本侑子訳  集英社
● 「柳に風」  古田新太 ぴあ
● 「映画篇」 金城一紀  集英社
● 「SNS的仕事術 ソーシャル・ネットワーキングで働き方を変える!」   鶴野充茂  ソフトバンク新書
● 「対話篇」 金城一紀 講談社
● 「悩む力」  姜 尚中   集英社新書
● 「終末のフール」 伊坂幸太郎 集英社
● 「昭和のエートス」   内田樹 バジリコ?
● 「赤めだか」 立川談春  扶桑社
● 「街場の教育論」  内田樹 ミシマ社
● 「八日目の蝉」 角田光代  中央公論社
● 「1Q84」 BOOK1 BOOK2  村上春樹   新潮社
● 「きみは友だち」 重松清 新潮社 
● 「くちぶえ番長」 重松清 新潮社
● 「リンボウ先生のうふふ枕草子」 林望 祥伝社
● 「卒業」 重松清 新潮文庫



スポンサーサイト



2010.01.24 / Top↑

うらあらしに5人のメッセージがのっています。
5人とも伝えてくれようとしている気持ちは一緒だと思うけれど、文章にそれぞれの特徴がよくでていて、読んでいると本人達の声で脳内再生される感じです。
そんな中、翔くんのメッセージ、まるっきり同じ言葉ではないけれど、5×10の歌詞に使われている言い回しが随所にでて、文章を読みながら5×10のラップ部分がガーッツっと頭の中で再生されて何かちょっとうるっとしちゃった。
夏から冬にかけての長いツアー、ずっとツアー中っていうことが、自分のいかない場所の時とかも、今回はどんな感じ?ってブログのレポめぐりを楽しくできて、それも自分も参加したツアーの一部だから、何かその場所へは行っていなくても疎外感ではなく、ゆる~い参加感のような(変な言い回しね)感じがあって、何か嬉しい半年でした。
私自身も、国立とドームと合わせて3回参加できて、本当に幸せに満ちたあの空間・時間を共有できたことがとっても幸せでした。
相葉ちゃんも、「もうライブがしたいです」って言っているし、JUN STYLEで潤くんも今年のライブについての話をしているって言ってくれてるし、本当に楽しみに待っています。
でも、またチケットとるのが激戦なのよね。きっと・・・。それを考えると、クラクラしてくる(凹)

淡麗のCMは、ネットではみましたが(もう、メチャメチャキュートだったよ)、テレビではまだみれていません。今日あたりみたいなあ。
最初のはーと型を出す大ちゃんといい、潤くんも相葉ちゃんも、とっても楽しそうでね、何度見ても癒される。(また、あの白のつなぎと、ハート形のグリーンのよつばのクローバーの組み合わせがシンプルで、出ている3人がとってもいきてますよね)

でも、あのキュートな3人組みはおいておいて、ビールのCMとしてはすごくイレギュラーな作り方をしているなあって思いました。
商品名とパッケージがさし変わればそのまま、清涼飲料水のCMで通る作りになっているのよね。
まあ、訴求メッセージがビールそのものでなくてGREEN HEARTっていう半分企業メッセージの方なので、ああいう作りなんだろうなって思うけれど。
嵐のイメージって、あまりお酒とかとはリンクしないものだけど、メンバーもみんな20代後半でお酒のCMがきても全然違和感のない年代だし、エコでさわやかで優しいイメージはあるし、「いい仲間」「地球との共生」といったコンセプトにどんピシャではまってくると思うので、プランドのメッセージを伝えるキャラクターとしては、KIRINさんはいいキャスティングをしたなあって思いました。(すっごい上から目線でスミマセン)
この先、淡麗の商品CMもあとの2人も含め嵐がやっていくのかなあ。
どんなふうに使っていくのかすごく楽しみかもしれない。

潤くんのパワ盛りも、全然見れていないんですが・・・、ちょうどそろそろマスカラ買わなきゃと思っていたGOOD タイミングだし、絶対買います!!

WEBで「とくじょう!!」の短期連載もはじまりましたね。
ひょっとして、週1ペースで更新してくれるのかなあ。
翔くんのメッセージが頻繁にみれるようになるのはとっても嬉しい。
主要キャストの皆様、みんな呼び方がそれぞれ違うのね。
克実さんは、番宣でも連発していたし、皆さんそれぞれそういう感じかなあっていう呼び方だけど、雅俊さんの「しょう」っていうのも、翔くんきっとちょっと嬉しいよね。
雅俊さんも経済だし、まるまるの先輩だものね、きっとすごくかわいがってもらっているんだろうなあっていう感じがします。
(思い出すのは、先週の日曜の午後やっていたナビ番組の5人対談。しっかり者の若い衆2人にまかせて、おやじ3人やりたい放題な感じでとってもたのしそうだったもの)

HPのAP飯田さんの連載のところに、22話を先週の日曜日の電話の後で、翔くん&真希ちゃん&スタッフでみて号泣とありました。先週のお金で崩れかけた男の友情の話がどう決着するのか楽しみにしたいなあって思います。

今日は、カバチだけじゃなくて、オリンピックの特番も、少クラもあってどれも楽しみ!



 

2010.01.24 / Top↑