上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
エドワード・アーディゾーニ展に行って来ました。
アーディゾーニって言って、すぐピンとくる人って、きっと絵本好き?ファンタジー好き?
でも、この絵の感じって見たことあるっていう人は結構いるのではないのかなぁ



●「エドワード・アーディゾーニ展」 銀座 教文館9Fウェインライトホール  2015.5.23~2015.7.13

イギリスのイラストレーターであり、絵本作家。
絵本の代表作は「チムとゆうかんなせんちょうさん」にはじまるチムシリーズ、あとエリナー・ファージョンの挿絵も多く手がけている方です。

アーディゾーニ、あぁ、チムせんちょうのシリーズの人だよねって思って、好きだけどそこまで大好きで大好きでという程でもなかったので、ついでに行ってこようくらいのノリで行ったのですが。
すごくよかった!!!

国内随一のアーディゾーニのコレクターである こぐま社の創立者の佐藤英和さんの個人コレクション。
本当にアーディゾーニの生涯を概観できるようになっていて、持っていらっしゃらないものは1冊だけというそのコレクションもすごく充実していた。

構成もすごく良くて、原画と本文を組み合わせた展示も、一般的ではあるけれどとっても頭と心にはいってすっと入ってくるものだった。
会場の入口にあったあいさつ文の中で、アーディゾーニの本質を「懐かしさ」と表現してあったけれど、まさにそういう感じがする。
なんか、アーディゾーニの描く子どもの姿って、すごくいたずらっこの紳士、淑女っていう感じがする。

そして原画や、初版本などと混じって、友人にあてたクリスマスカードを展示しているものもあって、まるで挿絵からぬいてきたようなイラストにまるで、私達が年賀状に書くように季節のご挨拶がもりこんであるのが、とってもステキだった。

6Fのナルニアの方も一部展示も有り、アーディゾーニの著作やグッズの特設も組んであって、思わず原画と詩に心をもってかれた「マローンおばさん」を買ってしまった。

実はファージョンが読もうと思いつつ、なんかとっつきづらくてエルシードピックくらいしかちゃんと読んだことがなかったのだけど、この「マローンおばさん」の詩の世界は本当に心に響く、そしてアーディゾーニの繊細な挿絵がとてもあっていた。




すごく良い時間が過ごせました。





スポンサーサイト
2015.05.31 / Top↑
ようやく「寄生獣完結編」見てきました。

●「寄生獣完結編」
監督・VFX 山崎貴
脚本    古沢良太&山崎貴
出演    染谷将太 阿部サダヲ 深津絵里 橋本愛 浅野忠信 北村一輝 國村隼 大森南朋 新井浩文  他

公式サイト

前編も面白かったんだけど、完結編とっても良かった。
山崎監督、さすがのVFXだったし、なんかほんとに胸に迫る、泣ける。

ネタバレしているんで、もしまだ見ていなくて、今後見る予定でネタバレ嫌な方は、ご注意ください。


... 続きを読む
2015.05.28 / Top↑
昨日(もう、日付かわったから、一昨日?)更新のオトノハのこと


絶対気づくよね、と思いながら毎度みている「しやがれ」の翔ちゃんの旅企画
結構大胆なことやってるのに、毎度セーフで来ていますよね。

やっぱり、こんなところにいるわけないっていう気持ちがポイントだよね。
ひょっとしたら、いるんじゃない?って思う目でみたら、絶対に気づくもの。



普段、私はほんとに芸能人とかに気づかない人で。

そりゃ、さすがにロケやってれば、誰だろうって見るから、誰がいるかはわかる。
でも、普通にプライベートで歩いているのにほとんど気づかない人で。
友だちと歩いていて、友だちに、「今通り過ぎたの、◯◯だったよね」って言われて、「ええ-、全然気が付かなかった」
ッて言うことが多々。

でも、そんな私でも、前斗真の舞台をみていた翔ちゃんには気付いたもの。
そもそも、誰かいるかなぁと思って、周囲をぐるっと見渡したのもあるし、かざぽんを発見した時点で、誰か隣に来るかなぁと思ってみていたから、発見するのは当たり前だよね。

でも、その時も意外にも気づいていない人も多かった。


でも、そんな気づかない私だけど、この間近所のスーパーで、ウロボロスにでていた某俳優さんみたいな人かなと思う人を見つけたことがあった。(ちなみに小栗くん、斗真ではありません)
すごく庶民的なスーパーだから、そんなところにいるかなぁって思ったけれど、すごく似ていて、思わず二度見三度見してしまった。
でも、その時は、まさかこんなところにいるわけないよね、と思い確信は持てなくて。
でも、裏トークもやっててすごくおもしろくって好きな俳優さんだったから(誰だかわかりますよね)
あれ以来、どうだったのかなぁって気になっている。

話がグチャグチャしてしまったけど(笑)
結局、いるんじゃないかなって思っているかどうか、そこがキーじゃないかなって思うわけです。

翔くん、次週のオンエアも楽しみにしております。
(どこまで、行けるかなぁ)


2015.05.17 / Top↑
GWも今日で終わり。

春ドラマも1ヶ月が過ぎて、「ようこそ、わが家へ」を筆頭に、結構見てます。

● 「ようこそ、わが家へ」 月21 フジ
ご存知、相葉さん主演の池井戸ドラマ。お母さんに若干イラッとしつつww、知らないところで狙われていく怖さを感じています。相葉さんのビジュアルも良好だし、今後も楽しみ。

● 「Dr.倫太郎」 水22 日テレ
どうなのかなと思ったけれど、なんとなく見ちゃうので継続中。堺雅人さん、やっぱり外さないなと実感しています。

● 「心がポキっとね」 水22 フジ
岡田恵和さん脚本。キャストが私の好みなので見たけれど、ストーリー的には若干だれ気味に感じてます。
でも、藤木くんが私の好きなビジュアルで、そこがあるから脱落しなんだろうなぁって思ってるw。

● 「アイムホーム」 木21 テレ朝
あまり、個人的には期待していなかったけれど、木村くんだし初回は見ようかと思って見たら結構面白くて。
奥さんと子どもが仮面に見えるって、かなりシュールだよね。なんで、この2人が仮面なのか、そこが明らかになっていくんだろうけれど、解き明かされる謎はかなり楽しみです。

● 「アルジャーノンに花束を」 金22 TBS
原作を読んだことはないのですが。
切なさを感じながら見ています。もっと、母親や父親とのこれまでを描いてくれてもいいかな。
だって、そこがあって「お利口になりたい」が必然性をもって出てくるのだから。
特に母親がどうして、あんなに放置なのか、今ひとつ腑に落ちないけれど、それは回を重ねれば説明されるんでしょうか。


本当は「天皇の料理番」も見たいと思っていたけれど、すっかり録画し忘れて初回見逃したので、一気にやる気が無くなって、再放送も探さなかった。



2015.05.07 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。