智くん、36歳おめでとう!

ごめんね、12時まわっちゃったからもう次の日になっちゃった。


っていうか、36歳なんだね、改めて。
なんか、君たちがもう30代後半にさしかかるというのがすごく不思議な気持ちがする。
嵐を好きになった時はまだ20代半ばだったから、なんかもう良いお年頃なんだなぁって改めて思いました。


でも、その中で今年のソロみたいなのを、智くんがやってくれるってすごくうれしい。
この年になって、あのくらいはじけたものを見せてくれて!

来年の忍びの国も楽しみにしております!



スポンサーサイト
2016.11.27 / Top↑
オトノハ更新。

今回、ライブのオープニング映像で、リハになかなか参加できなかったという部分があったし、MCでかな?11/3にクランクアップしたということも言っていたけれど。
あらためて、リハの時期と撮影が丸々重なっていたんだなって実感いたしました。
うん、でもちゃんとキャッチアップしていたよ!大丈夫!

そして、ドラマのこと。
車いすバスケは、ZEROでも取材していたものだし、実際にそれを劇中人物のして体験して、『鷹匠和也として生きた1か月間という時間とこの作品が財産』というこの「時間」の部分が、これからの翔くんのお芝居だったり、ジャーナリストとしての物の見方だったりにどういう影響を与えるのかがすごく楽しみです。


そして、うらあらしのことをちょこっと。

ニノちゃんの、Jがラーメンにテンションアップしているのに「ほっとし」、リハにもどったらストイックにもどったににまた「ほっとし」ているところに、ニノちゃんのJへの愛を感じて、ほっこりしちゃいました。


2016.11.15 / Top↑
今年の嵐ツアー、11/11(金)の初日と11/12(土) の札幌ドームの公演に行ってきました。

今年のツアータイトルは、「Are You Happy?」
嵐のライブはいつでも楽しいけれど、たとえば去年のジャポの作りこんだエンターテイメントをみる楽しさとまた違う、多幸感あふれる感じで、嵐コンってこういう幸せにあふれたライブ多かったよねって感じるようなライブでした。

ソロとそれぞれのSupervisionの曲が連動している部分もあればそうでないものもあるけれど、かかわった部分部分にそれぞれの考えるHappyっていうものがすごく感じられて興味深かったし単純に楽しかった。

ファイヤーワークス等の演出はどちらかといえばこれまでより控えめだけど、すっかり定着したファンライトによる光の演出がほんとにきれいで、ただキラキラさせるだけでなく、全部の光を消して真っ暗な部分をかなり作ることで、光の当たる部分、ライティングした時のインパクトがより一層印象的になってステキでした。

最後の挨拶が、対話形式になっていたり、MCだけでなくところどころに子芝居的演出がはいっていたり(智くんのソロの前で、4人で繰り広げるものとか・・)全体がカジュアルで肩の力が抜けた楽しさがありました。

あと、今回は全体にラップがきける構成になっていて、それも嬉しかった。
翔ちゃんのラップはもちろん、他メンがやる部分もいろいろあったしよかったよ。

余談(??)ですが、土曜朝にネットでみて、衝撃を受けた相葉さんの紅白司会の件。
何の心配も私はないと思っているけれど、相葉さんの胃に穴があかないことだけを願ってます。
できるし、みんな応援しているし、素の相葉さんが求められているんだから大丈夫だよ。

ではでは、セトリと細かい感想は、別記事で。












2016.11.14 / Top↑
「ブリジット・ジョーンズの日記」の新作を見てきました。

●「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」
監督 シャロン・マグワイア
出演 レニー・ゼルウィガー コリン・ファース パトリック・デンプシー 他

公式サイト

ブリジット・ジョーンズのシリーズは大好きで、過去2作はもちろん見ていて。
今回、色男をやるにはちょっと問題ありな(←そう言っていいのかわかんないけれど、私的にはもっとかっこよく年をとってほしいなヒューさまは出ていないが、(なんと、お葬式で、若かりし、りりしいお姿が写真で登場)
レニー・ゼルウィガーのブリジットもコリン・ファースのマークもみれる。

うーん、何というかすごく懐かしくて、のっけからAll by myself とか、かかって(カバーだけど。でもエリックカルメン大好きで、アルバム買って聞いていた身には軽い興奮でした) 相変わらずちょいお下品でダメダメなんだけど、なんかいろいろ気持ちが共感できる部分もありで楽しかったし、笑ったし、なんか笑いながらもうるっとしていた。

でも、レニー・ゼルウィガーの劣化がかなり激しくて、これどうよとも思ったけれど、逆にリアルな40代という感じで、そう思わせる状況も含めてブリジットらしさだし役作りなんだろうなとも思う。でもそれにしても、けっこうなものです。

最後、これでこのシリーズも終わりなんだろうなって思ったけれど、老夫婦になってのすったもんだをまたやったりしてね、いくつになってもダメダメなブリジットは大歓迎かもしれない。



2016.11.03 / Top↑