上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
藤原竜也くん主演の蜷川ハムレットを見てきました。

●「ハムレット」
場所 埼玉彩の国芸術劇場
原作 w・シェークスピア
演出 蜷川幸雄
出演 藤原竜也 満島ひかり 満島真之介 横田栄司 内田健司 たかお鷹 鳳蘭 平幹二朗 他


全体の印象としては、狂気に満ちた藤原竜也はやっぱりすごい!っていうことと、平幹二朗さんの安定感がはんぱない。
まずは、その2点が印象的。、
ハムレットは、有名な話ではあるけれど、昔子ども向け?の物語で読んだくらいで原作では読んでいなくて、それでも話の大筋はわかっていたつもりだったのですが。

なんか、筋に関しては、謎が深まった。

まず、ハムレット@藤原竜也の狂気はすごく伝わるけれど、父王をしたって毒殺した叔父に復習しようとする狂気は伝わってくるけれど、私がハムレットに漠然ともっと内省的な印象を持っていたのは、イメージとは違ったかも。(原作はわからない)そして、なぜか今ひとつハムレットに対しては感情移入はできない私。

そして、これはなぜかクローディアス@平幹二朗があまり悪党に思えず、兄殺しに彼なりの苦しみが見える気がする。(だからハムレットに完全に肩入れできないのか?)そもそも、クローディアスが兄王を殺した動機って、ガートルードに対する横恋慕なのかそれとも権力を手に入れたいっていうことなのか?(原作読めっていう話ですのよね・・)

王妃ガートルード@鳳蘭は、クローディアスの兄殺しに加担していたわけではなくて、夫が死んで強きに流れたという「弱き者、汝の名は女」というハムレットのセリフのとおりのキャラっていうことでOKなんでしょうかね。

そして、最大の謎その1 オフェーリア@満島ひかりは、どういう立ち位置?私はそもそもはハムレットの両思いの恋人で、でも狂気の振りをしたハムレットにフラれたと思い込んでさらにはそのハムレットに父を殺され、それで精神を病んだのかと思っていたけれど、今日の舞台をみていてハムレットとオフェーリアの間にあまり感情の結びつきを感じなかった。
確かに、ハムレット側は、オフェーリアを好きだったという部分は垣間見れるけれど、それでもそんなに思いは強くない感じだし、オフェーリアに至っては精神を病んだのは、父を殺されたせいなのかなって感じた。なんかオフェーリアの存在感がちょっと薄かったのかなぁ。

そして、最大の謎2、フォーティンブラス@内田健司って何者!?
いやいや、説明を読めば、ノルウェーの王子だってわかる、わかるけどなんかすごく存在が唐突。そして最後にみんな死んだ後、王位を譲られる存在。
今回、内田健司さんっていう方が演じたのだけど、声がすごく通らなくて線が細い印象。これは、フォーティンブラスのキャラをそう作っているって言うことなんですか?そのへんがよくわかんなくて、更にはフォーティンブラスの立ち位置のわかりにくさも含めでなんかよくわからない存在になっていた気がする。
これ、前回2003年に藤原くん主演でやったハムレットの時、おぐりくんがやった役何ですよね。確か、出番は少なかったけれど、すごく良かったというのを目にしたことがあったのだけど。おぐりんのフォーティンブラスはどんなだったんだろうか。

と、つらつら疑問点を書いたけれど、藤原くんの勢いで見せられてしまう部分があるのは確かです!


スポンサーサイト
2015.01.29 / Top↑
翔くん、33歳おめでとう!

最近、夜会が毎回面白いことがとってもうれしい私です。

去年の誕生日はその前年、家族ゲームがあってそれにいたるまでの演技仕事続きの時期があって、役者櫻井翔の飛躍が見れた時期だったなと回想していたと思うのですが、そういう意味ではこの1年を振り返って思うにはソロ仕事のバラエティがきちんと立ち上がってきたなと。

迷走続きの顔スゴが1年あり、夜会になってもうすぐ1年。
有吉さんとの息もだんだんあってきて、内容もVTR中心から2人にゲストを加えてのトークを充実させる方向にシフトしてきて、スタッフも彼ら2人を活かす企画にしてくれるようになってきて。スタッフとの間の関係性もきっと深まってきてるのだろうなと思うのです。
音楽番組の司会も、きちんと進行をさせつつアドリブも加えながらの余裕を感じさせる様子はほんとうに安心して見れるし。

充実を感じます。

そして15周年をすぎあくまでも通過地点と攻めの姿勢が感じられることが嬉しい。

まだまだ33歳、嵐としても個人仕事も攻めの姿勢で充実させてくださいね。

お誕生日、オメデトウ!!
2015.01.25 / Top↑
昨日、今日と2夜連続の「オリエント急行殺人事件」
3時間×2というボリュームのあるドラマだったけれど、時間の長さを感じさせないほど面白かった。

1夜目は、原作に基本忠実な展開
萬斎さんの独壇場、そして克実さん@鉄道会社重役と笹野さん@外科医のおじさんコンビの掛け合いが面白すぎる。
そして2夜目は、三谷さんのオリジナル脚本での事件に至るまでの経緯。もうまさに、三谷ワールド全開で。シリアスなのかと思いきや笑える要素満載だった。
そして、ニノのストーカーぶりがキモかったこと。あのキモさを真顔で演じきる二宮さんがみれてすごく楽しかった。三谷さん、わかってるよね、ああいう部分をちゃーんとのっけてくれるんだもの。

萬斎さんのポアロ、本で読んだ時のポアロ像に重なるかと言われると(まぁ、読んだのはずいぶん前だし)必ずしもピッタリ重なるわけではないけれど。まるで狂言の舞台を演じているような萬斎さんのデフォルメぶりがすごくて、このポアロはありだと思わせる。この人の存在感ってすごいなぁって改めて感じました。

そして、今回のこの企画の真骨頂は2夜目。
ほんとに、殺人事件の計画なのてに、どんどん回転していって、流されながら輪がどんどんひろがっていって、最後の絵にカチっとハマるように作りこまれていく感じ。
感情とノリで突っ走っていく、草笛さんと杏ちゃん。あくまでも女優な富司さん、硬質な感じと柔らかさを併せ持つ松嶋さん。キモさと純粋さと直情を併せ持つニノちゃん。今回はエロ封印な沢村さんw。かっこいいはずなのに若干の残念感がただよう玉木さんw。意外にちょこまかして大活躍の池松くん。そして気が弱くて及び腰なのに、最後は押し切っちゃう八木さん。(全部役名ではなくて失礼します)
なんかポイントがどっかずれていくようで、でもそのずれていき方が、非現実的でありながら、有りそうな感じで。
三谷さんだなぁという感じでした。

それにしても、いつもながらに主役級ばかり集めた豪華キャスト。
そして、こんな豪華キャストの一翼となったニノちゃん、楽しかっただろうなぁ。
三谷さん、また呼んでくださいね。




2015.01.13 / Top↑
「ホビット 決戦のゆくえ」 ようやく見てきました。

実は、今年に入って2本目。
1本目は、アップしてないけれど、デビクロを見てきました。
多分、見納めかなぁ。
なんか、すごくほっこり幸せなきもちになって帰ってきました。

ということで、今日はホビット、これで3部作完結です。

●「ホビット 決戦のゆくえ」
監督 ピーター・ジャクソン
出演 マーティン・フリーマン イアン・マッケラン リチャード・アーミティッジ オーランド・ブルーム エバンジェリー・リリー
ルーク・エバンス リー・ペイス

公式サイト

「ホビットの冒険」は原作読んでいないし、第2部見たのは1年前だし、さすがに最初見始めは、繋がりがどうだったっけ?と予習してなかったことを若干後悔したけれど、すぐに物語の世界に引き込まれてあっという間の感じでした。

戦闘シーンはすごい迫力だったし、スケール感がすごい。

ホビットからロード・オブ・ザリング通して見直したい気持はするけれど、6本は結構大変だよね。
2015.01.12 / Top↑
元旦の夜21時からNHKのAMラジオでやっていた「蜷川幸雄のクロスオーバートーク 第1回 ジャニー喜多川」
途中ニュースなどを挟みながらの約2時間の番組でした。
夜、ご飯を食べに行ったりでさすがにオンタイムは無理だったのですが。

<文字起こしではなく、純粋に感想ですので、あしからず>

現在にいたるジャニーズ事務所のタレントの話、蜷川さんと接点のあるジャニーズのタレントの話、ジャニーさん制作の舞台(ショック、ドリボなど)の話、またジャニーさんの生い立ちから芸能界に入るまでの話、そこらへんを軸としつつ、舞台制作に対しての考え方、アイドル育成に対する考え方などなどが話されています。
また、ところどころにジャニーさんが好きな曲が挿入されています。

まず感じたのは、ジャニワとかもろもろジャニさん制作のものに触れて常々思ってはいたけれど、この人ってほんとにロマンチストなんだなぁってこと。
そして、根底には育ったアメリカ的なものの影響が御年83を迎えた今となっても、色濃く在るんだなということ。
モンキーズ、ドリス・デイが好きで、ウエストサイドストーリーが人生の大きな転機になって、WSS中のクールがすごくかっこいいと感じていて。

そして、ほんとに目が未来に向いているんだなと。後ろを振り返らないというか、興味は未来っていう感じがすごく伝わってくる。このお年の方としてはすごいよねって思う。
もともとジュニア好きだよね、とは思っていたけれど、好き嫌いとかそういうレベルではなくて、その前向きの方向性に改めてすごくエネルギーを感じました。
そして、今の若い子についても、ダンスの覚えも早いし、若い子の力はすごいと。

なんかこの対談を聞いて、ジャニさんという人がすごく腑に落ちた気がする。
根っから、かっこいいものが好きで、後ろを振り返らずこれから先にくるワクワク新しいものに興味にしか興味がわかないんだろうなぁって。
ある意味、育った自分自身で色々作り出すことができることができるようになった人には、育ち上がった嬉しさはあっても、ワクワクは感じないんだろうなぁ。
83歳にしてこの感覚ってすごいなぁって思う。だから、10代、20代前半のジュニアの子達と関わり続けているんだろうなぁ。

(ちなみに、蜷川さんが、これからいい演劇人に育てたい、育っていくだろうというところで、30、31歳くらいにたくさんいると言っていっていて、名前がでてきたのが、小栗くん、藤原くん、綾野剛くん (名前は出てきていないけれど、この同じ世代として、潤くん、ニノも蜷川さんの頭のなかに浮かんでいるといいなぁ)



面白かったところ

ジャニさんと蜷川さんで最近の男の子はみんな似ているというところで意気投合。個性を際だたせるために坊主にしたらいいと。(ニノが過去役で何度か坊主にしてるのは、ジャニさん的にはありだったんですね)
嵐については、ジャニーズグループを順に紹介する中で出てきますが、「嵐なんてみんな個性があるじゃないですか」という蜷川さんに「みんな髪の毛が短いから」と返すジャニさん。(そういうことじゃないと思うんだけどなぁ 笑)

なぜ、YOUと言うのか、アメリカ育ちの口癖が抜けないということ?まぁ、要はもうイチイチ名前を覚えてもいられないし、(←そりゃそうだ、100人単位のジュニアを全部覚えていたらそれこそすごい!)一石二鳥っていうやつですかね(笑)

ジャニさんのところは幅が広い(要はイケメンばかりではないw)という蜷川さん。そこで二人で意気投合して出た名前が森田くんってどうよ(でも、決してけなしているわけではなく愛情を感じるから笑っちゃうけど嫌な感じはないけれど。


しかし、聴き終わって、アラ80のお二人の対談とは思えないほど、エネルギーに満ちたものだった。
ご健康をお祈りいたします。
面白いもの、まだまだ作ってくださいませ。




2015.01.08 / Top↑
ジャニワに行ってきました。

今年のジャニワは、錦織さんが出演、中島健人くんと佐藤勝利くんとが座長で、プラスABC-Zとスノウマン

●「2015新春JOHNNYS’World」
場所       帝国劇場
作・構成・演出 ジャニー喜多川
出演       中島健人、佐藤勝利、錦織一清、橋本良亮、戸塚祥太、塚田僚一、河合郁人、五関晃一  他

ジャニワは3回め、去年、一昨年に比べて、全体に構成がスッキリしてスピード感がました気がする。
なんていうかグダグダ感がなくなって、とっても見やすくなった。

さらには、藪くんには申し訳ないけれど、錦織さんの存在感はさすがです。
締まるしわかりやすいし、歌ダンスともに良い。
あと、新春って銘打っている感じがすごく伝わってくる華やかな舞台でした。


エビのダンス、それにスノウマンが加わった時の切れの良さはさすが。

そして、私は自分でも勝利くんに対して結構評価厳しいなぁって常々思っているけれど、フライングすごく頑張っていたと思う。命綱なしのものも結構多くて、ドキドキしながら見てました。でも、すごく綺麗にきめていた。

健人くんも頑張っていたけれど、彼はいかんせん王子感がただよいすぎるなぁ、笑

マリウスもでていて、ダンスもよかったし、1曲歌わせてもらっていたのも良いかったけれど、あまりの格差感に、激励したい気持になりました。

そして、これジャニワに関してはいつも思うけれど、私達のかけがえのない地球とか環境とかを訴えるメッセージが乗っかってくるのだけれど、言いたいことはわかるが、なんかすごく唐突さを感じる。
これ、どうにかならないものかなと思うのは私だけかなぁ。

そして最後、お見送りがありました。
私が出た出口は塚田くんでした。
2015.01.06 / Top↑
今日1/3は、まる1日アラおめ。
9時からの新春ドラマは、今年は翔ちゃんの「大使閣下の料理人」

見終わっての感じはとりあえず、お正月早々良い物が見れて良かった。

翔ちゃん演じる公さんと西田さんの倉木大使との絡みが、とっても良かった。
若く自分自身の理想や力を試したいと思っている公さんの若さ、初々しさ、それに対する倉木大使の円熟味の対比がすごくいい感じだった。
西田さん、本当にすごく良かった。いろいろに経験を重ね修羅場をくぐり、その中に人柄をにじませる感じがとても魅力的だった。外交といえども、その根本は人と人。そのことを実感をもって感じさせてくれる演技だった。
そして、そういう倉木大使に仕えているからこそ、公邸の料理人としての役割ということを試行錯誤しつつ学んでいく公の気持によりそいつつ見れたのかなって感じる。

妻子持ち役の翔ちゃんは、私的には萌えポイント多数。
もともと、今回のビジュアルはとってもハナマルだけれど、
娘に対する優しいまさざしとか、だっこしている姿とか、文句をいう妻@広末さんに、ちょっとなだめるように話しかける感じとか。

不満だったのはただ1点、ラストシーン。
最後は西田さんと翔ちゃんのツーショットで終わらせて欲しかった。
なんで、あそこで蘭ちゃん@剛力さんがわざわざベトナムからやってきて仕事のパートナーとしてついていこうとするラストにするかな。
ただの仕事のパートナーというより、あきらかに公さんが好きで仕事にかこつけて追いかけてきたっていう感じなのに。
奥さんが公さんの仕事への気持ちをきちんとうけとめて、この先も単身赴任的状況は続くだろうと思われるのに、ここで蘭ちゃんがついて来るの?って思うと若干の不快感。

原作は全然知らないのですが、この後西田さんとのコンビで公邸料理人としての仕事が連ドラになるのかしら?
後味よく楽しめる作品に慣ればいいなぁって感じます。



2015.01.04 / Top↑
年末2泊3日で、家族旅行で四国に行ってまいりました。

1日目は、空路広島に入って、レンタカーで尾道→しまなみ海道→道後温泉泊
2日目は、松山城を見た後、善通寺に向かい,そのあたりでうどんを食し、その後金毘羅さん参り、その日は琴平温泉泊
3日目は、フェリーで直島へ。そこでは地中美術館を見て、宇野経由、岡山空港から東京へ

<1日目>

まずは尾道へ
尾道というと、大林宣彦監督の映画の舞台ということがまず浮かぶのですが、私自身は実は大林作品を全然見ていないので、良くも悪くも先入観なし(笑)
ちょこっと歩いた印象ですが、尾道ってすごく日本的なものが凝縮されている感じ。
海がせまって坂が多くて、お寺と一般の住宅とお寺と神社がなんかぎゅーっと密集して在る。
お寺と神社が一緒くたに信仰の対象として共存している。
鳥居とお堂とがひとつの敷地にあって、そこにお墓も家もある。ついでに赤いよだれかけしたお地蔵さんもある。 
そういうところが、なんか懐かしさを感じるところなのかなと思います。


 

そして、その後ちょうどお昼時だったので、尾道ラーメン!!



尾道ラーメン、東京でも食べたことなくてお初です。
どんなラーメン?とググってみたら、海ベースのスープ&鶏スープの醤油味で、豚の背脂が入ってると合って、確かに!
見た目の印象よりもすごくコクのあるかなりこってり味。
美味しかったです。

その後はしまなみ海道を通り、四国へ。



気持ちのいいドライブコース、季節がよければサイクリングで回る人が多いということも頷ける。
途中、大三島の大山祇神社に寄ったり、道の駅によったりしながら、今治を経由して、1日目の宿泊地である道後温泉へ。

道後温泉では、ホテルの内風呂もいろいろはいって温泉三昧でしたが、もちろん道後温泉本館にも行ってきました。






<2日目>

2日目は、松山城からスタート。



前日から、あちこちに「よしあきくん」なる戦国武将のキャラクターがあちこちにあり、よしあきくんって、何よしあきくん?って密かに思ってました。(さすがに、よしあきくんだけでは誰だかわからず)

失礼しました。松山城を築城した加藤嘉明さまだったんですね。
そもそも、加藤嘉明の名前は知っていたものの、「よしあき」じゃなくて「よしあきら」って読むんだってずっと信じ込んでいたので、「よしあき」じゃ全くピンとこなかった。

お城も、お堀とかもなくちょっとめずらしい感じのお城で、さらには昔の天守閣は残っているし、きれいなお城でした。
中の展示もなかなか見やすくて、松山城の歴史、城主松平氏の系譜などすごくコンパクトに理解できて面白かった。

松山城の後は、善通寺付近まで移動して、せっかくのうどん県ということでうどん屋さんをはしご。



これは1軒目で釜揚げうどんのたらい。
美味しかった。1軒目は「長田in香の香」というお店に行ったのですが(中途半端な時間なのに、すごい並んでいた)たらいのこんな形で食べるのも初めてでした。
2軒目は、「大釜うどん」というところに行ってこちらは釜玉を食べたのですが、どちらも美味しかったけれど、麺の感じがぜんぜん違う。
お店によってこんなに差があるものなんだというのも興味深かった。


そしてその後は、金毘羅宮へ。



ご本宮まで頑張りましたが、785段きつかった。
結構、心臓バクバクして汗かきました。
でも、さすがに眺めは素晴らしかったし、お宮からパワーをたくさんいただきました。

そして、2日目は琴平温泉郷泊
2日目も温泉三昧で、785段の疲れが癒せました。


<3日目>

高松港まで移動し、そこからフェリーで直島へ。

でもこの日はいろいろ誤算が多くて。
そもそも、飛行機の時間が思ったよりも早かったりとか、乗れると思ったフェリーの時間が
カーフェリーでなかったりとか。

結果、地中美術館を見れて、島をちょっとめぐって、草間彌生さんのかぼちゃは見れたけれど。
私的には、非常に物足りない気持ち。
いつか、もっとゆっくりリベンジ出来る機会があればいいなぁ。



その後は、フェリーで宇野に出て、岡山空港経由で帰ってきました。

追記
今回の旅で感じたこと

■ 愛媛の柑橘推し!
愛媛県の道の駅やら、おみやげ屋さん、観光地各所での柑橘推しは徹底していて、いっそ清々しい。
今はシーズンでもあるから、生もあるし、ゼリー、ジュースいろいろあって、何しろ色んな種類(初めて聞いたものもる)があるのが楽しい。
そして同じ瀬戸内に面しているけれど、香川県に入った途端、柑橘の影が薄くなる。
こんなに県により違うんだなぁと思った次第。

■ 予備知識なしだから、本当に素朴に感じたことだけれど、四国というか瀬戸内って日本の成り立ちの中で、古い地域なんだろうなと感じた。
しまなみ海道で途中よった大山祇神社も創建も古いし全国の大山祇神社の総本山らしい。
金毘羅さまも金毘羅権現の総本山みたいだし、とにかく立派だった。

2015.01.02 / Top↑
 あけましておめでとうございます!

(昨年はごあいさつもせずに、年をおえてしまいましたが。)
昨年は更新頻度もまちまちな中、こちらおいでいただき有難うございます。

今年も、相変わらずゆるゆるしたペースになるかとは思いますが、よろしくおつきあいいただければ幸いです。



新年の写真、今日は雪もぱらつくあいにくのお天気でよいものがとれなかったので、お正月のお花を!

2015.01.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。