上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
表参道ヒルズで開催されている 「FREE STYLE 2」に行ってきました。

前回の「FREE STYLE」開催時は、嵐に興味を持ち始めたばかりの時期で、なんとなく行きそびれてしまい作品集でみただけでした。

今回の「FREE STYLE 2」の本もすでに手に入れ、時間がなくてざっとまだ目を通しただけでしたが、今回智くんの作品を生で間近に目にして、私自身が予測した以上に惹きつけられ、これをずっと見ていたいなぁという気持ちにさせられました。
私自身が、抱いていたいる以上に、作品のパワーはすごかったと感じています。

まだインタビュー等はちゃんと読んでないからわからないけれど、展示してあった全部の作品が本に掲載されているわけではないんですね。
印象に残ったのは?と聞かれれば全部!と言いたいところだけれど、私にとってインパクトがより強かったものを上げると、

・布に1面がちょんまげを結った子ども、裏にそれを点描で描いている作品。
特に点描の方が。映像等で目にした時、すごく細かくてこれ何?と思う反面、ちょっと気持ち悪い感じもあるかな?(智くんゴメン)とも思ったんです。でも実物、ほんとに綺麗でいつまでも見ていられる。まるで石を貼り付けたように見えるけれど、色々な色で細かく楕円を描いている上に盛り上がる感じで、金や銀を載せていて、その緻密さ、色のきれいさ、体にそった円の大小による模様がほんとに面白い。それに、これきっと若冲の裏彩色にヒントを得てますよね。これだけじゃないけれど、2008年以降の作品である今回、智くんが影響を受けてきたであろうものをいろいろ想像できるのも楽しい。

・前回のタツノオトシゴのような細かいペン画の作品(タツノオトシゴも襖絵になって展示がありましたね)
奈良さんの女の子を思わせる少女がいたり、どこをみても飽きない。いろいろに見ていられる。

・2枚のパグ
・そして赤いキャンパスに左右違う顔をもつ男性(たぶん)を中心に様々な色彩の小さなキャンバスをオブジェ風に配した大きな作品。
今回智くんは油絵に挑戦してるんですよね。パクのようにすごく写実的なもの、そして赤いキャンバスの作品のようにすごく抽象よりのもの。この自由自在さってなんなんだろう、スゴイなぁ。智くんは自分の作品に題名を付けないけれど、この赤いキャンパスの作品には、つけるとすればどういう題名をつけるんだろう。

・フリスタ2の作品集の表紙にあるオブジェ。
これには意表をつかれた。最初、実物をみる前は、悪魔とかそんな感じなのかなって思ったけれど、まさかの水槽に入っていた 笑  これってオコゼ?

・怪物くん
思ったよりも、大きな作品だった。余白のところに、白く薄くオリジナルの藤子不二雄A先生の怪物くんが描いてあって、智くんの尊敬の念であったりがいろいろに伝わってくる感じがした。


そして、何よりも立体作品を除いて平面作品には柵がない。触っちゃいけないけれど、触ることだってできる距離感。
(はっきり言って、すごく指を近づけて指し示しながらお友達と話している人とかいて、もう少し気をつけてほしいなぁという気持ちにはなったけれど)
でも、望めば近い距離感でみてほしいという、智くんの気持ちはスゴイことだなぁと感じました。


スポンサーサイト
2015.07.30 / Top↑
DVDを借りてきた息子から、お薦めされて「天井桟敷の人々」始めてみました。

●「天井桟敷の人々」
監督 マルセル・カルネ
出演 ジャン・ルイ・バロー アルレッティ ピエール・ブラッスール マルセル・エラン マリア・カザレス ルイ・サルー

すごく評価の高い作品なので、もちろん題名とかは知っていたけれど、初見でした。
2部構成で長かったけど、面白かった。

劇中劇のバチストの無言劇が、すごくインパクトがあった。
1945年の作品だけに、時代を感じさせるものではあるけれど、主要人物が人間臭くて、誰もが救われない感があって、描かれているドラマは時代を乗り越えていていろいろ感じさせるものが多かった。

息子のお薦めがなければ、みる機会がなかったと思うので、感謝!

2015.07.20 / Top↑
 オトノハ、今回はテレビの話題。

まずは、Music Dayのこと。

翔ちゃんの話にもあったとおり、ジャニーズメドレーは楽しかった。
最近は、カウコンでのシャッフルに嵐くん達が出ることもないし、こういう機会じゃないとなかなかあれだけの先輩後輩達とシャッフルで一緒にやっているところを見る機会もないから、楽しかった。

翔ちゃんのところは、慶ちゃんやヒナ達と一緒で、まさに日テレラインW.
月曜日のZEROの裏側密着で、慶ちゃんと一緒に振り確認しているところもあってほっこりしていたけれど、ヒナともあんなふうにしゃべっていたりしたんだなぁって。(マルともねw)

One Loveに関して言えば、もうキンキの剛さんと岡田くんの2人の歌が素晴らしくって、あそこから目が離せなくて、マルのことなんてまるで記憶になかったww(ゴメン、確認してみるよ)

Music Dayに関していえば、ラブレインボーとモンスターがなぜ、太陽ソングなのか若干の疑問wは残るものの青キミはきく度に好きになっていて、サビに代わるところがすごく気持ちがいいし良かった!

いやいや嵐さんはもちろん良かったんだけど、今回はV6のメドレーが、さすが20周年だし24Hもやるから力をいれてくれているっていうのがすごく伝わる感じでよかった。新曲も、アルバム予約しているので見るのが楽しみです。

翔ちゃんの司会っぷりについては、最初にベスアの司会を任された頃と比べて本当にアドリブも自由自在、本人の楽しんでいる感が伝わってきて、よい司会っぷりだったなぁと改めて思います。

そして、今回オトノハにもあった8/4の特番のこと。
戦争関係の取材は、ずっと続けていることだし、そういう一つ一つの積み重ねがこういう番組に繋がっているんだろうなって感じます。
ちゃんと見るからね。
2015.07.16 / Top↑
嵐のワクワク学校2015 東京は、土曜日の夜、日曜日の昼・夜と3回有りましたが、6/28(日)の昼・夜の部に行ってきました。

今年は、HeySayJUMPを生徒に迎えて、日本の四季を学ぶ企画。

ニノは、稲作についてで、米という字の由来でもある八十八の手間についてと田植え。(南魚沼のゆるキャラ米々じいちゃん も登場)
潤くんは、お盆と夏祭り 全員の浴衣姿と、ハピネス音頭。
智くんは、茶道について。茶会を開く。
相葉さんは、お餅つきと年忘れ。(奈良のお餅つき名人登場)
翔ちゃんは、福男競争と、今年の豊富。(今年の福男の志和さん登場)

ざっくりの内容はこんな感じ?
詳細レポは、ごめんなさい。WSで映像も上がっているし、とっても詳しいレポがあちこちに上がっているので、そういうものをご覧ください。


以下は、独断と偏見の感想です。

● ジャンプくん達とのコラボ
今回、ワクワクとしては、はじめてのコラボ企画。ジャンプくん達との共演。
結果、すごく良かったなって思います。
5年めを迎えて、ワクワクという企画自体、変化を見つけにくかったと思うから単純にもう1グループ加わって面白かったし。
今まで嵐さん達はTOKIOにいさんやVにいさん達と絡むこと、または同期の存在として関ジャニと絡むことはあっても、下の子達とグループ単位で絡む機会って比較的少なかった。
それが、今回ジャンプくん達とコラボすることで、お兄さん立ち位置の嵐を色々見ることができてとっても楽しかった!!
(夜の部、10年後の抱負を山ちゃんが語るところで、奇しくも嵐のことを「嵐にいさん」って呼んでいて、そっか嵐くん達も「嵐にいさん」って呼ばれる立ち位置なんだって思ったらちょっと感無量だった)

ツイで読んだりした限りではあるけれど、大阪の最初の時は、嵐くん達もジャンプくん達を巻き込んで進めるということに慣れてなくって、更にはジャンプくん達も先輩に対してどの程度で突っ込んでいって良いのかわからずで、阿吽の呼吸にはまだまだほと遠かったようだけれど、東京で日曜日に見た感じでは、嵐くん達もジャンプくん達もこなれつつある感じが伝わってきた。

一緒に田植えをする潤くんと有岡くん。有岡くんにニノや翔ちゃんがいろいろ突っ込んだり入れ知恵して、「潤」呼びさせたり。
(有岡くん、さすがに呼び捨てにするのは、かなりハードル高そうだったけれど、頑張ってましたね)
有岡くんに関しては、夜の部比較的出番が少かったこともあって、翔ちゃんが(ニノだったかもだけど)「有岡どうした?おとなしいじゃん?」って声をかけたり、ニノが話しかけたりしているのが目についた。

あと伊能くんもいい味出していたなぁ。夜の部の忘れたいことで、大阪で夜潤くんからかかってきた電話をメンバーと勘違いしてキレた話も面白かった。
(潤くんが優しそうな笑顔だった)

あと、岡本くんに徹底的に英語キャラをふっているのも。
(大阪では、ここまでいろいろふってなかったし、岡本くんも慣れてなかったみたいとのことだったから、これこそ回を重ねてこなれてきた感じなんだろうなぁ)


●浴衣姿
いやぁ、イケメン14人の浴衣姿は眼福ですな。
そして、全員の着ている柄が違って、各回2、3人づつ柄の説明もしてくれる。
(柄はとても興味深かったので、全部のを見比べながら聞いてみたかった)
翔くんは、濃色の縞模様、
でも私見を言えば、濃色も似合うんだけど、浴衣はもう少し白地とかの明るい色が絶対似合うと思っている。
(今回で言えば、相葉さんや知念ちゃんがきていたタイプ、2人ともすごく似合っていたけれど)
一方で、智くんは絶対濃色でしまった感じがすごく素敵だと思う。
潤くんの柄も、流水紋綺麗でしたね。
私も久しぶりに浴衣着てみたいなと思ってしまいました。(温泉では着るけれど、ちゃんと着付けしてきたのなんて10代の頃だもの)

ちなみに、浴衣ではないけれど、最初のVTRでの生花をする翔ちゃんの和服姿がめちゃ素敵でした。


● 楽しいって正義
ぶっちゃけて言えば、ワクワクに対してのテンションとライブに対するテンションは天と地ほども違って、ぶっちゃけ今年は無いよって言われたら、会える機会が減るのは悲しいなっていう程度のテンションではあるんだが。
そういうあまり多くを望まないテンションで行くけれど、毎回行くとめちゃめちゃ楽しくって笑顔になる。
あまり、道徳的すぎるのとかどうなのという頭はありつつ、彼らがやると温かさを感じて鼻につく感じもなくとにかく笑って楽しくて、いい時間が過ごせたなと感じるのがワクワク。
ある意味それってスゴイなぁって思う。
かなりちまちましたことをやりつつ、ドーム全体をちゃ~んと巻き込んで、すごく幸せオーラで包んでいるのだから。


●ジャンプくんの発見
ワタシ的には、有岡くんが可愛いって思っていたのだけれど、さすが毎週ヒルナンデスで鍛えられているだけあって、メンバーの中ではそこそこちゃんと喋れるし、ポイントアップでした。
あとは、伊能くんが、あまりに可愛くて、やっぱりポインとアップかな。

山田くんは常々、芸に対する完成度といい別格と思っていたけれど、ココぞという時真面目にしめる感じですね。

中島くんは、爽やか好青年すぎる、昔の子役で出始めた頃の中島くんを結構見ていたので、10代後半はとにかく身長がすごく伸びて若干アンバランスなくらいの気もしていたけれど、20歳もすぎて本当に上背もあって全体のバランスがとれてきている感じがする。



嵐くん達同士の様子も、楽しかったけれど、ジャンプくん絡めてのお兄さん嵐を堪能できて、本当に楽しかった。
来年も、ジャンプくんと!または他の後輩たちのコラボが見れるといいなぁ。







2015.07.02 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。