FC2ブログ
「謎解きはディナーのあとで」第7話です。

今回は15.1%で、前回の14.9%から微増。
バレーボールの影響で15分後スタートだったし、その上15分拡大っていう変則的な回でしたけれどもとりあえず数字もキープでよかったです。

それで、今回15分拡大でまた変に冗長のなっちゃわないのかなとかいろいろ心配な要素はあったのですが、結果面白かった。(監督さんが3.4話の監督さんだったんですね!!)

今回のストーリーも原作では、パート2のものですよね。
(もとから、ぎっくり腰ネタがあったのかどうかはわかりませんが)
いつもとは、また違った展開になっていてよかったわ。

何より、お嬢様がずっと家にいたおかげで、宝の持ち腐れ状態だった野間口さんの出番が増えて桔平さんと野間口さんの絡みもみれた。

その上、謎解き場面は、帽子や@田山涼成さんもいたおかげでちょっと変化もあって。

何より、影山を愛でる会といたしましても、
今回もパワーアップした執事を愛でられて幸せ!

バニーの影山もよかったけれど、
私は喋るなと言われて「喋らないもん」って顔をしている影山とか・・・
「脱帽でございます」をちょい得意げにやるところとか
「はい、あーん」とか
もちろん、帽子やさんに向かい合う凛々しい表情も見れたしね。
(メガネはずしもあったし)
あと、追い詰められた帽子やさんをみつめるまなざしもよかったわ

そして、最後、テンガロンハットをかぶせ「名裁きでございましたよ、保安官殿」
このシーンはよかったわ。
執事の優しいまなざしはもちろんのこと
お嬢様が泣きだし拍子に、執事の胸で泣き崩れないかと心配したけど(笑)、ちゃんと踏みとどまってくれてよかった。(腕に手をかけてつかまっただけでしたね)
小さい頃から見守ってきた唐沢に対してならともかく、まだこの段階の影山に対しては、一応使用人なんだしあのくらいがお嬢様としての節度かと。
一部で、LOVE要素に走らないか、心配する声も目にしますが、
ここで執事とお嬢様の恋に発展しても誰がみても面白い要素はないし、匂わせるだけ匂わせて、信頼関係、絆が深まるどまりではないかと私は思っております。(っていうか、その程度で十分なんじゃない?)

来週も、ストーリー的にはちょっと良い物語そうなので
ドSと同時に、包容力のある表情もみられることを楽しみにしています。
スポンサーサイト



2011.12.01 / Top↑
日テレ系の「ベストヒットアーティスト2011」

今年で、翔さんの司会も3回目
今年は、翔ちゃん+バード+鈴江さんって言う安心の組み合わせ。

翔ちゃんの司会も、つっこみどころは若干あれど(笑)、何よりリラックスして楽しそうに進行していた姿が嬉しいです。(髪型もばっちりだったしね)

それに、今年は前半で怪物くんがチョイチョイ登場して楽しく絡んでくれてたし、

カツンの応援で福くんが登場して、福くんとの絡みもほっこりでした。
福くんと目線を合わせるため、両脇でしゃがむ翔くんと亀梨くんの様子にもほっこり。

そして嵐さん
最初の登場シーンまた4人で騎馬戦してたし(笑) でも、今年はM字開脚じゃなかったww


衣装もね、最近いつもいい衣装着せてもらっているなぁって、
今日もステキだったわ
(今までの、迷宮の音楽番組4回のうち5人ともでみたら一番好きかもしれない)

トーク部分、
「ここまで櫻井さん総合司会で」というふりに、ちゃーんと横で拍手をしてくれている潤くん(*^。^*)
そして、大ちゃんは恒例の司会の感想をきかれて、しっかりぼけてくれて(笑)
翔ちゃん、嬉しそうだったね!!

支持層のデータ、
まあ、まんべんなくといえばそうだけど、35~49歳女性が一番多くて、二番目が20~34歳女性がついで。
この2つで半分超えていた。
10代が、他グループと比べたら少なめだったけど・・・
(何か、ちょっと申し訳ない気分になった私 笑)

そして曲は、Monster、ラブレボ(これはちょっと意外だったかも)、そしてCMまたぎで迷宮ラブソング

Monsterは、今絶賛「怪物くん祭り」中だからやるだろうと思ったし、さすがに他局でドラマ中とはいえ最新シングルだkら迷宮もやるかなって思っていて、あと1曲は何かなって思っていたら、ファンサ曲はラブレボだった。

ラブレボ前、珍しく相葉さんが曲紹介と盛り上げやっていたね。(いつもは潤くんが多いけれど)

そして、迷宮ラブソング
この曲のフリ大好きです。
やまたろダンスも毎回楽しいし、
ひざまずくところも、
櫻+大宮で肩に手を置くところとか
ツボ満載!

それから、モンスターも迷ラブもだけど、途中のソロの時の大野さん、ホントかっこいいです。(渋い!)
今、映画キャンペーン中かつドラマ撮影中で、ビジュアルが高位キープ中だからなおのこと。

3時間だったけど、途中あきることなく楽しく見ました。






2011.12.01 / Top↑