FC2ブログ
やっと、「八日目の蝉」みてきました(気づいたら、今週末までのところも多かった!)


●「八日目の蝉」
監督 成島出
原作 角田光代
出演 井上真央・永作博美・森口瑤子・小池栄子

「八日目の蝉」公式HP


て原作読んでいて、すごくインパクトがあっ記憶があって、今その時のブログを読み返したら「ヒリヒリするような孤独を感じる」って書いているんですが・・・・

今回映画をみて、誘拐した希和子(永作博美)、誘拐された薫こと恵理菜(井上真央)、そして本当の母である恵津子(森口瑤子)の3人の気持ちをすごく丁寧に追って作っているなあと感じました。

特に、希和子は苦しい状況でおびえはあるけれど、薫といられてある意味幸せに感じられるけれど、恵理菜と恵津子は苦しすぎる。

そういう意味では本で読んだ時より恵津子の苦しみ、強いてはそこと向かい合わざる得なかった恵理菜の苦しみとそのトラウマを乗り越えていく様子がより強く感じられるような気がしました。
永作さん、真央ちゃんはもちろんよかったけれど、森口さんの嫌な辛い感じがよかったっていうことかな・・

いやぁ、久しぶりに映画中泣いていて、さすがに終わった後どんな顔になっているか心配になった(笑)


そして、特筆したいのは小豆島の風景の美しさ。
東京や、エンジェルホームのあたりの風景に比べて、圧倒的な豊かさを感じる風景なんですよね。

ここで、希和子も薫もすごく幸せな時がすごせたこと、そしてここで記憶がいろいろに戻ってきてそのことを確認することによって、恵理菜がトラウマを乗り越えられるような希望がみえてきたことが、この風景によってすごく説得力を増すような気がしました。

いい映画でした。
スポンサーサイト



2011.06.08 / Top↑
昨日1日緊張状態ですごしたにもかかわらず、到着しなかった事務所からの当落メール。

お陰さまで、嵐学園に参加できることになりました。

ありがとうございます!!


比較的、当選!の嬉しいお知らせを目にすること耳にすることが多いですが、
希望日から振替だったという話もちらほら。

あと、そもそも今回残念だった方のところにはまだメールが到着していないのか・・・


そのへんの詳細はよくわかりません・・・。


とにかく、まずは嵐くん達に会えるのは嬉しいです!


これだけ、待ったんだもの。皆さん当たっていますように!!
2011.06.08 / Top↑