FC2ブログ
「悪人」読み終わりました。

悪人(上) (朝日文庫)悪人(上) (朝日文庫)
(2009/11/06)
吉田 修一

商品詳細を見る

悪人(下) (朝日文庫)悪人(下) (朝日文庫)
(2009/11/06)
吉田 修一

商品詳細を見る


● 「悪人」上下 吉田修一 朝日文庫

結果として映画をみてから原作を読んだわけですが、さすがに原作者の吉田修一さんが映画の脚本を担当されただけあって、私自身は映画から受ける印象はこと主役等中心人物に関してはほとんど違和感なくそのまんまな感じでした。
面白かったし、映画を見た時に感じた苦しい切ないやりきれなさがよりまざまざと感じられるきがしました。

映画では、いろんなエピソードや人物を整理しているんだろうなと思ったけれど、祐一と光代の人物像を浮かび上がらせるための周囲の人物をを整理している部分はあるけれど、(ヘルス嬢とか親戚関係とか・・)でも、そのことがそんな気にならなかったのは、小説ではそういういエピソードの積み重ねで描いてきた主人公達を、役者が演じることで体現していたから。
原作を読んであらためて、祐一@妻夫木くん、光代@深津さん、佳男@柄本さん、佳乃@満島ひかりさんと登場人物のエッセンスをすごく体現していたなあって思います。(まあ、先に映画みちゃったからどうしてもその印象から逃れられないって言うことだとも思うんですが)
房江@樹木希林さんに至っては、映画のキャラクターの方によりリアルな存在感があったかもしれない。

そう思うと原作読んでから、映画の順だったら、また感じ方は変わっていたのかなあ。

スポンサーサイト



2010.12.03 / Top↑
昨日は、まずVIPルームが倖田來未さん。
共演経験も多いと思うし、彼女自身が明るいから、嵐さん達もすごくフランクな雰囲気で突っ込んで楽しそうで、とっても楽しかった。
大ちゃんの、ハニーフラッシュも笑ったし。

ゲストの嵐に対する印象が
翔「エラミラーボール」
智「ビーサン」
和「黄色い帽子」
雅「1:9分け」
潤「無人島でおんぶされた~い」(「印象でもなんでもね~じゃん」のニノと突っ込みに笑った)

私ね、なんか、ふと嵐ちゃんのスタッフの愛情を感じたのよね。
まあ、智くんのビーサンと潤くんの花男ファイナル映像はまんまだから、持ってくるのは簡単だったと思うんだけど。
翔くんの「エラミラーボール」クイズショウのあの一瞬の映像。あそこをよく持ってきたなあとか・・それも他局!(ひさびさにMC神山みたくなった)
ニノはまごまご映像(もちろん、これも他局、それもDVD化されているわけでもないのに)だったしね。
そして、相葉ちゃんのコン映像も確かに1:9(爆)良く、この部分を切り取ってきたなあとか!

嵐ちゃんスタッフ、嵐の過去映像、よく見てくれているんだなあって思いました。

この印象の出どころの話も、楽屋裏の話をいろいろしてくれて、倖田來未さん感謝!な楽しい話が多かった。
それに、翔ちゃんのところで、「なんだコレ!!」って切れる翔ちゃん、スパンコールのついたTシャツの話に、話が核心に触れる前から大笑いしているニノもみていてツボ。
花男ばなしをハイテンションで語る倖田さんの横で照れた表情している潤くんもかわいかった。

動物占い、今さらだとは思うけど楽しいよね。
そして、TBSでもゼ~ロ~がみれた(は~と) ついでに相葉ちゃんのゼ~ロ~も。

倖田さん「まっしぐらに突き進むゾウ」
潤「波乱に満ちたペガサス」
和「ネアカな狼」
智「尽くす猿」
雅「デリケートなゾウ」
翔「サービス精神旺盛なコアラ」

絵もなんかあっていて笑ったし、性格もなんかあてはまるような感じがしちゃうのよね(占いって、そんなもの 笑)

ちなみに・・・私は「束縛を嫌う黒ひょう」デス(どうでもいい情報ですが・・)

今日のVIPルームは、丸ごと楽しかった!



後半はイッパツギャンブラー嵐
ゲストはネプチューンの3人。
ネプチューンさん達もグループ内で仲いいし、なんか嵐が拡大版になったみたいで、すごく8人で楽しそうで。
このコーナー、どこがではないんだけれど、素でワイワイ楽しみながらチャレンジしている様子にみえて、好きです。
今回も、いろんな表情が見れた!
チャレンジしているところもだけど、誰が行くって相談しているやりとりとか、チャレンジしているところを見守っている時のまわりの様子とか、そういうところをたくさんみちゃいました。

来週は、山田優さんのVIPルームとマネキン。
クンクン、においをかいでいるところになんかドキドキしちゃったんだけど・・・オンエアどうかしら・・・

2010.12.03 / Top↑