上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
すごく評判がよくロングランになっているので、どんなものかなぁという興味半分で見に行ってきました。

●「君の名は」
監督 新海誠
出演 神木隆之介 上白石萌音 長澤まさみ 市原悦子 他

評判が良くロングランになっているっていうのはよくわかる。
画、特に背景描写とかすごくきれいだし、男女の中身が入れ替わってってどうなのかなぁ、面白いのかなぁって結構半信半疑だったけれど、予想以上に面白くみれました。

何より何より、RADWIMPSの音楽が良かった。
要所要所で、しっかり聞かせるように作られていて、RADWIMPSの曲を聴いていると、キュンキュンして来る感じがする。
私的には、この映画、この音楽がなければ魅力が4割減くらいになりそうなくらいに、音楽がよかったです。

究極のすれ違いストーリーですね。
入れ替わるから、お互い会えず、場所も遠く、時間軸も違う。
そして、すごく今の時代を映していて、すれ誓っているけれどスマホを介してコミュニケーションが進んでいく部分とか、これ5年後10年後にみると、あぁこの頃ってこんな風な感じだったよねってきっと思うのかなと思うくらいに今を映している感じだった。

東京の風景とかも、すごくリアルに描きこんであってそういうところもいいなぁって思った。

ひさびさ、アニメをみました。



スポンサーサイト
2016.10.31 / Top↑
伊藤若冲、与謝蕪村とも生誕300周年ということで、箱根の岡田美術館で所蔵品での展覧会をやっているということで、これを見がてら、母と妹と箱根に1泊で出かけてきました。

まずは、展覧会について
●「若冲と蕪村、江戸時代の画家たち」  岡田美術館  2016.9.5~12.18

私はこの春若冲展をみていたし、母も、足の調子があまりよくないため春の若冲展は混雑を懸念して断念していたけれど、昨年サントリー美術館であった若冲と蕪村の展覧会や数年前に福島で行われたプライスコレクションの展覧会等に行っていたため、今回の所蔵品のみでの展示はいくら保有点数が多い美術館とはいえ、若干の物足りなさも。

でも若冲に関して言えば、「月に叺々烏図」「36歌仙」といった好きな作品ともまた会えたのでそこは満足。

その他の画家については尾形光琳はやっぱり好きだなと感じたし、丸山応挙の箱庭感はなんかちょっとつまらなく感じて、若冲ののびやかさや、ダイナミックさが改めてすごいことなんだなLと感じた。


*******
旅行自体は、とにかく温泉に入っておいしいものを食べてたくさんおしゃべりするが基本コンセプトの旅行だったので、

1日目の昼は、小涌園の貴賓館で、お庭を眺めつつお蕎麦
(ここは建物、お庭もよく、さらには芸術蔵の山本丘人の絵もみれてゆったり過ごせました)

宿は、湯本のマイユクール祥月だったのですが、お料理の評判がよかっただけに、夕食はとってもおいしかった。
とにかく女性向け。ほんとに1口サイズ、少量づつでいろいろなものがいただけるようにメニューが構成されている。
特に前菜が見た目もキレイでかわいいのはもちろんのこと、1口であるけれどちゃんときちんと美味しくつくられていてテンションアップ。
それとごぼうと生姜のスープが今まで食べたことがない味わいで大変おいしかったです。

翌日は、小田原に出て小田原城を散策。
お昼は当初は海鮮を食べようと思っていたのですが、なぜか鰻が食べたい話で盛り上がり、松琴楼に。
偶然通り道で入ったのですが、すごくふわっとした鰻で美味しゅうございました。

お風呂もしっかり入れたし、母娘3人での旅行は私の結婚前依頼〇十年ぶりで、楽しかったし、ちょっとは親孝行できたかな。


2016.10.31 / Top↑
Kバレエ「シンデレラ」を見に行ってきました。

● 「K-BALLET COMPANY シンデレラ」
場所     オーチャードホール
芸術監督・演出・振付 熊川哲也
衣裳デザイン      ヨランダ・ソナベント
舞台美術デザイン   レズリー・トラヴァース
指揮           井田勝大
管弦楽          シアターオーケストラトーキョー
配役  中村祥子(シンデレラ)  王子(遅沢佑介) 仙女(西成雅衣) シンデレラ義姉(山田蘭 岩渕もも) 継母(ルーク・ヘイドン)


そもそも、テレビやDVDではなく生でバレエを見に行くのがほんとに久しぶりなのですが(10年以上前だと思う)
先日テレビで熊川さんが、このシンデレラと11月公演のパヤデールの番宣を兼ねた番組をやっているのを見て、どうしてもシンデレラ見たいなっていう気分が盛り上がって、チケットを買ってしまった次第です。(いいカモだよねww)

その時、妖艶なシンデレラを見れると思うみたいなことを熊川さんが言っていて、「シンデレラで、妖艶ってどういうこと??」ってすごく自分の中で引っかかって見たいなと思ったんですよね。
いわゆるディズニーでも取り上げているような童話?の中でもシンデレラって主人公自体にはあまり魅力を感じない方だったんだけど、それがどう描かれているのかな?って。

あとは、中村祥子さんが見たい!そこも動機。

いやぁ、バレエは総合芸術というけれど、バレエ、音楽、衣装、舞台美術すべてが融合してできているっていうことを実感。
夢の世界でした。
バレエ自体はもちろんだけど、特に舞台美術が素晴らしかった。
最初の幕のところの時計のモチーフ、1幕のシンデレラの家の暖炉の作り方、そして2幕のお城、どう素晴らしいかをうまく表現できないけれど、蜷川さんの舞台美術に通じるような、象徴とモチーフをを組み合わせつつすごくそれをゴージャスにしたようなと言えばよいのでしょうか。

妖艶なシンデレラは、う~ん妖艶なのかなぁ?でも、私はお話しでも映画でもあまりシンデレラという主人公に人としての魅力を感じることがないのだけれど、すごく惹きつけられるシンデレラであったことは確か。
あと、義姉が狂言回し的なキャラクターで踊りもそういうコミカルさを感じさせるもので面白かった。
道化師の2人の踊りも好きだった。
(男性のジャンプは、迫力があってかっこいいです)

そして、中村祥子さんは、美しかった。

あと、コールドもほんとにきれいにそろっていて、さすが。

眼福でした。


2016.10.27 / Top↑
いやぁ、1週間も経過してだから、なんかとってもどうでしょ・・・・トホホ(いやいや、仕事も忙しかったし、いろいろに忙殺されててブログにたどり着かずで)

なので、違う話題から
翔ちゃん、入所日ですね。
まずは、こういう道を歩んでくれた翔ちゃんにありがとう。
きっと、中学生の当時は、今見たいな姿は想像して無かったよね。
学生の時に楽しんでやるだけ頑張って、大学でたら普通に就職すると思っていたよね。
そして、デビュー当時もこんな風にアイドルでありつつ多方面で活躍する姿は思い描けていなかったよね。
ひとつひとつアイドルの枠にとらわれず、与えられたチャンスをきちんといかして自分にひきよせていったからこその今、それによって私の世界もひろがっていっていることに感謝です。

そして、先ほどのMステ。
「愛を叫べ」~「Don't you get it!」
愛を叫べも、座ったバージョンの振りでかわいかったけど、「Don't you get it!」いやぁ、いい感じだったなぁ、かっこよかった!
ゆるくみせつつ、決めるところは決める感じ。そもそも、美人さんだったし、衣装もよかったし(昔の衣装がうそみたいだww)サングラスもよかったし。

後半のところで 相葉ちゃん→大宮→翔潤 と流れていくダンスもかっこよかった

ということで、オトノハにもどる。

ドラマ撮影お疲れ様です。

っていうか、ひさびさの演技仕事で嬉しいです。
(かんがにぶらないか、余計なお世話だけど心配してる)
車いすバスケ、ゼロでも取材していたし、オリンピックに関わって、いろいろなことがすごく結びついてきている気がする。
きっと、次回車いすバスケチームの取材をする時は、経験を踏まえ、またいろいろ聞ける引き出しも広がるよね。

そして、ゼロ10周年。
写真展はみせていただきました。
10周年の時の番組内での韓国取材。
10年ぶりに再会した元兵士の人のインタビューもあり、本当にいろいろ感じる内容でした。
次の10年も、一歩一歩がんばってくださいませ。
応援しております。

2016.10.22 / Top↑
昨日の分の「とと姉ちゃん」の録画をさっき見終わりました。
半年続いた「とと姉ちゃん」も終了。
前作「あさが来た」ほどではないけれど、私は結構好きでした。
(まぁ、高畑充希ちゃんがそもそも好きっていうこともある)

題材も私にとってはよかったのかな。
「暮らしの手帖」は、私が10代くらいの頃は、母が時々買っていたので(というか、家にあったからそう思うんだけど)見たことが結構あったし、暮しの手帖から出しているお料理本を結婚のときにプレゼントされてそれを今でも使っているっていうこともあるし、なんか親しみはあったかも。
そして、商品試験、私自身の仕事に通じる精神があって、こういう所からも始まっていたのだなと一人でちょっと感激していたら、FBで知人の同業者の方が同じ思いを持たれたことを見つけて、あぁみんなそう思うのね!と納得したり。
あと、どこまで実話なのかはわからないけれど、女性の働き方について、家庭との両立など現在にも通じる問題にその当時から取り組んでいる様子もなんかすごく元気をもらえる気がしてみていました。

そして、何より 何気ない日常のくらしを大切にすることの大切さ(言葉が重なってしまった)
こういうふうにきちんと暮らすことって大切なんだよね、なかなかできてないことが多いけれど、と若干わが身をふりかえってみたりしていました。

スタッフ、キャストのみなさま  お疲れさまでした。


2016.10.02 / Top↑
ビートルズを見に行ってきました。

●「THE BEATLES: EIGHT DAYS A WEEK - THE TOURING YEARS」
監督 ロン・ハワード

私とビートルズの関係は、もちろんオンタイムで聞いていたわけではなく、聞き始めたのは小学校の6年からなので、既に解散していた時、でも解散してまだ数年という頃で世の中にはビートルズの影響が満ち満ちていたし、ソロになった各メンバーの活動をオンタイムで感じられていた頃でした。出ているアルバム、シングルを全部聞いたわけではないけれど、赤盤青盤のベストアルバムの他、オリジナルアルバムは7.8割方はきいていた。
「ビートルズがやってくる。ヤアヤアヤア」「ヘルプ」「マジカルミステリーツアー」「イエローサブマリン」「レットイットビー」といった映画もテレビでやっていたのを1回くらいはみた。
そして、結成から解散にいたるまでの経緯はいろいろな本や雑誌で読んだことがあって一通りは知っている。
ビートルズは大好きで、そこそこ聞いてはいたけれど、ビートルマニアとはとてもいえない、そんなくらいの感じでしょうか。

だから、ツアーをしていた時期は正味4年ほど。解散までも8年ほどで、活動時期としては決して長くなない、むしろ短いことなども頭では知っていましたが、今回のこの映画をみて狂乱の4年間ほどを追体験するような感覚で、そして私自身が一番ビートルズと接していた10代の頃ではなかなか想像が及ばなかったことをいろいろ感じ考えさせられました。

20歳前後のイギリスの田舎の若者達が突然の熱狂の渦に放り込まれ、普通ならばそれに押しつぶされてしまってもおかしくないのに、そこでの体験をすべて吸収しながら急速に成熟していったのはやはりもともと持っている器があったのだろうなと思います。
でもその中でアメリカでの宗教論争に巻き込まれたりといった経験はホントに大変だっただろうなと思う。
本来はレコーディングが一番好きだけど、でもライブは生で反応を見ることができる、でもそのライブがどんどん巨大化していき、PA技術もまだ未熟で、かつファンの叫び声が充満する中で演奏するのはストレス以外の何物でもないだろうなということも実感できる。

そして、ふつう仲がよさそうで、若いころだったからべったり4人が一緒にいてもお互い楽しかったのが、ツアーをやめるころには、家庭ができたりそれぞれの個の時間も意識し大切にしだす頃ごもかぶっていたり。

10代の頃の私にとってビートルズはただただすごい人だったけれど、、この年で改めて見ると、20歳前後の男の子達が成長していっているんだなという彼らの当時の等身大に思いをはせてみることができた。

そして、同時に嵐くんたちの10周年前後から3.4年の文字通り嵐のような日々も思い出した。
ビートルズと比べるのもなんだなとは思うけれど、すごい数のファンと怒涛の日々につぶされないのは、両方ともそれを客観的に眺められる姿勢だなとも感じた。

本編の最後に、1966年のシェイスタジアムでのライブがあって、スタジアムでのライブはこれが世界で初なんですね。
スタンドだけで5万人以上入っているのだからすごく大きい。
そこから考えると、50年を経て、いろいろな技術革新もあって、ドームツアー、スタジアムツアーというものが普通にそして観客の満足のいく状況で行われるようになったっていうこともすごいなぁと感じました。

あと、あらためて、ビートルズの曲の訳をみながらきいていて、当時も訳を読んだものもあったと思うけれど、改めて歌詞にその当時の心情が投影されているんだなということを感じました。


見る前は、泣くとは思っていなかったけれど、うるうるしてしまった。

これはちゃんと劇場で見れて良かったです。
2016.10.02 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。