昨日の夜は皆様ごらんんになりました?
Wカップ日本代表、よく頑張った!

本当によく頑張ってて、もちろん、結果は残念だけど、PKはね~、仕方ないよ。
今年のWカップ、こんなに応援したいと思ってみるかなあって始まる前は思っていたから、こんなに楽しませてくれた日本代表チームに感謝です。


そして、感謝といえば・・・・・
任天堂さん、ありがとう!!!

WiiパーティのCM、五人篇キタ~~~~!!!!!

ズームの中で、「Miiを作る篇」の5人バージョン、(できたMiiキャラクターを、4人もみにくるところ)
あと、「ジャングルジャンプ篇」みました。

7時台のエンタメのコーナーでも扱っていました。

→毎日jp
結構、詳しくのってました!

そして、HPでもう全編公開になっていました。

Wiiパーティ公式HP

もう、すごく種類がたくさんあるの。(思わず、全部一気にみちゃった!!)
「Miiを作る篇」は、翔くん1人が5人分作るものに加え、その作ったものを5人でみるものを合わせ、計6種類
「リビングパーティ篇」は「ワンワンカルタ」「ビンカンばくだん」「個人的カルタ」の3種類
「ミニゲーム篇」は「ギャロップダービー」「スキージャンプ」「ジャングルジャンプ」の3種類
それに「特別篇」は、「Miiを作る篇」の5人バージョンの長い版。
だから、種類としては5人のだけで、7種類(特別篇を別カウントすれば8種類)
それに翔くん単独の5種類を加え、Wiiパーティで12種類ですよ!(特別篇別カウントだと13種類ね)

任天堂さん、すごいわ。

でも、ホント楽しそうなの。もうマリオに関してはたくさんあるし、結構チョコチョコ入っているから捕獲できたら残す感じだったんですが、これはもう積極的に捕獲します!
特別篇、どこで流すんでしょう。全部楽しいけど、これは長いしホント楽しい。

私自身、ゲームはほとんど自分ではやらないけれど(たまに子どもとやっても、すごーい下手くそだし)
これは、楽しそう。私でもできそうだしね。
嵐5人の楽しそうな様子で、「おもしろそ~、楽しそ~、ほし~い!」って思う人たくさん出ちゃうんじゃないかなって、嵐ファン関係なく思うんじゃないかしらっていうCMです。

私は・・・・あまりの5人の様子のかわいさにHP通いが続きそう(爆)

スポンサーサイト
2010.06.30 / Top↑
今晩は、日本中がWCUP一色でしょうか。
今日は比較的見やすい時間ですものね。うちも、WCUPになりそうです。

「神様のカルテ」おととい、アマゾンから届きました。
最初の方、パラパラってみたけど、まだ落ち着いて読めてません。
でも面白そうだし読みやすそうですね。

さっき、本屋に行ったついでに、小栗くんが表紙のCUTを立ち読みしてきました。
買おうかどうしようか、すごく迷っています。
インタビュー結構しっかりあって、半分くらいまでは読んだんだけど、面白かったのよね。
これで、大奥が結構のっていたら、絶対買うのに。(まだ、しばらく迷いそうです)

大奥といえば、ぴあEXもついでに立ち読み。
大奥どんどん期待値高まってきてます。
まだ、結構雑誌がまんしているけれど、これで秋になって大々的な特集がでたら、絶対誘惑には勝てず片はしから買ってしまいそう。

夏虹の潤くんが表紙のTVジョン(だったよね) 中のグラビア写真美しかったわ。
ドラマはじまるのが本当に楽しみ。久しぶりに、キュンキュンなれる潤くんドラマだものね。

ここのところ、夜中にコンDVDのはしごの日々が続いていました。
きっかけは、先日の嵐ちゃんでの潤くんの「緑の花柄ジャージ」が、いざナウのDVDに入っているっていうのを他のブログであちこちでみかけて、「そうだっけ?」(私は、全然覚えていなかった)と思って確認したのが見始めたきっかけ。(確かに、出マチマニアの映像に映っていて、「これだ!」って思ったわ)
それで、いざナウの本編をみていたらどんどんみたくなってきちゃった。
久しぶりに見て、改めて発見したこともいろいろあった。
そのひとつが、いざナウの時って、ピカダブを5人でまとまってこんなに踊っているんだ!っていうこと。
そして、翔くんのラップのところ、CDでは4人コーラスと翔くんの掛け合いのようになっている印象があったんだけど、このコンでは、4人が1人づつ歌って、順番に翔くんと掛け合っていて、その時の様子、表情がすごくツボだったし、こんなふうにしていたんだって、新鮮でなんか発見したような気分になっちゃって。
(なんか、すごくこの様子をうまくいいあらわせないんですけれど・・・・。そして今さらこんなところで、発見!なんて嬉しがっているのもいまさら何だと思うんですが・・)
そうしたら、他のコンの時はこの部分どうしていたっけ?ってすごく気になりだして、いろいろ見比べだしたら止まらなくなっちゃった(暇よね~)
でも、それ以降のライブはピカダブはばらけて歌っていることが多かった。(ちょっとがっかり・・)

ごはん、つくってきま~す!
今日は、ウナギで混ぜたお寿司にしようかなって思ってます。

PS NEWS EVERYやらないな~。まだかしら・・。


<追記しました>

NEWS EVERYはCMの裏側っていうテーマで、嵐くんCMは、auの逆再生CMのこと。
「あの不思議なセリフは逆再生するとちゃんとセリフにきこえるんです」って嵐ファンにとっては、今さらすぎ(笑)
発表会の時の翔潤ツーショット映像もちょっとでていました。

KDDIの人によれば、逆再生のセリフが一番わかりやすかったのは、ニノだったとか。


そういえば、auCMで思い出したけど、土曜日に嵐さん達のauの全面の新聞広告でていましたよね。
すごく、きれいで思わず私は目が釘付けだったんですが・・・・、
「そんなものだよね」って思ったのは、その日仕事絡みで20代の女の子と話していてちょうどその日の新聞の広告の話題に。
彼女キャリアがauだったにもかかわらず、あの広告は完全にスルーだったんですよね。
「最近、機種変したばかりだから特に新機種に、今興味なくって」
「オイオイ! 新機種に興味なくたって、今話題の嵐さん達が5人そろい踏みであんなに美人ぞろいで並んでいたら思わずみちゃわない?」 
って思わず言いそうになったけど、仕事中だったし、ぐっとこらえました (笑)
でも、嵐ファンだから、あの全面広告に胸キュン状態だったけど、まあ世間一般でいえばそんなものかもね~って思ったのでした。 チャンチャン
2010.06.29 / Top↑
今日のイチメンは選挙について。今週、来週は参議院選挙前ということで、イチメンは選挙がテーマだそう。

今回の日テレの選挙報道は、櫻井翔さんかかわるんでしょうか?
(きっと、何らかかかわるよね。 だって、昨年はコンサート終わりのものすごくきついスケジュールの中、2部からの出演ということで、頑張っていたし。)
今回はそんなにどうしても動かせないようなスケジュールはないだろうと思うので、最初からかかわれるといいですね。(本人もどうせやるなら、それを望んでいると思うし)

今日はグレーのスーツで、ちょっとおでこが見えていて。
でも、きっとコンサートにむけていろいろはじまっているのかなあ。
ドラマが終わって一時かなりプクプクしていて、それはそれで可愛かったんだけど、最近少しづつ絞ってきているような(まあ、何となくそんなふうに見える程度ですが・・ 顔をみるとね。)
wカップ期間中だから、サッカー話題は翔くんも楽しそう。
パラグアイは、私も国名くらいしか知らなかったのでこういう機会に知ることって多いですね。
小窓の中で翔くんがニコッとする顔も可愛かった!

明日のパラグアイ戦、どうでしょうね。ドキドキだなあ。



2010.06.29 / Top↑
「ススめるぴあ 7/1号」に「僕らの時代 小栗旬」と題したもうすぐ公開の「シュアリー・サムデイ」に関連した記事がのっていました。
(大ちゃんの「今日も怪物やってます」のインタビューものっていた号ですが、今回は小栗くんネタで)

小栗くんの初監督作品「シュアリー・サムデイ」、7月17日に公開なんですね。
もちろん、撮っていたことは知っていたし、出演者に小出恵介くんや勝地くんが出ていることも知っていたけれど、あまりこまめにチェックしたり情報を集めていなかったので、「もう公開なんだな~」ってちょっと感慨深いものが・・・・。
(最近、映画誌などなどにかなり露出していますよね)

今回のこの映画何が楽しみかって、もちろん小栗くんの初監督作品だということはもとより、ストーリー自体はフィクションではあるものの、小栗くん自身のすごく楽しかった高校2年生の時期の実感をこめた作品だっていうこと。
小栗くんと、高校の同級生グループとの逸話はいろいろなところで語られていて、当時もそして今に続くお互い刺激し合える良いお友達関係のようです。
(デザイナーのお友達とコラボしていたりもしています)
そんな彼自身の中で宝石のような大切な時間を、20代のうちに映像化してみたい、そんな思いのこもった映画なんだと思います。

インタビューの中では、「撮りたい」という夢はあったものの、それをいかに現実化していったかについての過程も語られていて興味深いです。

あと今回メインキャストの5人、小出恵介・勝地涼・鈴木亮平・ムロツヨシ・綾野剛 このメンバーも小出くん、勝地くん等々、小栗くん自身と関係の深い人達ですね。
そのほか、ちょっとした部分にもかかわりの深い大物!?顔を出しているのが話題です。
妻夫木くん、井上真央ちゃん、阿部力くん、ナイナイの岡村さんなどなど

そして、今回この記事の中でもとりあげられていましたが、吉田剛太郎さんがでていることも、小栗くんの思いが感じられて嬉しい。
吉田剛太郎さんって、あまりテレビに出られる方でないので知名度という点ではひょっとするとそれほどでないのかもしれませんが、小栗くんが最も尊敬する役者さんとして以前名前をあげていたこともある方です(記憶で書いているので、何の媒体だったか忘れましたが) 蜷川さんの舞台には本当に欠かせない方で、小栗くんとももちろん舞台での共演経験は多数あるし、私も何本かみせていただきましたが本当に吉田さんが出られると舞台全体がしまる感じがする、そんな印象のある役者さんです。

そして、嵐との関係でいくと小栗くんと言えば、潤くんとニノ。
潤くんは、もちろん花男で一緒で仲良しなのはよく知られているし、ニノともStand up!で共演していて、ニッキでニノがコーくんよびしていたことも印象に残っています。
潤く出たかったよね、きっと。(斗真くんも、そうかもしれない)
いくら、「業界の縛りを可能な限りはずす」ことを心がけていた小栗くんといえども、J事務所の壁は厚かったんだろうし、そこで相手に余計なストレスは感じさせないようにってきっと思っていたよね。

でも、この記事の中でも、この小栗くんの年代(20代後半前後)はみな仲がよくて、「馴れ合いではない信頼関係」そういうものを持った仲間達って表現していて、その中に潤くんの名前もあげられていました。

それから、今回の映画で楽しみなことがもう一つ。
小栗くんは自分で映画を撮るなら、音楽を菅野よう子さんに頼みたいとずっと思っていて、今回それが実現したとのこと。
菅野よう子さん・・・? この記事の中では、菅野さんの代表作に「甲殻機動隊STANDALONE COMPLEX」や「マクロスF」といったアニメ作品があげられていて、私には??だったんですが・・・・・この名前きいたことがある・・・ひょっとして・・って思って調べてみたら BINGO!!!
ハチクロのサントラを手掛けた方でした。
実は映画のハチクロの音楽大好きで、私の中でリピート回数の多いものの1枚。
その部分でも、テンションあがっちゃいました。

これは、この夏、絶対観に行こうと思っています!

「シュアリー・サムデイ」公式HP
2010.06.28 / Top↑
今朝、ズームで「To be free」のPV映像やってました。
DwangoのCMが入っているから、何となくPVの雰囲気もそれでわかっていたけれど、久しぶりに静のイメージのPVです。
みんなビジュアルも好調だし、楽しみだわ。あと10日ほどですものね。

ということで、怪物くんSPについて、「やっとみれた~!」(私に、嵐TVをみさせて!)

今回、新作のお話3本に、クイズにカ~イカイ体操もやるっていうことで、1時間半でこれだけはいるの!!?って思っていましたが、日テレさんすごくSPとして楽しくまとめてくださって感謝です。
怪物屋敷を舞台に、怪物くん、ひろし、お供の3人が公開収録で小芝居をして、そのエピソードとして3つのショートストーリーがはいってくるという形。
この3つのショートストーリー、怪子ちゃんとのドキドキ(爆)のラブストーリーに、名探偵エースは、チャンチャンといった話、そして最後の狼男の話はちょっとうるっとくる感じもあって、バランスよく楽しめたし、
そのあとの怪物くんクイズのところでは、嵐さん4人が別スタジオで登場っていうプレゼントつき。
その上、「怪物くん自転車にのる」っていうミニミニストーリーまでついて、幕の内弁当のような楽しさでした(笑)
最後、カ~イカイダンスも楽しかったし。


新作3本はどれも面白かったわ。特に,怪子ちゃんのと、最後の松岡くんが監督をした狼男の話が好きだったかな。

「怪子ちゃんがやってきた」の巻。
怪子ちゃん@ベッキー、すごくわがままでかわいくて、怪物くん&お供3人のキャラのはまりぶりに、全く負けてない好演でしたね。
「おれは、怪子は(の)男だと思ってる」
「一番、カレー(彼)が好き!」
ってこの言い間違い、聞き間違い、思い込みが話の肝になっていて。
恋の話とはいいながら、まったく恋には鈍感な怪物くん。怪子ちゃんとウタコの恋のさやあて、コメディなんだけどなんか可愛かったわ。(あの恋に対する鈍感さ、めんどくさがり方は、大ちゃん自身と被ってしまうような・・・笑)
チューもかわいいチューでしたね。
でも、チューされたほっぺたをなでてデレッとしている顔はもっとかわいかったかも。

「オオカミ男の嘘」
これ、オオカミ男の娘役、マイガールの石井萌々果ちゃんでしたね。相変わらず、達者でかわいいわ。
萌々果ちゃん、これで嵐と2人目の共演ですね。

ストーリー自体もメリハリがはきいていて面白かったし、小ネタも満載でしたね。
フランケンさん@チェホンマンさんのモンスターの踊りも楽しかった。(最後は4人ででした)
奥さんからの伝言、「あついおでんはフウフウしなさい」には笑っちゃた。

最後、クイズの後のカレーのくだりでも、ダチョウさんネタやってましたよね(息がぴったりでした!)

「怪物くん、自転車の乗る」のシリーズは楽しかったわ。
乗れる自転車を、ふらふらしながら乗るって難しそうよね。

こんな調子で、たまに怪物くんに会えるとうれしいなあ。
もう「怪物くんは大野智しか考えられない!」ですよね。完全に大ちゃんの代表作の1つになりましたね。

怪物くんの感想はこちら。
怪物くん  第1話 * 第2話 * 第3話 * 第4話 * 第5話 * 第6話 * 第7話 * 第8話 * 最終話 * 怪物くんSP




怪物くん DVD-BOX怪物くん DVD-BOX
(2010/09/15)
大野 智松岡昌宏

商品詳細を見る


ユカイツーカイ怪物くんユカイツーカイ怪物くん
(2010/07/07)
怪物くん(怪物太郎)

商品詳細を見る







2010.06.28 / Top↑
このところ「嵐にしやがれ」は見れたら、その足でじゃないけれど、すぐに感想アップと思っていたんですけれど今回はなんか考えがまとまらず、一晩こしちゃった。
(まあ、まとまる、まとまらないほど大した感想持っているわけではないんですけど・・・爆)
今回のアニキゲストは、清原和博さん、野球少年だったニノ、潤くん、相葉ちゃん、中でもニノはすごい嬉しそうでしたね。
... 続きを読む
2010.06.27 / Top↑

仕事で新橋に行ったら、予定より、結構早めに終了したので、一人でぷらっと日テレ見学に。
日テレ、ちゃんと行ったの初めてなんですよ。
(東京に住んでいても、用がないとなかなか行く機会ってなくて)
日テレ屋に行って、マイスタ前まで上がってみて、あとは周りのお店プラプラ見て帰ってきました。
日テレ屋は、怪物くんグッズありました。
あと、新橋の駅からの途中に怪物くんと嵐にしやがれの大きなパネルがありました。
写真はマイスタ前の大時計。
大屋根天井のところでは、ここでACWの実験のイベントやったんだなって思って。そんなに広くないスペースなんですね。
今日は、朝いちから仕事だったから、ジュンスタきけなかったけど、夜はお楽しみたくさんだから嬉しいわ!
2010.06.26 / Top↑
雑誌ごと。
相葉ちゃんのanan、潤くんのSPUR、ニノのSWITCHを、昼間本屋さんで見てきました。
どうしよう、なるべくお持ち帰りなしで行こうとは思っていたものの(セーブセーブ)、結局相葉ちゃんをお持ち帰り。
(私の通常パターンだったら、ここはニノなんだけど・・・ネ)

SWITCH
水野様のお姿はとっても凛々しくてステキだったけれど、SWITCHでニノのインタビュー1ページというところで、迷ってしまった。
絶対秋にかけてたくさん出るだろうと思うしね。
でも、インタビューの内容はとっても良かったです。
今、とっても大奥の原作が読みたいんですよね。じゃあ、買いなよ!っていう話ですが、最近自分でマンガを買ってないのでなんかちょっと躊躇しています。(さあ、はたして公開までに買うかなあ?? ってそんな大げさなことでもないのにね)

潤くんのSPURは美しかった、なんかすごく雰囲気があって、それでいてチャーミングな写真が多かった。
人工的なセットの中でなくて、自然の中で、それもシャチをしょっていたりしちゃって(笑)、メチャメチャ、チャーミング!!
でも、潤くんは、こういうシチュエーションを設定してある意味作りこんだ感じの写真がすごく似合うよね。

でも、結局お持ち帰りは、相葉ちゃん。
満面の笑みの相葉ちゃんはもちろん好きだけど、こういうちょっと静なイメージの相葉ちゃんってステキだなあって思う。
相葉ちゃんの繊細さ、無垢さがとっても表われている感じの写真で、そのまっすぐで純粋な感じの笑顔にキュンって切なささえ感じるくらい。

テキストも、そんなにボリュームはなかったけれど、相葉ちゃんの恋愛観についてとか。
「喧嘩は苦手」っていう相葉ちゃん。なんか相葉ちゃんの彼女には、明るくて常に前向きで優しい子だといいなあ。(まあ、これは他の嵐さん達に対してもだけどね)
あと、舞台は「しんどいけど、僕を成長させる、大切な修行の場」って語っていて、舞台は相葉ちゃんをすごく内省的にさせる期間なんだろうなって思います。

今日のMステは「夏うた昭和・平成ベスト100」嵐さん結構はいってました。
家事をしながら、ブログ打ちながらで、ずっと集中してみていたわけでないから、見逃しているところもあると思うけれど、
「ハダシの未来」「アオゾラペダル」「Everything」「ARASHI」「Happiness」(たぶん)「Troublemaker」が入っていたかな(後から、もう一度確認します)
 
<追記・修正>
「ハダシの未来」(96位)「アオゾラペダル」(88位)「風の向こうへ」(74位)「Everything」(43位)「A・RA・SHI」(30位)「Happiness」(15位)「Troublemaker」(2位)の7曲入っていました。
ついでに、翔くんのWii 潤くん編捕獲!

 


最後に、アラシゴトではないけれど、
サッカー、予選突破おめでとう!(もうかなり、タイミングを逸していますよね 笑)
今日は(ってもう、昨日になっちゃいましたね) 朝から、日本中Wカップ一色でしたね。
3-1ってすごい!
始まる前は、結構期待薄な空気が漂っていたと思うんですが(そう思っていたのは私だけ?)、ふたを開けてみれば、すごく強くて頑張っていて。
本田選手はホント頼もしいなあって思います。
良かったよね~。決勝トーナメント、まずはパラグアイ、頑張ってほしいなあ。

それにしても、今回のWカップは波乱含みですね。
フランスのごたごたもなんかびっくりしてるし、昨日の晩はイタリアが負けちゃってるし。

2010.06.26 / Top↑
先日、「嵐04150515」の写真集を買った時、勢いにのって「黄色い涙」公開時の+actを購入したって書いたんですが、その時いただいた拍手コメの中に、この雑誌の中にのっている藤島ジェリーKさんのインタビューについてふれたもがありました。

あまり公の場に出ていらっしゃることがない方なので、こういう形で考えていらっしゃることを目にできる機会は私もあまりなかったので、この中身を見た時に「おおっ!」って思ったんですよね。
それで、ちょっとこの部分について書いてみたいなあと思いました。

... 続きを読む
2010.06.25 / Top↑
VS嵐
ゲストはWカップ週間ということで、対戦ゲストがよしもとサッカー応援チーム プラスワンゲストがYOUさん。

今日のヒット!は、大ちゃん&潤くんペアですね!
特に潤くんが末っ子キャラ全開な感じでかわいかった。

... 続きを読む
2010.06.24 / Top↑
朝、ズームをみていたら(正確には、お弁当つくりながら、リビングのテレビをちらっと見たらという方が正解!) オオッ~「To be free」のCMって思わず近くに駆け寄りました。(まだ、コンタクトしていないしね) DwangoのCMが入っていた。なんかセットだと思うけれど、広々っぽい感じ(どういう感じよ  爆)のところで、5人が散って歌っている。(違うんだけど、イメージはEverything系??)
テレビに駆け寄る母の勢いにあきれる息子を横目でみながらキッチンにもどって、またふりむいたら「エエッ~、翔くん!!!!」 WiiのCM!翔くん1人じゃん!大野さんって!これ大ちゃん作っているの。
もう、なんか頭の中がパニックになっていて 息子に「今の翔くん、1人で出てたよね」とかアホな質問を連発(見りゃわかるでしょ!)

まあ、朝は時間との勝負なので(ちなみに、私は1時間10分くらいの間に、2人分のお弁当を作って、3人送り出すという荒技をしているので・・・もっと早く起きなさい!っていうんですよね。でも、朝苦手だし、やりたいことたくさんありすぎて詰め込むタイプなので・・これ以上は睡眠時間けずれない)
家族を送り出してから、任天堂のHPをみてみましたが、まだ情報は更新されていない模様。

<追記>
あの翔くんのCM、wiiパーティーだったんですね。
サイトアップされて、5人のパターン(自分のものも)全部見れます。
→ Wiiパーティ


ただでさえ、朝はボーっとしてコンタクトも入れていないから、視界不十分な状態なのに、今朝はテレビの音量をすごくしぼっていて(昨晩、夜中だから音量おとして、いざなう、AAAドーム、タイムやらのコンDVDをはしごして観てしまった私がそのままねてしまったからいけないんです) それがオンタイムで遭遇したのに反応遅かった敗因ですね(反省)

ちなみに、今朝は上半期のオリコンランキングもやっていて、嵐さん1,2位独占。
トラブルメーカーのPVやっていました。
オリコンの記事はこちら →
2010上半期オリコンランキング

なんか、ここに関してはすごいんだけど、最近完全に感覚が麻痺した自分がいます。

最後にちょっと、昨日のZERO。
沖縄追悼の日ということで、村尾さんが沖縄にとんでの取材がありました。
(翔くんの、沖縄取材は こちら→「ZERO 沖縄取材」

戦後の混乱に巻き込まれて、満足に学校に行けなかった高齢の方達が夜間中学で学びなおしているっていう取材の中で、日本語の読み書きが不自由な方達がいるっていうことへの衝撃(戦後、しっかり頑張られて会社等を経営されたりしてきた方もいます)
そして、その方が戦争時アメリカの大砲でお母様をなくなされて、3か月の幼い妹さんをつれて逃げていた時、みんなと一緒の壕にはいられなくなって(赤ちゃんは泣くとうるさいから)、横穴式のお墓に隠れたというエピソードの中で、「死んだ人よりも、生きている大人が一番怖かった」って言っていらしたこと。

戦争はいろんなことを奪うし、人を変えてしまいますよね。

最後、夜間中学を主宰されている方の言葉で、沖縄は今でもいろいろな問題を抱えているけれど、その解決にあたって、大切なことは(他者に)寄り添う心や、想像力 と言っていらしたこと、また村尾さんが現在の教育制度にも通じることとして受け止めていらしたのが心に残りました。

2010.06.24 / Top↑
6月に読んだ本、絶対に月末までにあと1冊は読めないと思うので(変な自信? 読めたらどうする。あと1週間もあるのに!!)アップしま~す。

チルドレン (講談社文庫)チルドレン (講談社文庫)
(2007/05/15)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


● 「チルドレン」 伊坂幸太郎 講談社文庫

5作の短編による連作集になっています。
全部の物語が陣内という、ちょっとうっとおしくて変だけど愛すべき?男と周囲の人々の話になっています。
伊坂さんのもの去年から何作か読みましたが、その中でもすごく読みやすくて、登場人物(特に陣内と、盲目の永瀬とか・・・)が愛着がわいて、楽しい気持ちで読み終われるし、一つ一つの話に小さなおちがちゃんとついて話が収束するところがいい感じでした。



今月はあと「1Q84 BOOK3」を読みました。感想は、別にアップしました( → こちら「1Q84 BOOK3」

1Q84 BOOK 31Q84 BOOK 3
(2010/04/16)
村上 春樹

商品詳細を見る


● 「1Q84 BOOK3」 村上春樹  新潮社




あと、まだ読んでいる途中なんですが、小説と並行して読んでいるのでチョビチョビと進みそうだし、今は図書館から借りているけど、このペースなので自分で買おうと思っているので、貼らせてください。

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
(2009/11/21)
クリス・アンダーソン

商品詳細を見る


● 「フリー」 クリス・アンダーソン NHK出版

去年秋に出て以降、今年前半結構話題になっていたり、売れていた本です。
まあ、ジャンル分けすればビジネス書? 
結構わかりやすいし、面白い。まあ、大部な本なので、頑張って読みます。






2010.06.23 / Top↑
「告白」みてきました。



●「告白」
監督 中島哲也
出演 松たかこ 木村佳乃 岡田将生 

「告白」公式HP


R-15指定だし、予告編もちょっと衝撃的な感じはあったし、どうかなあと思ったけれど、私はすごく良かったです。

... 続きを読む
2010.06.23 / Top↑
ズームで、6時台「怪物くんSP」やってました。

TOKIO松岡が“大野怪物くんSP”監督
6月23日7時3分配信 スポニチアネックス
人気グループ「嵐」の大野智(29)主演の日本テレビ系「怪物くん」がスペシャルドラマで復活する。26日放送の「もう帰ってきたよ!!怪物くん全て新作SP」(後9・00)で「TOKIO」の松岡昌宏(33)が監督を務める。
 3話構成で松岡は「オオカミ男の嘘編」を担当。ゴールデン帯ドラマで監督するのは初めてで「怪物くんがよりチャーミングに見えるよう演出したつもり」と納得の様子。大野も「凄くやりやすかった」と話した。

Yahooニュース

報知の記事、詳しいです →こちら

90分で、「怪子編」「探偵編」「オオカミ男の嘘編」の3話のオムニバス。

大ちゃん×松兄 楽しみですね。

ズームでは、怪子役のベッキーのインタビューもやってました。(耳つけてたよ!)
報知では、ほっぺたにキスシーンあり!ってありましたけど、まあ可愛い感じ!!?

そうそう、藤子先生も特別出演してらっしゃる映像もでてましたね。
(探偵っぽい格好でした)

番組内で、出演者のトークやカーイカイ体操もあるとのこと、
1話、1話は本当の短いものなのかもしれませんね

もう、今週土曜日、楽しみだわ、
ズムサタとか、番宣はいるんでしょうか!?


2010.06.23 / Top↑
「新参者」、20日で最終回でした。
面白かったわ。

今回は、阿部寛さんをはじめ、三浦友和さん、笹野高史さん、そして泉谷しげるさんと渋いおじさま達がしっかり引き締めた感じでしたよね。(阿部寛さんを、おじさま扱いするのはちょっと抵抗があるかな・・でも若者ではないものね)
向井理くん、溝畑淳平くん、黒木メイサさん達若手がも先輩達の胸を借りてなんか肩の荷軽くやっている感じに思えました。

各回ゲストとして、チョビチョビでていた方達も達者な方達が多くって、それも毎回楽しみでした。
特に1回目ゲストの香川照之さんが、最終回でちょっと顔見せしてくれて、それもまあおまけのような楽しみでした。

原作を読んでいないから、原作とのギャップはわかりませんが、加賀恭一郎@阿部寛は、独特の存在感がありましたね。(一歩間違えば、ストーカー!? 爆)
阿部さんって、絶対にひと癖ふた癖ある役の方が面白いから、そういう意味でははまったキャスティングで面白かった。(結婚できない男の阿部さんとかすごく好きです!)
あと、最後のおちはよかったですね。
岸田親子が、容貌では全然似てないけれど(笑) すごく息子に対して「ええかっこしい」の似たもの親子だったっていうところ、そして最後の殺された三井峰子@原田三枝子の遺稿のあとがきにかかれた家族への思い、このあたりはちょっとウルウルでした。原田さん、毎回回想シーンでの登場ですけれど、やっぱり存在感がありますよね。

それにしても、三浦友和さん、おいしいところを持っていったなあ。
たぶん、何度も書いているかもしれませんが、三浦さんって大昔2枚目で通っていた頃は何の興味もわかなかったし、どちらかといえばかっこいいかもしれないけれど苦手な感じだったんですが。
年齢を重ねてからは、見るたびに好きな俳優さんになっていっているように思います。
これをみながらなんか流星の絆の三浦さんをちょっと思い出しました。
(ニノと最後向かい合うシーンも迫力あって良かったなあって)

今回、人形町が舞台で水天宮は甘酒横丁やなじみのところが多かったのもちょっと楽しかったかも。
人形焼きやさんとかね。

視聴率も15.22%とそこそこキープですね。
初回が20%ごえだったことを考えるとかなり中盤は落ち込んだ感じですけれど、でも最終回18.0%だったことを考えるとまあ、最後で盛り返した感じ。
確かに、最後清瀬親子の話、そして岸田親子の話あたりからなんか緊迫感がでてきて、しっかり見たいなっていう気分が強まってきたかも。

今回、主題歌が山下達郎さんでした。
街物語 達郎さんらしい感じの曲でした。
ドラマのタイアップがついた影響もあるのかなあ、達郎さんの秋のライブ、チケットとれないんですよね(ふ~っ)
潤くん、またタイミングが合えば行きたいって言っていましたね。

2010.06.22 / Top↑
今日のZEROは、23日の沖縄慰霊の日を前に、翔くんの沖縄取材。
「1945/2010 あの戦争を知る」と題して翔くんのどアップ映像のタイトルバックがでて、今年は終戦65年ということで、ZERO自体が第2次世界大戦についての戦争取材にとりくんでいますが、翔くんについても完全にシリーズ化な感じですね。

でもね、本当によい試みだと思います。東京大空襲の取材の時も思いましたが、(その時の記事はこちら→「宿題くん(ゲスト:フルーツポンチ)&ZERO」 )若い世代の人のみならず、私自身こういう機会に知ることができてよかったなあと思いました。
(今回の取材の最後に、若い世代だけでなく65歳以下の人は全員が戦争体験がないので知ってほしいと、翔くん世代の学芸員の方が話していらっしゃいましたしたが、本当にその通りだと思います。)

今回は、ひめゆり学徒隊の生き残りの方への取材。
お話してくださった宮良さんの話はちょっと言葉を失うすさまじい話でした。

陸軍病院とは名ばかりの洞窟、
両手切断の兵隊さんに、手をにぎって励ましてくれと言われた話。

そして隠れていた壕が米軍にみつかって、投降しろという米軍の呼びかけに従わなかったため、壕を爆破されたは話。
3日間意識を失って生還したということもすごいけれど、死んで蛆がわく友人達を横に置いて、自分は生きているという感覚も、想像を絶する世界ですよね。
そして、壕を脱出した後、米軍に捕まるくらいならと手榴弾で自殺しようとしたものの、不発弾だったため生き残ることができたということ。
地獄をみるっていうのはこういうことなんでしょうね。

そして、鬼だと思った米軍が、投降した人達を大切に扱っているのを目の当たりにした時の気持ち。
「当時、死ぬことを恐れず、死ぬことが名誉だと思っていた。そうでなかったんです。生きる事が大事。どんなことがあっても死んではいけない。」
こういう辛い場面から生き延びた方の言葉だけに、すごく胸に響きました。

そして、思い出すのも辛いだろう体験を一生懸命伝えよう、あんなことがもう2度と起こらないようにしようという姿勢はすごいなあと思います。


翔くんの取材の中で、彼の話の引き出し方でいいなあと感じたのは「いやだなあ、帰りたいなという話はしたことはなかったんですか?」という冒頭の質問。
これって、現代の感覚からいったら、当然思うことだと思うんですよ。大上段にかまえる質問ではなく、普通に感じそうな気持をぶつけていて、それも皮肉めいたところとか一切なく素直な感じがでていて、翔くんがインタビューで飾らない、かまえない話が引き出せているのは、こういう質問が相手への敬意を感じさせながらできるところにあるのではと思っています。

また、実際の壕の中に入って、翔くん自身が実際にその壕での感覚を伝えている場面もあって、カメラワークもよかったと思いますが実際に翔くんの体験が疑似体験できたことで、より辛さ、臨場感が感じられた(そして、それにより悲惨さをより強く感じる事が出来た)と思います。

櫻井翔がこういうことを伝えていくことの意味って、本当にあると思うよ!
いい取材をありがとう!


そして、これだけ真剣な話題の後にとっても恐縮なんですが・・・・、

今日の翔くん、先週とかと比べてプクプク具合が少なくなって、ほっぺたまわりから首筋にかけてずいぶんすっきりしていたような・・・(これって、私の思いこみ?それとも、服のせい?)
取材の時はもちろん、今日のZERO仕様の髪型、とってもよかったし、何より翔くんが村尾さんの方を向いてしゃべる時の右側からのカメラワーク。あごから首筋にかけてが萌えだったな~んて言ったら、不謹慎ですよね(反省)

でも、人間って頭ではシリアスなことを考えながらも、一部では全然別の発想をしていられるっていう・・・すみませんこんな変な奴わたしだけ?(爆)
2010.06.22 / Top↑
昨晩、DVDでみたんですが、そもそも何で今「ET」?っていう話ですよね(笑)
まあ、名作だからいつみても問題ないんですが・・・。

もちろん1982年公開の時は映画館に見に行きました。

実は、うちのダンナが「ET」のメチャメチャファンでして、そんなに泣きっぽい人ではないんですが、すごく彼の涙線を刺激する映画なんですよね。
私は、公開時とそのあとテレビで放映されたのを1.2度みた程度だと思うんですが、彼は20周年の特別記念版が劇場公開された時もしっかりみにいっている。
で、昨日父の日にあたって、息子たちへ望んだプレゼント
「一緒にETをみよう!」と。
いい映画だけど、息子達にとっては、なかなか改めてみるチャンスがなかったものでした。
だから、自分の大好きな映画を息子達と一緒にゆっくりみたい、ETという共通体験を一緒にしたいっていうことなんだと思います(物をもらうのもいいけど、なかなかいい提案だなあって思いました)

というわけで、母の私も一緒にみました。

ETみるのって久しぶりだけど面白かった。
みたあと、DVDについている特典映像とかもみて、特別版になってのリマスター部分とか変更点とかもみましたが、過去のものをいい具合にほどほどに忘れていたので、あらためて新鮮に感じられることもあってよかったです。

何を一番感じたかって、ETってこんなに表情豊かだっんだっていうこと。
これはリマスターでCG技術が発達したことによる恩恵も大きいようですね。

子どもたちもだけれど、あんな姿のETの表情の豊かさに心が動かされることが多かった。

あと、もとのバージョンでは、最後宇宙船が迎えに来る森に向かうETと子どもたちを追う警官達が、子どもたちに銃を向けていたのに対して、特別版では銃はカットされたこと(トランシーバーとかにCGで変更している)
この部分はスピルバーグ監督が自分自身が父親になって以降望んでいたことで、9.11直後の時代風潮もあり変更されたとのこと。(すみません、9.11を9.16って書いていました。教えてくださった、Rさんありがとうございます。)
この変更があったことによって、ETってよりファンタジーっていうかおとぎ話になったのかなあって思いました。
私自身は昔この場面にどんな印象を持ったか忘れちゃったけれど、もとの銃であった方が、大人の理不尽さ、異物を排除しようとする心、ETを友達ではなく単なる標本としてしかみていない視点が強調されていいのかなあっていう気もします。でも、実際に銃での悲惨なできごとが日常茶飯事のアメリカとでは意識違うんでしょうね。

私自身は、「ET」って少しうるっとはするけれど、どちらかといえばすごくほほえましくて、ニコニコ見ちゃう感じの強い作品です。

●「ET」
監督 スティーヴン・スピルバーグ
出演 ヘンリー・トーマス ドリュー・バリモア ロバート・マクノートン ディー・ウォレス・ストーン


E.T. The Extra-Terrestrial 20周年アニバーサリー特別版 [DVD]E.T. The Extra-Terrestrial 20周年アニバーサリー特別版 [DVD]
(2002/11/08)
ディー・ウォーレス・ストーンヘンリー・トーマス

商品詳細を見る

2010.06.21 / Top↑
おはようございます。

昨晩、オトノハ更新!

... 続きを読む
2010.06.21 / Top↑
わたくしごとです。
アラシゴトではありません。


... 続きを読む
2010.06.20 / Top↑
Wカップ、日本はオランダに0-1で負けちゃいましたけれど、でも頑張りましたね。
惜しい場面がいくつもありました。
次、デンマーク戦ですよね。勝って、決勝トーナメント行けるといいなあ。

で、嵐にしやがれです。
今回のゲストは、堺正章さん。
今回、私はかなり好きでした。
セットが回転するまでのトーク部分が、嵐5人の時も堺さんが登場してからも面白かったし
回転してから後も、特にテーブルクロスひき。
嵐の5人、やっぱり凄いですね。(だって、ほぼ今回はじめてやることですものね)
成功するかどうか、なんかすごくドキドキしながらみちゃいました。
本人達の緊張して真剣になっている様子に、一緒にお祈りしながら息をつめてみちゃった(笑)

トーク部分はリピしたいとこ満載です。
まず、誰がゲストか予想している5人、
何となく今回はわかるという、山コンビ。
「じゃあ、ちょっと・・」って言いながら、智さんに嬉しそうな顔して近づいて、耳元で内緒話する翔くん。
なんか内緒ばなしのところも、その翔くんの言葉を聞いて、微妙な顔で「違う・・」っていう大ちゃんとか、お兄ちゃん達可愛いよ!
そのあとの「リアクション新鮮にいこ!」「おお~っ」で顔を見合わせ声をそろえて叫ぶ櫻葉も好き。

そして、堺さん登場の後、「最近年下の男子にトキメク」っていう堺さんに椅子ごと場所移動する嵐さん達。
和智翔の3人並びの様子、私この3人並び大好きなんです。3人で体を同じ角度に傾けている絵がすごく可愛い!!
(キャッ、キャッ!!)
若い子との距離をなくしたいので、「マチアキ」呼びで、敬語を使わずタメ語でしゃべることをリクエストする堺さん。末ズが、かなりチャレンジャーでしたね。潤くんは突撃隊長。ニノもよくつっこんでたわ。

セット回転してからの、コケも面白かった。
潤くんのバナナでこけるところも、あまりにもうまくいってびっくりする潤くんも可愛かったわ。
翔くんのできそこないコケの後の「映さないで!!」のニノとかも好き。
やまたろの、この息が合った感じも好きなんですよね。


今回、堺さんの持っている雰囲気と嵐さん達の雰囲気がとっても合っていて、そこも楽し~くみれた理由の1つかも。
苦笑っていう部分が全然なかったですものね。
嵐くん達自身も堺さんからは学びたいって思うものが多かったんじゃないかっていう気がする。

来週は清原選手。
これはどうでしょうね~?






2010.06.20 / Top↑
なんか、不快指数が100!っていうほど、ムシムシとした天候です。

今日は午前中は、またまた保護者会(今回は成績のこともあるし、一番頭痛いかも・・・)で、体力的にはそうでもないけれど、気分の上では疲労困憊(全く、誰のせいだ!!プンプン) まあ、これで怒涛の4週連続の保護者会もひとまず終わりなので、ふ~っとためいきです。

というわけで、今日はガッツリ被っていたので、潤くんラジオはきけませんでした。
(あとから、あちこち読みに行かなきゃね)


題名にも書きましたが、実は今私の中で、プチ「ピカ★ンチ」「ピカダブ」ブームです。

先日、オトノハとの絡みで記事にもした通り、(そのエントリーはこちら →「嵐04150515と翔くん」
写真集「嵐04150515」と「ピカ☆☆ンチ AtoZ」をみて、友達にDVD「メイキングofピカ★★ンチ」を借りて見て。
映画の本編は、2本とも以前見ていて嵐5人にキャラが被るような被らないような(笑)微妙な同級生5人の青春物語が大好きなんですが、その周辺のものを集中的にみるのは今回はじめてかも。

そもそも、青春群像劇的なものが、好きなんですよね。
だから変な話、特攻服でリーゼントのチュウ姿の翔くん見てもまったく萌えないし(爆)、あの内股のハル(大ちゃん)に萌えることもないにもかかわらず、物語として愛着がわく。
だから、同じ堤幸彦さんがとったStand Up!!も大好き。

DVDは、5人一緒のインタビューも入っているし面白かった。
ピカダブのメイキングなので、話が「ピカ★ンチ」との撮影時との違いとか、続編を撮るということの気持ちのようなものに触れて喋っているものが多かったんですが、「ピカ★ンチ」は本当に5人一緒での撮影が多かったのに比べて(それは写真集をみても改めて感じました)、ピカダブは比較的個々人での撮影が多かったようですね。
でも、5人でしゃべっている時の空気感が、もう7年くらい前にもかかわらず、本当に変わっていなくて、つい2、3年前のものと錯覚しそうな感じもある。

メイキング・オブ 「ピカ☆☆ンチ」 [DVD]メイキング・オブ 「ピカ☆☆ンチ」 [DVD]
(2004/02/18)
大野智櫻井翔

商品詳細を見る


でも、何といっても私の中では「嵐04150515」の写真集が一番ヒットだったかも。
まだ、「ピカ★★ンチ AtoZ」の方はインタビュー記事も読み切っていないので、後から評価が変わるかもしれませんが(笑)。
写真は「AtoZ」の方が、圧倒的にきれいで、かっこいい写真が多い。
映画の中の1シーンを切り取ったようなものも多いし、原宿でとったExtra Shotもいい感じ。
中でも、とってもいいのは、Aの項目「ARASHI」の部分で何ページかにわたってのっている写真。ちょとカッコつけて写っているものが多くて、美しくってステキ。
(まあ、後からもうちょっと良くみます)

ピカ☆☆ンチA to Z―嵐のピカンチダブルな日々ピカ☆☆ンチA to Z―嵐のピカンチダブルな日々
(2004/03)
不明

商品詳細を見る



でも、「嵐04150515」が好きだなあって思うのは、この写真集の写真とテキストを通して、「ピカ★ンチ」とは別の、嵐5人の青春物語(こういっちゃうとクサイ感じするけどね)をみれること。
(冒頭でも書いた通り、青春群像劇ものが好きなんです 笑)
はっきりいえば、写真はちょっと粒子が粗い感じで、ボケた感じにとったものも多くて、いわゆるクリアーなドル誌とかテレビ誌とかに載っているようなアイドル全開な写真とは違う。
(私も普通だったら、もっときれいな普通の写真の方が見栄えがするって思うかも)
でも、岡本くんっていうすごく身近な先輩がとってくれたことで、商業的に撮られることをあまり意識していないすごく素な感じの彼らがいるんですよね。
そして、そこに「PRODUCTION NOTES」として、クランクインの4月15日からクランクアップの5月15日それに、写真撮影用だけに集まった5月28日(あと、24日もあるけれど)の岡本くんと嵐の日々が写真+メモの日記のようにつづられていて、そこを読みながら、前の写真を見返すのもまたいろいろ様子が想像できて楽しい。
後、翔くんの部分は先日のエントリーでとりあげたけど、5人それぞれのインタビューと岡本くんに対するメッセージの部分がとてもいいんです。
(ライターの よねかわ さとよ さんっていう方の切り取り方と文章も好きなんだと思います)

このインタビュー部分、私はたぶんこの当時のインタビュー記事をそんなにたくさん読んでいないせいだと思うんですが、すごく腑に落ちたことや、ちょっと発見だったことも多くて、それを書くとさらに長くなりそうなので、また別途書きたいなあって思います。

嵐04150515―嵐のピカ☆ンチな日々嵐04150515―嵐のピカ☆ンチな日々
(2002/10)
Kenichi Okamoto

商品詳細を見る





2010.06.19 / Top↑
昨日のアラシごとは、さっき「「嵐ちゃん」を書いて、なんか力つきちゃって、ホントはVSも楽しかったんだけど今日はそこまでいけないので、一言二言だけ。
お誕生日のニノのスタイルがかわいすぎ。まるで、夏休みの少年よね。
あと、ピンボールランナーの指令台の翔潤+やっしーが楽しすぎでした。
やっしーの「坊ちゃま」よびも「ザマス」も楽しかったです。

さっき、郵便局に行って振り込みしてきました。
後は、お祈りして待つだけです。
少しでもお祈りしながらお掃除して、運気をよびこむ!?

なんか、雨が降っているせいもあって、気分がまったりしています。
... 続きを読む
2010.06.18 / Top↑
昨日の嵐ちゃんは、私はなんか楽しかったなあ。(この毎週の微妙な差ってどこからくるのかなあ)

昨日は、VIPルームのゲストが西野カナさん。
そして、マネキンはJOYさんと梅しゃんさんが加わって、花柄コーディネート

VIPルーム

ゲストの嵐に対するイメージは?
和「付き合ったら束縛が厳しそう」(本当は、一番束縛から遠いのにね)
翔「付き合っても友達の時とかわらなそう」(本人も納得?)
雅「付き合ったら、放置プレイされそう」(実際は優しいと思うけれど男友達と遊びに行っちゃいそうな感じはあるかもね)
智「付き合ったら一番優しそう」(この時でた、VTRメチャメチャ黒いんですけど 爆 ずいぶん、色白になったよね~ あとのマネキンもそうだったけど、今日はリーダーは持ち上げられて落とされるパターンだったよね 笑)
潤「付き合ったら、オレ様系になりそう」(潤くんに対して求めるのはやっぱり花男のこのイメージ?)


西野カナさんって、歌は知っているけれどあまり良いも悪いもイメージがなかったけれど(若者達からはカリスマですけれどね) なんか面白い子だったなあ。

今日は西野さんのご要望にお応えして、姫様特集でしたね。

最初は、櫻井じいやがナビゲートする姫家具特集。
(なんか、じいやのひげが意外に違和感ないわ~ 爆 としとったら、こんなステキなおじいちゃまになるかもね)

そして、嵐が王子様ファッションショーをして、妄想一杯のカナちゃんに「君をさらいにきたよ」と一言。
嵐の王子様ファッション、楽しかったわ~。
相葉ちゃん、大ちゃん、潤くんは衣装として全然ありそうな感じ。それぞれステキだったしね。
ニノはちょっとサイズあってなくない?(なんかすごく大きいような気がする 爆)
そして、翔くんの学芸会ファッション(あるいは、アホの坂田?) ホントにまさかのショート丈だよね。
バラエティでは、完全に翔くんこの役回りよね 爆ゝ

そして、潤くんの「君をさらいにきたよ」は普通にカッコよすぎたんですけれど、そのあとでてきたじいや、かわいかったわ(このへんって、どのくらいまで台本なのかなあ?)

この後お気に入りの嵐を選んだんだけど、
まさかのじいや。(でも、あれだけ翔くん頑張ってたから・・・このチョイスに好感度アップだったかも)

でも、潤くんの
「もう・・だって意味わかんないでしょ。馬に乗ってくれって言われて馬に乗せられて、告白して、最後選ばれないっていうね・・・・」(ニノなぐさめてあげて優しいよ)
潤くん、ちょっとふんだりけったり(?)だったよね。


そしてマネキン。
JOYさんって最近ホントによくバラエティにでてるけれど、けっこうウザイキャラだとは思うけれど、私は全然嫌じゃないかも。あの顔で、ここまでやるキャラっていうのが面白いなあって。
梅しゃんさんは、ふつうにいい感じの方ですよね。

今回、個人的に好きなのは翔くんと、大ちゃんかなあ。
相葉ちゃんはやっぱり、相葉ちゃんしか着こなせない感じで、相葉ちゃんが着ている分にはすごい可愛い。
ニノのも好きだけど、夏だからもっと足元軽くしてほしかった
潤くんは、やっぱり「ザ松本潤」相葉ちゃんとは別の意味でチャレンジャーだよね。

しかし、今回はちょっとかつてない展開だった。
だって、お披露目の時、何一つ文句がでずに持ち上げられるばかりだった大ちゃんが、ラスト2まで残ったんだもの。
大ちゃん自身も文句はいわれないもののどんどんスルーされていく展開に「訳わかんないよ」って言っていたものね。


そして、今回「清楚系でやってきた」浜田ブリトニーさん(一瞬、誰かと思っちゃった!!)
ブリちゃんと潤くんのかけあいが漫才で面白かったわ~。
潤くん、ブリちゃんにも選ばれずで、VIPルームと同様今回はなんか振り回されて終わっている感じだったよね。
面白かったけどね。

マネキンに関しては、かわいそうな記憶がトラウマのようになっている(爆)翔坦としては、いくら影が薄いといわれようと、姑息といわれようと、上位で翔くんが抜けてくれたのにはホッとしました。(甘いよね~)

でもJOYさん、負けてもなお田村正和さんのモノマネ。あの精神力と負けてもただではおきない精神(笑)
笑ったわ~。


嵐ちゃんは来週お休みで、その後3週連続で夏祭りSP。
特に7月8日のマネキンに長瀬くんと斗真くん来店と、15日のヒガシさんは楽しみかも。(でもヒガシさんは、モテ嵐ダメ嵐って、どういう立ち位置でくるのかなあ??)



2010.06.18 / Top↑
ニノちゃん、お誕生日おめでとう


26歳は、お芝居のお仕事が多かったですよね。
「見知らぬ乗客」の舞台、映画は「GANTZ」2本分、「大奥」、そして5人ドラマの「最後の約束」

健康面も心配だった。
コンサートでしっかり踊っている様子を見聞きして、治ったのかなあ、無理していないかなあって不安な気持ちがいっぱいだった。
でもそれでも、しっかり踊ってくれているのをみられるのはとっても嬉しかったんだけどね。

27歳も、ニノにとって実り多い充実した歳になりますように!
ただ、一言。安全・健康には気をつけて。

コンサートで会いたいなあ (行けますように!! 祈)
アルバムのソロ曲も、久しぶりのオリジナルでどんな世界を見せてくれるのか楽しみ超
あと映画、まずは秋公開の大奥、凛々しい水野様が今からとっても楽しみです!


これから、ニノ担の子と嵐会してお祝いしてきますね!

  
<ここから 追記です>




今日は暑かったですね(っていうか、昨日くらいから、ホントに暑い)

ニノちゃんの、お誕生日嵐会してきました。
(6月中に嵐会したいね って話していてじゃあ都合がつくならせっかくだから、17日でっていう話からだったんですが)

コンサートの申し込みどうするかについても話してきました。
とりあえずは方針は決まりましたけれど・・・、明日申込してきます。
あたるといいなあ。もうそれだけですね。

お昼には、ハバネロチキンも食べました。辛いもの好きの私ですけれど、かなり辛めですね。ビールのおつまみにしたい感じ。

コンのDVDみたり、雑誌みたりして喋り倒してきましたわ。あ~、楽しかった!


2010.06.17 / Top↑
コンサートの申し込み、まだできていません。まだまだ検討中。
たぶん、明日友達と嵐会する予定なので、明日最終決定かな。
(ニノちゃんのお誕生日ですものね)

そういえば風間くんのはなまるカフェ。
出かけるまで、ちょこっとみたんだけど嵐話はしたんでしょうか?(ラテ欄にありましたが・・)
はじめの部分を見逃したので、そこでだったんでしょうか。
でも、知らなかった、風間俊介くんって、二宮一也くんとまるで同じ誕生日、1983年って生まれ年まで一緒だったんですね。

さて、話は全然違うけれどどういうシチュエーションで音楽ってきくことが多いですか?
私の音楽タイムは最近は、とりあえずききたいものはウォークマンにいれて、家事などなどをしながら聞くことが多いです。
なんか、そんなに家事好きな人じゃないんで、自分を奮い立たせるものが必要で、それが音!
映像みるならともかく、CDだけをゆっくり集中して聞くってなかなか時間がとれなくて。
私のウォークマンは2,3年前に買った2Gのものなので、どんどんいれていくと意外にいっぱいになっちゃう。
それで、嵐のシングルはカップリングも含め持っているものはほとんど入れっぱなしなんだけど、嵐のアルバム、他のアーティストのものは、時々入れ替えます。(また、まめじゃないから時々ドーンと入れ替えて、しばらくそれをリピしているんだけどね)

嵐アルバムについては、最近のマイブームはドリアラ。

Dream”A”liveDream”A”live
(2008/04/23)


商品詳細を見る


嵐の中では、たぶん聞いている量としては一番少ない部類かもしれない。
(逆にドリアラのソロはかなりききこんでいるんですけどね)
それで、久々に聞いてみたらなんかすごく新鮮でいろいろ新たな好きな部分を発見できちゃった。
ソロは初回限定の方ですね。

Dream”A”live(初回限定盤)Dream”A”live(初回限定盤)
(2008/04/23)
嵐相葉雅紀

商品詳細を見る


あとね、この間TSUTAYAの4枚1000円キャンペーンでまとめて借りてきて、ちょっと新しいものを聞いてます(別に新譜というわけでなく、自分にとって新しいっていう意味ね)
レミオロメンの「花鳥風月」
スガシカオの「FUNKASTIC」
ラブサイケデリコの「Golden Grapefruit」「This is Love Psychedelico~U.S.Best」それにその前に息子が借りてきてたのを借りた「ABBOT KINNY」

ABBOT KINNEYABBOT KINNEY
(2010/01/13)
Love Psychedelico

商品詳細を見る


ラブサケデリコについては、前にも潤くんラジオの時にちょっとつぶやいていたかと思いますが、かなり気に入っています。
誰にでもあると思うんですが、好きな度合いっていろいろあるじゃないですか。
何を聞いてもその人のものはほぼ100パー好きな感じ 5段階評価での★★★★★があるとすると、
現時点での5つ星は、嵐・矢野顕子・ミスチル(また、この統一感のなさが何とも言えないですよね 爆)ラブサイケデリコはアルバム3つきいて、ほぼ私にとっては5つ星の仲間入りだなあって思っています。

そうそうラブサイケデリコは、火9時フジテレビ系 上戸彩ちゃん主演の「絶対零度」の主題歌になっています。
よかったら、きいてみてください。
このシングル3曲はいっているんですが、メインテーマが表題曲の「Dry Town」 カップリングにオープニングテーマの「Shadow Behind」(これは今年1月に出た、アルバム「ABBOT KINNY」にも入っています) それから「Freedom」っていう曲のライブバージョンです。

Dry town~Theme of Zero~/Shadow behindDry town~Theme of Zero~/Shadow behind
(2010/05/19)
LOVE PSYCHEDELICO

商品詳細を見る


それよりも、1ランク落ちる感じの好きとしては(基本好きだけど、曲やアルバムによる??)
レミオロメン、BENNY K、東京事変とか・・・。(これもまた、何の統一感もないチョイスですね 爆)


好きになるって何でしょうね。
自分では、この感じ好きな感じってわかるんだけど、人にその共通性を説明することは難しい。(そもそも、共通性もないかもしれない)

まあ、好きは好きっていうことで、幸運を呼び込むべく、お家にいられる今日はお掃除、またしてきます!
(お掃除とか、ごはん作ったりしていると無心になれて、音に集中できてちょうどいいのよね)


2010.06.16 / Top↑
前の前のオトノハで、翔くんが岡本健一さんとのデート話を報告していたんですけれど、(その時のオトノハについてはこちら→ Vol57です 

そのオトノハについて、私がとても好きで読ませてもらっているブログで「嵐04150515」と絡めてとりあげて、「もしお持ちだったら、オトノハとこの写真集を一緒にみて」って書いていらしたんですよ。
写真のことにも触れていたし、「About Kenichi OKAMOTO」のインタビュー欄もいいからって書いてくださっていて(もちろん、彼女の文章はもっと味わい深い書き方なんですが、まあ平たく言ってしまえばということで)

<追記>
この記事、私はとっても好きだったので、リンクさせていただきますね。
まにまにさんのブログです。 →「オトノハ Vol.57 デート」と「嵐04150515」

※私のうっかりで、リンクがうまくできていないようでしたが、修正いたしました。ご迷惑おかけいたしました。

「嵐04150515」、ピカ★ンチ撮影時に岡本健一さんが嵐のことを撮ってくださった写真集です。

私、友達に見せてもらってこれは、見たことはあったけれど自分では持っていなかったんですよね。
「ピカ★ンチ」も「ピカ★★ンチ」も映画は大好きだけれど、いろいろ買いたいものが山ほどある中、ざっと友達のうちでみさせてもらって何となく満足しちゃっとこともあって、買いたいもの優先度の上位にはきていなかった。

でも、その記事読んだら、見たくて見たくてたまらなくなっちゃって、早速AMAZONでポチッとしちゃいました。(その上、「ピカ★★ンチ AtoZ」もこの際だから一緒にね)
それで、やっと日曜日きました。(なんか、今回他のものも頼んだこともあって、やたらと時間がかかった)

良かったわ、買って。
... 続きを読む
2010.06.15 / Top↑
Wカップ、カメルーン戦、日本1-0で勝ちましたね!!!
よく、勝ったよね。
前半の本田のシュートもあの状態ですごいなあって思いましたけど、後半もよく守り切りましたよね。
ちょっとひやひやしたところもあったけど、すごい!!良かった良かった おめでとうございます!!

もうこの時期は、うちのTVはワールドカップなので、ZEROはワンセグで音ださないでちらちら見ながらでした。(まあ、毎回とりあえず録画はしているから、あとからちゃんとチェック!)

イチメンはメキシコ湾の原油流失事故について。
過去にも、タンカーの事故とかでの流失とかありましたけどこういうの本当に大変ですよね。
油まみれのペリカンの写真とか本当に心が痛みます。

翔くん、今日もプクプクで可愛かった。
きっと、ZEROの後サッカーみていたよね。

以下、観光CMについて(嵐くんというより、CMについての感想です)
 
... 続きを読む
2010.06.15 / Top↑
「1Q84」のBOOK3、読み終わりました。
大満足だわ。


... 続きを読む
2010.06.14 / Top↑
再放送になっていた「バンビ~ノ!」 オンエア終わって、観終わってもうしばらくたつんですが、これもまたいろんなアラシゴトの陰に隠れてなかなかアップできないでいました。
その1 を書いてから3週間以上たっている?(ひどすぎる・・・汗)

その1でも書いたんですが、当時オンエアでみた時は、「花男リターンズ」にひき続いてのクールのオンエアで、その上私は花男でめざめかけて、DVDでみた「きみぺ」でおちて、可愛いく美しい、クールビューティな(いや時には熱くなってもいいんだけど・・)松本潤を求めていた時期だったので、バンビは少々物足りなかった(爆 すみません)
だから、私の中の潤くんドラマとしては「まあまあ」な評価だったんですよね。

でも、今回改めてひさしぶりに全部通して観て、「何だ~、面白いじゃない!」っていうのが率直な感想。
最初は、あまりのアマちゃんぶりに若干ウザイ感もある伴省吾のキャラも(ゴメンナサイ)、回を重ねるごとに成長していく様子がホントによくあらわれていて(そして、バンビ~ノは、伴省吾の成長の物語なので)、成長していく変化をちゃんと感じさせて演じている潤くん、「いいよね~」って(スミマセン、上からな物言いで)思いました。
それに、凝り性でまっすぐな感じのところ、本当は道明寺よりも、よっぽど素に近いですよね。(道明寺は、あまりにもメジャーになってしまったので、潤くん自身の素のキャラも道明寺とかぶせてとらえられがちだけど、基本あんなふうなオレ様キャラじゃないし謙虚な人だから全然違うよね)

それに前にも書いたけれど、このドラマでどこが好きって、仕事終わりに店のバーカウンターで桑原(佐々木龍之介)&みゆき(内田有紀)&与那嶺(北村一輝)の3ショットが、お酒を飲みながら、仕事のこと、バンビのこと、自分達のことをゆるーい感じでしゃべっているあの場面がとっても好き。
バッカナーレは、あのメンズ2人+みゆきの、あのいい感じの距離感と信頼関係があって、すごく魅力的なお店になっているんだろうなって感じます。

佐藤隆太さんの無口キャラもなかなか見れない感じで良かったし、
まるで壊れたロボットのようなぎこちなさだったほっしゃんさんの役も、バンビとの交流で控えめながらもすごく人間味がでてくきて面白かった。
香里奈さん、向井理さんも、今となってはホントにブレークしちゃいましたよね。

こうやって改めてみると、キャストがすごく豪華だったんだなあって感じます。

そして、最後また自分の中での上をめざして、イタリアに旅立っていく伴ちゃん。
そして、最後バッカナーレのオーナー宍戸鉄幹(市川正親)と博多でお世話になった遠藤さん(山本圭)というおじさん2人ペアが、今までのものはすべておいて身一つに軽くなって、また新たな挑戦をはじめることが、並行して描かれていて、その潔さと軽やかさがとってもステキでした。


バンビ~ノ! DVD-BOXバンビ~ノ! DVD-BOX
(2008/01/23)
松本潤北村一輝

商品詳細を見る
2010.06.14 / Top↑
怪物くん とうとう最終話
あなたには、自分をかけてまで守りたいものはありますか?そういう存在をあなたは持っていますか。



ステキな最終回でしたね。
毎回のように、「まさか怪物くんで泣くとは思わなかった!」とつぶやいている私ですが、最後も同じ感想で(笑)

怪物くんって、本当にヒーローらしからぬヒーロー。

怪物界のりこんできたデモキンに、大王様を石にされ魔法石を奪われた前回の終わり。
何とかしなきゃとデモキンのところに乗り込んでいったまでは良かったけれど、お供の期待も裏切り、
「降参するから、仲良くしよう。魔法石なきゃ勝てるわけないし、死ぬのは嫌だし・・・」
身を挺してヒロシを守るウタコをみて「何で、そこまでできるのか・・・」
デモキンから突き付けられた「怪物界か、人間界のどちらかを選べ」という要求にも答えがだせない。
悩むし、優柔不断だし・・・あんたはハムレットか?(笑)

でも、ウタコを石に変えられ、
瀕死のデモリーナに助けられ「デモキン様を救って」と頼まれ、
さらにはお供3人も、石にかえられ、悩むだけで、なす術がなかった怪物くんだけど、
最後ヒロシもまた目の前で殺されそうになってはじめて、身を挺してヒロシを守ったことで
大王様の封印がとかれ怪物パワーが使えるようになります。

そして、人間達の弱さも愚かさもぜーんぶ受け入れて「人間大好き!人間サイコー!」って叫ぶ怪物くんは、魔法石を持つデモキンに打ち勝ちます。
なんで、おまえなんかに負ける・・・というデモキンに、
「そうだよなあ、でも大切な奴を必死で守りたい気持ちは魔法石だって勝てねえ。
だから、こんなもんいらねえよな。」
そして早くとどめをさせというデモキンに
「人間界だってそんなに悪くねえぞ。人間界滅亡させるのもったいねえよ。
おれらは、国に帰ってやっぱ王子同士仲良くやろうよ。
お前にだって、守りたいやついるだろう。手をつなげるくらいそばにいる奴、大事にしてみねえか。
人間界だけじゃねえよな。お前らのおかげで俺も勉強になった。悪魔界サイコー!」

なんか、怪物くん成長したよね~。
そして、相手を最後まで追いつめすぎないで、お互いのことを認め合いながら共存していこうっていう怪物くん、今の時代だからこそのヒーロー像よね(ってそんな大げさなものじゃない!? 笑)
誰に対しても(デモキンだろうが、人間だろうが・・)同じ姿勢でのぞめる怪物くんのキャラに、大野智がだぶって見えてしまいました(笑)


悪役も完全に、笑いだけの存在じゃなかったですよね。
デモリーナは、実は人間の時に散々周りの人間にだまされ裏切られて、最愛の弟をなくしている悲劇の人だし、そんなデモリーナを救ってあげたのがデモキン。
デモリーナは、結局最後、自分が失望していた人間の可能性を信じられるようになって子どもたちを助けてあげたものね。その上、デモキンに対する愛に生きていてとってもけなげ。
デモキンもね、理想は結構正論っぽいところもある。
怪物くんに喝を入れて導く存在としては、大王様と裏表の関係にあるような位置づけだしね。
なんか、松兄だっていうこともどっかにあるのかもしれないけれど、ある種怪物くんのアニキのように思えてしまう。


最後、お城でウタコのカレーを食べる場面。
いよいよ、潤さま登場でしたね。
ウインクする怪物執事 すごくチャーミング!最後扉をしめて、なんかいいとこどりだったよね(笑)


6月26日、90分のSPドラマあり。さらにサプライズなゲストって!!??

今日で完全にお別れじゃなくて、嬉しいわ!

怪物くんの感想はこちら。
怪物くん  第1話 * 第2話 * 第3話 * 第4話 * 第5話 * 第6話 * 第7話 * 第8話 * 最終話 * 怪物くんSP


2010.06.14 / Top↑