FC2ブログ
怪物くん 第4話
今日は、お年寄りの話。
怪物くん(大野智)達は、お墓参りでであったフミさん(佐々木すみ江)というお年寄りに念力を使ったことを目撃されてしまったことから、ウタコ(川島海荷)ヒロシ(濱田龍臣)の家でしばし一緒に暮らすことに。
しかし、結局フミさんは老人ホームへと出ていき、怪物くん達が駆け付けた時には、悪魔族の手にかかって死んでしまった後でした。

今回はね、ちょっと泣いちゃった。
お年寄りには親切にしなきゃいけない、そう思っていても口うるさくいろいろ言われることはちょっとうっとおしい。
でも、ちょっとうっとおしいことだけど、ちょっとそのおせっかいさが嬉しかったりする部分もある。
怪物くんの言動って、すごくストレートな本音の部分なんですよね。

そして、怪物くんは、恵まれたプリンスではあったけれど、お父さんはいつも忙しくって1人でごはんを食べる寂しさを知っていたから、よりお年寄りの寂しさが実感できたのね。(大ちゃんのパパ呼びはちょっと新鮮でした!)
だからこそ、念力を使えなくても悪魔族と戦わずにはいられなかった。
怪物くんとしては、他人の気持ちに共感したり寄り添ったのははじめての経験だったかも。

デモリーナさま(稲森いずみ)は、もと人間だったのね。
これからのお話の展開の中で、デモリーナの過去は結構キーになりそうな予感!
デモキンはずっと水槽の中でなかなか復活しない(松岡くんも大変!)

来週は、恋の話ということだけど、何しろ大ちゃんは怪物くんのあの姿だから萌えポイントはちょっと期待しずらいよね(爆)

怪物くんの感想はこちら。
怪物くん  第1話 * 第2話 * 第3話 * 第4話 * 第5話 * 第6話 * 第7話 * 第8話 * 最終話 * 怪物くんSP


スポンサーサイト



2010.05.09 / Top↑
昨日のゲストは中村獅堂さん、獅堂流「おシャレな男の休日」を伝授。

ニノ、結構仲良しなんですね。それに5人仕事で獅堂さんと共演したことが何回かあるってことで(何の時かなあ、思い出せない・・・)
獅堂さん、何かとってもチャーミングな方でした。
それにしても、ゲストによって本当に雰囲気もやることも違ってきますね。
先週の志村さんの時は、アニキの3ヶ条のパネルを紹介する役に西尾アナがでてきていたけれど、今回はオリラジ。
そのあたりもゲストによって(どのくらい、バラエティ慣れしているかとか、しゃべるかとかによって)バランスをとってキャスティングしているんでしょうか。
面白かったのは、獅堂さん登場前の5人トーク、あと獅堂さんが登場してのフリートーク。
あと、オリラジが登場して、お湯の沸騰待ちの間の獅堂さんが実はすごく緊張していたという楽屋裏の話もよかったかも。

まあ、あせってラーメンにがっついている翔くんもかわいかったけれどね(笑)
あと、マスクかぶった5人はかなり笑えました。
潤くんだけはマスクかぶっても何気にかっこよかったけれど(笑)
しかし、獅堂さんあんなのかぶってプライベートでいたら、びっくりするよね。

「未知との遭遇しやがれ」は相葉ちゃん。戦場カメラマンの方に自然な表情をとらえる写真の撮り方を学ぶっていうものでしたが、これリアルな表情がみられて何気によかったかも。
まず初回の翔くんの値切りの時もそうだったけど、でてくる一般人のプロの方、なんか異常にキャラ濃くありませんか??言っていることは、まともというかうなづけることだけど、何かキャラにまず驚かされる感じですよね。
初回の翔くんもだったけど今回の相葉ちゃんも、初対面のキャラの濃い人とあのちか~い空間で相対していることにまずおののいている感じがあります。(2人ともドンびきしているんだけど、でも番組だから何とか頑張ろうとしているそのけなげさには見入ってしまう・・・)
結構不快度マックスの曙さんから笑顔をひきだした相葉ちゃん、流石です。

「嵐にしやがれ」もこれで3回、普通に面白いけれど、オタ的な満足という点では・・う~ん、まだかなあ。(まあ、そもそも深夜帯とはターゲットが違うし大人の男性を意識した作りだそうだから、はたしてそっち方向にいくのかもまあ疑問ですが)
ゲストにも、やる内容にもよると思うし、さらには、だんだん番組としてこなれながらもっと嵐が自由自在にふるまう感じがでてくれると萌えポイントもふえるかしら??

来週のゲストは高田純次さん。

2010.05.09 / Top↑