上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「夏の恋は虹色に輝く」最終話です。

今日は、お昼前から映画「悪人」を見に行ってしまったので、「いいとも」「HEY×3」はまだ未チェック。
これは、あとからチェックします。
本編は見ました。

潤くん本当にお疲れ様でした。
最終話まで見て、これ大雅くんの役者として人間の成長物語として考えるとすごく良かったって思う。
だって、最後ハムレットの場面とかもとてもよかったし。
そこに人間的成長の一環として、年上女性との恋とかが入ってくるならよかったよね。

だから、最初に胸キュンなラブストーリーとして煽られなければ、そして胸キュン要素に対しての期待がこんなに高まってなければ、チョイチョイあるキュン要素で満足できたかもしれないのに。

最終話は、大雅くん素敵だったし、舞台の場面も見ごたえがあってよかったし・・・、うみちゃんとのシーンもいいなあってほのぼのあったかな気持ちになったけれど、残念ながらキュンキュンはしなかった。

だからね基本的な持っていきかたを、世間知らずで頭でっかちな大雅くんが、偉大なお父さんの死によっていろいろな経験をしたり、何よりも年上の女性との恋をすることで人として一皮むけて、役者としての一歩を踏み出すそこを主眼にしてくれたら、いつになったらキュンキュンするんだろうって余計な期待に気を使うこともなく潤くんだけをみつめて楽しめたんじゃないのかなあ。
だって、大雅くんってすごく魅力的だった。
可愛くて、抜けてて、それでいて一生懸命で、すごく素直で、ひたすら優しい・・・・横にいたら「まったく~」って思いつつ何か構わずにはいられなくなっちゃう気がする。
まあ、そんな大雅くんの成長ぶりを楽しめて、途中キュンなキスシーンもみれてそれだけで満足だったわ。
(って、完全にファン目線な意見ですね)

そして、ニノも登場しましたね。
男前な感じの大道具さんでしたね。潤くんとも絡んで・・・・、
竹内さんとは微妙な絡み(笑)
でも、一応同じシーンといえて・・きっとニノ的には大満足だよね。
(秋からは、ニノですね・・・・楽しみ!)

7色の虹は、ハムレットのセリフからもきていたんですね。

いろいろ、言っていますが、この夏毎週ビジュ最高な大雅くんに会えて幸せな夏でした。

潤くんお疲れ様。


夏の恋は虹色に輝く #1 * #2 * #3 * #4 * #5 * #6 * #7 * #8 * #10 

関連記事
スポンサーサイト
2010.09.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1050-61a4067d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。