上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「フリーター家を買う」第1話です。
なんか、本当に色んなところに、感情移入してしまったり、つっこみをいれてしまったりするドラマでした。

第1話は、3カ月で四つ葉電子をやめた誠治(二宮和也)が思ったようには再就職できず、フリーター生活を続けるうちに、母(浅野温子)が、誠治のこと、夫(竹中直人)の対応などなどでおいつめられていくうちにうつ病になり,そして大悦土木でバイトを始めるまで。

そもそも、誠治が四つ葉電子の部長の態度にうんざりするのは、理解できるけど(私が新人の時は、こんな感じの研修は幸いにもなかったから・・でも世間ではいろいろあるよね~。理解を超えた理不尽なことって)
でも、誠治のその後の仕事に対する態度は感心しないよね~。
父の言葉、ハローワークのおじさんの言い分ももっともだと思うわ。まあ、アマアマですね。うちの息子がああだったら、あの竹中父のようにメチャクチャ怒りそうな気もする(笑)アルバイトとしての態度だっていかがなもんかと思うしね。

でも、そう言いつつ、あの親父にはホントに腹が立つ!誠治に対する言い草もまあ、「ぶつかるよねあれじゃあ」って思うけれど、頭に来るのが、奥さんに対する言い草!!(プンプン!)
二十歳すぎた息子の問題を、いちいち母親の監督不行き届きみたいな言い方をするのがそもそも腹が立つ。それにそうだったら、あんただって親でしょう。責任だったら同じじゃない!
あと、専業主婦で世間知らずだ、いろいろ恵まれていることに感謝しろ的な言い草!!
自分1人が大変さをしょいこんでいるようなああいう物の言い方はをする人間、「あーあ」って思うわ。
そして挙句の果てに、うつ病になってしまった奥さんの病院への付添いなどなど、息子と娘に行かせておいて、
「寿美子があんなざまになったのは、全部誠治のせいだ!」(そもそも、あんたの態度が問題なんでしょ! 私だったらバトルになりそうだし・・)

お姉ちゃん(井川遥)はしっかりもので頼りになりそうだけど、見栄っ張りで口うるさそうなお姑さん(鷲尾真知子)はうっとおしそうだし、大変そう。
そして、お母さんが壊れてしまった場面とその後を見た時に、「そうよね~、娘にだってよるけれど・・いざとなった時に肝が据わっているのは、やっぱり女の方よね」って思った。男どもはあてにならない(笑)・・・私なんか娘はいないし、おちおちうつ病にもなれないかも(笑)って思ったわ。

そして、お母さんのうつ病が進行して行く様子、見ていて辛かった。
あのダンナのむかつく物言いに耐えて(あたしだったら、「父さんはあんな言い方しかできないけど・・」なんてフォロー絶対しない!と思った!)
でも、息子のことは心配で甘くなっちゃうよね、それもわかる、
あの「ごめんなさいごめんなさい死ねなくてごめんなさい」とつぶやくお母さん、ああいうふうに追いつめられていく様子、その気持ちがわかるだけに辛かった。
浅野温子さん、昔のトレンディードラマの時の元気な印象が強いから、年を取られて母役でのああいう役どころ、新たな一面という感じがしました。

あの、親切っぽく探りをいれてくる隣の奥さん(坂口良子) ああいうタイプも、最悪!
来週、いろいろ出てきそうだけどあの奥さんとの関係もうつ病の原因の1つなんですよね。

香里奈さんの役どころは、なかなか男前な感じの女性ですよね。雰囲気もあってるし、今後に期待です。

丸ちゃんは・・?う~ん、まだ役としてみえていなかったので、これからを楽しみにしています。

そして、ニノ
ニノは不思議だよね。すっかりニノだけど、すっかり誠治で。
あのなさけなく、普通に隣にいそうな誠治を演じるニノが好きです。
コンビニの制服が妙に似合っていたり、ヒトリカラオケで熱唱するところとか、嬉しくなっちゃうなあ。

今を切り取りながらも、なんか奇をてらう感じがでなくしっかりと日常を見せていく感じが、ニノがいうとおり派手さはないけれど、そしてテーマもある意味深刻なものではあるけれど、本当に引き込まれてみてしまいました。

嵐の「果てない空」、初めて聞きました。
こっちは、早くフルで聞きたいわ。
関連記事
スポンサーサイト
2010.10.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tarutaru19.blog16.fc2.com/tb.php/1099-3f7e27fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。