上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
もう、2月も終わり(あっという間に、もう2月も終わる 汗)
今日は冷たい雨です。

Enjoy更新されています。
なんか、潤くんとっても楽しそうだなあ。
プライベートも充実している様子が目に浮かぶようでほっこり気分になりました。
Mステ話ものっていました。
金曜日のMステ、桑田さんを囲んで出演者の温かな和やかな空気感が伝わってくるオンエアでしたけど、エンジョイからもその様子が感じられます。

そうそう、桑田さんがラジオで、このMステについて話していたということで、いつも読ませていただいているブログで内容が紹介されていました。
桑田さんの楽屋を嵐も含め出演者みんなで訪ねたそうで、嵐から「Lotus」もプレゼントさせていただいたようです。
桑田さんが、嵐のことも含め後輩アーティスト達をかわいがってくださる空気感が伝わってきました。
よかったら、読んでみてくださいね。潤担さんのkazumieさんのブログ
ミュージックステーションを語る…@桑田さんのラジオ(2011/2/26)



ということで、本題のMステ。
今回は、桑田佳祐さんが病気復帰後初のMステ。そして嵐の他にはあとはゆずとaikoの計4組。

桑田さん、本当にお元気になってよかった。
紅白の時はかなりやつれたなっていう印象がどうしてもあったんですが、かなり復調されている様子を見れて本当に嬉しいです。

そして、今回のMステ
冒頭の桑田さんにお花渡すところから始まって・・・
 この時の潤くんのチュッ!!よかったね。後ろから押していた相葉ちゃんGJだった。
 桑田さんも、ちゃんとほっぺ差し出していたものね(笑) 
 し終わって、ホントに大丈夫だったのものか戸惑いつつ照れている潤くんがメチャメチャかわいかったよ。
番組を通じて後輩たちの先輩に対する敬愛の念が感じられる回でとってもみていて気持ちがよかった。
特に桑田さんのトークのところ。
入院当時のことを、桑田さんが淡々と語っていらして・・・アルバム制作中だった検査入院の時とか、気を紛らわすために歌詞を考えたりなさっていたとか、でもCTを受ける時にはさすがに歌詞を考えようとしても考えられなかったりという話もあって。本当に大変だったんだろうなあって、その淡々とした語り口だからこそより伝わってくるものがあるように思います。
そしてその話をきいているゆず、aiko、嵐さん達の表情もね。
特に嵐は位置の関係で翔ちゃんとニノが抜かれていることが多かったんですが、翔ちゃんは桑田さんの背中を見つめながら話を聞きいっていて、ニノはモニターをみながら真剣に聞いていた。

桑田さんの新曲、どっちもいい曲だった。「銀河の星屑」はドラマに使われているから耳馴染みがあることもあるけれど、バイオリンを生かしたアレンジがすごく好きな感じ。
「月光の聖者達」はしみじみいい曲だった。

ということで、なかなか「Lotus」まで行きつかなかったけれど、ようやく「Lotus」
今回は5人そろいのちょっとバーテンダーを意識したシャツ・ネクタイ・黒パンツ・モノトーンが柄のベストです。
相葉ちゃんはドラマ中だからビジュアル上がっていることはもちろんなんだけど、髪を切っている今のニノの髪型がすごく好みなのよね。
そして踊りながらちょっと乱れて前髪が額にパラパラ掛かってきてるところが・・・よすぎる (*^。^*)!!
ニノにね、こういう男っぽくてちょっと憂いを感じさせるような表情をされると、もうどうにでもしちゃって!っていう気分になる(って、どうにもならないけどね 笑)
もともとニノのダンスってすごく好きで。
ニノって手の使い方とか胸のそらせ方とか結構特徴的だと思うんだけどそういう「ニノっぽい」踊り方も好きです。
そして、今回「ストーリーはじまる」で横向きで上を見上げるフリの時の横顔が中でも絶品でございます!

今回翔ちゃんについては普通に見守っておりました。
「夢のように・・・」のところで、PVで絶品だったあの上を向くような動作は今回なかったのよね(ちょっと残念)

「Lotus」の振付、ちょっと今までにない感じで、まあ好みは結構賛否両論あるようですけれど・・・、
これ結構難しいよねって思って見ています。私は好きですよ。
結構練習も必要だし、5人そろって合わせる練習も必要だよね。
折角、練習したんだから、これ1回でなくてもう少しテレビで見れる機会があると嬉しいけれど・・・(まあ、無理なのよね・・)
今年のコンサートの踊る部分はこの曲中心に構成されるのかなあ。
どんなふうになるのか楽しみ・・・



スポンサーサイト
2011.02.28 / Top↑
テレビの感想って、私は日がたつほどに書くモチベーションが落ちていくのでできれば翌日くらいのうちに書きたいと思っているんですが、まあそううまくはいかない。
ということで、木曜日の嵐ちゃんのことです。(書きかけのまま放置してあった 汗)

VIPルームのゲストは、長谷川潤さん。
メチャメチャ脚長いし、きれいよね~。お顔ももちろんだけど、脚がとってもきれい!

個々の嵐メンについて、あまりご存じなかったという長谷川さんに嵐のそれぞれが英語でやった自己紹介。英語になっても(まあ、英語まじりになってもというべきか 笑)それぞれのキャラがとってもでている「らしい」自己紹介でした。

そして、恋人からは、電話・メールは毎日ほしい長谷川さん。電話の終わりには「愛している」って言って欲しい!英語で軽く「Love you!」って言って欲しいんですって。

翔ちゃん「エッ、愛してるって電話切らなきゃいけないの? Oh、my Godだよ!」
って(笑) この「信じられねーよ」っていう感じのいい方がまた好きなんだけど (*^_^*)

そして、実践編
相葉ちゃんのちょっと照れながらの「Love you」 
(この表情がカワイイ~♪ ニノに「恥ずかしいんでしょ!」ってつっこまれて「ちょっと恥ずかしかった」って(^^♪ このにのあいも好き~)
そして、松嶋さんに笑いながらふられて次はニノ。
日本語で「潤ちゃん、愛してるよ」 これをさらっと言ってのけるあたり、さすがニノミヤカズナリだ!

そして、最後ふられた翔ちゃん 苦笑いしてたけど「詰め込んでみようかな」って

「潤ちゃん、愛してるよ~、・・・・Sweet dreams,Baby・・・・I Love you,Sweetie」

ひきだしたくさんあるなあ。とばしてるなあ (笑)

そっぽむいて照れてるのを必死で押さえながら、低めの声で喋る姿に、萌え~(*^_^*)
や~ん、翔ちゃんの低めのささやくような声、メチャ好物・・・

潤ちゃんは、メチャメチャわらってたけど「気持ちわる~い」
Sweet dreams, Babyはかっこつけすぎだって(爆)

あんなに、頑張ったのにね(爆爆)

いや~、よいものみせていただきましたわ!


そして、後半はマリオネット嵐

このコーナーって、何が面白いって芸人さんのところに行って演技指導受ける時のリアクションとか、他メンが演じている時の残り4人のリアクションとかが面白いよね。できれば小窓で残り4人の様子をずっと抜いておいてほしいくらい。
今回は、「最高のキスシーン」がテーマで。
まあ、いっくら嵐くん達がやったとしても、あり得ないよね(笑)っていうものもあれば、ちょっとキュンな感じもあったりするけれど・・・
本人達もかなり恥ずかしそうだけど、見ている方も恥ずかしくなってしまうものもありです。
そして、あのシチュエーションをあの芸人さんが考えたんだと思うとチョイきもいかもと思うものも。

でも・・・ニノミヤさんに、グッとひきよせられてチューしてって思った嵐ファンはたくさんいるよね(笑)

私は・・・、
翔ちゃんの学ラン姿に、もう大満足でした。

絶対学ラン似合うよね、まだまだ高校生役いけるんじゃない!?
これまで、クイズショウの回想シーンは学ランだったけど、やまたろも天近も高校生役のドラマは何かブレザーの印象が強くって。

でも、翔ちゃんは絶対学ランがいい!!
(中高は、実際学ランだったわけだしね)

どなたか、高校時代の回想シーンがたっぷり入ったドラマをオファーしてくださいませんか。
さすがに、高校生設定の群像劇的なものはちょっとあり得ないかなあって思うので。
そして、ヤンキーは不可です!
(この学ランみたい設定では、ピカンチのチュウはだめ!)
爽やか系でもいいけれど、若かりし頃の中村雅俊さんイメージの昭和が入ったバンカラ系でも。
昭和の匂いが漂う翔ちゃん、結構いいと思うんだけどな・・・。

もう暴走しすぎて、嵐ちゃんにはもどれなくなってきたので(苦笑) とりあえずこのへんで終わります。
2011.02.27 / Top↑
今日のゲストは、キングカズこと三浦知良さん。

嵐さん達はもろにカズの世代ですよね。
もう、みんな嬉しそうで、中でも翔ちゃんの嬉しそうなこと。
憧れだよね、カズさんは

目の中でお星さまが光ってるくらいキラッキラでカズさんをみつめる翔ちゃんをみていて、もうそれだけですごく幸せ~な気持ちになれました (*^_^*)

その上今日の翔ちゃんの髪型、いいよ~、あの前髪。あんな前髪を待っていたわ!!
全体の長さは短めで、前髪が重すぎず目にかかるくらいな感じで!

他の4人もみんな髪型含めビジュ好調!
特に今のニノの髪も大好き。このくらい軽い感じを維持してね。


サッカーをやるところ、今日の翔ちゃんできる子でしたね!!!
そして2人組みでリフティングをやるところ、
翔ちゃん、カズさんと組んでやっていて、さすが経験者だったんだけど
もうカズとやれてうれしくて仕方ない翔ちゃんの笑顔が、ホントに嬉しそうで、あ~私も幸せだわ(何度言うんだ 笑)


そして、カズさんがコーディネートしたイタリアンなコーディネート。
リーダーが 「パーティ」
相葉ちゃんが 「夜遊び」
翔ちゃんが 「ビジネス」
ニノが 「オフ」
潤くんが 「デート」
といったテーマでのコーデだったんですが、みんな素敵だった。
リーダー、カズさんも言っていたけどあのスタイルを下品だったりチャラくならずにきこなせるのはサスガです
相葉ちゃんは、かっこよかったね~ もうその言葉しかでてこない
ニノのコーデはあのマフラー好きだなあ。オシャレでしたね。
潤くん、あのピンクをチャーミングに着こなせるのはさすが松本潤!
そして末ズでの
潤「きみもきてますよ」(多分ね・・・ちょっと違う?)
和「イヤ~、アナタ様も」
なやりとりに、ニヤリ
そして翔くん、まんまであさってのZEROお願いしたいんですけど。
でもホントいうとね、翔くんが「ビジネス」スタイルが似合うのは、もう充分わかっているから、ちょっと別パターンを見てみたい感じはあった。

「未知との遭遇しやがれ」は相葉ちゃんで ニットデザイナーの広瀬光治さん
嵐ファンはみんな、「ピカダブ~!」って叫んでたよね(笑)
ピカダブ見た時、広瀬さんをちょっとモデルとしてる なーんて思っていたから、今回初対面なのが不思議なくらいだった。

相葉ちゃんの指あみマフラーよかった。
ああいう変わり毛糸でざくざく編むのは楽しいよね。
編み物なんて、久しくやってないなあ。
変わった毛糸でザクザク編むパターンならひさびさにやってみたいなあなんて思いました。

来週は、柳葉敏郎さん



2011.02.27 / Top↑
バーテンダー 第4話です。


... 続きを読む
2011.02.26 / Top↑
「毎日かあさん」みてきました。

仕事終わりでまにあうかどうか心配だったんだけど、ギリで間に合いました。
(おかげで、サービス料金でみれたし、このタイミングを逃すと次にいつ行けるかわからなかったので)
なんか、直前まで連絡の電話があったりして本編ぎりぎりに滑り込んだので、なんかはじめ映画の世界に切り替えられるかなあってちょっと心配だったんですが、そんな心配は無用でした。
ほろほろ涙がとまらなくて、でも笑っちゃう場面もたくさんあって、たっぷり楽しんでこれました。


● 「毎日かあさん」
  監督 小林聖太郎
  原作 西原理恵子
  出演 小泉今日子・永瀬正敏・矢部光祐・小西舞優・庄司照枝・古田新太

公式HP


まず、ブンジとフミの子ども2人がとってもよかった。
特にブンジ、いいんだなあ。アホな男の子な感じがすごくでていて。
でも、そのブンジがお話がすすむにつれ、ちょっとだけお兄さんになっていく。
「おとしゃんに会いたい」っていう妹にそんなことお母さんにいったらだめだと、自分が何とかしようとビニールプールを持ち出して川を下って父のいる療養所に行こうとしたり、
療養所から戻ってきた父を迎え入れた母に「ケンカやめたの?長いけんかだったね」って言ったり。
最後、亡くなったカモシダを前に茫然と泣く母への兄妹が態度。子どもがいてくれるって、君たちは私の子でいてくれてありがとう!ホントにそういう気持ちになるよねっていう場面でした。

サイバラさん役の小泉今日子さんもよかったです。
もちろん、一気に減量して病気の時の役に臨んだ永瀬さんも。

サイバラさんはね、カモシダさんのこと好きだったんだなあって思う。
そして、すごく全部を引き受ける度量の広さがすごいなあ

カモシダさんは、アル中から抜け出せなくてホントにダメダメなんだけど・・・でもある意味、戦場ってそうなっちゃうくらい大変な極限の場所なんでしょうね。(それを考えると、戦場カメラマンの渡部さんはスゴイよね。精神的にタフなんだろうなあって思う。)

結構、ママ友達がいい感じででてきて、河川敷でレジャーシートひきながら、親は飲みながら喋っていて子どもはドロドロになって遊んでいて。
子どもの幼稚園くらいまでを思い出してなんか懐かしくて涙が出そうな感じだった。
親子でそんな楽しい時間をたくさん過ごしたなあって、まず最初に目が熱くなったのがその場面でしたから(笑)


2011.02.25 / Top↑
巷で評判の今週の週ジョン

そうそう、潤くんのペンケースばなしばのっているあれです!

前のオリスタにものっていたんでしたっけ?
もうどこで読んだのかよくわからなくなっていますが、潤くんが翔ちゃんの誕生日プレゼントにあげて、その場で入れ替えたっていうペンケース (笑)

これを読んだときは「翔ちゃんさすが男前!!」って思った。
すぐに入れ替えて使い始めてくれるなんて一番嬉しよね! 松本さんの嬉しそ~な顔がマンマ、目に浮かぶようです(は~と)

で、今回の週ジョンで、大ちゃんも「あれ、かわいいよ」って言っているペンケース。
是非是非 公開していただきたいもので。
J-WEBで写真も解禁になっていることですし・・・。
今度のenjoyかオトノハで公開するってどうでしょう?(笑)

でね、どこかの雑誌で是非みせてもらいたいのが、髪の毛セットする前の潤くん!!
メンバーの萌えなところっていうことで
翔「髪の毛セットする前は超かわいいよ」
智「前髪おろすと昔のマツジュンっぽい」
雅「前髪をおろしたときかな」
と3人からお墨付きの潤くんのセット前写真ぜひぜひよろしくお願いします。

面白いなあって思ったのは、
「いっぱい自分がいたら何をする?」って質問
翔「いっぱい働いてほしい。その間、僕は旅行に行くから・・・・」
智「仕事をするヤツと、絵を描くヤツと、ずっと釣りをするヤツの3人。オレは釣りをするヤツになる」
と言ってるお兄ちゃんに比べて
潤「旅行! どの大陸にも自分を派遣して、世界をみてきてもらう。日本にいる自分は・・・今と変わらず 仕事する自分も欲しいからバリバリ仕事してもらう」

ホントの自分は、残って仕事するっていうところが潤くん!
でも、実は「いっぱいやりたいこと」でニノも仕事って言っていて。
末っ子2人ホントにお仕事大好きね(笑)

そして、最後にメンバーのセクシーなところで
「翔くんの首の青筋」をあげてくれた相葉ちゃんに1票! (笑)
翔ちゃんのちょっとあごをあげて首のラインをみせて筋張った感じ。
相葉ちゃ~ん、一緒だね(笑)

まもなく嵐ちゃん、楽しみ!!


2011.02.24 / Top↑
今日のマチネで、東山くん、斗真くんのミシマダブルの「わが友ヒットラー」をみてきました。

● ミシマダブル「わが友ヒットラー」
  at  Bunkamura シアターコクーン
  作  三島由紀夫
  演出 蜷川幸雄
  出演 東山紀之(レーム) 生田斗真(ヒトラー) 木場勝巳(シュトラッサー) 平幹次郎(クルップ)

すごく面白いお芝居だったんですが、追記に書きますが私にとってちょっと事件があったため、平常心でみれませんでした。
(できたら、もう一度行きたいとも思ったけれど、立見席しかもうないようなので・・)

以下感想含め、ネタバレなので追記に





... 続きを読む
2011.02.23 / Top↑
今日発売のシングル「Lotus」
昨日、フラゲしてきました。

今回、メイキングがついていなかったから、ちょっと残念かなあなんて思っていましたが。

いやあ、PVよかったから、十分満足してます。
(贅沢に慣れ過ぎてはいけない 笑)

昨日夕方買ってきて、曲はすぐウォークマンに入れ家事のお供に、PVもリピの嵐で。

以下、感想です。

ネタバレしてます。 ご注意くださいませ。




... 続きを読む
2011.02.23 / Top↑
何か、少ししぼってきていますか?

前髪があって、ZEROでも好きな感じの髪型キープでとっても嬉しい。

元気そうだけど、普段すごく肌が白く抜けるようで血色もよかったりするので、若干今日はくすみがち?

まあ、ライティングの問題でしょう。きっとね。

そんなちょっとした顔色の様子までいろいろ言われたんじゃ迷惑だろうな(って、その迷惑をやっている人)

ブルーのストライプのネクタイもステキだし、今日のイチメン話題は今日来日のレンタルパンダの話題だし、全体に、にこやかでした。

ゼロファミリーの楽天星野監督のインタビュー(byラルフさん)もあって、スタジオから絡む翔くん。
星野さんにも翔くん呼びされていたけれど、和やかな雰囲気でした。

パンダについては、まあ最近は動物園に行く機会も少ないんだけど、みれたらいいなあ。

カルチャーで直木賞受賞の道尾秀介さんのインタビューやっていました。
私は読んだことないんだけど、次男が道尾さんにはまっていて・・先日やっていた情熱大陸もみました。
(面白そうだから、読んでみたいけどなかなか手がまわりきらない)

今日は、今回の受賞作の「月と蟹」がはじめて取材をして書いた作品だっていう話をしていて、なぜ今まで取材をしなかったかというと、見ちゃうと書きすぎてしまうから。
そしてデビューから16作書いてようやく書くこと、書かないことの取捨ができるようになってきたので取材をするようになったとのこと。
言葉はできるだけ簡潔にできる方がいいと。

翔くんは、言葉に関していろいろこだわりや思うことも多いと思うので、こういう道尾さんの話をきいてどんなふうに感じるのかなあって思いました。


2011.02.22 / Top↑
今日の午後、地元友達と嵐会をしてきたんですが・・・。
通常地元の嵐会メンバーは私を入れて3人、
今日はそこに新メンバーが加わりました。

実は先日子どもの幼稚園ママでの飲み会の時、Mさんが実は嵐ファンだったということが判明!
っていいうより、Mさんが私たちが嵐ファンだったという事実を知ったという感じ!?(まあ、同じことなんだけどね、お互い知らなかったから)

Mさんはね、魔王くらいの頃から大ちゃんファンで嵐ファンで、
でも今まで周りの人に「嵐いいよね?」って言っても「そうね」くらいの返事は返ってきても、ファンクラブに入っていたり当然のことコンサートに行くような人はいなかったとのこと。

だから先日の飲み会の時、
「エッ、コンサートに行ったことあるの?ファンクラブに入ってるの?」
ってすごい驚かれて、こっちの方がびっくりしたよ。お願い、そこまで驚かないで (笑)
「全然、そんなこと言ってなかったじゃない」
卒園してから10年くらい・・私は年に1.2度くらいは彼女と別メンバー(嵐友以外)でランチしていたんですが・・・。だってそこは嵐と言っても特に反応のないメンバーだし、そんなことあえて言わないよ~。言わなかったじゃないって言われても・・・・(汗)
私だって、Mさんが嵐好きだなんて知らなかったし。

もう、まわりで嵐について喋れる機会がなかったから、すぐにでも嵐会したいって翌日メンバー全員に電話かかってきたんだけど、仕事だなんだでなかなか合う日がなくて・・・2週間ほどしての今日を迎えました。
(この気持ちはわかるよ~、嵐について語れる相手を見つける喜びって!私は、地元の嵐友ちゃんが先行していて彼女からいろんなものを借りながらはまっていった面も大きいので、喋れる相手は当初からいたんだけど。ネットをやりはじめて語れる相手がどんどん拡がっていく楽しさってすごくあるもの)

彼女は今まで本当に周囲に嵐についての情報を得る相手がいなかったし、ネットも全くやらないこともあって、今まで見ていたものは、テレビのレギュラーとDVDを何本か・・あとCDとか・・・、あといわゆる世間話の中ででる嵐情報(でも、意外にそういうところに引っかかってくる情報ってあるんだなあって思った)
大ちゃんがすごく好きだっていうのは、ビンビン伝わってくるんだけど、私とあと元祖のニノ担の子が喋るたびにかなりびっくりされているのがよくわかる。
見るかなって思って、ライフと相葉ちゃんananとお正月頃の嵐特集のオリスタ持っていって、ニノ担の子は大担だからと思ってフリースタイルとか私が貸してほしいと頼んでいたガンツのパーフェクトブックをもってきていたんだけど・・・、
「すごい!こんなに買っているのね~」って。
いえいえ、大きな声では言えませんが、この1、2月だけでも、もっと買っちゃってます(汗)だいぶセーブしてますけど・・・。
私も、最初の頃は、こんなに買えないよねって思ったこともあったなあ (とお~い目)

なんか、通常の付き合いだった相手が嵐ファンだった時のアラシゴトに対する距離の測り方にいつもとまどう。
相手のはまり方によっても、なんかドン引きされないようにって、多少世間体(笑)を気にする気持ちが残っているからか。
なんか、これだけ浸かっているって思うと(多分、浸かっているよね?・・・って誰に確認?)
普通の人がほほえましく思える感覚(ドン引きされないレベルともいうかも・・)なんて、もはやよくわからなくなってきているので、逆に普通の人とのカル~イ嵐話っていうのができなくなってきているのよね。

まあ、はなしは元に戻して今日の嵐会、Mちゃんの前で若干とばしすぎたかなあ、ひいていないかなあってちょっと心配しております。

そうそう、何が面白かったって、同じものみてもホントにツボって違うのよね~。
この間のMラバのSPとか、嵐ちゃんの話がでたんだけど、お互いそんなこと思いもしなかったっていうようなこともあって、同じ嵐ファンといっても見方はいろいろだよね~って改めて思った次第です。

さて次回彼女と会う時に、嵐へのはまり具合がどうなっているものか・・・ちょっと楽しみに思ってます(笑)


2011.02.21 / Top↑
オトノハ更新されています。



... 続きを読む
2011.02.21 / Top↑
もうかなり今さらな感じですけれど・・・・、
木曜のVS嵐 対戦相手はパパママチーム、そしてプラスワンゲストは濱田龍臣くん。

嵐+龍臣くん、かわいかったし、楽しかった!
そして、もうゲームの行方はこの際どうでもいい(そう言いきっちゃっていいのか 笑)

龍臣くんを真ん中においての嵐くん達のそれぞれのお兄ちゃんっぷりが堪能できました。

まあ、まずは怪物くんでのリアルアニキな大ちゃん。

他の人がゲームをやっている最中、龍臣くん大ちゃんの隣で、手つないでいたよね (*^_^*)
10歳ってことは、小3!?大人たちばっかりの現場に慣れているとはいえ、バラエティでのゲストなんてそうそうないよね。きっと、心の中で結構緊張してハイテンションにがんばっていたんだろうなあ。大ちゃんと手つないで、安心した気分になれたよね。
それに、最後ローリングコインタワーで大ちゃんが倒しちゃって、みんなからつっこまれて大ちゃんがゴメンって土下座して謝って・・・まあ、大人にしたらふつうにバラエティののりなんだけど、自分に謝られた龍臣くんがびっくりして大ちゃんに泣きながら抱きついているのもかわいかった。

龍臣くん自身が、ホントに大ちゃんのことが大好きで大好きでたまらない感じが伝わってきた。

そして、大ちゃんは自然体だよね。
オープニングで?
「体育は得意?」ってきく進行役の翔ちゃん
ちょっと口ごもりぎみに「はい・・・・」な龍臣くん
「ぜって~うそだ。だって走り方がブサイク」って、マネしてみせる大ちゃん。
たつおみくん、ちょっと怒ってたけどね(笑)

クリフクライムで、サポーターの怪物くんコンビ
末ズに、「うではのびるんですか?」
とつっこまれ
きっぱり「のびません」な大ちゃん。
「ヒロシと一緒だとのびるんじゃないんですか」って言われたら
龍臣くんに「お前帰れ」だって(笑)

なんかね、龍臣くんが子どもだからとかそういうこと関係なしに、自然にそういうツッコミができちゃうというか、できる関係性が築けるのが大野さんよね~。
でも、そんな大ちゃんが、ローリングコインタワーではじめからずらしていきたいと言う龍臣くんに、「最初はちゃんとやろうよ・・」って妙に大人な意見を素で言いはじめたところがなんか面白かった(笑)
いずれにせよ龍臣くんのこと、すごく可愛がっていることは伝わってきました。

翔ちゃんは、ハムカツくんのくだりがやっぱり印象的。
デュアルカーリングで
翔「カワイイあだ名あるんですよ」
ってふったものの
「かわいくないですよ」とあまりふれてほしくなさげな龍臣くん。
みんなから「ききたーい」って言われて困っちゃって。
そこで
「よけいなこと言ってごめんね」って素でちょっとまずかったねって言う感じで謝る櫻井さん。
相手を子ども扱いしすぎず、そんな言葉が自然に出てくる翔ちゃんステキだなあって思います。

そして同じハムカツの流れで、三船美佳さんが自分の娘へのメッセージの中で安易にハムカツのくだりを使って龍臣くんが凹んで涙目な感じになっていた時、一生懸命なぐさめるにのあいのお兄ちゃんっぷりにもキュンでした。
流れてきたツイにあったのが、カットされていた部分で泣いちゃっている龍臣くんを一度カーリング台からおろしてなぐさめていたとか・・・
相葉ちゃんの、顔をくしゃくしゃさせながら「泣くな、泣くな」って笑わせようとしているところ。
優しいなあって思うし、こういう対し方って、絶対男の子のパパっていう感じだよねなーんて思っていました。

ニノもね、龍臣くんに終始よりそっていて優しかった。
そもそも、オープニングのところから、迎えに行ってずっと肩をだいていて、なんか安心するんだろうなあ。
っていうか、やっぱりニノはスキンシップ王者だわ。

潤くんはね、ベタベタした感じはないけど、喋る時に視線の位置を合わせる感じがあって、そういうところが潤くんっぽいなあって思いました。

最後のMDAも含め、すごくほっこり気分でみれた。
関係の深い子役の子でも、女の子でなくて男の子だったところが(そして、龍臣くんが変にすれ過ぎてなくてでもちゃんと一員として頑張っていて)、嵐くん達のステキなお兄ちゃんぷりがひきだされていい回だったわ~。
2011.02.20 / Top↑
あの~、今日の感想は「松本エンブレム潤」にはじまり「松本エンブレム潤」に終わる といっても過言ではないかも (笑)

あのエンブレム潤は、なぜあのボンネットから動かない!?(爆)本当に車と一体化しているくらい馴染んでいた(笑)
そして、くどく相手に翔くんを選んだ北川さん
女の子役の翔子さんのかわいいこと。

でもね、スタッフさん
あの時北川さん&翔くんのアップの映像ずっとで、潤くんの様子をずっと小窓で抜いといてほしかったなあ。
(でなければ3人でずっとうつしてほしかった)
翔子さんが告白されている時の潤くん、ずっと通しで見たかったよ。
そして、ついでに残り4人の様子も通しで抜いといてほしかったなあ。
ニノが岩沢さんと一緒にメチャメチャわらっていた。

そしてもう一言!! 翔子さんのあのかわいい表情、予告で使いすぎ!!


初心にもどって・・

最初の7人で「夏色」のセッションも楽しかったね (^^♪ 豪華!
あれを仕切る北川さんさすがな感じ。
サンバホッスルの翔くん、かなり苦しそうだったけど(笑) 頑張ってたね

うわさ話で・・・

小栗くんに引き続き、お尻ばなし。
アラサーの爽やか男子達のお尻ばなし・・なんか爽やか

で、翔くんのこだわりというかフェチが手のひらの肉球?(笑 知らなかった) 柔らかい方が好きだって!
この中だったら、誰が好きですかっていうことで6人が手を差し出すんですけど。
翔くんそもそも北川さんとニノと大ちゃんしか触ってないよね。
いや、多分嵐メンの手は充分すぎるほど知っているはずなので(笑)
北川さんの手が好みのタイプだってどこでチェックしていたの・・・。
(だって、岩沢さんの手みた?)
好みの手は北川さん(北川さんの手もクリームパンみたなの?)


ドライぶらりシステム
横浜ステキなところ多いですよね。
私は、なんかちょっと遠出気分なおしゃれなデートコースなイメージ強いです。
学生の頃の印象ですかね。(随分、遠い昔のはなし・・)

抹茶白玉カフェもおいしそうだった。
また、Put your Hands up!もみれたしね(笑)

中華街
おかゆは、私も行ったことあります。美味しいお店で昔から有名。
おそばと水餃子もおいしそうだった。
水餃子食べた~い
中華街いきたくなっちゃった。

いえここはおいしそうなこともあるんですけれど、
おかゆも刀削麺をおでこを突き合わせて食べるにのあいが~ (*^_^*)
おかゆ食べてる時の山の二人のアイコンタクト(うまいって横をむいて視線をかわす翔くん、あれ相手は確実に智くんよね)
そして、もりつけられる刀削麺をみながら「超うまそうなんですけど」っていう翔くんが横にいるニノと視線を交わす空気感が好き!

おいしい試食シーンだったわ (*^_^*)


今日の「未知との遭遇しやがれ」は、翔くんで、相手は編集者の松岡正剛さん
「10分で本を読む方法を伝授」っていう企画でした。
これ、ガチで翔くんうれしい企画だったよね。
っていうかまさに翔くんのための企画っていう感じ。
資料もたくさん読まなきゃならないことが多いだろうし。

それに丸善は何度か行ったことあるけど、「松丸本舗」っていうのは行ったことない。
ちょっと面白そうなので、行ってみたいなあって思いました。

来週は、三浦カズさん



2011.02.20 / Top↑
バーテンダー第3話です。

... 続きを読む
2011.02.19 / Top↑
まったくのワタクシゴトです。(アラシゴト要素ございません)
... 続きを読む
2011.02.18 / Top↑
皆さまごらんになりました?
昨日発売のTVライフ そうそうアラシさん5人がスーツ姿で表紙で笑っているアレですよ

オトナアラシっていうテーマの中のピンナップごらんになりました?

いえいえ、決してTVライフのまわしものではないんですけれど・・・・

でもこの際まわし者と思われてもいいです。超絶かっこいいんですけど・・
特のソロショットのアップ、家族の前or人前でみるのは超危険。
だって思わず口が半開きになってにやけてそうだし(よだれたらしてないか・・・なんともしまりのない口元だし顔になっていそうで・・)

これ、こんなアップで・・・・カメラマンさんは男性ですね。
ファインダーごしでもこんなにアップでみてしまったら、ドキドキがとまらなそう。
あ~でも、ファインダーごしにみてみたいかも、でもこんなアップでなんてこっちが恥ずかしくなってしまってムリだ~。(イッタイ どっち!)
やっぱり、ダメだわ。こんな翔ちゃんにみつみられたら・・・・(*^_^*)

そのうえ、折り方によって、山、翔潤、末ズ、にのあいとツーショットが楽しめて
フフフ・・・・(すみません、壊れてきてるので ほっておいてやってくださいませ)





翔ちゃんへ

あの~、ラインストーンのついたかわいらしいオリジナルTシャツって・・・・・(絶句)それ何!!?いったい・・・なぜまた突然・・
それを周りの友達に配っているって・・・それって主に20代男子に配っているっていう解釈でよろしいんでしょうか・・・
う~ん、まあ何も申しませんので一度何かの機会に着て見せていただければ(笑)

そして、湯船につかる時はあの耳までどっぷりつかるスタイルっていうことですよね (笑)


そして、相葉ちゃん、
メンバーみんなが、相葉ちゃんの家さがしについてくるところを、想像しちゃったよ
お家見学ツアーのツアー団長は翔ちゃん エイブルの旗もって、ひととおりのお勧めポイントを相葉ちゃんにいろいろ説明してあげる。
潤くんは、マイペースで収納スペースとか水廻りの使い勝手とかチェックしながら、いろいろきづいたポイントをその都度報告してくれそう。
大宮のふたりはね、ふたりで相変わらずワチャワチャ遊びながら、ベランダにでて景色ながめたり、なんか面白い仕掛けがあったらそれでずっと遊んでいそう。

そうそう、別記事だけど・・大ちゃん 年間ドラマ大賞おめでとう!!







2011.02.17 / Top↑
今日は、嵐友さんに誘ってもらって、みなとみらいホールであったワレリー・ゲルギエフ指揮のマリインスキー歌劇場管弦楽団&合唱団の「ロシア音楽の夕べ」と題されたコンサートに行ってきました。
(私信:Nちゃん、どうもありがとう)

クラシックのコンサートなんて久しぶり!まあ、もとからそんなにオーケストラに行くことはなかったんですが、最近では、子どもの学校のオケとかその他定演(でも、学生としては上手なんだけどね)に行くくらいだったのでなんかすごく新鮮でした。

その上、私はみなとみらいホールお初!
まだできて10年ちょっとと新しいんですが、すごくきれいでとても雰囲気もいいホールでした。
サントリーホールよりはちょっとこじんまりした感じ?

曲目は

チャイコフスキー :祝典序曲「1812年」
リムスキー=コルサコフ:歌劇「ムラーダ」"貴族たちの更新”
ムソルグスキー:歌劇「ボリス・ゴドゥノフ」”戴冠式の場”
ボロディン:歌劇「イーゴリ公」”コンチャーク汗のアリア~だったん人の踊り”
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番ニ短調op.47

歌劇からの曲は、もちろん合唱つきです。


この曲目の並びって、私はほとんどお初な感じのものだったんですが、聞いてみると実はメジャーな曲で部分部分知っているメロディもあったりしました。
そもそも、私のクラッシックとの接点ってバロックとピアノ曲チョロチョロと学校の音楽鑑賞できくレベルとすごく限定的なので。

まあ、そういう私がきかせていただいて・・・、

どれも生は迫力があってよかったのですが、

自分の予想以上に良かったなあって思ったのが、ショスタコービッチ(今調べたら、これ代表作なんですね。まあ、今まであまり縁なくきたので、知らなかったけれど)
バイオリンが本当によくってききごたえがありました。
曲調もさすがに、20世紀の人だけあって何か現代音楽っぽい感じもあり。
実は単にイメージなんですけれど、ショスタコービッチってもっととっても重たいイメージがあったんですが、予想よりも軽みの感じられる演奏でした(どんだけ、重い感じをイメージしていたかっていうことですが)
これは、他の楽曲についても同じで、イメージよりも軽快さを感じるものが多かった。


ゲルギエフさんは、この方の指揮、独特ですね。
指揮棒をもたず、右指を細かく動かしながら指揮をする、でもその指の動きが本当に繊細で美しかった。

なかなか自分では、券をとって行く機会がないものだったので、本当によいものをきかせてもらったなあと思いました。(再度、感謝!)





2011.02.17 / Top↑
先週、サクラップセレクション作っちゃおうかなと思って以来、ウォークマンで聞く曲は新旧サクラップ曲に偏っております。
いざなう、ハウズ、あらしっくあたりもアルバムとして久々にしっかり聞き直して・・・そういえばこのブログ始める以前のアルバムのことちゃんと書く機会ってなかなかなかったから、そんなことも書きたいなとかツラツラ思ったり。
ハウズ、いざなうあたりも、ひさびさきくとあらためていいなあって思っています。

サクラップセレクションは、ちゃんと聞きなおしちゃうと、みんなそれぞれ好きでセレクションできないじゃないな~んて思ったり・・・、
まあいろいろ聞きながら考えているのが楽しいっていうことなんですけれど・・

ラップついでに、思い出した記事のこと。

まだ、本屋さんにあるかとおもいますが。「月刊TVガイド3月号」名前をかえての創刊号(?)で、嵐もいろいろとりあげてもらっていたし、「ジャニーズ総選挙」企画も面白かった。
嵐以下のデビュー組の面々が、歌が上手い人、踊りが上手な人、演技が上手な人・・・・などいろいろ同じジャニーズ内で選ぶという企画です。

嵐でいえば、歌が上手な人3位と踊りが上手な人1位(タイ)に大ちゃん、演技が上手な人1位にニノ、物知りな人1位に翔くんが入っていたり
また各人の選択傾向もいろいろで眺めているととっても面白かった。
知念くんは、相変わらず大ちゃんおし嵐おしだしね(アリガト)

その中で、すごく印象に残ったし嬉しかったのが、カツンの田中聖くんが歌の上手な人で翔くんをあげてくれていたこと。
「すげーラップ上手いと思う。言葉知っているし。翔くんが俺みたいなラップ出来ても俺が翔くんみたいなラップはできない」
カツンって歌番組で流行った曲を知っているくらい、あとそれぞれドラマにでているのをみるくらいなんであんまりよく知らないんだけど。
でもカツンの中でラップ担当の田中くんがそんなふうに言ってくれるのはすごく嬉しいなあって思った。
(あくまでもイメージだけど、今まで田中くんと翔くんがあまり結び付かなかったし)
これは、ちょっと自分の記憶に書いておきたいなあって思って、すっかりそのままだったから・・・書いておく機会ができてよかった

今日発売のTVライフも表紙が嵐ですよね。
Webの編集長ブログにも、撮影時の嬉しい話がいろいろのっていて楽しませてもらったし、出かけた時にチェックしてこようって思います。
2011.02.16 / Top↑
バレンタインデーの日のゼロです。
(まあ、ニュースとバレンタインは関係ないけどね)

ゼロでもやっていたけれど、東京はメチャメチャ雪ふってます。
時々窓から塊が落ちていくのが見える・・・・。
明日の朝、かなり積ってそうですよね。

今週は、村尾さんがカイロに取材のため、お留守番ですね。
そのためかどうかわからないけど・・・ってまあ前半硬い話題が多いせいもあるけれど、
ニコリともしない(笑)真剣なまなざしな翔くん。

今日はね、なんか色白。
スーツも紺系でネクタイもエンジ系のストライプで、ゼロ仕様だけどビジュ良好

カイロは・・・
何か結構たくさん生きてきてるから、ベルリンの壁崩壊をはじめ、色んな世の中の大きな政治的変化も結構ライブでみてきているわけですが・・・今回はネットですよね。
こういう情報ソースの違いって、すごくドラスティックに変化していて、時代がどんどん転がっていっている感じがします。
それに、お掃除していたじゃない?カイロの方達。
まだ半月も経たないうちにこれだけ落ち着いて、そしてネットで呼びかけられて、ボランティアでこういうことが行われている状況。
こういうことって、すごく今っぽいなあって思います。
(きっと、ある年齢以下だと、すごく普通な感じに受け止めるんだろうなあって思いますが)


そして、今日はなんか日本人が、海外でも軽々と活躍している、それも若くても活躍しているそんなニュースが多かった。

グラミー賞
今回は一気に4人も日本人が受賞 スゴイなあ。
ラリー・カールトンと共演したB'zの松本さん
(うちの次男はもう3.4年来のB'Zファンなんで、大喜びでした)
ジャズピアニストの上原ひろみさん
(スタンリー・クラークバンドに参加しての受賞だったんですね。スタンリー・クラークのベースって一時よく聞いていたしあの感じ気持ちよくて大好きだった。上原ひろみさんは、アッコちゃんとセッションやってたんで、何度か聞いたことありましたが)
ピアニスト内田光子さん
箏奏者 松山夕貴子さん
(この方は存じ上げませんでした)



サッカーの長友選手の活躍 (単に活躍しているだけでなく、チームの中で明るい存在感っていうのがいいよね)

また、ヨーロッパの主要リーグでゴールを決めた最年少記録が更新、現役高校3年生の宮市亮選手
すごいねえ、まだ卒業していないんだものね。
なんか、こういうところに息子の同級生でサッカー頑張っている子達の名前が、そのうち登場したりしてなんて、ちょっとワクワク期待したりして。

そして、今週のイチメンはサッカーで日本人が海外で多く活躍している理由について

今、30人も海外でプレーしているんですね。
それも、8人もドイツ。
ドイツはクラブの健全化を国がすすめていることもあって年俸が低く抑えられているため、日本人選手とかを獲得しやすいんだそうな。

まあ、なんかちょっと一昔前までは、海外それもヨーロッパのクラブでプレーするってかなり特別なことだったけど、すごく幅が広がってきていることだけは確かですね。


ということで、最後は翔くん話題にもどって・・・
サッカー話題のイチメンの時と、石川遼くん&ゆずの献血話題の時は、若干テンポよい快活な感じでしたけど、今日は全体に硬派なイメージの強い翔くんでした。


そうそう、関東だけかもしれませんが、来週からクイズショウが再放送されるらしい。
白い監禁部屋の神山に萌えていたのも、もう2年前なのね・・・(とお~い目)
きっと、みちゃうんだろうなあ。
2011.02.15 / Top↑
日生劇場でやっている 「ゾロ ザ・ミュージカル」みてきました。



● 「ゾロ ザ・ミュージカル」
  at 日生劇場
  演出 クリストファー・レンショウ
  音楽 ジプシー・キングス
  出演 坂本昌行・大塚ちひろ・石井一孝・池田有希子(島田歌穂)・芋洗坂係長(我善導)・上条恒彦
  ( )内はwキャストのもう片方の方達

まあそもそもは、坂本くんは歌もうまいしきっと坂本くんのミュージカルははずれがないかなあって思ったのがきっかけです。
特にV6の中で、坂本くんに強い興味があったわけではないんだけれど(興味だったら、むしろ岡田くん 笑) 
少クラプレミアムの平家派とかでみていて、やっぱり歌うまいなあって思っていたので。

気持ち良かった~!
歌も、フラメンコの踊りも迫力があってスカッとした。
席も、前から1/3くらいのど真ん中の席で、肉眼で顔の表情までよくわかるし全体見渡せるしでとってもいい席でした。
ストーリーも、単純でわかりやすくて・・・でも最後、勧善懲悪的な終わり方なのかと思ったら違っていた。
ある意味とっても後味のいい終わり方だった。

主要キャストでまず、インパクトがあったのは、ジプシーの女イネス役の池田有希子さん。
ダンサーにスペイン人の方とかも結構まじっているんだけど、上背はないけれど、迫力負けしていない。

逆に大塚ちひろさんは、踊り方も初々しい感じ。ジプシーではなく、いかにも勝ち気な普通のお嬢さんぽさがある。
そして芋洗坂係長が、すごくコミカルな感じで楽しかった。

坂本くんのディエゴ/ゾロもかっこよかった。歌も踊りも殺陣もよかった。

でも、踊りで誰に目を奪われたかって、ダンサーの中のフェルナンド・ソラノさん
金髪っぽいサラ髪のダンサーの中ではちょっと若手な感じの方。
フラメンコ、迫力あるし腰のラインがステキ

音楽は、ジプシーキングスで、生ギターでの演奏でそのあたりも聞き心地がとってもよかったです。

すごく、気持ちいいエンターテイメントをみれたそんな印象の舞台でした。








2011.02.14 / Top↑
「ソーシャル・ネットワーク」をみてきました。


● 「ソーシャル・ネットワーク」
  監督 デビッド・フィンチャー
  出演 ジェシー・アイゼンバーグ アンドリュー・ガーフィールド ジャスティン・ティンバーレイク
  
  公式HP 


結構封切りの時からずっと見たいって思っていて、やっと見れたという感じです。

映画としては面白かったんだけど、なんて言ったらいいのかなあ・・・「ふ~ん」っていう感じ。
FB創始者のマーク・ザッカーバーグがFBを立ち上げ大きくしていく過程での、失恋、友情、行き違い、駆け引き等々を彼が起こされた2つの訴訟を通して回顧してみせているんですが。

これだけのものを作り上げる人って、やっぱり普通の回路の人間とは全然違う。
マークは、いわゆる普通の常識と言われるものからはかなり逸脱していて、嫌な奴っぽくもあり、精神的に子どもな感じもする。でも本当に純粋で、自分の興味、欲求に正直に生きているんだ都は感じる。
その、一風変わったところが、世間の意表を突く感じもあるし、その率直さが気持ちいい面も認める。

でもね、すごい人なんだけど・・・ちょっと嫌な奴。

そもそも恋人だったエリカにふられて、悪口を名指しでブログに書いたあげく、ハーバードの女子学生の名簿をハッキングして顔を比べるゲーム「フェイスマッシュ」を立ち上げる・・・そりゃあ、能力はすごいとは思うけど、女子からみたらサイテーな奴よね。
そして途中エリカと再会した時も拒絶されて(まあ、それが彼にとってのFBを拡げていくための原動力になっていくわけだけど)
最後ラストで、FB上に登録しているエリカに対して友達申請しても拒否されて(あの場面、そういうことですよね?私の勘違いでなければ)

数少ない友達で、一緒にFBを立ち上げたエドュワルドとも途中で袂を分かつことになり、結局訴訟ざたになり。

FBっていう巨大なネットワークの創始者で、たくさんの人と繋がっているはずなのに、ある意味すごく孤独。

私自身がマークに対してちょっと距離をおいてもどかしい気分でながめていることもあって、頭の中では面白いんだけど、心の部分でおもしろい!っていうところに結びついていないっていうのかなあ。

なんか、うまく書けないんですけれど・・・・。そんな感じ。

でも機会があったら、もう一度DVDでじっくり見なおしてみたい気持ちはあるので、やっぱり面白かったのかなあ。
2011.02.13 / Top↑
昨日のゲストは、羽鳥慎一アナウンサー
もう、これだけで先週から期待大!!

でもまず何よりも最初のバレンタイントークが楽しかった。

翔「義理チョコ、友チョコ・・・」
潤「逆チョコ」
翔「逆チョコって何だっけ?」
潤「男の人がわたす・・」
翔「へ~そうなんだ」
雅「詳しいね~」
翔「手作りとかでやってみる?」(この時、完全に潤くんにロックオンしての黒翔でしたよね あの笑い方 笑)
潤「じゃあ、僕らだと友チョコになるんですかね」(結構、動揺しながら答えてた? 笑)
翔「メンンチョコだね!」
3人「メンバーチョコ(笑)」
翔「大野さんだったら、僕らに何くれるんですか?」(もう、この流れ鉄板ですね!! そして、ここまでニノがあんまり突っ込んでこないで、結構この流れを見守っていたのよね)

この後、リーダーみんなにどんなメンチョコあげようかなって、かなり真剣に思ってました(笑)?
みんながいっせいに突っ込んでいつものノリ!


羽鳥さんのところは、もうずっと楽しかった。
登場から噂話トーク。
羽鳥さんのプライベートって、我が家で結構話題になっていたけど(いえ、みんなバードファンなもので・・)でも結構謎だったので・・・、
あんなに結婚早かった上に、そんな大きいお嬢さん(13歳!)ののパパだったのね。

会話の道具に嵐を使う(笑)

でも、結構かっこいいし、面白いし自慢のパパなんじゃない
それに、嵐ともTOKIOともナイナイともあんなに仲良しでいいなあよね。

それに、初対面の結婚申し込みでお義父さんに「やっちまった」バードさん。
結婚式にでてくれないほどって!(笑)
若い頃はかなりやんちゃにやっていたんですね。


早口言葉「麦・・・・」最近ますます、バラエティ的反射神経に磨きがかかっている相葉ちゃんだけど面白かったし、可愛かった(噛んでウキャウキャ笑っているところが・・)
(バーテンダーを見て以来、私の中で、今ひさびさの相葉まつり絶賛開催中!!)

注:あの・・・、読んでいてなんて浮気者!!と日頃からお思いの方のために一言 笑
基本、5人とも大好きなんですけれどここ2年ほどは翔くん1番がほとんど揺るがず続いております。(その前は、翔くんは万年2位で1位はリーダーだったり潤くんだっりその都度結構流動的だった。まあ誰担ってほどでもなくて、ホントにゴコイチ嵐が好きでした。)
ここのところ、2位はその都度入れ替わっている状況でございます。
バーテンダーに癒され、玄野ニノにドキドキし・・・。


リーダーの札幌、大阪の中継のところも面白かった。
リーダーって、ああいうふうに小道具もありーのでふられるとホントにイキイキきっちり落とせるよね~。

もう、全体ほっこり感の中で安心して笑っていられました。


でも、その中で一つ気になったこと。

今回の「未知との遭遇しやがれ」
今回はニノが水中写真を撮るというもの。
先生役はフランス映画「オーシャンズ」の撮影にも加わった水中カメラマン奥村康さん。

ニノ、本当に水中ダメだったね。
何か、ニノこんなに水中ダメだと思わなくて、ちょっと痛々しいくらいだった。
(この企画自体は普通にいい企画だと思うし、たぶんあとの4人だったらみんなそれなりに楽しんだんじゃないかと思う。)

なんかこれは単なる印象なんですが、他の4人の時はそんなに感じないんですが、ニノの時だけ基本苦手なものと遭遇することが多いような気がするんですけれど。
潤くんなんか、むしろこういう機会に出会えて嬉しいんじゃないかなあっていう人だったりする気がするんですけれど。
ほら、ニノにステーキ食べさせたりとかね。
できればしやがれスタッフの皆様、もうちょっとニノ自身についてもリサーチしていただいて(もちろん、ご存じのことと思いますが)、出会えることによってニノ自身が楽しめるようなそんなテーマもふってもらえたらって思いました。


来週のゲストはゆずの2人。
(ゆず好きな、お友達の顔が浮かんじゃった 笑)



2011.02.13 / Top↑
Casa BRUTUSで、「櫻井翔のケンチクを学ぶ旅」という集中連載がはじまりました。
確か、10回シリーズ?その第1回です。

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2011年 03月号 [雑誌]Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2011年 03月号 [雑誌]
(2011/02/10)
不明

商品詳細を見る



Casa BRUTUSで連載って聞いた時、一体何やるんだろうって思いましたが・・・・・、
どうやら、「日本全国の気になる建築に実際足を運んで体感して、その魅力を伝える」という企画のようですね。

そして、第1回は建築史家であり、建築家であるという藤森照信先生の「ちょっと変わった建築」を長野県諏訪に尋ねるというものです。

私、藤森照信さんっていう方、存じ上げなかったんですが、ここで、翔くんが訪れたという写真でみるかぎりすごくユニークな建物を作られる方なんだなあって思いました。
木の上の秘密の隠れ家的?または巨大鳥小屋(笑)的?な茶室・・・
サイズ感もすごく不思議な感じです。

その上、中に入るのに梯子を使うって!!

藤森建築は、藤森先生自身が育ったこの諏訪の土地に根づ、く諏訪大社に代表されるような古代からの記憶が原体験として反映されているとのこと。

今回、この訪問にあたって、翔くんは課題図書として藤森先生の著書を2冊読んで臨んだそうですが、この藤森さんの建築、また考え方は面白そうなので、その課題図書紹介されていたので読んでみようかなと思っています。

一応ご紹介しておきますね。
翔くんが、中に入ってみたのは、この「藤森照信読本」の表紙の写真の家です。
見た目かなり、変わっていません?


藤森照信読本藤森照信読本
(2010/09)
藤森 照信、二川 幸夫 他

商品詳細を見る


建築史的モンダイ (ちくま新書)建築史的モンダイ (ちくま新書)
(2008/09)
藤森 照信

商品詳細を見る



この連載は、写真も含め見開き2ページ(計4ページ)
写真は、結構ふんだんに翔くん自身ものっていますが・・・・、翔くん自身がインタビュアーの側に回るので、読んだ印象としては、ZEROでやっているインタビューあるじゃないですか。それを雑誌上で再現しているようなそんな感じの印象。

正直なところ、これを15分番組くらいでもいいから、映像でいろんな建物を体験しているところ、インタビューをしているところをみせてくれたら、ファンとしても嬉しいだけでなく、この建物に対する興味という点でもよりかきたてられるだろうなって思うんですが・・・。

この企画自体は翔くん自身にとって、課題図書もあり結構負荷のある企画だとは思うんですが、建築の世界の様々な才能に会うことができて彼自身がインタビューする側ということで学べることも多くって、きっと実りが大きい仕事になるだろうなあって思います。
私達も、翔くんを通して、今まで知らなかった世界を体験できるってそんな感じ!?

できれば、10回なりの連載が終わった後で、翔くん自身の口からまとまった感想がきけたら嬉しいな。

問題はね、Casa BRUTUS、結構高いのよね、嵩張るし。
今回は初回だし、メインの特集がキッチンで面白そうだったからよかったけれど、これ毎回買うかどうか悩みそうな気がする(汗)
どうするかなあ・・・私  (でも、とにかく毎回必ず読みますから・・)


2011.02.12 / Top↑
バーテンダー#2の感想です。


... 続きを読む
2011.02.12 / Top↑
任天堂3DSの新しいCM、みました~?

私はテレビでは、翔くんのワンコのを1つ見たっきりなんですが・・サイトに見に行ってきて・・・メチャメチャかわいい(*^_^*)

やまたろのわんこ篇、ニノは柴犬で「アラシ」を連呼
翔ちゃん「ラン」って???  嵐を音読みというのをどこかのサイトでみつけて・・・そっか~。

智潤の写真撮りあったり、合体させたりしているのも、カワイイ~。

相葉ちゃんのも楽しいよ。


3DSは次々でてきて、もう何が何だかな状態ですけれど・・・
可愛かったり、ステキだったりがたくさんあって嬉しいよ


というわけで、昨日の嵐ちゃん

VIPルームゲストは、藤原紀香さん。

オセロの2人と同い年の39歳ということで、嵐はみんな「ええ~」ってひいてたけど、まあ藤原紀香さんのきれいさはスゴイけれど、でも同い年って充分わかる範囲だよ。

紀香さんって、意外に嵐のこと知ってる?リーダーの怪物くんはともかく、翔くんの動物苦手とか・・・
まあ、潤くんの何でもセンス良くこなしちゃうは、センス良くはあっているかもだけど、練習とかもなしでっていうのはちょっとイメージ先行かもね(笑)

潤くんの桑田さんモノマネ。最近とみに潤くんのバラエティでのヘタレキャラぶりをみれることが多くて、そのかわいさにかなり癒されてます。また、あの髪型もかわいさアップさせてる要因だよね。

カンジャンケジャン
もう、大興奮の翔ちゃん!!!
私は、素で大興奮の翔ちゃん見て、テンションアップでしたけど・・・。(爆)
4年前に食べたって、ZEROの38度線とかの取材のでしょうか?
これ、おいしそうでしたね。あの殻につめてパンパンした最後のごはんもおいしそう。
食べてみたいなあ。


そして、翔ちゃんのシャア。
嵐くん達も今一つの反応でしたけど、実は私もガンダムって全然かすってなくて。
そういう意味では、食いつきイマイチ。
ちゃんとVTRがあってよくわかりました。
翔くんだと、なんかちんまりかわいいシャアでしたよね。
声の質も若干似ているの?

でも、紀香さんもけっこう乙女だなって思いました。
ええ、私は全くシャアには萌えないので、できたらあの顔半分かくしているマスク類はとっていただいてやっていただいた方が嬉しかったけど(笑)

シャアとその仲間たちの画づらは面白かったわ。


ランキングダービーは、ゲストが和田アキコさんっていうことで、何か全体に体育会系?に礼儀正しくしたチンマリ嵐くん達でした。

一つ目のお題は、「女社長にきいた部下にしたいランキング」

相葉ちゃんのITの営業クンは結構笑ったけど。
でも1位相葉ちゃん、2位翔くんは結構納得かも(笑)

妄想  嵐株式会社で、社長が私(爆)
相葉ちゃん潤くんニノは企画営業みたいな感じで、3者3様の持ち味で全方位のクライアントカバーみたいな感じ?(笑)
翔くんは、社長室室長みたいな(そこかい!笑)ポジションで、会社の経営的なことから、広報みたいなことまで、全般に、頭脳として私を全面サポートして!!(ダイジョーブ セクハラなんてしないから 笑)

リーダーは・・・ウ~ン・・どこがいいのかなあ。
総務? 保健室? (笑) 対外的なポジションだと、持ち味の良さがが伝わるまでにちょっと時間がかかりそうだからなあ。
中の人間を癒してくれそうなポジションがいいかも・・それって何だ??

後もう一つのお題は渡部陽一にきいた「一番戦場でピンチを切り抜けられそうなランキング」
これは、まあまあ納得の結果でした。




そして、VSをちょっと。

マリーンズのキャラクターマーくんとA・RA・SHIを踊ってだきあう相葉ちゃんがかわいかったよ!!

あとは、なんか全体にメダメぶりが充分楽しかったし、翔くんもビジュアル絶好調だったし。
最後のMDAの5人オチのくだりは、楽しかった!!

でも、ああいう時、芸人さんはホントに立ち位置困るんでしょうね。
ロッチの2人ガチにどうしていいのか状態だった気がする。
最後土下座する2人に、ウレタン投げる相葉ちゃんが優しいなあって思った。(ああいう時、絡んであげてなんぼだものね)


2011.02.11 / Top↑
今日は私のところにも黄色い幸せな封筒がやってきました。
さっき、封を開けたところで全然読めていないんだけど表紙の写真はすごく好き。
明日のお楽しみです。

そうそう、相葉ちゃんの昨年の舞台「君と見る千の夢」がDVD化されるっていいうことで予約はじまっています。
3月23日発売予定
相葉ちゃんの舞台って、一度見てみたいなあって思っているけれど、毎度毎度外れてみたことがないので、DVD化してくれるのはすごく嬉しい。
舞台でDVD化されているのって、あと大ちゃんの「テンセイクンプー」くらいですよね。
1種類だけだけど、舞台だけなのか?けいこの様子とか、インタビューとか入ればいいですね。(どうでしょう)





あと、今日は翔くんのオロナミンCの記者会見があった日。
明日のWSはとりあえずはっておきます。

さて、オトノハ更新されています。
感想は続きに
... 続きを読む
2011.02.11 / Top↑
きのうは、DVDが10作合わせて、400万枚突破!!(おめでとうございます!)のニュースとか、今朝は3DSに新バージョンとか(そうだ!今日は木曜日。 でもメールで知ったのみで自分で確認はできてません )毎日いろいろニュースにはことかかないアラシゴトですが・・・。

ちなみに、今日は午前中オロナミンCの記者会見とか。

そして今さら感たっぷりの「H」の話です。(もう、発売して1ヶ月近くたつ?まだそこまではいっていない?)
それも、普通ならまずは「GANTZ」でしょ!というところですが・・・・・・



... 続きを読む
2011.02.10 / Top↑
今日は、すごく忙しかったわけではないんですが、何か不本意なことばかりが重なる日

はっきり言って、自分のストレス解消も兼ねてメチャメチャ愚痴っているので、それに、仕方ないつきあってやるかと言う天使のような方・・・・続きをどうぞ







... 続きを読む
2011.02.09 / Top↑
前髪が・・・・・(*^_^*)   髪ちょっと切ってます?

って、ニュースだって言うのに、相変わらず髪型から入ってスミマセン<(_ _)>

でも、でも、でも・・・前髪がムチャ好みですけど(若干重たいけどね・・ってここでそんな文句はもったいなさすぎる・・)
ZEROのスタジオ仕様としては、かなりの高得点!!
私の好きな濃紺なスーツだし、ストライプのネクタイもステキだし・・・

って、ちょっとむくんでる?
なんか、顔が若干赤め?鼻とか・・ う~ん・・・風邪?もしかして花粉症?(翔ちゃん花粉症でしたっけ??)
いずれにせよ、大事にしてね。


ということで、気が済んだところで、中身の方に(笑)

今日は長友選手のインテルでの活躍の話題で、いつもながらのサッカー話題での嬉しそうな笑顔がみれたわ
(いやあ、長友選手はスゴイ! 最近の若い選手は海外に行っても気負いなくとけこんで積極的にいけてすごいよね、それもインテルでだもの)

イチメンは食料価格が高騰。している話題でした。

そして、先週の続きの石川遼選手との対談の後編。
(インタビューの翔くんの感じ、ふわふわした感じの髪とクリクリのおめめがステキ  ってまた髪の毛話題ですみません)

石川選手の理想の大人像
色んなこと、音楽とかから政治経済話題まだ広く浅く対応できるような、いろんなことをよく知っている人になりたい。
そして、理想の人は、お父さん。

20歳になる遼くんに「理想」と思われているお父さんってスゴイよね。その理由を具体的に説明できるところがまたすごい!何となくじゃないんだもの。いやあ~、まっすぐに育っているよね。
(うちの息子なんか、絶対に理想の大人に私をあげるとは思えない。ダンナのことはどうなのかなあ・・・ってか特に理想なんてなさそうな気がする)

そして、遼くんと翔ちゃんのサッカーゲーム対決!
翔くんの勝ちだったけど、2人とも楽しそうだったね

小窓も含め、いい笑顔がたくさんみれてよかったです。

<追記>
お友達のところを読みに行って・・・・、
遼くんとのインタビューのバックで「アオゾラペダル」のオロゴール版がかかっていて、とっても良い感じでZEROスタッフの選曲が嬉しいって思ったこと、思い出した。
見て、ちょっと時間たって書くと、ポロポロ書きたかったこと忘れちゃう(大した時間じゃないのに、だいじょーぶか? 私?)
観た時、すごくいいないいなって思ったので、思い出させてくれてありがと!!(*^_^*)


そういえば、今朝のWSでは、週末の宮崎での舞台挨拶の模様をやってました。
会場に入りきれなかった人たちのために駐車場であいさつするニノ&松ケン
これは、偶然なんだろうけれど争奪戦での挨拶が宮崎になってよかったね。
鳥インフル、火山噴火と本当に踏んだり蹴ったりな部分もあるかと思いますが、なんか困った話題ばかりでなく楽しい話題があるっていいよね。宮崎、鹿児島頑張ってほしいです。





2011.02.08 / Top↑
「バーレスク」をみてきました。
1月半ばごろから、周囲の人に「いいよ」って言われて見に行きたいなとは思っていたけれど、なかなかタイミングが合わず、もう先週末でほとんどのところが終わってしまうのかなと思ってあきらめかけていたんですが・・・、まだ六本木でやっっているのを発見!(月曜日だけど、会員のでポイントがたまって1回分ただでみれるから、ラッキー!)そう思って、お昼すぎに決めて夕方の回に行ってきました。

行ってよかった~

すごく、元気がもらえました。\(^o^)/

ストーリーとしては、田舎から憧れのLAにでてきたアリ(クリスティーナ・アギレラ)が大人のショーパフォーマンスを売りにするショーパブ「バーレスク」で、歌唱力を武器にスターへの階段を上っていく物語。
そこに彼女自身がスターであり経営者のテス(シェール)が傾きかけた経営を何とかすべく頑張っている姿や、バーテンダーのジャック(カム・ジガンデー)との恋とか、ダンサー仲間との嫉妬・競争・友情なんかが絡めて描かれています。

まあ、基本クリスティーナ・アギレラのためにあるような映画でショーの場面での歌・踊りのパフォーマンスは本当に存分に味わえて、ど迫力で見ごたえ、聞きごたえ充分。そして、舞台以外の場面は、本当に可愛くて気が強くて頑張りやで、結構いいやつ。

私自身は、クリスティーナ・アギレラって名前きいたことあるよねっていうくらいでそんなによくよく知らなかったんですが、本当にカッコよかったです。


でも、それ以上に私がおしたいのは、シェール。
シェールって、ちょっと顔長いし(笑)、昔からいわゆる美人とは違うと思っているんですが、ド迫力でまだまだ負けていない感じがホントにかっこよかった。
最初、アリが魅せられることになるバーレスクのショーで歌い踊る姿も、本当にきれいで風格を感じさせてかっこいいし、途中1人で歌う場面があるんだけど、そこは歌詞も含めてよかった。涙が出てきた。
経営難で、愛するクラブが人手に渡らないよう必死でがんばっているんだけど、諦めない、現役でい続ける、そういうことが盛り込まれた歌詞を歌う姿勢が本当にステキで、すごく励まされる感じ。
戦う女、現役を降りない覚悟をしている女は、かっこいいなあ。

また、クラブを本当に愛していて、育て上げているダンサーの子達にもすごく愛情をもっている(でも、べたべたせず毅然としているんだけどね)その感じもとってもよかった。

クリスティーナ・アギレラの相手役ででてきたカム・ジカンデーがちょっと、昔のブラピを思わせるような甘い感じの顔で、かなり好み。
それも私の中で評価がアップしている一因かも(笑)

  
● 「バーレスク」
  監督・脚本 スティーブン・アンティン
  出演    クリスティーナ・アギレラ  シェール  カム・ジガンデー  スタンリー・テュッチ
  
  「バーレスク」公式HP    

2011.02.07 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。