FC2ブログ
怪物くん第5話
今回は恋の話

人間の女性茜さん(入山法子)に恋をしてしまったドラキュラ(八嶋智人)
目がみえない彼女の手術費用のたしにせっせとバイトをして、毎日病院にお見舞いに行く様子がとってもけなげ。
そして、「そもそも恋って何だ???」怪物くん(大野智)
恋をしたら、大人になれて怪物界にもどれるかもと、怪物くんも恋を知って経験してみたいけれど、ヒロシ(濱田龍臣)にすら先を越される始末です。

何が良かったかって、怪物くんが、胸がキュン!として「恋ってこれだ!」って思ったのが、ドラキュラに対しての気持ちだったこと。悪魔界に支配されているホストクラブにドラキュラを助けにいった怪物くん。
「ドラキュラに命令できるのはおれだけだ」(って、おいおい違うだろ!)
石がなくて念力が使えず痛めつけられる怪物くんに
ドラキュラ「ミーをおいて逃げるザマス」
怪物くん「そんなことできるか!!」

永遠の恋を知らず、その場の感情にふりまわされる人間を笑うデモリーナ(稲森いずみ)。
でも、人間は失う恋があるから、失わないために努力することもある。
「オレは失恋したんだドラキュラに!でも失恋してわかったんだ。どれだけドラキュラが大切な存在かわかったんだ。
だから失恋最高!!」

でも、今回明らかになりましたけれど、デモリーナは人間当時すごくつらい過去を背負っていたのね
デモリーナは、人間界にいるとき裏切られる経験をして、自殺を図ろうとしてそこをデモキン(松岡昌宏)に救われたんですね。
裏切りのない世界へって。(悪魔界が裏切りのない世界っていうのも、ある意味逆説的!?)

最後、ドラキュラの恋のおちはちょっとキュンとしました。
恋の行方を見守った怪物くんの表情もいいよね。
そして、「おれはこいつらに恋してるんだ」ってお供3人をさしていうところも、ウタコ(川島海荷)にそれは恋じゃなくて愛情っていうんだって言われた後の表情も。


でもでも、実は今回一番テンションが上がったのは、途中、怪物くん@大ちゃんが手で作るハートマーク
Troublemakerの時、Mステで翔くんと一緒に作っていたハートマークを思い出して無意味にウキウキしちゃいました(笑)

怪物くんの感想はこちら。
怪物くん  第1話 * 第2話 * 第3話 * 第4話 * 第5話 * 第6話 * 第7話 * 第8話 * 最終話 * 怪物くんSP

スポンサーサイト



2010.05.16 / Top↑
今日のゲストは、高田純次さん。

はじまる前の5人のフリートークが好き。
大野バカ殿とのツーショットをPCの壁紙にしている翔くん、それきいた大ちゃんも嬉しそうよね!きいてるこっちまで、いきなりのテンションアップだわ。

高田純次さん、やっぱり面白いですね~。もう、会話がどっちにどこまでいくかわからない、メチャクチャ、純次ワールド全開です。もう、1時間大笑いでした。
でも、純次さんってメチャメチャ言っているけど、今回を通して(っていうか、嵐さん達視線で純次さんを眺めていて、実はこの人って何も考えていないように口からでまかせをテキトーにしゃべっているように思うけど、実はかなり頭使ってしゃべっているんだなと思ってしまった。
翔くんの「純次さんは人を相当みてる」の発言、納得です。


おみやげのコスプレフィギュアを選ぶ時、翔潤で同じものを選んでる~。
っていいうことは、2人とも「ちょっと強めの女性に憧れる」Mってこと??

最初の噂話のパートも面白かった。
純次さんの縦横無人な暴走ぶりと、嵐メンのつっこみが、なかなかいいテンポと間合いで進んでいきます。

趣味の話
一番嵐メンでこの話題をふってはいけない男にふってしまった高田さん、
でも、ちょっとはにかみながら「でもオレはじめたんだよ」って(嬉しそう~!純次さんが他の方にいっちゃっても、「僕の話は~?」って話をもどしてほしい~っていう顔!!目をパチパチさせてね)
もうこのピアノ話を嬉しそうにする翔くんがメチャメチャかわいい~ 
ピアノを再開したこと。オトノハでも書いていましたよね。 ピアノ買ったんですね!

翔「最近家で飲んで、ちょっと酔っぱらうと・・・」
潤「わ、それ、ぜってい飲みたくねぇ!」
そして立ちあがって、弾くしぐさをやってみせる 潤!!「ちょっと聞いてくんない?ってやるんでしょ!」
翔「1人だよ、今んとこ1人だよ!友達との一緒のシチュエーションはないけれど・・」
和「いや、絶対そうなるって!」
そう言って、不思議なひねりを入れてグラス片手に、もう片方の手でピアノを弾くまねするニノ。
雅「怖い、怖い、怖い」
もうね、すご~いうれしそうな翔くんと、お兄ちゃんにキャンキャンかまいたがる末ズがたまらなくツボでしたワ。
今までなら、このタイミングで潤くん、こんなつっこみ翔くんに入れてました??
なんか嬉しいなあ。

そのあとの女性攻略法のところもメチャメチャ笑いました。

そして、2代目高田純次を指名されたのは、翔くん
最初はガッツポーズだったけど崩れ落ちる翔くん。
和「だって翔ちゃんこれ好きじゃない」(踊りのポーズをして)
ニノの翔ちゃん呼びも萌え!だわ。

最後の5人だけの反省会トーク、なんかこれも本当に素でしゃべっている感がいいなあ(もっと長くしてくれてもいいくらい)

今日の純次さん、嵐との相性も意外によくって1時間大笑いでした。(純次さんって下ネタをいっているようで、さっと切り上げるから案外いやな感じにならにし、それにほどほどのっかってる嵐くん達もこういう程度の感じがいいなあ)

ニノ×テレンス・リーも面白かった。でも、これまで3人の中では追い込まれ方は一番少なかったかも。




2010.05.16 / Top↑