上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日は、お正月のTOKIO×嵐の番宣がZIP、スッキリ、PON、ヒルナンデス、ミヤネ屋、everyとはいって、突然のジャック状態にビックリ!!
そして今朝は、めざましが大ちゃんの新年のSPドラマの撮影開始の話(新垣結衣ちゃんんと2ショットのインタビューもあり)
そのあととくダネでは、中野さんのコーナー(100問100答)が翔くんについて。
この特集とってもよかった。(朝から何度リピしてみたことか・・)

インタビューされている内容については、既出のものが多いけれど、中野さんにanan持ち出されて照れるところ、言葉よりのラップ部分をかけられてスイッチをオフにしたりとか・・・謎Dの撮影の待ち時間の様子とかVSの収録の合間の様子とかもあって眺めているだけでとっても幸せな特集でした。
スタジオに戻った後の、小倉さんの自慢の息子について話す様子も久々みれてなんかほっこり(^^♪

ということで、本題!
セブンネット盤のBW、26日の土曜日に手もとに届きました。
もうそれ以来、ひたすら「エナジーソング」のリピが続いています。

ということで続きに、感想




... 続きを読む
スポンサーサイト
2011.11.29 / Top↑
映画「怪物くん」観に行ってきました。

●「怪物くん」
監督 中村義洋
出演 大野智  松岡昌宏 八嶋智人 上島竜平 チェ・ホンマン 川島海荷 濱田龍臣 上川隆也 北村一輝 稲森いずみ 鹿賀丈史

公式HP

怪物くんみてきました。

友人と5人で行ったんですが、3Dは疲れそう(確かに!)っていうことで、とりあえず2Dに
(でも、何となく私はもう一度3Dに行く気でいます)

面白かったよ~。何か、何も考えずほんとに「ユカイツーカイ怪物くん!」って言う感じだった。


感想もろもろは続きに
(若干ネタバレ的な部分ありです)


... 続きを読む
2011.11.28 / Top↑
本当に幸運なことに、お友達に声をかけていただけて、2回目見る機会を得て、24日(木)のソワレに、入りました。

前回は1階の最後列だったので、細かい表情はオペラグラスの力を得なければわかりませんでしたが、舞台全体の様子を全体的に把握し楽しめ、今回はC列の中央付近(前から6.7列目くらい、ちゃんと前の列数を数えなかった。オケボックス全部使っていたんでしょうか)だったため、オペラグラスなしで細かい表情、仕草などまで楽しめました。また、前回は新次を見つめ、バリカンと自殺研究会の一部の言葉や動きについていくだけで正直精一杯の部分もあったのではないかと思いますが、今回の方が前回より以上に言葉(台詞)が味わえ楽しめたように思います。

舞台全体に対する印象は基本前回と同じですが、席の問題と2回目ということもあり、細かい表情と言葉の自分の中への沁み込みやすさが違ったように思います。

(新次自体の変化は、その違いを見つけるほどに、自分の中に消化しきれていない感もあるので、よくわかりません)

それでは、続きに感想










... 続きを読む
2011.11.28 / Top↑
怪物王子さまこと、嵐のリーダー大野智さま、31歳お誕生日おめでとうございます!

今日お誕生日に初主演映画「怪物くん」公開ということで、Wでおめでとうございます。

もう、1ヶ月以上前から雑誌祭りは始まってるし、昨日は番宣のため、日テレジャックだったし、
ここのところホントにビジュアル絶好調超ですよね。

(実は先日偶然、一瞬でしたがレギュラーのロケ現場に遭遇、生智のかっこよさにクラクラしておりました)

それにしても、怪物くん番宣で最近ピンでいろいろな番組にでているじゃないですか。

思い出すのは、2008夏の魔王の番宣、
基本あの時は斗真くんと2人だったけど、嵐メンと離れてピンで番宣していて、大丈夫かなぁとなんかはらはらドキドキしながら見守っておりました。
本質は、全然変わっていないんですよね。相変わらずマイペースで、でも実は芯がある。
まわりもかなり見えている。

でもあの当時はきっと大ちゃん自身もああいう状況にそれほど慣れていなかったから、ちょっと戸惑いつつだったと思うし、見ている側の方でもなんか大丈夫かなぁ、喋れなかったらどうしよう、大ちゃんのよさをみんなそこまでわかっていないだろうからどう対応されるんだろうって思いながらみていたような。

でも、今は全然違いますね。大ちゃんのキャラっていうのがかなり浸透していて(まあかなりステレオタイプ的に捉えられる場合もありますが)、嵐自身のポジションって言うのも浸透していて、良くも悪くもある種安定した構図の中にある。そして、大ちゃんはその真ん中にいて、ある種超然としているくらいにマイペースで、でもカッコいいです。
クールでありながら、ほわっとした雰囲気も醸し出していて、自然体なよさをにじませている。

この人、やっぱりもう31の普通に大人なんだよね、なんかそんな成熟を感じました。


昨日の番宣、ざーっと駆け足で編集しつつ見ましたが、PONとZEROがすきだったかなぁ。
PONは、最近絡むことの多い岡田さんが司会だから、なんか岡田さんのほわっとした雰囲気の中で、大ちゃんに対する好意がとっても感じられて、大ちゃんもよりリラックスしていたような。

そしてZEROは、翔ちゃんに対するスタッフの好意がそのまま智くんに反映されているような気がして。
藤子A先生と竜平さんとの、先生の故郷をたずねての対談もよかったし。
きっと、櫻井キャスターは、テレビの前でにやにや笑っているだろうなぁって思いながらみていました。
それとそうそう、かきとめておかなければ、村尾さんに「リーダーとして嵐をどうマネジメントしているのか」ときかれて、自分は特にまとめたり縛ったりということはないけれど、5人がそれぞれお互いを尊敬しているところがまとまりに繋がっていると答えていたこと。
「5人がお互いを尊敬している」これ本当にその通りで、単なる仲良しこよしのグループではなく、これがあるから嵐としてのグループの凄さ、良さができている。
このことがすっとでてくる大ちゃん、やっぱりあなたは嵐のリーダーだよ!!って嬉しくなりました。


逆に時間長かったけれど、ヒルナンデスはちょっと物足りなかった。
久本さん、実は嵐のこと良く知っているだろうと思うけれど、初心者向けにいろんな要素を次々詰め込んでいって、なんかもっと大ちゃん自身の素をひきだしてほしかった。

まあ、何はともあれ昨日は朝から夜中までの番宣、そして今日は舞台挨拶・・・お疲れ様

31歳が、大ちゃんにとって充実の年になりますように。
日焼けはほどほどに、身体にきをつけて!
2011.11.26 / Top↑
謎解きはディナーのあとで 第6話です。

コメディってホントに難しいものですね・・・・

今回は、とても面白く見ました。

... 続きを読む
2011.11.23 / Top↑
ZEROのエントリー久しぶりです。

でも、昨日の水泳北島康介選手のインタビュー、すごく良い内容だったので、これはやっぱり書きとめておきたい。

北島選手とのゆっくりと時間をとったインタビュー3年半ぶりと言っていましたが、北京オリンピックの前から追い続けて、プライベートでの交流もあってという翔くんのインタビューらしく、今まであまりみたことがなかった北島選手の一面がみれるものになりました。

何よりも、北島選手のリラックス感、心を開いている感が伝わってくる。
北島選手って今まではとにかく強気な印象が強かった。
その北島選手が夏の世界選手権でまさかの100メートルメダルとれず、200メートル銀、結果ロンドンオリンピック選手確定ならずという結果に終わったことに対する当時の気持ち、今の気持ち、そして今後、ロンドンに向けての気持ちを語っているんだけど、すごく率直で、揺れたり、不安だったりした気持ち、今後に向けての緊張感、不安感、でもやるっていう気持ちが伝わってくる・・ある意味弱いところもいろいろに語ってくれたインタビューでした。
そして、これって誰にでも引き出せることではなくて、これまでの積み重ねと信頼感を築いている翔くんだからこそ、そしてまたフィールドは違うもののトップで居続けることの大変さ、緊張感そういったことを共感することができる翔君だからこそのものだったんだろうなって思います。

北島選手の気持ちにもグッとくるものがありました。

そして、そんな良いインタビューをした翔くんのこと、とっても誇らしい気持ちがしました(どれだけ、身内気分 笑)

いつも、ブログでZEROでの翔ちゃんの活躍に温かいエールを送ってくださる金杉文夫さんのブログ
昨日もとてもよくみてくださっていて、読ませていただいて、さらに嬉しくなりました。
よろしければこちら→金杉文夫のリョーガン・マーケット

いつもは、スタジオからインタビューなど外に出ると男前度が2割増しになるけれど(←ゴメン)
今はドラマ中で、スタジオそれもオープニングのグリーンバック前からイケメ度とっても上がってるので、どちらをみてもかっこいい翔ちゃんだらけでありましたww
(スタジオ、さすがにちょっとお疲れ模様だったけれど)
2011.11.22 / Top↑
 オトノハ更新してます。



... 続きを読む
2011.11.21 / Top↑
今日は雨で1日家に入れた日だったので、ひたすら編集しぶるれいに落とし、雑誌の山とも少し格闘し(神カルの時のものがいまだやりきれてない・・)
まあ結構頑張りました。

編集しているといろいろ見ちゃうんですよね。
で、その中で9月のちょうど国立の日のしやがれをまだ見ていなかったので(芸人特集だったから、いまいちモチベーションがあがらなかった? 笑)、編集ついでに見ていて、嵐同士でやったじゃんけんぽいぽいを見て、「あっ、これ全部の組み合わせでやってほしい!!」って思った次第です。

で、話はとびますが、嵐ファンだっていうことになると「誰が好き?」っていうことになるじゃないですか・・。
(これ、定番ですよね)

そして、嵐だと「どの組み合わせが好き?」っていうことも、結構意識の中にあったり、話題になったりするじゃないですか?
(これって、他のGでもそうなの??それとも、嵐特有なのか??)

ということで、自分のことを振り返ってみようっていう暇な企画です。

お時間ある方は、続きに(はっきり言ってグダグダです  汗)




 

... 続きを読む
2011.11.20 / Top↑
昨日の夜中、テンションあがったニュース
来年2月24日 「神様のカルテ」DVD&ぶるれいが発売になります!!

詳しくは→公式サイト

スペシャルエディション何が嬉しいって、
翔くんと深川監督のビジュアルコメンタリーがつくこと。
(あぁ、この2人が映像みながらガッツリ話しているところ、楽しみすぎる。いろんな思い出話がでてくるよね、きっと)

あと、完成披露試写から、大ヒット舞台御礼まで7大イベント完全網羅!!
っていうことは、途中カットしないで全部いれてくれるっていうことでOKですか?

7つっていうことは?

完成披露試写(この時の外のイベントと始まる前の舞台挨拶は別扱いなのか?一つの扱いなのか?)
医療関係者試写
浴衣の試写
初日舞台あいさつ(2本)
大ヒット御礼舞台挨拶

あと、松本での試写と、大阪での試写でも舞台挨拶ありませんでしたっけ??
記憶の中で書いているので全然ちがうかもしれませんが・・・

あと、特番のメイキング映像とか・・・らしい





ポチしてきました。楽しみ~!!

そして、ちょこっと昨日のやまたろの嵐ちゃんについて




... 続きを読む
2011.11.18 / Top↑
「謎解きはディナーのあとで」第5話です。

今回は、野球中継が延長になったため、50分遅れでスタート
視聴率は、15.9%
下がってますが、50分延長っていうハプニングがあったにしては、健闘しているかも。

今回は原作はパート2からのお話だったんですね。 
影山に絞っていえば、萌えポイントは確実にふえております。

国立日記の魅力をとうとうと語る天然な感じとか(影山のこういうとこ好きです。推理小説について夢中になったり、クィーンQに夢中になったり)大好き!
それから毒舌パターンもバリエーションは確実にふえていて、お嬢様を愛情持って手のひらで転がしている感がいろいろでていて、そのへんの表情のバリエも増えていて嬉しい。

(絶対に、放送終わって一通りダビングしたら、影山の表情だけ集めたDVD作りたい!!)


ですが・・・・ちょっと辛口な気分もありなので、それは続きに。
辛口は読みたくない方、スルーしてくださいね。



... 続きを読む
2011.11.17 / Top↑
月曜日(11/14)、青山2日目のソワレに行ってきました。
(お声をかけてくれたお友達に感謝!)

よいという評判はきいていて、本当に期待値が上がった状態でみましたが、その期待をこえてくる素晴らしさでした。
潤くんも本当に美しかった。


一部、ネタバレ的になる部分も含むので、感想は続きに。


パンフレット、買って帰ってきて読み始めようと思いましたが、インタビューなどなど読みこむ前にとりあえず、初見での感想を挙げてからにしたいと思ってまだ読んでません。

実は、様々な雑誌類もシアターガイドと別冊+アクトくらい。

原作も読もうと思ってAMAZONに注文してたけど、全然届かなくて(12月になると言われた)、
もちろん、いろんな論評もネットにあがったのはパラパラ読んでいるけど、まだそんなに読みこんでません。

とりあえず、自分の気持ちを吐き出したところで、いろいろ読みこんでみようかと。
(だから、見当違いのところなどもあるかもしれませんが、ご容赦を)





... 続きを読む
2011.11.16 / Top↑
朝ツイあけてみたら、大ちゃんが新春ドラマ主演!!って文字が飛び込んできて、完全に連ドラか!早とちりしておりました(汗)

フジの新春ドラマ(連ドラではなくSPですね) 「もう誘拐なんてしない」に主演という話でした。

原作は、謎Dと同じく東川篤哉さん。
企画も謎Dと同じく成河広明さん。

詳しくはこちらに

→とれたてフジテレビ
→オリコン
→サンスポ

智くんの役名は、樽井翔太郎(この名前、いいよね!!)
ハイテンポで明るい青春コメディーでありながら、中盤からは予期せぬ事件が起こり、予想外にサスペンス要素も含んだストーリーが展開されていく
っていうストーリーらしい。

共演は、佐藤隆太・貫地谷しほり・成宮寛貴・高橋克実・北大路欣也

この、共演陣!!ww
なんか、他メンとも共演経験が多くて、仲良しな方が多いですよね。
隆太さんは、翔潤と
貫地谷さんは、潤くん、あーばさん
成宮くんは、ニノ、潤くん、翔ちゃん
克実さんは、ニノ翔ちゃん

そして、スタッフ

プロデューサーは、高丸雅隆さん、江森浩子さん。
お二人とも共同テレビの方ですね。

そして監督は、佐藤祐市さん。
「最後の約束」の監督さん。共同テレビの方ですね。

脚本は、古家和尚さん
『外交官黒田康作』、『メイちゃんの執事』の方。

謎D最終回に、ぜひじいまごゲストできてほしい!!(祈)

しかし・・・ここにきてフジ系のドラマがたて続いているのって何かあるんだろうか?
それとも、「最後の約束」で5人でドラマをとった結果が順次でてきているってこと??
2011.11.15 / Top↑
今回のしやがれのゲストは谷原章介さんだったんですが、予想以上の楽しさでした。

この方、ブランチ司会をだてに5年やっているわけでない!(^○^)
たぶん、もともと趣味も多くて引き出しが多いことはもちろん前提だけど、つっこめる&どういうふりがきてもちゃんと返せる。
それでいて、もうこの年齢でのざっくばらんな下ネタに近いものもありつつ基本品の良さもあって、嵐くん達とすごく相性良かった気がします。

いろいろ面白かったのですが、1番良かったのは、谷原さんが嵐メンそれぞれにスーツをコーデしてくださった部分。
翔「優しい優等生」
雅「ちょいチャラ」
智「育ちのいいおぼっちゃま」
和「知的&クール」
潤「セクシー」

コンセプトの立て方は、まあ納得! 谷原さんが各メンの良さを引き出すイメージとするとこういうことなんですよね。
智の「育ちのいいおぼっちゃま」なかなかこっちにイメージしてコーデしてくださる方は少ないかと思うんですが、実は英国スーツの路線の中でいくとこれがなかマッチしているなぁって思うんですよ。
クレリックシャツとウイングチップの靴、似合っていたなぁって思います。
この組み合わせ、靴をもう少しオーソドックスにしたらニノ、翔ちゃんにもよさそうな感じがする。
逆にこの靴をということでいけばあーばさんでも。

あと潤くんのスーツも潤くんがきて、その締まった細身の引き立つものでしたね、着た方が色気が分かる服って谷原さんはいっていたけれど、これはいろいろ着ている人じゃないと、わからないことですよね。

あーばさんは、どちらかというとイタリアンブランドの方がイメージではあるけれど。
ステキでした。あーばさんは、潤くんのコーデとかもステキに着れるんじゃないのかな。

ニノが知的路線ってわかる。3ピースが、すごくできる男な感じ。この組み合わせは翔ちゃんにも着てほしいなって思いました。

そして、翔ちゃん。
コーデ自体も良かったと思いますが、何よりサイズ感が良かった。
ホントにZEROスタイリストさんにお願いです。
翔ちゃんに、サイズの合ったスーツを着せてあげてください。
肩がないって、スーツを着るにはかなりハンデだと思うけれど、だからこそきちっとサイズのあったものを。
そうでないと谷原さんも言っていたけれど、肩の前に変なしわが寄るのよね。
サイズがちゃんと合う、お仕立てのよいスーツを!
(翔ちゃん、自前で買ってもいいんじゃないかって思うけど・・番組スタイリストさんとの兼ね合いでそうもいかないのかなぁ)



あと、今回何が!って翔潤絡みがやたら多くありませんでしたか。

谷原さんがビキニパンツを愛用していたくだりからの、翔ちゃんの「ふだんはボクサーだけど、寝る時トランクス」そこに間髪いれずにのっかってくる松本さん。(お二人とも、なぜ寝る時はトランクス??解放感なの??)なんか嬉しそうなんだけど。そして、その後の「時々ノーパン」っていう部分の末っ子天然っぷり、なんか可愛かったわ~。

スーツの似合う俳優の2位が翔くん(ちなみに1位は谷原さん)のくだりも、潤くん積極的に絡んでたよね
「ちなみに肩はどうしてるんですか?」って、間髪いれずつっこんでいたし(笑)

セット回転しやがれのふりにも横で積極的にキューだししてるし(笑)(松本さん、あなたのことよ!)

あげく、いつのまにかの位置移動で翔潤で随分ぬかれてましたよねww。

もちろん、調理に全く手を出さず、チャチャを入れ続けるやまたろとか、
(確かに、抜かれたとたんニノの肩にやっていた手を外す櫻井さん、そして智くんに全力で突っ込むやまたろとか・・オーナーのくだりです)


楽しいくだりが、いろいろあったしやがれでした
(同じような内容をやっても、すごく楽しい時と、まあ普通のことがあるけれど・・・今回は谷原さんのお人柄と嵐くん達との相性の良さな気がする)
2011.11.14 / Top↑
昨日のMステ

音楽番組はやっぱり楽しい。
迷ラブのMラバ→HEY→Mステのループのリピが続いています。

こうやって、3つを比べると、ちょっとづつ色々違う部分があってそれも楽しい。
まず、今回スゴイと思ったのが、3回ともみんな衣装が違うのよね。
(何か、お金かけてもらえるようになったよね)
翔くんに関して言えば、Mラバの時が一番好きかな(黒いロングジャケット)
ヘイとMステのシルバーはあまりにも縦の線が強調されていて、ちょっと細く見えすぎな気もして
実は髪型についても、昨日はちょっとペッタリしたストレートで(Mラバやヘイくらいふんわりしている方が好き)

昨日は3回目ということで、だいぶふりも慣れてきて余裕がでてきたのか、楽しみながらアドリブ??入れてましたよね(^^♪
歌いだしのあと、智雅潤にボーカルが移った後の後ろでやっているやまたろのダンス。
なんか、どこがどうって上手くいえないんだけど昨日のやまたろは、いつにもましてかけあいをすごくのりのりでやっていて、楽しい~(^○^)
(ライブの時に、いつもアドリブでいろいろかけあいで楽しむやまたろのダンスが大好き)

そして
♪蒼く光る無数のピース 
の部分、昨日は大宮で翔くんの肩に手をやってる~(#^.^#)
ニノくん、君、絶対確信犯だよね。
Mラバの反応みてぶち込んできましたね~(3人で打ち合わせ済み)
思惑どおりww「ギャ~~」って思いましたとも!

♪君を描いていく
の部分。毎度毎度思うのですが、モデルズとの3ショット美しすぎます!カッコいい~

この部分がすごくすきなんです。
翔くん+大宮で、カッコいい&今回はどう来るのかワクワクして、キャーな気分になったあとで、
翔くん+モデルズは、ひたすらカッコいい(見惚れます♡)

そして、今回最後に後輩セクゾンの振り付け、ほおりこんできましたね!
最後の翔くんのサムアップしてのドヤ顔   あれは、マリウス君の方をみて「うまくいったでしょ!」顔だったの?
笑いをこらえるニノと、翔くんの方みて笑ってる潤くん
何か、先輩達余裕だね、楽しんでるよね!


TALKのネタは、まあ聞いたことある話が多かったりはするけれど、それでも楽しい。
昨日はキャンドル翔の部分の小芝居が楽しかったです!
西野カナちゃんのキャンドル話につなげて、ドラマ現場でキャンドルをたく話をする翔ちゃん。
4人の座り位置が、どんどん翔ちゃんから離れていく(笑)←これも完全にニノがしかけてるよねww

そして、後輩セクゾンくん達に絡む嵐。
セクゾンくん達はさすがに緊張気味でした。
対するお兄ちゃん達は余裕。
雨合羽のスケスケ衣装は、持ってきても喜ばれないよね(笑)
そして、エンディングでもセクゾンのふりがうまくいったことを マリウス君にほめられたと報告してマリウス君の肩を抱いている翔くん。
番協に入った方の話だと、翔くんがCM中ふりを習っていたほか、ニノがけんとくん達と喋っていたりしたようで。
なんか、いいアニキ達だなぁ
(しかし、最年少のマリウスくん11歳からみたら、下手したら山なんてお父さんもありうる年齢差なのね (^_^;)
セクゾンくん達からみたら本当に大先輩なのよね・・・きっと。

(そうそう、後輩との絡みと言えば・・・嵐くん達がキスマイと絡む機会はないのかなぁ。)

最後に1つ、カメラワークは好きなところもあるけれど、もう少し全体も映してほしい。

っていうか、全体をとり続けるものと、5人それぞれのマルチアングルがあればいいのにね。
(これ、ダンスのふりにはいつも思う。ライブDVDでも思うし、歌番組もそれがきりかえられたら5倍楽しいのにね)
2011.11.12 / Top↑
来年の1月クール、フジ月21時「ラッキーセブン」で潤くんが主演!のニュースがとびこんできましたね。

詳しくはこちら
→とれたてフジテレビ
→オリコン
→デイリースポーツ

昨日の晩、夜中もう寝ようと思い「何もないよね?」ってツイを開いたら、「何もあったーーーー!!」(^○^)
私はちょっと違うものがくるのかと思っていたので、びっくり!!
「月9きたー-----------!!」

共演は、瑛太さん、大泉洋さん、
北品川の小さな探偵社で働く7人の群像劇だそうで、テーマは「仲間とその絆」
潤くんは新米の熱い探偵役。
本格アクションだそうですよ!(それも、スタントなしでやるんですって!)
潤くんコメント
「年齢も性別もバラバラな7人が描く、ドキドキできて、笑える、勢いのある作品になると思います」とのこと

そして、シリーズ構成・演出は、Gantzの佐藤信介監督、Gantzのアクションチームも参加するとか。
プロデューサーは重岡由美子、関口大輔

重岡由美子Pとは、「わが家の歴史」の流れなんですね。この方、「わが家の歴史」のプロデュース他、三谷さんの映画作品(「マジックアワー」「有頂天ホテル」「笑の大学」等)を手掛けてらっしゃるとのこと。

そして関口大輔P。この方も映画畑の方なんですね。「ウォーターボーイズ」「スイングガールズ」「SP」「それでも僕はやっていない」「ハッピーフライト」「ホッタラケの島」などなど。
佐藤監督とは、プライベートでも仲良しとか・・・(WIKI情報)

なんかね、繋がっている感じがしますよね。前の仕事の結果が次のものへと。
要するに、繋がるっていうのは前のお仕事が評価されているから・・・
嬉しいなぁ、良かったなぁってしみじみ思う。

それにね、群像劇・・もちろんラブストーリーな潤君を見てみたい気はあるけれど・・・
アクションがっつりのかっこいいところがみれるだけで大満足だわ。(変に、恋愛もの全面で来られるより、いいような気がする)

瑛太さんとは、きみペ以来、大泉さんとはわが家以来、
このキャスティングも楽しみ。
探偵7人、あとの4人も順次発表になるんでしょうけれど、どなたがくるのか楽しみですね。

そして、もうひとつのお楽しみ!
同じ局だし絶対来るよね・・・謎Dの最終回に(^○^)

探偵役そのもの??どんな形でくるのか・・できれば熱い探偵と毒舌執事を絡ませてくださいませ(祈)


テーマ曲も嵐さんで来てくれれば嬉しいけど。(これは、どうかな・・)







2011.11.11 / Top↑
今日は帰ってきたら、会報がきていてさっきざっと見た感じでは、期待度↑↑

そしてオトノハも更新しているし、VSは翔ちゃん率いる謎Dチーム。

まずは、VSの感想をちょこっと。

まったくね、大きな声では言えないけれど、最後の最後にとったパーフェクト以外ホントにいいとこなしの翔ちゃんでしたが・・・ある意味筋書き通りの展開で(笑)

でも、キッキングスナイパーがかっこよかったから、かっこいい翔ちゃんも、ヘタレな顔も、1人MDAでのみだれ髪もみれて、超満足!
あと、大島メモ(忙しいほど口数が多くなる←そうかも、よく見てるよね)に、自分でびっくりしているところ、素がはいっていて可愛い表情!大島さん、黒沢さん、GJです。
そして、最後にはけるところ4人に囲まれて、相葉さんが翔ちゃんの肩に手をやってる!!
最後にそんなほっこりな様子も見れて、大満足なVSでした。
(実は、本人それなりにできなさ加減に凹んでいるとは思うの・・・、でもなんでもこなせちゃう優等生の櫻井翔なんてつまらないでしょ。ああいうミラクルが起きるところが、それでいて「何でもできるんだから、こういう面があっても、いやむしろあった方がいいよね、って思えるところが翔さんの魅力!
あとは、嵐メン達に癒してもらってね! だから、最後はける時4人と一緒にいたことがとっても嬉しい)


そうそう、今回翔くんが相手チームだったから、あーばさんが仕切りだったけれど、それも楽しくて、ニノが途中から完全にフォローに回って2人でキャンキャンやってるし(よい、にのあい♡)
風っ子達は翔さんへのつっこみ激しくてドSだし(笑)
智くんもデュアルカーリングの個人対決の時、翔ちゃんへの冷静なつっこみGJ!

来週は、怪物くんチームがやってくるらしい。
ついでに、デキモンもくるらしいww
局の壁を越えてくれて感謝です!


オトノハについては続きに


... 続きを読む
2011.11.11 / Top↑
「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」を3Dで見てきました・

何か、久しぶりにハリウッド的冒険活劇を楽しんだ感じです。


●「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」
監督 ポール・W・S・アンダーソン
出演 ローガン・ラーマン ミラ・ジョボビッチ マシュー・マクファディン レイ・スティーブンソン ルーク・エヴァンス オーランド・ブルーム


これは原作の「三銃士」のキャラクターと一番主要なエピソードは持ってきているけれど、
ものすごくわかりやすく単純化したストーリーにしている。

ストーリー自体は似て非なると言ってもいいかも。
でもここまでシンプルしたことで、キャラを楽しんで飛行船等も含めた視覚効果を充分楽しむエンターテイメントに仕上がっている。
さすが、ハリウッド!!!っていうくらい飛行船や宮殿、当時のベネチア、パリ、ロンドンの街の様子とってもきれいで迫力満点!

もちろん、バイオハザードの監督がとっているだけあってスピード感のあるアクションシーンも当時こんなものあるか!とつっこみを入れたくなる感じはあるものの、きれいで迫力満点ww!

そして、キャラはたっているからここでもお好みによりよりどりみどりっていう感じですね。

私は、ダルダニャン@ローガン・ラーマンとアトス@マシュー・マクファディンがよかった(*^。^*)

そして、ミラのミレディーはまるで峰不二子のようだった(笑)



実は、原作の三銃士は大好きで、昔ワクワクしながら読みました。(小中学生の頃だから、抄訳だと思うけれど)
原作にはもちろん、飛行船は登場しないし、バッキンガム公爵は私的には味方だったけれど(今回は完全に敵役でしたね)もっと、いろいろ登場人物は多いし。

でも、この映画はこれだけシンプルにしたことで三銃士のキャラ設定で別の世界を完全につくりあげているから、これはこれで軽く楽しめて全然ありな気がします。



2011.11.10 / Top↑
「謎解きはディナーのあとで」第4話です。

だんだん、しり上がりに良くなってきている謎D \(^o^)/
今回の視聴率も16.9%と微増、好調キープです!!
そして皆皆様、わたくし今回心底「面白かった~!」って思いましたわ(←じゃあ、今までは何だったんだって話ですけれどww)
その上、謎解き最後の手塚お嬢様とレオ執事の場面(「50年よく仕えてくれました」っていう一連のところですよ) そこで思わずうるっときてしまった。
いやぁ~、まさか謎Dをみて、うるっとくる日が来るとは思わなかったww
かなり笑わせていただいたところで、まさかの「うるっ」
良いものになってきていてホントに嬉しいです。

そして、執事様の毒舌ぶり場面も今回満載で、ついでにメガネ付けたり外したりが多いし、ホントに全編キュンキュンな回でした(#^.^#)

原作設定を変更して、風祭もフル出場!桔平さんのウザイ自身過剰っぷりと小ネタをはさんでくるおやじな感じに笑わせてもらっています。

そして、お嬢様も凹み顔、ふくれっつら、かなり思いっきりやっていただいていて、可愛いわ~

そして、何よりも執事ですよ・・・

ということで、イターい感想は、続きに


... 続きを読む
2011.11.09 / Top↑
今日は、HEY×3もあって、まああの歌部分hはよかったし・・そして、アメミヤのくだりとかつっこみどころは山ほどあるけれど・・・
とりあえずは神のようによかった昨日のMラバについて

オープニングは、「Monster」
久々に見た気がする。そして、このフリ本当にかっこいいよね~って改めて思ったわ(^O^)
また、衣装がピタッとタイトで、5人そろってホントに細くて身体の線がくっきりでていて、それがあのモンスターのふりにはえる。
スタイリッシュな感じがして、5人の動きがそろっているのもきれいにわかるし・・・
そして、ライトの当たり方もあると思うけれど、なんか5人ともビジュアルがすごく色っぽいんですよね。

ただね、番協の人達の手がちょっと視界をさえぎっていて、うるさい感じはある。
HEYとかでは、毎度すごく気になるんだけど(今回、声は気になったけど手はMラバほどではなかったような)

その後、前半トーク

そして、ニノの曲紹介で「Beautiful days」と「Love Rainbow」

今回やる曲はメンバーそれぞれのドラマ主題歌なわけですが、ニノは「Beautiful Days」だったね(「果てない空」かなぁと思っていたから)
これは、歌いだしがやまたろで好き!

そして、ラブレボ。潤くんが抜かれることが何気に多かった気がしますが、とっても柔らかい表情でニコニコキラキラしていて、ホントに王子様でした(^○^)
花道に5人ともでてきて歌っていたけど、智雅潤の3人はハイタッチでファンサ!
やまたろは、そういうファンサはしない(^^♪
それぞれの考え方ではあるんだけれどね。

そして、その後後半トーク

トーク部分の感想まとめて

勝村さんは、もう完全におやじキラーで人たらしなニノが大好きなことがダダ漏れでした(#^.^#)
そして、どSなニノもみれて、肩抱き合っちゃう2人もかわいくて・・楽しかった。

そして、なでしこ岩清水さん。
岩清水さんが、嵐ファンだと知った時から私的にはとても親しみを感じてみさせていただいてます。
そしてあーばさんの「結局誰が好きなんですか?」なふりから「二宮さん」と告白
ニノにドヤ顔してもらっての、横にいる翔くんとのハイタッチ!
心から、「いわし、よかったね~」って思いました。
(岩清水さんが、嵐が好きって言っても、全然嫌な感じが1つもしないところが、いいなあって思います)

嵐のお悩み相談

翔ちゃんに向かって相葉さんとよびかけるスタッフさんの話、そのうち大葉さんになっちゃうんですって(-_-メ)
翔ちゃんは笑い話にしているけれど、でもこれって、お仕事する人間としては失礼な話よねって聞きながらちょっと思いました。
間違えられた翔ちゃんもかわいそうなんだけど、
(よくご一緒になる)スタッフさんであるにもかかわらず、名前を間違え続けるってどうなの?(これは、翔ちゃんだからっていうより、仕事をする相手にそれってどうなの??って思い、笑い話として笑いきれなかった私)

迎えの時間を、すぐに忘れる大宮!
もう、この大宮の様子がかわいすぎる(#^.^#)

そして、相葉ちゃんはもんじゃの鉄板つきテーブルが欲しいんだそうで。 是非、みんなでプレゼントして相葉宅にて5人でもんじゃしてね。(そのくだりは、次回のシングルのシークレットトークとして収録していただければ)

そして、「迷宮ラブソング」

このふりつけ、いいね。曲は聞けば聞くほど好きになってきているし、踊るのを見れば見るほどさらに好きになる!

最初歌いだしは、やまたろ♡(この2人の声の響きが好きです)
そしてボーカルを雅潤智にチェンジした時、後で踊るやまたろの振り付けがかわいい。

♪くもりのない~
で歩きながらの智のアップが超好きな顔で、ステキ!


♪その手を強くひくよ~
で膝をついて手をさしのばすところも、かなりツボ
翔ちゃん先頭で、どうしてもそこに目がフォーカスするせいかなぁ、テレビを見ながら微妙に照れる私です。

♪蒼く光る無数のピース・・・
で、智くんが翔ちゃんの肩に手をかけて、キャー山 =(>_<)=
翔ちゃんのちょっと戸惑いがちな、恥じらいを含んだ表情が好きすぎる(#^.^#)
(智の確信犯的ドヤ顔も)
そして、私は山ばかりに意識がいっていて気付かなかったんですが、教えてもらって見直したら確かに、
最初ニノがちょっとだけ視線を送っているのね。でも翔ちゃんは100パー、智に心奪われてるから気づいていないの・・・。


「マイガール」はラストだったので、ホントにちょっとだけしかオンエアではみれなかったのががとっても残念。
でも、花道の3人も可愛いけど、ステージにいる翔潤が何より美しかった!!!!です。

今回、衣装も髪型も5人ともGood!

髪型は、
智くんは前髪がふわっとあっていいし、すごく柔らかい印象
ニノは短く切ってこのくらいがいい。切れだけど、カッコよかった
相葉ちゃんも襟足短いのがいいし、ビジュは好調キープです。
潤くんはオールバックなんだけど色っぽい
翔ちゃんは、ドラマ中もあり、ビジュは完全に、王子でしたね(#^.^#)
迷宮は最初の踊りだしのポーズのところから、ステキ 翔ちゃんも襟足短くて前髪ちゃんとあって、完全カメラ目線の顔がイケメすぎている。目力感じるしすごくいい(*^。^*)

というわけで、何回見てもリピが止まらない。当分この状態は続きそうです(#^.^#)










2011.11.08 / Top↑
先日、ZIPでもとりあげてくれていましたけれど、オリスタの恒例企画「音楽ファン2万人が選ぶ 好きなアーティストランキング2011」
その結果について、先週の金曜日にでた11/14号にくわしくのっています。

オリ☆スタ 2011年 11/14号[雑誌]オリ☆スタ 2011年 11/14号[雑誌]
(2011/11/04)
不明

商品詳細を見る


また、webではオリコンサイトのこちらに⇒

今年の1位は、昨年に引き続き嵐!
2位は、いきものがかり
3位は、Mr.children
(2.3位も昨年に引き続きです)

ということで、今回のオリスタ、嵐さん表紙だし、13ページの特集で、グラビア、各々への読者からの質問、5人座談会などがのっています。もちろん、しやがれ,VSのレポや、ニノのフリーター授賞式、潤くんの舞台、智くんの怪物くんJET なんかの記事も。(かなり嵐満載です)

グラビア写真もとってもいいし、座談会などなども面白かったけれど、ここではちょっとランキングをみて感じたこと。


続きに・・・






... 続きを読む
2011.11.06 / Top↑
翔ちゃんが執事姿で表紙のプラスアクトミニ

グラビア6ページ
本人インタビュー2ページ(おなじみ全部テキストべったりの、かなり読み応えのあるバージョン)
謎D撮影現場レポート4ページ(オフショット、レポこみ)
謎D企画 成川広明さん、P 永井麗子さんインタビュー 各1ページ
の計14ページの特集。

ちなみに本人インタビューと撮影レポは米川里代さんの文

たっぷりですね(^O^)

+act. Mini (プラスアクトミニ) vol.15 (+act. 2011年 12月号 増刊)+act. Mini (プラスアクトミニ) vol.15 (+act. 2011年 12月号 増刊)
(2011/10/31)
不明

商品詳細を見る


続きに、感想です。


... 続きを読む
2011.11.06 / Top↑
今朝は、「ニッポンの嵐」や「ワクワク学校」の収益、本人達分の印税等など、3億円を嵐が被災地3県に寄付したっていうニュースをやっていました。
詳しくはこちら
→asahi.com

また、お昼に相葉ちゃんののど飴CMの発表会の席でのコメントも寄付に触れています。
→テレ朝ニュース

復興にはきっと、お金も必要、そして気力・気持ちも必要。
教育や観光に使われたらと希望しているそうですが、生きたお金として役立てられればいいですね。
そして、3週間に1回づつ3県のラジオ局で番組を継続してやっていたり、今度はVS嵐の番協に被災地のご招待もあるようですが、彼らなりの方法で元気を届けることをしていてくれるのも、陰ながら応援したい気持ちです。


ということで、今日は11月2日に発売された「迷宮ラブソング」について

謎Dの主題歌「迷宮ラブソング」ですが、火曜日にフラゲしてきて見てます、見てます!!聴いてます、聴いてます!!

ということで、PVと曲の感想を続きに。


... 続きを読む
2011.11.04 / Top↑
CDデビュー、12周年おめでとう!

今日は、NHK特番の収録日ですね。
デビューの日5人仕事でよかったね。(そして今日番協に入った方、一緒にこのタイミングでお祝いできたのは羨ましいなぁ・・・まあ、ないものねだりしても仕方ないから、私はここから)
今日は仕事終わり、5人でお祝いできたりするのかしら・・・(翔ちゃんはドラマの収録があるから難しいのかなあ)


まあ、12周年の気持ちって、先日9/15の結成日の時にもちょこっと書いたので、今回はすごくいいタイミングで発売になったMORE12月号(嵐さん表紙)の「嵐ありがとう、のカタチ」と絡めて。

嵐さん達は、「ファンから贈られていると思うものは?」
っていう質問に対して

智「幸せな顔」
翔「支え」
雅「見てくれること」
和「応援のエネルギー」
潤「原動力」

って答えているけれど、私が嵐さんに贈られているって思うものは何?って思うと
「モチベーション」なのかなぁ。

別に見られているわけじゃないけれど、コンサート前とか舞台とか行く前にはパックの頻度が増したりとかするし(笑)

先日スマホ買って、Jwebがなかなか上手く繋がらなった時も、かなり試行錯誤していて普段の私だったらめげてもういい、無しで済まそうって思ってしまいがちなところも、翌々日にオトノハ更新を控え諦める選択肢はありえなくっていろいろ調べたり訊いたりしながら何とかその日のうちに繋げて(大変でした・・(^_^;)

同じようなことで言えば、これだけネット関係の知識がふえてきたのも、嵐の情報が得たかったり、いろいろみたかったり・・もろもろのことがあるからで。

気分が落ちてる時も、曲きいたりDVDみたりのもろもろで、前に進めている。

たくさんたくさん、受け取っています!ありがとう♪

今年も、「私たちが嵐さんから受け取り」「そして私たちから嵐さんに贈り」のバランスのよい関係性が築いていければいいですね!


続きに、MOREの感想をもう少し








... 続きを読む
2011.11.03 / Top↑
「ツレがうつになりまして」を見に行ってきました。


●「ツレがうつになりまして」
 監督:佐々部清
 出演:宮崎あおい 堺雅人 余貴美子 大杉連  

⇒ 「ツレがうつになりまして」公式サイト

あおいちゃんの役名が「晴子さん⇒はる」で、でも神カルのハルさんとは全く違うキャラクターなので、全然別物としてみることができました。

面白いっていう言い方は語弊があるかもしれませんが、この主人公夫婦の感じがとってもよくって、夫婦の・・そして、家族の繋がる形とか、いろいろに感じることが多い映画でした。

うつ病・・・・、映画サイトのレビューで、実際に体験した方がこれはすごく軽く描かれていて(病気の病状という意味では)実際はもっと壮絶だと書いているのを何件か読みました。
そうですね、これはドキュメンタリーではないし、意図は別の部分にあったりもするだろうから、実際はもっともっとハードな世界なんだろうって思います。

息子の幼稚園の同級生ママの1人が当時うつ病で、本当に辛いし大変なんだなぁって思っていた。
そして、誰よりも幼稚園と小学校の娘たちがやっぱり大変なんだろうなって思っていた。
でも、ママがやっぱり大好きだった。
周りは無理しなくていいんだよって見守るしかなくて、本当に何もしてあげられなかったんだけどね。
何か観ながら、彼女のことを思い出していた。

あおいちゃんもいいんだけど、あおいちゃんのお母さん役の余さんもよかったなぁ。
義理の息子をああいう距離感で見守れて。

そして、病気になったことによって、気づくことってあるよねって思った。ふだんは、なんだかんだと日常に流されてお互いのことがちゃんとみれてなかったりもするし。


そして見ながら、今うちはダンナが諸事情で殺人的に仕事に追われているんだけど、色んな意味で無事でいてほしいなあって思った次第です。
2011.11.03 / Top↑
「謎解きはディナーのあとで」第3話です。
今回、これまでと比べて、よりテンポ感がよくなったように感じました(結構、そう感じた方多かったみたいでしたが、皆様いかがでしたか?)
風祭警部@椎名桔平さんのキャラの出具合加減が程良かったような(すごい上からでごめんなさい)
風祭、すごくアクが強くてたっているキャラだけど、見せ方とか間とかテンポによってはちょっとしつこくなりがちなのが、バリエーションもありつつテンポもよくてよかった。
桔平さんだからこそ、生かしてほしいなって思うんですよね。

それに、クイーンQだとか、リュック・ベンソンネタとか、マスターカードCMネタとか・・・小ネタ要素も散りばめられていて
そのへんもちょっと笑えてよかったわ

視聴率もどうかなって思っていたけど、16.4%と16%台キープ、若干前回16.1%から上がってるくらい(よかったよかった!)

そして、昨日はドS執事炸裂場面も多く、それでいて天然お茶目な感じも満載で満足でございました。

まず、目は吸い寄せられてしまったのは、スコーンをこねる手(あの、手のアップ、GJです)

そして、お嬢様が降伏して「私にもわかるように教えてちょうだい」と言った後の「ニヤリ」とかも(*^。^*)
ドS発言の後の「謎解きはディナーのあとにいたしましょう」のニコヤカな微笑みも。

そして、事件解決後の車内でのお嬢様と執事の会話は、毎週気になって仕方ないけれど・・・。
今週も影山の表情に完全に持っていかれてみていたら、
(お嬢様)「私そういう頑張っている人嫌いじゃないけど」
そして、お嬢様の頑張っている写真を隠し持っていてそちらを見てニヤッと笑いながら「私もでございます」な執事。
えっ、やっぱりそっち方向いってしまうんですか??
その上、お嬢様が「あなた、彼女っているの?」とかきいちゃうし。
でもそのあとの「私が生涯愛する女性の名は1つだけでございます。」「(その名は)きみ」でニヤリとしている影山は、超絶ステキなんだけど・・・。

(この車内場面、いつも謎らぶがかかっていて、すごくメロディが生きていて印象的だなって思いながらみています。)

できれば、今後
知らず知らずにお嬢様は影山を頼りにして魅かれていくんだけど、
影山はあくまでも執事としてお嬢様の成長を慈しみ支えるスタンスで(どちらかというと、保護者的に見守る感じ?)
そして、事件現場に現れるお嬢様を今回は写メって、完全に好きになっている風祭警部との絡みも面白く見せていただければ。


今回、1.2回目とは監督さんが違っていたようで。
できれば、今回のようなテンポ感で来週以降もお願いできればと思いました。
2011.11.02 / Top↑
今日から11月(早いよね、あっという間に1年終わっちゃって、またひとつ年をとっちゃう・・・(^_^;)

10月から、はじまった秋ドラマもそろそろ2回目、3回目が終わって・・・

当初は、このクール面白そうなのがたくさんあるなぁ、全部見きれない!!な~んて能天気なことを考えていたのですが、ふたをあけてみると、意外にみてるものは少量で落ち着いています。

まずお断り。
見ようと思っていたけれど、蜜の味、月9(題名がわからないけど、香里奈さんと、吉高ちゃんと大島さんがでているもの)ミタさんは、第1回め録画しそこねて、もういいや~って思ってスルーしてしまっています。
ミタさんは視聴率も評判もいいので、ちょっと残念。まあ、再放送もやっていた気がするし、途中参戦してもいいけれど・・・(と迷い中。時間がないのよね)
蜜の味は、菅ちゃんだから少なくとも1回は見ようと思っていたけれど、実は女のドロドロ系、ちょっと苦手だったりもするので、そこまで意欲があがっていないのかも。

そして今継続中なのは、「11人いる」「ベム」「南極物語」・・あ、もちろん「謎D」はいわずもがなです(最優先)

「11人いる」は、ひさびさクドカンいいなぁって思いながら見ています。
そして、神木くん!!大人になったね~(あんたは、近所のおばちゃんか!)
神木くん、ちょっと新しい面がでているんじゃない??そして新しいといえば、清四郎くん。
相変わらず達者だなあって思うし、ちょっとH系が端々に入る感じ、「全く、清四郎君にこんなことさせて(笑)」と思いつつ楽しんでます。そして、広末さんがいい!もちろん、クドカンドラマですもの。それぞれのキャラがホントにイキイキ楽しくて金曜日の夜、とっても楽しみです。

そして、予想を超えてよかったのが、ベム。
亀梨くんのベムも哀しいけどスタイリッシュ。
そして杏さんのベラ、あのキャラの感じがカッコいいなあって思うし、
ベロの鈴木福くんはかわいい。
そして何よりお話がしっかりしてるなあって。脚本ですよね。
私は原作アニメほとんどみたことがなくて、先日ドラマに先がけてやっていたのを、チラ見したくらいなんですが。
決してお子様向けではないですよね。でも、10代の息子達世代にちゃんとみてほしいような気がする。
脚本は西田征史さん、この方「怪物くん」も「魔王」もなんですね。

「南極物語」はいちおう木村さんだし、これだけキャストすごいしやっぱり見なきゃねと思ってみています。
まあ、面白いけれど、いずれにせよ力の入ったドラマですよね。

「HUNTER」と「僕とスターの99日」は、まあまあだけど脱落しかけてる感じ・・・です。

それでは、まもなく「謎解き~」がはじまってしまうので・・


2011.11.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。