FC2ブログ
「果てない空」は昨日、フラゲしてきてひたすら家事のお供に聞いております。
初回盤のパッケージにはられていたリボンのメッセージはとっても嬉しくて!
PVもメイキングもいろいろ書きたいこと山ほどで、明日明後日のうちにはアップしたいと思っています。

オトノハと一緒に、智のひとときも更新されていましたね。

あの絵をカラーで見せてくれてありがとう。

そして、さきほど更新されていたオトノハ・・・・・


... 続きを読む
2010.11.10 / Top↑
「フリーター家を買う」第4話です。
 
息子がもうすぐ中間テストで、リビングで勉強しているんで(自分達の部屋でやると眠くなるし、集中できなくてだめらしい・・)、オンタイムではみれず。夜中にひとりで見ました。
でも、良かった、だって本当に号泣状態になっちゃって・・・。おかげで思いっきり泣けたから。

感想は続きに


... 続きを読む
2010.11.10 / Top↑
ゼ~ロ~、髪の毛切らないよね。っていうか少し薄くなっているのかなあ。
今度の週末札幌ですよね。このままいくのかなあ、まあZERO以外の時は、パーマが残ってクルクルした感じになっていいんですけれど。

今日のイチメンはAPEC話題かと思ったら、尖閣諸島沖の衝突事故の映像流出の話題でした。
まあ、今一番の問題はこれだから当然こっち?
YOUTUBEの説明(成り立ち)、YOUTUBEの問題点のようなことが中心でした。

今日は千葉ロッテの優勝の話題があって、ZERO PERSONはドラゴン・アッシュの特集で、翔くんいろいろしゃべっていたけれど・・・今日はなんか全体におとなしめにも感じました。

生翔が見れたことは嬉しかったけれど、何となく今日のZEROは私の中でポイントがみつけづらかったかなあ。
まあ、こういう日もありますね。
単に私のテンションの問題かもしれません。


今日のテレビ
HEY×3で知念くんお勧めの映像は、「17歳の松本潤」と「17歳の大野智」(あと17歳のマッチとキンキ)
マツジュン映像は、金田一のドラマの中のもの(なんかまだ幼いよね~、かわいいなあ)
そして大野智映像は、KYO TO KYOのもの。
これは、見たことなかったので、貴重!

あと、嵐話題ではありませんが、ネプリーグにV6の岡田くんと坂本くんがでていました。
岡田くん、絶不調(笑)
まだ、嵐メンにでてほしいなあ。やまたろででて、嵐でもでてくれましたよね。

2010.11.09 / Top↑
2004年に深夜帯に劇団演技者の中で放送されたドラマです。

ずっと見たいと思っていて、友達のおかげみることができました。(ありがとう!いつもお世話になってます)
演技者、リニューアル前のものはDVD化されているんですが、私が知る限りこれはDVDになっていないと思うんですよね。
関係者の皆さま、ぜひぜひ嵐バブル(って私が言ってどうする!)のこの時期だからこそ、勢いに乗ってこういうもの掘り起こして売っていただけると嬉しいんですが・・・・。
... 続きを読む
2010.11.08 / Top↑
昨日の、Jun Style
昨日はまさにその時間、お舅さんが来ていたというミラクルな状況で(おいしいステーキ用のお肉をもってきてくださったんです。毎度ありがとうとざいます。)聴くことができなかったんですが、
いろいろなブログで昨日のレポ読ませていただいて・・・・・・、新企画がたちあがっている。
それも
「嵐シングル・カップリング ベスト3」
1曲でも自分なりのベスト3でも、その曲への想いやエピソードを添えて投票してくださいという企画だそうです。 (詳しくはnack5のHPをみてね)

なんか、とってもテンションアップする企画ですよね。
嵐のカップリング曲って、佳曲が多いって思っているんです。

そもそも、花男きっかけで潤くんドラマを見るところからはじまった嵐ライフですが・・・、嵐の曲を全アルバム制覇しヘビロテするそもそものきっかけは、ラブソーのシングルをきいて、ラブソー自体はもちろんですが、カップリングの「いつまでも」が期待以上によくて「ファイトソング」がとっても楽しくてよかったから、アルバムを借りようっていうことにつながったことにあるんですよね。
2007年の下半期は、本当に、次々とアルバムを借りてきいていたから。(ごめんなさい、この時期はまだとりあえずは借りて全部聞いていたのよね・・・)
買い集めようと思うのは、もうちょっと先です。

ということで、よい機会なので少しカップリング曲をききなおしてみたいなあって思っています。
なんか、楽しいよね、ホントに応募するかどうかはさておき、こういうのを考えるだけで楽しいよね。

たぶん、そのうち、カップリング曲ベスト5(絶対にベスト3になんか絞れないと思うから 笑)のエントリーを書くだろうなって思います。

あぁ、考えているだけで楽しくなってきちゃった(^O^)/

去年のベストアルバム発売時にも、私なりのベスト10企画を考えてそれもとっても楽しく書いたんですよ。
良かったら、読んでくださいね

タルタルの嵐ベスト10(A面シングル編)
嵐ベスト10(シングル以外 その1) これは、カップリングも含むものです。
タルタルの嵐ベスト(A面シングル以外 番外編)
2010.11.07 / Top↑
今回のお題は、「裏と表」

なんていうか・・・・
今回の記事の最後の部分にメチャメチャ共感したんです。

好きな人のことを知りたいのか知りたくないのか。自分の奥を知ってほしいのか、知られたくないのか。
「わからないけど、人間ってわからないからいいんだろうなって思う」

この言葉の前には前段がありまして、
「悲しいけど、人が人を完全にわかるなんてできないと思う・・・・(中略)・・
ホントに誰かを知りたいなら、ほかの人と関わったりしないで、ずっとその人のそばにいないとだめじゃない?・・・(後略)・・」

誰かだけとずっと一緒にいるなんて無理だってニノにはわかっているし、多分こう言いながらも、よしんば一緒にいたとしても完全にわかるわけがないっていうこともきっと思っていると思う。
でも、他人のことがわからないのは、マイナスなことではなくって、だからこそ人って面白い。
そう思うニノの、フラットな視線とポジティブな方向をむいている健全さ。
お互い全部見えるわけでないから、面白いのよね!

そして、ニノの演技に対する考え方にも通じるなって思いました。
ニノは、台本を全部読まないで、自分が関係する部分を読むっているじゃないですか。
ようは、神様の目をもたず、その登場人物の視線の状態に自分をおいているっていうことだと思いますが、
見えるものを中心に考えていくっていうこと。
自分の演じる役が、知りえないことを知ってそれによって役をふくらませるんじゃなくて、そういうことを経てきた相手役の今自分に対する演技に対して受けていくっていうこと。(ちょっとうまく表現するのが難しいけど・・・)   うーん、よく考えるとこれって相手役の人の力量を信じていないとやれないことなのかなあ。

話が脱線しました。 一途の話。

先程の部分であと印象的だったのが、
「知った気になることが信頼関係につながっているだけで。」
という言葉。
そうね、信頼関係もある意味思い込みの上に成り立っている。
でもだからこそ、相手を信じようと思う気持ちが大切なんだろうなあって思います。

あとね、面白かったのが
「結局資質より経験の方が大きいんじゃない?」
っていうことば。
ニノって、結構天才肌みたいに言われることが多いけれど、そして、もともと勘のいい人ではあると思うけれど、それだけではない。
本当に人生の半分は仕事をしてきている中で、ちゃんと自分は「経験を成長につなげられている」っていう自分に対する信頼があるんだろうなあって思いました。

今回はグラビアも、白シャツでインタビュー内容とリンクするような、ちょっと大人っぽい覚めた表情のニノでした。

2010.11.07 / Top↑
今回は、「ダンディズム研究所の第2弾」と「未知との遭遇しやがれ 相葉編」
前回のダンディズム研究所、地味に面白かったけれど今回も○。

今回のファーザーは、
北方(謙三)ファーザー   北方先生、結構嵐の事好きになってそうな気がする!
渡辺(陽一)ファーザー   今回お初の最近売れっ子の戦場カメラマン 最初に見たのが私は、未知との~だったのでその時は結構衝撃でした(笑)
澤口(俊之)ファーザー   澤口先生も、あちこちでお見かけしますね
石神(秀幸)ファーザー   ラーメン評論家 お願いランキングで見たことあったわ

感想は続きに・・・



... 続きを読む
2010.11.07 / Top↑
今月の日経エンタは、「ヒットを生み出す仲間力」というテーマでいろいろな特集、記事をくんいます。
そして、「仲間力」といえは、”嵐”っていうことで、表紙、ピンナップ、「5人が真の仲間になれたワケ」と出した座談会&CM関係者中心に聞いた嵐の関係性の特集、その他あちこちに嵐の事、嵐に関係する方等の記事がのっててかなり、見ごたえ読みごたえありです!


... 続きを読む
2010.11.06 / Top↑
今日は、嵐友のNさんと一緒に、横浜美術館でやっているドガ展に行ってきました。




ドガ展公式HP


ドガっていうと、踊り子(バレリーナ)の絵で有名ですが、今回こんなにまとまってドガをみたのは初めてでした。

今回の目玉は、何と言っても「エトワール」(上記のチケットやポスター等に使われている絵です)
オルセー美術館所蔵のこの「エトワール」日本で公開されるのは、今回がお初だそうです。

すばらしかったです!!

私、ドガに「なめていてゴメン」って謝りたい気分だった。
まあ、代表作だし見れたらいいかな・・くらいの期待感だった。

もう一度、すばらしかったです!
本当にきれいでした。

ドガの絵って、なんかそこに描かれている人のその一瞬が切り取られているような臨場感が感じられるんですが、この「エトワール」もまさにそんな感じ。
暗闇の舞台袖から、スポットライトを一身に浴びて踊るバレリーナ。
肌とチュチュは、光を浴びてあくまでも白く浮かび上がり、胸と髪につけた赤の花が華を添えている。
そして、可憐でありながら、力強く躍動感が感じられる。
後景にはこのバレリーナを見つめる、出番を待つバレリーナ達の足元やパトロンの足元がみえる。
「エトワール」は星という意味だそうですが、まさにスターの一瞬の輝きを焼き付けたような絵です。

Nさんが、「涙がでそう」って言っていたけれど、じっとみつめていると、そのきれいさに圧倒されて本当に涙が出てきそうな感じでした。
もう、今日はこれがみれただけで充分!!っていう気分でした。

これ、いろんな印刷物になっていたりしますが、実物とは月とすっぽん!
はっきり言って、実物をみるまでは、こんなにステキだと思わなかった。

って、なんか「エトワール」についてめいっぱい語って息切れ気味ですが・・。

他に好きだったものでは、「バレエの授業」
これは、真ん中におじいちゃん先生がいて、まわりを十数人の生徒たちが囲んでいるんですが。
なんか本当に、あるレッスン風景のひとコマを切り取ったようなんですよね。
中央のまさにレッスンしてもらっている生徒達こそ真剣にポーズをとっているけれど、端の方では腰に手をあてて姿勢を崩していたり、あげくには背中を掻いている子もいたりして。
顔の表情はあまり画き込んでいなけれど、身体がその気持ちを表現しているっていうか・・・。
話し声が聞こえてきそうな感じなんですよね。

あと、彫刻もけっこうあって。
生前唯一発表されてっていう「14歳の小さな踊り子」もよかったです。

会期は12月31日まで。
本物の良さが実感できます!


今日は、あとNさんとご飯を食べたり、みなとみらい周辺をAPEC見物しながらお散歩したり。
嵐さん話だけにととどまらず、いろんなおしゃべりができて楽しかったです。
(Nさん、ありがとうございました!)



2010.11.05 / Top↑
昨日はね、嵐の紅白司会決定のニュースでワラワラしていたからすっかり遅くなってしまいましたが、昨日「SP 野望篇」みてきました。

● 「SP 野望篇」
  監督    波多野貴文
  原案・脚本 金城一紀
  出演    岡田准一・堤真一・真木ようこ・香川照之・松尾諭・神尾佑
  
  公式HP

ドラマのSPを見た時、すごく面白くって好きで、楽しみにしていたんですよね。(お子さんが生まれたとかの諸事情ありとのことだけど、結構間があきましたよね)

息子が再放送みていたんで、一緒に7割がたみて、記憶も呼び起こされてばっちり復習済みでみました。

面白かったです。
面白くてよかったところを含め結構突っ込みどころ満載なので、公開になったばかりだし、以下畳みます。







... 続きを読む
2010.11.04 / Top↑
昨日の夕方、第1報の時もアップさせていただきましたが、昨日の晩から今朝のWSと映像もみれたし、新聞記事もいろいろでそろったところで改めて。
概要はみなさん、繰り返しになりますがこちらで
オリスタ記事

あらためて、5人が喋っているところを見て、
「よかったね、おめでとう!!がんばってね!」っていう気持ちでいっぱいになりました。

正直なところね、事前にいろいろ噂がとびかっているっていうことで、翔くんのみという案も耳にする中で、
「司会は中居くんでいいじゃない。それより、5人で楽しく紅白にでてほしいなあ、そしてカウコンにもでてほしいなあ」そういう気持ちが強かったんですよ。

そして、翔くんのみの司会は、将来的にはどうかは置いておいて、このタイミングではまだない方が正直いいなって思っていたんです。
別に、翔くんに紅白の司会の任に足りないと思うとかそういうことではなくて、ここで翔くんになったら意図しなくても中居くんと比較の目で見られがちだし、同じジャニーズでMCを担当することが多いとはいえ、タイプや持ち味が全然違うのでそういう比較の中においてほしくないなっていう気持ちが強かったんですよね。

そして、ふたをあけたら5人で司会。
本当に、ほっとして嬉しかった。
中居くんが司会の時も、SMAPメンバーはすごくいろいろサポートしてやっていたけれど、5人でっていうとそれとはまた違う形になりますよね。サポートではなく5人がそれぞれの役割を担うことになるから。
今回のコメントをきいていてもその思いは強いです。
ズームでとったので、ズーム内で流していたコメントを拾ってみると

智「正直まだびっくりしております。精一杯楽しみながら頑張って行きたいと思います」
 「嵐ならではの味が本当に出せたらなあと思ってます」
翔「諸先輩方が気持ちよく歌えるように、少しでも花を添えられればと思います」
 「まさか、11年たってこの場で、このような会見の場に立たせてもらえるとは夢にも思っていなかったので、本当に驚きとともに嬉しい気持ちでいっぱいです。」
和「とにかく僕らは常楽しんで、色んなことに取り組んでますので、紅組白組ともに盛り上げて楽しい1日になればなあと思っております」
雅「嵐としてCDデビューしてから、紅白歌合戦に出演させていただくのが夢だったんですけど、それが去年まさかの出場と、そして今年まさかの司会とすごくびっくり続きなんですけれども」
潤「名司会ぶりとかはもちろんできないと思うので、僕ら5人ならではの絆といいますかチーム感をうまくだして皆さんのすばらしい歌を邪魔しないように進行できたらいいなという風に思っています」

5人の何事にも楽しんで取り組むチーム感がきっと随所ににじみ出てくれるといいなあって思っています。

今朝はズームでみていたんですが、めざましの方が、流す映像の量ひょっとしたら多いかなとも思いつつズームでとったのは、羽鳥さんの様子がみたかったから。
なんか、羽鳥さん感慨ぶかげでしたよね~。「いいですね、なんか、どうなるのか楽しみですね~」ちょっと、胸が詰まってる?なんて、それは大げさでしょうけれど、しみじみ言っているところにバード愛を感じるようで。
一緒に手を出して嵐の一員風にして、つっこまれている羽鳥さんもナイスでしたよ!

そして、映像のこと少し
昨日のNHKの会見は、白と濃淡のグレー基調のタキシードでした。
タキシード姿はかわいいなあ。
うーん、翔くんおでこピカピカしてるよ。
どうして、フォーマルな場だとおでこだすのかなあ(笑)
できればあまりきばらずカジュアルめくらいの髪型で本番は臨んでいただきたいです(笑)
そして嵐のスタイリスト様
ぜひぜひ、ステキなカッコさせてあげてくださいね。
(時々、あれ??っていうこともなきにしもあらずなので・・・)

今朝は、各紙載せているようですが(でも、トップは斉藤投手話題で早慶の優勝決定戦のものが多かったようですが)
ちょっと気になる話題までひろげてるところをピックアップ。

スポニチ
松下奈緒さんって、身長が174cmで、平均身長171cmの嵐メンバーに気を使ってぺったんこ靴で、って書かれているところに笑っちゃった。
松下さんって、モデルさんのように大きいのね。

あと、史上2番目の最年少コンビなんですね。
最も最年少は、当時26歳同士の中居くんと久保純子アナ
(ちなみに、松下さんは25歳なんですね。)
そっか~、中居くんのはじめての紅白は26歳だったんですね。
それから、6度も司会をやっていると。中居くん、あらためてスゴイよね。


スポーツ報知
今回の5人での起用について、NHKの井上啓輔チーフプロデューサー(CP)によると
「5人の仲の良さがきずなを連想させる」として、嵐サイドには10月初旬にオファーを出していた。初めての5人司会という形式については「いろんなバリエーションが考えられる。嵐にもプランがあるだろうし、僕たちもどう演出するか楽しみ」。歌手としての出場も「司会だけというわけにもいかないでしょう」と認めた。
とのこと。
やっぱり、仲のよさ、チーム感をNHK側でも買ってのオファーなんですよね。
紅白の性質上、ゆるゆる感をとはいかないでしょうけれど(笑)
型にはまりきらないよさがでればいいなあ(でも、紅白ってガッチリ台本が固まっているんでしたっけ?)

事務所側が何らかの方法でカウコンにも出したいと言っているとのこと、期待したいです。

Pの方の今回の起用の話、カウコンの話は以下の中日スポーツでも。

中日スポーツ
◆今年のテーマは…「歌でつなごう」
 今年の紅白のテーマは「歌でつなごう」。同番組の制作統括の井上啓輔プロデューサーは「新しい紅白をどうスタートさせるかを考え、フレッシュなお二方を迎えた」という。また、同プロデューサーは、松下について「毎朝、お茶の間にいい時間を提供していたので、引き続き温かい雰囲気を伝えてほしい。家族や人のつながりを描いたドラマだったので今回のテーマにも通じる」。嵐については「5人のきずなを大事にして11年目に入ったグループ。歌で何をつなげるかを描いてほしい」と話した。
◆恒例カウントダウンライブは?
 嵐の所属するジャニーズ事務所では、大みそかに恒例のカウントダウンライブを開き、嵐も例年参加している。紅白終了は23時45分で時間帯が重なるが、松本は「紅白もカウントダウンも、声をかけていただいて初めて出場させていただくもの。全力を出して歌いたい、ということしか言えません」と話した。関係者は「何らかの形で参加できるかを含めて検討していく」としている



皆さん、これで12月大変ですよ。
去年初めて知ったけど、紅白の番宣番組って地味に多いんだもん。(それも、あたりはずれがかなりある?)

私としてはせっかくなので、少クラスタッフに密着していただいて少クラ目線での紅白舞台裏を後日流していただけると嬉しいなあと。
2010.11.04 / Top↑
「フリーター家を買う」第3話です。

本当に、丁寧に作られているドラマなので、いろいろな場面で心情に入り込んでしまうことが多くて、なんか毎回泣いちゃうんですよね。




... 続きを読む
2010.11.03 / Top↑
嵐さん、大みそかの紅白、白組司会に決定です。紅組は松下奈緒さん。

NHK 紅白歌合戦HP

オリコンnet

まんたんWEB

なんか、噂はとびかっていたようですが・・・・、

おめでとうございます!!

スゴイね、どこまでいっちゃうんだろう
頑張って!!
精一杯、風を送りますので 

しかし・・・カウコンはでれないのかなあ・・・
2010.11.03 / Top↑
嵐さん、デビューまる11年、12年目突入おめでとうございます!

先日9月15日のグループ結成のタイミングで、お祝いもかねた嬉しい気持ちを書かせてもらったので、今回はそれと別視点から。(9月15日のエントリーは こちら→ )

12年目を迎えて、見たい嵐は見れているのか!?

国立のニノちゃんの挨拶の中に、「嵐のみたい嵐はここにある」というメッセージがありました。
国立コン、そして京セラのレポをあちこちで読ませていただいて、本当に今回のツアーで「私のみたい嵐もここにある」って感じています。

そもそも、嵐5人でというと
曲が好きで
コンサートが好きで
踊る嵐さんが好き
っていうのが私の中では根っこにあって。

去年1年の10周年の嵐のあと、どんなふうになって行くのかなあって漠然と思っていたけれど、2年ぶりのオリアルは、単にシングルの寄せ集め的な感じもなく、ちゃんと攻めてきてくれて私はとっても好みな感じでした。

そして迎えた国立コン、ドームコン
箱が巨大というハンデの中で、しっかり踊りもみせて演出も凝って、
近くに来てくれるという満足感だけに安住しない構成にしてきてくれていて。

その上、レポを見る限り、ドーム・国立と、それぞれのハコの特性を考えた演出にしてきてくれているようで。
それも、ヒット曲オンパレードじゃなく、しっかりアルバムの曲をみせてきかせてくれる構成になっていて。
「私のみたい嵐をまさにここにある」ってそう感じてます。
(あとは、チケットさえとれればいうことないけどね)

そんな11年目をみせてくれた嵐さんに、12年目もどんなふうに攻めていってくれるのか、すごくワクワクしながら楽しみにしています!

2010.11.03 / Top↑
昨晩のZERO

しょっぱなから、NEWSの話題でなくてすみません。
撮影がオールアップになって、コンサートもはじまって、翔くんの髪型、変化があるのかないのか・・・・それが気になっていたんですが、
・・・特に大きな変更はなしとということで、よろしいですよね?(笑)(コンレポ読んでても、翔くんの髪が・・っていう話題はあまりなかったし)
黒髪のままだし、長さは一時の一止さんよりはここ2週間ほどは短くなっている感じがしてたけど、長さもそんなに先週から変わっていない?まあ若干短くなっている?
トップを長いままにしていて、ウェーブを伸ばしているせいだとは思うけれど、若干重めだよね・・・
でも、今バラエティの時はこのトップの部分がふわふわな感じで結構好きなので、まあ仕方ないか・・(って、何に対して言っているのか・・・・笑)
いえ、今日は最初の立ち姿からOKでしたから(って、うるさすぎ! 上からのものいいでゴメンナサイ)

グレーの大きな格子柄のスーツ、黒ネクタイ
秋冬仕様ですよね、ツイードみたいなちょっとざっくりした感じのものです


そして、今日のイチメンのテーマは
T(トランス)P(パシフィック)P(パートナーシップ)
ざっくり言ってしまえば、日本はこのTPPに加盟して関税を無くしていく方向に行くのかどうかということ。
これは現状に即して言えば、TPPに入って、海外により進出しやすくして経済成長を図っていくか・・・、農業を守り食料自給率がこれ以上下がらないようにしていくのか、そういう選択を迫られているっていうことなんですね。
村尾さんも、どちらの方がという言い方はしなかったけれど、世界の流れは国と国との境をなくしてモノ、ヒト、お金の流れが自由になる方向に進んでいるという事実は踏まえて考える必要があるとのこと。

これ、難しい問題ですよね。
景気を良くしてほしいと思っているから、そういう意味ではTPPに入った方がいいのだろうけれど、農業を守るって単に農家を守るっていうことだけでなくて環境問題にも大きく繋がることだし、食糧自給率を高めることは安全保障上も重要なことだし。損得勘定で語ってはいけない部分がたくさんあると思うんですよね。
目先の事だけに惑わされず、判断して欲しいなと思いますが。


そして、ZEROカルチャーはDefTeckの再結成、アルバム発売にちなんだ本人達へのインタビュー

DefTeck、結構いいなあって思っていたので、解散した時「エ~ッ、何で??」って思っていましたが、急激に売れて環境が変わる中、2人の関係がどんどんうまくいかなくなってしまったと。

でも、「他人と人は変えられないけど、自分と未来は変えられる」「世界は変えるには、自分自身を変えなければならない」と2人とも思うようになってそしてもう一度一緒にやりたいと思ったそうです。

そして、今回だしたアルバムタイトルが「MIND SHIIFT」 = 発想の転換
人を変えようと思っても難しい。まず自分が変わってみる、物事をとらえる発想をかえて見る 大事ですよね。
自分の中に肝に銘じたことだったりするんですが、ともすると忘れがちになっていて。
そんな中でみたこのインタビュー。とても心に残りました。

そして、このインタビューを見終わっての翔くんの言葉。
好きなアーティストの歌詞に
「同じ文化の違う世代よりも、違う文化の同じ世代」
という言葉があります。
このDefTeckの2人はまさに違う文化の同じ世代だと思うけれど、その2人から生まれる新しい音楽が楽しみです
とのこと(若干語尾などちがってたらごめんなさい)

あと、昨日は裁判員裁判のこととか、いろいろニュースも多かったんですが、中でもいちばんびっくりだったのは、水嶋ヒロさんの処女小説がポプラ大賞を受賞したっていうニュース。
授賞式の模様ZERO内でもやっていたし、昨日の朝、今朝とWSでもたくさんとりあげてますが・・・・、
スゴイですよね。ペンネームで応募してだものね。
天は2物も3物も与えるんだなあ!!って。


そうそう、JALのハワイ便のCMが偶然見れて「オオッ~」って思っちゃいました。
CMは追い切れてなくて、このことは知らなかったから、ぼーっと眺めていた画面からサマースプラッシュが流れてきてびっくり!!
最後に嵐JET写っていましたね。

嵐JETといえば、日曜日の大阪からの帰りに乗れたみたいですね。
よかったね!(まずは、プライベートでなく5人そろいで仕事でのれて! 前に潤くん、プライベートだったらちょっと気まずいかもみたいなこと言っていたものね・・)
 一緒に乗り合わせたコン帰りの人もいいなあ・・・。

Wiiの新CMはまだ全然お目にかかっておりません。はやくみれるといいなあ。
2010.11.02 / Top↑
「嵐にしやがれ」もうおとといのオンエアなんですよね。
1日1日あっという間で・・・・・、

でも、ここのところ面白いオンエアが続いているし、今回もメチャメチャ笑って面白かったのでちょこっと感想です。

今回のゲストは、八嶋智人さん。
嵐メンみんなとなじみがあるし、特に大ちゃんとは怪物くんで共演してしていて仲良しです。

オープニングで、最近嵐さん達、勘が鋭くなっている!?
スタッフさんも「カイカイ体操まで」なんて見せちゃったらダメよね(笑)
それに、潤くん衣装の色の指摘さすがです。

今回、オープニングトークも噂話もアニキの3ヶ条もぜーんぶ面白くって大笑いだったけれど、やっぱり今回秀逸だったのがアニキの3ヶ条、中でもエチュード(即興芝居)ですね。

湖畔の別荘設定で八嶋さんの考えたキャラ&プロットでのガチでの即興芝居。

嵐にしやがれ「河口湖殺人事件」

5人の腕利き刑事のキャラ設定は
相葉ちゃん 「チャラチャラしているギャル男刑事」 スクランブル交差点
潤くん   「無意識のうちに筋トレしちゃうマッチョ系筋トレ刑事」 マッチョジュン
ニノ    「アキバ系マニアック刑事」 コントローラ
大ちゃん  「海外帰りの帰国子女刑事」 カリフォルニア米
翔くん   「キャーキャーうるさいオネエ刑事」 どんだけ~

もちろん、エチュードの展開自体も大笑いだったんだけど・・・
まずは、八嶋さんの嵐へのこのキャラ振りもなかなかいいなあ、
みんな思わずふきだしちゃうようなはまりぶりだったけれど、中でもニノは秀逸
どこから見ても、不自然さなくアキバ系の人なんだもの。電話を持つっていう発想もすごいよね。
翔くんのオネエ系キャラは、こういう時のこの人のこの吹っ切れ方がいいなあって思うのよね。

そして大笑いしながらも、この全くの即興に対応していく5人の反射神経に拍手でした。(もちろん、それに即応して行く八嶋さんもね)

推理は?って言われて
翔「あなた気づいいているかわからないけど、・・・・好き!」
(何?何?って潤くんが、迫っていくこと 笑)

そして、みんなが見ていない間に態勢がかわる死体@オリラジあっちゃん
動いた死体をみて、八嶋「これをどう推理する?」
智「多分、彼もどんだけ~が好き!」
和「この死体はどんだけが好きで、でもどんだけは八嶋さんが好きで3角関係がそこでできあがってて、八嶋さんともめて、八嶋さんが殺した」
八嶋「俺の事を疑っているわけだな?」
潤「つーかやったんですか?」
雅「はっきりいっちゃってくださいよ~」
で、八嶋さんが自白して
最後どんだけ~@翔くんが「好き~」って八嶋さんにだきついて、感動(笑)のオチまでついてジエンド
プロットとは全然違う展開だけど、ちょっとづつの変化をうけながら破たんなくキャラの感じもちゃーんと出してエチュードしていく嵐さん達。
私は、自分でお芝居とかしないからわからないけど、こういうのが全然詰まらずにいくって、すごいんじゃないのかなあ、さらっとやっちゃっているから、大笑いでみてるけれどね。
だってホントに全部アドリブですものね。
それにみんなちゃーんと全体の流れの中に絡んでいっているし。

でね、エチュードしながらお互いの受けの芝居に微妙に笑いをこらえている嵐さん&八嶋さんの表情とか、
「好き~」っていく翔さんをみて、あっけにとられた顔をしている潤くんとか、結構ツボでしたね。

そして「未知との遭遇しやがれ」、今回は翔さん×精神科医の名腰康文さん
(翔ちゃん、なんか髪色が少し茶っぽくなって、軽くなった感じがするんですが、気のせい? これ、いつの収録なんでしょう・・・)
体型からその人の内面を見極める方法を学びます。
今回は名腰先生が普段10種類にわけていらっしゃるうちのわかりやすい5種類を。
そして、嵐のメンバーを診断します。
今回のターゲットはニノ。
ニノをロマンタイプって診断したんだけど・・・私も、名腰先生の説明をきいている時から、これニノっぽーいって思ったけど、ドンピシャでしたね。
他にどんなタイプがあって、嵐のほかのメンバーはどうなるかなあ、私は?とか家族は?とかもやってみたくなる感じがしました。
でも、何よりメモ帳を取り合うやまたろが、かわいかったんだけどね(笑)

来週は、ダンディズム相談所SP(先日の面白かったけど、またやるっていうことは、結構評判よかったんですね!)
2010.11.01 / Top↑
嵐は、昨日で京セラ3DAYSが終了しましたが、私は昨晩は武道館であった、ワーナーJAPAN40周年記念 ~100年MUSIC FESTIVAL~第2夜に行ってきました。
オフィシャルサイト

ダンナと一緒に行ってきたんですが、もともとは山下達郎さんのライブのチケットが当初全ハズレ出、探していたところにこれに達郎さんが出るということで、ダンナが探してきて申し込んだら運よく当たってという感じだったんですよね。その上、まりやさんもでるし、他の出演アーティストもよいし・・・。
(その後、達郎さんのライブは追加公演があたっていくことができました。 その時の感想は、こちら→ )

以下昨日のイベントの感想とセットリストです。



... 続きを読む
2010.11.01 / Top↑