上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今回のお題は「ラブラブ」

今回は、ホタル(綾瀬はるか)の気持ちが切なかった。

小夏(木村多江)の娘、千夏(石井萌々果)は、ホタルに「夏休みの思い出にぶちょおさん(藤木直人)を貸して」とお願い。てっきり、千夏ちゃんとぶちょおの2人旅での箱根旅行かと思ったら、けっこう小賢しい知恵のまわる千夏ちゃん、大人たち達には黙ってちゃっかり、ママの千夏さんも加えた3人旅をセッティングしていたんですね。

そもそもラブラブってどういう状態なのかもわからないホタルのとんちんかんな様子は、おかしかったしかわいかったけれど。
小夏さんが実は旅行に同行していることを知って、そしてぶちょおがメールでうそついているのを目の当たりにして、でもぶちょおとの約束だからって真剣に嵐の中雨戸をしめようとして、そしてあげくには怪我をしたぶちょおを心配して、山小屋まで行って見たくなもの目撃しちゃって、あくまでもぶちょおを信じようとするホタルの様子が切なかった!

でも、今回なんといっても瀬乃くん(向井理)にキュンキュンしちゃいました。
前回までの流れでホタルが好きなんだなあとは思っていたけれど、まさかの同棲発覚!
そして、一連のホタルの行動を見守る中で、ホタルが本当にぶちょおを好きなんだっていうこともわかって、そしてちゃんとホタルに対してはフェアな態度で応援するよって!
でも、最後の最後にぶちょおに宣戦布告してましたよね。
これからの、瀬乃くんの動きから目が離せないわ!

そして、今回もまた山田姐さんとふたちゃんのペアTシャツに目が釘付けでした!

ホタルノヒカリ2 #1 ・ #2 ・ #3
スポンサーサイト
2010.07.31 / Top↑
7月31日のジュンスタイル 小栗くんゲストの2回目です。
(楽しみにしてました!)

記憶で書いていますので、ざっくりした要約とご理解くださいませ。


... 続きを読む
2010.07.31 / Top↑
ニノの一途が読みたいと思ってMOREをみたら今月号には「絆 小栗旬×生田斗真」の対談ものっていました。

斗真くんって小栗くんのこと「旬ちゃん」って呼ぶんだ・・・、潤くんのことは「潤」って呼ぶんだ!(小栗くんも潤くんのことは「潤」だし、斗真くんのことは2人とも「斗真」ですね)

冒頭から、この対談の前の晩も一緒に飲んでました。っていう仲良しぶりから。
そして、そこに登場するのが、松本潤!!
はじめに潤くんと小栗くんで飲んでいて、そこに斗真くんを呼んだとか。
(これ先日ラジオの対談で、この前斗真も入れて3人で飲んだって言っていたその時のことですよね、きっと)

この2人の出会いは、花男リターンズ。 もちろん、覚えてますよ!第1話、 それまで、あまり斗真くんのことを意識して見たことなかったんですが、あれを見てこの子かっこいいなあって、名前と顔がしっかり結びついてインプットされたんですもの。

そして、その後スタッフも含めて飲みに行った後、3人で潤くんの家で飲み直してここで連絡先を交換したと。
(この時、潤くんがお素麺をゆでてくれたんですって、さすがマメ! 潤くん!)

そして、その後「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス」で共演して仲良くなったとか。
イケパラ、大好きだったんですよ。
ぶきっちょで無口な佐野泉@小栗旬には、かなりキュンだったし、のりつっこみの独白がもうツボすぎた中津秀一@生田斗真も大好きでした。

小栗くんと斗真くん、家を行き来したりして仲良しなのは知っていましたが、こんな関係なんですね。人懐っこくて、さびしがり屋でやりたい放題とは言わないけど(笑)自分のペースですすむアニキ「旬」と面倒見良くフォローする優しい弟「斗真」
潤くんと旬くんの関係も、ちょっと潤くんが旬くんのお守り的な感じはするけれど、斗真くんよりは潤くんとの方がより同級生っぽい感じが強いのかなあ。(実際は、旬くんより潤くんが一つ下ですね)
3人でいると、どんな感じなんでしょうね。


そしてこの対談の最後でも、小栗くんは、斗真くんを含め同世代の才能ある役者を集めて映画をいつか撮りたいっていっていましたが、嵐5人の映画もみたいし、こういう同世代の中に潤くんや、ニノといった仲良しも入れて撮ってほしいなあ。
2010.07.30 / Top↑
今日は、VS嵐と嵐ちゃんの2本立ての嵐dayでした。

嵐ちゃんは、VIPルームが多部未華子ちゃん、そしてオードリーをプラスしてのマネキン。

普通に面白くみたんですが、先週のあのPerfumeの衝撃に比べると、何とも薄味な感じかなあ。
でも、その中でも、リーダーの映画泥棒ダンスはすばらしかった。そんなに映画を見に行く人とも思えないので、きっとやる前に何回か見ただけなんじゃないかと推測するわけなんですが、あの特徴をとらえて、それがすぐに体に伝達できて再現できちゃう!ってすばらしい。あのかぶりものを被って、腕をみると思った以上にたくましい腕で、目が釘づけに。

あと、マネキン。
今回一ヌケが潤くんで、その上、そのあともすごく評判がよくて、潤くんメチャメチャうれしそうでしたね。(最初は不安だらけです、とか言っていたけれど)
確かにあのピンクのTシャツは可愛いし、麻のパンツはおしゃれ。普通にステキな感じでした。
若林さんのも結構好きだし、2抜け
そして、襟ON襟の翔くん、色合いとしても、マドラスチェックの感じも私は好きだけど、夏の海にはちょっと暑そう?でも、3抜けよかったね!
相葉ちゃんのオーバーオールは似合っていた。
相葉ちゃんらし~い!
大ちゃんは今日11時に来た時のかっこと同じ(笑)
ラメ入りのギョサンでしたけど・・・。
そういえばうちの近くのスーパーで、ギョサンがワゴンで売っていて。「テレビ番組であのアイドルが絶賛!」って手書きのPOPがついていた(笑) ビーチサンダル買おうって思っていたから、思わず買っちゃった!
ニノは、スカーフもかわいいし、さわやかでいいけど何か街っぽい?
春日さんは・・・・・・mmmm

来週は、焼き肉ツアー、5人そろいのロケみたいだし、楽しみ!新コーナーがあるんですね。

そして、VS嵐、
最初26時間TVの生放送が終わったところでの反省会。
あのバウンドホッケーでゴールがとまっちゃったところは、すごいフェアプレイだったし、よく冷静に見ていたよね。(生で見ていた時、何でニノと潤くんでどうして行ったり来たりさせているのかなあって思っていたんですけれど)

あと、今回はVSチャンピオンチーム プラス1は西山茉希さん、
ガッツさんといい、具志堅さんといい、内藤さんといい、なんかゆる~く天然炸裂でした。
まあ、なごやかで、普段通りに面白かったです!

何よりも気になったのが、「翔くんのおでこのみえた髪型?」ってそれが一番のポイントっていうのはひどすぎる(爆)




2010.07.30 / Top↑
二宮和也のニノの連載、MOREの一途[It] 「リセット」です。

何よりもページを開けると、ニノの晴れやかな笑顔がまず飛び込んできて、いわゆるアイドルスマイルじゃなくて、まっすぐ前をみつめた、それていて柔らかい表情の笑顔、ニノがこんな表情をしていてくれることがとても嬉しい。


... 続きを読む
2010.07.29 / Top↑
赤坂ACTシアターでやっている赤坂大歌舞伎の昼の部に行ってきました。




歌舞伎は高校生の時、学校で行ったことがあります。
歌舞伎座ではなく、国立劇場だったと思いますが、その時予想以上に面白くて「また行ってみたい」と思っていたのですが、いかんせん歌舞伎って敷居がなんか高かったんですよね。
1部とか2部とか分かれていて、通しでいくべきなのか、どこかの部だけでいいのかわからなし、どれを選んだらいいのかも難しい。値段もけっこうするじゃないですか。
最近は、息子達が学校で連れて行ってもらっていて、いいなあなんて思っていたんです。

で、今回それこそ6月末だったか、7月はじめだったかに新聞で見つけて、これだったら、初心者向けにいいのかもって思って早速チケットをとった次第です。
面白かったし、きっと私のようなド初心者むけに考えられていたのかなあって思います。

演目は、「人情噺文七元結」と「鷺娘」

ACTシアターのHP上に以下のようにありましたが、まさにその通り!

今回の作品は、三遊亭円朝による落語を原作とした、笑いあり、涙ありの傑作人情喜劇『人情噺文七元結』と、娘の姿をした鷺の化身が恋の苦悩を踊りで表現する歌舞伎舞踊『鷺娘』が登場。 伝統芸能としての歌舞伎を継承しつつ、現代、そして世界に通じる舞台を繰り広げている中村勘三郎が、笑って泣いて、ほろりと心にしみいる演目で、観客を魅了します。 観て楽しい、聞いて楽しい。 歌舞伎がはじめてという方でもわかる! それが赤坂大歌舞伎です。

赤坂ACTシアター「赤坂大歌舞伎」HP


お出になっているのは、
「人情噺文七元結」の方は
左官長兵衛   中村勘三郎
女房お兼    中村扇雀
手代文七    中村勘太郎
お久      中村芝のぶ
角海老娘分お光 中村鶴松
鳶頭伊兵衛   片岡亀蔵
和泉屋清兵衛  坂東彌十郎
角海老女房お駒 片岡秀太郎

そして「鷺娘」は 中村七之助

私は歌舞伎界は全く詳しくないので名前をみても、「ああ」とはならないところが悲しいところですが、
勘三郎さんはさすがに勘九郎時代からお見かけすることが多いし、勘太郎、七之助の息子さん達もテレビで見る機会は多いですよね。
っていうか、嵐ファンにとっては、七之助さんは潤くんの親友っていうのが一番わかりやすい?
(さすがに、ドラマの時期だから、見に来ていることはないだろうとは思いましたが、ひょっとして、お花とかあるかなあと思ってざっと見てみましたが、私がみる範囲ではなかったですね)

まあ、話をもどして、初心者としての王道で、ちゃーんとイヤホンガイドも借りてみました。

面白かったです。
次回、このくらいのわかりやすさのものなら、イヤホンガイドだっていらないくらいかも。
落語から題材をとったという今回の話だからということもあると思うんですが、笑わせる部分あり、みせる部分ありで楽しめます。
勘三郎さん、扇雀さんのかけあいは、本当にみごたえがあって笑えて、あと娘役の中村芝のぶさん、本当に女の人なんじゃないかと思うほど。きれいで可憐な感じがよくでている。
そして、最後の場でのオチと大団円も、みていてあーよかったっていう何か気持ちの良い予定調和で。
全体に、歌舞伎が何かすごく遠いものではなく、江戸時代は本当に庶民の楽しみだったということが良くわかる気がしました。
時間的にも全部で4場で全体で1時間ちょっとだったので、本当に初心者の入門編としてちょうどよかったのかも。

途中、ごひいき筋さんの「中村屋!」とか「成駒屋!」というかけごえも、気分ですよね。

そのあと、休憩をはさんで、七之助さんの「鷺娘」
踊りです。
これは、踊りもさることながら、白無垢から、次々と舞台上での衣裳の早替えがすごいし、またとってもきれい。
私は自分自身が日本舞踊とは無縁の生活を送ってきたので、踊りをちゃんと生で見るのははじめてだったんですが、「こういうものなんだ」っていうのが率直な感想。いわゆるDANCEっていうものとは全然違うのは当たり前だし、日本舞踊もきっといろいろあるんでしょうけれど、踊りというより、舞い?動き? 物語性をより感じます。(超初心者の感想よね)
しかし、それににしても、女形の人って、そんじょそこらの女の人よりもよっぽどきれいな動きで、女としてのある種の理想形がそこにあるっていう感じですね。


とまあ、いろいろと新鮮な経験でした。
江戸風の出店とかもでていました。

帰り、ふらーっとTBSの中に入って、もう一度嵐ちゃんのマネキン服を遠目で眺めてまいりました。
投票の列は相変わらず並んでいて、大混雑でしたね。
2010.07.28 / Top↑
これも、比較的よみやすかったので、2,3日で読んじゃいました。
下町?昔ながらの東京の街並みの中のすごくあったかい感じがする話でした。

東京バンドワゴン東京バンドワゴン
(2006/04/26)
小路 幸也

商品詳細を見る


● 「東京バンドワゴン」 小路幸也  集英社

これ、映像化にすごく向いているんじゃないかなって思うんですよ。
古書店を営む4世代にわたる大家族の話なんですが、登場人物のキャラがとってもくっきりしている。
だから、ここに登場したエピソードだけでなくこの家族を舞台にいくらでもいろんなストーリーが生まれそうな気がする。
(ひょっとして、私が知らないだけでもう映像化が決まっていたりして)

家族の一人で、我南人さんっていう60歳の伝説のロッカーがでてくるんだけど、どうしてもその人がなぜか加藤和彦さんのイメージで(もう、なくなられましたけど・・・・) それも、端正な紳士的な和彦さんではなく、長髪でちょっとヨレヨレっぽい感じで。でも、内面から感じられる江戸っ子で温かくてそれでいて、あくまでもロッカー、常識なんかにとらわれないそんな感じが加藤さんのイメージ。できれば、リリーフランキーさんにでもやっていただきたい!

そして、堀田家の3人兄弟、
35歳の長女 藍子は 深津絵里さん 
34歳の長男 紺は、堺雅人さん
26歳の二男 青(とっても、プレイボーイ)は松本潤さんで (ここは上の2人と異母兄弟だから、顔の感じが違う)
なーんて、想像しちゃったりしています。
って読んでいない方には、ナンダコリャ??ですね。

失礼しました。





2010.07.27 / Top↑
「夏の恋は虹色に輝く」第2話です。

... 続きを読む
2010.07.27 / Top↑
今日のZERO、
ZEROカルチャーで、トーレさんというアメリカ人の写真家の方が、日本に被爆者の写真をとっているその様子をやっていました。
こういう戦争関係の話は、実は大人になって一時は、また同じように繰り返しやっているなと感じる時もあったんです。私くらいの世代は親が戦中派だったりして、黙っていてもけっこう普通に戦争のことを知る機会があったので、戦争の話も改めてそんなに聞かなくてもと思うこともあったんです。
でも、息子達が大きくなるにつれ、彼らはちゃんと聞く機会がないと知ることがないんだなあって思うんですよ。だから、最近はこうやってちゃんと繰り返し取り上げてくれることはありがたいなあって感じます。
やっぱり、こういういことは、折に触れ知っておいてほしいことだから。
毎度言っていますが、翔くんが、かかわる、コメントする意義も大きいですよね。

今日の翔くん、基本イチメンのみ。
イチメンは米韓軍事合同演習についてでした。

紺の3ピースに濃いパープル?エンジのネクタイ。
最近、3ピースが多いなあ。

昨日今日と、友達からデビューして間もない頃の歌番組をダビングしたものをもらって、かなりしつこくリピっていて。翔くん的には10代から20歳になった頃!
なんかそういうものをみていて、ふとZEROをみると、あまりに大人になっていて(笑)
翔ちゃん着実に成長しているね。
2010.07.27 / Top↑
「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」先週に引き続き、鈴木敏夫P&米林監督&二宮和也の3人の対談。

東京FM 7月25日23:00よりオンエアのものです。

今回は、通しで、3人の対談でした。
(レポではありません、録音もしていないので、1回聞いての印象です。ご了解くださいませ)


今回、今回アリエッティで初監督の米林さんの、脚本を書いた宮崎駿監督に対して 絵コンテをみせないですすめたそうです。
私は、アニメのことはよくわからないけれど、絵コンテができた時点でそのアニメの方向性がほとんどきまってしまうほどに重要なポイントだそうです。
宮崎監督はその態度を評して、「男だ!」と言い切ったものの、やっぱり気になっていろいろ情報をとりたがっていたという笑い話になっていました。

そして、脚本は今回宮崎監督が書いたものの、その脚本をどう表現するのかは、監督によって異なる。
たとえば今回、脚本に「アリエッティが蔦に捕まって少年の部屋までいく」っていう部分があって、それをどう表現するのか。脚本では、ほんの1行の部分だけだけど、映像的には、今回の映画の中で1つの見せ場的部分になっているとか。

そして、「監督って、すごく頭の中がみられる感じがある」があるっていう言葉もその対談の中で出ていて、潤くんがシュアリーをみて「小栗旬の頭はこんなにエンターテイメントなんだ」って言っていた言葉を思い出しました。作品って、その監督の頭の中にあるものを再現するものなんだっていうことを改めて思いました。
ちなみに、アニメーターっていうのは、「命をふきこむもの」っていう意味だそうですね(これも知らなかったので、へぇ~って思った)

あとニノが、これまで金曜ドラマをやる機会が多くって、そうすると裏でジブリ映画がかかることが多くて、ターゲットがかぶっているのかガッツリ数字をもっていかれるっていう話もしていましたね。
ナウシカだったかな、DVDもすごく売れていて、「TVでももう15回もやっていますから大丈夫です」ってTBSの人はいうけれど、やっぱり持っていかれる、そして、これだけ見られる作品はすごいと話していました。

正直、私自身がそんなに「ジブリ」に対する思い入れが少ないと思うので(一般の日本人からすると 笑 もちろんそれでも世に出ているジブリ映画の半分くらいはみていますよ)
もっと、ジブリに対する気持ちとか知識あると、きいていてもっといろいろ引っかかっていろんなことが受け取れたんじゃないかなあって思います。

だから、自分でも書いていて何かざっと聞いただけだと薄くなっちゃうなあって思うんですが、その中でも感じたこと

まず、ニノ自身の番宣というわけでなく、こういう形で対談しているのを聞くのは、そう頻繁にないと思うんですが、テーマということもあるのかもしれないけれど、すごく自由に話がふくらんでいて面白かったこと。
ニノに、こういう対談する番組もっとでてほしいなあ。ニノってきっと、対談する相手次第で、いろいろなものがより引き出されていくような感じがするから。
あと、もと裏方志望だったニノ、前にゲーム音楽を作りたいって言っていたと思うけれど、実写の監督なのかアニメなのかゲームなのかその手段はおいておいて、いつの日かニノ自身が一つの世界観を表現するようなそんな作品を作ってほしいなあとも思いました。


ニノラジオ「ジブリ汗まみれ」 前編 →こちら

2010.07.26 / Top↑
家にいたし、オンタイムでみてました。

まあ、勝負は最後逆転で嵐の勝ちで。
紳助さん、今年こそは約束どおりくるんでしょうか。

一言だけ。
これはね、嵐的なものと、紳助さん的なものの対比!?

象徴的に感じたのが、第1ゲームで先行の嵐チームが攻め方についてまたいつもどおりののりでしゃべっていたのに対して(ちょっと、表現は違ったかもしれませんが・・)、
「あんなグダグダトークでいいんや・・・・・それで、めっちゃお客さんが幸せそうにしている・・」
そしてその状況が、ヘキサゴンチームにとって完全アウエイだって言っていたこと。

もうひとつが、最終ゲームバウンドホッケーで、リハーサルの時に嵐にはまねできない秘策を考えたから、絶対勝てると言っていたこと。
その秘策とは。1番目の紳助さんから4番目までとばしてそこから、直接シュートまたは5番にパスしてシュートというもの。
これをやると全体の回転がはやくなるので、パッドのでてくる数も多くなる。
でも、結果1回戦は、思ったほどは決まらず。(それでも、そこそことっていましたが)
そして、2回戦は紳助さんがあせりすぎて、チームワークバラバラになってしまって、やはり画期的な効果は上がらず。それでも、かなりの点数はいっていましたが。

一方の嵐チーム。ヘキサゴンチームの戦い方、彼らの辞書にはなかったようで、おどろいていましたが、基本全員を経由して着実にパスをつないでいく方法で集中力を高めてチャレンジ。
結果、かなりの点差があったのに逆転勝ちでした。

ヘキサゴンも仲の良い集団だと思うんですが、嵐との違いは、ヘキサゴンはあくまでも紳助さんっていう強力なリーダーシップとタレントを持った人間を中心にした基本トップダウンの集団かなあということ。そういう意味では、嵐はネットワーク型なのかもしれませんね。もちろん大ちゃんはリーダーではあるけれど、絶対的権力者でもなんでもない。個々の持ち味が違うから局面局面で誰がどうリードしていくのかそのフォローをどうしていくのかは異なっていて、いろんなパターンが自然に出来上がっている。

ちょっと組織論になっちゃった(笑)

あと、もちろん笑いの質っていうことでいえば、相手を落としてとる笑いか、そうでないかの違い(そこをグダグダと表現すれば・・)はよく言われていることだけど、今回もまさにその通りでしたね。
(特に、最後の岡田さんの役割が、もともとは上地さんだったというところとか)

2010.07.25 / Top↑
本題に行く前に、日立コンプライアンスさんのCM、早速捕獲できたわ~。
やっぱり、ガッツリ1時間の提供番組があるってラク。(企業としては、まったくそういう意図でないとは思うけれど・・)
掃除機かける翔くんの表情が楽しかった!
相葉ちゃんも「らしくて」かわいかったしね。
この後も楽しみですね。


そして、昨日はアニキゲストではなく「タメゲスト」の小栗旬くん。
昨日はジュンスタ&しやがれと嵐&小栗くんのコラボDayで、幸せだったわ!

そして楽しかったんだけど、欲を言えば後半の技を学ぶところはいらないから、ずっと6人でフリートークしていてほしかった。


「今日のゲスト誰だか知ってます」という潤くんの言葉からはじまったオープニング
「嵐の番組に出たい、出たい」って言っていたっていう小栗くん、出れるのが嬉しくて、潤くんに会った時思わずぼろっと言っちゃったって。
「何でそういうふうに言っちゃうの?」「バカじゃねーの?」仲いい相手だし、ニノが快調につっこみますね。
小栗くん、もちろん潤くん&ニノとはすごく仲良しだけど、嵐のコンサートにも毎回のようにきているからメンバーとも顔なじみだしね。


シュアリーサムデイの試写をみたという潤くん
「小栗旬の頭の中って、こんなにエンターテイメントなんだ」って思って面白かったって。(これ、昨日のジュンスタでも言っていた話ですね。)

嵐へのおみやげのメガネ。
一人一人に合わせて、選んできてくれていますが、普通に5人ともすごく似合うチョイスでした。
特に、リーダーのサングラス姿 普通にかっこいい。
あとの4人も旬くんの言うとおり、メガネのCMきちゃうよ!っていうくらい似合うけれど・・・
潤くん&ニノはふだんからメガネがすごく似合うし(この間のパフュームの黒ぶち企画の時もカッコ良かったしね)
翔くんはこの間の知的路線もいいけど、こんな赤いふちのメガネもいいなあって。
相葉ちゃんのグレーのふちは、ちょっと知的路線な感じでステキかも。

モヒカン写真は、小栗くん好きにとっては結構知られた話だと思うので、衝撃はなかったですが・・
何度みても、びっくりな髪型!絶対に私だって、近づかないよ!
前に、これをやってからストレートだった髪が天パになったっていってましたね。

「メールに返信しない」という話から、「この中だったら潤くんやニノだとおもうけれど、そのほか仲のいい友達は?」
斗真くん、勝地くん、小出くん・・(って小栗くんが言わないで、なぜかニノが話してる)
そして、「同い年とは仲いいですね、藤原竜也、瑛太、塚本高史・・・・」
翔くんとも、直接の共演とか接点とかないと思うけれど、塚本さんとか両方が仲いい人がいたり、小出くんは学校の後輩よね。

ここで、友達をディレクションするのは難しくなかった?(この質問は、いろんなインタビューとかでも見たことがなかったので、ちょっと新鮮)

お芝居が好きな人間ばかりだし、その点は大丈夫だったそうですが、
小栗くんいわく
「このメンバーの中だったら、ニノはおれに芝居を見せるのを嫌がるタイプ」だと思う。
(いや、もちろんニノはプロだから、やるとなったら全然普通にこなすと思うけれど・・・、でもその感じはわかるし、小栗くんよくわかってるよね)

最近、テストも恥ずかしくなりますよと話を膨らますニノ
最近だとSFで(「GANTZ」ですね)60メートルの大仏があるので逃げてくださいって言われた時が恥ずかしかったと。
確かにCG処理する時とか、大変ですよね。

翔くんもヤッターマン話をしていて、笑ったけれど、
そういえばニノは南くんの時も基本、ちっちゃいちよみちゃんはCGだから、いると想定しての演技だったっていうし、結構そういう場面ありますね。

あとこの後は、「おしりばなし」やら「フェチばなし」「ローライズばなし」やら

基本まあ下ネタなんだけど、なんか6人で話す様子が飲みに行ってそこでしゃべっているようなそんな感じで面白かった。

おしり話で、潤くんが「ふっくらって、こっち?こっち?」って実演してみせるところも笑ったわ。
柔らかさはのふりで、「完全に今のポーズは変態!」って、小栗くんの変態ポーズをまねる大宮が可愛かった。
あと、鼻毛ばなしには完全に大笑いでしたけどね。(ニノが翔くんが向かい合って鼻の形をみているところは、やまたろも大好きな私としてはちょっとうれしい!)



未知との遭遇しやがれはサッカー日本代表 長谷部選手と阿部選手
嵐側は、相葉ちゃん&リーダー

何がおかしかったって、明るくなって2人の顔を見たとたん、すぐ誰だかわかっている相葉ちゃんの横で、キツネにつままれたようなリーダーの表情に笑っちゃった。

来週はマツコデラックスさん。なんか濃そうだなあ~。












2010.07.25 / Top↑
先日良く読ませていただくブログのところで紹介されていて、面白そうだったので図書館にリクエストしていました。
読み始めたら面白いし、読みやすくって、1日で読み切っちゃいました。


万寿子さんの庭万寿子さんの庭
(2007/03/30)
黒野 伸一

商品詳細を見る


● 「万寿子さんの庭」 黒野伸一 小学館


20歳の新社会人京子さんと、家の前に住む万寿子さんという老女の友情の物語。

この京子さんの、なんかほわーんとしながらも淡々とした感じと、万寿子さんのちょと毒はあるけれど憎めないそして世間体とかくそくらえ的な感じがとってもいいコンビです。
そして、この2人の間に友情が芽生え、そして万寿子さんが壊れていくその過程が描かれています。

まわりの男子2人も含めてその関係性がとてもよくて、そして最後何か明るい気分で読み終われるそこも良かったです。

2010.07.24 / Top↑
今日のジュンスタは2週にわたっての小栗旬くんゲストの1回目
(今日は、「嵐にしやがれ」のゲストも小栗くんだし、嵐&小栗くんのコラボデイですね)
ちょっと途中で、すごく嬉しい部分があって、涙でそうで鳥肌たっちゃった。

以下、基本、記憶と印象で書いてますので、ヌケ、間違いなどもあるかと思いますがご了承ください。
... 続きを読む
2010.07.24 / Top↑
今回のホタル(綾瀬はるか)の結婚にむけての課題は「我慢」
心因性じんましんの原因がゴーヤだった(まあ最終的には、ニャンコのダニだったっていうおちだったけど)というのには大爆笑でした。
そして、庭にうずくまって、ゴーヤ炒めの入ったフライパンを抱えてゴーヤを口いっぱいに頬張るホタルにも。
綾瀬はるかさん、こういう役いいですよね。かわいいけれど、一生懸命で嫌な感じが全然しなくて、とことん3の線で。
そして、ぶちょお(藤木直人)とホタルを見守る、山田姐さん(板谷由夏)と二ツ木さん(安田顕)のペアが今回も最高でした。まずそもそも、あのヘンテコリンな似顔絵つきの黄色いTシャツに笑ってしまったけれど・・・、山田姐さんの姉のような頼りになりっぷりもいいし、ぶちょおにも食べられるゴーヤ料理を作りに来てくれる二ツ木さんの男の友情もいいのよね。

ホタルのことが何となく気になっていた瀬乃くん(向井理)、ホタルが男性のお高さんと一緒に住んでいることがわかってそれも、結婚をかんがえていることがわかって、なんとなくがっかり。
瀬乃くんのことが好きな美香(臼田あさ美)は、雨宮先輩に負けたくない!っていうのはわかるけれど、何でお高さんがどんな人か調べに行きたいと思うのかしら・・??
でも、瀬乃くんと、美香でホタルの家にやってきちゃったから、来週は前半の山場かしら?
瀬乃くんが、ホタルとぶちょおの家に泊まってっぽかった来週の予告が気になる~。

ホタルノヒカリ2 #1 ・ #2  
2010.07.23 / Top↑
今回の嵐ちゃん、パフュームがゲストのVIPルームのみだったんですが、VIPルームだけでもこんなに楽しいんだって思いました。

まず今日は初のグループゲストということで、ソファの並びも違うということで、嵐5人のオセロねえさんとのオープニングトークから。「会話が成り立たない人ってグループの中に1人、2人はいるもの」という翔くんのふりでの、相葉ちゃんと大ちゃんのかわいいこと!

パフュームから嵐メンバーへの印象 今回のVTRがコンサートからのもので、全部
翔「キラキラした王子様」(とっても好印象で、「イチ早く」この内容にふれたかった気持ち、わかるよ 爆)
潤「常に完璧な人」(そして、「5人で7万人をホントに幸せにしてくれる」ものね)
和「すごくコメント上手」(確かに!)
智「この歌声に心をつかまれた」(この時のあ~ちゃんのコメントの仕方が「うんうんそうそう、わかるよ!」て思わず言いたくなっちゃう感じでした)
雅「七分」(まあ、確かにそうだけどね 笑)
でも、パフュームって意外に嵐をよく知ってる?!って思いました。
また、今回のバックで流れていた映像がライブの映像で、5人ともキラッキラでステキだったわ。

パフュームのご挨拶の仕方を借りて
「翔ちゃんです」
「潤です」
「ニノちゃんです」
「まーくんです」
「リーダーです。5人そろって」
「嵐です」(ニノとまあくんは傾き具合が完璧 (笑) 翔くんはちょっと突っ立ちすぎだよ 笑)
ここ、面白かったし、あまりにかわいすぎて何度もリピしちゃった。

そして、パフュームも加わっての「嵐∞パフューム」でのご挨拶での仕切りぶりといい、そのあとのトークといいあーちゃんの全くたじろがない天然炸裂なところが面白かった。あーちゃんの天然なんだけど、すごく一生懸命で前向きな感じのトークと、あとの2人のしっかりしていたり、ちょっとマニアックにオタク風な感じのコンビネーションが、嵐と結構相性がいいような感じがしたんですよね。(パフュームについては、ふだん歌番組とかでみかけるものと今回からのみの印象なので、実際は違っているのかもしれませんが)


そして、パフュームの「今どうしても会いたい人」
のっちの「もう中学生」の着声で起きるという話、人それぞ趣味ってあるんだなあって実感!!
あ~ちゃんの「さかなくん」もだけどね(笑)
¥さかなくんのおみやげのさかなくん帽子、みんな全然違和感なくかぶっているところがすごいなあ(嵐だけでなく、パフュームもね)

嵐とパフュームでお互いに質問するコーナーも面白かった。

懸垂場面は、お宝でした!相葉ちゃんのも、もちろんかっこよかったけれど、
やっぱり翔くんの懸垂でしょう!
あんな態勢で懸垂できるんだって思った。
私、本当はマッチョって特に趣味ないんだけど(だから翔くんのカッチカチのくだりは、ふだん、爆笑しても萌えポイントにはならない) でもね、今回の懸垂やっているところは何かキュンってきちゃった。

そして、パフュームが東京ドームで今度ライブをやるということで、アドバイスを求められて。
ニノの探検話も面白かったけど、潤くんのアドバイスは、ふだんから聞く話ではあるけれど、あそこでさらっと「一番うしろの客席のところをぐるっと歩いて、遠い席からどう見えるのかを見て、その距離感をつかむ」っていうアドバイス。ああいうところがカッコよさの所以なんだろうなって思います。


そして、相葉ちゃんからパフュームへ「好きな人はどんなタイプ?」

のっちの「投げキッスとウインクをさりげなくする人」
これ本人達も、かなり照れてやっていたと思うけれど、見ているこっちもちょっと照れながらもガンミしちゃった(爆)きっと目の前で、目を見てされたらキュン死しちゃいそうなくらい!って妄想中(爆爆)
でも、あ~ちゃんのいうとおり、大ちゃんのやった後の照れている様子、最高でしたね。
(大ちゃん、Mステにソロで出た時の最後ウインクしたこと、自分では憶えていないのね。ファンはあのウインクにテンションマックスでしたけど  笑  当然ながら、メンバーも全然知らないものなのね)
まあ、ともかくもお宝映像でした。
リーダーのは最高!
そして、翔くん
そして、翔くん。本人のやっているところも、キュンでしたけど、潤和智3人の大騒ぎぶりが楽しくて。
崩れるように大笑いしているし、「もう一度やってもらっていいすか」ってパフューム側に回って正面からガンミしてるし・・・「溢れ出てるよね、みずみずしい」(byニノ)
そして、ウインクできない相葉ちゃんのむりやりなウインクもかわいかったわ。

そして、かしゆかちゃんからのイケメン4大要素。
黒ぶち、VネックT、ヘッドフォン、スキニージーンズ

大ちゃんの黒ぶち眼鏡姿は、とっても可愛い感じで似合っていた。
翔くん(首から下は完璧って言われていたね!)知的な感じでステキだったわ。
潤くんとニノは文句なくかっこよかった。

そして、一緒に「チョコレートディスコ」を踊るところがホントお宝でした。
相葉ちゃん裏とれないとか末ズにいろいろ言われていましたけど・・(笑)
もう、個別に一人一人をみながらリピしたい!踊る嵐はやっぱりステキです。

お気に入りの嵐は。
のっち→大ちゃん
あーちゃん→ニノ
かしゆか→相葉ちゃん

そして二人でたそがれて座ってチョコレートディスコのふりをする翔潤がもうかわいすぎて。
これ、最初、翔くんがやりはじめたら、潤くんが隣でちゃんと反応して合わせていて、翔潤の組み合わせでこんなふうにボケる様子ってあんまり見たことないから、(山とかやまたろとか櫻葉とかはねあるし、智潤だとまたみれると思うんだけど)こんなきれいな2人の可愛い姿がみれて大満足だったわ。
翔くんはカンペキ真面目ーな顔をつくってやっているけれど、潤くんは横でちょっと笑いながらやっていて、何か潤くん変わってきてるよね~。

私的には、今回お宝満載でとっても楽しかったです!






2010.07.23 / Top↑
今日の、VS嵐は、お兄さん、お姉さんチーム。
これってすごく前の収録ですよね。翔くんの髪が短い!おでこがみえてる!
ちょうど、タイムリーに流さなくてはならない番宣チームが連続していたので、それがひと段落したからかしら。

うちの息子達は、速水けんたろうお兄さんと茂森あゆみおねえさん、そして今日出ていた杉田あきひろお兄さんとつのだりょうこおねえさんの時代ですね。もちろん、弘道おにいさんはずっとでしたけれど。

プラスワンゲストはバナナマンでこことは仲良しだから、なんか全体がとってもなごやかな楽しそうな感じでした。
最後、MDAになっちゃった翔くんも(まあ、あれは仕方ないよね 笑)もう、自分でも指さして、落ちる態勢だったものね。

VS嵐といえば、先週の「名作」夏虹チーム
ほとんど9割方書いて、そのあと日々やってくるアラシゴトを優先させているうちに、すっかりそのままほっておいてお蔵入りしてました。
でも、あまりにあれは名作だったから、このまま触れずにすますには忍びなくて。
ということで、長くなるので、先週分は「続きを読む」へ
... 続きを読む
2010.07.22 / Top↑
今日も、相変わらず暑かったですね~。

そして、この炎天下ではありますが、嵐友と赤坂にいってきました。

事前に、行ってきた人から4時間並んだとか・・・ブログみていても、2時間とかいろいろ目にしていたので、まあものすごい列だったら、こんなところで倒れても仕方ないので写メだけとって帰ろうとは思っていましたが。
ちょうど、13時頃に現地についたのかな、どこだろうと思ったら、あった、あった、長蛇の列ではあるけれど・・・思ったほどではなかった。それで、最後尾に行って係のお兄さんに待ち時間をきいたら「2時間くらい」とのこと。私達の前で時間を聞いていた人は、「2時間」ってきいて諦めたみたいでしたけど・・・。ほら、4時間かもって思っていたから、まあ2時間はギリ許せる範囲?!ということで、とりあえず並んでみて、途中でリタイアするかどうか決めようということになりました(列の進み具合とかね)

比較的、並んでいるところが日陰になっていたこと(まあ、太陽の位置の関係なんだと思いますが)
思ったより進みが早かったこともあり、さらにはずっとおしゃべりしていたこともあって(これが、一番大きい 笑  1人だったら私は並んでなかったと思うから)、限界に達する前、並び始めて1時間半しないうちに、TBSの社屋内に。
TBS本館玄関の右側が、嵐ちゃんの展示コーナーになっていました。

何か、やっぱり楽しかった。
ただ、本物のマネキンが服をきているだけだし、もちろん本人達がいるわけでもなんでもないけれど、
「これ、相葉ちゃんっぽい~」
とか、「これはニノ?」とか
友達とワイワイ言いながら、投票して、写メをとってそのあとお茶して帰ってまいりました。

続きに、国立コンごと
<追記>
最後にマネキン写真アップしましたので、どれがどれか予想してみてくださいね
... 続きを読む
2010.07.22 / Top↑
昨夜、オトノハ更新されています。
... 続きを読む
2010.07.21 / Top↑
「夏の恋は虹色に輝く」の第1話です。

ここ1,2週間渋谷等々ターミナルで、大パネルでの夏虹祭り開催中、
ここ1週間ほどは番宣にもバンバンでてるし、雑誌も表紙やら、インタビューやらたくさんでてるし、期待満々でみました。
そして・・・・
ありがとう! こういう松本潤がみたかったわ!

花男で気になり始め、きみぺをみて完全におちた人なので、大森美香さんのこのホンは私的にはすごく嬉しい展開でした。

番宣で、伊藤アナがもう1話目からどんどん話が動き始めるって言っていましたが、確かに。

以下、もう皆さまご覧になったかとは思いますが、続きから。


... 続きを読む
2010.07.21 / Top↑
夏虹については、別途アップします。

ネプリーグの潤くんは、天才キッズ(かなり小生意気!?)達相手に結構ムキになっていてそこが、かなり楽しかったかも(笑)

とりあえずはZEROについて。

イチメンはゲリラ豪雨について。
そして、今日はホントに暑かったけれど、猛暑の話題、熱中症など、夏本番ならではの話題が多かったですね。
政治話題の時も、最近は結構積極的に質問や発言してますね。もともと、打ち合わせなども可能な限り全部出席しているということだし、自分でも踏み込んでいく自信がついてきているのかなあ。(何よりです!)
そして遼くんについて話す時は、とってもいい笑顔でした。

今日はCultureで宮崎駿監督のインタビューをやっていて、昨日ニノと鈴木さん米林監督の対談をきいたばかりだったので、何か繋がる部分もありました。

そして・・・・、

今日の翔くんの服装、すごくステキじゃありませんでした?(無理やり同意を求めてる!?)
私は、かなり好きでした。
今日は、休日だからノーネクタイで若干カジュアルなんだけど(これは村尾さんも)
シャツが身ごろがグリーンベースのタータンチェック(だと思う)で袖口(カフス)と襟が白、そして白の部分にボタンが黒のところがまたアクセントになっている。
そしてスボンは黒っぽい感じでジャケットとそろいのベストは光沢がある明るいグレー。
すごく、お洒落だなあって思いました。
ベストまで合わせて、猛暑日の話題を話しながらで暑く感じるかなあと思いきや、全身の中でグレーの占める分量が多くなるから、全体にはさわやかな感じが増すような気がする。
でも、最初見た時はすぐにYシャツの身ごろがチェックになっているってわからなくて、一体どうなっているのか、ガンミしちゃった(笑)


ここで、全く違う話題ですが、猛暑つながりで。
夕方、近所のスーパーの近くで、ママ友に会ったんだけど、すごく疲れ果ててで開口一番「赤坂行って、ひみつの嵐ちゃんの投票してきたんだけど・・・4時間も並んだ!!!!」
彼女は私が嵐ファンって知っていたかどうか不明!とにかく、この気持ちを訴えたかったとのこと!!
中1の娘が嵐ファン(それも翔くん! なぜか、私のまわりの中学生のファンの子は翔坦が多い・・)で、娘が友達と一緒にマネキンの投票に行くので、つきそいで行ってきたらしい(まあ、友達の子のママも一緒みたいだったけど)
11時くらいに現地について、永遠4時間並んで。彼女自身も投票してきたらしけれど、いい加減暑さに頭にきて、お昼も食べ損ねていておなか空いていて、限界状態の中かなりシビアなコメントを書いてきたって(笑)

まあ、基本娘のつきそいだったら、炎天下4時間並ぶのは切れる寸前よね。(自分がファンなら、まだ耐えられるけれど・・)

行く予定にしている私に、彼女からのアドバイス。
日傘、うちわは必ず持参!
飲み物は売りに来るけど、割高になってる?ようなので、凍らした飲み物持参!

グッズの列にもなれてますので、それは了解。疲れないようペタンコの靴で行きます(笑)

でも、嵐さんのものに長蛇の列はつきものになっている(溜息)
いらっしゃる方、熱中症にご注意ください。

2010.07.20 / Top↑
朝から、潤くんお疲れ様です。

今日は家にいたので、めざまし、とくダネ!、知りたがり!、いいともと見れました。

... 続きを読む
2010.07.19 / Top↑
FM東京23時~ 「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」

はじめに、アリエッティの舞台挨拶の様子があった後、
ニノと「借りぐらしのアリエッティ」のプロデューサーの鈴木敏夫さん、米林宏昌監督の3人の対談。

「借りぐらしのアリエッティ」HP

<録音していなくて、その場で聞いただけのざっくりした印象です。聞き間違い等はご容赦ください。>

この対談とったのは、最近ではなくちょっと前みたいですね。
(いつって、言っていたように思うけれどききのがしちゃった)

ニノ自身のことについても話していたけれど、ジブリ生え抜きで今回初監督の「まろ」こと米村監督が何で抜擢されたのかとか。

全体きいてのざっくりした印象なんですが、ニノがジブリが大好きなことが伝わってきたし、あとふだんテレビのバラエティでの喋りの印象とはまたちょっと違って、ニノって普通にこういうカジュアルな感じでの対談、インタビューみたいなことも上手だなあって感じました。(バラエティの時は、基本翔くんがまわして、ニノがつっこんでみたいな感じもあったりするけれど、ニノ一人だと全然普通にすべてこなせちゃう感じ)

ニノについての部分で。

「耳をすませば」が一番好きなんです、っていう話、していました。好きで、「2カ月に1度くらいづつはみていた」って。鈴木さんに、「単に好きっていうだけじゃないでしょ。何で?」ってつっこまれて、「やってみたかったことが全部つまっている 自転車にああいうふうに一緒にのるとか、ああいう場所から眺めるとか・・・」って答えていて。
先日、テレビで「耳をすませば」やっていたからすごく印象に残っているけれど、「あの年代として、こんなふうだったらいいなあ」っていう感じはホントに詰まっていますよね。
舞台が聖蹟桜ヶ丘で。
ニノは同じ東京といっても、自分は新小岩だから全然違って、新小岩は工場が多くて5時すぎるとゴーストタウンのようになるって言っていたけれど。
「耳をすませば」の公開は1995年、ニノがちょうど中1くらい?

私自身は東京出身だけど、育ったのは城南なのでまた風景はちょっと違う。下町とも、多摩ともね。
でもニノのいうニュアンスは、イメージがわくし、わかる気もします。
そして、その後事務所に入って、ますますそういう世界を体験する感じではなくなっちゃったものね。


劇場で映画をみたのは「千と千尋」が最後って言っていましたけれど・・・これって、ジブリっていうだけでなく映画をっていうことなんでしょうか。

この対談は、2週にわたってなので、来週も聞きたいと思います。

FM東京「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」

まだ更新になっていませんが、たぶんオンエアレポートは上がるんじゃないかなって思います。ポッドキャストでも一部聞けるようになるのかしら?


ニノラジオ「ジブリ汗まみれ」 後編 →こちら

2010.07.19 / Top↑
水曜日のドラマなんですが、やっと今日みれたんでちょこっと感想だけ。

ぶちょお(藤木直人)とホタル(綾瀬はるか)の結婚にむけての今回のテーマは節約。
ホタルは、あまりに使いたい放題だから、ぶちょおに「節約もできない女とは結婚できない」って喝を入れられて。(あーあ、頭がイタイ言葉だわ!)
でも、予算が半分になったしまった商店街イベントはボツにさせず頑張って成功させました。

謎の美女小夏さん(木村多江)の正体は学生時代からの友達で、お店開店のための相談をいろいろぶちょおに相談していたんだということが判明。ぶちょおのことをパパ呼びしていた子ども(石井萌々果ちゃんなのよね)も、本当のパパはもう死んじゃっているけれどぶちょおのことを単にパパ呼びしているだけと判明(よかったね、ホタル!)でも、小夏さん一応全部事情は承知しているものの、ぶちょおのこと好きよね。

一方、ウザイといいながらも、ホタルの優しさ、一生懸命さが気になる瀬乃くん(向井理)
商店街イベントでぶっ倒れちゃったホタルに真っ先にかけよったり、ホタルをイベリコ豚を食べるのに誘ったり。
ぶちょおも瀬乃くんのホタルへの対応が気になってきている。
今回は、ちょっと嫉妬するぶちょおを見れるのかなあって思うとそれも楽しみだわ。
(また、ホタルは例によって、コイゴコロにとっても疎いしね)

ホタル×ぶちょおの話の話と並行してすすむ、かっこいい山田姐さん(板谷由夏)とダメダメ二ツ木(安田顕)さんの大人の恋愛話が、かなり好き。二ツ木さん告白できないよね。山田姐さんも自分からは踏み込めない。
彦左衛門が夢物語に終わった今、また振り出しに戻っちゃったよね。

全然、みるのが追いつかないのですが、今日もヒガシさんのGMとりあえず第1回目だし、録ってみようって思っています。


ホタルノヒカリ2 公式HP
2010.07.18 / Top↑
吉川晃司さんがゲスト。

そして、最後の次回予告で・・・・エ~っ アニキじゃないじゃない・・・
でも、超×10くらい 楽しみ!

... 続きを読む
2010.07.18 / Top↑
今日は、Jun styleは仕事だったので、パス。
その代り、六本木の嵐さんを堪能して、仕事帰りちょっと時間があったので、渋谷によって潤くんの夏虹大画面パネルも拝んでまいりました。
潤くんも、竹内結子さんも、ちょっとドキドキしちゃうような表情でした。
前に嵐友さんに写メ送ってもらっていてみていたんですが、大きいっていうのはすごいわ~。
月曜日から楽しみです。

今日は、息子達が「踊る大捜査線2」の映画をみてるので、一緒にみてます。みながら、これ、書いてます。(「しやがれ」は録画しているでのちほど・・)
もちろん前にみているものだけど、このシリーズはホントに面白いわ。
公開中の「3」、みに行こうと思っています。


そして、昨日でしたよね。アルバムのジャケ写と、曲名発表になりましたね。

Rap曲あるね~
全20曲中、シングルカットされているものが、Everything以降のもの4曲 それに「空高く」この5曲は発表すみ。
それにソロ5曲をのぞいた未発表曲10曲中4曲にRapあり。楽しみだわ。
オトノハとかで言っていた、夏を感じさせる曲って「Summer Splash!」かなあ。

あと、今回異色なのが、ソロ曲が全体の中にちりばめられていること。
それに、翔くんソロにRapが入っているのはもちろんのこと、ニノのソロ曲、ニノの作詞作曲ですね。
これも、すご~く楽しみ!!

曲名見ているだけで、こんな感じかなあとかいろいろ想像が広がっていきます。
はやく、ききたいなあ。






2010.07.17 / Top↑
まずは、お知らせから
マネキンの一般投票の特別編第2弾!
今回の投票場所は、赤坂サカス(TBSのイベントやってるんですね)
期間は7月17日(土)~7月31日(土)の2週間 午前11時~午後9時

マネキンの展示は8月12日まで、やっているとのこと。

友達を誘って、絶対行きたいなって思っています!!

というわけで、本編の話
... 続きを読む
2010.07.17 / Top↑
今朝は、朝からちょっと気分的には大波にゆられております。
まあ、まだすべてのふたが開いたわけでなはないので気持ちを落ち着かせつつ・・・・(ふ~っ)

でも、一つだけ自分ごとでうれしいことが・・・、
今朝突然友達から電話がかかってきて・・「??何事?」って思ったら・・・
彼女は高校からの友達なんですが、たまたま今子どもが同級生でそれも同じクラス。(向こうはお嬢さんなんですけどね)
息子の学校生活のことでちょっと気がかりなことあって前々からチョロチョロ愚痴ってたんですが、子どもさんからの話で、こんな様子だから私の心配は取り越し苦労だよって知らせてくれたの。
「メールでいいんだけど、メールうつのめんどうだったから、とりあえず電話で」って。
フルタイムで働いていてすごく忙しい子なので、きっと会社についてちょっと時間があったから・・っていう感じの時間だったと思うんですが、何かその優しさがとっても嬉しかった。持つべきものは友ですね。

昨日の夜は、帰ったのが遅かったので、まだ全部みきれていません。
でも、VSはメチャメチャ楽しかった。
もう、すごく笑顔で寝れる感じでした。
これは、リピしてゆっくり書きたいので、また別途。
でも、ニノ最高!!
それに潤くんが美人だったし、最後のゲームの時、プレッシャーかけられてグラグラゆさぶられている様子がもう、ツボでした。
翔くんとオグさんの何気ないツーショットもまるで、親子のようでほのぼのしていました。


昨日は、おふろに入って、ふーっと一息と思ってTVをつけたら、クマグスをやっていて、ふだんそんなにみていないんだけど、ちょうど岡田くんが放浪宿に旅してるところで。
みていたら、他に切り替えられなくなっちゃって、結局岡田くんのところだけ見ちゃった。
何かすごく自然体にリラックスしてお茶目な様子に、思わずフラフラっとしそうでした(笑)
でもね、思ったの。こんなロケ嵐くん達にやってもらいたい、やらせてあげたいなあって。
昔はこんなロケ、毎週のようだったと思うんですが今となっては、なかなかないよね。
岡田くんと翔くんがツーショットなんていうのもいいなあ、なんて妄想しながらみちゃったわ(笑)

そのあと、5LDKみて。
小栗くん、番宣、頑張ってるなあ。
潤くんとの仲良しエピソード、どちらかが飲みすぎるとどちらかがセーブする、その阿吽の呼吸もいいなあって思ったし、お互いをおぶって帰るって!!(重そうよね)
小栗くんの家でめざめた潤くんの様子がらしかった!(笑)

というわけで、もう仕事に行くタイムリミットなので、VSと嵐ちゃんについては、ちゃんとみて書きます。


2010.07.16 / Top↑
地下鉄から、連絡通路を通り六本木ヒルズのオープンスペースに上がる吹き抜けのエスカレーター、周囲360度、三ツ矢サイダーの翔くんとTo be freeの嵐さんで囲まれてます。
テンション上がるよ!!
昼に通った時、仕事前で何か体調もイマイチ?なんて気分だったけど、翔くんと嵐さんの巨大ポスターに囲まれて、すっかり前向きモードになった安い奴です。
(知らなかったから、不意打ちで)
お近くを通る方、是非。
翔担さん、ホント幸せになれるよ!
六本木通り側からも壁面いっぱいの嵐さん見れます。
2010.07.15 / Top↑
次々はじまるドラマになかなか、即キャッチアップとはいえない状態だったけど・・・
現在「ホタルノヒカリ2」は、単独でレポ書いたくらいだから絶対みます!!(といっても、昨日のはまだ見れていないし。できれば遅くなっても感想書きたいなって思っていますが・・・)

木10「GOLD」
天海祐希さんだし、とりあえず見ておこうと思って、第1話みました。
長澤まさみちゃんの新人秘書が、いい味だしていて、かなり好き。
ビ-チャイの子どもたちに金メダルをめざさせる早乙女悠里サマ(天海祐希)のメインストーリーが結構へビーそうな感じがする中で、何かほんわかして清涼剤!?
いろいろ伏線だらけのような気配はするので、とりあえず次もみるかなあ。脱落しそうな気もするけれど・・・。


金10「うんぼれ刑事」
クドカンだしね、×長瀬くん×斗真くん ということで、第1回は絶対みようと思っていたけれど・・・・
ものすごくはまったかといわれれば微妙だけど、
ストーリーはともかく、あのうぬぼれ4と長瀬くんのバーの部分が笑える~。
まあ、あの濃いキャラ達に期待して、みるかなあ。
ゆるゆるみれそうだしね。


火9「ジョーカー 許されざる捜査官」
堺雅人さん主演だし錦戸くんもでるしということで見ました。
堺さんの「仏の伊達」の優しいほんわかした表情と、その裏にある怒りとのその表情がみれるだけで、視聴決定!
今回、犯人役を演じた細田よしひこさんっていうんですか。木内役の人、狂気がホントいっちゃっていて、みごたえありました。うまいなあ。

という感じです。
月9の夏虹はこれから・・・
これは、潤くん主演、大森美香さんだし、感想毎回アップします。
楽しみ!
2010.07.15 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。