上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
段田和則さん、宮沢りえさん、浅野和之さんの3人芝居「コペンハーゲン」を見てきました。

●「コペンハーゲン」
場所 シアタートラム
作  マイケル・フレイン
演出 小川絵梨子
出演 段田安則 宮沢りえ 浅野和之

すばらしかったです。シンプルな舞台セットの上での3人がっぷりの会話劇、
内容は、実在の物理学者 ハイゼンベルグとボーアが、ドイツのその占領下のデンマークという政治的背景をベースに原子爆弾開発に絡むやりとりが主なので専門用語は多いし、1941年のハイゼンベルグのボーア邸訪問、1947年の邂逅、師と弟子として過ごした1920年代が行ったり来たりしながら、1941年のボーア邸訪問の時何がお互いの間にあり気持ちがどうだったかが解き明かされていくその構成も、難解といえば難解。

でも、緊張感があり緻密なやり取りの中にどんどん引き込まれて行く感じでした。


そして、3人が3人ともにエネルギー量が同じでそれがピンと張った糸でバランスをとっているような、そんな密度の濃さを感じる舞台でした。
段田さんは、ドイツ人のハイゼンベルグ役、ナチスに対しては不本意であるけれど、ドイツに対する愛国心(といってしまうとすごく上滑りだけれど、第一次世界大戦後の貧困と屈辱をばねに、あの再現を味わいたくない自分の大切な人たちに味わわせたくないという気持ち、そして研究はしたいけれどそれが原子爆弾につながることへの恐れ、良心、エクスキューズ、ユダヤの血をひくデンマーク人である師への様々な思い。そういう言い尽くせない人間の業のようなものを感じさせ、段田さんの舞台は何度かみたことがありますが、今まで見た中でも出色だったと思います。

宮沢りえさんも、スタート時はいつものりえさんと比べて抑え目な感じの立ち上がりでしたが、ボーアの妻で、物語の進行の方向付けを行うような役回りもあるのですが、セリフを話しているときはもちろん、ボーアとハイゼンベルグのセリフを受けているときの表情がその時々ですごく思いのあふれるものでよかったです。
(席が、前から2列めという良席だったので、肉眼でほんとに表情の動きまでよく見えたことも幸いでした)

浅野和之さんは、ひょうひょうとしてチャーミングな感じが、あてがきと思えるほど(違うのは承知ですが)マッチしていて、奥行きの深さを感じさせてくれる芝居でした。

会場のシアタートラムは初めてでしたが、とてもこじんまりとした感じが心地よい会場で、この作品にも合っていたと思います。


帰りがけに、観劇にいらしていた大竹しのぶさんをお見かけして。
ホントにまんまでしたが、黒のかわいらしさのあるシンプルなワンピースと、アクセントになるステキなカゴバックを持っていらして、終演前に出てしまうこともなく、人の波がおさまってから、外に出られてました。

スポンサーサイト
2016.06.29 / Top↑
今年はもうだめかと思っていましたが、最後の最後で女神さまに拾っていただき、ワクワクに行ってきました。
(6/25 土 夜回です)

いやぁ、今日はもう歴史的w翔潤回で、めったにみることができないよいものを見させていただきました。
特に翔潤のマニア←翔君のお言葉を借りればww ではないけれど、現在前髪ありのドラマ仕様のビジュアルで私的には100点満点のビジュアルの潤くんに、若干の照れもにじませつつ、いろいろ意図しながら積極的に仕掛けていく翔ちゃんをみれたことは、もう至福でございました。

しかし、翔ちゃん、しかけるね~。
翔潤ニノあたりは、絶対ネットをチェックしていると思うし、ネットのもろもろの評判、夜会とかで有吉さんから不仲な噂とかいじられたりしたこととかいろいろ含めて、こういうタイミングで仕掛けてくるんだなぁと、その策士っぷりにほれぼれする。
潤くんとの天体観測、かに座もおとめ座もどちらのエピでも脳内再生するたびに、ニヤニヤしてしまうわ。

ビジュアルは、今回白衣でなくスーツだったということで、5人そろってステキでした。
いやぁ、眼福!
ネクタイはそれぞれのカラーのものをしているけれど、それが入っても衣装とは感じさせないくらいのスーツやシャツの選び方。
翔ちゃんの三つ揃え姿は、まさにビジネスエグゼクティブな感じで大人な余裕と働く男な雰囲気をにじませていたし、
潤くんは光の加減なのかちょっと茶系のストライプの三つ揃えだけれど、これは潤くんだからこそのカッコよさだった。
相葉くんは、相変わらずのビジュアル好調っぷりで、ほんとにキレイでモデルさんのようだし,
ニノのグレーベースのチェックのスーツもステキでした。
智くんはクレリックシャツがよかった。

そして、雑巾がけは山で、翔ちゃんが雑巾がけした廊下が真ん前だったことも眼福でした。
隣の対戦相手の女の子に話しかけていて緊張を解こうとしてるのかな?やさしいね。

WESTは、ほんとにわたしは全員顔と名前が一致してないレベルだったけれど、智くんドラマにでていた小瀧くんはあれあてがき?と思うようなキャラかと思ったけどそうなんでしょうか・・・。
あと潤くん授業のポジティブ変換での濱田くんがバカすぎて←ほめてますw面白すぎた、いいキャラしてるねぇ。
去年のジャンプくんたちは先生と生徒で、今回は先生と助手で、立ち位置とかも違うけれどやっぱりグループの違いはでるよね。
どっちがどうとも言い難いけれど。

====================================

日曜日、最終回も終了して、ドームツアーも発表、詳細は明日のようですね。
(神様、どうか愛の手を!!!!!)

今日の最終回は、天体観測がしょにのだったようで、しょにのならではのノリノリの小芝居満載だったみたいで、レポ読みながらにやにやがとまらない・・・・。
(明日のWSが楽しみです)



2016.06.26 / Top↑
智くん主演の「世界一難しい恋」も先週最終回を迎えました。

いろいろつっこみどころはあったけれど(笑)、最終回はただただ楽しかったです。
そして、大野智はやっぱりコメディをやらせたらピカイチだなぁと思わせるドラマでありました。

最初、社長という設定や、ビジュアルをみて、ちょっと成瀬さんをイメージしたけれど、それは違いましたね。
あくまでもコメディ、ああいう感じをやらせると右に出るものはいない!そんなさとしワールドでした。

でも、ちょっとつっこませてもらうと、1代で気づいた敏腕社長っていうより、若干2代目社長ぽいかも((笑))
っていうか、ほんとに仕事できるのかなぁ感はあったかも。

実は、私はずっと村沖派でございまして、いやぁ小池姐さんうまいよね。
途中、舞子さんに社長がふらふらなった時、その方が社長はダメ人間のままだけど幸せかもって思っておりました。
そうなんです。ずっと美咲さんよりも、舞子さんいいなぁって思っておいて、
でも、最終回は完全に美咲さんが社長を尻にしいていて((笑))この感じだったらいいなと思っておりました。

脇もいい感じのキャラが多かった。
特に、三浦家康役の小瀧くん。
小瀧くんを、ドラマでちゃんとみたのははじめてでしたが、結構達者だしあのアクの強い役をいい感じにやっていましたよね。

清水富美加ちゃんも個人的に応援したいなと思っていることもあって、いい感じだなと思ってみておりました。


智くんは、忍びの国が決まってますよね。
今度は時代劇で忍者役。
かなりかなり楽しみです。









2016.06.21 / Top↑
潤くん主演の、「99.9-刑事専門弁護士-」 昨日とうとう最終回でした。

私は、このクールで一番楽しみました。
(さとしくん、ごめんね)
視聴率的にも、最終回は19.1%、平均で17.15%  高値安定でしたね。

刑事事件専門で、弁護士がいろいろ事件をきちんと調べて、警察と検察が描くストーリーをひっくり返すという設定と、1話1話のストーリーも面白かったのだけど、何よりも深山、佐田、立花、明石、藤野、戸川というチームの面々の掛け合いだったりがとても楽しかった。潤くんと香川さんががっつり絡んで、そこに榮倉奈々ちゃんとか片桐仁さんたちが絡む図はなかなかに贅沢でした。
班目さんもよい味だしていたしね。あとレキシさんとかも面白くて贅沢だったし。

何よりも、前髪ありの私好みのビジュアルの潤くんが、ちょっと変わり者の弁護士というのが何よりでした。

面白かった!
きっとこれが潤くんのはまり役の1つになって、シーズン2とか映画とかができるのを楽しみに待っております。

お父さんの冤罪も結局そのままだしね。
なんとか、あれもすっきりしてほしい。

キャスト、スタッフのみなさま、おつかれさまでした。続きも楽しみにしております。
2016.06.20 / Top↑
二宮和也さま

33歳お誕生日おめでとうございます。
えぇ、もう33歳なんだね。ついこの間30オーバーと思っていたのに・・・・。

32歳は、アカデミー主演男優賞というのをいただけたのが大きかったよね。

そして、冬から春にかけて、、「母と暮らせば」「赤めだか」「坊ちゃん」「暗殺教室Ⅱ」の公開

役者としてのニノちゃんの大きさを実際の演技でも、評価としても実感できた年でした。

いやいや、アカデミー主演男優賞ですよ。
賞がすべてではないけれど、前年の岡田君しかり、その成果がきちんと評価される機会というのはうれしいしありがたいことです。
硫黄島に抜擢されたころは、反骨精神とちょっと屈折した発言が目立っていたけれど、アカデミー賞の授賞式で素直に感謝を述べる姿をみてウルウルすると同時にニノちゃん自身の気持ちの変化、立ち位置の変化なども感じました。

ずっと演技仕事が続いていたから、今年はあまりないのかな。
近いうちに、またニノちゃんの演技仕事がみれますように!


33歳、充実した年になりますように。

2016.06.17 / Top↑
月に1度のオトノハ更新日でしたが、今日はまずは智くんドラマへのご出演お疲れさまでした!

対談番組の対談相手として櫻井翔(from NEWS ZERO)からのご出演!
いやぁ、ステキなものを見せていただきました。
キランキランで、なんか役というよりほんとにゼロのインタビューのようで、
(月曜日の本チャンのZEROでの智くんを迎えてのインタビューもよかったですね。こちらはこうなんていうか普段は見られない素感が随所にあって・・・)

ビジュアルもよいし、それに対応する鮫島零治な智くんとのやりとりもよかったし。

いやぁ、ほんとにほんとに眼福だったわ。
最後インタビューが終わって、腰を低くしながらはけていく感じとか、なんともツボでございました。←そこ?!

まぁ、セカムズについては、別途感想は書こうと思っております。


というわけで、話をもどして、オトノハです。

リオに向けて、アスリートの方達にインタビューをしているとのこと。取材に行った先で、別の競技の方にお会いすることもあるとのこと、夏のオリンピックも北京、ロンドン、リオと3回目だし、人の輪はどんどん広がりますよね。
そして、ここには書いてないけど、今は相葉さんもグッドスポーツをやっているから、ひょっとしたら
「この間、相葉さんにもお会いしましたよ」
「うちの相葉が、お世話になっています」
的なやりとりもあったりするのかなぁ、なーんて思うわけです。

そして、音楽のちからの総合司会も。

今年は、事務所内の様子も変わって、一緒に出演できる先輩後輩も増えるだろうから、彼らとどんなやり取りがあるのかも楽しみですね。


2016.06.16 / Top↑
是枝監督の「海よりもまだ深く」をみてきました。

●「海よりもまだ深く」
原案・監督・脚本・編集 是枝裕和
出演  阿部寛 樹木希林 真木よう子 小林聡美 リリー・フランキー 池松壮亮 吉沢太陽 橋爪功

すごく、是枝さんらしい映画で、かつ樹木希林さんあっての映画だなと思った。
是枝さんはありそうな日常の積み重ねを描くのがとても上手い方だとおもっていますが、
集めた面々も、まさにそのためにあるような樹木希林さん、小林聡美さん。
そして、あんなイケメンなはずなのに、ちょっと情けない役をやらせるとピカイチな阿部さん。
真木よう子さんも、池松君もよかったけれど。

でも、この映画はやっぱり樹木希林さんと阿部寛さんに尽きる気がする。

樹木希林さんの日常のしぐさ、やることあるある的な感じが、ほんとに隠しカメラで日常を見ているような感じ。
なんかどこまでが素で、どこまでが役なのかもよくわからない感じです。

そして、いろいろ気持ちにひっかかる言葉が多かった。
といっても、ここで再現できないへんちょこ記憶なんだけれど。



2016.06.12 / Top↑
ようやく「ヒメアノ~ル」をみてきました。

●「ヒメアノ~ル」
監督・脚本 吉田恵輔
出演     森田剛 濱田岳 ムロツヨシ 佐津川愛美 駒木根隆介 山田真歩 大竹まこと

何より、森田君と濱田岳くんとムロさんが役にドはまりだったこと。
そして、ラストが切なかった。

森田くんの殺人鬼ぶりがあまりにもすごくって、いくらいじめがその原因にあったとはいえ、それをさしひいてもあまりにも鬼畜すぎて、感情移入はしようがないのだけれど、その中で最後まだ幸せに穏やかに過ごせていたころの記憶が戻るところが、胸に重たいものをぶちこまれるようで切ない。
森田君の演じるモリタの殺人っぷりがあまりにも温度のない感じで、この感じがでるってすごいなぁと改めて感じた。

それをうける濱田岳くんもすごくよかった。こういう普通のさえない男の子役ほんとにはまってる。
ただ、佐津川さんとのベッドシーンで、腕がムチムチしてるのがなんか気になっちゃったけど (笑)


そして、ムロさん演じる安藤さんのキモいストーカーっぷり←ストーカー以前なのかもしれないけれど、結構危ういところを言ってると思う。 この手のは上手いなぁって思う。

佐津川愛美さんも、すごくよかったです。


私は、結構こういう残虐シーンは大丈夫なので、普通に見れたけど、苦手な人にはちょっとハードル高いのかな。でも映画自体はどってもよいので、たくさんの人にみてほしいなぁ。


2016.06.12 / Top↑
坂本くんの舞台に行ってきました。

●「Murder for two」
場所 世田谷パブリックシアター
作  KELLEN BLAIR
音楽 JOE KINOSIAN
演出 SCOTT SCHWRTZ &J.SCOTT LAPP
出演 坂本昌行 松尾貴史

オフブロードウエイミュージカルです。

「すごいなぁ」まずはその一言。
テンポの速い芝居の中、ピアノをひきつつ歌を歌い、坂本くんが10人松尾さんが3人のキャラを次々に演じ分けて進んでいく。
それだけでもすごいのに、ほとんど小道具すらなしの中、エアーで演じたものの擬音はちゃんとはまって入っていく。
2人芝居で2時間弱。
すごく濃密な舞台でした。

ピアノも1台を松尾さんと坂本くんで、交互に時には一緒に弾く。
それぞれのキャラの代わり方も一瞬にしていろんな男女年代が現れて、衣装もそのままホントに演技だけで演じ分けていく。

芸があるってすごいなぁをほんとに実感しました。

とにかく息もつかせぬテンポで笑えるし、お客さんも巻き込むし、面白い作品でした。
2016.06.10 / Top↑
蜷川さんの最後の演出作品となる「尺には尺を」を見てきました。

●「尺には尺を」
場所 さいたま芸術劇場
原作 シェイクスピア
演出 蜷川幸雄
出演 藤木直人 多部未華子 辻満長 立石亮子 石井愃一 原康義 大石継太 他

今日は早めに行って、献花と記帳をして、ガレリアのところでは、蜷川シェイクスピアのシリーズの写真展をやっていたので、それも見つつ大ホールへ。


演目自体は普通に面白かったです。
特に、多部ちゃんは好演、多部ちゃんの舞台、いくつか見ているけれど、声も通るしいつもいいなぁって感じます。
藤木さんも厳格でいながら、途中からなんかご都合主義的部分があるアンジェロ結構はまっていたと思います。
辻さんは、言わずもがな。

ただね、このテキストは、なんというかもとのストーリーがかなりどうかという感じもある。
主人公のアンジェロは、いろいろ問題多しな性格だし態度だし。
最後挙句の果てには、l公爵がイザベラ(多部ちゃん)にプロポーズするところは思わず、笑ってしまった。そうきます?

舞台全体の構成は、いかにも蜷川さんでした。
最初開始15分以上前から舞台が開かれ、衣装をきた出演者たちが雑談をかわしながら歩き回り、時間とともに一同1列で礼をした後、貴族役の人たちが背面に下がり後ろに下がりきったところから、一斉に前に歩き出して登場するところ、客席も舞台の一部としてふんだんい使う演出。

そして、最後カーテンコールのあと、一度幕を閉じて再びのカーテンコールでは、後ろに大きな蜷川さんの遺影が。(告別式でも使われていたハムレットの舞台セットでとった実花さんの写真です)
役者の皆様も、通常だとやりきってニコニコしていたりするけれど、皆さま何とも言えない表情でした。

今日の舞台への拍手とともに、この9年間、私に舞台の面白さを教えてくれて、素晴らしい作品をみせてくれた蜷川さんへの感謝の気持ちをこめて拍手しました。

2016.06.02 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。