FC2ブログ
「夏の恋は虹色に輝く」第7話です。

もう日数も立っているので、今さら感がありますが、感想のみ。
先週のおさらいのキスシーンからはじまり、今週キュンな場面満載で大満足!!
キスシーンももちろんなんだけど、詩織さん(竹内結子)を見つめる大雅(松本潤)の切なそうな表情&愛おしそうな表情が本当にステキで。あんな目で見つめられて、詩織さんグラグラ揺れてるよね。

マリンのボーダーTと赤のスカーフはすごく似合っていたし、ピアノを弾いて歌う潤くんも見れて、さらに今週からタイトルバックも変わって、舞台場面もさらに加わってステキ(はーと)

さくらちゃん(桐谷美玲)のほっぺにチューもかわいかったし、けなげでかわいかった。

あちこちのブログでアップされる感想をみせていだたいていると、ストーリーに感情移入できないと言っている方が多くって。
でも私は、今回ちょっと詩織さんの気持ちに感情移入して切なくなれた。(これまでは、どうしても感情移入するなら潤くん目線が多かったのだけど)

一番はピアノを弾いた後「北村さんを好きになって良かった。後悔はないよ。いい恋ができてよかった。・・・・おれこそありがとう。2人の幸せを祈ってる」って言われた時のボロボロなく詩織さん。
必死で自分を海ちゃんの母に封じ込めていて迫られている時は逆に強くいられるんだけど、逆に相手からもうこの恋は過去形とさわやかに言われちゃうと、自分の気持ちの持っていき場に困るよね。
ものすごーく身勝手だとは思うけど、いくら好きだと言われたって、自分の方が4つ上で子どももいて住む世界も違ってと思ったらそうは簡単に「私も好き!」なんて素直になれないし、怖くていけない。でもいくら自分が拒否したからって向こうから終わりを見せられるのもそれはそれでショックだったりするかなあって。

お土産のお守りを返すシーンもそう。
「さくらさんはお似合いよね」「(もう恋はしない)できるかどうかじゃなくて、私はするのよ。そういう人生を送るの!」ってわざと強がって見せるところもね、子どもっぽいっていってしまえばそれまでだけどわかるよ。
っていうか、海ちゃんとの母子の生活がそれなりに幸せで亡き夫との思い出の中で安定した気持ちで生きていたはずなのに、あんなステキな大雅さんが登場してグラグラ揺さぶられて、自分がどうなってしまうのかこわいんだよね。

詩織さんが、自分の気持ちをちゃーんと受け入れて、一歩踏み出せるのかどうか。
まあ、意外に可愛いヤツな桜ちゃんもいるし、ステキな義弟はいるし・・・
来週はどうゆさぶってくれるのか楽しみにしたいです。

まあ、ストーリーもあるけれど、ビジュ最高な潤くんを見ているだけで満たされている感じは強いんですけどね(笑)

夏の恋は虹色に輝く #1 * #2 * #3 * #4 * #5 * #6


関連記事
スポンサーサイト



2010.09.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1009-b93e48c7