FC2ブログ
マンが怪物くんが表紙の、CUT2010.5月号
藤子不二雄Aさんの特集、大ちゃんとの対談などなど、とっても面白そうなんですがまだざっとも目を通し切っていないので、これについては時期はずれもいいところですが(もうすでに時期外れ?) たぶんなんかしらは書くんじゃないかと思います。

で、そのCUTの中で、後ろの編集後記に近いような部分の「The Only Ones 今月の1枚、1本、1冊・・・」というコラム、今月は(いや、今月も?なのかもしれないけれど・・)上田智子さんが書かれています。
いつも、ファンにとって共感できる嬉しい文章を書いてくださる上田さん、すごく短い記事だけど、なんかやっぱり「うんうん、そうよね~」と思いながら読みました。

詳しくは、お読みいただくのが一番ではありますが、
「昨年は人生の中でも指折りの忘れられないライブ体験をした年だった」とのこと
1つは、ユニコーンの復活ツアー、若かりし頃自分の人格を形成したといっていいほど影響をうけたとのこと、5回いらしたものは、毎回のように涙がポロポロだったそう。
そして、もう1つは8月30日の嵐の国立競技場ライブ。
「この日はすごい豪雨だったんですが、マイクを何本も「ダメにしながらパフォーマンスに向き合う嵐と、シャワー浴びてるの?ってぐらいビショビショになりながら心からの笑顔を見せているオーディエンスっていう図は、エンターテイメントの真髄をみたようで本当に感動的でした」って、書いていらっしゃいます。

そして、この2つのライブが納められたDVDが奇しくも同じ日に発売になった偶然、そしてパッと見には全く違うこの2つのグループに上田さんが共通して感じるものにについて書いていらっしゃいます。
(この部分も、すごく納得)

ちょうどね、昨日の夜中DVDの8月30日の部分を見ていたんですよ。
(DVD、ちまちまちまちま見続けています。ちょっとまとめて時間がある時に感想書きたいって思っています)

私は、30日は参加できませんでしたが、本当にすごい雨だったんですよね~。
もうぐしゃぐしゃだもん。ホントにワイパーほしい感じだって思う(笑)
でも、上田さんも書いていらっしゃる通り、幸せ感に満ちているの。もちろん、他の日だって同じように幸せなオーラが充満していた。でも、あの非常事態のような状況でもって改めてすごいよね。メンバーもファンも。

改めて、あの夏の3,4日のワクワクな日々の記憶が(グッズ買いの死にそうな行列も含めてね)よみがえってくる感じがしました。

「コングッズ」
「国立、初日行ってきました」
「国立2日目 ぱーと1」
「国立2日目 ぱーと2」
「無事に終わったみたいで」
スポンサーサイト



2010.04.29 / Top↑
いつも、タル★タル ソース♪♪におこしいただいている皆様、また、偶然何かの検索などなどでふらっとお寄りいただいた皆様、アクセスいただき、また読んでいただいてありがとうございます。

コメント、トラックバック、拍手、拍手コメなどいつも嬉しくはげみにさせていただいています。
コメントについては拍手コメも含め、すべて読ませていただいております。

コメント、TB、コメントへのお返事については以下のようなルールで運用させていただいております。

★コメント、TBは承認制にしております。
★遅くなることもありますが、コメントへはすべてお返事したいと思っています。
★非公開ご希望のコメントは「管理者だけに表示を許可する」にチェックをいれていただくと非公開設定となり、管理人だけがみる形になります。お返事は、非公開のお気持ちに反しない範囲でさせていただいております。
★拍手コメは非公開です。これもすべて嬉しく読ませていただいておりますが、基本はお返事はさしあげておりません。(お返事ご希望の方は、コメント欄から非公開コメでお願いいたします)

コメント、拍手、TBなどいただけると、とても嬉しいです。
ブログを通じて、またこれをきっかけに、楽しいおつきあいができればいいなあと思っております。

また、リンクは基本フリーですがご一報いただければ、こちらからもご訪問させていただきます。


お引っ越し後、旧ブログの記事の整理を少しづつしておりますが、カメのようなすすみです(笑)
未整理、リンクの貼り替えのおわていないものは、「未分類、旧ブログ記事」のカテゴリーにすべて入っております。カテゴリー分けしたものは、もうリンクの貼り替えなどすんだものです。

少しづつ、時間をみつけて整備していきたいと思っております。

今後とも、タル★タル ソース♪♪をよろしくお願い申し上げます(平伏)




2010.04.29 / Top↑