FC2ブログ
昨年の春公開だった河瀬監督の「あん」、見ようと思っているうちに終わってしまって、でもみたいなと思っていたので、アンコール上映等をこまめに見ていたのですが、時間と場所というかタイミングがなかなかあわずでしたが、漸く見てきました。


●「あん」
原作 ドリアン助川
監督 河瀬直美
出演 樹木希林 永瀬正敏 内田伽羅 市原悦子 水野美紀 浅田美代子 他
 
公式サイト

見れて、良かった。押し付けがましくなく、それでいて心にしみて、最後は明るい気持ちを感じられて、良かったです。

物語の背景には、ハンセン病に対する無理解や、置き去りされている現実っていうのがあるのだけれど、それは事実として受け止めながら、そこを感情的にならずに描いているところがいろいろ感じさせるものが多くて良かったと思うし、それぞれ過去や現在の状況から心に固い殻がある千太郎だったりワカナだったりが、圧倒的な弱者である徳江のひとまわりまわって達観した前向きさに救われ刺激されていく様が切なくなる温かさがあった。

樹木希林さんは、あの感じはなんと言ったらいいんだろう、虐げられた過去を忘れたわけではないけれど、それを飲み込んだ上で社会と関わりながら生きていくという、あたりまえでささやかな希望を、ようやく手にして希望に溢れる様子がチャーミングで、それでいて突き抜けたすりガラスのような透明感があって、こういう感じって希林さんならではなんだろうなって思う。

永瀬さん、最初は全く徳江のことを相手にしなかった千太郎が徳江自作のあんを味見し、徳江に対する態度が変わり、さらにはらい患者だったという過去をつきつけられたあとの徳江を守ろうとする気持ちであったり、それができなかった自分への失望であったり、永瀬さんは寡黙な役どころだけれど、その体全体から醸しだされる表情が気持ちをすごく語っていて良かったと思う。

市原悦子さんも、ああこういうおばさんというかおばあさんっているよねと思わせる感じがスゴイ。

そして注目だったのが、内田伽羅さん。樹木希林さんのお孫さんなわけですが、なんていうか似てる 笑。
内田家の血が濃い 笑。 お母さんの内田也哉子さんに似てるよね、そして希林さんにも。
将来女優山になるのだったら、安藤サクラさん的イメージの女優さんになりそうな感じ。
今後が楽しみです。

あと、桜の木をはじめ、描かれる東村山の街の様子や全生園の自然が、雨の匂いや風の質感まで感じられる映像でとてもステキだった



スポンサーサイト



2016.01.06 / Top↑
3が日が過ぎて、年末年始の番組(主には嵐関係)、絶賛消化中です。

そして、ようやく年末の「赤めだか」

面白かった~。「赤めだか」原作を読んだことが有り、原作も面白かったのですが、私がリアルタイムで見聞きしていた立川談志のイメージと重なる部分、こんな面が合ったんだと思わせる部分の両方があッタ。
また登場する人物も、知っている人たち山のように出てきて、それが私が持っていたイメージと、役者さんの演じている像、その一致する部分、ギャップなども楽しみながら見れました。

ニノの落語場面での立て板に水のような語り口もすごかった。
登場人物それぞれ個性が感じられる語り口で、たけしさん、濱田岳くんもそれぞれ談志さんや志らくさんの語り口に似ているんだろうか。
(ちなみに、高座をみたことがある友達が、談春さんは立て板に水のような語り口だったと言っていたので、ニノはかなり寄せてきているんだろうなぁ)

それにしても豪華な共演陣だった。
談志さんの在りし日の姿を知っているから、たけしさんをみて談志さんには見えないけれど、でも精神というか印象はすごく伝わってくる。
そして香川照之さん演じる志の輔さん、やっぱり外見的には違うんだけど、細かな気配りができて面倒見の良い感じがすごくご本人の印象と重なって感じられました。

落語、最近はきく機会もあまりないけれど、名人の落語はやっぱり面白そうだなぁ、としを経た今だから改めて聞いてみたいなと感じました。

2016.01.06 / Top↑