上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今朝も朝からGANTZの週末のインタビュー映像やってましたね。
私はまだ行ってませんが、行かれた方も大勢いらっしゃるようで・・・、GANTZ気分もりあがってます!
はやく、みにいきたいなあ(水曜日、友達と行く予定です)

週末の、Mラバの嵐プレミアム、GANTZ番宣「ニノマツinLA」、朝日新聞の相葉ちゃんインタビュー

まずは、「MUSIC LOVERS」の嵐プレミアム

まあ総集編だし12本ノンストップでCMやってくれるのは嬉しいけどって思っていたら、今回用に別撮りでとったトークもちゃんとありましたね(*^_^*)

未公開トークはともかく、とりあえず観たことがある映像なはずなのに何かすごくなつかしかった。

最初に出たのが、2008年の夏(これが、たぶん初めてだと思うんだけど・・)24時間テレビの司会の時でラバーズゲストゲストが久本さん達の時、この時って魔王仕様のリーダーが本当にカッコイイ・・・痩せているよね。
そうだそうだ、翔ちゃんがGパンがプリントされてスエットはいてる話をしてた時だよねとか・・・

おととし、ゆずさんがラバーズゲストの時の翔ちゃん、髪みじか!!(でも、かわいい・・(*^_^*)
そして、この時のリーダー・・・黒い ・・
相葉ちゃん、茶髪だった時だね。
スーパーライブの時って、翔ちゃん初めての音楽番組のMCだったんだっけ?とか・・・

みているうちに、いろいろ気になっちゃって・・・とりあえず自分のブログを読み返してみたり。
残念ながら、2008年夏の時はまだこのブログ書き始めてなかったらありませんでしたが。

未公開トークは良かったですね。

にのあいの焼き肉話も、にのあいすぎる!!(^^♪♪
山のメールばなし、このお母さんの魔王の撮影見学からのくだりは結構いろんなところで話していたことだけど、何か「山~」な感じが現れていて何度きいてもほっこり!

嵐の「甘えん坊格付け」は相葉ちゃん1番でした。
雅33人、和28人、翔15人、智14人、潤10人
って、よくみるとにのあいが多い?
黒木メイサさんが「相葉さんになら甘えてほしい願望があるんじゃないですか?」っていいフォローしていて、さらにはニノが「潤くんにだったら、甘えたいとかあるわけ。相当なSですよ、この10人は」ってすごいいいフォロー(さすが、末ズ!!)していた。
潤くんも結構甘えん坊だよね・・(^^♪
風っ子は、何か目に浮かぶよう。リーダーは甘えるのも自然体っぽい?
翔ちゃんはね・・・ホントに甘えそうな相手がすごく絞られそうだから、ちょっとどSな翔ちゃんに口尖らせながらわがまま言われたらかわいくって仕方ないかも(妄想中)

最後のあいさつ
ニノのあいさつがとっても良かった
「ホントに、ずっとらしくやらせてもらってきたので、周りの人達に感謝しなきゃいけないともに、今みたいにこういうワイワイ感っていうか嵐らしく1個づつの仕事を楽しくやっていけるのが一番ベストなのかななあっていう希望もありますね」
メンバーみんな、ホントにいい顔して頷いていましたよね。
「らしい嵐」「嵐自身が楽しんでいる嵐」をこれからも見続けられたらいいなあって思いました。
そしてこのいい話のあとでの「リーダーらしいこと言っちゃてごめんなさい」から続く一連のオチも、ああ嵐だよねっていう感じの締め方でした (*^_^*)


GANTZ番宣の「ニノマツinLA」

これ、昼間やっていたもので、そんなに期待大でみていたわけではないんですが・・・
実はかなりツボで、すごい面白かった。
今回の一連の番宣を通じて、松山ケンイチくんの好感度が私はメチャメチャ上昇していて、ニノとのコンビ感がなんかすごく面白くていいなあって思っているんですが(ゆる~い感じが流れていて、それでいてまっちゃんがニノをすごく敬愛している感が伝わってくるんですよね)
この番組も2人のコンビ感がとってもいい具合に伝わってくる番組でした。


あと、土曜日朝日新聞朝刊にのっていた相葉ちゃんのインタビュー
すごく男前な相葉ちゃんがいました。
バーテンダー修行の様子もいろいろ書いてあって、いよいよ今週末からですよね!
相葉ちゃん華麗な手さばきが観れるも楽しみ!
そして今年の目標で
「『今日も楽しかった』と思う毎日が続くようにしたい。それが目標かな」
一緒にそういう目標で私もいきたいです!






スポンサーサイト
2011.01.31 / Top↑
2010年に行った 美術展の総括です。

美術展には、ここのところ全く積極的に行くことがなかったんですが、ちょっと昨年特に後半はまめに見にいきました。
一昨年の秋「THE ハプスブルグ」に行って久しぶりに絵を見て、ちょっとひさびさに観たいものがないかチェックしてみようかなあっていう気になっていたこともあるんですが・・・
仲良くしていただいているブロ友さんに誘ってもらったものもあって。(私信:ありがとう!!)
観だすとまた楽しくなってきてまた行きたいなあって思うんですよね。

昨年最後に行った 「バウハウス」は何か12月バタバタしている間に感想アップしそびれてしまっていたので覚書もかねて。
バウハウスって、代表的な住宅のパターンだったり家具だったりついては、何となくシンプルで機能美追求な感じよねって思っていましたが正直そんな程度の認識でした。
これに行ってね、「バウハウス」っていう単なるデザインの問題ではなくてもっと考え方に根ざしたものなんだっていうことがよくわかりました。
展示の中に、キッチンのレイアウトを再現したものとかもあったんだけど、単にデザイン上の問題ではなくて女性を家事を労働から少しでも解放するためのデザインだったりするんですよね。
だから、第2次世界大戦直前頃のものではあるけれども、現在のいろいなもののデザインとすごく通じていて今の物と行ってもまるで違和感がない感じ
展示品も、実際に中で体感できるキッチンレイアウトや食器類、あとバウハウスにまつわる写真などの展示もあって面白かったです。


それでは、2010年に行った美術展です。(行った月日順)



● 「ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル版画の世界」 Bunkamura  2010 7/17~8/29 (→こちら)

● 「印象派とエコール・ド・パリ ポーラ美術館コレクション展」 横浜美術館 2010 7/2~9/4 (→こちら)

● 横浜美術館常設展示  横浜美術館 (→こちら)

● 「ドガ展」 横浜美術館 2010 9/18~12/31 (→こちら)

● 「バウハウステイスト・バウハウスキッチン展」 パナソニック汐留ミュージーアム 2010 9/18~12/12
2011.01.30 / Top↑
2010年に行ったコンサートの総括です。

今年は、嵐コンは2回、その他 アッコちゃん、達郎さん、そしてワーナーの40周年の記念のコンサート

今年も、嵐コン行けるかなあ、何回か行きたいなあ、それが一番気になるところ

そして、今年は3月にミスチルのライブがあたったのでそれがお初になりそうです。
ミスチルはずっと行ってみたくて、ライブの度にいろいろトライしていたけど当たらなくて、やっぱりファンクラブに入らなければだめなのかなあって思っていたんですが、アルバム封入の応募ので当たりました!
まだ先ですけど桜井さん(こっちもサクライさんなのよね )の歌声堪能してきたいと思います。
(って、まだチケット来てないけど大丈夫よね???)

あと、今 嵐以外で一番行きたいのは、ラブサイケデリコのライブ
これはライブも絶対楽しめると思うので、アルバムがでてツアーやってくれればいいなあって思っています。

以下、2010年にいったライブです。(行った月日順)



★ 矢野顕子 /「ここが音楽堂弾き語りツアー」 東京国際フォーラム 4月27日 (→こちら)

★ 嵐 /ARASHI 10-11 TOUR Scene君と僕の見ていた風景  国立霞ヶ丘競技場 9月4日 (→とりあえず  ①  ② 

★ 山下達郎 /TATSURO YAMASHITA PERFORMANCE2010 中野サンプラザ 10月23日 (→こちら)  

★ ワーナーJAPAN40周年記念~100年MUSIC FESTIVAL~第2夜  日本武道館 10月31日 (→こちら)

★ 嵐 /ARASHI 10-11 TOUR Scene君と僕の見ていた風景  東京ドーム 11月21日 (→終わってとりあえず   )

2011.01.30 / Top↑
2010年に観た映画です。

昨年は見た映画は全部で18本(そのうち劇場で見たのは14本 DVD・テレビが4本)
内訳は、洋画 5本(うち、DVD1本)
    邦画 13本(うち、DVD・テレビ3本)

2009年は24本観てるので、それよりはかなり減ってますね。

「のだめ」にしろ、「踊る」シリーズ、「SP」とテレビでのドラマの続編的なのも結構多かったですね。

昨年は全体に観た洋画の満足度がイマイチだったものが多かったかも。
アリスは良かったけれど(3Dにした意味は今一つだったけれど)
あとは、まあまあ・・・「食べて、祈って~」は逆に不満が残ったから。

邦画はよかったですよ。
「のだめ」や「SP」は期待を裏切らず楽しかったし。

見ごたえがあったのはやはり「悪人」かなあ。
もちろん「大奥」「告白」「パーマネントのばら」も良かったとは思う
でも、圧倒的にぬきんでてこれが良かったっていうものが、あまりなかったかもしれない。
(もちろん、別視点でみれば「大奥」は美味しい要素たくさんなので◎だけど)

今年は、前編後編ものが多くなりそうですね。
GANTZも、SPも、ハリーポッターも・・・
今年は「神様のカルテ」をはじめ嵐映画が目白押しなので、それも楽しみの一つ!


以下、2010年に観た映画(観た日付順です) 

● 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」     
   監督  武内英樹
   出演  上野樹里 玉木宏 竹中直人 

● 「かいじゅうたちのいるところ」   
   監督 スパイク・ジョーンズ
   出演 マックス・レコーズ

● 「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」
   監督 金子文紀
   脚本 宮藤官九郎
   出演 岡田准一・櫻井翔・佐藤隆一・岡田義徳・塚本高史

● 「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」
    監督  武内英樹
    出演  上野樹里 玉木宏 竹中直人)

● 「アリス イン ワンダーランド」  
   監督 ティム・バートン
   出演 ジョニー・デップ ミア・ワシコウスカ ヘレナ・ボナム=カーター アン・ハサウェイ

● 「パーマネント野ばら」
   監督 吉田大八
   原作 西原理恵子
   出演 菅野美穂・夏木マリ・江口洋介・小池栄子・池脇千鶴

● 「オーケストラ」   
   監督 ラデュ・ミヘイルアニュ
   出演 アレクセイ・グシュコブ  メラニー・ロラン  ドミトリー・ナザロフ  ミュウ=ミュウ  フランソワベルアン

● 「シーサイドモーテル」
   監督 守屋健太郎
   出演 生田斗真・麻生久美子・山田孝之・玉山鉄二・成海璃子・柄本時生・温水洋一・古田新太・小島聖・池田鉄洋・山崎真美

● 「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」監督:金子文紀
   脚本:宮藤官九郎
   出演:岡田准一・櫻井翔・岡田義徳・佐藤隆太・塚本高史

● 「ET」
   監督 スティーヴン・スピルバーグ
   出演 ヘンリー・トーマス ドリュー・バリモア ロバート・マクノートン ディー・ウォレス・ストーン

● 「告白」
   監督 中島哲也
   出演 松たかこ 木村佳乃 岡田将生

● 「サマーウォーズ」
  監督:細田守
  声の出演:神木隆之介・桜庭ななみ・谷村美月・冨司純子

● 「シュアリー・サムデイ」 
   監督 小栗旬
   出演 小出恵介 勝地涼 鈴木亮介 綾野剛 ムロツヨシ 小西真奈美

● 「踊る大捜査線 THE MOVIE3」
   製作 亀山千広
   脚本 君塚良一
   監督 本広克行 
   出演 織田裕二 ・ 深津絵里 ・ 柳葉敏郎 ・ ユースケサンタマリア ・ 小栗旬 ・ 伊藤淳史 

● 「悪人」  
   監督 李 相日
   出演 妻夫木聡 深津絵里 岡田将生 満島ひかり 柄本明 樹木希林

● 「大奥」  2回目  
   監督 金子文紀
   出演 二宮和也 柴崎コウ 玉木宏 堀北真希 佐々木蔵之介 大倉忠義 阿部サダヲ 中村蒼

● 「食べて、祈って、恋をして」 
   監督 ライアン・マーフィー 
   出演 ジュリア・ロバーツ

● 「SP 野望篇」 
   監督    波多野貴文
   原案・脚本 金城一紀
   出演    岡田准一・堤真一・真木ようこ・香川照之・松尾諭・神尾佑




















                                                                                                                                                                                  
     




2011.01.30 / Top↑
昨日の「嵐にしやがれ」諸事情ににより、朝みたのでさらっと感想。
まあ、ジュニアさんの話術は普通に面白かったし、さすがこれで食べているだけあって上手いなあって思ってみてましたが・・・・、
何か今回は嵐くん達に、「ガンバレ~!!」って心の中でちょっとドキドキ応援していて、
それでやっぱりこの子達「やればできる子達!!」(スミマセン、上から目線で 上からというよりどちらかというと母の心境 笑)ってちょっと誇らしくなっちゃった回でした。

だってね、今回のやることって結構それなりにハードル高いことばっかりだったと思うんです。

30秒トークは 相葉ちゃんと翔ちゃんが挑戦!
時間内にまとめをやるのも難しいというか、慣れが必要だと思うけれど、起承転結のある話は難しいものね
翔ちゃんがきっちり30秒内に納めてちゃんと笑える話だったのは、もうさすが!
(私も、今度うちわに、「私もなで肩!!」って書こうかな・・・実際スゴイなで肩です)
でもね、相葉ちゃん残念みたいな流れになっていたけど、たぶん5秒くらいの誤差だよね・・

それにこの時の「おもしろくなくてもOK」のカンペのくだり。
ここですかさずのニノの「これもってやりましょう」というナイスアシスト
ニノが地味にチョコチョコいれてくれるいろんな合いの手ってバラエティでいいんだよね。

潤くんのVTRをみてその話を伝えるっていう話も上手だった。
数字もいれながらちゃんと話をかいつまんでいて、普通にこの人の頭の中ってちゃんと整理されてるんだなって思ったもの。
誰にふるのかで、これを潤くんにふってくれたのは大正解だって思った。

ニノのちょっと哀しい話も上手かったけど、ちゃんとオチのある話がすぐでてくるところがスゴイよね

本題とは全然違うんだけど・・・、今回潤くんがVTRをみている横でヘッドホンで音楽をきいている4人。
翔くんがヘッドホンを押さえて、足をひろげてちょっと後ろにそりながらメチャメチャのりながら聞いていて。
その揺れながら聞いている様子に表情も含め目がすいよせられちゃった。
(あの横で、ずっと眺めてたいわ~  )
ってすっかり、頭の中でデート設定のイメージが膨らんでくんですが・・・朝からあまりに妄想がイタすぎるので、ここで終了・・

つづきに、昨日のこと

... 続きを読む
2011.01.30 / Top↑
2010年に読んだ本のレビューです。
2010年に読んだ本は、23冊、上下に分かれているものをカウントしても25冊。

どんどん減少傾向にあり、うーんもう少し読みたいけれど・・・。

昨年前半は、息子の影響もあって、伊坂幸太郎さん3冊くらい読みました。
後半は、いろいろなブログで紹介されていたのを参考に読んでみたものが結構あって、初めて読む作家さんのものも多かったです。(みなさんがお墨付きだったものは、はずれがほとんどなかったかも)


● 「いけちゃんとぼく」 西原理恵子 角川書店
● 「エイジ」 重松清 新潮文庫
● 「聖女の救済」 東野圭吾 文藝春秋
● 「ガリレオの苦悩」 東野圭吾 文藝春秋
● 「重力ピエロ」 伊坂幸太郎 新潮社
● 「トキオ」 東野圭吾 講談社 
● 「ラッシュライフ」 伊坂幸太郎 新潮文庫
● 「グロテスク」 上下 桐野夏生 文春文庫
● 「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎 新潮社
● 「知らないと恥をかく世界の大問題」 池上彰  角川SSC新書
● 「1Q84」BOOK3 村上春樹 新潮社
● 「チルドレン」 伊坂幸太郎 講談社文庫
● 「神様のカルテ」 夏川草介  小学館
● 「万寿子さんの庭」 黒野伸一 小学館
● 「東京バンドワゴン」 小路幸也  集英社
● 「勝間さん、努力で幸せになれますか」 勝間和代 香山リカ  朝日新聞出版
● 「日本辺境論」 内田樹 新潮新書
● 「文明の生態史観」 梅棹忠夫 中公文庫
● 「告白」 湊かなえ  双葉社
● 「神様のカルテ2」 夏川草介 小学館
● 「少女」 湊かなえ  ハヤカワ・ミステリーワールド
● 「贖罪」 湊かなえ 東京創元社
● 「悪人」上下 吉田修一 朝日文庫


2009年に読んだ本
2008年に読んだ本






















2011.01.29 / Top↑
今日は、嵐友さんとジャニショに行って、原宿のKDDIデザイニングスタジオに行ってきました。





... 続きを読む
2011.01.28 / Top↑
先週の翔ちゃんのマチュピチュコーデで、ゲストの吉高由里子さん相手に、どうなることかかなり心配だったVIPルーム。

でも今日はマチュピチュで登場するって心の準備ができてたから(笑)オープニングトークも全然面白く見れて、ファラオと通訳(?) 小ネタをすぐにやれる相方ニノとのやまたろ絡みもみれてよかったよ。
ニノと翔ちゃんは同じ方向を向いて、あうんの呼吸でかけあいができる同志?同僚?、一緒の目的に向かってすごくいいタッグが組める相方っていう感じがしていて、そのツーカーな感じが私は大好きです。

吉高さんの嵐への印象。
ニノは「スター」 スタッフからのあだながスターだったって(笑)
そして、あとの4人、何となく結構頷けるところがあったかも
大ちゃんの「一番変態」に関して言えば、「変態」って言葉は悪いけど底知れない感じっていうのはあって、そこがすごく魅力だと思う。すごく懐が深そうな感じがするし、自然体にみえていろんなポケットを持っていそうな感じがするもの。吉高さんも、実は一番好きだと思うけれどなあ。

吉高さん面白かったわ~。
吉高さん、「ちょっと気持ち悪い人が好き」っていうことで、
紙くずを鼻息でとばすのも、それぞれ個性が表われていて面白かった。

なんでなんでマン企画も面白かった。
オンエアは潤くんとリーダーでしたが、真面目に答える潤くん、逆切れしつつ「何で」をそっくり返していくリーダー。なんか、すごくキャラがでていて笑った、これ、残り3人のものもみたかったなあ

そして、
家で人をペットで飼いたいという企画
潤くん??だらけだったけど、きみぺの設定ってこれよね。
犬の耳をつけた嵐くん達かわいすぎる。
できれば、翔ちゃんも犬の耳でお願いしたかった。
あんな5人がお部屋にいてくれたら、すごく癒されるわ~(理想だよね)
翔ちゃんの起き上がりこぼしも楽しかった。(なんか、マチュピチュも見なれてきちゃったよ!)

最後お気に入りの嵐は、ニノ!アシストがよくて安心できたと。

吉高さん、もともと好きな方の女優さんで、確かに不思議ちゃんではあるけれど・・・私は結構好きですよ。
先週、大丈夫かと心配だったけれど、全然OKでした。
翔くん、嵐さんも一緒ですがバラエティでのながしバッチリだし。
それにマチュピチュ、ヘッドセットをとれば全然普通だったもの。



そして・・・・・・

マネキンファイブは第2シーズン
今までの、売れ残り札がチャラになって1からのスタート!

翔ちゃんは、まさかのダブルパーカでのリベンジだったけど、今回は柄だったし全然OKだったと思うよ。
(売れ残り回避おめでとう!)

今回のコーデで私的一番はチェリー松本かな(笑)(今回一抜けでしたね、おめでとう!!)
そして、フジモンさんのもニットのパーカはかわいかったと思うし、相葉ちゃんのも良かった。

私的にも、やっぱり一番微妙だったのは庄司さんとリーダーだったかも、
リーダーは自然体の方がいいなあ。
2011.01.28 / Top↑
昨日通しで観ました。
昨日は家にいたから、息子達が帰ってくるまでに見終わりたいって思ってみていて・・
(途中、あのauの話が入ってきて、慌ててオタオタして中断しちゃったけど・・)

続きに、初回 観終わっての感想です。

... 続きを読む
2011.01.27 / Top↑
今さっき、スーパーニュースでとりあえずみましたよ。
(相葉ちゃんの愛の告白と、ドSなニノがすてきだったわ)

もう、今日のお昼頃ひっくり返ったわ
ちらほらカタログも出回っているようで(家の近くのauショップにはまだおいていなかった)
私も、ポスターはみましたが、5人ともめっさ男前でシックな雰囲気のauアンドロイドCM

今日発表会があって、全部で60パターンあると・・・・
そしてauさんギネスに挑戦なんですね。

1つ目は、「24時間以内に、地上波放送にて放送したテレビCM最多バージョン数」。1月27日(木)中に、60パターンの新TV-CMを地上波で一挙に放送します。嵐が出演するいろいろなAndroid™ auのCMが見られる一日になるでしょう。
2つ目のチャレンジは、「1つの有料放送局で、8時間以内に放送した同一商品のテレビCM最多バージョン数」。これまでの最多バージョン数58本の塗り替えを狙って、同日1月27日(木)のスペースシャワーTVにて記録更新に挑みます。スペースシャワーTVで60本のCMを1本残らず放送します。
最後のギネス世界記録への挑戦は、「1つの30分番組内で放送した、同一商品のテレビCMの最多バージョン数」です。この挑戦を、1月30日(日)の日本テレビ系列「Music Lovers」で実行します。ギネス世界記録達成なるか、新CM12本が流れる目が離せない30分になるはずです。

詳しくはこちら →★

そんなの、全パターンみるなんて不可能に近いじゃないと思っているあなた!
webでとりあえず全パターンみれるそうですよ。

スペシャでは、今夜0時から8時間らしい。

うちはとりあえずスペシャがみれるので、とにかくべたどりしようと思っています。

何かCMはもう諦めモードですよ。
3DSも天の声はとりあえず全員分みれたけど、翔くん相葉ちゃんは取れてないし、そもそも1回しかみれてない。
ニノの新しいJCBもみれてない。
ナイーブもきたし、カールロックもあるし、これからまだまだきそうですよね。
まあ、気分的に出会えればいいなくらいの気持ちになっているからなんだけど・・・

とにかく、とりあえず明日はレギュラーまではとれるようにHDDを空けたので、あとはレコちゃんに頑張ってもらいます。
2011.01.26 / Top↑
今回のZEROは、翔くんの石川遼くんへのインタビューもあったし、ニノのインタビューもあったしで絶対に書き残しておきたい(でも、DVDもみたい!!)のでとりあえず、書くこと書いてから心おきなく堪能したいと思います。

翔くん×遼くんのインタビュー

翔くんが、本当にリラックスしていて、キラキラのいい表情だったのが印象的!(遼くんもいい表情してましたね)
そして、最初の紅白話がよかったなあ
なんか、遼くんに会えてテンションあがっている相葉ちゃんも(でも、そのおかげ?全然かまずで完璧だったよね!)
5分前に遼くんのところに声をかけにいく潤くん(さすが、細やかな気遣い!男前!)目に浮かぶようでしたね。

そして、ちょっと衝撃だったのが、今年遼くんが20歳になるということで翔くんのよい子の映像がでてきたこと。
確かに日テレだしね!かわいいのよね~、太陽先生!でもZEROからの突然の太陽先生がかなりのギャップでありました(笑)


大人になることにとまどっている遼くん、普通の同じ年代の人以上にすっかり大人な気がするけれど・・・、
ある意味年若い頃から若干特殊な状況できているから、普通に一般的なできることがきちんとできるようになりたい そんな気持ちもわかる気もするし、なんかこの話を聞いた時、ちょっと宇多田ヒカルさんを思い出しました。
彼女の休業の気持ちにちょっと通じるのかなあなんて思ったりした。

そして、ニノインタビュー。
私、ZEROが面白かったのがPG-12という年齢制限のある映画に出た意味という切り口で聞いていたこと。
私が目にした限りでは、特にテレビのプロモーションでこういう切り口できいているものってなかったので。

情報ではなく、自分自身で感じてほしいというニノ。
冬のニオイを感じられるニノはステキだなあって思ったし、
死ぬっていうことを「エグイ」とか「グロイ」っていう言葉だけで片付けてほしくないって考えている。
映画を通してそこから何かを感じてほしい、そしてこれによって話をするきっかけにしてほしいって考えているんですね。
ニノがこういう比較的社会的なことをストレートにわかりやすく話す機会ってなかなかないと思うので、すごく新鮮でしたし、ニノ自身のGANTZへの思い入れの深さを感じるように思いました。

もちろん、「何だかんだゼロファミリーだと思ってますから」っていうニノに、にやって笑う小窓の翔くん
(っていうか、一生懸命表情をおさえて真面目な顔しようとしているんだけど、ところどころにやってしてるよね)がみれてよかったよ、
そして、インタビューが終わったところで、「年齢制限のある映画であっても、それが親子の話のツールになるなら、僕1秒もでてないですけど嬉しいですね」ってわがことのように話す翔ちゃんがみれたことも嬉しかった。


昨日の番宣ひととおり。
ロスでの映像は何度もみれてよかった!

意外に番宣で気にいっているのが夜中にやっている10分弱の番宣番組
ニノと松ちゃんが、GANTZ部屋で、ぐだぐだしゃべっているんだけど、ニノのリードぶりも、二人の空気感もとってもいい感じで好きです。
公開まで毎日あるんですよね。楽しみ!

GANTZ早くみたいなあ。



2011.01.26 / Top↑
今日本当は、ケーキを買おう!って思っていたんですが、うちの近くの私が好きなケーキ屋さんが2軒ともお休みというミラクル(まあ、確かに片方は火曜定休なことをすっかり忘れていましたが、もう一方は年中無休なお店なのに・・・・お近くのかなり評判のよいフレンチのスイーツとパンの部門が独立してお店をだしていて、パンもとってもおいしい!)

他のところに行こうかなとも思いましたが、週終わりに嵐友さんにお会いするので、絶対その時遅ればせでお祝いしたくなっちゃうよねと思ったので、今日はケーキは諦めました。

代わりと言っては何ですが・・・・

夜、焼きリンゴを作って 結構おいしくできたのでアップしちゃおうかなって(*^_^*)



この間、テレビでとってもおいしそうな焼きリンゴを見てから、息子に作ってくれってすごくうるさくリクエストされていて、こんな丸ごとの焼きリンゴを作るのは10年以上ぶりかもしれない。
スライスして、バターで焼いてシナモンシュガーふりかけたりとか、そういう簡易版はよくやるんですが、丸ごとってオーブン使わなきゃならないし結構時間がかかるから、簡単なんだけどなかなか億劫でやらなくて。

これで、翔くんのお祝いはあんまりなので、週終わりにおいしいケーキでお祝いしたいなあ。

そう・・・DVDフラゲできました。
密林さんがちゃんとフラゲ日に届けてくれるものなのか心配だったんですが、無事入手!

急ぎの仕事もあったし、子どもも学校から帰ってきたので、ゆっくり見ようっていう状態じゃなかったんですが・・・どうしても見たくて・・・・
ムビオン、TABOO、レミダン、アクセントダンスだけみちゃった。
もう正座ですよ。身じろぎもしないで見入っちゃった。
もう、よかった~のひと言 ありがとう、嵐!・・・・周りに家族がいない時に、1人でじっくり楽しみたいと思います。ホントに良かったとしか言えないんだけど、幸せがたくさん詰まった1本です。

そして、大ちゃんのナイーブCM(大ちゃん、単独ですね!ひょっとして・・・ボディソープ使っているところとかやっちゃったりします? 妄想)
とかCM関係はいろいろ新しい動きがたくさんあるようで、全然ついていけてないですが・・・

あとから、ZERO(翔くんの遼くんインタビューも、ニノのインタビューもどちらも良かった!)と
昨日のニノごとについては別にアップしたいと思っています。
2011.01.25 / Top↑
櫻井翔さん、29歳のお誕生日おめでとうございます!!

翔くんにドハマリしだしてから・・約2年
5コイチ嵐が好きな時期が翔くん一番の前にしばらくの間あって・・・・・基本5人とも、そして5人で嵐だから好きなのは今でも変わらない。
でも、この2年、翔くん一番の座はゆるがないわ(*^_^*)

翔くんの魅力はgapです。
ZEROの爽やかで知性にあふれていて、社会的な問題にも真っ向から向き合おうとする翔さんと、
Attack it!の歌詞みたいに「外野の言葉はシカトする!」って言ってペロって舌を出して笑っているようなそんな翔ちゃんと
もちろん、バラエティでみせるヘタレ翔ちゃんもね。
そういうものが櫻井翔の中にちゃーんと共存しているところが好き!

最近ね、ヘタレとZERO仕様とになってしまって、翔くん本来が持っていたちょっと尖ったブラックな部分を押し殺していないか心配でした。
でも、たぶん以前よりそういう部分の見せ方、表現の仕方が洗練されてきたのかもしれないって思います。
アイドルでありながら、ZEROで真摯に役割を果たそうと努力しているのも、実はすごく闘っている部分で、尖った気持ちの今の時点での表現方法なのかなって思うし、
一方でTABOOを、歌詞の内容や見せ方も含めてソロでやってくれるそういう姿をみせてくれるところにも、黒翔も健在なことが感じられる。

本当は、翔くんの作るrapのソロ曲たまには新作が聞きたいなあとか、ラジオなんかのもうちょっと肩の力を抜ける場面で発信してくれる場があったらいいなとか思うけれど・・・・、

今はきっと、翔くん自身のベクトルがそっちには向いていないんだろうなって思っています。

20代って、本当にいろいろな経験を積んで自分の中にいろんなひきだしを作っていく時期だと思う。
今目の前にある仕事にひとつひとつ真摯に取り組んでいる翔くんが、5年後10年後にさらにステキな男性になっていくことを、ずっとずっと見守っていけたらいいなって思っています。

実り多い29歳になることを、応援しています!

そして、最後に言わせて・・・

だ~い好き(*^_^*)
2011.01.25 / Top↑
「嵐にしやがれ」 松ケンくんゲストでとっても楽しかったけれど、ちょっとてタイミングを逸しちゃったので、ちょこっと感想のみ。

今年1本目のロケだったんですね。
福岡のMCで言っていたお年玉話、ここで初披露だったんですね。

松ケンくんが出てきた時の、ニノの様子がよかったなあ。
GANTZまつりの昨今、ニノと松ケンくんがすごくお互いに認め合っているだけでなく、何かこの2人気が合いそうだなあ、いい出会いになったんだろうなっていうのが随所に感じられるのでニノの表情が何か見ていて嬉しかったわ。

松ケンくんは、すごく素朴な雰囲気が出ていていい感じだった。

でも、何と言っても
しょうじゅ~ん、
味噌バターカレーラーメンの時のくだり、潤くん何がやりたかったの(笑)

そしてオリジナルTシャツ
智くんの「超絶MJって!!」

未知との遭遇しやがれは、潤くんで、女形芸者の松乃家栄太朗さん。
潤くんこれはすごくうれしい企画だろうなあって思った。
七之助さんの影響とかもあるだろうし、和の世界に興味あるよね。
そして、着物を誂える潤くん。
あの紺の反物が一番ステキ、似合いそうと思っていたらそれをチョイスしてくれて嬉しかった。
そして、似合うよね。
あのサイヤ人ヘアが和服姿にすごくマッチしていて美しかった。

できれば、ああいう粋な和服姿(浴衣や、羽織はかまもいいけれど、こういう粋な大人な和服姿)、五人そろいでみてみたい!!


この週末はニノ祭りだし相葉ちゃんのバーテンダー番宣もあった。

「どうぶつえん」のニノ。
カンガルーの名前は翔子ちゃん。
途中「翔ちゃん」ってよびかけているそこだけでもなんかにニヤニヤがとまらなかったわ。
相葉.comもスタジオで楽しそうだった。

サンデーNEXTの毒光対談
相変わらずのカードさばきの手の美しさにうっとりでした。

夜中にやっていた「俳優の集まるレストラン」
貫地谷さんと2人ででていて、番宣映像もたくさんあった。
2月だからまだまだって思っていたけれど、来週の金曜日ですね。
とっても楽しみです。

嵐ではないけれど、「僕らの時代」が蜷川さん×東山さん×斗真くんでこれも面白かったんですよね。
ミシマダブル、1つだけですが見に行く予定なのでこれはできれば、別立てで書きたいと思います。







2011.01.24 / Top↑
ジョニー・デップ表紙のCut、「2011年を動かすのは彼らだ!」の巻頭特集
ジョニデ、エマ・ワトソンに続いて、翔くんが取り上げあられています。グラビア8ページ、テキスト3ページ全部で12ページにわたる特集(題字が1ページ)

さらに、嵐絡みでは、GANTZの佐藤信介監督のインタビューがのっています。

ちょっと、別だけど神カルの深川栄洋監督、公開作が控えているのでそちらで登場
「洋菓子店コアンドル」で蒼井優ちゃんとの対談

個人的には今「フェイスブック」がとってもみたいので、デビット・フィンチャー監督のインタビューがたくさんのっていたのもお買い得!出演のアンドリュー・ガーフィールドくんもね。

Cut (カット) 2011年 02月号 [雑誌]Cut (カット) 2011年 02月号 [雑誌]
(2011/01/19)
不明

商品詳細を見る


Cutは、裏切らないわ~。
まずビジュがホントにど真ん中なので、もうそれだけでお買い上げ。
翔くんの、$誌仕様の爽やかでかわいい感じも、優等生なハンサム顔ももちろん悪くはない(いえ、むしろ好き  笑)ではあるけれど、もう少しラフな雰囲気で、等身大な男っぽさを感じさせるものが好き。
そして、Cutの写真といえば、ヤッターマンの頃「ロードムービー企画」の写真がすごく好きです。(その時の記事はこちら →★

Cut (カット) 2009年 04月号 [雑誌]Cut (カット) 2009年 04月号 [雑誌]
(2009/03/19)
不明

商品詳細を見る


今回のものだと、まず30ページ、Sho Sakuraiの題字の横の写真、41ページ(翔くんの特集の中の最後のページ)の鏡越しに見ている写真、どちらもちょっと潤んだような目をしていて、前髪を無造作に下した感じもいい。
この2枚は、絶品だわ。
さらには、ベッドに寄りかかって横を向いている見開きの写真(32,33ページ)もいい。
今回の衣装、こういうカジュアル似合うと思うしね(バーバルさんおすすめの、翔んでいるのよりこちらを押したい!!) サスペンダーが革っていうのもいいなあ。ああいうざっくりした質感のシャツもね。

ってホントにきりがないのでこのへんで。

そして、テキスト
テキストについては、さらに長いので続きに 




... 続きを読む
2011.01.23 / Top↑
「タル★タル ソース♪♪」にアクセスいただきありがとうございます。

また、コメントや拍手をいただきありがとうございます。
いつもはげみにさせていただいております。
また拍手コメをいただくことも多く、こちらも嬉しいかぎりです。

一応、コメント欄にいただいたものについては、非公開希望のものも含めてお返事させていただいております。
拍手コメについては、非公開設定のため、基本お返事なしとのことをサイドバーに書かせていただいております。ですが、考えたらこの部分携帯からご覧になる方は見れないんですよね。
お返事ご希望の方はできれば、コメント欄からお願いできればと思います。
(このあたり、携帯からご覧になっても大丈夫なようにちょっと考えていきたいとは思っております)

拍手コメはいろいろつっこんだ情報を書いてくださる方もあり教えていただけることも多いのですが、たまに無記名の方もいらっしゃいます。
もしもさしつかえなければイニシャルでもいれていただけると、より親しみを感じられて嬉しいかなと思いますのでお願いいたします。

そして、昨日いただいた拍手コメで、「何でタルタルソースなんですか?」と尋ねられて・・・・
個々のお返事はしていないんですが、これはきっと不思議と思っていらっしゃる方もいるかと思いまして、
あらためて書いてみようかと思います。

自分ではすっかり慣れてしまっているので何とも思っていなかったのですが・・、
そりゃあ、初めていらっしゃったりしたら、お料理ブログでもないのに・・何で?って思いますよね(笑)

え~と、タルタルソースが好物なわけではございません(笑) 別に嫌いじゃないけれど・・・

最初は、HNを「タルタル」としたことからはじまったんですが・・・・、
これは、私の小さい時のあだ名の変形です。(そのまんまではないけれど)
なので、私的にはあまり違和感のない呼び名なんですよね。

で、最初は全然違うタイトルをつけていたこのブログの名前を変えたいなと思った時に、このHNを見た他のブロガーさんに「タルタルソース」から??って言われたことがきっかけですね。

もしよければ、ブログタイトルを変えた時の記事をごらんになってくださいませ。 → ★

お料理関係の検索でひっかかっては申し訳ないので、★をいれたり♪をつけたりしてみたんですが、こういうのって効果あるんでしょうかね・・・

今では自分的には違和感なく、アラシゴトもエンタメごともイメージできない名前であるけれど、気にいっております。
というわけで、皆様にも「変な名前」ということで憶えやすくご愛顧いただければ嬉しいなと思っております。
2011.01.22 / Top↑
昨日、20日だっていうのにすっかりオトノハ更新だっていうことを忘れていた私 (*_*;
”うらあらし”に気をとられていたのよって、どういう言い訳?

朝、「やだ~、見忘れてるじゃない」って思って、あわててチェック





... 続きを読む
2011.01.21 / Top↑
うらあらし 今回のツアー最後の更新でしたね。
最後、まだ更新されないなって思っていたけれど・・・5人がそれぞれのドームのことを語ってくれて・・
ありがとう!
ニノが大ちゃんのケーキをみせてくれたのも嬉しかった。(あの日が甦ってきた!)

本当にいいツアーだったよね。ありがとう!(*^_^*)
私も、楽しかった。参加したものはもちろん、参加していないものも、いろんな方のレポ読ませてもらって脳内再生していました。

今年も、コンサート楽しみにしています。
参加できるといいなあって祈っている。




では、気持ちを切り替えて今日の嵐ちゃんを続きに




... 続きを読む
2011.01.21 / Top↑
「時計仕掛けのオレンジ」 今回2回分チケットをとっていて、今日2回目に行ってきました。

  

う~ん、前回は演出の河原さんにぶんぶん振り回されて終わった感じがしていて・・・

1回目の感想は こちら → ★

そして、今回はあらすじも理解して、パンフの中身も一通り読んで予習した状態で臨んで・・・。

1回目と2回目が私にとってどちらが良かったか疑問だなあ
(何か、前回から文句ばっかりいっているようで、すみません)

前回は、先が見えない中でどこに連れて行かれるのかわからない不安感と、内容の過激さ落ち着きの悪さっていうものがあって、居心地悪くなりながらも何か目が離せない感があった気がするんだけど。

今回は展開がわかっちゃている中では、過激な描写の数々を割合スルッと見流しちゃった感じがある。

席が、両日とも2階席でほぼ似たような場所だったっていうこともあって、見え方がほとんど一緒っていうのも大きいかな。
片方が後でもいいから1階席だったら、視野の開け方がまた全然違っていたかも。

でも、今回落ち着いて見れたこともあって、音楽はよかったなあって改めて思いました。
舞台上に2階を設けてそこでバンドが演奏しているんだけど、ずっとおなかに響く、気持ちの良い音を聞かせてくれていた気がする。(曲は全部オリジナルで作ったそうです 音楽監督は内橋和久さん)

そして、歌も前回の時よりも落ち着いて聞けて、武田さんがよかったのはもちろんだけど、小栗くんのソロ部分そこそこさまになっていて頑張って練習したんだろうなあって思った(スミマセン、上からで)

今回のこの「時計仕掛けのオレンジ」については、色んな意味で振り回されて終わった気がする。

2011.01.20 / Top↑
今日は、まったくのワタクシゴトです。
... 続きを読む
2011.01.19 / Top↑
冬クールのドラマがはじまりだしました。
(バーテンダーはまだだけど・・・)
とりあえず、ざっと見たので1回目をみての今後の視聴予定を。


「CONTROL 犯罪心理捜査」火9 フジ
まあ、これはとりあえず視聴決定!(まだ、#2はみれてません。あとから録画みます)
私的には、藤木さん&横山くんがでているということで第一関門突破なくらいではありますが。
ストーリーも私はおもしろく見れました。まあ、何かいろんなところで見たことがあるような感じは否めないけれどね。
まず、藤木さんのチョイ変人役は大好き(ホタルのぶちょおとか・・。基本、変な人臭のある役柄の方が。若い頃のラブレボリューションとかは文句なくかっこよかったけれど)
その上横山くんが、ぜんぜんふざけてなくて(あたりまえ?)普通にステキな感じでそれだけでよいよ。


「美しい隣人」火10 フジ
「何か怖い」、っていうか女性の登場人物に好きだと思えるのキャラがいないので、なんか別にいいやっていう気持ちになった。
仲間さんのシリアスタッチの現代劇もあまり得意じゃないしなあ。
たぶん、仲間さんがあの水死しちゃった子の母親?なのかなあ、そして多分理不尽(?)な憎悪につながっているんだろうな(理不尽かはわからないけど・・)と思うけれど、行く末が気にならないと言えばうそになるが・・・
何か、あの檀さんにしろ、仲間さんにしろのああいうキャラを見続けていることがちょっとしんどいので(私はね)脱落決定。


「美咲ナンバーワン」水10 日テレ
まあ、ごくせんですね。スタッフも一緒なんですよね。
そして、美咲のあの問題解決、ごくせん以上にありえないよねって思うけれど、何も考えずに流して見れそう。
キスマイの藤ヶ谷くん、顔だけみると全然好みではないんだけれど(ちょっとお水っぽい感じ?)、動いて喋っているところは、何か惹きつけられて見てしまう。この子が回を重ねるごとにどんなふうになっていくのかを見守りたいような気持!?(役としての変化もそうだけれど、藤ヶ谷くん自身がどう成長して行くのか)
北山くんの方はまだ硬すぎて、そこまではそそられませんが・・・。
三国先生@田中圭さんは、好きな俳優さんなので、こっちがいいかも。
そして、香里奈さんの足の美しさをみているだけで楽しいかも(きれいなものはきれいだし・・)
藤ヶ谷くんチェックみたいな気持でみてしまう気がします。
挿入歌?にキスマイの曲使っているんですよね(力、入れてもらっているなあって思いました)


「外交官・黒田康作」木10 フジ
これは、期待以上に見ごたえがあって視聴決定
織田裕二さんが残念ながら私にとっては見る時のプラスポイントにならないし、(別に特にマイナスにもならないが)映画のアマルフィもまあまあだったので、正直どうしようかと思っていました。
でも、ごひいきの香川さんはでてるし柴崎コウさんだしと思ってとりあえず初回はみようと思ってみたら大正解。
これは、結構楽しみです。


「デカワンコ」土9 TBS
手越くん、かっこよかったよ。きれいだったしね。
そして、多部ちゃんは好きな方ではあるけれど、うーん続くかなあ自分の中でちょっと疑問。
某ドラマのオマージュ的な部分が結構ツボな人にはツボだろうと思うんですが、私自身がもろその世代でありながら、はまってみていたわけでないのでちょっとふーんっていう感じでとらえています。
全然ドラマと関係ない話ではあるけれど、主演ではないとはいえ手越くんでていているので挿入歌でもNEWSがテゴマスでタイアップつかないのかなあとちらっと思いました。
(それを言ったら、CONTROLの横山くんで関ジャニのタイアップついてないものね、っていうか夏クールで錦戸くんがJOKERにでていた時もついてなかったものね)
嵐さん達は、昔から比較的タイアップがついていて、恵まれているんだなって思いました。


「冬のサクラ」日9 TBS
なんか、結構苦手なんじゃないだろうかっていう感じがしていて、でもとりあえず剛くんだし、任侠ヘルパーも「僕生き」のシリーズも結局みてしまって涙してしまう私なので、第1回めはみました。
案の定、おかあさんとの場面は涙・・
でも、おかあさん死んじゃったし今後どうだろう・・
とりあえずは見てみるつもりでいます。

「スクール」日9 フジ
実はこれ、みている最中なんですよね。時間なくて途中で放置されている。
でも、予想よりも面白そうかも。
見続けるか、まだ未知数だけど。


そして、月9は何となく今回パス。
三浦春馬くんも戸田恵梨香ちゃんも、2人とも好きだけど・・・・、何となくテーマをみているうちにめんどくさくなっちゃって(これって、オハサン?)録画しなかった。
面白かったのかなあ?

そして、はやく「バーテンダー」はじまらないかなあって、首を長くして待ってます。
2011.01.19 / Top↑
午後、地元の嵐友ちゃん達と嵐会をしてまいりました。

もともと、ママ友繋がりの友達なのでこのメンバーで嵐会する時は誰かのお家でDVDを見たりが多かったんですが、お互いの都合と家に子どもがいない時間帯を組み合わせるのが難しくて。
(子どもが中高生で、それもそれぞれ2人とか3人とかいると、誰かしらテスト中だったり、たまたま部活がないとかで結構早い時間に帰ってくることもあって、彼らの時間がなかなか読めない)

それで、DVDがみれるカラオケというのもあるそうなので、一度そういうところにトライしてみようということで行ってきました。
便利でよかったわ~。子どものこと気にしなくていいし、歌も歌えるしで3時間だったけどすご~い密度の濃い3時間(笑)
お互いに持ち寄ったDVDみて、ライブの嵐くん達にテンションがあがってキャーキャー言って、途中ケーキがなくてハニトーだったけれど、翔くんのお誕生日の前祝いもして(ついでに、私も今月誕生日なので、合わせて祝ってもらい)
あっという間に時間になりそうで、でも残り30分、歌も歌おうってことになってメドレー中心に私の勝手な選曲でガンガン入れて、でも嵐曲だから全員で気持ちよく歌えて・・

喋って、歌って、目の保養をして、おいしかったしね。
何かギュッとした嵐会になりました。



実際にはこの前に翔くんのミニうちわをかざって、気持ちだけだけど、お祝い!
あと、1週間ね!


そして、続きにには・・・超くだらない私の夢の話。






... 続きを読む
2011.01.18 / Top↑
コンが昨日終了して、今日の生翔。
元気そうだったね。何か、シュッとしまっている感じがする。茶髪で柔らかい感じで、今日もビジュ絶好調でした。
紺スーツに赤紫のネクタイもステキでした。

そして、今日は阪神大震災があった日。
私自身は被災したわけではないけれど、このことがきっかけになって私達の意識の中でいろいろなことが大きく動いた気がします。
そもそもでいえば、あんなに建物や高速道路とか人間の作るものがあんなに壊れてしまうっていうことも衝撃だったし、人の結びつく力に対する信頼とかボランティア的なものに対する見方も大きく変わった気がします。

翔くんの震災ドラマは、去年でしたね。

そして、今日のイチメンは名古屋市での住民登場の告示の話でした。

その後には宮里藍ちゃんのインタビュー後編

何かね、嵐ちゃんを見た後だから、藍ちゃんに対しての印象もちょっと違ってきているかも(笑)

でも、柔らかい話題の時はともかく、ゴルフの話ではやっぱりスゴイなあって思うこと多々。

昨シーズンの活躍を経て「自分がナンバー1の選手として足りているかなあ」と思い始めたという藍ちゃん。
今までは、「ああなったらいいな」という理想できているけれど、NO1になってどうあるべきか深く考えすぎた面もありプレッシャーになりうまくいかなくなったこともあると。

この話をきいている時の翔くんの表情をみていて、この言葉を本当に自分のこととして受け止めて反応できるのは翔くんだよねって思いました。
プレッシャーでうまくいかなくなったとは思わないけれど、1位になったところでどうしたらいいのかっていう気持ちは嵐さんに共通だと思うから。

そして、マイケルジョーダンの言葉「限界と恐怖心は幻覚だから」という言葉に影響を受けたという藍ちゃん、あれだけのスーパースターも恐怖心をもったり限界を感じたりしてきたんだと思ったとのこと。

何で頑張ってこれたのか?挑戦することが楽しかったから

そう考える藍ちゃんは、やっぱりスゴイなあって思います。

そして、翔くん改めてインタビュー上手だよね。

一つには、相手に対してちゃんと下調べをした上でしっかり相手の言葉ききながら、話のキャッチボールをしている点がいいインタビューにつながっていると思うんですが、それと同時に翔くん自身がトップに立つような経験をしたりしているということが、道を究めた人とのインタビューでより相手に対して寄り添える部分が大きいのかなあって思います。

芥川賞、直木賞の発表
芥川賞受賞の朝吹真理子さん。
朝吹三吉さんのお孫さんなんですね。
朝吹登美子さんは大叔母さん。
学生の頃、サガンにはまっていたり、ボーボワールをちょっとパラパラめくっていたりしていたことがあったんで、(お二人は仏文学者で翻訳をなさっています)なんか、すごく懐かしいお名前でした。
あと、直木賞の道尾秀介さん
私は読んでいないんですが、次男がこのところ「この人の面白い」っていくつか読んでいたので、彼は大興奮でした。今度の日曜日に情熱大陸があるそうで、そのこと教えたら予約してたわ。
(木村くんのドラマ「月の恋人」の原作者の方ですね)

そして、ゴールデングローブ賞は、「ソーシャルネットワーク」が作品賞を含む4冠!
見に行きたいと思っていたものなので、期待値上がってます!

何か、今日はいろいろもりだくさんのZEROでした。
終わった後、ニノの3DSの新しいのが入っていてそれも捕獲できてラッキー!


そして・・・・、今日のことをちょっぴり

昨日でツアー終了しましたね。
昨日から今日、ツイやらメールやらそして今日はブログにアップしてくださっているコンレポを午前中ちょっと読んでいて、本当にスタッフやファンからのお礼の言葉もあり、最後はStill...でしめ、いいコンサートだったんだなあと感じていました。
そしてね、私自身はもう東京で終わりで名古屋、福岡は行った方の話をきく(読む)だけだから、若干ひいた精神状態ではあったわけですが、でもいろいろなレポを読ませてもらって(みなさん、ありがとうございます)
なんか、ちょっと終わった?喪失感なのかなあ、今日はボーっとした気分だった。

東京ドームの時、孤独を感じることもあると言っていた翔くんは、一連のツアーを通じてみんなの気持ちをたくさんチャージできたんだろうか。

でも、ZEROで生翔に会えたことで、何か私の方でもちょっと切り替えられるような気持ちになった。
2011.01.18 / Top↑
新年初の本のレビューです。

この本、たぶんいつも読ませていただいているブロガーさんのところで知ったんだと思うんですが、図書館にリクエストしたのが余りに前すぎて、どなたのところでみたのかがわからなくなっちゃった。

ちょっと忘れていた頃にやってきたこの本、読んでみてとっても良くて気にいって、この本の存在を私に教えてくださった方、感謝です。

四十九日のレシピ四十九日のレシピ
(2010/02/16)
伊吹有喜

商品詳細を見る


● 「四十九日のレシピ」 伊吹有喜  ポプラ社

今日、移動の電車の中でずっと読んでいたんですが、途中何度か涙がこぼれそうになって、思わず上をむいてしばらく目を乾かしていた(笑)
うちに帰って人目を気にせずよくなったら、もう歯止めがきかなくなっちゃった。

乙美さんが死んで、あとに夫の熱田さんと継子の百合子が残されて、熱田さんは乙美さんがなくなって抜け殻状態になっちゃって、百合子は夫の浮気から実家に戻り、ボロボロになった2人のもとに現れた乙美さんゆかりのイモさんとハルさんの助けを借りて、乙美さんの49日にむけての日々の中で乙美さんの残した「暮らしのレシピ」によって残された家族がもう一度前を向いて歩きだせるようになるまでを描いた物語です。
(なんか、この私の要約はちょっと違う気もするけれど・・・)

いろいろ心に残る部分は多かったのですが、乙美さんの昔からの友達である聡美さんが、自分と乙美さんをテイク・オフ・ボード(跳び箱の踏切板)に例える場面があって「みんな誰かの踏切板になって、次の世代を飛ばしていく」 私自身は、もっと若い頃はこういう内容を観念的にとらえていた部分があったように思うんですが、なんか今となっては実感として心に沁みます。

そして、物語のとてもキーとなっていく「暮らしのレシピ」 乙美さんが得意のイラスト(それも、継子の百合子と熱田さんがモデルで描かれている)を織り交ぜながら描いているもので、何かすごくステキな感じなんですよね。

これね、ドラマか映画化したらすごくいいだろうなあって思っていたら・・・・
ドラマ化されるんですね。
2月15日から、NHKで火10時~ 4回シリーズ


キャストに風吹ジュンさん、和久井映見さん、伊東四朗さんとあったから、この方達が乙美、百合子、熱田さんでしょうか。
百合子が和久井さんだとしたら、イメージピッタリだなって思います。

これは、絶対に見なきゃと思っています。
そして、きっと暮らしのレシピがビジュアルで見れるのかなあと思うんですが、キャスト以上にこのイラストがどんなふうに描かれるのか気になります。
2011.01.17 / Top↑
8月からはじまった10-11ツアーも今日の福岡でオーラスですね。
心配されていた福岡のお天気、大丈夫みたいですね。
今、まさにやっている最中なのよね。
昨日入った友達からメールをもらったり、ツイやブログでパラパラみさせてもらって・・・・・、
入りたかったなあ~。でも、とりあえずは、26日発売のDVDを首を長くして待ちたいと思います。

それでは、昨日のジュンスタイル。



... 続きを読む
2011.01.16 / Top↑
バーテンダー大作戦の最後で、ドラマ「バーテンダー」の主題歌「Lotus」のPVが初公開になりました。

白い衣装の5人、踊ってるPVですよ~ \(^o^)/
かっこいい~っていうか、すごくキレイ 曲調はマイナーな感じの大人な雰囲気の曲!?

福岡で、きっとお披露目ありますね!
行かれる皆さん、いいなあ。
目と耳に焼き付けてきてくださいね!

そして、このニューシングル「Lotus」 2月23日発売です。

初回盤は、タイトル未定のもう1曲(旅立ちの季節”春”にふさわしい決意表明SONGだそうな)
それにPVのDVDつき

通常盤は このタイトル未定曲に加え、「Boom Boom」というファンキーなナンバーが加わり、3曲のオリジナルカラオケつき。

現時点(1/15 1時20分)、新星堂でもう予約可です。 → 新星堂HP

アマゾン、セブンネット、楽天等は今のところまだのよう。
追加情報があったら、またアップしますね。

<追記1>
楽天ブックス 予約開始 →★


<追記2>

1/16 11時 Amazon予約受付はじまってます。
(今回,Amazonは遅かったですね)

Lotus【初回限定盤】(CD+DVD) [Single, CD+DVD, Limited Edition]
嵐 (アーティスト) | 形式: CD
価格: ¥ 1,470 通常配送無料 詳細
「予約商品の価格保証」対象商品。


Lotus [Maxi]
嵐 (アーティスト) | 形式: CD
価格: ¥ 1,200 通常配送無料 詳細
ポイント: 60pt (5%) 詳細はこちら
「予約商品の価格保証」対象商品。










2011.01.16 / Top↑
今日のゲストはリアルアニキ、東山紀之さん。

リアルアニキと嵐、全部まるごとよかったんですが・・・・・

... 続きを読む
2011.01.16 / Top↑
今年のレギュラー1本めは、嵐ちゃん。

レギュラー始まってくれてうれしいよ~ \(^o^)/

今日は、宮里藍さんのVIPルームとランキングダービーでした。

... 続きを読む
2011.01.14 / Top↑
赤坂ACTシアターに「時計仕掛けのオレンジ」をみにいってきました。

本題の前に、赤坂サカスのイルミネーションもきれいだったので、アップしてみました。



この真ん中の部分をアップにするとこんな感じ。
イルミネーションもいろんなパターンがありますよね。
とってもきれいでした。




というわけで、本題。
小栗旬くん主演パンクオペラ 「時計仕掛けのオレンジ」




● 「時計仕掛けのオレンジ」
  at      赤坂ACTシアター     
  原作・台本   アンソニー・バージェス
  上演台本・演出 河原雅彦
  出演      小栗旬・橋本さとし・武田真治」・高良健吾・吉田剛太郎


以下、感想ですが若干ネタバレありです。

これから、見に行かれる方ご注意くださいませ。


 
... 続きを読む
2011.01.13 / Top↑
怪物くんが3D映画化!!!!!

手伸び~る!大野「怪物くん」3D映画化

 嵐の大野智(30)主演で昨年4月期に放送された日本テレビ系連続ドラマ「怪物くん」が年内公開をめざし、3Dで映画化されることが12日、分かった。単独では映画初主演となる大野は「今回の目玉は3D! 迫力満点の映画化に僕も期待しています」と胸を高鳴らせている。昨年末の紅白歌合戦でNHKにまで乗り込んだ怪物くんが、今度は銀幕に進出だ。
(サンスポ)

→ オリコン

怪物くん、3Dで映画化なんですね。
ズームで、大ちゃん+おとも3人のインタビューもやってました。

監督は中村義洋さん。(ゴールデンスランバーとか、伊坂幸太郎さんの本とすごく相性の良い監督さんという印象が私はあります)
脚本はドラマシリーズの征史さんによるオリジナルストーリー
松兄、濱田龍臣くん初め、ドラマシリーズのキャラクターも総出演
海外ロケもあり(ズームでは、ドラマにヒントあり!ということでカレーが大写し。バードさんがインド!って言っちゃってましたが 笑)
来年のお正月映画として公開だそうです。

意味のない3D映画はやめてほしいと思っている私だけど(疲れるし・・・) 大ちゃんの怪物くんなら大歓迎!!
(できることなら、怪物くん姿でなく飛び出してくださる方が・・・・爆)

楽しみ!

今年は、GANTZ2本、神カル、そして怪物くんと嵐映画が続きますね。

2011.01.13 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。