FC2ブログ
昨日は、体育の日で休日のため、翔くんも村尾さんもみんなノーネクタイの休日バージョン。

昨日の一番のニュースは金日恩氏の後継者としてのお披露目のニュースでしたね。
最近、政治、経済ネタなどにも翔くん積極的。今日はこの北朝鮮の時も現地の記者の方に質問していたし、円高問題についても、村尾さんにいろいろ聞いてましたね。
翔くんの意見は、多分事前の打ち合わせである程度どんな内容で質問するとか、こういう話題の時ふりますねっていう打ち合わせはあるだろうとは思うんですが、ZEROの方でも翔くんの比重を全体に高めようとしていってくれているのかなあって思います。生放送の中で、ある程度いろいろな話題にふっていくっていうのは、それだけそういうことに対応できる力があるって、周りの方達も認めているからだろうと思うし(そうじゃなきゃ、怖くて生放送じゃふれないよね。あんまりトンチンカンなこと言われても困るし・・・、翔くんの日々の様子が評価されていっているんだろうなあって思います。)

イチメンはチリの落盤事故の続報。閉じ込められている人が救出できるようになったニュースです。
世界的にも注目度が高くて、いろいろな援助なども集まったからだろうと思いますが、トンネルが予定より早めに開通し助けることができそうで良かったですよね。
でも、翔くんが説明してくれた救出用のカプセルの話をきいていたら、あんな狭いところでぐるぐる回されながら15分近くかけながら引き上げられるなんて、三半規管が弱い(?)私は、絶対に気持ち悪くて駄目だと思う(笑)
あと、暗いところにずっといたから瞳孔が開いて、すぐに明るいとこにでると失明の恐れありとのこと。そんなことあるんですね・・・。

そして、今日は氷室京介さんが、今年50歳で×50公演やるということで、ZEROがインタビュー。
いろいろ聞いている中で印象的だったのが、海外に拠点を移して13年になる氷室さんの目に映る日本の姿。
日本にもどって接するニュースに、親が子どもを育てきれずに殺してしまうといったものが多いという話から
「一番基本的な普遍的なところが薄くなってきている気がしますよね、日本は」
そして、自分自身は子どもの頃、かなり悪かったけれど反抗期がなかったと。
それは、
「オレは小さい頃から親父をみていて、一生懸命やって家族のために奉仕して、オレと姉貴を育ててくれたと、そこから教えられていることがたくさんある。一番ファインプレーじゃなくて、かっこいいお父さんじゃなくて、一番普遍的なとこだと思うんですよ。それが。そこのところがいい加減な日本人が増えているようなきがしますよね」

ここのインタビューをききながら、昼間アップしたニノのSUPURのインタビューを思い出して・・なんか一緒!って思った。
子どもがまっとうに生きるためには、親ががんばって働いている背中をちゃーんと見せていることが大切で。それは子どものためとかそういうよりも、自分達の家族を守るためにごく当たり前のこととしてやっていて、そういう真摯な背中をみながら、子どもって育っていくのかなあって。(うちの子は大丈夫なんだろうか・・・嵐ヲタな母をみていて 爆)

自殺者が多いということについても
「いろいろな価値観があっていい。あなたと私が違うのは当たり前。それをあなたの価値観で自分を語ろうとするから、煮詰まるし自分はだめだとなっていく」
これは、当たり前といえば当たり前ではあるんだけど、きっと煮詰まっている人はこのパラドックスに陥っているのかもしれないですよね。こういうことから、自由に解き放たれるといいのにね。

氷室さんのスタッフTシャツに書かれた「CARPE DIEM」 ラテン語で、「今を楽しめ」っていう意味だそうで、これ本当にそうだなあって思います。

そして、スタジオに戻って、翔くんのコメント
「去年自分達のグループが10周年を迎えたことを思うと、続けること、継続することの大変さがよくわかったんですね。だから50歳にしてステージに立たれて昨日より今日、今日より明日をよりよいものして行こうという態度は大きな目標となりますね」
(これは、コンサート終わりにどんなに疲れていても、必ず次のステージのため反省会をして、よりよいものにしていくという話からのことなんでしょうね)

あと、テニスのジュニアでウインブルドンの決勝に残った石津選手の話題、お父さんがプロのコーチではないものの小さい頃から一貫して教えているというころについても、コメントしてましたね。

私自身も、本当に石津選手のような子がでてくるのは頼もしいことだし、彼女が尊敬するのがクルム伊達公子さんだというのも嬉しいなって思いました。(伊達さんが若い頃、4大大会は必ずテレビ観戦していたので)


昨日の翔くん。
昨日の紺地に白ストライプのジャケット、ノーネクタイの時よくきてますよね。
(実はあんまり好きなジャケットではないんだけど・・)
ノーネクタイの時、それでもカッチリ見せようという感じが強い翔くんの衣装。
私はもう少し柔らか感じの物、カジュアルな感じのもの着てもいいんじゃないかなっていっつも思うんです。
翔くんが伝えるニュースに対してどんな人からも信頼感を持たれている、そういう確信が翔くん自身にもててきたら、もう少しおしゃれに見せる服装も増えてくるのかなあなんて思ったりします。
そして、髪の毛・・・微動だにしない前髪ではあるけれど(笑)
今は栗原さん家のいっちゃん仕様だからね。
髪の毛も最初、「うん??」って思うけれど、最初の一瞬だけ(笑)
プク翔が元気そうにいてくれるのでそれだけで満足、前髪が微動だにしなくても、やっぱりかっこいいって思えてくるから・・ようはなんだっていいんでしょ!ってことですね(爆)



さっき、ズームでオリコン速報やっていて、「Dear Snow」1位やってました。
2010.10.12 / Top↑
今出ている、SUPUR11月号のニノのインタビュー
最初出てすぐ読んだ時は、もうちょっと泣きそうな感じがしたんですよね。
そしてすぐに感想書きたいと思ったんだけど、何やかやでどんどん後回しになっていって。
改めて感想書いときたいなと思って読み直したら、やっぱりなんか胸が熱くなるものがありました。

グラビアもステキです。
SUPURっていう雑誌のテイストに合わせた感じのオトコマエニノ。大人っぽいですよね。

ここのところ、大奥番宣、それにフリ家のドラマ番宣でものすごい量のニノのインタビュー、コメントが流れているので、正直同じ話も多いのですが、このSUPURに関しては、ちょっと表現の仕方、切り口が違う!?と思うところもいくつかありました。

まず、ちょっと新鮮だったのが物の値段の話。

嵐のメンバーともよく話すことということで・・・
たとえば、もし誰かのコンサートに行って、すごくつまらなかったら、「こんなものに、こんなお金出せないよ」って思うと思うんです。そういう意味で「物の値段」ってすごく大事で。今回のアルバム「僕の見ている風景」も値段を決めるとき、すごくもめたんです。20曲入ってブックレットがついて、実際より少し高い値段で最初言われたんですけれど、嵐のメンバーは「それは高すぎる」「俺だったら借りる」っていうことになった。だって、アルバムのあとには、コンサートがあって、グッズも買って・・・・っていうスケジュールもみえているわけです。(後略)
ファンの人たちの働く目的が「嵐の物を買うため」になっちゃいけないって僕らは思ってるんです。ちょっとしたモチベーションになるのはいいけど、それが主たる目的になっちゃいけない気がする。自分で稼いだお金は、その人自身に投資するべきで。それより「嵐」はひとりひとりの生活サイクルの一部になればいいと思っています。


まず、ファンのお財布事情もいろいろメンバーが考えてくれることも嬉しいけれど、私は何より、「この値段だったら、借りる」とかっていう普通の感覚を、これだけ売れている彼らが持ち合わせていてくれることが嬉しいなあって思った。感覚的に共有できるものを持っている、繋がっている感があるっていうのかしら。

そして、後半の嵐がちょっとしたモチベーションになるのはいいけれど、主たる目的になっちゃいけない。というところ・・・。
ええ、実態はね(笑)、嵐さんの存在はもちろんモチベーションであり、生活、少なくとも意識のかなりの割合をしめていることは確かなんだけど・・・、そして私は働く”目的”とは言わないが(まあ、それよりも息子の学費を出す方が優先なのでね 笑)でも働いていることによってまあそこそこ、心おきなくいろいろ買えることも事実。
でも、あくまでも嵐さん側からは「僕たちはモチベーションになれればいいんだよ!」って言ってくれるそのスタンスが嬉しいなあって思うし、本来はその人自身に投資すべきっていう正論をちゃーんと言ってくれているところが、この人達についていくことはまちがいないよねって改めて思える。


フリ家の話から、ニートや引きこもりといった働くことに消極的な最近の若者について
その理由は夢がないとかそういうことでなくて、もっと根本の理由は別にあるのでは・・・たとえば、親子関係とか・・という話に続いて。

親がまじめに一生懸命働いているのを見てきたから、働くことが当たり前だと思っていた。「親がこんなに働いているのに・・・」みたいな押しつけもなかったしね。それがよかったんだと思う。親は親の事情で子どもを産んだわけでしょう?親になる自信や希望があって産んだわけだから感謝されようと思っちゃいけないと思うんです。逆に親が腹をくくってくれないと、子どもはいろいろつらいですよね。だから僕は親に「生んでくれてありがとう」みたいなことは思わないんです。親は親で、ずっと僕の事を守ってくれる存在でいてほしい。そんな親を見習って、僕は僕で自立していくわけで。

これもね、ニノって本当にまっとうだし、健全だなあって思ったの。
確かに、親には感謝はしてる、まあ私は生んでくれてというより、常識的に育ててもらい教育をちゃんと受けさせてくれて、っていうそっちの意識の方が強いけれど。そして自分が親になってより、親も頑張ってくれたんだなあって、より感じる。
そして、親は感謝してもらうためにやっているんじゃないのよね。自分がいろいろな人たちのおかげで生かされている、そういうことは認識していてほしいけれど、だからこそ自分がやるべきことはしっかりやって自立してそれをまた次に代に還元していってほしいなあって思う。
それに、親もまた子どもを育てたりすることで、色んなかけがえの無いものを受け取っているので、「こちらこそ
生まれてくれて、親をやらせてくれてありがとう」かもしれない(笑)


これだけ、いろいろな仕事をこなすには、自分の中にたくさんのひきだしが必要でしょうという問いに対して、そんなに引き出しは多くないという答えに続いて、

それにできれば荷物をあまり持ちたくなくて、なるべく手ぶらでいたい。そこであるもので、戦っていきたいんです。

これは、私の究極の理想です。
なるべく、身も心もシンプルでいたい。荷物はホントは持ちたくない。(そうもいかないんだけどね)
実際は、翔ちゃんみたいに色んなものに手を出して、結構いろいろ抱えて、自分なりに仕切りながら生きているって思うんだけど(笑) 理想はニノの感じですね。

最後にこれから先について

僕はあんまり多くを望みません(笑)10年後も頑張って働いてくれていたらいいなぁと思います。大きなことを目標にすることはいいことかもしれないけれど、その目標のせいで、自分たちに似合う何かを犠牲にしなくちゃならないことがあるかもしれないから。僕たち5人はありがたいことに売れない頃から仲だけはよかったんです。もしかして何か大きな目標を立てていたら、それすらも犠牲にして、ただの仕事人間になっていたかもしれない。でも、それでコンサートやっても全然楽しくなかったと思う。成功もみんなで分かち合うからこそ、喜びがあるんだと思っています。

みんな5人とも思っている感じていることだと思うけれど、最後のこの締めくくりが、とても心に沁みました。




2010.10.11 / Top↑
オトノハ更新してます。
... 続きを読む
2010.10.10 / Top↑

さっき渋谷に行ったら、109前で「フリーター家を買う」のイベントやってました。
109前にテントがはられ、写真は正面からみたところ。
サイドと裏側の面には、7、8ヶ所のぞき穴があって、のぞくと、ニノが番宣してました。
(もちろん、映像よ 笑)

2010.10.10 / Top↑
大奥の公開絡みで、再放送していたニノの3部作。
3つの中で、これだけみていなかったので見ました。

「少しは恩返しができたかな」公式HP

闘病の話というのは知っていたんですが、それ以上はあまり予備知識なくみましたが・・・・。

もう、全編泣き通しでした。
以下、感想です。

... 続きを読む
2010.10.09 / Top↑
今日のJun Style 感想を簡単に。(記憶で書いているので、こんな意味のこと言っていた程度で受け取ってくださいね)

テーマの1つ目は、「救え ちほちゃん」
「寝ぞうが悪いのでどうしたらいいでしょう」という相談に寄せられた、お答えメールを紹介。
これね、「ちほちゃん」でなく「翔ちゃん」にして!って思わず思っちゃった(笑)

アドバイスとしては
低反発のマットレスにするといい
前かがみの姿勢をしていると寝ぞうが悪くなるので、前かがみにならない
動き回るエネルギーなないほどに疲れてから寝る
ストレッチをして、体を柔らかくして、これをした後は寝るんだよって体に覚えこませる
などなど・・。
潤くんは、ストレッチをしたりがいいんじゃないかって言ってましたね。
でも、これ翔ちゃんに教えてあげてください、潤くん!!
逆さになって寝ているくらいならともかく、窓から頭がでているのは危険だから・・・(笑)

次のお題は、「Endless Discovery」日本のいいところを見つけていくっていう企画

そして、今回紹介されたメールは、日本のいいところとして「歌舞伎」をあげたものでした。
高校生の方のメールだったかな。歌舞伎はなんか興味がもてずにいたけれど、学校で見に行く機会があり実際にみてみるととても楽しめたとのこと。
潤くんは、もちろん七之助さんを通じてのご縁があっておそらく今までもいろいろ見る機会があっただろうし、伝統芸能っていって特別視するのではなく、ミュージカルとかストレートプレイなどと基本は同じ、ただジャンルが違うだけだと思うというようなこと、言ってましたね。
そして、もっと伝統芸能のようなものもいろいろ勉強したいとも。

歌舞伎って、面白いですよ。私もこういう歌舞伎、狂言など伝統芸能にふれる最初の機会は、学校での観賞会だったので、学校みたいな場でとりあえず体験するっていうのも、いいチャンスですよね。
潤くんは、勉強熱心だしもしこういうものを体験する機会があればすごくいろいろ得るものが多いだろうと思うので、本当にそういう機会に恵まれるといいなあって思います。

今日かかった嵐の曲は、Love Rainbow、タイムカプセル、Dear Snow、


そして、今日はお昼から、嵐会してきました。
そのことについては、続きで






... 続きを読む
2010.10.09 / Top↑
今日の朝日新聞の夕刊にニノのインタビューがのってます。

幅広い世代に支持される国民的アイドルグループ「嵐」のなかで、演技の評価が高い。
(中略)
今回は初の時代劇で新たな一面を見せている。


と、ニノを紹介。


そして大奥での演技を、次のように。

身分違いのかなわぬ恋の相手への思いを断ち切るとき、大奥で男たちから嫌がらせを受けたとき、絶対にあらがえない運命を受け入れるとき、悲しみ、怒り、あきらめ・・・・。
感情の高ぶりを静かに目に宿すことで、逆に秘めた激しさが伝わってくる。


そして、今回のタイトルにつながること。
これは、先日の少クラの話と同じですが、

俳優としての活躍が目立つが、「本職はアイドル」と言い切る。アイドルだから、この作品に呼ばれたという認識がすごく高い。
「芝居のうまい人はいくらでもいる。監督や共演者、作品全体のパワーバランスがきれいな形を描くように、自分がアクセントになれたら。そのためにもアイドルでいた方がいいし、いたいと思う」


そして最後に嵐について

チームワークの良さを見せる「嵐」では、突っ込み役。メンバーの魅力を引き出す。
「一緒に活動できることが幸せ。長く続くよう努力します」


写真は紙面の1/4くらいの大きさで、黒スーツで微笑んで、27歳の等身大の端正な感じのニノちゃん。

記事内容は、ファンにとっては既知なことばかりではありますが。
でも、いわゆる全国紙でこういう風に取り上げられることで、このちょっとひねりのきいたアイドル観、一般のいわゆる「アイドルなんて・・・」って思っている人達がみてどう思うのか、ニノに対して、はなまた嵐に対する見方が変わってくるものなのか・・・・って思います。
2010.10.08 / Top↑
出てすぐに一通りは読んだんですが、月刊の雑誌はどんどん後回しになっていって。SUPURなどなどのニノインタビューも書きたいと思っていますが、とりあえずはMOREの一途から。

今回のタイトルは「小心者」
インタビューは、ドラマ撮影が始まってすぐ、コンサートの準備中の頃なので、8月の初めか、半ばかの頃ですね。

台本を自分のところしか読まないというやり方は、折に触れていっていることだし、今回大奥、フリ家の番宣でいろいろインタビュー受けている中でも話ていたりしたと思いますが、「それ以外のやり方を試したことがない」それは「怖いから」「緊張はしないけれど、怖い」「ホントは怖がりで小心者」って言っているところが、そうなんだ・・・って思った。
この、「緊張しないけど、怖い」って「俺のやっていることは、仕事で遊びじゃないから」っていうことなんだけど・・なんか、こういうことかなってわかるような気もします。

私自身の話でなんなんですが、フリーで仕事をしているので、プロジェクトごとに組む相手が毎回違うし、初対面の方と話しをする機会や一緒に何かをやる機会もすごく多いんですよね。だから、変な話だけど知らない人と話すとか大勢の前で喋るとかそういうことは日常なので、そういう意味の緊張感っていうのはほとんどないです。
でも、やっぱりそこは仕事なので自分のやっていることがきちっとできているかどうかとか、常にやっていることが評価の対象になっているそういうプレッシャーはすごくありますね。大勢の人がお金と時間をかけて関わっている中で、私自身が不十分なことで全体が損なわれることへの怖さみたいなことは常に感じているかもしれない。
(まあ、そうはいいつつ、ゆるく仕事しているわけですが・・・・笑)

ニノの怖さっていうのもひょっとしたら、そういうことかなあって。台本の読み方一つとっても、自分の出来うる最高のものを提示してかなきゃいけないとしたら、そこで違うやり方をためしてみるような余裕はないよって、そういうことなのかなあって。だから小心者(笑)

あと、気になったのが「決まりがないと、自由になれないし、自由を楽しめないと思うから・・・」というくだり。
「嵐にしやがれ」って、事前打ち合わせなし、予定調和なしを売りにしているじゃないですか。でもその割には嵐さん達の自由なのびのびしたよさが余り感じられなかったりするわけですが。これって、枠がみえないことで逆に自由になりきれないのかなあって。
最近のレギュラー3本を考えると、一番のびのびみえるのがVS嵐みたいな気がするんですが、これはゲームをやるっていう基本があって、逆にそこを押さえておけばあとは自由度が高いのかなあって。「しやがれ」なんかは何も知らされていない中でとどこまでどうやっていいのか、その自由さを楽しめなかったりするのかなあって思います。

あともう一つ気になったのが「そこでの(職場である芸能界でのを指してます)人間関係はそれなりにうまくなったのかなぁ。ま、同世代とのつきあい方と距離感には、いまだにちょっと悩むけど(笑)」
ニノの仲良しって、克実さんをはじめ結構年上の方とか多いですよね。これも、さっきと同じで、前提になる関係性がはっきりしている方がその先にすすみやすいのかなあってちょっと思いました。
(でも、ニノにとってみれば同世代とのつきあいは嵐の中でかなりみたされている面があるかもしれないですしね)


昨日は、気が付いたらマツコが始まっていてニノの部分見損ねてしまいました。
マツコさんが、ニノの事どんなふうにいじるのか楽しみだったのに。
そして、今日はペケポン。忘れないように録画しました。

2010.10.08 / Top↑
予告編を見て、前から見たいと思っていたので、行ってきました。

● 「食べて、祈って、恋をして」
  監督 ライアン・マーフィー 
  出演 ジュリア・ロバーツ

「食べて、祈って、恋をして」公式HP

以下感想ですが、毒ありです。
... 続きを読む
2010.10.07 / Top↑
嵐さん、「僕の見ている風景」ミリオンいったようですね。
おめでとう~!ジャニーズで、オリアルでのミリオンはキンキの1枚目以来とか・・・・
私自身すごく好きなアルバムだし、何より嵐さんの曲の良さを感じてもらえているのかなと思ってうれしいです。嵐さんおめでと~!!

そして、「Dear Snow」についてです。
おおといフラゲして帰ってきて、とりあえず「Dear Snow」と「タイムカプセル」はウォークマンにいれました。(本当は、これ昨日アップしようと思って、書いていたんだけど・・中途になっていたら、もう一昨日になっちゃった 苦笑)

その後、とりあえずPCでDVDの中身だけチェックして・・・・・・。
若干、毒ありです。
... 続きを読む
2010.10.07 / Top↑
「大奥」見に行ってきました!


● 「大奥」
   監督 金子文紀
   出演 二宮和也 柴崎コウ 玉木宏 堀北真希 佐々木蔵之介 大倉忠義 阿部サダヲ 中村蒼

「大奥」公式HP

以下、感想です。
まだ見ていらっしゃらない方も多いと思うので、畳みます。

そうそう、GANTZの予告宣伝もやっていました。
これまた、かっこいいニノでした!
... 続きを読む
2010.10.06 / Top↑
大ちゃんドラマの前に・・・。

さっき「ごきげんよう」ご出演のニノみました。レポ書こうかなって思ったけれど、
小堺さん×竹中直人さんのおじさんコンビが余りにもおかしくて(笑)
もうそれしか残っていない・・・(苦笑)
ドラマ自体はシリアスだけど、竹中さんがこの調子で飛ばしてて楽しい現場になっているんだろうなって思いました。
小堺さんのお嬢さんが広尾のローソンでニノに会って、握手をしてもらって喜んでいたという話をしてました。ニノとの接点で家族内の評価が上がるって(笑)

... 続きを読む
2010.10.05 / Top↑
今日のZERO。

ZEROは今日から5年目なんですね。
継続は力だよね。
先日、友達から貸してもらった丁度やまたろ前後の嵐さんのテレビ番組録画したDVDの中にZEROもちょっぴり入っていて、髪の毛茶色くて、何か今より若い翔くんがいました。
歳を重ねるごとに、ZEROの翔くんは本当に報道担当の局アナですっていっていいほど、すごくZEROの雰囲気に同化してきている気がします。
そのかわり、バラエティの時は思いっきりギャップが出せるのよね。

今日は小沢さんの話題が長かったですね。
イチメンは今日医学生理学賞が発表になったノーベル賞についてでした。
それに、今日はザックJAPANの初めての練習日で、サッカー話題ももりだくさんだったから、笑顔で話す翔くんにも会えました。

まだ、絶賛撮影中よね、何かプクプクしてきてるよね(笑)それに、今日とかすごく穏やかな顔をしていて・・・・・・、おばあさまのお食事効果は絶大なのかなあ(笑)って思いました。


今日(ってもう昨日ですが、)ひたすらお仕事にいそしんでいましったが、大ちゃんドラマには生でみるのは間に合わなかったけれど、とりあえず納品したので今はチューハイ飲みながらこれ書いてます。
世にも~はさっき、大ちゃんのところと、堀北真希ちゃんの部分だけみました。
すごくほっこりして、大ちゃんとってもステキでした。これは、別途感想書きますね。

あと、話は違いますが、関根勤さんが国立の9/3にいらしていたそうで、その時の感想をラジオで話していたのが、きけます。
関根勤のカンコンキンラジオ
前回のラジオというところをクリックするときけました。
(次のが更新になってしまうと、きけなくなってしまうのかもしれませんね。ちなみに嵐くん達の事について話しているのは、第38回なんだと思います)

「明るくて歌がみんな前向きのところがいいね」って、コンサートの様子もいろいろ話してくれていました。
終わってから、上島さんとか菊池桃子さんや優香さんと一緒にいて、嵐さん達がご挨拶にきたそうです。

そして、5人の挨拶が5様で面白かったとか。
その様子を口マネする関根さんが、また上手だったわ

櫻井くん 「関根さん、親子で楽しんでいらっしゃってテンションあがりました!」(関根麻里さんもいっしょだったので)
マツジュン 「おどろきました~、関根さんいらしてるなんて驚きましたよ」
相葉くん  「あ、どーもどーもどーも、どーも」
二宮くん  (サンダルをはいていった関根さんにまずそこをつっこんできたと)「関根さん、サンダルですか?驚きましたよ、サンダル?」
大野くんは歌が上手いっていうふりから 関根さんが「大野くん歌うまいね~」「あぁ、そうっすか~」
関根さんは、大ちゃんが歌ダンスともピカイチだということをご存じなかったようで、今回のコンサートにいらした印象を「彼はステージで輝く人だ」って言ってました。

文章にしてしまうと、その口調のニュアンスが伝わらないな~って思うので、よかったら、最初の部分なので、きいてみてください。

では、おやすみなさ~い!



2010.10.05 / Top↑
明日締め切りの仕事があって、結構ぎりぎりなんで、今日は朝からとりあえず仕事してます。

あ、さっき夕方から息子の部活の演奏会があったので、それにはちょっと行ってきました。
そして、ご飯食べて帰ってきて、また仕事。
でもさあ、集中できないのよね。
PCいじりながらだから、どうしても飽きてきちゃって、ブログをパラパラ見に行ったりしちゃう(苦笑)
本当は、ニノちゃん雑誌ネタの記事を書きたいんだけど、それは集中しなきゃ無理なので、
ちょこっと雑文書いたら、気分転換になるかなあ・・・な~んて(笑)
(スミマセン、こんなダラダラしたもの書いて)

昨日寝る前に、嵐友さんとの間でちょっと話題にしていたことあり、確認したいこともあり、AAAの横アリのダイジェストをみました。
スゴイ久しぶりに見たよ!ひょっとしたら、この部分3年弱ぶりくらいかもしれない。その上、1.2度しかこの部分は見ていなかったと思う(っていうか、コンDVDの中で一番見ていない部分だった)

前に見た時は、ファンになりたてだった頃なのであまりよくわからないまま見ていたんだと思うけれど・・
この時のARASHICコンってこんな面白いことやっていたんだって、目からうろこのような気持ちになった。
ソロも2人セットでやっていたり、嵐自身がバックダンサーの様になって踊っていたり。
初めて見た頃と、今とでは見る視点が全然変わってきていたりもするから、久しぶりに見るといろいろ新鮮な発見がある。
コンDVDは、以前のものではハウズとイザナウとTimeコンが、たぶんリピ回数としては多いんだと思うけれど、ちょっと新鮮な気持ちで他のもの見直してみたいなあと思いました。
昨日もかなり遅い時間だったので、いくつか選びながらみてたんだけど、まずはこれから!改編でレギュラーがないかわりのお楽しみにしようって思ってます。
2010.10.03 / Top↑
いったん、アップしたのに消しちゃった「Mステ(Dear Snow)」のリベンジです。

... 続きを読む
2010.10.03 / Top↑
今、記事書こうと思っているうちに、操作を間違えて、夜中にアップしたMステSPの記事、間違って削除しちゃった(涙涙涙・・・・・・)

もう一度はきっと同じようには書けないなあ・・・・
なんってこった(凹 ・・・)



実は、今日は息子の運動会で、まあそうはいっても中学生でそんなに見せ場の多いタイプの運動会でもないので、彼の出るところに合わせてちょこっと行ってきました。

その帰り、夕飯の買い物も済ませて、もうお家にいて仕事しなきゃと思っていたのだけど・・・お友達のブログをふっとのぞいたら、「週ジョン読みた~い!!!!!」
もともと、あちこちで「いいよ!」っていうのは目にしていたんですがMORE、SUPUR、Oggiとニノちゃん記事を書こうと準備だけしてあるのもまだだし、ちょっとたっぷり夢の世界に浸った後は現実に引き戻されて仕事もしなきゃいけないし。本屋にいくのをひかえていたんですよね。
でもね、みたい!!!!
週刊だからなくなったら嫌だし・・・それで、今思わず本屋まで行ってきちゃった。

すごく可愛いWパーカーの翔くんがいてくれて大満足でした。
やっぱり、赤は似合うなあ。
グリーン×茶の組み合わせも好きだけど、やっぱり赤よね。
厚手×厚手はなしだけど、薄手のものと組み合わせるなら、それはそれでありかもって思うけれど・・・
でもWパーカーも卒業なのね・・・
2択も楽しかったけれど、このページの写真が好き!でした。
2択はね、何か翔くんらしい答えだったなあ。
もうこれだけで、何か満足した気分でいられるわ。

でも、記事消しちゃったのは、バカモンとしか言いようがない(T_T)
ちょっと、気持ちがきりかえられたら、自分のメモがき程度に書き直すかなあ(残しておかないと忘れちゃうんで)

以下、ちょっとワタクシゴト。
... 続きを読む
2010.10.02 / Top↑
昨日は、たくさんの皆様にアクセス&コメント&拍手をいただき、本当にありがとうございました。
記事をみて、皆様にいろいろ妄想を膨らませていただければ、本当にうれしいと思います。



そして・・・、 大奥いよいよ、今日から公開ですね。

ニノちゃんからメールもきたし、
朝から朝ズバに生出演、そして舞台挨拶、ひるおび・・・と今日1日は大忙しですね。
本当にここ1,2週間、CMもたくさん入っていたし、いろいろな番組にニノだけでなく大奥関係の方達がでていて、本屋にいけばニノちゃん祭り絶賛開催中だし。
ホントにいそがしかったんだろうな。
これが、ドラマの撮影と並行しながらですものね。(体だけはきをつけてくださいね、特に腰!)

<朝ズバ>
8時16分くらいから

白いシャツ(襟に丸みがあって、ちょっとエレガントな感じもある)にシャツの内側に紺に水玉のスカーフ、グレーに細かいドット模様のベスト(3ピースの1部のような)グレーのズボン、
すごくすっきりした感じでとってもステキですよ。白シャツをちょっとまくっている感じが、また好きかも。今日は1日これでいくのかなあ。
昨日、番協の時は、ちょっと「もっさり」とか書いたけれど、テレビでみると別にそこまでそうは思わないんですよね。(その日の仕上げ方の印象なのか、見る角度の問題なのか・・・、切ってはいないですからね)

そして、朝ズバ特有のめくり形式で、実際の大奥と映画の大奥違い等を中心に説明。
最後、映画の番宣に時間がなくなっていましたけれど(笑)散々、今日からって言っているからOKですよね。



<ひるおび>
全然やらないじゃない!!って思っていたら、11時に始まってすぐの登場だったんですね。割合すぐにつけたので、そのわずかの間に見逃すなんて思わなかった(凹)


<はなまるカフェ>
ついでに、いろいろにテンパっていて(笑)、そこまで手がまわらなかった木曜日の「はなまるカフェ」の感想をちょっぴり。

白Tに紺ジャケに内側に黒に細かい模様の入ったストール(そんなにボリュームがないので、すっきりしていてステキ。ニノ、この間の少クラもだけれど、こういう濃い色でスッキリまとめる方が好きだなあ。

最初にコンサートの映像がでてました。
薬丸さんだけでなく、菊池桃子さんもいらしたんですね。
薬丸さんは、すごくいいお兄さんっていう感じで、気にかけてくださるようすがうかがえて嬉しいなあ。

おめざは、アマノッチのハンバーグ。おいしそうでした。

最近買った電子ドラムのドラムセット、窓ガラスにうつるドラムをたたくニノをみてみたい!薄手のTシャツ着て、髪からちょっと汗がしたたるくらいな~んて妄想してたけど、ひとりで曲作りながらでは、そういうテンションにはならないか(苦笑)
ニノの作詞の曲ということで、「虹」の映像もやってくれて・・・、私はこの「虹」の映像を見て、最初にニノの色気にやられた人なので(笑)、久しぶりに見れて嬉しかった。
曲、今も結構作っているんですね。まとめて、アルバムにしてほしいけれど…。

移動車の中のWii 相変わらずゲームやってるね。今朝の朝ズバでも、愛しているのは「ゲーム」って言っていたし。

yes.noクイズで、インドア派だっていう話から、「体力がなくなっている」
薬丸さんに「コンサートでニノだけ走っていなかった」と指摘されて(笑) 「ジュニアをまわりにつけてその場を盛り上げる」って。
そんなに、ニノだけ動いていない印象はなかったけどね(笑)


マネキン5のコーナーの話。
この番組は、基本的に精神的に削られるって!
コーディネートも真剣に選ぶっていっていたし、ファッションで性格をえぐられる(笑)
考えたら、昔もCの嵐とかあったけど、嵐は色んな意味で試練のある番組が多いのかもね。

あとは、大奥番宣と一緒に関連の写真。
台本はたまたまでてきたそう。なんか、そういうものへのこだわりが淡泊なところがニノちゃんらしかった。

最後は、リーダーとのご飯ばなし。
「一生行かないと思う」っていうリーダーは、ニノにホントSだよね(爆)


大奥、今日見にいらっしゃる方もたくさんですよね。
私は来週になりそうですが・・・今からとっても楽しみです。



最後に潤くんごと。
昨日Enjoy更新。
ゴマ~~(笑) その瞬間の潤くん、みたかったなあ。(どんな表情してたのか!!!)

つかの間のホッとした時間がおくれたようでよかった。
リフレッシュしたところで・・・、国立は準備も忙しかった潤くんが、ドームにむけてどんなドーム仕様の手直し、準備をしてくれるのか楽しみにしています!

早々、今日から潤い男子の新しいCM入っていますね。順調に朝から2度も遭遇。
とっても美しくて、目の保養です。

今日はMステあり。
それまで、しっかり仕事しなきゃ。








2010.10.01 / Top↑