FC2ブログ
昨日の、Jun Style
昨日はまさにその時間、お舅さんが来ていたというミラクルな状況で(おいしいステーキ用のお肉をもってきてくださったんです。毎度ありがとうとざいます。)聴くことができなかったんですが、
いろいろなブログで昨日のレポ読ませていただいて・・・・・・、新企画がたちあがっている。
それも
「嵐シングル・カップリング ベスト3」
1曲でも自分なりのベスト3でも、その曲への想いやエピソードを添えて投票してくださいという企画だそうです。 (詳しくはnack5のHPをみてね)

なんか、とってもテンションアップする企画ですよね。
嵐のカップリング曲って、佳曲が多いって思っているんです。

そもそも、花男きっかけで潤くんドラマを見るところからはじまった嵐ライフですが・・・、嵐の曲を全アルバム制覇しヘビロテするそもそものきっかけは、ラブソーのシングルをきいて、ラブソー自体はもちろんですが、カップリングの「いつまでも」が期待以上によくて「ファイトソング」がとっても楽しくてよかったから、アルバムを借りようっていうことにつながったことにあるんですよね。
2007年の下半期は、本当に、次々とアルバムを借りてきいていたから。(ごめんなさい、この時期はまだとりあえずは借りて全部聞いていたのよね・・・)
買い集めようと思うのは、もうちょっと先です。

ということで、よい機会なので少しカップリング曲をききなおしてみたいなあって思っています。
なんか、楽しいよね、ホントに応募するかどうかはさておき、こういうのを考えるだけで楽しいよね。

たぶん、そのうち、カップリング曲ベスト5(絶対にベスト3になんか絞れないと思うから 笑)のエントリーを書くだろうなって思います。

あぁ、考えているだけで楽しくなってきちゃった(^O^)/

去年のベストアルバム発売時にも、私なりのベスト10企画を考えてそれもとっても楽しく書いたんですよ。
良かったら、読んでくださいね

タルタルの嵐ベスト10(A面シングル編)
嵐ベスト10(シングル以外 その1) これは、カップリングも含むものです。
タルタルの嵐ベスト(A面シングル以外 番外編)
スポンサーサイト



2010.11.07 / Top↑
今回のお題は、「裏と表」

なんていうか・・・・
今回の記事の最後の部分にメチャメチャ共感したんです。

好きな人のことを知りたいのか知りたくないのか。自分の奥を知ってほしいのか、知られたくないのか。
「わからないけど、人間ってわからないからいいんだろうなって思う」

この言葉の前には前段がありまして、
「悲しいけど、人が人を完全にわかるなんてできないと思う・・・・(中略)・・
ホントに誰かを知りたいなら、ほかの人と関わったりしないで、ずっとその人のそばにいないとだめじゃない?・・・(後略)・・」

誰かだけとずっと一緒にいるなんて無理だってニノにはわかっているし、多分こう言いながらも、よしんば一緒にいたとしても完全にわかるわけがないっていうこともきっと思っていると思う。
でも、他人のことがわからないのは、マイナスなことではなくって、だからこそ人って面白い。
そう思うニノの、フラットな視線とポジティブな方向をむいている健全さ。
お互い全部見えるわけでないから、面白いのよね!

そして、ニノの演技に対する考え方にも通じるなって思いました。
ニノは、台本を全部読まないで、自分が関係する部分を読むっているじゃないですか。
ようは、神様の目をもたず、その登場人物の視線の状態に自分をおいているっていうことだと思いますが、
見えるものを中心に考えていくっていうこと。
自分の演じる役が、知りえないことを知ってそれによって役をふくらませるんじゃなくて、そういうことを経てきた相手役の今自分に対する演技に対して受けていくっていうこと。(ちょっとうまく表現するのが難しいけど・・・)   うーん、よく考えるとこれって相手役の人の力量を信じていないとやれないことなのかなあ。

話が脱線しました。 一途の話。

先程の部分であと印象的だったのが、
「知った気になることが信頼関係につながっているだけで。」
という言葉。
そうね、信頼関係もある意味思い込みの上に成り立っている。
でもだからこそ、相手を信じようと思う気持ちが大切なんだろうなあって思います。

あとね、面白かったのが
「結局資質より経験の方が大きいんじゃない?」
っていうことば。
ニノって、結構天才肌みたいに言われることが多いけれど、そして、もともと勘のいい人ではあると思うけれど、それだけではない。
本当に人生の半分は仕事をしてきている中で、ちゃんと自分は「経験を成長につなげられている」っていう自分に対する信頼があるんだろうなあって思いました。

今回はグラビアも、白シャツでインタビュー内容とリンクするような、ちょっと大人っぽい覚めた表情のニノでした。

2010.11.07 / Top↑
今回は、「ダンディズム研究所の第2弾」と「未知との遭遇しやがれ 相葉編」
前回のダンディズム研究所、地味に面白かったけれど今回も○。

今回のファーザーは、
北方(謙三)ファーザー   北方先生、結構嵐の事好きになってそうな気がする!
渡辺(陽一)ファーザー   今回お初の最近売れっ子の戦場カメラマン 最初に見たのが私は、未知との~だったのでその時は結構衝撃でした(笑)
澤口(俊之)ファーザー   澤口先生も、あちこちでお見かけしますね
石神(秀幸)ファーザー   ラーメン評論家 お願いランキングで見たことあったわ

感想は続きに・・・



... 続きを読む
2010.11.07 / Top↑