上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日、大奥の試写会だったから、今朝からWSでたくさんとりあげられていましたね。
録画失敗したりもしていて、生で遭遇できたものをチョコチョコみれただけだけど、それでもテレビをしばらくつけておけばかなりの確率で遭遇できました。
お友達のところに各局様子をアップしてくれていたので見逃したところもいろいろわかりました。(ありがと~)
今から、とっても楽しみです。1日、週末には行けないけれど(子どもの運動会やら、演奏会やらが目白押し!)
来週には是非みてきたいです。
(水野様、待っててね!)

話はかわりますが・・・、
先日、TVぴあのコンレポについてのエントリーに拍手たくさんいただきましてありがとうございます。(っていうか、いつも拍手ありがとうございます。とってもはげみになっています )
そして、そのエントリーにいくつか拍手コメもちょうだいしておりましたが、ふだんだは拍手コメについてお返事はさしあげていないんですが、ちょっと私の?へのお答えもいただいたので、それもご紹介しつつ、コメなどなどに端を発して感じたことをいくつか書きたいと思います。(拍手コメは、非公開とお伝えしておりますので、その主旨に反しない形でと思います)
当該記事はこちら → TVぴあ コンビごとinコンサート

このエントリーの最後に、私が「上甲さんは、ひょっとして潤担?」って書いたら、
みなさんから、「相葉ちゃん、特に相葉ちゃんのかっこよさをかなり前から指摘している」っていうコメいただきました。そしてさらにみなさんから、「強いて言うなら、嵐の中では櫻井くん」って言っている発言も以前にあったと・・・。
そしてさらには「翔潤ウォッチャー」であるとも。これ、コメくださった方達がみなさんこの「ウォッチャー」っていう表現をしていらして面白かった。

実際に記事を読み返してみたいと思って、私がもっている、ぴあ関係のものをひっくり返しましたが、いかんせん雑誌も立ち読みで済ませることが多かった人なので、それもぴあ系統の雑誌は以前は捨ててしまったものも多いのであまり、さかのぼれてません。
読みたいなあと思って、図書館にバックナンバーがないかとか、出版社でバックナンバー取り扱っていないかとかあたってみましたが、この手の雑誌はあっても保管期間が短いので、さかのぼるのは意外と難しいんですね。

いただいたコメを読みながら、コンビごとを見る時、誰目線で見ているかによって見方って変わるよねって、改めて思いました。

以下、私の勝手な妄想なので畳みます。

翔潤について、 いやだなと思う方は、スルーしてくださいね。



翔潤に関しては、私の妄想混じりの見方です。

「潤くんにとっての翔くんって、子どもの頃からのスゴク頼りになって、憧れで、絶対的なお兄ちゃん!甘ったれて、ツンデレ気味につっこまれても、なんだかんだ面倒もみてくれて。でも、ヘタレキャラから脱却したい!もっとかっこいいキャラの男になりたいって思った時、ちょっと不器用な潤くんは自立のために、今までの自分の世界からちょっと距離をおかなきゃならなくて。
すごく影響をうけていた翔くんとも、意識的に距離をおかないと、新しい自分が保てないみたいな・・・・・。

そして、花男の成功等々を経て完全にマツジュンワールドお確立して大人になった潤くんは、翔くんとの距離を縮めても大丈夫になってきたのかなあって。
今でも、たぶん尊敬の気持ちと信頼はたくさんあるけれど、翔くんは翔くんの世界、潤くんは潤くんの世界がちゃんと出来上がったから。盲目に後を追っかけるような状態はないものね。」

「一方翔くんからは、すごーく自分の事慕ってくれて、自分も可愛がっていて完全なアニキ気分でいたのに、ある日突然距離をおかれて、まるで反抗期にあった親の気分。突然離れられて戸惑いしかないよね。
でも、賢い人だし、プライドも高いからそれを未練たらたらに、口にすることなんてしないだろうし、逆に翔くん意地でも自分の方からはいかなさそうな気がするな・・・敢えて、普通のフラットな状態を保とうとするみたいな。
大人になった潤くんの、雪解けのような状態にはじめはとまどっていたけれど、じょじょに慣れてきている?」

これって、完全に翔坦の見方なんでしょうかね。
潤担の人からみるとどうなるのかなあ。

これみて、実際はこういうことじゃないって怒らないでくださいね。

きっと、こんな気分だったんじゃないかなあっていう 完全に妄想ですから。
関連記事
スポンサーサイト
2010.09.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1067-1c31988b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。