上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今週の火曜日は、謎DSPでした。





... 続きを読む
スポンサーサイト
2012.03.30 / Top↑
今日、ランチ会の幹事でお店の下見を兼ねての打ち合わせランチをしていてたら、友達からメールが・・・・。
「大変だよ!シングルもDVDも発売決まったよ」
打ち合わせランチだったから、抜けるわけにはいかない。

セブンネットのリンク送ってくれたけど、繋がらないんだなこれが・・・
(サーバーダウンしていたみたいですね)

フラゲしたいから、ホントはセブンネットで予約したかったけど・・・・今はアマゾン待ち状態です。

で、さっきから、落ち着かないし気ばかり焦るから、落ち着く意味での情報整理。


まずはシングル

2012年5/9発売

『Face Down』

初回限定盤
<収録内容>
CD収録曲<2曲+オリジナル・カラオケ1曲>
1. Face Down
2. タイトル未定A
3. タイトル未定A(オリジナル・カラオケ)
DVD収録内容
『Face Down』 (ビデオ・クリップ)

通常盤
CD収録曲< 2曲+オリジナル・カラオケ2曲>
1. Face Down
2. タイトル未定B
3. Face Down(オリジナル・カラオケ)
4. タイトル未定B(オリジナル・カラオケ)



コンDVDは、

「ARASHI LIVE TOUR Beautiful World」
2012年 5/23発売

初回限定盤(DVD3枚組)

DISC1/DISC2
国立の9/3分収録
(アンコールまで全曲収録)

DISC3
「スペシャル映像」(内容未定・約80分予定)
48Pブックレット封入予定

通常盤はこのうち、DISK1、2のみ


今夜中の時点で、またあまぞんとTSUTAYAがはじまっていないので、私は予約できてません。
ネット予約はその他のところは、主だったところは現在ほとんど終了。
店頭は多分、まだ大丈夫なところ結構あるんじゃないだろうか・・・

もう本当に精神衛生上悪いよ。
予約が済むまでは本当に落ち付かないもの。

でも、そんな最悪な精神状態だったけど、さっきVSのBetde嵐と、ひみあらの櫻井先生の出張授業がメチャクチャ良くて完全に気持ちが上向きになりました。
(単純なやつです)

改めて、書くかもしれないけれど、最近手が回りきらないことが多いので、続きに簡単に感想だけ



... 続きを読む
2012.03.30 / Top↑
昨日の夕方ののニュースにも、今朝の朝ズバにもありましたが、

昨日、「ブラックボード」の制作発表が赤坂サカスでありました。

詳しくはこちらの記事へ

MANTANWEB
オリコン


そして朝、これから制作発表、来れる方はいらしてくださいとの、Pのツイをみつけて、ちょこっと赤坂まで行ってきました。

続きに、その話


... 続きを読む
2012.03.29 / Top↑
もう、こう週末には終わってしまいそうなので、滑り込みで観に見に行ってきました。


●「キツツキと雨」
監督  沖田修一
出演  役所弘司・小栗旬・山崎努・古舘寛治・高良健吾・臼田あさ美・嶋田久作
主題歌 星野源

公式HP


小栗君が出てるし行こうかなと思っていたところ「南極料理人」をとった沖田修一監督の作品だって知って、俄然みる気満々だったんですが、やっと観にいけました。


面白かった。
面白かったけれど、「南極料理人」と比べちゃうと、私は南極料理人の方が面白かったかな。

きこりの岸さん@役所弘司と監督の幸一くん@小栗旬が、がっつり絡んでくるあたりからは面白かったんだけど、前段がちょっと私には長いかな。
なんか、2人がちょっとづつかみあっていきながら岸さんも幸一くんも、ちょっとづつ変わっていくところ、そしてそれが周りに対してもいろんな化学反応をおこしていくところが面白かった。

結構思わず「ふふっ」って笑っちゃうところが多かったです。
2012.03.28 / Top↑
あんあんの2012.3.28号 相葉さん表紙です。

私は、こんな相葉雅紀初めてみたよ!!







... 続きを読む
2012.03.26 / Top↑
ご無沙汰です。
ずっと、ほぼ毎日更新をめざしていたのですが、(まぁ、書けない日もあったけれど)
ここのところ、本当に更新頻度があいていて・・・・。

ちょっとした感想は、つぶやいて満足しちゃうというのもあるけれど、物理的に忙しいことも結構多くて(まとまった文章って、やっぱりちょっとまとまって時間がないと難しかったりする)
そんなこんなでご無沙汰すること多々ありです。

でも、映画だったりドラマだったりもろもろ、どうしても残しておきたい感想は、ここにまとまったものとして残したい気持ちが強いので、ペースは落ちてはいるけれどこの場は大切にしたいなって思います。

あ、今日は仕事から帰ってから「5年目の嵐ちゃん」みました。
癒されたよ。ああいうのを見たかったのよ。という気持ちでいっぱいです(^O^)
初めは関東ローカルっていうことでしたが、地方でも放映決定のところもあるようなので、時間が多少ずれても全国で見れるとよいですね。(嵐ファンとってはたまらないと思う)

ということで、今日の本題(ここまでが長い 汗)

ブラックボードの番宣、雑誌祭りもうすでに花盛り。

今回Cutがまたまた、ロングインタビューをしてくれているので、その話を









... 続きを読む
2012.03.25 / Top↑
赤坂サカスに行ってきました。

とりあえずの目的は、マネキンの投票
午前中にとりあえず整理券をもらいに行って、集合は夕方。
まぁ、そんな時間の感じだろうなっておもっていたので、一度帰って家ごとや仕事をして夕方出直しました。

このことについては、投票期間が終わってから、私なりの「これ誰予想」を含めてアップしたいなって思います。
(結構迷いました)

そして、ついでにというかこちらも目的の一つ、今サカスでやっている「こども元気ひろば」内の「ブラックボード」のブースもみてきました。

こちらのブースも午前中は、大混乱。特に並んでとかはありませんが人がごった返していて写真を撮るのも一苦労。でも、夕方投票後に行った時は、さすがに人もパラパラでスムーズにゆっくりみれました。

20日にテレビでも散々やっていましたが、
第一夜の衣装



足元のアップ



これは、戦後帰ってきてからの服装だと思うのですが、足元泥がついているんですよ。
当時は舗装されたりなんてしていなかったですものね。(私は、もちろん生まれてないけどww)
 

そしてこちらは、戦時中のものと思われる。



このヘタって穴があいての靴。
こういうところの1つ1つのリアル感って大切なんだろうなって感じます。
(でも、美術さんこういうふうに仕上げるのって、結構大変?)
 

そして、教室風景



私は遭遇しませんでしたが、時間によって戦争体験者の方のお話をきいたりといったイベンもあるようですね。

給食は・・・・・・食べてきませんでしたww

後、ブラックボードのほかにいろいろな番宣のブースがあったのですが、
SPドラマと映画が公開になるSPECのブースもありました。
SPEC、大好きで今深夜にやっている再放送もみているし、SPや映画も見に行きたいって思っているのですが、

とーまの習字とかが飾られたり、台本があったりした中で
堤幸彦監督のカット割台本などというものが。



これは、ちょっとテンションあがったかもww






2012.03.22 / Top↑
ZERO写真展、仕事で銀座に行ったついでによってきました。



ここ、2.3年毎年見させていただいていますが、今年は震災がありそして震災にからんだ写真が多かったせいもあり全体を通してあたらめて、引き締まる思いがするものであったと思います。

こういうのって、何て表現したらいいんでしょうね。
被災地の写真もあり、被災地での村尾さんをはじめZEROのキャスター、スタッフの方達の、その現場でまさに向かい合う表情があり、報道センターやスタジオでの緊迫感があり、出演した様々な方(野田総理、枝野官房長官から、ゆず、竹ノ内豊さん等など)のそれぞれ、その時の気持ちを感じさせる様があり。

もちろん、毎年の写真も、それぞれに気持ちや向かい合う姿勢を伝えてくれるものですが、昨年の写真はより3.11と、そして現在もまだ終わらないその後につながる一連の流れに集約されていくような気がします。

翔さんのものは3枚、

3.14、震災後初めての月曜日の、報道センターでラルフさんと鈴江さんに挟まれ、電話をしつつ、打ち合わせをしているところ、カラーとモノクロ1枚づつ。
そしてスタジオのキャスター席に座っているカラーのもの(多分、本番ではなくリハかなと思われます)

あの日、そもそもテレビ自体もずっと特番続きでCMもなくなりの異常な状態の中で、初めての平日で通常のZEROも震災後初めてで、翔さんもどんな様子で出てくるのかなんか、固唾をのんでdkdkしながらみていたと思うのですが・・・。
写真の中の様子はホントに真摯で、駆り立てられるようなそれでいて冷静なそんな気持ちが伝わってくる表情。
(仕事をしてるって感じで、めちゃかっこいいです)

カメラマンの大村さんも、多分あの時の大混乱の中、翔くんはじめスタッフの皆さんのこういう表情を残しておいてくださったことに感謝ですね。


続きに金曜日の華嵐のこと。



... 続きを読む
2012.03.19 / Top↑
「ワイルドアットアート」先週火曜日に初回盤、通常盤とフラゲしてきてます。

そして、感想がこんなに遅くなっちゃったのは、
先週月曜日にHEY×3、水曜日に音楽のちから、金曜日にMステと音楽番組が目白押しだったから。

もちろん、今回のPV可愛いし、とってもよくて大好きだったけれど、はっきり言ってHEYがよすぎた。
音楽番組で珍しくフルでその上、ずっと踊っていて、振りもめちゃめちゃ可愛い、と来たらどうしてもHEYをリピする回数が増えてしまう。

でも、結構かなりみてますよ。

ということで、チョコチョコかいてはいたのですが、音楽番組も一段落したところで、PVと曲についてです。







... 続きを読む
2012.03.15 / Top↑
Bunkamuraでやっている(といっても期間が今日が最終日でしたが)「フェルメールからのラブレター展」に行ってきました。

フェルメールとは言っていますが、フェルメールの作品は「手紙を書く女」「手紙を読む青衣の女」「手紙を書く女と召使い」の3点。
あとは、フェルメールと同時代の17世紀オランダ絵画から、コミュニケーションをテーマに構成展示しています。

まずは、フェルメール。
意外に、本物のフェルメールに接する機会が私は少ないのですが(フェルメールをガッツリ集中的に見た記憶がない。何かの展覧会とかで1点とかそんな感じ)

他の画家に比べて、静謐だけどその一瞬の場面から感情が静かに満ちてきているようなそんな絵。
中でも今回きた3点の中では、「手紙を書く女と召使」が一番好きだったな。
後ろに立つ召使いの目線といい佇まいといい、物語を感じる。

あと、その他では
ヤン・ステーン「生徒にお仕置きをする教師」
フェルディナント・ボル「本を持つ男」
ヤン・リーフェンス「机に向かう簿記係」
ヘリット・ダウ「羽根ペンを削る学者」
あたりが心魅かれました(完全に、自分の覚書)



●「フェルメールからのラブレター展」 Bunkamura ザ・ミュージーアム 2011.12.23~2012.3.14


2012.03.15 / Top↑
大河関連で清盛もの、平家物語関連本の第2弾です


●「清盛と平家物語」  櫻井陽子  朝日出版社

清盛と平家物語清盛と平家物語
(2011/12/16)
櫻井 陽子

商品詳細を見る


これ、加賀美幸子さんの平家物語の要所要所の朗読が入っています。

平家物語を、人にスポットをあてて、その人がフューチャーされている部分を抜き出しながら解説している本。
平家物語、またこの時代の歴史の入門的に読める本でとっても読みやすいわかりやすい本です。
(イラストも多いし、系図等も随所にあるのでわかりやすい)

清盛、後白河院をはじめ、主な人、また後世の物語でよく取り上げられるエピソードの登場人物をとりあげているところもなじみやすい部分かも。

まぁ、ほんとに入門書的な感じではあるんですが。


あと、つけたし情報。
この本、私は平家物語関連の本を図書館で検索していて偶然見つけたんですが、
S氏のお母さまの著作です。









2012.03.14 / Top↑
昨日は、3.11
もう1年たったんですね。

昨日は、震災特番やら目白押しでしたが、改めてまだまだそれぞれに大変な状況が続いていることを感じます。


最近は、私個人としては、放射能に対してのもう投げやりな気持ちでの不安がひたひたと増していることとかはあったりするのですが・・・

でも、東京にいて毎日の日々にかまけていると、もうそれだけでめいっぱいになっていたこともある。

でも、昨日「復興テレビ」観ながら午後仕事をしていて、そして2時46分黙祷して・・・・
その時ちょっと自分でもびっくりするほど泣けてきました。

なんか、1年前の日が、そしてそこから続くもろもろのことが、わーっと甦ってきて、ちょっと自分でもびっくりしました。
家族と連絡がなかなかつかなかったり(とはいっても、何時間後かにはちゃんととれたわけですが)
毎日揺れる日が続いて、テレビからはこれでもかと津波の映像が流れて、
急にお店からものがなくなって、節電で世の中全体が何か暗くなって、一時は人通りも少なくなって・・・
テレビもCMも消えて通常番組がなくなって・・・

こんなこと、東北の被災した地域の方に比べたら、大したことでもなんでもない。
それでも、私自身にとっては初めてのことでした。

そして、首都圏にかなりの確率で大地震が起こると言われている昨今、
だからといってどこに行けるわけでも、どこに行きたいわけでもない。
ここに居続けるしかない。
どうなるんだろうかっていう漠然とした不安を感じます。

そして、そう思うと宮城、岩手、福島の方達の不安もより痛い気持ちで胸に感じる気がします。


以下、復興テレビのこと


... 続きを読む
2012.03.13 / Top↑
生ワイハとっても楽しかった\(^o^)/

hey×3に引き続き、今日もフルでした。
衣装も、今日は青のチェックシャツ。
今回も前回も、ハナマルです。(衣装が毎回、大好きっていうのもなかなかないことなので(←コラッ)
嬉しいです。


それでは、続きに感想

... 続きを読む
2012.03.09 / Top↑
音楽のちから2012 いろいろに、とっても感無量でした。


... 続きを読む
2012.03.08 / Top↑
先週、4夜連続で、フジテレビの深夜にやっていた「O-PARTS」観ました。

丸ちゃん主演っていうところで、どんなのかなって思ったのがきっかけだけれど、未来からやってくるテロリストの話、予想以上に面白かったです。
もちろん、深夜でいろいろつっこみどころはあるんだけど、ストーリーも面白かったしいろいろ発見もあった。

主演は丸山隆平

最近エイトの中では、かなり丸ちゃん、おしてもらってますよね。
今、ストロベリーナイトにもでているし、私は未見ですが映画「ワイルドセブン」にでていたし、
今回深夜とはいえ主演。
こういう等身大で、それでいてシリアスな役、新鮮だし(いつも、明るいキャラが多かった気がするので)好演だったと思います。

吉田鋼太郎さんと吹越満さんは、非情な役どころ、ベテランがしっかり押さえていたなって思いますが
「この子誰??」って思わずググってしまったのが捜査官の1人和馬役の染谷将太くん。
あまり私自身は、みる機会がなかったんですが、子役からいろいろに出ている方なんですね。

そして映画「ヒミズ」の主演だった子なんだという事実を把握。
「ヒミズ」評判良かったしみたいなって思っていたけど、もう終わっている。
DVDが何かでも、そのうち見てみたいなって思いました。

脚本が黒岩勉さん、
最近かなりフジでよく書いていらっしゃる方ですよね。
ストロベリーナイトもだけど、謎Dも、絶対零度も。
(共同枠が多いってことですかね・・・)


これは、1本も45分で短めで4話完結で、手軽に楽しめて私の中ではかなりヒットでした。

2012.03.06 / Top↑
ワイハ~~ヽ(*´∀`)ノ

Hey×3で、ワイハもといワイルドアットハートを初披露

もう、衣装も好きだし(チェックのシャツに黒のジャケット、細身のパンツ、ふりふりの王子様テイストも悪くはないけど、これ好き、可愛いしかっこいいよ)

ふりもいい、全部振りつけてくれてたね。
手振りが特徴的だけど、結構動きがあって。これはやく覚えて踊りたい!!

その上、たぶんフルでしたよね。歌番組でこんなフルでやってくれるなんて!!!!!

いや、家庭の事情で、オンタイムでガン見したあと、まだリピ出来ていないので
ざっくりした書き方で申し訳ない!!

PVもいいなぁ、好きだなぁって思っていたけれど、ワイハ大好きな1曲になりそうです。


あと、忘れずに書いておかなきゃならないこと。

冒頭、福岡での翔くんハピパの、ミニスカポリス映像公開でした。

実は先週、予告が一瞬流れた時、
ちょっと複雑な気持ちだった。
もちろん、私は生ではみれてません。
だから、レポを読んであれこれ想像していたので、見れることはとっても嬉しい。
でもね、なんか大事な翔くんハピパのこのミニスカ映像
面白いけど、単に面白いだけでなくて、メンバーの気持ちがこもったサプライズで、それを全国ネットで流しちゃうの?テレビでなんて流さないで、DVDの初回盤にいれてよ!!!って思っていた。
なんか、大事な翔くんハピパのミニスカが、全国ネットで流されて、この子達面白い子ねで終わってしまうようだったらなんかいやだなっていうきもちがありました。

でも、結構しっかり流してくれて、ちゃんと元ネタのTabooも流してくれて、最後5人でゲッダーーンで倒れるところまで見せてくれて・・・・。

やっぱり見れて嬉しいな、そういう気持ちになりました。
今日はいろいろにHey×3はいいお仕事してくれました。


嵐名曲ランキング

10位 きっと大丈夫
9位 果てない空 
8位 WISH 
7位 truth  
6位 Happiness 
5位 サクラ咲け
4位 Monster
3位 A・RA・SHI  
2位 Love so sweet
1位 One Love


また、リピしたら色々書きたくなっちゃうかも。



<追記>
ということで、追記です。
基本は昨日の夜中、リピしながら思いついたことを書きとめた自分のツイの加筆修正版です。


ふりは、みんな可愛い。サビは特に。猫手みたいにしているところは、後ろに回してる?
サビの手ぶりはニャンニャンも含めほんとに可愛い、早く全部覚えて踊りたい!

そして、最初のサビおわり。アップの翔ちゃん、キラキラ

そして、「OK,all right・・・」のニノの手ぶりとウィンクのどや顔が好き。
上半身が、ヒューチャーされてるこのワイハのふり、ニノの踊りがもともと大好きな私としては、とっても嬉しい。

あーばさんソロの部分、ステップしながらでてくるところがかわいいな。

そして、問題の翔潤ならび、ふたりともどや。
絵になるし、かっこいい!!!
そして2人で歌っているバートから、翔ちゃんの声が、すごくひびいていて嬉しい。

じいまごの、「そう、暗闇の中で」の後ろで、アイコンタクトしておふざけモードがかいまみれるやまたろ(//∇//)みえないところで何してる(笑)?
たぶん、このフレームからはずれたところで、スタンドマイクをかたしているんだと思うんだけど、確実にアイコンタクトとりあってなんかふざけてそうなそんな気配がつたわってくるww

でも、次に「たとえ倒れたとしても」でやまたろ2人がヨコ移動でフレームインする時は、めちゃかっこいい。

最後のキメ顔に、キュン(#^.^#)←特にしょさん

Jはね、全部かっこいいよ。
そして、智くんの踊りは相変わらず軽やかでステキ

場所どこだったかな、あーばさんが真顔になって歌っている場所があって、その後ろでちょっと優しい顔で何気なくあーばさんの方をみるしょさんと2人ショットになっているところがあった。その2人の表情が忘れられない。


衣装について、シャツはやまたろがイン、そして、櫻葉はボタンダウンで黒ネクタイ、インナーに白Tはモデルズ
智はネックレスが印象的
2012.03.06 / Top↑
昨日は、夜、火鍋を食べに行って嵐話をたくさんしてきたので、末ズの嵐ちゃんは今朝みたんですが・・・、
(ちなみに、VIPでも出たことがある火鍋のお店だったんですが、とっても美味しかった)

にの・・・なんか、苦手なことが続くよねw

昨日は末ズでのおもてなしで、貫地谷しほりさんがゲスト。
で、絶叫マシーンが大好きっていうことで、富士急ハイランドに行ったわけですが。
乗り物だめな(ましてや、絶叫マシーンも)ニノは、地上で富士急のグルメベスト10のレポート
あとの4人ならともかく、10種類も食べるなんて絶対きつそうだよね(そして、案の定だった)

この間は仲間さんゲストの大宮の釣り企画で、もちろん船にはのらなかったし。
なんで、この回でニノキャスティングなんだろうなぁって、ぼんやり思っていたら、

ニノ担さんいわく(すみません、約1名ですがw)1回くらいだったら絶叫マシーンにのってもらって、へろへろニノもみてみたかったかもと。
確かに、紀香様回の大蛇と写真の時は、ガチでこわばってるしょさんを、結構美味しく見ていたかもって思って(どS)
特にやまたろは、ふだん準備万端だとなかなか素な反応がみれなかったりもするので、追い込んでみるのは楽しいなぁとか思っていた次第です。

そして、追い込まれると言えば、俺千葉で何がこれから起こるのか分からず、すごく不安な表情をしながら朝キャンピングカーにのってきたしょさんを思い出し・・・、

そういえば、アレ以来 俺の○○のメンバーおもてなし企画ないよね、こないかなぁと思う日々。
まぁ、正直なところ、現在全員が主演ドラマ&映画で演技仕事中のため現実難しいよねとは思うのですが。
(雑誌か何かで、相葉ちゃんも準備が結構大変だったって言っていたものね)

これは、ほんとに不定期でよいから、できるだけ全部の組み合わせをやってほしいなぁ。
あと、3人企画もいいかなって。

翔さんが、にのあいをおもてなしするとかっていかがでしょう。
例えば温泉企画(前、ニノのことおもてなしするなら温泉みたいなこといってませんでしたっけ?)
3人で露天風呂はいって、3人で並んでマッサージ受けながらgdgdトークしてもらって、美味しいお部屋ご飯を食べたら、浴衣で温泉街をぶらぶら。射的したり、おみやげ屋さんのお土産にいろいろツッコミいれながら見たりして
、お部屋で枕投げやって、最後に川の字で寝てピロートークして。
(あれ、なんか翔ちゃん企画というより、あーばさん企画っぽくなっている??)

翔ちゃんと大宮という3人もみてみたい。
ふざける大宮を、慈愛のまなざしで眺める翔ちゃんを久しぶりに見たい。

あと、末ズでおもてなし担当で、翔ちゃんを持てなす回、大ちゃんをもてなす回があればいいなぁ
この場合は是非とも、末ズでプラン作成のところからみせて欲しいなぁと思ったり。

嵐ちゃんは、どうも神回の時と、どうでもよいような回の差が激しすぎて・・・・
でも、ぜひぜひ出来る範囲でよいから、俺の○○企画続けて欲しいなあ


そして、今週は震災ラジオの週
今週は、じいまご担当
どうやら1年間ということで、次回は最終回。
次回はひさびさに5人がそろうようですね。
2012.03.03 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。