FC2ブログ
今朝のズームで、あの「日本の嵐」本、実物はじめてみました!(まあ、テレビごしだけどね)

全国の学校に配布されるというニュースがあって早々、嵐友さんが写メは送ってくれて(いつも、Tさんありがとう!)表紙と、中の一部はちらっとみせてもらったんですが、あんな大きな判型だとは、思っていませんでしたね。地図帳とかくらいのサイズかさらにもう一回りくらい大きなサイズだったような。
→嵐の書籍「ニッポンの嵐」が寄贈図書に!観光庁が発表(日テレNEWS24)

観光大使になったことで急きょ企画されたものかと思ったら、企画自体は2008年なんですね。
(実際の、撮影は今年)
でも、今回のこの出版元のの株式会社M.Co.って一体何かなあって思ったら、ジャニーズの関連企業のようだし。
っていうことは、2008年ごろから、観光大使にっていう根回しがあったってことなのかなあ?
(まあ、そういう大人の事情はおいておいて)

とにかく、当初は販売する予定だったけれど、メンバーの強い希望で非売品、配布ということになったとか。

そして、この本に問い合わせは集中しているんですね。(そりゃそうだ)
→嵐が寄贈の非売品図書に問い合わせ殺到(デイリースポーツ)

それで、窓口の観光庁が異例の説明を。
→観光立国ナビゲーター「嵐」の皆さんによる図書(「ニッポンの嵐」)の全国の小・中・高等学校等への寄贈への協力について(観光庁)

羽鳥さんも、これがなんか騒動にならなければいいと心底心配そうな顔をしていましたが、本当ですよね。
メンバーの折角の善意が裏目にでるなんてことにはならないでほしい。

でも、中身みたいよね・・っていうのも本音。
図書館とかにおいてくれればいいけれど、これも貸出禁止にしたって争奪戦だろうしね。

で、本来の趣旨とはずれるかもしれないけれど、売ったらどうかなあ。
ただ、営利目的に企画されたものでないのだから、収益は全額寄付ということで。
寄付もね、メンバーの気持ちを汲んだら、観光庁に日本をアピールする資金として活用してもらう&文科省に子ども達の教育のために使ってもらう の2本だてでどうでしょう。
国関係に対しては、こういう寄付とかって簡単にはいかないものなんでしょうかね。

メンバーは、本当に純粋な気持ちでやってくれていると思うので、それにケチがつくような状態にならないことを祈ってます。




関連記事
スポンサーサイト



2010.09.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1038-b06eecf6