上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
セットリストにそったライブの感想です。

ネタバレしてますので、見たくない方は注意でお願いいたします。





複数回の感想が混在していますので、見苦しいところご注意ください。
(主に、札幌と11月の東京です。その時書きましたが、アップしそこねていて、こんな変なタイミングになってしまい、自分記録としてそっとアップ)






【オープニング映像】
今回、オープニング映像は、リハの場面を中心とした実写の彼らの映像なんだけど、これが良い、すごく良い。
素の感じ、そしてリハの様子だからこのライブに向けてテンションをさらに増してくれる感がある。
DVDになったらこの部分だけリピしてしまいそうな感じ。



1. Ups and Downs
2. .supersonic
  この2曲はメインステで。
  この2曲と次の「I seek」を加えた3曲、とにかくカッコイイ。ちょっと抜いた感じがありながらも、しっかり踊ってかっこいい嵐を堪 能できる。やっぱりオープニングはカッコイイ嵐から。

3. I seek
  ここで、メインステから、ムビステでバクステに移動。

4. Oh!Yeah!
5. Love so sweet
 バクステから外周 メインステに
 はじめ3曲、はりつめてかっこよさを堪能してたところで、ここにきてはじける。
札幌12日の時、らぶそーで、ふだん後半でやまたろがいっつも2人で飛行機のように手を広げてふざけて踊ってるところを、別のサイドからメインステにもどって、離れているのに2人とも同じ動作をやっていて、やまたろ好きはニマニマ。


6. SUNSHINE(翔ソロ)
 うすいグレー地に赤(ピンク)と白とブルーの細い縦じまが入り、襟とかズボンのサイドに白いパイピングがあるスーツがすごくキュート。ベストもかわいい。
 そして、振付もとってもキュート。東京では、1週間の間に振りを追加していて、そのことMCでも言っていた。
 舞台セットは、2階建ての家。翔ちゃんの中にある幸せな風景というものをすごく感じるようなセットだった。

7. To my homies (翔supervision)
 ソロのあと、おもむろに携帯をかけるところから始まるこの曲(この、電話してる感じが、かっこいい(*´▽`*)
 これはメンバー全員がそれぞれラップしているんだけど、それぞれに味わいというかくせのあるラップが好きだし面白い。
 もちろん、翔くんのラップが一番ではあるけれど、相葉さんのラップもよいなぁと思う。あと、ニノのすごく抜いた感じのラップも独特の味わいでツボ。

8. DRIVE(潤supervision)
9. Step and Go 
 このコーナーは車に乗った5人が外周を回る、ようはドライブしているっていう感じ?潤くんがドライバー、助手席は翔ちゃんで自撮り棒についたビデオで撮影していて、その映像が映し出される。
とにかく5人がわちゃわちゃ楽しくドライブしている感じがひたすらかわいく楽しい。
また、スタンド席がライトで街の風景にライティングされてそれもきれい。
ステゴーは後半、メインステにたどりついて踊るけれど、そこでやまたろ、泣き虫のセットで、掛け合いダンス。
札幌では、やまたろしかみていなかったからか、泣き虫が何やっているのかチェックしていなかったけれど、東京でみたら、やまたろも泣き虫も同じように踊ってました。

10. Don't You Get It
 ステゴーから暗転、明るくなると黒いサングラスをかけてる5人。かっこいいです!!

11. Bad boy(智ソロ)
 この前に、軽くMCが入り、4人が「あいつがいないぞ」「大野がいない」といった子芝居をした後にはじまる智ソロ。(この大野がいないにいたるくだりが毎回いろいろ違って面白い)
 智くんのソロは、これまでダンスはすごいしかっこいいけれど、基本ジュニア3、4人を従えて踊る感じのものが多く全体に演出としてはシンプルなつくりが多かったけれど、今回はとにかくいい意味でいろいろ予想を裏切ってくれた感じ。最初のシャワーシーンの映像で「えっ、今回この路線?」と思ったら全然違う展開に。とにかく良い意味で智くんが楽しんでふざけていて、それでいてすごくかっこいい。

12. TWO TO TANGO
通常版のボーナストラック。ちょっと闘牛士的な動きをイメージさせる動きがかっこいいし、ジュニアが仰ぐ大きな扇もきれい。

13. 復活LOVE
 中央の花道に縦長の細いライトが点々とたっている中を歌いながら歩いていくんだけど、たったそれだけのセット(もちろんメインステのスクリーンには東京の夜景がうつしだされているが)なんだけど、すごく都会の街を感じさせる。復活ラブの世界観が端的に感じられる。

14. 青空の下、キミのとなり
 各自が小さいトロッコ等で移動しながらバクステに。

(14-2) ファイトソング
 札幌はなかったけれど、東京はここでファイトソングが追加。
 アンコールで、エナジーソングもきてたから、ここでファイトソングは嬉しいけれど、どうしてここにこのチョイスで追加になったのかなぁ。移動の問題なのかなぁ。それとも前半部分で、私達が一緒に声を出したりするところが少ないからとかなのかなぁ。

15. Power of the Paradise

(MC)
16. Baby blue(潤ソロ)
後ろに映し出される映像に、潤くんの思いがこめられているよう。小さいころからの写真、蜷川さんや、勘三郎さん等亡くなられた潤くんにとってかけがえのない方達との2ショット写真。七くん、小栗くん、ムロさん等々の友達との楽しそうな写真。友達のお子さん(たぶん)たちとの写真。潤くんが大切にしているものが伝わってくる。ムネアツ!

17. Miles away(智supervision)
 タワー。基本これまでずっと3塁側なので、智くんタワーが近いのだけれど。タワーの裾に白いふわふわしたものが舞っていて、
全体が暗い中にそれがぼーっと浮かび上がってすごくきれい。
この曲、それぞれのソロ部分がしっかりある曲で、歌割の感じが従来の嵐っぽさからはちょっと違う感じがする。でも、すごくやさしい世界観で、それぞれの声も堪能できて好き。

18. 果てない空
潤くんソロからの流れで、果てない空まですごく優しいパート。

19. WONDER-LOVE(ニノsupervision)
20. また今日と同じ明日が来る(ニノソロ)
 WONDER-LOVEをメインステで踊った後、その流れ衣装も白のそのままでニノソロに。
今回、かっこよさという点では、ニノソロが私的には一押し。
踊っている姿をそのまま見ているのももちろん良いのだけれど、席の位置もあるので、この曲に限ってはスクリーンをみていただきたい。真っ暗な中で、白い衣裳で踊っているニノに黄色い光が連動してバックに映ってすごくきれいでスタイリッシュでかっこいい。

21. Amore(雅紀ソロ)
22. 失恋リハビリ道場➩青春ブギ(雅紀supervision)
 ニノソロから一転、相葉ソロはいつも通りの楽しさ、ミスターファンクやディスコスターの面影もチラ見せしつつ、ヘッドスピンにバク宙、ジュニアを巻き込んでの器械体操風の動きとか、練習の成果がすごい。
そしてそこから、相葉くんによる「失恋リハビリ道場」の各メンバーに対する語りからの気志團風「青春ブギ」!!
もう笑うしかない。ただただ楽しい!
(東京では、相葉君部分の語りのセリフが若干変更、ストーカーと言っていたのが警備員?になったのかな)

 このいかにも歌謡曲風の青春ブギ。去年からの流れで昭和歌謡風のイメージで来るのかなと思いきや、その上の上を飛んできた感じ。まさか、気志團風な感じに来るとは思わなかった。良い意味でいろいろに裏切ってきて、想像のさらに上をいくものをみせてくれるのが、やっぱり嵐で、だからやっぱりライブが楽しいなぁって実感するところです。


<ハッピー メドレー>
23. Happiness
24. きっと大丈夫
25. A・RA・SHI
26. Trouble maker
27. love rainbow
28. ワイルドアットハート
29. 言葉より大切なもの
30. 感謝カンゲキ雨嵐
31. 愛を叫べ


<アンコール>
32. a Day in Our Life
33. 五里霧中
 っこも含め、今回のライブはラップが多くて、それも翔君だけでなく他メンもかかわる感じが多くて、楽しい。

34. エナジーソング
35. Daylight




スポンサーサイト
2016.12.27 / Top↑
岡田くん主演の「海賊と呼ばれた男」やっと見に行ってきました。

●「海賊と呼ばれた男」
監督・脚本・VFX  山崎貴
出演         岡田准一 小林薫 吉岡秀隆 染谷将太 鈴木亮平 野間口徹 ピエール瀧 堤真一 綾瀬はるか 光石研 
            近藤正臣 國村隼

公式サイト

予想を上回って面白かったし、心に響くものが多い作品でした。
日本はこういう人たちによって支えられてきたんだなって改めて感じたし、
人がどう働きたいか、それはお金とかいろいろなものはあるけれど、誰と一緒に仕事をしたいか 人の魅力、そういうことの大切さを改めて再確認した気がしました。

あと、戦争を経験することの、人に与える影響力のようなものを改めて感じました。

戦時中を取り上げる映画とか作品は多いけれど、軍、兵士目線、もしくは庶民の生活目線での描き方は多いけれど、こういう経済人目線でのものはまた見え方が違って、面白いなと感じた。


岡田くん、老け役すごいなぁ。
60代が全く違和感なく見えました。(さすがに90代はかなり特殊メークしているんだろうなと思ったけれど)




2016.12.25 / Top↑
日付がかわってしまいましたが・・・・

相葉さん、34歳お誕生日おめでとう。
そして、ここで改めてですが、紅白司会おめでとうございます。

いやいや、札幌で初めて目にした時は文字通りぶっ飛びましたが (笑)
でもでも、一番不安に思ってるのはきっと相葉さん本人で、周りはなんだかんだいじっているけど大丈夫って思ってると思います。
私も、今の相葉さんはちゃんとこなすこともできて、かつ何かを巻き起こしてもそれが良い意味でもハプニングになるって信じてます。

ほんとに33歳の相葉さんは、グッドスポーツが本当に良い出会いだった。
スポーツ選手への対し方でも、翔ちゃんのきっちっと資料等も調べたうえで気持ちに寄り添いながらのインタビューとはまた違い、
どちらかというと視聴者目線での素朴な感想、驚きを大切にしつつ持前のふところにすっと入り込むような、相手をふっと素顔にさせるようなMCぶりは、マナブとかでの積み重ねもあってのものなのだろうなって感じる。
(翔ちゃん、相葉さんそれぞれが、すごく持ち味がはっきりしていて、立ち位置が被らないことも良いなと思う)

そして、ライブの時の相葉さんは相変わらず裏切らずのカッコ良さだし(思わず目が吸い寄せられます)

34歳も、紅白を皮切りに、飛躍の年になるのかなと思うし、きっとそこを自分のものにしながら進んでいくのだろうなと楽しみに応援し続けますね。
(しかし、何年か前には徹子の部屋に単独ででるのにも、何か心配でたまらなかった時もあったのに (笑) 
人ってどんどん変わっていくんだなぁ。
2016.12.25 / Top↑
「RENT」20周年記念ツアーの東京国際フォーラムでの公演に行ってきました。

●「RENT」
場所   東京国際フォーラム ホールC
脚本・作曲・作詞 ジョナサン・ラーソン
演出(初演版)   マイケル・グライフ
キャスト       カレブ・ウエルズ(ロジャー) ダニー・ハリス・コーンフェルド(マーク)  アーロン・ハリントン(トム・コリンズ)
            スカイラー・ヴォルプ(ミミ) デイビッド・メリノ(エンジェル) ケイティ・ラマーク(モーリーン)
            ジャスミン・イースラー (ジョアン) クリスチャン・トンプソン(ベニー) ブライソン・ブルース(コリンズ)


10年近く前にみた映画版「RENT」が私の中ですごくインパクトがあり、曲も好きでサントラを借りて聞いたりしていたのですが、ようやく念願で舞台版を見に行くことができました。

英語はさほど得意でないから、どうしても字幕をちらちら見つつでないと歌の意味とか把握しきれないところもあるのですが、それでも十分楽しめました。

何よりも大好きな「Seasons Of Love」(これをきくと、ほんとに胸が締め付けられるような気持になる)を生で聞けたことが嬉しかった。
ストーリーはある程度見ているうちに思い出してきたのもある。


主要キャストの中では、何よりロジャー訳のカレブ・ウエルズの歌声がすごく素敵でした。

映画版、久しぶりに見かえしてみたいそんな気持ちにもなりました。
2016.12.22 / Top↑
先週の水木でヘンリー4世を見に行ってきたのだけれど、その直後に家人の入院騒ぎやらなんやらがあってあっという間に1習慣が経過。

先週書きかけていたところに追加してアップします。


*********

ヘンリー4世1部、2部をみてきました。
シェイクスピアは、蜷川さんで結構見たけれど、その中でも歴史劇は、何部かに分かれていたりと長いなぁとちょっと二の足を踏んでいたこともあって、初めて。
今回2部もどういう形で見ようかと迷った挙句、2日に分けて連日でみました。


シェイクスピアの歴史劇は、ほんと初めて。でもこのヘンリー4世は、政治部分だけでなくフォルスタッフに関わる民の部分も対比としてしっかり描かれている。そして、のちのヘンリー5世となるハル王子が、パーシーとの戦い、父の死を通じて、王の冠の重みを受け止めつつ大人になり公の人間としての自覚をもっていく様が描かれている。

浦井くんが、ハル王子の自由奔放さと真摯さの両面をすごく伸び伸びと演じていた。
対して、相対する岡本さんのパーシー(1部)、短気な面はあるが誇り高い武の人である感じが出ていて、すごく良い対称となっていた。

フォルスタッフは、今回佐藤B作さんだったのだけど、大ぼら吹きで人間くさい感じで、名前はよくきくフォルスタッフだけどこういう人物像だったんだなぁと思った。以前、松坂桃李くんがハル王子、吉田剛太郎さんがフォルスタッフを演じた蜷川さん版のヘンリー4世を2部で長いしなぁと思って見送ってしまっていて、あぁ剛太郎さんのフォルスタッフがみてみたかったなぁと改めて後悔。

中島しゅうさん演じるヘンリー4世がかなり印象的。(王の座に対する責任と怖れ、父としての苦悩等が感じられる。

2部のラサール石井さんの地方判事も狂言回し的役柄で、権力におもねる小物感がすごくいい感じでした (笑)



残念に感じたのが、客席がかなりあいていたこと。
キャストも派手ではないが結構良いと思うけれど、やっぱり長いと思って敬遠されがちなのかなって思い(私もそうだったけれど)
残念に感じた。




2016.12.16 / Top↑
今年最後のオトノハ

2016年もほんとにあと半月なんですね。
はやい、ほんとにはやい。
折角嵐くんたちが宣伝してくれているけれど、まだまだ年賀状なんてたどり着けそうにありません。

話をもどして、
この間ZEROデモ言っていた今年を漢字一字で表すと、翔ちゃんは「生」!
翔ちゃんがやる番組はレギュラーをのぞいては、ほんとに「生」が多いですよね。

今年は通常のゼロと音楽番組の総合司会2本に加えて、オリンピックと選挙特番があったからなお一層の生。
ツアーもアリーナとアルバムツアーがあったしね。
今の時代、いろいろ「生」「LIVE」っていうことがすごく価値ある時代だと思う。
その現場は同時に何が起きるかわからないからこその醍醐味があって、その生を時間通りきちんと回すだけでなく、その場その場をアドリブでも対応できる安定感がさすがでした。

(ちなみに、どうでもいい個人的なことだけど、私自身にとっての今年を漢字一字で表すと「踊」かなあと思ってました。長年ちんたらやってきたダンスだけど、ここ2,3年はお稽古の回数をふやして週2回は行けるように頑張っている上に、5月に発表会があってさらには来年1月におさらい会があって、それに向けて私なりにホントに踊ってるなあって思ってる。そしてやればやるほど、難しくてうまくいかないなぁという気持ちも。)

と、話が大幅に脱線したけれど、お正月ドラマ楽しみにしています。
今年も、オトノハありがとう。

2016.12.16 / Top↑
ハリー・ポッターの新シリーズ 「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」を見てきました。
TOHOシネマズの六本木でみたのですが、MX4D版、3D版、2Dドルビーアトモス版とあって、どれにしようか迷いに迷ったのですが、
結局2Dドルビーアトモス版にて鑑賞。まぁ、音響は迫力あるけれど、普通です。
(MX4D版にしようか最後まで迷ったけれど、風が吹いたり座席ガガタガタ揺れたりの上に3Dの眼鏡をかけてみるのは、面白そうだけど、2時間以上は長いし疲れそうだなと思って、内容に集中したいと思ってやめました。

●「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」
監督  デイビッド・イエーツ
原作  J・K・ローリング
出演  エディ・レッドメイン キャサリン・ウォーターストーン アリソン・スドル ダン・フォグラー コリン・ファレル サマンサ・モートン エズラ・ミラー 
公式サイト 


面白かった!
これ、シリーズで続くんですよね。
次回作が楽しみ!
エディ・レッドメインのちょっと線が細い少年っぽい雰囲気がいかにも学者バカっぽくってニュートというキャラクターにぴったり。
そして、メイン4人のでこぼこぶりが、よいチーム感でよかったです。ノーマジのコワルスキー@ダン・フォグラーがすごくいい感じだった。

そして、ハリポタよりも時代的に前の設定なのだけど、ニュートがホグワーツ出身で彼が在籍当時もダンブルドアがいたこととか、ニュートはホグワーツの教科書「幻の動物とその生息地」の著者であることとか、グリンデルワルトが登場(この名前なんだったっけ?と見ながら頭をひねってましたが、帰って調べたら死の秘宝に登場するんですね。
あと、リタ・レストレンジ! レストレンジってベアトリックスの苗字だよねと思ったけれど、リタ自体は出てきてないんですね。でも、ニュートのホグワーツ退学に関わる感じだし親しい女の子っぽいし、これからの続編に期待です。

最後クレジットをみていたら、エズラ・ミラーが出てきて、えっ、ひょっとしてクリーデンス??と思ったらやっぱりクリーデンス。でも前に見た映画「少年は残酷な弓を射る」や「ウォールフラワー」での印象とかなり違っていて思わず??になってしまった。
前はすごく切れそうなくらい繊細な印象だったのに、かなりマッチョというか体重を増やして臨んだ印象だった。

1回みただけでは、ちょこちょこわからないところもあったからもう一度見たいけれど、年末はたくさん見たいものがあるからテレビがビデオになるかなぁ。

魔法動物たちもかわいかったです。



2016.12.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。