FC2ブログ
昨日、「神様のカルテ」の完成披露会見(イベント)と完成披露試写会がありました。

白いリムジンで登場したキャストの皆さん
キャストも主演2人だけでなく、ベテランの加賀さん、柄本さんまでいらっしゃってました。

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 25日、映画『神様のカルテ』完成披露記者会見が六本木ヒルズアリーナにて行われ、劇中で夫婦を演じた櫻井翔と宮崎あおいのほか、要潤、吉瀬美智子、岡田義徳、朝倉あき、原田泰造、池脇千鶴、加賀まりこ、柄本明、そして深川栄洋監督が出席。キャストたちは桜吹雪の舞い散る中、サクラ色のカーペットを歩いてにこやかに登場した後に公開形式で会見を行い、この日招待されていた850人のファンを大熱狂させた。
続きはこちらに→シネマトゥデイ

→MANTANWEB
→オリコン

そして昨日のZEROに引き続き、 朝のWSでもご挨拶の様子みれました。
立ち位置間違えたり、試写会の最後の挨拶はチョッと噛んじゃったりとか、相変わらずの残念なところは若干ありつつ(笑)イチさんとは大違い、キラキラ翔さんでした。

(昨日も書きましたが、ちょっと六本木行ってみたので、チラッと横顔みれましたけど、ホントにキラキラでした)

映画の公開は8/27

 女優加賀まりこ(67)が25日、東京・TOHOシネマズ六本木で行われた映画「神様のカルテ」(深川栄洋監督、8月27日公開)の完成披露舞台あいさつで、主演の嵐・櫻井翔(29)を絶賛した。加賀は櫻井演じる青年医師を頼る末期がん患者を演じた。テレビ朝日系「徹子の部屋」に出演した際、黒柳徹子(77)から「ねぇ加賀さん、あの青年医師をやっていたのは、嵐の櫻井君なんだって?」と聞かれたという。
 加賀は「それはすごい褒め言葉だと思いました。それほどに、嵐の櫻井君を消して演じている、それだけでも見物です」とあいさつし、櫻井も照れたように笑みを浮かべた。また加賀は、舞台あいさつに先立って行われた完成披露会見でも「限りある人生の中で、先生(櫻井)に寄り添ってもらえるんです。幸せに、櫻井君ばかり見詰めて撮影しておりました」と話した。これには女子が大部分を占めた約850人の観客からも、悲鳴に近い嫉妬の声が漏れていた。

→ニッカンスポーツ

オリコンの中にあった、原田さんが「こんなこともできるんだ」と自分の可能性を見出してくれた深川監督にお礼をいうために、主演舞台の合間をぬって駆けつけたりとか・・

いろいろに感じることができる映画ではと思うので、公開がホントに楽しみ!!
スポンサーサイト



2011.07.26 / Top↑